レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント
レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント - レンタルサーバー・自宅サーバーの設定・構築情報を公開しています。

Ubuntu Server にLAMPをインストールし、WordPressを使ってみる

2012年1月29日 2017年8月10日
wordpress ubuntu

Ubuntu Server 10.04 LTS をインストールする では、Ubuntu Server のインストールまでを行いました。
今回は、LAMP (Linux , Apache , MySQL , PHP) サーバーをインストールしてみます。

もちろん、Linuxは、Ubuntu Server ですから、既にインストール済です。

残るは、Apache , MySQL , PHP をインストールしてWordpressを使えるまでを設定してみます。

では、早速、インストールしてみます。



関連記事 :

17 件 コメントがあります。 コメントを投稿する
  1. 松本海月
    2012年7月27日, 6:59 PM

    はじめまして。松本海月と申します。
    Linuxは初心者で、XAMPPやWAMPを利用したことならあるのですが、LAMPとなると手も足も出なくて困っていました。

    こちらの記事を参考にしながらLAMPの導入をしていたのですが、私はLAMP環境にWordPressを導入するつもりはなかったので、PHPINFOを確認したところで終了し、いざ「www」ディレクトリにウェブサイトのファイルを移そうとしたところ、エラーが出てしまいました。

    root権限がないからだと思うのですが、それをどのように解決すればいいのかわかりません。
    また、FTPサーバを導入して、gksuからFilezillaを起動して、それからアップロードしようとしたのですが、それも敵いませんでした。

    解決策をご教授くださればと思います。
    よろしくお願いいたします。

  2. 管理人
    2012年7月27日, 11:00 PM

    松本海月さん
    コメントありがとうございます。管理人です。
    さて、

    > 「www」ディレクトリにウェブサイトのファイルを移そうとしたところ、エラーが出てしまいました。

    どこをウェブサイトのルートディレクトリにされているか不明なので?とりあえず、

    /var/www

    が、ウェブサイトのルートディレクトリのルートディレクトリだとしたら、単純にオーナーを変更されてみてはいかがでしょうか?

    $ chown -R hoge. /var/www
    

    hoge は、ログインユーザとしたらどうでしょうか?

    また、ログインユーザのホームディレクトリには、アップロードできているはず?なので、そこをapacheの設定でウェブサイトのルートディレクトリにしてしまうのも1つの方法でしょう。

    参考になりまたら幸いです。

  3. 松本海月
    2012年8月8日, 10:35 PM

    素早い返信をいただきましてありがとうございます。

    >どこをウェブサイトのルートディレクトリにされているか不明なので
    すみません…言葉が足りませんでしたね。
    /var/www です。

    オーナーを変更するコマンドがあったんですね…
    無知で申し訳ありません。

    無事解決いたしました。重ね重ね本当にありがとうございます。
    これからもよろしくお願い致します。

  4. […] […]

  5. 幸田 康夫
    2013年2月6日, 5:53 AM

    通りすがりです
    とても参考になりました
    お陰様でスムーズにサーバを構成することが出来ました 感謝です

  6. 管理人
    2013年2月6日, 10:42 AM

    幸田さん
    コメントありがとうございます。管理人です。
    何か役に立てたのなら、記事を書いた甲斐がありました。またのお越しをお待ちしております。

  7. […] Ubuntuのtaskselについて、具体的な使用方法はこちらのページに紹介されています。基本的には、taskselをインストールして、taskselからLAMPを選択するだけです。  # apt-get install tasksel  # tasksel 管理人の環境ではtaskselは途中でエラーが出てインストールが止まってしまいましたが、下記コマンドでインストールを継続できました。  # apt-get upgrade これで、LAMPサーバーは一応完成となります。実際に動作しているか見てみたいと思います。まずは、ブラウザでANDBOX44のIPアドレスへアクセスして、It worksが表示されるか確認しましょう。表示されれば、少なくともApacheは動作している事になります。 […]

  8. 足尾銅山
    2013年7月6日, 11:34 AM

    このページがあったお陰でwordpressのインストールと設定までスムーズに
    インストールする事が出来ました。ありがとうございました。

    どの作業が悪いのかわからないのですが、wordpressの設定画面からサイト表示を
    してもapacheの初期画面(It works!。。。)が表示されます。

    どこかのパス指定が悪いのかよくわからない状態で、何かアドバイスが
    頂ければ助かります。

    よろしくお願いいたします。

  9. 管理人
    2013年7月6日, 4:16 PM

    足尾銅山 さん

    コメントありがとうございます。管理人です。
    さて、早速、ご質問の件ですが、
    んーーーーっ、現象がよく理解できないでいます。
    この記事では、単純な設定のみのため、http://IPアドレス でアクセスしてWordpressを設定するまでを簡単に解説しています。
    足尾銅山 さんのコメントだと、
    http://IPアドレス でWordpressの設定まで行うことはできた。
    でも、再度、http://IPアドレス でアクセスすると、apacheの初期画面(It works!)が表示される。
    ・・・という感じですが?そうなんですか?
    だとすると変な感じがしますね。これだと、Wordpressのインストールまでとインストール後のアクセスでは、パスが違うことになりますね。
    Wordpressをインストールした後で、apacheのサイト名を変更して、そのURLでアクセスしても(たぶん)Wordpressは動かないと思いますが、そうじゃないような感じですし・・・・。

    もう少し、現象を特定するために、下記の動作を確認されてはいかがでしょうか?
    http://IPアドレス でWordpressのページが表示されますか?
    http://IPアドレス/wp-login.php でWordpressへログインできますか?
    これらが動けば、まともにWordpressはインストールされているようです。
    そうでなければ、Wordpressはインストールされていないような感じがしますが?いかがでしょう。アドバイスになってますかね。なってないような・・・。

  10. 足尾銅山
    2013年7月8日, 12:55 PM

    早速のご回答ありがとうございました。
    原因は「index.html」が優先表示されていたためでした。
    index.htmlをリネームして解決致しました。
    ご丁寧な回答、誠にありがとうございました。

  11. betaくん
    2014年8月1日, 12:50 PM

    わかりやすい説明ありがとうございます.
    VM上でubuntuを動かしてwebサーバー建てを行っているのですが,phpinfo()を表示させることができません.apache restartは無事に行えているようなのですが,次のコマンドを行って,php infoを確認しようとhttpでアクセスしても404 Not foundになってしまい確認することが出来ません.どうしたらよいでしょうか

  12. 管理人
    2014年8月1日, 2:28 PM

    betaくん さん

    コメントありがとうございます。管理人です。
    404となるのであれば、ファイルが存在しないということなので、まずは、/var/www に正しくファイルがあるか?また、apacheの設定が/var/www となっているか?を確認されると良いと思います。また、指定したファイル名に誤りがないか、そのあたりだと思います・・・けど、これで良かった?ですか。

  13. betaくん
    2014年8月1日, 4:02 PM

    お早い返答ありがとうございます.
    ファイル名に誤りがないのと,/var/wwwに正しくファイルがあることは確認できました.なので,怪しいのはapache2の設定が/var/wwwになっていないか,だと思われます.apache2の設定についてもう少し深く教えていただけますか?

  14. betaくん
    2014年8月1日, 4:16 PM

    すみません,自分の確認ミスでした.404ではなく,Not Found のみでした.
    またHTMLのほうが/var/wwwに格納されていて,開くことが出来るのでapache2のルートディレクトリも/var/wwwになっていると思われます.謎にはまってしまいました…

  15. 管理人
    2014年8月1日, 5:04 PM

    betaくん さん

    コメントありがとうございます。管理人です。
    んーーーっ、Not Found は、404と同じ?だと思いますよ、たぶん。
    例えば、
    http://ipアドレス/fassdfasdfas.html
    などと適当なファイル名を指定してみて、同じレスポンスではないですか?
    そうであれば、404もNot Found も同じです。
    また、Not Found 自体は、単純に”ありません”と言っているだけなので、ファイルの指定に誤りがあると思われますね。
    あるいは、Apacheのドキュメントディレクトリが、思惑通りのディレクトリで無いのかもしれませんね。
    Apacheのデフォルトサイトの設定は、以下のファイルで確認できるかと思います。
    /etc/apache2/sites-available/default
    のDocumentRoot を確認すれば良いかと・・・。
    出ているエラーは、単純なエラーなので、慌てずに一つ一つ確認されると良いと思います。

  16. betaくん
    2014年8月5日, 9:03 AM

    おそくなりました.ルートディレクトリを確認してみたところ,/var/www/htmlだったのでhtmlまでディレクトリを移動してphpファイルを作成してみたところ,うまく開くことができました!
    ありがとうございました

  17. 管理人
    2014年8月5日, 9:14 AM

    betaくん さん

    コメントありがとうございます。管理人です。
    良かったですね。


コメントを投稿 :

お名前 *

メールアドレス *
( メールアドレスが公開されることはありません。)

サイトアドレス

コメント *

* 印の項目は、入力が必要な項目です。




最近投稿の記事

ウェブサーバ(Debian/Ubuntu)の管理をしていて 恥ずかしながら nginx を最新へ自動アップグレードできていなかったので、 その ...

今回は、Deabin 8 から Deabin 9 へアップグレードしてみたいと思います。 Deabin 8 と Deabin 9 のウ ...

SSL/TLS(https://)に対応してみてわかったこと、事前に考えておくべき事のまとめ でも一部記載したように、 Let’ ...

今回は、Debian で nginx とともに HTTP/2 を使ってみたいと思います。 まず、HTTP/2 は、TLS接続を前提にしてお ...

ようやく、このサイトも SSL/TLS への対応がほぼできました。 Let’s Encrypt による いわゆる無料 SSL( ...


さくらのVPS 全プラン リニューアルです。(石狩(北海道)も選択可)


root権限ありで ¥685 / 月 ~ と非常にリーズナブルな CPU 1(core)の 512 プランから、 最高 CPU 10(core), メモリ 32(GB), SSD容量 800(GB) までとプランが充実。
ディスクは、SSDとHDDの選択が可能になった他、データセンターは人気の東京、石狩(北海道)となりました。

また、どのプランでも好きなOSが選べます
( CentOS, Fedora, Scientific Linux, FreeBSD, Ubutu, Debian )

管理人もおすすめのVPSです。
試用期間がありますから、一度、お試しを!!

詳しくは、http://vps.sakura.ad.jp/さくらのVPSのサイトへ へどうぞ!!

カテゴリ


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。
最近、スワップにも対応した Serverman@VPS は、かなりリーズナブルかもです。

  • メモリ1GB~2GBのEntryプラン :月額:490円
  • メモリ2MB~4GBのStandardプラン :月額:980円
  • メモリ4GB~8GBのProプラン :月額:1,980円

新規申し込みで1ヶ月間完全無料となるキャンペーンを実施中です。
Serverman@VPSの特徴は、安さとIPv6対応です。また、初期設定費0円もポイントです。

IPv6でちょっと遊んでみたい方には、おすすめかもしれませんね。最低利用期間もありませんから、気に入らないときは即解約もできます。

Serverman@VPSの詳細については、 http://dream.jp/vps/ Serverman@VPSのサイトへへどうぞ。



KVM採用 ConoHa VPSは、時間単位で借りれる便利なVPSです。


ConoHa VPS は、初期設定費0円最低利用期間無し時間単位で清算可能、 さらに、Web APIを使って自動化を図ることもできる便利なVPSです。

海外サーバー設置も可能で、ローカル接続にも対応と、かなり、機能豊富なサーバーです。

新規ユーザ登録で、クーポンもらえますから、まずは、お試しですね。

ConoHa VPSの詳細については、
http://www.conoha.jp/ へどうぞ。

KVM採用 お名前.com VPS(KVM) 2G プラン 初期設定費無料 キャンペーン 実施です。


メモリ2GBプラン CPU:3core、Disk:200GB
月額:1,153円から (初期設定:1,680円0円)

さくらのVPSがリニューアルされてもなんのその。
1GBメモリ / 2Core を ¥834 – の格安価格で提供中です!
間違いなくスペックからすると割安感ありです。
年間割引時の途中解約で返金がないのは、 ちょっと残念ですが、それでもこの割安感は魅力です。

まずは、お試しですね。

お名前.com VPS(KVM)の詳細については、
http://www.onamae-server.com/vps/ へどうぞ。(お試し期間が15日あります。)



  • はてなブックマークへ追加する
  • Facebookでシェアする
  • twitter でつぶやく
  • Google Plusでシェアする
  • Pocketでシェアする
ページトップへ
Time : 0.2275 [s]