レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント
レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント - レンタルサーバー・自宅サーバーの設定・構築情報を公開しています。

遅ればせながら、さくらのVPS (旧プラン512) のUnixBench を実施して計測してみました

2012年2月28日 2015年5月15日
unixbench
この記事は、少し古くなっています。さくらのVPS の新プランにおける UnixBench については、
さくらのVPSの新プランのUnixBench を実施して計測してみました。ついでに、旧プランとお名前.com VPS(KVM)の値も比較してみました。 にて記載していますので、そちらを参照してください。

以前に、評判のKDDI クラウドコア(CloudCore) VPS とさくらのVPSをサーバー性能を比較してみた でCPUの速度、ディスクの速度などを計測してみました。
そこでは、姫野ベンチマークやbonnie++を採用して比較してみたわけですが、今回は、メジャーなところでUnixBenchを使ってみます。

あまりにもメジャーで、いろんなサイトで、UnixBenchの実施結果は紹介されているので、あえてこのサイトでは避けていました。
ただ、ここにきて格安VPSがいろんな会社から出てきて、いったいどのVPSがより性能が良いのか・・・という疑問が湧いてくるわけです。
そこで、とりあえずメジャーなUnixBenchを使っていると何かと便利で、比較しやすいわけです。
一人で、採取できるベンチマークも限られてきますし、いろんな方々が、UnixBench を実施した結果をサイトに公開されてますから、比較しやすいわけです。
もちろん、ここで公開しているUnixBench の結果も、遅ればせながら誰かの役に立っつのかもしれません。

そこで、大変、遅ればせながら、さくらのVPSからUnixBenchを実施してみようということです。

そもそもUnixBenchとは

UnixBenchとは、
Linuxパソコンの処理性能を測定するためのソフトウエアのことで、 CPUの演算性能、アプリケーション実行時の処理性能、2次元や3次元のグラフィックス処理性能を測定できるものです。 さらに、マルチコアプロセッサにも対応しているため、コア数の違いによるパフォーマンスを評価することもできます。

UnixBench が出力する数値は、処理時間とIndex値です。
処理時間は、文字通り各処理性能を測定する項目毎に実際にかかった処理時間が出力されます。
Index値は、「George」と呼ばれるUNIXシステム「SPARCstation 20-61」の処理性能を10としたときの倍率を表した数値が出力されます。 ( つまり、ざっくりと言うと SPARCstation 20-61 の何倍早いか?という感じでしょうか。)
現在のマシン性能は、かなり良くなっているので、100倍,1000倍という数値が普通に出ます。

主にUnixBench の値として用いられるのは、このIndex値の総合評価値である System Benchmarks Index Scoreの値が用いられています。

UnixBenchを使うことで何がわかるかというと、
古いUnixシステムであるSPARCstation 20-6110としたときの計測したサーバーの処理速度(性能)を倍率で確認することができるわけですから、 つまり、UnixBenchで出力される処理速度(性能)値(index)は、みんなで共有し同じ値(Index値)でそのまま比較することができるわけです。

もっと簡単にいうと、サーバーの性能を相対的に比較できることになります。

もちろん、そのときの使用したOSやスペック情報は、非常に大事です。 同じOS、同じインストール済アプリケーションであれば単純にハードスペックの比較ということになるでしょうし、同じハードスペックでOSが異なれば、OS間の比較として用いることもできます。

さくらのVPSでUnixBenchの実施するには

さくらのVPSでUnixBenchの実施するまでの簡単な過程を解説しておきます。( ただmakeして、Runを実行するだけです。)

  1. UnixBenchの最新ファイルをダウンロードする。
    $ wget http://byte-unixbench.googlecode.com/files/UnixBench5.1.3.tgz
    ...
    現在の最新バージョンが、5.1.3だったので、そのバージョンをダウンロードしてみました。
    最新バージョンは、 http://code.google.com/p/byte-unixbench/downloads/listで確認しましょう。

    適当なディレクトリで解凍しておきます。

    $ tar xfz UnixBench5.1.3.tgz
    ...

  2. GUI系の計測は不要なのでMakeFileを編集する。

    計測が不要なものは、コメントアウトしておきます。
    ここではGUI関係は不要なので、GRAPHIC_TESTS , GL_LIBS をそれぞれコメントアウトしておきます。

    $ cd UnixBench
    [UnixBench]$ vi Makefile
    ...
    
    SHELL = /bin/sh
    
    # GRAPHICS TESTS: Uncomment the definition of "GRAPHIC_TESTS" to enable
    # the building of the graphics benchmarks.  This will require the
    # X11 libraries on your system.
    #
    # Comment the line out to disable these tests.
    # GRAPHIC_TESTS = defined
    
    # Set "GL_LIBS" to the libraries needed to link a GL program.
    # GL_LIBS = -lGL -lXext -lX11
    ...

  3. UnixBenchをコンパイルする。

    UnixBenchをコンパイルするには、makeおよびgcc、perlが必要になります。
    加えて CentOS/ScientificLinux の場合、perl のTime/HiResもインストールする必要があります。
    前準備として以下のツールをインストールします。

    CentOS/ScientificLinux の場合
    $ yum -y install make gcc perl perl-Time-HiRes
    ...
    Debian/Ubuntu の場合
    $ apt-get -y install make gcc perl
    ...

    準備を終えたら、続けてmakeを実行します。
    実行するディレクトリは、先にUnixBenchを解凍したディレクトリで実行します。

    [UnixBench]$ make
    ...

    ここでエラーがでない場合は、すぐにでも計測できます。
    以下のようにRunで実行です。

    [UnixBench]$ ./Run
    make all
    make[1]: Entering directory `/root/UnixBench'
    Checking distribution of files
    ./pgms  exists
    ./src  exists
    ./testdir  exists
    ./tmp  exists
    ./results  exists
    make[1]: Leaving directory `/root/UnixBench'
    
       #    #  #    #  #  #    #          #####   ######  #    #   ####   #    #
       #    #  ##   #  #   #  #           #    #  #       ##   #  #    #  #    #
       #    #  # #  #  #    ##            #####   #####   # #  #  #       ######
       #    #  #  # #  #    ##            #    #  #       #  # #  #       #    #
       #    #  #   ##  #   #  #           #    #  #       #   ##  #    #  #    #
        ####   #    #  #  #    #          #####   ######  #    #   ####   #    #
    
       Version 5.1.3                      Based on the Byte Magazine Unix Benchmark
    ...
    
    # ↑このように UNIX BENCH の文字絵が出力されればOKです。Ctrl+C で中断できます。
    Runは、概ね 1CPUあたり20分ぐらいでしょうか。単純に仮想CPU2あるので、倍の40分程度は掛かるものと思います。 また、負荷もかかるので、基本的には、実際に運用中のサーバーでの実施は避けた方が良いと思います。 でも、負荷が掛かっているときの情報が欲しい場合もあるでしょうから、計測する意図を考えて行うことが肝要かと思います。

さくらのVPSでのUnixBenchの実施結果

今回は、CentOS 5.7 でさくらのVPS 512プランでUnixBench 5.1.3 を実施した結果を載せておきます。

   #    #  #    #  #  #    #          #####   ######  #    #   ####   #    #
   #    #  ##   #  #   #  #           #    #  #       ##   #  #    #  #    #
   #    #  # #  #  #    ##            #####   #####   # #  #  #       ######
   #    #  #  # #  #    ##            #    #  #       #  # #  #       #    #
   #    #  #   ##  #   #  #           #    #  #       #   ##  #    #  #    #
    ####   #    #  #  #    #          #####   ######  #    #   ####   #    #

   Version 5.1.3                      Based on the Byte Magazine Unix Benchmark

   Multi-CPU version                  Version 5 revisions by Ian Smith,
                                      Sunnyvale, CA, USA
   January 13, 2011                   johantheghost at yahoo period com


1 x Dhrystone 2 using register variables  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

1 x Double-Precision Whetstone  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

1 x Execl Throughput  1 2 3

1 x File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks  1 2 3

1 x File Copy 256 bufsize 500 maxblocks  1 2 3

1 x File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks  1 2 3

1 x Pipe Throughput  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

1 x Pipe-based Context Switching  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

1 x Process Creation  1 2 3

1 x System Call Overhead  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

1 x Shell Scripts (1 concurrent)  1 2 3

1 x Shell Scripts (8 concurrent)  1 2 3

2 x Dhrystone 2 using register variables  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

2 x Double-Precision Whetstone  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

2 x Execl Throughput  1 2 3

2 x File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks  1 2 3

2 x File Copy 256 bufsize 500 maxblocks  1 2 3

2 x File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks  1 2 3

2 x Pipe Throughput  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

2 x Pipe-based Context Switching  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

2 x Process Creation  1 2 3

2 x System Call Overhead  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

2 x Shell Scripts (1 concurrent)  1 2 3

2 x Shell Scripts (8 concurrent)  1 2 3

========================================================================
   BYTE UNIX Benchmarks (Version 5.1.3)

   System: hoge.example.com: GNU/Linux
   OS: GNU/Linux -- 2.6.18-274.7.1.el5 -- #1 SMP Thu Oct 20 16:21:01 EDT 2011
   Machine: x86_64 (x86_64)
   Language: en_US.utf8 (charmap="UTF-8", collate="UTF-8")
   CPU 0: Intel(R) Core(TM)2 Duo CPU T7700 @ 2.40GHz (5319.7 bogomips)
          x86-64, MMX, Physical Address Ext, SYSENTER/SYSEXIT, SYSCALL/SYSRET
   CPU 1: Intel(R) Core(TM)2 Duo CPU T7700 @ 2.40GHz (5107.6 bogomips)
          x86-64, MMX, Physical Address Ext, SYSENTER/SYSEXIT, SYSCALL/SYSRET
   04:51:16 up 105 days,  1:47,  1 user,  load average: 0.04, 0.30, 0.23; runlevel 3

------------------------------------------------------------------------
Benchmark Run: 火  2月 28 2012 04:51:16 - 05:19:27
2 CPUs in system; running 1 parallel copy of tests

Dhrystone 2 using register variables       13316440.0 lps   (10.0 s, 7 samples)
Double-Precision Whetstone                     2829.8 MWIPS (9.6 s, 7 samples)
Execl Throughput                               2248.3 lps   (30.0 s, 2 samples)
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks        580828.0 KBps  (30.1 s, 2 samples)
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks          188250.6 KBps  (30.0 s, 2 samples)
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks       1142648.0 KBps  (30.0 s, 2 samples)
Pipe Throughput                             1767354.5 lps   (10.0 s, 7 samples)
Pipe-based Context Switching                 304535.0 lps   (10.0 s, 7 samples)
Process Creation                               7157.9 lps   (30.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (1 concurrent)                   4139.0 lpm   (60.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (8 concurrent)                   1052.7 lpm   (60.0 s, 2 samples)
System Call Overhead                        3203297.7 lps   (10.0 s, 7 samples)

System Benchmarks Index Values               BASELINE       RESULT    INDEX
Dhrystone 2 using register variables         116700.0   13316440.0   1141.1
Double-Precision Whetstone                       55.0       2829.8    514.5
Execl Throughput                                 43.0       2248.3    522.9
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks          3960.0     580828.0   1466.7
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks            1655.0     188250.6   1137.5
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks          5800.0    1142648.0   1970.1
Pipe Throughput                               12440.0    1767354.5   1420.7
Pipe-based Context Switching                   4000.0     304535.0    761.3
Process Creation                                126.0       7157.9    568.1
Shell Scripts (1 concurrent)                     42.4       4139.0    976.2
Shell Scripts (8 concurrent)                      6.0       1052.7   1754.6
System Call Overhead                          15000.0    3203297.7   2135.5
                                                                   ========
System Benchmarks Index Score                                        1070.6

------------------------------------------------------------------------
Benchmark Run: 火  2月 28 2012 05:19:27 - 05:47:47
2 CPUs in system; running 2 parallel copies of tests

Dhrystone 2 using register variables       24518497.7 lps   (10.0 s, 7 samples)
Double-Precision Whetstone                     5533.2 MWIPS (9.6 s, 7 samples)
Execl Throughput                               6135.8 lps   (29.6 s, 2 samples)
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks        221304.8 KBps  (30.0 s, 2 samples)
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks           66920.4 KBps  (30.0 s, 2 samples)
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks        482621.4 KBps  (30.0 s, 2 samples)
Pipe Throughput                             3296607.9 lps   (10.0 s, 7 samples)
Pipe-based Context Switching                 663763.9 lps   (10.0 s, 7 samples)
Process Creation                              17033.6 lps   (30.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (1 concurrent)                   7527.8 lpm   (60.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (8 concurrent)                   1263.7 lpm   (60.0 s, 2 samples)
System Call Overhead                        5117975.8 lps   (10.0 s, 7 samples)

System Benchmarks Index Values               BASELINE       RESULT    INDEX
Dhrystone 2 using register variables         116700.0   24518497.7   2101.0
Double-Precision Whetstone                       55.0       5533.2   1006.0
Execl Throughput                                 43.0       6135.8   1426.9
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks          3960.0     221304.8    558.9
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks            1655.0      66920.4    404.4
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks          5800.0     482621.4    832.1
Pipe Throughput                               12440.0    3296607.9   2650.0
Pipe-based Context Switching                   4000.0     663763.9   1659.4
Process Creation                                126.0      17033.6   1351.9
Shell Scripts (1 concurrent)                     42.4       7527.8   1775.4
Shell Scripts (8 concurrent)                      6.0       1263.7   2106.2
System Call Overhead                          15000.0    5117975.8   3412.0
                                                                   ========
System Benchmarks Index Score                                        1368.2

[ UnixBench出力情報の意味 ]

出力項目名 意味
Dhrystone 2 using register variables 2つのレジスタを使用した整数・文字列演算
Double-Precision Whetstone 倍精度浮動小数点演算
Execl Throughput exec関数実行処理
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks ファイルコピー(バッファサイズ1024バイト)
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks ファイルコピー(バッファサイズ256バイト)
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks ファイルコピー(バッファサイズ4096バイト)
Pipe Throughput pipe処理
Pipe-based Context Switching pipeベースでのコンテキストスイッチング
Process Creation プロセス生成
Shell Scripts (1 concurrent) シェルスクリプト実行(シングル)
Shell Scripts (8 concurrent) シェルスクリプト実行(8個並列)
System Call Overhead システムコール
System Benchmarks Index Score ベンチマーク値(UnixBenchの値として代表的に用いられる値)

UnixBenchのIndex値として用いられるのは、ほとんどの場合、最後の値
System Benchmarks Index Score 1368.2
が、用いられることが多いです。

さくらのVPS UnixBench でGoogleさんに聞けば、いろんなサイトで実施結果が表示されています。

概ね、さくらのVPS 512 プランなら、
System Benchmarks Index Score : 1400 前後のようです。
上の結果も、まあそこそこというところです。色々とサーバーとして使用しながらの計測なので、こんなものだと思います。
無負荷なら、もっとパフォーマンスは良いです。
無負荷時の概ね平均は、1CPU : 1,000 前後, 2CPU : 1,600 前後のようです。
悪い時で、1CPU : 800 前後, 2CPU : 1,200 前後のようです。
良い時で、1CPU : 1,200 前後, 2CPU : 2,000 前後のようです。

かなり値が振れてますね。ただ、1日計ってみるとわかりますが、上記の良い時、悪い時は一時的な振れ幅であって、その振れ幅が長く続くことはほとんどないようです。
以下は、あくまで参考値として、個人的に実施した結果と、Googleで検索した結果からの値の幅についてまとめたものです。
ここでは、同じ仮想化技術(KVM)のクラウドコアとの比較のみあげておきます。
( UnixBenchを使ってVPSを比較するとき仮想化技術が同じもので比較することが肝要です。仮想化技術によって、値はかなり振れてしまいますし、その値が持つ意味あいも違ってくるので注意が必要です。 )

System Benchmarks Index Score
さくらのVPS
512
Cloud Core VPS
CPUコア数 2 1
メモリ 512MB 2GB
Index Score 1200 – 1500 800 – 1000

やっぱり、マシンパワーとしては、さくらのVPSの方が上のようですが、両者とも格安なのにかなり良いパフォーマンスだと思います。

他のOpenVZ系のVPSでは、案外、UnixBenchの値が振るわないものが多いようです。

元来OpenVZ系は効率が良いので、KVMやXen系のVPSと比べてUnixBenchは良い値が出てもおかしくないのですが、かなり詰め込んでいるんでしょうね。
実際に、カゴヤ VPS、お名前.com VPS は、「これぞ リソース共有!」という感じでかなりの値 ( 2000,3000は当たり前のように出ます) が出ます。(実際の使用感は、かなり目減りするので注意が必要) しかし、Serverman@VPSやOsukini Serverの数値は、厳しいものがありますね。
また、Amazon EC2 を VPSとして比較してはいけないのですが、UnixBenchからするとかなり厳しいです。

このUnixBenchだけで比較するのは良いことだとは思いませんが、 上記の両者は、かなり良い方なのは間違いなさそうです。

興味のある方は、以下からのどうぞ。いずれもお試し期間があります。

さくらのVPSは、こちらのさくらのVPSサイトこちらのさくらのVPSサイト からどうぞ。

KDDI クラウドコア(CloudCore)は、こちらのKDDI クラウドコア(CloudCore) サイトこちらのKDDI クラウドコア(CloudCore) サイト からどうぞ。


ご利用のブラウザは、広告ブロック(AdBlockなど) が適用となっていませんか?
このサイトでは、コンテンツの一部が非表示、あるいは、コメント、お問い合わせの投稿ができない検索ができないことがあります。


関連記事 :

CloudCore VPSから上位プランがリリースされたので使ってみた。(ついでに、UnixBenchも計測)

CloudCore VPSから上位プランがリリースということで、さくらのVPSとお名前.com VPS と比較してみる でも紹介した ...

GMOクラウド VPSを使ってみて気づいた点、ついでにUnixBenchを計測してみた。

話題のGMOクラウド VPS を使ってみた でGMOクラウド VPSの契約から、簡単な使い方までを解説しました。 とりあえず、お試 ...

ConoHa VPS 1GプランのUnixBench を実施して計測し、さくらのVPS、お名前.com VPS(KVM)と比較してみました。

以前に、さくらのVPSの1Gプランとお名前.com VPS(KVM) 1GプランのUnixBench を実施して計測し、比較してみま ...

さくらのクラウドでUnixBenchとiops を計測した。ついでに、さくらのVPS SSDプランと比較してみました。

以前、 さくらのVPS の SSD 1Gプランが出たので、UnixBench と iops を計測してみました。ついで ...

ABLENET VPS (KVM) にてUnixBench を実測してみた、ついでにさくらのVPSと比較してみた

遅ればせながら、さくらのVPS (旧プラン512) のUnixBench を実施して計測してみました では、さくらのVPSのUnix ...


1 件 コメントがあります。 コメントを投稿する

コメントを投稿 :

お名前 *

メールアドレス *
( メールアドレスが公開されることはありません。)

サイトアドレス

コメント *

* 印の項目は、入力が必要な項目です。




最近投稿の記事

[ 画像提供元 : Amazon ] 先日、1TBのディスクの入れ替え時にバックアップをとろうとディスクコピーを行いました。 その際 ...

Windows で Linux ファイルシステム Ext4 のディスクをマウントするには? Ext3Fsd が、おそらく、最も簡単なツール ...

今回は、Windows で Compass を使ってみました。 Compass とは、 Sass(サス、Syntactica ...

今回は、Anti Adblock を使ってみました。 Anti Adblock とは、 そもそも Adblock という ウェブ ...

デスクトップ環境でない サーバーで、Webページのキャプチャー画像をコマンドで撮る には、wkhtmltoimage, CutyCapt ...


さくらのVPS 全プラン リニューアルです。(石狩(北海道)も選択可)


root権限ありで ¥685 / 月 ~ と非常にリーズナブルな CPU 1(core)の 512 プランから、 最高 CPU 10(core), メモリ 32(GB), SSD容量 800(GB) までとプランが充実。
ディスクは、SSDとHDDの選択が可能になった他、データセンターは人気の東京、石狩(北海道)となりました。

また、どのプランでも好きなOSが選べます
( CentOS, Fedora, Scientific Linux, FreeBSD, Ubutu, Debian )

管理人もおすすめのVPSです。
試用期間がありますから、一度、お試しを!!

詳しくは、http://vps.sakura.ad.jp/さくらのVPSのサイトへ へどうぞ!!

カテゴリ


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。
最近、スワップにも対応した Serverman@VPS は、かなりリーズナブルかもです。

  • メモリ1GB~2GBのEntryプラン :月額:490円
  • メモリ2MB~4GBのStandardプラン :月額:980円
  • メモリ4GB~8GBのProプラン :月額:1,980円

新規申し込みで1ヶ月間完全無料となるキャンペーンを実施中です。
Serverman@VPSの特徴は、安さとIPv6対応です。また、初期設定費0円もポイントです。

IPv6でちょっと遊んでみたい方には、おすすめかもしれませんね。最低利用期間もありませんから、気に入らないときは即解約もできます。

Serverman@VPSの詳細については、 http://dream.jp/vps/ Serverman@VPSのサイトへへどうぞ。



KVM採用 ConoHa VPSは、時間単位で借りれる便利なVPSです。


ConoHa VPS は、初期設定費0円最低利用期間無し時間単位で清算可能、 さらに、Web APIを使って自動化を図ることもできる便利なVPSです。

海外サーバー設置も可能で、ローカル接続にも対応と、かなり、機能豊富なサーバーです。

新規ユーザ登録で、クーポンもらえますから、まずは、お試しですね。

ConoHa VPSの詳細については、
http://www.conoha.jp/ へどうぞ。

KVM採用 お名前.com VPS(KVM) 2G プラン 初期設定費無料 キャンペーン 実施です。


メモリ2GBプラン CPU:3core、Disk:200GB
月額:1,153円から (初期設定:1,680円0円)

さくらのVPSがリニューアルされてもなんのその。
1GBメモリ / 2Core を ¥834 – の格安価格で提供中です!
間違いなくスペックからすると割安感ありです。
年間割引時の途中解約で返金がないのは、 ちょっと残念ですが、それでもこの割安感は魅力です。

まずは、お試しですね。

お名前.com VPS(KVM)の詳細については、
http://www.onamae-server.com/vps/ へどうぞ。(お試し期間が15日あります。)



  • ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークへ追加するはてな登録数
ページトップへ
Time : 0.2680 [s]