レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント
レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント - レンタルサーバー・自宅サーバーの設定・構築情報を公開しています。

さくらのクラウドでUnixBenchとiops を計測した。ついでに、さくらのVPS SSDプランと比較してみました。

2013年11月15日 2014年8月7日
unixbench

以前、

で、さくらのVPSのSSDプランについて、UnixBnech, iops を計測してみました。

今回は、さくらのクラウドで、同じようにUnixBnech, iops を計測してみました。

iops とは、
Input/Output Per Second の略で、簡単に言うと時間あたりの読み書き量を表す単位のことです。
ハードディスクなどの記憶装置の性能指標の一つで、ある条件の元で1秒間に読み込み・書き込みできる回数のことです。
1回の読み書きにかかる時間の逆数で、ハードディスクの場合はシークタイムと回転待ち時間、データ転送時間の和の逆数となります。 実際には、読み込み(リード)か書き込み(ライト)か、シーケンシャルアクセスかランダムアクセスか、 転送するデータの量がどれくらいかによって1回の動作に要する時間が異なるため、「4KBランダムライトIOPS」(4KBのデータをランダムに書き込んだ時のIOPS)のように計測条件を明示することが多いです。
(出典 : http://e-words.jp/w/IOPS.html)
レイテンシとは、
latencyのことで、直訳すると「遅延」という意味になります。
データ転送において、データを要求してから実際に送られてくるまでの待ち時間のことです。この時間が短いほどシステム全体の処理性能は高くなります。
(出典 : http://e-words.jp/w/E383ACE382A4E38386E383B3E382B7.html)
[実施環境]
OS : CentOS 6.3 (デフォルトOS)
さくらのクラウド :CPU 1コア メモリ 1G プラン SSD 20GB
さくらのVPS :SSD 1G プラン (北海道(石狩データセンター))

UnixBenchの実施結果

  • さくらのクラウドCPU 1コア メモリ 1G プランでのUnixBenchの実施結果

    データセンターは、北海道(石狩)です。

       #    #  #    #  #  #    #          #####   ######  #    #   ####   #    #
       #    #  ##   #  #   #  #           #    #  #       ##   #  #    #  #    #
       #    #  # #  #  #    ##            #####   #####   # #  #  #       ######
       #    #  #  # #  #    ##            #    #  #       #  # #  #       #    #
       #    #  #   ##  #   #  #           #    #  #       #   ##  #    #  #    #
        ####   #    #  #  #    #          #####   ######  #    #   ####   #    #
    
       Version 5.1.3                      Based on the Byte Magazine Unix Benchmark
    
       Multi-CPU version                  Version 5 revisions by Ian Smith,
                                          Sunnyvale, CA, USA
       January 13, 2011                   johantheghost at yahoo period com
    
    
    1 x Dhrystone 2 using register variables  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
    
    1 x Double-Precision Whetstone  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
    
    1 x Execl Throughput  1 2 3
    
    1 x File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks  1 2 3
    
    1 x File Copy 256 bufsize 500 maxblocks  1 2 3
    
    1 x File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks  1 2 3
    
    1 x Pipe Throughput  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
    
    1 x Pipe-based Context Switching  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
    
    1 x Process Creation  1 2 3
    
    1 x System Call Overhead  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
    
    1 x Shell Scripts (1 concurrent)  1 2 3
    
    1 x Shell Scripts (8 concurrent)  1 2 3
    
    ========================================================================
       BYTE UNIX Benchmarks (Version 5.1.3)
    
       System: suta: GNU/Linux
       OS: GNU/Linux -- 2.6.32-358.2.1.el6.x86_64 -- #1 SMP Wed Mar 13 00:26:49 UTC 2013
       Machine: x86_64 (x86_64)
       Language: en_US.utf8 (charmap="UTF-8", collate="UTF-8")
       CPU 0: Intel(R) Xeon(R) CPU E5-2640 0 @ 2.50GHz (5000.0 bogomips)
              x86-64, MMX, Physical Address Ext, SYSENTER/SYSEXIT, SYSCALL/SYSRET
       16:01:31 up 37 min,  1 user,  load average: 7.67, 4.38, 2.08; runlevel 3
    
    ------------------------------------------------------------------------
    Benchmark Run: Thu Nov 14 2013 16:01:31 - 16:29:22
    1 CPU in system; running 1 parallel copy of tests
    
    Dhrystone 2 using register variables       31260389.8 lps   (10.0 s, 7 samples)
    Double-Precision Whetstone                     1851.5 MWIPS (10.0 s, 7 samples)
    Execl Throughput                               4747.1 lps   (30.0 s, 2 samples)
    File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks       1027328.9 KBps  (30.0 s, 2 samples)
    File Copy 256 bufsize 500 maxblocks          291583.0 KBps  (30.0 s, 2 samples)
    File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks       2020009.6 KBps  (30.0 s, 2 samples)
    Pipe Throughput                             2007731.1 lps   (10.0 s, 7 samples)
    Pipe-based Context Switching                 354515.9 lps   (10.0 s, 7 samples)
    Process Creation                              15170.9 lps   (30.0 s, 2 samples)
    Shell Scripts (1 concurrent)                   5571.5 lpm   (60.0 s, 2 samples)
    Shell Scripts (8 concurrent)                    745.8 lpm   (60.0 s, 2 samples)
    System Call Overhead                        2500157.8 lps   (10.0 s, 7 samples)
    
    System Benchmarks Index Values               BASELINE       RESULT    INDEX
    Dhrystone 2 using register variables         116700.0   31260389.8   2678.7
    Double-Precision Whetstone                       55.0       1851.5    336.6
    Execl Throughput                                 43.0       4747.1   1104.0
    File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks          3960.0    1027328.9   2594.3
    File Copy 256 bufsize 500 maxblocks            1655.0     291583.0   1761.8
    File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks          5800.0    2020009.6   3482.8
    Pipe Throughput                               12440.0    2007731.1   1613.9
    Pipe-based Context Switching                   4000.0     354515.9    886.3
    Process Creation                                126.0      15170.9   1204.0
    Shell Scripts (1 concurrent)                     42.4       5571.5   1314.0
    Shell Scripts (8 concurrent)                      6.0        745.8   1242.9
    System Call Overhead                          15000.0    2500157.8   1666.8
                                                                       ========
    System Benchmarks Index Score                                        1431.9

  • さくらのVPS SSD 1GプランでのUnixBenchの実施結果

    データセンターは、北海道(石狩)です。

       #    #  #    #  #  #    #          #####   ######  #    #   ####   #    #
       #    #  ##   #  #   #  #           #    #  #       ##   #  #    #  #    #
       #    #  # #  #  #    ##            #####   #####   # #  #  #       ######
       #    #  #  # #  #    ##            #    #  #       #  # #  #       #    #
       #    #  #   ##  #   #  #           #    #  #       #   ##  #    #  #    #
        ####   #    #  #  #    #          #####   ######  #    #   ####   #    #
    
       Version 5.1.3                      Based on the Byte Magazine Unix Benchmark
    
       Multi-CPU version                  Version 5 revisions by Ian Smith,
                                          Sunnyvale, CA, USA
       January 13, 2011                   johantheghost at yahoo period com
    
    
    1 x Dhrystone 2 using register variables  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
    
    1 x Double-Precision Whetstone  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
    
    1 x Execl Throughput  1 2 3
    
    1 x File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks  1 2 3
    
    1 x File Copy 256 bufsize 500 maxblocks  1 2 3
    
    1 x File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks  1 2 3
    
    1 x Pipe Throughput  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
    
    1 x Pipe-based Context Switching  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
    
    1 x Process Creation  1 2 3
    
    1 x System Call Overhead  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
    
    1 x Shell Scripts (1 concurrent)  1 2 3
    
    1 x Shell Scripts (8 concurrent)  1 2 3
    
    2 x Dhrystone 2 using register variables  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
    
    2 x Double-Precision Whetstone  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
    
    2 x Execl Throughput  1 2 3
    
    2 x File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks  1 2 3
    
    2 x File Copy 256 bufsize 500 maxblocks  1 2 3
    
    2 x File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks  1 2 3
    
    2 x Pipe Throughput  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
    
    2 x Pipe-based Context Switching  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
    
    2 x Process Creation  1 2 3
    
    2 x System Call Overhead  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
    
    2 x Shell Scripts (1 concurrent)  1 2 3
    
    2 x Shell Scripts (8 concurrent)  1 2 3
    
    ========================================================================
       BYTE UNIX Benchmarks (Version 5.1.3)
    
       System: www2123gi.sakura.ne.jp: GNU/Linux
       OS: GNU/Linux -- 2.6.32-279.14.1.el6.x86_64 -- #1 SMP Tue Nov 6 23:43:09 UTC 2012
       Machine: x86_64 (x86_64)
       Language: en_US.utf8 (charmap="UTF-8", collate="UTF-8")
       CPU 0: Intel(R) Xeon(R) CPU E5-2640 (5000.0 bogomips)
              Hyper-Threading, x86-64, MMX, Physical Address Ext, SYSCALL/SYSRET
       CPU 1: Intel(R) Xeon(R) CPU E5-2640 (5000.0 bogomips)
              Hyper-Threading, x86-64, MMX, Physical Address Ext, SYSCALL/SYSRET
       15:53:53 up  1:15,  1 user,  load average: 13.60, 7.26, 3.84; runlevel 3
    
    ------------------------------------------------------------------------
    Benchmark Run: Thu Dec 13 2012 15:53:53 - 16:22:05
    2 CPUs in system; running 1 parallel copy of tests
    
    Dhrystone 2 using register variables       27434596.8 lps   (10.0 s, 7 samples)
    Double-Precision Whetstone                     2926.2 MWIPS (9.9 s, 7 samples)
    Execl Throughput                               3291.6 lps   (30.0 s, 2 samples)
    File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks        858663.8 KBps  (30.0 s, 2 samples)
    File Copy 256 bufsize 500 maxblocks          244322.5 KBps  (30.0 s, 2 samples)
    File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks        987902.9 KBps  (30.0 s, 2 samples)
    Pipe Throughput                             1674987.9 lps   (10.0 s, 7 samples)
    Pipe-based Context Switching                  28124.3 lps   (10.0 s, 7 samples)
    Process Creation                               9462.9 lps   (30.0 s, 2 samples)
    Shell Scripts (1 concurrent)                   5629.4 lpm   (60.0 s, 2 samples)
    Shell Scripts (8 concurrent)                   1234.0 lpm   (60.0 s, 2 samples)
    System Call Overhead                        2164618.7 lps   (10.0 s, 7 samples)
    
    System Benchmarks Index Values               BASELINE       RESULT    INDEX
    Dhrystone 2 using register variables         116700.0   27434596.8   2350.9
    Double-Precision Whetstone                       55.0       2926.2    532.0
    Execl Throughput                                 43.0       3291.6    765.5
    File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks          3960.0     858663.8   2168.3
    File Copy 256 bufsize 500 maxblocks            1655.0     244322.5   1476.3
    File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks          5800.0     987902.9   1703.3
    Pipe Throughput                               12440.0    1674987.9   1346.5
    Pipe-based Context Switching                   4000.0      28124.3     70.3
    Process Creation                                126.0       9462.9    751.0
    Shell Scripts (1 concurrent)                     42.4       5629.4   1327.7
    Shell Scripts (8 concurrent)                      6.0       1234.0   2056.7
    System Call Overhead                          15000.0    2164618.7   1443.1
                                                                       ========
    System Benchmarks Index Score                                        1032.2
    
    ------------------------------------------------------------------------
    Benchmark Run: Thu Dec 13 2012 16:22:05 - 16:50:17
    2 CPUs in system; running 2 parallel copies of tests
    
    Dhrystone 2 using register variables       54628018.3 lps   (10.0 s, 7 samples)
    Double-Precision Whetstone                     5844.9 MWIPS (10.0 s, 7 samples)
    Execl Throughput                               7560.1 lps   (30.0 s, 2 samples)
    File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks        958747.7 KBps  (30.0 s, 2 samples)
    File Copy 256 bufsize 500 maxblocks          252624.4 KBps  (30.0 s, 2 samples)
    File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks       1834520.1 KBps  (30.0 s, 2 samples)
    Pipe Throughput                             3335408.1 lps   (10.0 s, 7 samples)
    Pipe-based Context Switching                 557364.9 lps   (10.0 s, 7 samples)
    Process Creation                              24365.1 lps   (30.0 s, 2 samples)
    Shell Scripts (1 concurrent)                   9341.7 lpm   (60.0 s, 2 samples)
    Shell Scripts (8 concurrent)                   1261.5 lpm   (60.0 s, 2 samples)
    System Call Overhead                        3371725.7 lps   (10.0 s, 7 samples)
    
    System Benchmarks Index Values               BASELINE       RESULT    INDEX
    Dhrystone 2 using register variables         116700.0   54628018.3   4681.1
    Double-Precision Whetstone                       55.0       5844.9   1062.7
    Execl Throughput                                 43.0       7560.1   1758.2
    File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks          3960.0     958747.7   2421.1
    File Copy 256 bufsize 500 maxblocks            1655.0     252624.4   1526.4
    File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks          5800.0    1834520.1   3163.0
    Pipe Throughput                               12440.0    3335408.1   2681.2
    Pipe-based Context Switching                   4000.0     557364.9   1393.4
    Process Creation                                126.0      24365.1   1933.7
    Shell Scripts (1 concurrent)                     42.4       9341.7   2203.2
    Shell Scripts (8 concurrent)                      6.0       1261.5   2102.5
    System Call Overhead                          15000.0    3371725.7   2247.8
                                                                       ========
    System Benchmarks Index Score                                        2107.8

iopsの計測方法

iopsの計測には、さくらインターネットで計測されているものと同じ fio コマンドを使用し、そのパラメータを以下のように指定しました。(パラメータもさくらインターネットで計測されたものと同じです。)

fioコマンドのインストール

まずは、fioコマンドのインストールします。

  1. fioコマンドの最新ファイルをダウンロードする。
    $ wget http://freecode.com/urls/3aa21b8c106cab742bf1f20d60629e3f  -O fio.tar.gz
    ...
    現在の最新バージョンが、2.1.10 だったので、そのバージョンをダウンロードしてみました。
    最新バージョンは、 http://freecode.com/projects/fio/で確認しましょう。

    適当なディレクトリで解凍しておきます。

    $ tar xfz fio.tar.gz
    ...

  2. fioをコンパイルする。

    fioをコンパイルするには、makeおよびgcc、libaioが必要になります。
    前準備として以下のツールをインストールします。

    CentOS/ScientificLinux の場合

    $ yum -y install make gcc libaio-devel
    ...

    Debian/Ubuntu の場合

    $ apt-get -y install make gcc perl libaio-dev
    ...

    準備を終えたら、続けてmakeを実行します。
    実行するディレクトリは、先にfioを解凍したディレクトリで実行します。

    $ cd fio-2.1.10
    [fio-2.1.10]$ make
    ...

    ここでエラーがでない場合は、インストールします。

    [fio-2.1.10]$ make install
    install -m 755 -d /usr/local/bin
    ...

    fioコマンドが使えるか確認します。

    [fio-2.1.10]$ fio --version
    fio-2.1.10


fioコマンドのパラメータ設定ファイル作成

さくらインターネットで計測されたfio コマンドのパラメータは、以下のように指定したそうです。

以下は、さくらインターネットで計測された際の fioコマンドのパラメータ設定ファイルになります。

  • 書き込みパフォーマンスを確認したfioパラメータ設定ファイル

    ファイル名:randwrite.fio

    [global]
    ioengine=libaio
    direct=1
    invalidate=1
    group_reporting
    directory=/home
    filename=test.bin
    runtime=60
    
    [Rand-Write-4k-qd32]
    readwrite=randwrite
    size=4G
    bs=4k
    iodepth=32
    numjobs=1

  • 読み込みパフォーマンスを確認したfioパラメータ設定ファイル

    ファイル名:randread.fio

    [global]
    ioengine=libaio
    direct=1
    invalidate=1
    group_reporting
    directory=/home
    filename=test.bin
    runtime=60
    
    [Rand-Read-4k-qd32]
    readwrite=randread
    size=4G
    bs=4k
    iodepth=32
    numjobs=1

[ fioパラメータの意味 ]

ioengine
jobで使用するIOを定義します。
  • libaio : Linuxネイティブの非同期I/O
direct
true(or 1) を指定した場合、I/Oバッファは使用しません。(usually O_DIRECT)。デフォルト:false( or 0)。
invalidate
ファイルへの読み書きを始める際にバッファ・キャッシュを無効にします。デフォルト:true( or 1)。
group_reporting
これが設定された場合、numjobsが指定されている時に、ジョブごとの代わりにグループ単位のレポートを出力します。
directory
これが設定された場合、numjobsが指定されている時に、ジョブごとの代わりにグループ単位のレポートを出力します。
filename
fioで使用する ファイル名を指定します。通常、ジョブ名、スレッド番号、ファイル番号に基づいたファイル名になります。このファイル名でテスト用のファイルが作成されます。
runtime
指定した秒数後に処理を終了します。
readwrite
読み書きのパターンを以下のタイプで指定します。
  • read : Sequential reads.
  • write : Sequential writes.
  • randread : Random reads.
  • randwrite : Random writes.
  • rw : Mixed sequential reads and writes.
  • randrw : Mixed random reads and writes.
size
このジョブの読み書きの総サイズを指定します。
blocksize(or bs)
I/Oユニットのブロックサイズを指定します。デフォルト 4Kです。
iodepth
ファイルに対して非同期で同時に要求するI/Oユニット数を指定します。
numjobs
このジョブのクローンの数を指定します。デフォルト 1です。
上記のfio パラメータファイルは、fioコマンドで、以下のように指定することができます。
$ fio randread.fio 
Rand-Read-4k-qd32: (g=0): rw=randread, bs=4K-4K/4K-4K/4K-4K, ioengine=libaio, iodepth=32
fio-2.0.13
..


fio 実行結果(iops,レイテンシ)

  • さくらのクラウドCPU 1コア メモリ 1G プランでのfio 実行結果(iops,レイテンシ)

    データセンターは、北海道(石狩)です。

    • 読み込み(read)の実行結果
      # fioでテスト用に作成されているファイルを削除する
      $ rm -f /home/test.bin
      # fioを実行する
      $ fio randread.fio
      Rand-Read-4k-qd32: (g=0): rw=randread, bs=4K-4K/4K-4K/4K-4K, ioengine=libaio, iodepth=32
      fio-2.0.13
      Starting 1 process
      Rand-Read-4k-qd32: Laying out IO file(s) (1 file(s) / 4096MB)
      
      Rand-Read-4k-qd32: (groupid=0, jobs=1): err= 0: pid=12745: Thu Nov 14 16:54:05 2013
        read : io=1406.6MB, bw=24003KB/s, iops=6000 , runt= 60004msec
          slat (usec): min=2 , max=604 , avg=10.08, stdev= 3.23
          clat (usec): min=341 , max=62467 , avg=5319.88, stdev=7545.37
           lat (usec): min=352 , max=62478 , avg=5330.40, stdev=7545.37
          clat percentiles (usec):
           |  1.00th=[ 3024],  5.00th=[ 3216], 10.00th=[ 3280], 20.00th=[ 3344],
           | 30.00th=[ 3408], 40.00th=[ 3472], 50.00th=[ 3536], 60.00th=[ 3568],
           | 70.00th=[ 3664], 80.00th=[ 3760], 90.00th=[ 3984], 95.00th=[34048],
           | 99.00th=[38656], 99.50th=[39168], 99.90th=[40192], 99.95th=[40704],
           | 99.99th=[48384]
          bw (KB/s)  : min=22703, max=25560, per=100.00%, avg=24011.22, stdev=200.81
          lat (usec) : 500=0.01%, 750=0.03%, 1000=0.03%
          lat (msec) : 2=0.12%, 4=92.41%, 10=2.06%, 20=0.02%, 50=5.33%
          lat (msec) : 100=0.01%
        cpu          : usr=2.49%, sys=10.80%, ctx=286349, majf=0, minf=55
        IO depths    : 1=0.1%, 2=0.1%, 4=0.1%, 8=0.1%, 16=0.1%, 32=100.0%, >=64=0.0%
           submit    : 0=0.0%, 4=100.0%, 8=0.0%, 16=0.0%, 32=0.0%, 64=0.0%, >=64=0.0%
           complete  : 0=0.0%, 4=100.0%, 8=0.0%, 16=0.0%, 32=0.1%, 64=0.0%, >=64=0.0%
           issued    : total=r=360066/w=0/d=0, short=r=0/w=0/d=0
      
      Run status group 0 (all jobs):
         READ: io=1406.6MB, aggrb=24002KB/s, minb=24002KB/s, maxb=24002KB/s, mint=60004msec, maxt=60004msec
      
      Disk stats (read/write):
        vda: ios=359891/7, merge=0/2, ticks=1910321/16, in_queue=1910306, util=99.89%

      ちょうど、iops = 6000 となっています。

      また、レイテンシの値は、平均 5.33 ms となっています。
      下の lat値の分布からすると、おおむね 4ms 前後なので、まあ、先の平均値の処理速度のようです。


    • 書き込み(write)の実行結果
      # fioでテスト用に作成されているファイルを削除する
      $ rm -f /home/test.bin
      # fioを実行する
      $ fio randwrite.fio
      Rand-Write-4k-qd32: (g=0): rw=randwrite, bs=4K-4K/4K-4K/4K-4K, ioengine=libaio, iodepth=32
      fio-2.0.13
      Starting 1 process
      Rand-Write-4k-qd32: Laying out IO file(s) (1 file(s) / 4096MB)
      
      Rand-Write-4k-qd32: (groupid=0, jobs=1): err= 0: pid=12749: Thu Nov 14 16:55:05 2013
        write: io=359520KB, bw=5990.1KB/s, iops=1497 , runt= 60011msec
          slat (usec): min=5 , max=12334 , avg=16.70, stdev=115.01
          clat (usec): min=415 , max=117247 , avg=21345.73, stdev=31803.33
           lat (usec): min=444 , max=117263 , avg=21362.90, stdev=31802.48
          clat percentiles (msec):
           |  1.00th=[    4],  5.00th=[    4], 10.00th=[    5], 20.00th=[    5],
           | 30.00th=[    5], 40.00th=[    5], 50.00th=[    5], 60.00th=[    6],
           | 70.00th=[    6], 80.00th=[   81], 90.00th=[   83], 95.00th=[   84],
           | 99.00th=[   85], 99.50th=[   85], 99.90th=[   88], 99.95th=[   89],
           | 99.99th=[  117]
          bw (KB/s)  : min= 5397, max= 6216, per=100.00%, avg=5993.10, stdev=85.21
          lat (usec) : 500=0.01%, 750=0.03%, 1000=0.05%
          lat (msec) : 2=0.17%, 4=5.31%, 10=72.62%, 20=0.40%, 50=0.07%
          lat (msec) : 100=21.29%, 250=0.03%
        cpu          : usr=0.55%, sys=2.83%, ctx=65748, majf=0, minf=22
        IO depths    : 1=0.1%, 2=0.1%, 4=0.1%, 8=0.1%, 16=0.1%, 32=100.0%, >=64=0.0%
           submit    : 0=0.0%, 4=100.0%, 8=0.0%, 16=0.0%, 32=0.0%, 64=0.0%, >=64=0.0%
           complete  : 0=0.0%, 4=100.0%, 8=0.0%, 16=0.0%, 32=0.1%, 64=0.0%, >=64=0.0%
           issued    : total=r=0/w=89880/d=0, short=r=0/w=0/d=0
      
      Run status group 0 (all jobs):
        WRITE: io=359520KB, aggrb=5990KB/s, minb=5990KB/s, maxb=5990KB/s, mint=60011msec, maxt=60011msec
      
      Disk stats (read/write):
        vda: ios=5/89982, merge=0/6334, ticks=16/1915278, in_queue=1915527, util=99.84%

      こちらは、iops = 1497 となっています。

      また、レイテンシの値は、平均 21.362 ms となっています。
      下の lat値の分布からすると、10ms ~ 20ms がピークなので、先の平均値は多少悪いデータに引きずられた感じのようです。
      そのため、本来のパフォーマンスは、 15 ms あたりではないでしょうか。


  • さくらのVPS SSD 1G プランでのfio 実行結果(iops,レイテンシ)

    データセンターは、北海道(石狩)です。

    • 読み込み(read)の実行結果
      # fioでテスト用に作成されているファイルを削除する
      $ rm -f /home/test.bin
      # fioを実行する
      $ fio randread.fio
      Rand-Read-4k-qd32: (g=0): rw=randread, bs=4K-4K/4K-4K, ioengine=libaio, iodepth=32
      fio 1.57
      Starting 1 process
      Rand-Read-4k-qd32: Laying out IO file(s) (1 file(s) / 4096MB)
      Jobs: 1 (f=1): [r] [100.0% done] [45056K/0K /s] [11.0K/0  iops] [eta 00m:00s]
      Rand-Read-4k-qd32: (groupid=0, jobs=1): err= 0: pid=15569
        read : io=2575.5MB, bw=43946KB/s, iops=10986 , runt= 60002msec
          slat (usec): min=3 , max=1691 , avg=12.47, stdev=12.60
          clat (usec): min=97 , max=168887 , avg=2897.21, stdev=13360.41
           lat (usec): min=108 , max=168893 , avg=2910.32, stdev=13359.88
          bw (KB/s) : min=37472, max=45040, per=100.04%, avg=43964.57, stdev=688.11
        cpu          : usr=3.47%, sys=15.42%, ctx=10209, majf=0, minf=54
        IO depths    : 1=0.1%, 2=0.1%, 4=0.1%, 8=0.1%, 16=0.1%, 32=100.0%, >=64=0.0%
           submit    : 0=0.0%, 4=100.0%, 8=0.0%, 16=0.0%, 32=0.0%, 64=0.0%, >=64=0.0%
           complete  : 0=0.0%, 4=100.0%, 8=0.0%, 16=0.0%, 32=0.1%, 64=0.0%, >=64=0.0%
           issued r/w/d: total=659211/0/0, short=0/0/0
           lat (usec): 100=0.01%, 250=0.91%, 500=25.82%, 750=59.90%, 1000=9.50%
           lat (msec): 2=0.91%, 4=0.01%, 10=0.04%, 20=0.01%, 100=2.91%
           lat (msec): 250=0.01%
      
      Run status group 0 (all jobs):
         READ: io=2575.5MB, aggrb=43945KB/s, minb=45000KB/s, maxb=45000KB/s, mint=60002msec, maxt=60002msec
      
      Disk stats (read/write):
        vda: ios=657388/20, merge=0/29, ticks=1721351/352, in_queue=1721327, util=99.86%

      しっかり、iops = 10,986 となっていますね。早いです。

      また、レイテンシの値は、平均 2.91032 ms となっています。
      下の lat値の分布からすると、0.75ms ~ 0.1ms がピークなので、先の平均値は悪いデータに引きずられた感じのようです。
      そのため、本来のパフォーマンスは、 0.8 ms あたりではないでしょうか。


    • 書き込み(write)の実行結果
      # fioでテスト用に作成されているファイルを削除する
      $ rm -f /home/test.bin
      # fioを実行する
      $ fio randwrite.fio
      Rand-Write-4k-qd32: (g=0): rw=randwrite, bs=4K-4K/4K-4K, ioengine=libaio, iodepth=32
      fio 1.57
      Starting 1 process
      Rand-Write-4k-qd32: Laying out IO file(s) (1 file(s) / 4096MB)
      Jobs: 1 (f=1): [w] [100.0% done] [0K/44945K /s] [0 /10.1K iops] [eta 00m:00s]
      Rand-Write-4k-qd32: (groupid=0, jobs=1): err= 0: pid=15576
        write: io=2574.1MB, bw=43944KB/s, iops=10985 , runt= 60002msec
          slat (usec): min=0 , max=16667 , avg=16.82, stdev=40.26
          clat (usec): min=183 , max=80248 , avg=2894.06, stdev=9121.15
           lat (usec): min=202 , max=80270 , avg=2911.28, stdev=9120.80
          bw (KB/s) : min=41040, max=45664, per=100.05%, avg=43965.11, stdev=556.86
        cpu          : usr=2.43%, sys=20.76%, ctx=42075, majf=0, minf=21
        IO depths    : 1=0.1%, 2=0.1%, 4=0.1%, 8=0.1%, 16=0.1%, 32=100.0%, >=64=0.0%
           submit    : 0=0.0%, 4=100.0%, 8=0.0%, 16=0.0%, 32=0.0%, 64=0.0%, >=64=0.0%
           complete  : 0=0.0%, 4=100.0%, 8=0.0%, 16=0.0%, 32=0.1%, 64=0.0%, >=64=0.0%
           issued r/w/d: total=0/659177/0, short=0/0/0
           lat (usec): 250=0.01%, 500=2.71%, 750=14.08%, 1000=15.38%
           lat (msec): 2=56.14%, 4=7.44%, 10=1.21%, 20=0.14%, 50=0.21%
           lat (msec): 100=2.70%
      
      Run status group 0 (all jobs):
        WRITE: io=2574.1MB, aggrb=43943KB/s, minb=44998KB/s, maxb=44998KB/s, mint=60002msec, maxt=60002msec
      
      Disk stats (read/write):
        vda: ios=0/659517, merge=0/27755, ticks=0/1787891, in_queue=1787503, util=99.70%
        

      こちらも、iops = 10,985 と 10,000超えです。

      また、レイテンシの値は、平均 2.91128 ms となっています。
      下の lat値の分布からすると、2 ms ~ 4 ms がピークなので、先の平均値は、まあまあそれぐらいの値に収まっている感じです。



最後にまとめ

項目 さくらのVPS SSD 2G さくらのクラウド SSD 1G
UnixBench 1コア 1032.2 1431.9
2コア 2107.8
IOPS ランダムリード 10,986 [ 10,000 ] 6,000 [ 6,000 ]
ランダムライト 10,985 [ 10,000 ] 1,497 [ – ]
レイテンシ ランダムリード 0.75 (ms) [ 0.26 (ms) ] 4 (ms) [ 0.3 (ms) ]
ランダムライト 2 (ms) [ 0.12 (ms) ] 1 (ms) [ – ]

[]内数値は、さくらインターネットで公開されているデータです。


さくらのVPSのSSDプランは、今では、メモリ 1G プラン → メモリ 2G に 価格は据え置きでスペックアップしました。
また、最近では、メモリ16GBのSSDプランまで登場しました。すごいですね。

上記のさくらのVPSのSSDプランのデータは、その当時 メモリ 1G の時のデータなので、今なら、もう少し良い数値が出るかもしれません。

古いデータだと考慮せずとも、
やっぱり、なんだかんだでコストパフォーマンスが良いのは さくらのVPS なんですね。

さくらのVPSに興味のある方は、以下からのどうぞ。お試し期間がありますから、しっかりパフォーマンスをチェックしましょう。

さくらのVPSは、http://vps.sakura.ad.jp/ からどうぞ。




ご利用のブラウザは、広告ブロック(AdBlockなど) が適用となっていませんか?
このサイトでは、コンテンツの一部が非表示、あるいは、コメント、お問い合わせの投稿ができない検索ができないことがあります。


関連記事 :

遅ればせながら、さくらのVPS (旧プラン512) のUnixBench を実施して計測してみました

この記事は、少し古くなっています。さくらのVPS の新プランにおける UnixBench については、 さくらのVPSの新プランの ...

CloudCore VPSから上位プランがリリースされたので使ってみた。(ついでに、UnixBenchも計測)

CloudCore VPSから上位プランがリリースということで、さくらのVPSとお名前.com VPS と比較してみる でも紹介した ...

GMOクラウド VPSを使ってみて気づいた点、ついでにUnixBenchを計測してみた。

話題のGMOクラウド VPS を使ってみた でGMOクラウド VPSの契約から、簡単な使い方までを解説しました。 とりあえず、お試 ...

ConoHa VPS 1GプランのUnixBench を実施して計測し、さくらのVPS、お名前.com VPS(KVM)と比較してみました。

以前に、さくらのVPSの1Gプランとお名前.com VPS(KVM) 1GプランのUnixBench を実施して計測し、比較してみま ...

さくらのVPS の SSD 1Gプランが出たので、iops を計測してみました。ついでに、お名前.com VPS(KVM) 1Gプランとも比較してみました。(2)

先日、 さくらのVPS の SSD 1Gプランが出たので、UnixBench と iops を計測してみました。ついでに、お名 ...



コメントを投稿 :

お名前 *

メールアドレス *
( メールアドレスが公開されることはありません。)

サイトアドレス

コメント *

* 印の項目は、入力が必要な項目です。




最近投稿の記事

[ 画像提供元 : Amazon ] 先日、1TBのディスクの入れ替え時にバックアップをとろうとディスクコピーを行いました。 その際 ...

Windows で Linux ファイルシステム Ext4 のディスクをマウントするには? Ext3Fsd が、おそらく、最も簡単なツール ...

今回は、Windows で Compass を使ってみました。 Compass とは、 Sass(サス、Syntactica ...

今回は、Anti Adblock を使ってみました。 Anti Adblock とは、 そもそも Adblock という ウェブ ...

デスクトップ環境でない サーバーで、Webページのキャプチャー画像をコマンドで撮る には、wkhtmltoimage, CutyCapt ...


さくらのVPS 全プラン リニューアルです。(石狩(北海道)も選択可)


root権限ありで ¥685 / 月 ~ と非常にリーズナブルな CPU 1(core)の 512 プランから、 最高 CPU 10(core), メモリ 32(GB), SSD容量 800(GB) までとプランが充実。
ディスクは、SSDとHDDの選択が可能になった他、データセンターは人気の東京、石狩(北海道)となりました。

また、どのプランでも好きなOSが選べます
( CentOS, Fedora, Scientific Linux, FreeBSD, Ubutu, Debian )

管理人もおすすめのVPSです。
試用期間がありますから、一度、お試しを!!

詳しくは、http://vps.sakura.ad.jp/さくらのVPSのサイトへ へどうぞ!!

カテゴリ


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。
最近、スワップにも対応した Serverman@VPS は、かなりリーズナブルかもです。

  • メモリ1GB~2GBのEntryプラン :月額:490円
  • メモリ2MB~4GBのStandardプラン :月額:980円
  • メモリ4GB~8GBのProプラン :月額:1,980円

新規申し込みで1ヶ月間完全無料となるキャンペーンを実施中です。
Serverman@VPSの特徴は、安さとIPv6対応です。また、初期設定費0円もポイントです。

IPv6でちょっと遊んでみたい方には、おすすめかもしれませんね。最低利用期間もありませんから、気に入らないときは即解約もできます。

Serverman@VPSの詳細については、 http://dream.jp/vps/ Serverman@VPSのサイトへへどうぞ。



KVM採用 ConoHa VPSは、時間単位で借りれる便利なVPSです。


ConoHa VPS は、初期設定費0円最低利用期間無し時間単位で清算可能、 さらに、Web APIを使って自動化を図ることもできる便利なVPSです。

海外サーバー設置も可能で、ローカル接続にも対応と、かなり、機能豊富なサーバーです。

新規ユーザ登録で、クーポンもらえますから、まずは、お試しですね。

ConoHa VPSの詳細については、
http://www.conoha.jp/ へどうぞ。

KVM採用 お名前.com VPS(KVM) 2G プラン 初期設定費無料 キャンペーン 実施です。


メモリ2GBプラン CPU:3core、Disk:200GB
月額:1,153円から (初期設定:1,680円0円)

さくらのVPSがリニューアルされてもなんのその。
1GBメモリ / 2Core を ¥834 – の格安価格で提供中です!
間違いなくスペックからすると割安感ありです。
年間割引時の途中解約で返金がないのは、 ちょっと残念ですが、それでもこの割安感は魅力です。

まずは、お試しですね。

お名前.com VPS(KVM)の詳細については、
http://www.onamae-server.com/vps/ へどうぞ。(お試し期間が15日あります。)



  • ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークへ追加するはてな登録数
ページトップへ
Time : 0.2815 [s]