レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント
レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント - レンタルサーバー・自宅サーバーの設定・構築情報を公開しています。

U14

HDD から 容量の小さい SSD へディスクの入れ替えを行ってみた

2015年10月22日 2017年8月8日
SDSSDA-120G

[ 画像提供元 : Amazon ]



SSDも最近は安くなりました。上記は、120GBで5,000円そこそこと、かなりリーズナブルな価格となっていて、自分にも手が届くようになってきました。 そこで、個人的に使用していた Ubuntuのデスクトップを HDD(500GB) からSSD(120GB) へ交換することにしました。

このサイトでも、以下のように今までにディスク交換の記事をいくつか書きました。
ただ、いずれも容量が小さいものから同じかそれ以上の容量へのディスク交換手順になります。 今回は、ディスク容量が大きいHDDから小さいSSDへのディスク交換になりますから、これらの記事を参考にできません。


 ディスク交換手順記事一覧 


 fdiskコマンド編 

LVMを使用したディスク追加手順は、ディスクの追加手順をまとめてみた(LVM編) です。

LVMを使用したディスク交換手順は、ディスクの交換手順をまとめてみた(LVMパーティション&fdiskによるパーティション拡張編) です。

通常ディスクを使用したディスク追加手順は、ディスクの追加手順をまとめてみた(通常ディスク編) です。

通常ディスクを使用したディスク交換手順は、ディスクの交換手順をまとめてみた(通常パーティション&fdiskによるパーティション拡張編) です。


 partedコマンド編 

パーティションテーブルを MBR(msdos)からGPTへ移行する手順は、2TiB超えパーティションのためのMBR(msdos)からGPTへの移行 です。

LVMを使用したディスク交換手順は、ディスクの交換手順をまとめてみた(LVMパーティション&partedによるパーティション拡張編) です。

通常ディスクを使用したディスク交換手順は、ディスクの交換手順をまとめてみた(通常パーティション&partedによるパーティション拡張編) です。

fdisk コマンドは、古くから利用されているコマンドで、2TiB以上の大きなパーティションを作成することはできません。 その場合は、parted コマンドを使用することになります。

ネット上にも様々な同様の記事がありますが、これらのほとんど記事が、やっぱり、ディスク容量が同じか あるいは 大きいことを前提に解説されています。
今回は、古いHDDからSSDへの切り替え時など発生する 容量が大きいディスクから小さいディスクへのディスク交換手順を簡単に解説してみたいと思います。

探せば、ネット上でも、容量の小さいディスクへの交換手順の解説記事があります。 ただ、その手順の多くは、元のディスクである容量の大きなディスク(パーティション、ファイルシステム)を交換するディスク容量まで小さくして、 一般的なディスク交換手順と同じようにできる・・・という手順解説が多いようです。

この手順で最もリスクが高いのは、元ディスクのパーティションのリサイズ、あるいは、再構築(削除して再作成)することです。

そもそも、パーティションのリサイズは、サイズアップが基本的に考えられており、サイズダウンには、対応できていない場合もあります。 もし、このパーティションの再構築で失敗したら、このディスクが二度と情報を読み出すことができなくなることもあります。


ここでは、元ディスクのパーティションに手を加えることなくそれらのリスクを回避し、ディスクの入れ替えを行ってみます。 ( ここでのファイルシステムは、ext4 について記載しています。 また、この記事は、http://askubuntu.com/questions/40372/how-to-move-ubuntu-to-an-ssd を参考に、自分で確認したものです。 )



関連記事 :


コメントを投稿 :

お名前 *

メールアドレス *
( メールアドレスが公開されることはありません。)

サイトアドレス

コメント *

* 印の項目は、入力が必要な項目です。




最近投稿の記事

今回は、Mondo Rescue を使って バックアップとリストア(復元)をやってみたいと思います。 いまだに、さくらのVPSは、バッ ...

ウェブサーバ(Debian/Ubuntu)の管理をしていて 恥ずかしながら nginx を最新へ自動アップグレードできていなかったので、 その ...

今回は、Deabin 8 から Deabin 9 へアップグレードしてみたいと思います。 Deabin 8 と Deabin 9 のウ ...

SSL/TLS(https://)に対応してみてわかったこと、事前に考えておくべき事のまとめ でも一部記載したように、 Let’ ...

今回は、Debian で nginx とともに HTTP/2 を使ってみたいと思います。 まず、HTTP/2 は、TLS接続を前提にしてお ...


さくらのVPS 全プラン リニューアルです。(石狩(北海道)も選択可)


root権限ありで ¥685 / 月 ~ と非常にリーズナブルな CPU 1(core)の 512 プランから、 最高 CPU 10(core), メモリ 32(GB), SSD容量 800(GB) までとプランが充実。
ディスクは、SSDとHDDの選択が可能になった他、データセンターは人気の東京、石狩(北海道)となりました。

また、どのプランでも好きなOSが選べます
( CentOS, Fedora, Scientific Linux, FreeBSD, Ubutu, Debian )

管理人もおすすめのVPSです。
試用期間がありますから、一度、お試しを!!

詳しくは、http://vps.sakura.ad.jp/さくらのVPSのサイトへ へどうぞ!!

カテゴリ


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。
最近、スワップにも対応した Serverman@VPS は、かなりリーズナブルかもです。

  • メモリ1GB~2GBのEntryプラン :月額:490円
  • メモリ2MB~4GBのStandardプラン :月額:980円
  • メモリ4GB~8GBのProプラン :月額:1,980円

新規申し込みで1ヶ月間完全無料となるキャンペーンを実施中です。
Serverman@VPSの特徴は、安さとIPv6対応です。また、初期設定費0円もポイントです。

IPv6でちょっと遊んでみたい方には、おすすめかもしれませんね。最低利用期間もありませんから、気に入らないときは即解約もできます。

Serverman@VPSの詳細については、 http://dream.jp/vps/ Serverman@VPSのサイトへへどうぞ。



KVM採用 ConoHa VPSは、時間単位で借りれる便利なVPSです。


ConoHa VPS は、初期設定費0円最低利用期間無し時間単位で清算可能、 さらに、Web APIを使って自動化を図ることもできる便利なVPSです。

海外サーバー設置も可能で、ローカル接続にも対応と、かなり、機能豊富なサーバーです。

新規ユーザ登録で、クーポンもらえますから、まずは、お試しですね。

ConoHa VPSの詳細については、
http://www.conoha.jp/ へどうぞ。

KVM採用 お名前.com VPS(KVM) 2G プラン 初期設定費無料 キャンペーン 実施です。


メモリ2GBプラン CPU:3core、Disk:200GB
月額:1,153円から (初期設定:1,680円0円)

さくらのVPSがリニューアルされてもなんのその。
1GBメモリ / 2Core を ¥834 – の格安価格で提供中です!
間違いなくスペックからすると割安感ありです。
年間割引時の途中解約で返金がないのは、 ちょっと残念ですが、それでもこの割安感は魅力です。

まずは、お試しですね。

お名前.com VPS(KVM)の詳細については、
http://www.onamae-server.com/vps/ へどうぞ。(お試し期間が15日あります。)



  • はてなブックマークへ追加する
  • Facebookでシェアする
  • twitter でつぶやく
  • Google Plusでシェアする
  • Pocketでシェアする
ページトップへ
Time : 0.2825 [s]