レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント
レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント - レンタルサーバー・自宅サーバーの設定・構築情報を公開しています。

C5 C6 S6

あえてmysql5.1系をインストールする

2010年7月17日 2017年8月11日
mysql centos scientificlinux

今回は、MySQLをインストールしてみます。
ただ、CentOS 5 の場合、yumを使って デフォルトでインストールされるのは、MySQL5.0系です。
また、CentOS 6 Scientific Linux 6 の場合、デフォルトでMySQL5.1系がインストールされます。

ここでは、いずれにせよ MySQL 5.1 系をインストールする方法について簡単に解説してみます。

現在では、MySQLの最新バージョンは、5.5系となっています。
あえて、ここでは、5.1系のインストールにこだわっていますが、今後のサポート等々考慮すれば、できる限り MySQL 5.5系をインストールされることをおすすめいたします。


関連記事 :

9 件 コメントがあります。 コメントを投稿する
  1. Rennigeb
    2010年12月12日, 1:45 PM

    とても参考になるサイトで助かっています。

    [root@linux ~]# yum erase mysql
    これで削除するといっしょに「dovecot」も削除されてしまいますよね、削除されないでインストールする方法はございませんか?

  2. 管理人
    2010年12月13日, 3:57 AM

    Rennigebさん

    こんにちわ、管理人です。
    コメントありがとうござます。

    dovecotが削除される・・・とのことで、dovecot自身がどのような処理を行っているのか、それほど詳しくはないのですが、

    $ yum erase mysql

    で削除されてしまうということなら、依存関係があるということでもあると思うんですよね。

    だから、無理に削除しないのは、むしろ、良くないことじゃないかなぁと思いますけど、どうでしょうか?

    devcotでの設定は、/etc/devcot.conf ぐらいだと思いますので、もしも、先に設定してしまったのなら、一旦、/etc/devcot.conf を退避させて、あえて、ここでmysqlと同時に削除してしまって、再インストールされてはいかがでしょうか?

    簡単なdevcotのインストールは、
    http://sakura.off-soft.net/centos/dovecot.html
    でも説明していますので、ご参考までに。

  3. Rennigeb
    2010年12月15日, 10:40 PM

    設定に必要な /etc/dovecot.conf は /etc/dovecot.conf.rpmsave として保存されていたので再インストール後元に戻すだけでいけました。
    質問した当初は何度テストしてもメール送信出来なかったのですが、クライアント側のメールソフトを再起動したら解決という落ちで、ろくに調べもしないで質問してしまい申し訳ありませんでした^^;

  4. うおり
    2011年2月24日, 3:55 PM

    この記事を見てMySQLをインストールさせて頂きました。
    PHP-5.3系モジュールやphp53u-mysqlもインストールしているため、
    インストールしてMySQLとApacheを再起動してみましたが、
    phpinfo()におけるMySQLのバージョン表示が

    Client API version 5.0.91
    Client API header version 5.0.77

    のままで、インストールしたはずの5.1系が表示されません。

    このケースは仕様なんでしょうか???
    ご存知であれば教えて頂けないでしょうか。

  5. 管理人
    2011年2月24日, 5:49 PM

    仕様ではないと思います。たぶん、うまくインストールできていないじゃないかなと思います。
    ちなみに、自分とこのバージョンは、以下のような感じです。

    mysql
    Client API version 5.1.52

    mysqli
    Client API library version 5.1.52
    Client API header version 5.1.52

  6. Becky
    2014年7月23日, 8:37 AM

    この記事をみてご質問をお願いします。
    CentOS6.5
    PHP5.3でphpMyAdminを更新したところ、
    mySqlが古いということでmySql5.6にアップデートしました。
    Server version: 5.6.19 MySQL Community Serverになっているのを確認してるのですが、
    phpinfo()にはClient API version 5.1.72との表示がでています。

    php53u-mysqlとかもインストールする必要があるのでしょうか?
    もともとPHP5.3なので不要なのか?とは思っています。

    phpMyAdminにはまだエラーが表示されております。
    お使いになっている PHP の MySQL ライブラリのバージョン 5.1.72 が MySQL サーバのバージョン 5.6.19 と異なります。これは予期しない不具合を起こす可能性があります。

    お分かりになりましたらお教えいただけませんでしょうか?

  7. 管理人
    2014年7月23日, 9:40 AM

    Becky さん

    コメントありがとうござます。管理人です。
    さて、結論から言うと、phpとmysqlのバージョンは、非常に大事で、同じレベルのものをインストールすべきです。おそらくは、Client API version 5.1.72とのことですから、今インストールされている phpがビルド(コンパイル)された時のmysqlのバージョンは、5.1系ということなのでしょう。すると、phpは、mysqlが5.1系だと思って動作しているけど、mysqlは、5.6系が動作しているので、バージョン不一致が発生していて、動作が不安定になる可能性が大きいです。

    想像しますに、mysql5.1系がインストールされている場合、本来、phpMyAdmin の最新は、4.0.10.1 ですが、4.1系以上のバージョンをインストールされたのではないでしょうか?

    例えば、
    phpMyAdmin 4.2.6
    Current version compatible with PHP 5.3 and MySQL 5.5. Currently recommended version.
    詳しくは、http://www.phpmyadmin.net/home_page/downloads.php を参照。

    なので、mysqlは5.5系以上が求められます。

    phpMyAdminの更新するバージョンを間違われた?のかなぁ・・・と思いました。もし、そうであるなら、phpMyAdmin のバージョンとmysqlのバージョンを戻すのが正しいとは思います。それが、無理であれば、mysql5.6系に対応したphpへアップグレードすべきなのではないかと思います。
    誤ってましたら、想像ですので、ご容赦ください。

  8. Becky
    2014年7月24日, 8:52 AM

    管理人様
    詳細なご説明ありがとうございました。

    まさに仰るとおりです。phpMyAdmin 4.2.6 (最新版)にアップデートしました。
    なるほどですね。整合性があっていないことがよくわかりました。
    実は先日サーバを立ち上げたのですが、BlueOnyxというホスティング用のソフトを入れ込みました。
    最近はこのアプリの情報が少ないのでもがいていました。
    なので、システムを管理してるのでPHP5.3以上はあげないほうがいいかと思っているわけです。

    このCurrent versionをみると、
    phpMyAdmin 4.2.6+PHP5.3+ MySQL5.5で問題なく動作するのであればMySQLだけをダウングレードしようとおもいますが、それでもまだエラー表示がでるのかな?と思ってしまいます。
    逆に phpMyAdmin4.0.10.1まで落として入れ替える方がいいのでしょうか?

    現在は不具合のコメントが出てますが、一応使えてるのでこれでも差し支えないのでしょうか?
    たくさん質問してしまいすみません。
    でもこの事でもう10日間以上も悩んでおりました。
    本当に感謝しております。

  9. 管理人
    2014年7月24日, 10:22 AM

    Becky さん

    コメントありがとうござます。管理人です。

    MySQL5.5へダウングレード?というより、phpとMySQLを同じリポジトリからインストールすることが大事だと思います。

    先にも書いたようにphpとMySQLのバージョン不一致が問題ですから、今のmysql5.6の環境にあったphpをインストールすれば良いことになります。そのphpのバージョンが、5.3ではないので困っている?ということでしょうか?

    phpをそのままにしたいということであれば、デフォルトのリポジトリですかね?だとしたら、mysql5.1まで戻して、 phpMyAdmin4.0.10.1まで落とすのが間違いないかと思います。

    また、mysql5.5にする場合は、そのリポジトリで提供されているphpをインストールすれば、おそらくは、Becky さんの思惑通りになるのかなぁと思います。たぶん・・・。


コメントを投稿 :

お名前 *

メールアドレス *
( メールアドレスが公開されることはありません。)

サイトアドレス

コメント *

* 印の項目は、入力が必要な項目です。




最近投稿の記事

SSL/TLS(https://)に対応してみてわかったこと、事前に考えておくべき事のまとめ でも一部記載したように、 Let’ ...

今回は、Debian で nginx とともに HTTP/2 を使ってみたいと思います。 まず、HTTP/2 は、TLS接続を前提にしてお ...

ようやく、このサイトも SSL/TLS への対応がほぼできました。 Let’s Encrypt による いわゆる無料 SSL( ...

[ 画像提供元 : Amazon ] 先日、1TBのディスクの入れ替え時にバックアップをとろうとディスクコピーを行いました。 そ ...

Windows で Linux ファイルシステム Ext4 のディスクをマウントするには? Ext3Fsd が、おそらく、最も簡単なツール ...


さくらのVPS 全プラン リニューアルです。(石狩(北海道)も選択可)


root権限ありで ¥685 / 月 ~ と非常にリーズナブルな CPU 1(core)の 512 プランから、 最高 CPU 10(core), メモリ 32(GB), SSD容量 800(GB) までとプランが充実。
ディスクは、SSDとHDDの選択が可能になった他、データセンターは人気の東京、石狩(北海道)となりました。

また、どのプランでも好きなOSが選べます
( CentOS, Fedora, Scientific Linux, FreeBSD, Ubutu, Debian )

管理人もおすすめのVPSです。
試用期間がありますから、一度、お試しを!!

詳しくは、http://vps.sakura.ad.jp/さくらのVPSのサイトへ へどうぞ!!

カテゴリ


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。
最近、スワップにも対応した Serverman@VPS は、かなりリーズナブルかもです。

  • メモリ1GB~2GBのEntryプラン :月額:490円
  • メモリ2MB~4GBのStandardプラン :月額:980円
  • メモリ4GB~8GBのProプラン :月額:1,980円

新規申し込みで1ヶ月間完全無料となるキャンペーンを実施中です。
Serverman@VPSの特徴は、安さとIPv6対応です。また、初期設定費0円もポイントです。

IPv6でちょっと遊んでみたい方には、おすすめかもしれませんね。最低利用期間もありませんから、気に入らないときは即解約もできます。

Serverman@VPSの詳細については、 http://dream.jp/vps/ Serverman@VPSのサイトへへどうぞ。



KVM採用 ConoHa VPSは、時間単位で借りれる便利なVPSです。


ConoHa VPS は、初期設定費0円最低利用期間無し時間単位で清算可能、 さらに、Web APIを使って自動化を図ることもできる便利なVPSです。

海外サーバー設置も可能で、ローカル接続にも対応と、かなり、機能豊富なサーバーです。

新規ユーザ登録で、クーポンもらえますから、まずは、お試しですね。

ConoHa VPSの詳細については、
http://www.conoha.jp/ へどうぞ。

KVM採用 お名前.com VPS(KVM) 2G プラン 初期設定費無料 キャンペーン 実施です。


メモリ2GBプラン CPU:3core、Disk:200GB
月額:1,153円から (初期設定:1,680円0円)

さくらのVPSがリニューアルされてもなんのその。
1GBメモリ / 2Core を ¥834 – の格安価格で提供中です!
間違いなくスペックからすると割安感ありです。
年間割引時の途中解約で返金がないのは、 ちょっと残念ですが、それでもこの割安感は魅力です。

まずは、お試しですね。

お名前.com VPS(KVM)の詳細については、
http://www.onamae-server.com/vps/ へどうぞ。(お試し期間が15日あります。)



  • はてなブックマークへ追加する
  • Facebookでシェアする
  • twitter でつぶやく
  • Google Plusでシェアする
  • Pocketでシェアする
ページトップへ
Time : 0.1992 [s]