レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント
レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント - レンタルサーバー・自宅サーバーの設定・構築情報を公開しています。

C6

評判のConoHa VPSを使うときに最初にやっておきたいこと(CentOS編)

2013年7月31日 2015年5月29日
conoha vps centos
ConoHa VPSの具体的なUnixBenchによる評価などは、
ConoHa VPS 1GプランのUnixBench を実施して計測し、さくらのVPS、お名前.com VPS(KVM)と比較してみました。
に記載しています。興味のある方は、そちらを参照してみてください。

以前の記事「評判のお名前.com VPS(KVM)を使うときに最初にやっておきたいこと(CentOS編)」で お名前.com VPS ( KVM ) で同じように、初期状態から、最初にやっておきたいことを記事にしました。
さくらのVPSでは、「評判のさくらのVPSを使うときに最初にやっておきたいこと(CentOS編)」で同じように記事にしました。

今回は、ConoHa VPS において、デフォルトOSであるCentOS 6 をインストールした状態(初期状態)から やっておきたいことを整理しておきます。

ConoHa VPSを試してみたい方は、http://www.conoha.jp/からどうぞ。無料お試し期間は15日です。

ConoHa VPS を使う前にやるべきこと

ConoHa VPS の場合、アカウント登録を行っただけでは、VPSは動きません。
コントロールパネルから VPS追加 をしてはじめて、CentOSがインストールされます。
ConoHa VPS では、これを「VPSを作成する」という表現しているように、VPSを動かすためには、まず、VPSを作成します。
ConoHa のコントロールパネルへログインした以降について、VPSの作成方法を簡単に解説します。

  1. コントロールパネルの左バーの [ サービス ] – [ VPS ] をクリックします。
    ConoHa VPS 追加

  2. VPS追加 をクリックします。
    ConoHa VPS 追加

  3. 追加するVPSのプランを選択し、rootのパスワードを入力し、確認 をクリックします。
    ConoHa VPS プラン選択

    ここでは、メモリ 1G プランを選択しました。

    ここでは、OSの選択はできません。必ず CentOSになります。

    ConoHa VPS の場合、必ず、VPSの追加 (VPSの作成) という手順から始まります。
    これを考えれば、デフォルトでCentOSでなければならない理由はないと思うんですけど、 必ず、CentOS をインストールした上で、OS再インストールを実行しないと 別のOSをインストールできないという変な仕様になっています。

  4. 先に選択したプランに誤りがないか確認し、決定 をクリックします。
    ConoHa VPS プラン選択確認

    決定以降は、VPSのリストに、構築中の画面が表示されると思います。

    ConoHa VPS 構築中

  5. 最後にVPSを起動する。
    ConoHa VPS 起動

    先に作成したVPSにチェックを入れ、起動ボタンをクリックします。

    状態が稼働中になってから、起動します。
    VPSを作成した当初は、構築中になっていますので、しばらく後に、稼働中へ変化します。その後、起動します。
    ConoHa VPS 起動確認

    上記の確認ページが表示されたら、確認ボタンをクリックします。

    ConoHa VPS 起動決定

    上記の決定ページが表示されたら、決定ボタンをクリックします。
    これで、起動します。

    ConoHa VPS 起動中

    しばらく後に、VPSの状態が起動中に切り替わりますので、これで、VPSへのアクセスができるようになります。

    続けて、TeraTerm を用いての SSH でのアクセス方法を簡単に解説しておきます。


  6. ConoHa VPS のコントロールパネルから SSH Key をダウンロードします。
    ConoHa VPS SSH Key Pair

    コントロールパネルの左バーの [ サービス ] – [ VPS ] をクリックします。
    続けて、Key Pair をクリックします。

    Private Keyダウンロード をクリックすると、SSH Key(RSAキーファイル)をダウンロードできます。
    適当なディレクトリへダウンロードしましょう。

    ConoHa VPS では、SSH接続する際、デフォルトで SSH Key Pair が必須になります。

  7. TeraTerm を起動します。
    TeraTerm1
    • ホスト : ConoHa VPS で作成したVPSのIPアドレスを指定します。
      ConoHa VPS  IPアドレス

      IPアドレスは、上記のように [ サービス ] – [ VPS ] – [ サーバーリスト ] – [ VPSxxxxx ] – [ DNS逆引き設定 ] で確認することができます。

    • サービス : SSH :SSH2 を指定します。

    上記の設定を終えたら、OKボタンをクリックします。


  8. TeraTerm からSSH接続します。
    TeraTerm2
    • ユーザ名 : デフォルトではrootのみです。ここでは rootを指定します。
    • パスフレーズ : VPSを作成時に指定したパスワードを指定します。
    • □ RSA/DSA鍵を使う : チェックします。

      秘密鍵ボタンをクリックし、先にダウンロードしたSSH Keyファイルを指定します。

    上記の設定を終えたら、OKボタンをクリックします。

    TeraTerm3

    上記のようにプロンプトが表示されればOKです。



ConoHa VPS の CentOS で最初にやっておきたいこと

ConoHa VPS のデフォルトOSである CentOS 6 をインストールすると、基本的なものはインストールされています。 例えば、iptables , vimなどの基本的なツールや、httpd,php なども 既にインストール済です。そのため、ここで使用する iptables , vim については、インストールの説明を割愛します。
デフォルトでインストールされているパッケージの一覧は、以下の詳細表示切替をクリックすると詳細情報が表示されますので、そちらを参照してください。

詳細表示切替
$ rpm -qa
intltool-0.41.0-1.1.el6.noarch
usermode-1.102-3.el6.x86_64
basesystem-10.0-4.el6.noarch
libtool-2.2.6-15.5.el6.x86_64
libusb1-1.0.9-0.6.rc1.el6.x86_64
glibc-common-2.12-1.107.el6.x86_64
rcs-5.7-37.el6.x86_64
libreport-python-2.0.9-15.el6.centos.x86_64
bash-4.1.2-14.el6.x86_64
byacc-1.9.20070509-7.el6.x86_64
abrt-libs-2.0.8-15.el6.centos.x86_64
info-4.13a-8.el6.x86_64
bison-2.4.1-5.el6.x86_64
libreport-plugin-mailx-2.0.9-15.el6.centos.x86_64
libacl-2.2.49-6.el6.x86_64
libcom_err-1.41.12-14.el6_4.2.x86_64
abrt-addon-kerneloops-2.0.8-15.el6.centos.x86_64
nss-util-3.14.0.0-2.el6.x86_64
e2fsprogs-libs-1.41.12-14.el6_4.2.x86_64
iw-0.9.17-4.el6.x86_64
gamin-0.1.10-9.el6.x86_64
selinux-policy-targeted-3.7.19-195.el6_4.10.noarch
python-ethtool-0.6-3.el6.x86_64
readline-6.0-4.el6.x86_64
upstart-0.6.5-12.el6_4.1.x86_64
libX11-common-1.5.0-4.el6.noarch
file-libs-5.04-15.el6.x86_64
telnet-0.17-47.el6_3.1.x86_64
avahi-libs-0.6.25-12.el6.x86_64
grep-2.6.3-3.el6.x86_64
libpcap-1.0.0-6.20091201git117cb5.el6.x86_64
expat-2.0.1-11.el6_2.x86_64
hicolor-icon-theme-0.11-1.1.el6.noarch
gpm-libs-1.20.6-12.el6.x86_64
sysvinit-tools-2.87-4.dsf.el6.x86_64
libXrender-0.9.7-2.el6.x86_64
libXdamage-1.1.3-4.el6.x86_64
file-5.04-15.el6.x86_64
libXrandr-1.4.0-1.el6.x86_64
libutempter-1.1.5-4.1.el6.x86_64
pkgconfig-0.23-9.1.el6.x86_64
net-tools-1.60-110.el6_2.x86_64
gnutls-2.8.5-10.el6_4.2.x86_64
dmraid-events-1.0.0.rc16-11.el6.x86_64
binutils-2.20.51.0.2-5.36.el6.x86_64
dash-0.5.5.1-4.el6.x86_64
numactl-2.0.7-6.el6.x86_64
gtk2-2.18.9-12.el6.x86_64
hunspell-en-0.20090216-7.1.el6.noarch
redhat-logos-60.0.14-12.el6.centos.noarch
irqbalance-1.0.4-3.el6.x86_64
nss-3.14.0.0-12.el6.x86_64
usbutils-003-4.el6.x86_64
libuser-0.56.13-5.el6.x86_64
tcpdump-4.0.0-3.20090921gitdf3cb4.2.el6.x86_64
mingetty-1.08-5.el6.x86_64
alsa-utils-1.0.22-5.el6.x86_64
libssh2-1.4.2-1.el6.x86_64
smartmontools-5.43-1.el6.x86_64
rpm-4.8.0-32.el6.x86_64
rsync-3.0.6-9.el6.x86_64
fipscheck-lib-1.2.0-7.el6.x86_64
readahead-1.5.6-1.el6.x86_64
gdbm-1.8.0-36.el6.x86_64
scl-utils-20120927-2.el6.x86_64
yum-metadata-parser-1.1.2-16.el6.x86_64
bridge-utils-1.2-10.el6.x86_64
python-pycurl-7.19.0-8.el6.x86_64
cyrus-sasl-plain-2.1.23-13.el6_3.1.x86_64
slang-2.2.1-1.el6.x86_64
rdate-1.4-16.el6.x86_64
kbd-misc-1.15-11.el6.noarch
rng-tools-2-13.el6_2.x86_64
iproute-2.6.32-23.el6.x86_64
tcsh-6.17-24.el6.x86_64
udev-147-2.46.el6.x86_64
ntsysv-1.3.49.3-2.el6.x86_64
device-mapper-event-1.02.77-9.el6.x86_64
psacct-6.3.2-63.el6_3.3.x86_64
kbd-1.15-11.el6.x86_64
at-3.1.10-43.el6_2.1.x86_64
openssh-5.3p1-84.1.el6.x86_64
gpg-pubkey-0608b895-4bd22942
cronie-1.4.4-7.el6.x86_64
python-setuptools-0.6.10-3.el6.noarch
dhcp-common-4.1.1-34.P1.el6.centos.x86_64
setools-libs-python-3.3.7-4.el6.x86_64
policycoreutils-python-2.0.83-19.30.el6.x86_64
bfa-firmware-3.0.3.1-1.el6.noarch
python-prettytable-0.6.1-1.el6.noarch
b43-openfwwf-5.2-4.el6.noarch
php-common-5.3.3-22.el6.x86_64
iwl1000-firmware-39.31.5.1-1.el6.noarch
apr-util-ldap-1.3.9-3.el6_0.1.x86_64
passwd-0.77-4.el6_2.2.x86_64
libxslt-1.1.26-2.el6_3.1.x86_64
acl-2.2.49-6.el6.x86_64
ruby-1.8.7.352-10.el6_4.x86_64
ql2100-firmware-1.19.38-3.1.el6.noarch
php-pear-1.9.4-4.el6.noarch
ql2500-firmware-5.08.00-1.el6.noarch
perl-Test-Harness-3.17-131.el6_4.x86_64
rt61pci-firmware-1.2-7.el6.noarch
perl-Digest-SHA-5.47-131.el6_4.x86_64
ipw2100-firmware-1.3-11.el6.noarch
libevent-1.4.13-4.el6.x86_64
gpg-pubkey-c105b9de-4e0fd3a3
screen-4.0.3-16.el6.x86_64
libICE-1.0.6-1.el6.x86_64
libblkid-2.17.2-12.9.el6_4.3.x86_64
perl-Compress-Raw-Zlib-2.020-131.el6_4.x86_64
openssl-1.0.0-27.el6_4.2.x86_64
git-1.7.1-3.el6_4.1.x86_64
cpp-4.4.7-3.el6.x86_64
libselinux-utils-2.0.94-5.3.el6_4.1.x86_64
glibc-headers-2.12-1.107.el6.x86_64
libproxy-bin-0.3.0-4.el6_3.x86_64
perl-libwww-perl-5.833-2.el6.noarch
perl-version-0.77-131.el6_4.x86_64
libXtst-1.2.1-2.el6.x86_64
perl-5.10.1-131.el6_4.x86_64
pakchois-0.4-3.2.el6.x86_64
cvs-1.11.23-15.el6.x86_64
libjpeg-turbo-1.2.1-1.el6.x86_64
systemtap-devel-1.8-7.el6.x86_64
libedit-2.11-4.20080712cvs.1.el6.x86_64
systemtap-1.8-7.el6.x86_64
filesystem-2.4.30-3.el6.x86_64
libtar-1.2.11-17.el6.x86_64
gcc-gfortran-4.4.7-3.el6.x86_64
xz-lzma-compat-4.999.9-0.3.beta.20091007git.el6.x86_64
indent-2.2.10-7.el6.x86_64
ncurses-libs-5.7-3.20090208.el6.x86_64
libreport-plugin-rhtsupport-2.0.9-15.el6.centos.x86_64
doxygen-1.6.1-6.el6.x86_64
zlib-1.2.3-29.el6.x86_64
abrt-2.0.8-15.el6.centos.x86_64
flex-2.5.35-8.el6.x86_64
chkconfig-1.3.49.3-2.el6.x86_64
libreport-plugin-logger-2.0.9-15.el6.centos.x86_64
centos-release-cr-6-0.el6.centos.x86_64
nspr-4.9.2-1.el6.x86_64
elfutils-0.152-1.el6.x86_64
libss-1.41.12-14.el6_4.2.x86_64
glib2-2.22.5-7.el6.x86_64
crda-1.1.1_2010.11.22-1.el6.x86_64
selinux-policy-3.7.19-195.el6_4.10.noarch
bzip2-libs-1.0.5-7.el6_0.x86_64
curl-7.19.7-37.el6_4.x86_64
gawk-3.1.7-10.el6.x86_64
alsa-lib-1.0.22-3.el6.x86_64
libcgroup-0.37-7.2.el6_4.x86_64
pcre-7.8-6.el6.x86_64
mdadm-3.2.5-4.el6_4.1.x86_64
libidn-1.18-2.el6.x86_64
sg3_utils-libs-1.28-4.el6.x86_64
elfutils-libelf-0.152-1.el6.x86_64
hdparm-9.16-3.4.el6.x86_64
findutils-4.4.2-6.el6.x86_64
bc-1.06.95-1.el6.x86_64
tcp_wrappers-libs-7.6-57.el6.x86_64
libXau-1.0.6-4.el6.x86_64
device-mapper-persistent-data-0.1.4-1.el6.x86_64
libXext-1.3.1-2.el6.x86_64
libXcursor-1.1.13-2.el6.x86_64
libusb-0.1.12-23.el6.x86_64
libXft-2.3.1-2.el6.x86_64
procps-3.2.8-25.el6.x86_64
ntpdate-4.2.4p8-3.el6.centos.x86_64
db4-utils-4.7.25-17.el6.x86_64
cups-libs-1.4.2-50.el6_4.4.x86_64
diffutils-2.8.1-28.el6.x86_64
bind-libs-9.8.2-0.17.rc1.el6_4.4.x86_64
less-436-10.el6.x86_64
pciutils-3.1.10-2.el6.x86_64
cracklib-dicts-2.8.16-4.el6.x86_64
hwdata-0.233-7.9.el6.noarch
logrotate-3.7.8-16.el6.x86_64
bind-utils-9.8.2-0.17.rc1.el6_4.4.x86_64
abrt-cli-2.0.8-15.el6.centos.x86_64
ethtool-3.5-1.el6.x86_64
quota-3.17-18.el6.x86_64
man-pages-overrides-6.4.1-1.el6.noarch
rpm-libs-4.8.0-32.el6.x86_64
openssh-clients-5.3p1-84.1.el6.x86_64
system-config-firewall-tui-1.2.27-5.el6.noarch
libsemanage-2.0.43-4.2.el6.x86_64
systemtap-runtime-1.8-7.el6.x86_64
python-2.6.6-36.el6.x86_64
acpid-1.0.10-2.1.el6.x86_64
pygpgme-0.1-18.20090824bzr68.el6.x86_64
yum-plugin-security-1.1.30-14.el6.noarch
yum-3.2.29-40.el6.centos.noarch
traceroute-2.0.14-2.el6.x86_64
plymouth-core-libs-0.8.3-27.el6.centos.x86_64
man-pages-3.22-20.el6.noarch
iptables-1.4.7-9.el6.x86_64
unzip-6.0-1.el6.x86_64
eject-2.1.5-17.el6.x86_64
device-mapper-event-libs-1.02.77-9.el6.x86_64
wget-1.12-1.8.el6.x86_64
plymouth-0.8.3-27.el6.centos.x86_64
centos-indexhtml-6-1.el6.centos.noarch
rsyslog-5.8.10-6.el6.x86_64
microcode_ctl-1.17-14.el6.x86_64
cronie-anacron-1.4.4-7.el6.x86_64
libselinux-python-2.0.94-5.3.el6_4.1.x86_64
python-pygments-1.1.1-1.el6.noarch
dhclient-4.1.1-34.P1.el6.centos.x86_64
libyaml-0.1.3-1.el6.x86_64
lvm2-2.02.98-9.el6.x86_64
PyYAML-3.10-3.el6.x86_64
iwl6050-firmware-41.28.5.1-2.el6.noarch
python-boto-2.5.2-3.el6.noarch
iwl6000-firmware-9.221.4.1-1.el6.noarch
apr-1.3.9-5.el6_2.x86_64
efibootmgr-0.5.4-10.el6.x86_64
httpd-tools-2.2.15-28.el6.centos.x86_64
libXpm-3.5.10-2.el6.x86_64
iwl5000-firmware-8.83.5.1_1-1.el6_1.1.noarch
php-gd-5.3.3-22.el6.x86_64
xorg-x11-drv-ati-firmware-6.99.99-1.el6.noarch
php-pdo-5.3.3-22.el6.x86_64
iwl4965-firmware-228.61.2.24-2.1.el6.noarch
perl-ExtUtils-MakeMaker-6.55-131.el6_4.x86_64
rt73usb-firmware-1.8-7.el6.noarch
perl-CPAN-1.9402-131.el6_4.x86_64
rootfiles-8.1-6.1.el6.noarch
tmux-1.5-1.el6.x86_64
coreutils-8.4-19.el6_4.2.x86_64
perl-URI-1.40-2.el6.noarch
patch-2.6-6.el6.x86_64
initscripts-9.03.38-1.el6.centos.1.x86_64
perl-Error-0.17015-4.el6.noarch
perl-IO-Compress-Zlib-2.020-131.el6_4.x86_64
gzip-1.3.12-19.el6_4.x86_64
gdb-7.2-60.el6_4.1.x86_64
tzdata-2013c-1.el6.noarch
glibc-devel-2.12-1.107.el6.x86_64
perl-Pod-Escapes-1.04-131.el6_4.x86_64
perl-XML-Parser-2.36-7.el6.x86_64
perl-Pod-Simple-3.13-131.el6_4.x86_64
ppl-0.10.2-11.el6.x86_64
xmlrpc-c-1.16.24-1209.1840.el6.x86_64
neon-0.29.3-2.el6.x86_64
libnl-1.1-14.el6.x86_64
gettext-0.17-16.el6.x86_64
libtiff-3.9.4-9.el6_3.x86_64
systemtap-client-1.8-7.el6.x86_64
mailx-12.4-6.el6.x86_64
setup-2.8.14-20.el6.noarch
gcc-c++-4.4.7-3.el6.x86_64
dmidecode-2.11-2.el6.x86_64
ncurses-base-5.7-3.20090208.el6.x86_64
swig-1.3.40-6.el6.x86_64
man-1.6f-32.el6.x86_64
glibc-2.12-1.107.el6.x86_64
patchutils-0.3.1-3.1.el6.x86_64
libreport-compat-2.0.9-15.el6.centos.x86_64
libcap-2.16-5.5.el6.x86_64
ctags-5.8-2.el6.x86_64
abrt-addon-python-2.0.8-15.el6.centos.x86_64
popt-1.13-7.el6.x86_64
cloud-init-0.6.3-0.12.bzr532.el6.noarch
libreport-cli-2.0.9-15.el6.centos.x86_64
db4-4.7.25-17.el6.x86_64
libcurl-7.19.7-37.el6_4.x86_64
abrt-addon-ccpp-2.0.8-15.el6.centos.x86_64
module-init-tools-3.9-21.el6_4.x86_64
wireless-tools-29-5.1.1.el6.x86_64
shadow-utils-4.1.4.2-13.el6.x86_64
e2fsprogs-1.41.12-14.el6_4.2.x86_64
sqlite-3.6.20-1.el6.x86_64
kernel-headers-2.6.32-358.11.1.el6.x86_64
libaio-0.3.107-10.el6.x86_64
dbus-libs-1.2.24-7.el6_3.x86_64
nss_compat_ossl-0.9.6-1.el6.x86_64
cyrus-sasl-lib-2.1.23-13.el6_3.1.x86_64
eggdbus-0.6-3.el6.x86_64
xz-libs-4.999.9-0.3.beta.20091007git.el6.x86_64
desktop-file-utils-0.15-9.el6.x86_64
bzip2-1.0.5-7.el6_0.x86_64
libxml2-python-2.7.6-12.el6_4.1.x86_64
cpio-2.10-11.el6_3.x86_64
libxcb-1.8.1-1.el6.x86_64
libgcrypt-1.4.5-9.el6_2.2.x86_64
libXfixes-5.0-3.el6.x86_64
libnih-1.0.1-7.el6.x86_64
libXi-1.6.1-3.el6.x86_64
gmp-4.3.1-7.el6_2.2.x86_64
pango-1.28.1-7.el6_3.x86_64
vim-minimal-7.2.411-1.8.el6.x86_64
busybox-1.15.1-15.el6.x86_64
tar-1.23-11.el6.x86_64
sgpio-1.2.0.10-5.el6.x86_64
pinentry-0.7.6-6.el6.x86_64
cryptsetup-luks-libs-1.2.0-7.el6.x86_64
which-2.19-6.el6.x86_64
groff-1.18.1.4-21.el6.x86_64
vim-common-7.2.411-1.8.el6.x86_64
cracklib-2.8.16-4.el6.x86_64
vim-enhanced-7.2.411-1.8.el6.x86_64
libpciaccess-0.13.1-2.el6.x86_64
kexec-tools-2.0.0-258.el6_4.2.x86_64
nss-tools-3.14.0.0-12.el6.x86_64
pinfo-0.6.9-12.el6.x86_64
pciutils-libs-3.1.10-2.el6.x86_64
elinks-0.12-0.21.pre5.el6_3.x86_64
virt-what-1.11-1.2.el6.x86_64
mlocate-0.22.2-4.el6.x86_64
gpgme-1.1.8-3.el6.x86_64
pam_passwdqc-1.0.5-6.el6.x86_64
ustr-1.0.4-9.1.el6.x86_64
strace-4.5.19-1.17.el6.x86_64
python-libs-2.6.6-36.el6.x86_64
words-3.0-17.el6.noarch
python-iniparse-0.3.1-2.1.el6.noarch
biosdevname-0.4.1-3.el6.x86_64
yum-plugin-fastestmirror-1.1.30-14.el6.noarch
nano-2.0.9-7.el6.x86_64
newt-python-0.52.11-3.el6.x86_64
zip-3.0-1.el6.x86_64
policycoreutils-2.0.83-19.30.el6.x86_64
tmpwatch-2.9.16-4.el6.x86_64
lsof-4.82-4.el6.x86_64
device-mapper-1.02.77-9.el6.x86_64
ed-1.1-3.3.el6.x86_64
libdrm-2.4.39-1.el6.x86_64
time-1.7-37.1.el6.x86_64
dracut-kernel-004-303.el6.noarch
dosfstools-3.0.9-4.el6.x86_64
postfix-2.6.6-2.2.el6_1.x86_64
audit-libs-python-2.2-2.el6.x86_64
iptables-ipv6-1.4.7-9.el6.x86_64
python-markdown-2.0.1-3.1.el6.noarch
openssh-server-5.3p1-84.1.el6.x86_64
python-cheetah-2.4.1-1.el6.x86_64
iwl100-firmware-39.31.5.1-1.el6.noarch
python-configobj-4.6.0-3.el6.noarch
aic94xx-firmware-30-2.el6.noarch
apr-util-1.3.9-3.el6_0.1.x86_64
grub-0.97-81.el6.x86_64
mailcap-2.1.31-2.el6.noarch
audit-2.2-2.el6.x86_64
compat-readline5-5.2-17.1.el6.x86_64
ql2400-firmware-5.08.00-1.el6.noarch
php-xml-5.3.3-22.el6.x86_64
libertas-usb8388-firmware-5.110.22.p23-3.1.el6.noarch
perl-ExtUtils-ParseXS-2.2003.0-131.el6_4.x86_64
zd1211-firmware-1.4-4.el6.noarch
ruby-irb-1.8.7.352-10.el6_4.x86_64
ql2200-firmware-2.02.08-3.1.el6.noarch
rubygems-1.3.7-1.el6.noarch
ipw2200-firmware-3.1-4.el6.noarch
mosh-1.2.4-1.el6.x86_64
coreutils-libs-8.4-19.el6_4.2.x86_64
mpfr-2.4.1-6.el6.x86_64
openldap-2.4.23-32.el6_4.1.x86_64
autoconf-2.63-5.1.el6.noarch
iputils-20071127-17.el6_4.x86_64
libgomp-4.4.7-3.el6.x86_64
perl-Compress-Zlib-2.020-131.el6_4.x86_64
gettext-libs-0.17-16.el6.x86_64
dbus-glib-0.86-6.el6.x86_64
perl-HTML-Tagset-3.20-4.el6.noarch
libproxy-0.3.0-4.el6_3.x86_64
libstdc++-devel-4.4.7-3.el6.x86_64
perl-libs-5.10.1-131.el6_4.x86_64
cloog-ppl-0.15.7-1.2.el6.x86_64
freetype-2.3.11-14.el6_3.1.x86_64
libart_lgpl-2.3.20-5.1.el6.x86_64
fontconfig-2.8.0-3.el6.x86_64
gettext-devel-0.17-16.el6.x86_64
libpng-1.2.49-1.el6_2.x86_64
libgcc-4.4.7-3.el6.x86_64
kpartx-0.4.9-64.el6.x86_64
subversion-1.6.11-9.el6_4.x86_64
ca-certificates-2010.63-3.el6_1.5.noarch
xz-4.999.9-0.3.beta.20091007git.el6.x86_64
rpm-build-4.8.0-32.el6.x86_64
nss-softokn-freebl-3.12.9-11.el6.x86_64
libreport-plugin-reportuploader-2.0.9-15.el6.centos.x86_64
diffstat-1.51-2.el6.x86_64
libattr-2.4.44-7.el6.x86_64
libreport-2.0.9-15.el6.centos.x86_64
cscope-15.6-6.el6.x86_64
audit-libs-2.2-2.el6.x86_64
abrt-tui-2.0.8-15.el6.centos.x86_64
redhat-rpm-config-9.0.3-42.el6.noarch
libreport-plugin-kerneloops-2.0.9-15.el6.centos.x86_64
krb5-libs-1.10.3-10.el6_4.3.x86_64
libsepol-2.0.41-4.el6.x86_64
jasper-libs-1.900.1-15.el6_1.1.x86_64
kernel-firmware-2.6.32-358.11.1.el6.noarch
sed-4.2.1-10.el6.x86_64
python-iwlib-0.1-1.2.el6.x86_64
kernel-2.6.32-358.11.1.el6.x86_64
libstdc++-4.4.7-3.el6.x86_64
libthai-0.1.12-3.el6.x86_64
kernel-devel-2.6.32-358.11.1.el6.x86_64
libudev-147-2.46.el6.x86_64
pixman-0.26.2-5.el6_4.x86_64
nc-1.84-22.el6.x86_64
lua-5.1.4-4.1.el6.x86_64
tcp_wrappers-7.6-57.el6.x86_64
libgpg-error-1.7-4.el6.x86_64
xdg-utils-1.0.2-17.20091016cvs.el6.noarch
checkpolicy-2.0.22-1.el6.x86_64
sos-2.2-38.el6.centos.noarch
pth-2.0.7-9.3.el6.x86_64
libX11-1.5.0-4.el6.x86_64
grubby-7.0.15-3.el6.x86_64
cairo-1.8.8-3.1.el6.x86_64
nss-softokn-3.12.9-11.el6.x86_64
libXinerama-1.1.2-2.el6.x86_64
MAKEDEV-3.24-6.el6.x86_64
libXcomposite-0.4.3-4.el6.x86_64
psmisc-22.6-15.el6_0.1.x86_64
libtasn1-2.3-3.el6_2.1.x86_64
dmraid-1.0.0.rc16-11.el6.x86_64
m4-1.4.13-5.el6.x86_64
cryptsetup-luks-1.2.0-7.el6.x86_64
ncurses-5.7-3.20090208.el6.x86_64
dbus-python-0.83.0-6.1.el6.x86_64
atk-1.28.0-2.el6.x86_64
pam-1.1.1-13.el6.x86_64
hunspell-1.2.8-16.el6.x86_64
plymouth-scripts-0.8.3-27.el6.centos.x86_64
system-config-network-tui-1.6.0.el6.2-1.el6.noarch
nss-sysinit-3.14.0.0-12.el6.x86_64
ntp-4.2.4p8-3.el6.centos.x86_64
libcap-ng-0.6.4-3.el6_0.1.x86_64
ledmon-0.74-1.el6.x86_64
keyutils-libs-1.4-4.el6.x86_64
blktrace-1.0.1-6.el6.x86_64
setuptool-1.19.9-3.el6.x86_64
gnupg2-2.0.14-4.el6.x86_64
yum-utils-1.1.30-14.el6.noarch
fipscheck-1.2.0-7.el6.x86_64
prelink-0.4.6-3.el6.x86_64
libffi-3.0.5-3.2.el6.x86_64
setserial-2.17-25.el6.x86_64
rpm-python-4.8.0-32.el6.x86_64
sysstat-9.0.4-20.el6.x86_64
python-urlgrabber-3.9.1-8.el6.noarch
mtr-0.75-5.el6.x86_64
newt-0.52.11-3.el6.x86_64
vconfig-1.9-8.1.el6.x86_64
centos-release-6-4.el6.centos.10.x86_64
rfkill-0.3-4.el6.x86_64
pcmciautils-015-4.2.el6.x86_64
device-mapper-libs-1.02.77-9.el6.x86_64
cpuspeed-1.5-19.el6.x86_64
lvm2-libs-2.02.98-9.el6.x86_64
b43-fwcutter-012-2.2.el6.x86_64
dracut-004-303.el6.noarch
parted-2.1-19.el6.x86_64
cyrus-sasl-2.1.23-13.el6_3.1.x86_64
epel-release-6-8.noarch
crontabs-1.10-33.el6.noarch
libsemanage-python-2.0.43-4.2.el6.x86_64
setools-libs-3.3.7-4.el6.x86_64
system-config-firewall-base-1.2.27-5.el6.noarch
make-3.81-20.el6.x86_64
iwl5150-firmware-8.24.2.2-1.el6.noarch
python-argparse-1.2.1-2.el6.noarch
iwl6000g2a-firmware-17.168.5.3-1.el6.noarch
authconfig-6.1.12-13.el6.x86_64
php-cli-5.3.3-22.el6.x86_64
sudo-1.8.6p3-7.el6.x86_64
httpd-2.2.15-28.el6.centos.x86_64
attr-2.4.44-7.el6.x86_64
ruby-libs-1.8.7.352-10.el6_4.x86_64
ivtv-firmware-20080701-20.2.noarch
php-5.3.3-22.el6.x86_64
atmel-firmware-1.3-7.el6.noarch
perl-devel-5.10.1-131.el6_4.x86_64
iwl3945-firmware-15.32.2.9-4.el6.noarch
ruby-rdoc-1.8.7.352-10.el6_4.x86_64
ql23xx-firmware-3.03.27-3.1.el6.noarch
protobuf-2.3.0-7.el6.x86_64
libselinux-2.0.94-5.3.el6_4.1.x86_64
zsh-4.3.10-5.el6.x86_64
libuuid-2.17.2-12.9.el6_4.3.x86_64
perl-IO-Compress-Base-2.020-131.el6_4.x86_64
util-linux-ng-2.17.2-12.9.el6_4.3.x86_64
automake-1.11.1-4.el6.noarch
perl-Git-1.7.1-3.el6_4.1.noarch
mysql-libs-5.1.69-1.el6_4.x86_64
libSM-1.2.1-2.el6.x86_64
libxml2-2.7.6-12.el6_4.1.x86_64
libproxy-python-0.3.0-4.el6_3.x86_64
perl-HTML-Parser-3.64-2.el6.x86_64
perl-Module-Pluggable-3.90-131.el6_4.x86_64
libgfortran-4.4.7-3.el6.x86_64
btparser-0.17-1.el6.x86_64
gcc-4.4.7-3.el6.x86_64
xmlrpc-c-client-1.16.24-1209.1840.el6.x86_64
libgcj-4.4.7-3.el6.x86_64
elfutils-libs-0.152-1.el6.x86_64

この点では、さくらのVPSやお名前.com VPS(KVM)のように何もインストールされていない状態ではありません。
インストールするバージョンやツールなどにこだわりがある方には、大きなお世話的な感じもしますが、 そうでない方には、少なくともスクリプト系とApacheがインストールされているのは、うれしいかもしれませんね。
結局、これが良いか悪いかは、各ユーザによるところが大きいと思います。

ConoHa VPS の場合、自宅サーバーと違って、既に外部に直接つながった状態ですから、まず、セキュリティ面の強化とサーバー設定をする必要があります。

ここでは、CentOSの初期状態から、各サーバー系をインストールする手前までにやることを記述してみます。

  1. CentOSを最新にアップデートする。

    現在(2013.07.30)では、デフォルトのCentOS のバージョンは、6.4 (64bit版) となります。
    これを最新のCentOSへアップデートしましょう。

    $ cat /etc/redhat-release
    CentOS release 6.4 (Final)
    
    $ yum update
    ..
    
    Install       2 Package(s)
    Upgrade      28 Package(s)
    
    Total download size: 87 M
    Is this ok [y/N]: y
    Downloading Packages:
    
    ..
    
      tzdata.noarch 0:2013c-2.el6
    
    Complete!
    
    $ cat /etc/redhat-release
    CentOS release 6.4 (Final)

    ここでは、まず、現在のCentOSのバージョンを確認した後、yum updateでシステムのアップデートを実施しています。
    アップデート完了後、再度、現在のCentOSのバージョンを確認し、最新のバージョンになっているいることを確認しています。
    ここでは、最新のバージョンなので、変化はありませんでした。


  2. ユーザを追加する。

    ここでは、SSHで唯一ログインを許可するようにしたhogeユーザを追加してみましょう。

    $ useradd hoge
    $ passwd hoge
    Changing password for user hoge.
    New UNIX password:
    passwd: all authentication tokens updated successfully.
    $ usermod -G wheel hoge
    $ 

    useraddで、hogeというユーザを追加しています。
    passwdで、hogeのパスワードを設定しています。
    usermodで、hogeをwheelのユーザグループに追加しています。
    wheelは、管理者グループになります。

    /usr/sbin/ へのパスが設定されていない場合は、useradd などのコマンドを指定する際、フルパスで指定します。

    例)
    $ /usr/sbin/useradd hoge


  3. ログイン環境を編集する。

    vimを標準のエディタとして使うために、vi のaliasとして登録しておきます。
    また、/sbin へのパスも設定しておくと便利です。パスをとおしておくと、いちいち/sbinを先頭にタイプしなくて良くなりますからね。

    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    
    $ vim ~hoge/.bash_profile
    
    
    # .bash_profile
    
    # Get the aliases and functions
    if [ -f ~/.bashrc ]; then
            . ~/.bashrc
    fi
    
    # User specific environment and startup programs
    
    PATH=$PATH:$HOME/bin:/sbin:/usr/sbin
    
    # alias
    alias vi='vim'
    
    export PATH

    13行目で、/sbin/usr/sbinへのパスと追加しています。
    16行目で、vimの別名をviとしています。

    現在ログインしている状態で、上記の編集情報を有効にするには、
    $ source ~hoge/.bash_profile
    とすればOKです。

  4. 日本語に対応にする。

    CentOSのロケールの設定と同じようにCentOSでも日本に設定します。

    /etc/sysconfig/i18nを編集します。
    初期状態は以下のようになっています。

    LANG="en_US.UTF-8"
    SYSFONT="latarcyrheb-sun16"

    これを、以下のように変更します。

    LANG="ja_JP.UTF-8"
    SUPPORTED="ja_JP.UTF-8:ja_JP:ja"
    SYSFONT="latarcyrheb-sun16"

  5. SSHのポートを変更する。

    まずは、SSHのポートを変更して、簡単にアタックされないようにしておきます。指定するポート番号は、10000以降の適当なポート番号を割り当てましょう。

    $ vi /etc/ssh/sshd_config
    
    # ポート番号を 22 (デフォルト)から10022へ変更する
    #Port 22
    Port 10022
    ...
    # SSHのプロトコルをSSH2のみ対応とする
    Protocol 2
    ...
    # rootでのログインを不可とする
    PermitRootLogin no
    ...
    # パスワードでのログインを許可する
    PasswordAuthentication yes
    ...
    # パスワードなしでのログインを不可とする
    PermitEmptyPasswords no
    ...
    
    # 以下は、rootによるログインをパスワードなしで、Pubkeyによる認証のみで可としています。
    # 全てコメントアウトする。
    #Match User root
    #        PubkeyAuthentication yes
    #        PasswordAuthentication no
    
    # ここでは、rootからの直接のログインを不可として、
    # hoge というユーザだけログインを許可する
    AllowUsers hoge

    ここでは、ポート番号、SSHプロトコル、rootでのログイン不可、ログイン可能なユーザ名を指定しています。
    (後でhogeというユーザを追加しています。)
    また、ログインするIPアドレスが決まっているなら、許可するIPアドレスも指定した方がより良いです。

    公開鍵認証方式 のみを採用し、パスワードによる認証を不可とする場合は、以下のような設定になります。
    ...
    # パスワードによる認証を不可をする
    PasswordAuthentication no
    ...
    # 公開鍵認証方式による認証を許可する
    PubkeyAuthentication yes
    ...
    公開鍵認証方式 の方が、パスワード認証より、よりセキュアであることは間違いありませんから、 こちらの設定の方が良いでしょう。
    ConoHaでは、公開鍵認証のための Private Key が、いつでもダウンロードできますので、こちらの方が良いでしょう。
    さらにセキュアにするには、公開鍵を作成する際に パスフレーズを設定することで、Private Key だけでなく パスフレーズ の入力を求めることができます。 この時のパスフレーズ は、ユーザパスワードではないことに注意する必要があります。

    設定を終えたら、sshd の設定ファイル再読み込みを実施します。

    $ /etc/init.d/sshd reload
    sshd を再読み込み中:                                       [  OK  ]
    $ 

    この状態で、上記の例で言うと、
    ユーザ : hoge
    ポート番号 : 10022
    でログインできるか確認しましょう。

    ログインできればOKです。
    できない場合は、設定を再度見直しましょう。

    sshd reload がポイントです。
    とりあえず、再読み込みの場合は、現在SSHで接続しているクライアントには影響ありません。そのため、もしも設定に誤りがあった場合に、再編集することができます。
    sshd を再起動してしまうと、現在接続しているクライアントは解放されてしまうので注意が必要です。
    ここでは、詳しく解説していませんが、さらにセキュリティを強化するために公開鍵認証にてログインするようにしておいた方が良いでしょう。
    (詳しくは、TeraTermで 公開鍵認証(鍵交換)を使ってSSH 接続してみる を参照してください。)

  6. ファイアウォール(iptables)の設定を行う。

    ここでは、単純にiptablesを使っていないポートを外部に非公開とするようにします。
    シェルファイルを作成して、一気にやってしまいます。

    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    
    #!/bin/sh
    
    /sbin/iptables -F
    /sbin/iptables -X
    
    /sbin/iptables -P INPUT DROP
    /sbin/iptables -P OUTPUT ACCEPT
    /sbin/iptables -P FORWARD DROP
    
    /sbin/iptables -A INPUT -i lo -j ACCEPT
    /sbin/iptables -A OUTPUT -o lo -j ACCEPT
    
    /sbin/iptables -A INPUT -s 10.0.0.0/8 -j DROP
    /sbin/iptables -A INPUT -s 172.16.0.0/12 -j DROP
    /sbin/iptables -A INPUT -s 192.168.0.0/16 -j DROP
    
    /sbin/iptables -A INPUT -p icmp --icmp-type echo-request -j ACCEPT
    
    /sbin/iptables -A INPUT -p tcp --dport 10022 -j ACCEPT
    /sbin/iptables -A INPUT -p tcp --dport 80 -j ACCEPT
    
    /sbin/iptables -A INPUT -m state --state ESTABLISHED,RELATED -j ACCEPT
    
    /etc/rc.d/init.d/iptables save
    
    /sbin/service iptables restart

    ここでは、10022(SSH),80(HTTP)の2つのポートのみを公開し、それ以外をすべて非公開にしています。
    また、プライベートIPアドレス(10.x.x.x,172.16.x.x,192.168.x.x)は、すべて拒否してます。

    pingを受け付けたくない場合は、17行目のicmpの許可を行っているところをコメントアウトしてください。
    また、上記は、必要最小限のポートしか開いていません。pop3やmailなどの必要なポートは、19行目を真似て開くと良いでしょう。
    ...
    # sendmail
    /sbin/iptables -A INPUT -p tcp --dport 25 -j ACCEPT
    /sbin/iptables -A INPUT -p tcp --dport 465 -j ACCEPT
    /sbin/iptables -A INPUT -p tcp --dport 587 -j ACCEPT
    #dovecot pops , imaps
    /sbin/iptables -A INPUT -p tcp --dport 995 -j ACCEPT
    /sbin/iptables -A INPUT -p tcp --dport 993 -j ACCEPT
    ...

    ファイルにしたら、実行権限を与えるのを忘れないでね。
    $ chmod +x ファイル名
    $ ./ファイル名
    で実行できるはずです。

    SSHのポートだけは、絶対に間違えないようにしましょう。この例では、10022を開放しています。
    誤ってSSHのポートを閉じてしまうと、二度とアクセスできなくなります。 ConoHa VPS では、現在(2013.07.30)、リモートコンソールが提供されていますので、最悪の場合は、リモートコンソールからのアクセスで修正することができます。

  7. 不要なサービス(デーモン)を停止する。

    最後に、無駄に動作しているプロセスを停止するようにします。
    デフォルトで動作している全プロセスは、以下のとおりです。

    $ ps aux
    USER       PID %CPU %MEM    VSZ   RSS TTY      STAT START   TIME COMMAND
    root         1  0.0  0.1  19228  1484 ?        Ss   Jul30   0:00 /sbin/init
    root         2  0.0  0.0      0     0 ?        S    Jul30   0:00 [kthreadd]
    root         3  0.0  0.0      0     0 ?        S    Jul30   0:00 [migration/0]
    root         4  0.0  0.0      0     0 ?        S    Jul30   0:00 [ksoftirqd/0]
    root         5  0.0  0.0      0     0 ?        S    Jul30   0:00 [migration/0]
    root         6  0.0  0.0      0     0 ?        S    Jul30   0:00 [watchdog/0]
    root         7  0.0  0.0      0     0 ?        S    Jul30   0:00 [migration/1]
    root         8  0.0  0.0      0     0 ?        S    Jul30   0:00 [migration/1]
    root         9  0.0  0.0      0     0 ?        S    Jul30   0:00 [ksoftirqd/1]
    root        10  0.0  0.0      0     0 ?        S    Jul30   0:00 [watchdog/1]
    root        11  0.0  0.0      0     0 ?        S    Jul30   0:01 [events/0]
    root        12  0.0  0.0      0     0 ?        S    Jul30   0:02 [events/1]
    root        13  0.0  0.0      0     0 ?        S    Jul30   0:00 [cgroup]
    root        14  0.0  0.0      0     0 ?        S    Jul30   0:00 [khelper]
    root        15  0.0  0.0      0     0 ?        S    Jul30   0:00 [netns]
    root        16  0.0  0.0      0     0 ?        S    Jul30   0:00 [async/mgr]
    root        17  0.0  0.0      0     0 ?        S    Jul30   0:00 [pm]
    root        18  0.0  0.0      0     0 ?        S    Jul30   0:00 [sync_supers]
    root        19  0.0  0.0      0     0 ?        S    Jul30   0:00 [bdi-default]
    root        20  0.0  0.0      0     0 ?        S    Jul30   0:00 [kintegrityd/0]
    root        21  0.0  0.0      0     0 ?        S    Jul30   0:00 [kintegrityd/1]
    root        22  0.0  0.0      0     0 ?        S    Jul30   0:00 [kblockd/0]
    root        23  0.0  0.0      0     0 ?        S    Jul30   0:00 [kblockd/1]
    root        24  0.0  0.0      0     0 ?        S    Jul30   0:00 [kacpid]
    root        25  0.0  0.0      0     0 ?        S    Jul30   0:00 [kacpi_notify]
    root        26  0.0  0.0      0     0 ?        S    Jul30   0:00 [kacpi_hotplug]
    root        27  0.0  0.0      0     0 ?        S    Jul30   0:00 [ata/0]
    root        28  0.0  0.0      0     0 ?        S    Jul30   0:00 [ata/1]
    root        29  0.0  0.0      0     0 ?        S    Jul30   0:00 [ata_aux]
    root        30  0.0  0.0      0     0 ?        S    Jul30   0:00 [ksuspend_usbd]
    root        31  0.0  0.0      0     0 ?        S    Jul30   0:00 [khubd]
    root        32  0.0  0.0      0     0 ?        S    Jul30   0:00 [kseriod]
    root        33  0.0  0.0      0     0 ?        S    Jul30   0:00 [md/0]
    root        34  0.0  0.0      0     0 ?        S    Jul30   0:00 [md/1]
    root        35  0.0  0.0      0     0 ?        S    Jul30   0:00 [md_misc/0]
    root        36  0.0  0.0      0     0 ?        S    Jul30   0:00 [md_misc/1]
    root        37  0.0  0.0      0     0 ?        S    Jul30   0:00 [khungtaskd]
    root        38  0.0  0.0      0     0 ?        S    Jul30   0:00 [kswapd0]
    root        39  0.0  0.0      0     0 ?        SN   Jul30   0:00 [ksmd]
    root        40  0.0  0.0      0     0 ?        SN   Jul30   0:00 [khugepaged]
    root        41  0.0  0.0      0     0 ?        S    Jul30   0:00 [aio/0]
    root        42  0.0  0.0      0     0 ?        S    Jul30   0:00 [aio/1]
    root        43  0.0  0.0      0     0 ?        S    Jul30   0:00 [crypto/0]
    root        44  0.0  0.0      0     0 ?        S    Jul30   0:00 [crypto/1]
    root        49  0.0  0.0      0     0 ?        S    Jul30   0:00 [kthrotld/0]
    root        50  0.0  0.0      0     0 ?        S    Jul30   0:00 [kthrotld/1]
    root        52  0.0  0.0      0     0 ?        S    Jul30   0:00 [kpsmoused]
    root        53  0.0  0.0      0     0 ?        S    Jul30   0:00 [usbhid_resume]
    root        84  0.0  0.0      0     0 ?        S    Jul30   0:00 [kstriped]
    root       267  0.0  0.0      0     0 ?        S    Jul30   0:00 [scsi_eh_0]
    root       268  0.0  0.0      0     0 ?        S    Jul30   0:00 [scsi_eh_1]
    root       290  0.0  0.0      0     0 ?        S    Jul30   0:00 [virtio-blk]
    root       396  0.0  0.0      0     0 ?        S    Jul30   0:00 [kdmflush]
    root       398  0.0  0.0      0     0 ?        S    Jul30   0:00 [kdmflush]
    root       417  0.0  0.0      0     0 ?        S    Jul30   0:00 [jbd2/dm-0-8]
    root       418  0.0  0.0      0     0 ?        S    Jul30   0:00 [ext4-dio-unwr]
    root       419  0.0  0.0      0     0 ?        S    Jul30   0:00 [ext4-dio-unwr]
    root       510  0.0  0.0  10688   536 ?        S<s  Jul30   0:00 /sbin/udevd -d
    root       684  0.0  0.0      0     0 ?        S    Jul30   0:00 [virtio-net]
    root       693  0.0  0.0      0     0 ?        S    Jul30   0:00 [vballoon]
    root       909  0.0  0.0      0     0 ?        S    Jul30   0:00 [jbd2/vda1-8]
    root       910  0.0  0.0      0     0 ?        S    Jul30   0:00 [ext4-dio-unwr]
    root       911  0.0  0.0      0     0 ?        S    Jul30   0:00 [ext4-dio-unwr]
    root       912  0.0  0.0      0     0 ?        S    Jul30   0:00 [jbd2/vdb-8]
    root       913  0.0  0.0      0     0 ?        S    Jul30   0:00 [ext4-dio-unwr]
    root       914  0.0  0.0      0     0 ?        S    Jul30   0:00 [ext4-dio-unwr]
    root       949  0.0  0.0      0     0 ?        S    Jul30   0:00 [kauditd]
    root      1142  0.0  0.0      0     0 ?        S    Jul30   0:00 [flush-253:0]
    root      1207  0.0  0.0   9116   560 ?        Ss   Jul30   0:00 /sbin/dhclient
    root      1302  0.0  0.0   9116   712 ?        Ss   Jul30   0:00 /sbin/dhclient
    root      1335  0.0  0.0  27636   844 ?        S<sl Jul30   0:00 auditd
    root      1351  0.0  0.3 249148  3712 ?        Sl   Jul30   0:00 /sbin/rsyslogd
    root      1363  0.0  0.0  10816   600 ?        Ss   Jul30   0:02 irqbalance
    root      1466  0.0  0.0   4076   652 ?        Ss   Jul30   0:00 /usr/sbin/acpid
    ntp       1494  0.0  0.1  30160  1644 ?        Ss   Jul30   0:00 ntpd -u ntp:ntp
    root      1570  0.0  0.3  78728  3300 ?        Ss   Jul30   0:00 /usr/libexec/po
    postfix   1592  0.0  0.3  78980  3312 ?        S    Jul30   0:00 qmgr -l -t fifo
    root      1594  0.0  0.0 110176   928 ?        Ss   Jul30   0:00 /usr/sbin/abrtd
    root      1602  0.0  0.0 108064   880 ?        Ss   Jul30   0:00 abrt-dump-oops
    root      1610  0.0  0.1 117208  1276 ?        Ss   Jul30   0:00 crond
    root      1621  0.0  0.0  21452   480 ?        Ss   Jul30   0:00 /usr/sbin/atd
    root      1644  0.0  0.0   4076   600 ttyS0    Ss+  Jul30   0:00 /sbin/agetty /d
    root      1646  0.0  0.0   4060   536 tty1     Ss+  Jul30   0:00 /sbin/mingetty
    root      1648  0.0  0.0   4060   540 tty2     Ss+  Jul30   0:00 /sbin/mingetty
    root      1650  0.0  0.0   4060   536 tty3     Ss+  Jul30   0:00 /sbin/mingetty
    root      1651  0.0  0.0  10684   520 ?        S<   Jul30   0:00 /sbin/udevd -d
    root      1652  0.0  0.0  10684   520 ?        S<   Jul30   0:00 /sbin/udevd -d
    root      1654  0.0  0.0   4060   540 tty4     Ss+  Jul30   0:00 /sbin/mingetty
    root      1656  0.0  0.0   4060   536 tty5     Ss+  Jul30   0:00 /sbin/mingetty
    root      1658  0.0  0.0   4060   540 tty6     Ss+  Jul30   0:00 /sbin/mingetty
    root      1659  0.0  0.3  97864  3872 ?        Rs   Jul30   0:00 sshd: root@pts/
    root      1661  0.0  0.1 108336  1828 pts/0    Ss   Jul30   0:00 -bash
    postfix  15817  0.0  0.3  78808  3264 ?        S    01:22   0:00 pickup -l -t fi
    root     15824  0.0  0.1  64116  1184 ?        Ss   01:22   0:00 /usr/sbin/sshd
    root     15851  0.0  0.1 110236  1136 pts/0    R+   01:31   0:00 ps aux
    
    
    $ chkconfig --list
    abrt-ccpp       0:off   1:off   2:off   3:on    4:off   5:on    6:off
    abrt-oops       0:off   1:off   2:off   3:on    4:off   5:on    6:off
    abrtd           0:off   1:off   2:off   3:on    4:off   5:on    6:off
    acpid           0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
    atd             0:off   1:off   2:off   3:on    4:on    5:on    6:off
    auditd          0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
    blk-availability        0:off   1:on    2:on    3:off   4:on    5:on    6:off
    cgconfig        0:off   1:off   2:off   3:off   4:off   5:off   6:off
    cgred           0:off   1:off   2:off   3:off   4:off   5:off   6:off
    cloud-config    0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
    cloud-final     0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
    cloud-init      0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
    cloud-init-local        0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
    cpuspeed        0:off   1:on    2:on    3:off   4:on    5:on    6:off
    crond           0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
    htcacheclean    0:off   1:off   2:off   3:off   4:off   5:off   6:off
    httpd           0:off   1:off   2:off   3:off   4:off   5:off   6:off
    ip6tables       0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
    iptables        0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
    irqbalance      0:off   1:off   2:off   3:on    4:on    5:on    6:off
    kdump           0:off   1:off   2:off   3:off   4:on    5:on    6:off
    lvm2-monitor    0:off   1:on    2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
    mdmonitor       0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
    netconsole      0:off   1:off   2:off   3:off   4:off   5:off   6:off
    netfs           0:off   1:off   2:off   3:on    4:on    5:on    6:off
    network         0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
    ntpd            0:off   1:off   2:off   3:on    4:off   5:off   6:off
    ntpdate         0:off   1:off   2:off   3:off   4:off   5:off   6:off
    postfix         0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
    psacct          0:off   1:off   2:off   3:off   4:off   5:off   6:off
    quota_nld       0:off   1:off   2:off   3:off   4:off   5:off   6:off
    rdisc           0:off   1:off   2:off   3:off   4:off   5:off   6:off
    restorecond     0:off   1:off   2:off   3:off   4:off   5:off   6:off
    rngd            0:off   1:off   2:off   3:off   4:off   5:off   6:off
    rsyslog         0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
    saslauthd       0:off   1:off   2:off   3:off   4:off   5:off   6:off
    smartd          0:off   1:off   2:off   3:off   4:off   5:off   6:off
    sshd            0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
    svnserve        0:off   1:off   2:off   3:off   4:off   5:off   6:off
    sysstat         0:off   1:on    2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
    udev-post       0:off   1:on    2:on    3:on    4:on    5:on    6:off

    動作している各サービスは、以下のようなものです。

    abrt-ccpp アプリケーションのクラッシュならびにカーネル oops の検出 ON
    abrt-oops ON
    abrtd ON
    acpid 電源管理 ON
    atd コマンドの遅延実行を有効 ON
    auditd システム監査結果のログ保存 OFF
    blk-availability LVM2のミラーデバイスの管理 ON
    cgconfig Control Group 管理 OFF
    cgred タスクを cgroup に移動 OFF
    cloud-config cloud-init関連 ON
    cloud-final ON
    cloud-init ON
    cloud-init-local ON
    cpuspeed CPU管理 ON
    crond cronデーモン ON
    htcacheclean apacheキャッシュクリア OFF
    httpd apache OFF
    ip6tables ipv6用iptables OFF
    iptables iptables (ファイアウォール) ON
    irqbalance IRQ CPU間 負荷分散 管理 ON
    kdump カーネルダンプ ON
    lvm2-monitor LVMの障害監視 ON OFF
    ※LVMを使っていない場合のみ
    mdmonitor ソフトウェアRAIDモニタリングデーモン ON
    netconsole ネットコンソール(カーネル異常時に出力先として用いられるコンソール) OFF
    netfs NFSクライアント OFF
    network ネットワークサービス ON
    ntpd 時計管理 ON
    ntpdate 時計管理 OFF
    postfix postfix(smtpサーバー) ON
    psacct コマンド履歴管理 OFF
    quota_nld クォータ値超過が発生した旨のカーネルメッセージを D-BUS に転送 OFF
    rdisc ネットワークルータディスカバリーデーモン。ルータとして動作させないのであれば不要。 OFF
    restorecond SELinuxの運用サポート OFF
    rngd 乱数を発生させるためのデーモン OFF
    rsyslog シスログデーモン ON
    saslauthd sasl認証サービス OFF
    sshd SSHデーモン ON
    svnserve Subversion 用デーモン OFF
    sysstat システム状態監視デーモン ON
    udev-post ハードウェア自動認識を行うデーモン ON

    上記の動作しているデーモンでは、ほとんど、デフォルトのままでOKだと思います。
    論理ボリュームマネージャー(LVM)を使わない方(よくわからない方)には、lvm2-monitorも停止しても問題ないでしょう。(よくわからない方は、そのままにしておきましょう。)

    #!/bin/sh
    
    /sbin/chkconfig lvm2-monitor off


    ファイルにしたら、実行権限を与えるのを忘れないようにしましょう。
    $ chmod +x ファイル名
    $ ./ファイル名
    と、このような入力イメージで実行できるはずです。
    acpid : 電源管理 は、
    立ち上げておいた方が良いです。ホスト側でリブートなどした場合、電源断を検知してくれるので、より安全に再起動できます。

  8. 要らないコンソールを無効にする

    不要なコンソールは、デフォルトで設定されているtty1からtty6 を tty1のみとします。

    $ vi /etc/sysconfig/init
    ...
    # What ttys should gettys be started on?
    #ACTIVE_CONSOLES=/dev/tty[1-6]
    ACTIVE_CONSOLES=/dev/tty1
    ...

  9. selinuxをoffにする

    ConoHa VPS では、デフォルトで無効になっています。そのため、以下の設定は不要のはずですが、一応、記載しておきます。

    SELINUX=enforcingSELINUX=disabled とし、無効にします。

    $ vi /etc/sysconfig/selinux
    ...
    #SELINUX=enforcing
    SELINUX=disabled
    ...

    リブートなしに無効にするには、以下の設定も行います。

    ###  setenforce で無効にします。
    $ setenforce 0
    
    ###  getenforceで無効を確認します。
    $ getenforce
    Permissive

  10. 最後にシステムリブートする

    全ての設定を終えたら、システムのリブートを実施します。

    $ free
                 total       used       free     shared    buffers     cached
    Mem:       1020416     899492     120924          0      60904     708916
    -/+ buffers/cache:     129672     890744
    Swap:      2064376        508    2063868
    $ reboot
    ...

    再起動したら、とりあえずメモリとプロセスを確認しておきましょう。

    $ free
                 total       used       free     shared    buffers     cached
    Mem:       1020412     110384     910028          0      12420      39656
    -/+ buffers/cache:      58308     962104
    Swap:      2064376          0    2064376
    
    $ ps aux
    USER       PID %CPU %MEM    VSZ   RSS TTY      STAT START   TIME COMMAND
    root         1  0.9  0.1  19228  1512 ?        Ss   04:15   0:00 /sbin/init
    root         2  0.0  0.0      0     0 ?        S    04:15   0:00 [kthreadd]
    root         3  0.0  0.0      0     0 ?        S    04:15   0:00 [migration/0]
    root         4  0.0  0.0      0     0 ?        S    04:15   0:00 [ksoftirqd/0]
    root         5  0.0  0.0      0     0 ?        S    04:15   0:00 [migration/0]
    root         6  0.0  0.0      0     0 ?        S    04:15   0:00 [watchdog/0]
    root         7  0.0  0.0      0     0 ?        S    04:15   0:00 [migration/1]
    root         8  0.0  0.0      0     0 ?        S    04:15   0:00 [migration/1]
    root         9  0.0  0.0      0     0 ?        S    04:15   0:00 [ksoftirqd/1]
    root        10  0.0  0.0      0     0 ?        S    04:15   0:00 [watchdog/1]
    root        11  0.0  0.0      0     0 ?        S    04:15   0:00 [events/0]
    root        12  0.0  0.0      0     0 ?        S    04:15   0:00 [events/1]
    root        13  0.0  0.0      0     0 ?        S    04:15   0:00 [cgroup]
    root        14  0.0  0.0      0     0 ?        S    04:15   0:00 [khelper]
    root        15  0.0  0.0      0     0 ?        S    04:15   0:00 [netns]
    root        16  0.0  0.0      0     0 ?        S    04:15   0:00 [async/mgr]
    root        17  0.0  0.0      0     0 ?        S    04:15   0:00 [pm]
    root        18  0.0  0.0      0     0 ?        S    04:15   0:00 [sync_supers]
    root        19  0.0  0.0      0     0 ?        S    04:15   0:00 [bdi-default]
    root        20  0.0  0.0      0     0 ?        S    04:15   0:00 [kintegrityd/0]
    root        21  0.0  0.0      0     0 ?        S    04:15   0:00 [kintegrityd/1]
    root        22  0.0  0.0      0     0 ?        S    04:15   0:00 [kblockd/0]
    root        23  0.0  0.0      0     0 ?        S    04:15   0:00 [kblockd/1]
    root        24  0.0  0.0      0     0 ?        S    04:15   0:00 [kacpid]
    root        25  0.0  0.0      0     0 ?        S    04:15   0:00 [kacpi_notify]
    root        26  0.0  0.0      0     0 ?        S    04:15   0:00 [kacpi_hotplug]
    root        27  0.0  0.0      0     0 ?        S    04:15   0:00 [ata/0]
    root        28  0.0  0.0      0     0 ?        S    04:15   0:00 [ata/1]
    root        29  0.0  0.0      0     0 ?        S    04:15   0:00 [ata_aux]
    root        30  0.0  0.0      0     0 ?        S    04:15   0:00 [ksuspend_usbd]
    root        31  0.0  0.0      0     0 ?        S    04:15   0:00 [khubd]
    root        32  0.0  0.0      0     0 ?        S    04:15   0:00 [kseriod]
    root        33  0.0  0.0      0     0 ?        S    04:15   0:00 [md/0]
    root        34  0.0  0.0      0     0 ?        S    04:15   0:00 [md/1]
    root        35  0.0  0.0      0     0 ?        S    04:15   0:00 [md_misc/0]
    root        36  0.0  0.0      0     0 ?        S    04:15   0:00 [md_misc/1]
    root        37  0.0  0.0      0     0 ?        S    04:15   0:00 [khungtaskd]
    root        38  0.0  0.0      0     0 ?        S    04:15   0:00 [kswapd0]
    root        39  0.0  0.0      0     0 ?        SN   04:15   0:00 [ksmd]
    root        40  0.0  0.0      0     0 ?        SN   04:15   0:00 [khugepaged]
    root        41  0.0  0.0      0     0 ?        S    04:15   0:00 [aio/0]
    root        42  0.0  0.0      0     0 ?        S    04:15   0:00 [aio/1]
    root        43  0.0  0.0      0     0 ?        S    04:15   0:00 [crypto/0]
    root        44  0.0  0.0      0     0 ?        S    04:15   0:00 [crypto/1]
    root        49  0.0  0.0      0     0 ?        S    04:15   0:00 [kthrotld/0]
    root        50  0.0  0.0      0     0 ?        S    04:15   0:00 [kthrotld/1]
    root        52  0.0  0.0      0     0 ?        S    04:15   0:00 [kpsmoused]
    root        53  0.0  0.0      0     0 ?        S    04:15   0:00 [usbhid_resume]
    root        84  0.0  0.0      0     0 ?        S    04:15   0:00 [kstriped]
    root       348  0.0  0.0      0     0 ?        S    04:15   0:00 [scsi_eh_0]
    root       349  0.0  0.0      0     0 ?        S    04:15   0:00 [scsi_eh_1]
    root       383  0.0  0.0      0     0 ?        S    04:15   0:00 [virtio-blk]
    root       427  0.0  0.0      0     0 ?        S    04:15   0:00 [kdmflush]
    root       428  0.0  0.0      0     0 ?        S    04:15   0:00 [kdmflush]
    root       446  0.0  0.0      0     0 ?        S    04:15   0:00 [jbd2/dm-0-8]
    root       447  0.0  0.0      0     0 ?        S    04:15   0:00 [ext4-dio-unwr]
    root       448  0.0  0.0      0     0 ?        S    04:15   0:00 [ext4-dio-unwr]
    root       495  1.1  0.0      0     0 ?        S    04:15   0:00 [kauditd]
    root       542  0.0  0.0  10712   796 ?        S<s  04:15   0:00 /sbin/udevd -d
    root       721  0.0  0.0      0     0 ?        S    04:15   0:00 [virtio-net]
    root       730  0.0  0.0      0     0 ?        S    04:15   0:00 [vballoon]
    root       890  0.0  0.0  10708   840 ?        S<   04:15   0:00 /sbin/udevd -d
    root       920  0.0  0.0      0     0 ?        S    04:15   0:00 [jbd2/vda1-8]
    root       921  0.0  0.0      0     0 ?        S    04:15   0:00 [ext4-dio-unwr]
    root       922  0.0  0.0      0     0 ?        S    04:15   0:00 [ext4-dio-unwr]
    root       923  0.0  0.0      0     0 ?        S    04:15   0:00 [jbd2/vdb-8]
    root       924  0.0  0.0      0     0 ?        S    04:15   0:00 [ext4-dio-unwr]
    root       925  0.0  0.0      0     0 ?        S    04:15   0:00 [ext4-dio-unwr]
    root       926  0.0  0.0      0     0 ?        S    04:15   0:00 [flush-252:0]
    root       927  0.0  0.0      0     0 ?        S    04:15   0:00 [flush-252:16]
    root       928  0.0  0.0      0     0 ?        S    04:15   0:00 [flush-253:0]
    root      1262  0.0  0.0   9116   684 ?        Ss   04:15   0:00 /sbin/dhclient
    root      1357  0.0  0.0   9116   720 ?        Ss   04:15   0:00 /sbin/dhclient
    root      1390  0.0  0.1 249144  1580 ?        Sl   04:15   0:00 /sbin/rsyslogd
    root      1402  0.0  0.0  10816   608 ?        Ss   04:15   0:00 irqbalance
    root      1463  0.0  0.0   4076   648 ?        Ss   04:15   0:00 /usr/sbin/acpid
    root      1480  0.0  0.1  64116  1192 ?        Ss   04:15   0:00 /usr/sbin/sshd
    ntp       1488  0.0  0.1  30160  1640 ?        Ss   04:15   0:00 ntpd -u ntp:ntp
    root      1564  0.0  0.3  78728  3296 ?        Ss   04:15   0:00 /usr/libexec/po
    postfix   1585  0.0  0.3  78808  3264 ?        S    04:15   0:00 pickup -l -t fi
    postfix   1586  0.0  0.3  78876  3304 ?        S    04:15   0:00 qmgr -l -t fifo
    root      1587  0.0  0.0 108112   924 ?        Ss   04:15   0:00 abrt-dump-oops
    root      1596  0.0  0.0 110224   928 ?        Ss   04:15   0:00 /usr/sbin/abrtd
    root      1604  0.0  0.1 117212  1276 ?        Ss   04:15   0:00 crond
    root      1615  0.0  0.0  21452   476 ?        Ss   04:15   0:00 /usr/sbin/atd
    root      1641  0.0  0.0   4060   536 tty1     Ss+  04:15   0:00 /sbin/mingetty
    root      1642  0.0  0.0   4076   596 ttyS0    Ss+  04:15   0:00 /sbin/agetty /d
    root      1643  0.1  0.3  97876  3960 ?        Ss   04:15   0:00 sshd: hoge [pri
    root      1662  0.0  0.0  27636   824 ?        S<sl 04:15   0:00 auditd
    hoge      1679  0.0  0.1  97876  1856 ?        S    04:15   0:00 sshd: hoge@pts/
    hoge      1680  0.0  0.1 108344  1780 pts/0    Ss   04:15   0:00 -bash
    hoge      1700  0.0  0.1 110240  1136 pts/0    R+   04:16   0:00 ps aux

    少しは無駄なメモリは減ったでしょうか。


ざっとですが、こんな感じです。

ここに書いているのは、あくまで必要最小限としての記載ですので、ユーザによっては、もっと、セキュリティ面で強化を図ることもできると思います。

ConoHa VPS は、お名前.com VPS(KVM) と同じように基本的なもののみプレインストールされています。 PHP,httpd(Apache)が、インストールされてはいますが、それ以上ではないようです。サービスも止まっています。CentOS 6.4 に上がったせいでもあるでしょうが、監視系が増えていますね。

ほとんどは、デフォルトの設定でOKのようです。
ただ、ここで紹介している設定の内、以下の2点だけはやっておいた方が良いと思います。
・sshのポート変更
・iptableの設定

最後に、いろいろ設定してみて、Logwatch ぐらいは確認しておきましょう。
変なアクセスがないかぐらいは、チェックしておきましょう。

ConoHa VPSを試してみたい方は、http://www.conoha.jp/からどうぞ。無料お試し期間は15日です。


ご利用のブラウザは、広告ブロック(AdBlockなど) が適用となっていませんか?
このサイトでは、コンテンツの一部が非表示、あるいは、コメント、お問い合わせの投稿ができない検索ができないことがあります。


関連記事 :

ConoHa VPS, お名前.com VPS で提供される SSH Private Key を使ってシリアルコンソールへ接続してみる

ConoHa VPS, お名前.com VPS で提供される SSH Private Keyは、使わない方が良い理由 では、SSH ...

ConoHa VPS, お名前.com VPS で提供される SSH Private Keyは、使わない方が良い理由

ConoHa VPS, お名前.com VPS では、SSH Private Key のダウンロードができます。 これは、以下の目 ...

SSHコマンドで 公開鍵認証(鍵交換)を使ってSSH 接続してみる

以前に、TeraTermで 公開鍵認証(鍵交換)を使ってSSH 接続してみる でTeraTerm を使った公開鍵認証(鍵交換認証)を ...

新ConoHa は さくらのVPSより良いのか?

以下の記事で、新しくなったConoHaを色々と試してみました。 (サイトもリニューアルしましたね。どうでも良いですけど、このは ...

ConoHaにAndroid x86 をインストールしてみる

Android x86とは、 いわゆる Android のPC版OSです。 Android は、Googleによって開発されたス ...



コメントを投稿 :

お名前 *

メールアドレス *
( メールアドレスが公開されることはありません。)

サイトアドレス

コメント *

* 印の項目は、入力が必要な項目です。




最近投稿の記事

[ 画像提供元 : Amazon ] 先日、1TBのディスクの入れ替え時にバックアップをとろうとディスクコピーを行いました。 その際 ...

Windows で Linux ファイルシステム Ext4 のディスクをマウントするには? Ext3Fsd が、おそらく、最も簡単なツール ...

今回は、Windows で Compass を使ってみました。 Compass とは、 Sass(サス、Syntactica ...

今回は、Anti Adblock を使ってみました。 Anti Adblock とは、 そもそも Adblock という ウェブ ...

デスクトップ環境でない サーバーで、Webページのキャプチャー画像をコマンドで撮る には、wkhtmltoimage, CutyCapt ...


さくらのVPS 全プラン リニューアルです。(石狩(北海道)も選択可)


root権限ありで ¥685 / 月 ~ と非常にリーズナブルな CPU 1(core)の 512 プランから、 最高 CPU 10(core), メモリ 32(GB), SSD容量 800(GB) までとプランが充実。
ディスクは、SSDとHDDの選択が可能になった他、データセンターは人気の東京、石狩(北海道)となりました。

また、どのプランでも好きなOSが選べます
( CentOS, Fedora, Scientific Linux, FreeBSD, Ubutu, Debian )

管理人もおすすめのVPSです。
試用期間がありますから、一度、お試しを!!

詳しくは、http://vps.sakura.ad.jp/さくらのVPSのサイトへ へどうぞ!!

カテゴリ


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。
最近、スワップにも対応した Serverman@VPS は、かなりリーズナブルかもです。

  • メモリ1GB~2GBのEntryプラン :月額:490円
  • メモリ2MB~4GBのStandardプラン :月額:980円
  • メモリ4GB~8GBのProプラン :月額:1,980円

新規申し込みで1ヶ月間完全無料となるキャンペーンを実施中です。
Serverman@VPSの特徴は、安さとIPv6対応です。また、初期設定費0円もポイントです。

IPv6でちょっと遊んでみたい方には、おすすめかもしれませんね。最低利用期間もありませんから、気に入らないときは即解約もできます。

Serverman@VPSの詳細については、 http://dream.jp/vps/ Serverman@VPSのサイトへへどうぞ。



KVM採用 ConoHa VPSは、時間単位で借りれる便利なVPSです。


ConoHa VPS は、初期設定費0円最低利用期間無し時間単位で清算可能、 さらに、Web APIを使って自動化を図ることもできる便利なVPSです。

海外サーバー設置も可能で、ローカル接続にも対応と、かなり、機能豊富なサーバーです。

新規ユーザ登録で、クーポンもらえますから、まずは、お試しですね。

ConoHa VPSの詳細については、
http://www.conoha.jp/ へどうぞ。

KVM採用 お名前.com VPS(KVM) 2G プラン 初期設定費無料 キャンペーン 実施です。


メモリ2GBプラン CPU:3core、Disk:200GB
月額:1,153円から (初期設定:1,680円0円)

さくらのVPSがリニューアルされてもなんのその。
1GBメモリ / 2Core を ¥834 – の格安価格で提供中です!
間違いなくスペックからすると割安感ありです。
年間割引時の途中解約で返金がないのは、 ちょっと残念ですが、それでもこの割安感は魅力です。

まずは、お試しですね。

お名前.com VPS(KVM)の詳細については、
http://www.onamae-server.com/vps/ へどうぞ。(お試し期間が15日あります。)



  • ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークへ追加するはてな登録数
ページトップへ
Time : 0.7037 [s]