レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント
レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント - レンタルサーバー・自宅サーバーの設定・構築情報を公開しています。

Scientific Linux 6.x をインストールする

2011年10月25日 2015年5月16日
scientificlinux howto
Scientific Linuxとは、
Red Hat社がリリースした Enterprise 向け Linux ディストリビューションより、同社の商標に関する部分を削除し、さらに高エネルギー物理学分野でよく用いられる一部のパッケージを追加し、ソースコードから再コンパイルした無償配布のディストリビューションである。
( 出典 : http://ja.wikipedia.org/wiki/Scientific_Linux )

そもそもScientific Linuxがこれだけ注目を集めているのは、CentOSのVersion 6 のリリースが遅れたからだと言われています。
未だに、CentOS 6.1 のリリースを行っていませんが、Scientific Linuxは、6.1を既にリリースしています。

この点からも、CentOSからの乗り換えにScientific Linuxが脚光を浴びているのですね。

遂には、さくらのVPSさくらのVPS でもScientific Linux インストールの提供が始まりました。

今回は、さくらのVPSさくらのVPS でも役に立つようにScientific Linux インストール、セッティングについて、解説してみたいと思います。
まずは、Scientific Linux インストールについて、簡単に解説しています。 さくらのVPSさくらのVPSでは、クリック一発で、インストールできてしまいますので、さくらのVPSさくらのVPS利用の方は、あまり意味がないかしれません。

ここでは、通常のインストール方法(DVDからのインストール)を行ってみます。

Scientific Linux 6 をインストールする

Scientific LinuxのDVDをセットし、システムの再起動を行います。

VMWareでのisoイメージファイルをDVDディスクとしてセットするには、メニューの [ デバイス ] – [ CD/DVD(IDE) ] で切り替えることができます。

ISOファイルの場合は、ISOファイルを選択すればOKです。

再起動すると以下のような画面が表示されます。

インストールの仕方(グラフィック(GUI)かテキスト(CUI)か)を選択します。
ここでは、グラフィック(GUI)を行いますので、そのまま<Enter>を入力します。

次にディスクチェックの画面が表示されます。

ディスクの読み込みチェックを行います。
ディスクに問題がないことが分かっている場合は、Skipをクリックします。
※isoファイルでない場合は、一度はチェックしておいた方が良いでしょう。


インストール開始画面からインストールを開始します。

以下のインストール開始画面から、次へをクリックして、次の画面へ進みましょう。


使用する言語を指定します。

以下の使用する言語指定画面から、日本語を選択し、次へをクリックして、次の画面へ進みましょう。


キーボードの言語を指定します。

以下のキーボードの言語指定画面から、日本語を選択し、次へをクリックして、次の画面へ進みましょう。


インストールするストレージデバイスタイプを指定します。

基本ストレージタイプ、エンタープライズストレージタイプのうちいずれかを選択します。
エンタープライズストレージタイプは、ストレージエリアネットワークなどを使う場合に利用します。 通常、基本ストレージタイプを選択し、次へをクリックして、次の画面へ進みましょう。


ここで、現在のディスク状態をチェックします。
初期状態やLinux用のディスクが無い場合は、以下のようなディスクの初期化確認画面が表示されます。

ディスクの初期化に問題がなければ、全てのを初期化(T)をクリックして、次の画面へ進みましょう。

もし、既に初期化済みの場合は、以下のような画面が表示されます。

上書きで問題ない場合は、はい、含まれていません。どのようなデータがあっても破棄してください。をクリックして、次の画面へ進みましょう。


ホスト名を指定します。

ホスト名が決まっている場合は、ホスト名を手動で設定します。次へをクリックして、次の画面へ進みましょう。

例)host.exmaple.com

ネットワークの設定」ボタンで、IPアドレス、DNSなどのネットワーク環境を設定できます。
インストール後、手動にてIPアドレスなどの設定を行うので、ここでは解説していません。

地域を指定します。

地域に、アジア/東京を選択します。次へをクリックして、次の画面へ進みましょう。

システムクロックにUTCを使う」は、
仮想ゲストOSとしてインストールしている場合は、ホストOSの合わせておいた方が良いです。
例えば、
ホストOSが、Windowsの場合は、BIOS のハードウェアクロックにローカル タイム (UTCではありません) を格納します。
その場合ににここでチェックしておくと、日本時間は、UTC + 9 時間ですから、ゲストOSのリブート時に 9時間 ずれることになります。
そのため、チェックを外しておくことをおすすめします。

仮想化を利用していない場合は、いずれを利用していても問題ないでしょう。

rootのパスワードを設定します。

rootのパスワードを入力し、次へをクリックして、次の画面へ進みましょう。


インストールするディスク(パーティション)を指定します。

特別なディスクやパーティションの設定を行いたい場合は、ここで詳細な設定を行います。
初期状態の場合は、デフォルトのまま「すべての領域を利用する」で問題ないと思います。
次へをクリックして、次の画面へ進みましょう。


続けて、すべての初期化が行われるので、以下のようなディスクの初期化確認画面が表示されます。
ディスクの初期化に問題がなければ、変更をディスクに書き込むをクリックして、次の画面へ進みましょう。

すぐにディスクのフォーマットが開始されます。

途中で、ネットワークデバイスの確認画面が表示されます。問題なければ、そのまま [ OK ] ボタンをクリックして先へ進みましょう。

個別のパーティションを作成したり、インストール先を指定したい場合は、「カスタムレイアウトを作成する」を選択することで、詳細な設定を行うことができます。

インストールするタイプを選択し、インストールを開始します。

ここでは、サーバー系の各パッケージは、後で個別にインストールしたいので、必要最小限に設定します。

  • Minimal

GUIでのセッティングが欲しい方は、Desktop , Desktop-Minimal を選択すると良いと思います。

リポジトリも後で必要なリポジトリは追加していきますから、ここも必要最小限に設定します。

  • Scientific Linux

最後に、インストールするソフトウェアの詳細を設定するために
今すぐカスタマイズ を選択し、次へをクリックして、次の画面へ進みましょう。


続けて、インストールするソフトウェアのパッケージを選択します。

  • ベースシステム – ベース
  • 開発 – 開発ツール
  • 言語 – 日本語サポート

ここでは、本当に必要最小限のみをインストールしますので、上記のみとしました。(上記以外は、全てチェックを外しました。)
次へをクリックして、次の画面へ進みましょう。

インストールに必要なメディア情報が表示されます。手持ちにあるはずなので、続行 をクリックします。


すぐにインストールが開始されます。


インストールの途中で、ディスクの入れ替え要求があります。ディスクを入れ替えて、[ OK ] ボタンをクリックします。

VMWareでのisoイメージファイルをDVDディスクとしてセットするには、メニューの [ デバイス ] – [ CD/DVD(IDE) ] で切り替えることができます。

ISOファイルの場合は、ISOファイルを選択すればOKです。

インストールが完了すると、以下のような画面が表示されます。

DVDの取り出し、再起動をクリックして、システムの再起動を行い、インストール完了です。


リブート完了、ログイン後、ネットワークの設定を行います。

ネットワーク設定には、以下のコマンドを投入します。

$ system-config-network

以下の画面が表示されます。

Device configuration を選択し、Return します。


設定したデバイスを ( eth —– ) を選択し、Return します。


ここで、以下の項目を設定します。

  • Use DHCP [ ]
    – DHCPサーバーを利用する場合は、ブランクキーでチェックします。
  • Static IP
    – DHCPサーバーを利用しない場合は、固定IPアドレスを入力します。
  • Netmask
    – DHCPサーバーを利用しない場合は、固定IPアドレスのネットマスクを入力します。
  • Default gateway IP
    – DHCPサーバーを利用しない場合は、デフォルトゲートウェイIPアドレスを入力します。
  • Primary DNS Server
    – DHCPサーバーを利用しない場合は、プライマリーDNSサーバーを入力します。
  • Secoundary DNS Server
    – DHCPサーバーを利用しない場合は、プライマリーDNSサーバーを入力します。
一般的にルーターを介している場合は、上記のようなローカルIPアドレスを設定することになります。
ゲートウェイは、ルーターのIP、DNSサーバーもルーターのIPアドレスになるでしょう。

設定を終えたら、[ OK ] ボタンをクリックします。
続けて、[ Save ] ボタンをクリックします。


最後に、[ Save & Quit ] ボタンをクリックし、終了します。


起動時にネットワークを常に有効とするように設定しておきます。

$ vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
           :
           
ONBOOT=yes

設定を終えたら、ネットワークを再起動します。

$ /etc/rc.d/init.d/network restart

Shutting down loopback interface:                          [  OK  ]
Setting network parameters:                                [  OK  ]
Bringing up loopback interface:                            [  OK  ]
Bringing up interface eth0:                                [  OK  ]

これで完了です。
pingコマンドで、外部ホストへアクセスできることを確認しておきましょう。

$ ping www.yahoo.co.jp

ping www.yahoo.co.jp
PING www.g.yahoo.co.jp (124.83.187.140) 56(84) bytes of data.
64 bytes from f11.top.vip.ogk.yahoo.co.jp (124.83.187.140): icmp_seq=1 ttl=48 time=25.1 ms
64 bytes from f11.top.vip.ogk.yahoo.co.jp (124.83.187.140): icmp_seq=2 ttl=48 time=34.1 ms
64 bytes from f11.top.vip.ogk.yahoo.co.jp (124.83.187.140): icmp_seq=3 ttl=48 time=29.5 ms
64 bytes from f11.top.vip.ogk.yahoo.co.jp (124.83.187.140): icmp_seq=4 ttl=48 time=24.7 ms
^C
--- www.g.yahoo.co.jp ping statistics ---
4 packets transmitted, 4 received, 0% packet loss, time 3762ms
rtt min/avg/max/mdev = 24.753/28.376/34.113/3.808 ms

CentOS 5 と比べて、若干、設定の順序や設定する項目に違いはあるものの大差はないようですね。
CentOS や FredoraCore などRed Hat系をインストールしたことがある方には、それほど難しいことではありません。

今回は、インストールに関してのみ記載しました。さくらのVPSさくらのVPSでは、クリック一発でインストールできますから、こんな手間はありません。

次回から、各サーバーをインストールしてみます。

CentOS の6.1への対応も明確でない中、Scientific Linuxは、いち早く6.1へ対応しました。 ただScientific Linuxでは、開発のキーマンがRedHatへ転職したとの話題も飛び込んで来ていますから、今後のサポートについては、わからないことも多いです。

いずれにせよ、Scientific Linuxは、フェルミ国立加速器研究所(Fermi National Accelerator Laboratory)及び欧州原子核研究機構(CERN)の公的機関で使用されていますから、 更新が止まることはないというのが、一般的な見方のようです。

その点からもCentOSからScientific Linuxへの移行が進んでいる要因なのだと思います。
ご利用のブラウザは、広告ブロック(AdBlockなど) が適用となっていませんか?
このサイトでは、コンテンツの一部が非表示、あるいは、コメント、お問い合わせの投稿ができない検索ができないことがあります。


関連記事 :

Ubuntu Server 10.04 LTS をインストールする

Ubuntu Serverとは、 堅牢なサーバーとして定評のあるDebianをベースとし、高い信頼性とパフォーマンス、そして定期的なアップグレ ...

CentOS(Scientific Linux)で ネットワーク(IPアドレス、ホスト名、ドメイン名など)の設定を行う

CentOS7 編は、 CentOS 7 で ネットワーク(IPアドレス、ホスト名、ドメイン名など)の設定を行う を参照してください。 ...

Debian(Ubuntu)で ネットワーク(IPアドレス、ホスト名、ドメイン名など)の設定を行う

今回は、基本的なネットワークの環境設定を行ってみます。 備忘録もかねて、IPアドレス、ゲートウェイ、ホスト名、ネームサーバの設定を行ってみます ...

評判のさくらのVPSの2台目を借りてみたけど問題が・・・

この記事は、さくらのVPSの最初のリリース時の記事となっています。 そのため、現在の さくらのVPS とは多少異なる情報が混ざ ...

さくらインターネットさんからDebianミラーサーバー提供らしいです。ついでにtraceroute と ping を実行してみました。

さくらインターネットさんからDebianミラーサーバー提供らしいです。羨ましいーーーーーっ、個人的に提供してくれないかしら。 ...



コメントを投稿 :

お名前 *

メールアドレス *
( メールアドレスが公開されることはありません。)

サイトアドレス

コメント *

* 印の項目は、入力が必要な項目です。




最近投稿の記事

[ 画像提供元 : Amazon ] 先日、1TBのディスクの入れ替え時にバックアップをとろうとディスクコピーを行いました。 その際 ...

Windows で Linux ファイルシステム Ext4 のディスクをマウントするには? Ext3Fsd が、おそらく、最も簡単なツール ...

今回は、Windows で Compass を使ってみました。 Compass とは、 Sass(サス、Syntactica ...

今回は、Anti Adblock を使ってみました。 Anti Adblock とは、 そもそも Adblock という ウェブ ...

デスクトップ環境でない サーバーで、Webページのキャプチャー画像をコマンドで撮る には、wkhtmltoimage, CutyCapt ...


さくらのVPS 全プラン リニューアルです。(石狩(北海道)も選択可)


root権限ありで ¥685 / 月 ~ と非常にリーズナブルな CPU 1(core)の 512 プランから、 最高 CPU 10(core), メモリ 32(GB), SSD容量 800(GB) までとプランが充実。
ディスクは、SSDとHDDの選択が可能になった他、データセンターは人気の東京、石狩(北海道)となりました。

また、どのプランでも好きなOSが選べます
( CentOS, Fedora, Scientific Linux, FreeBSD, Ubutu, Debian )

管理人もおすすめのVPSです。
試用期間がありますから、一度、お試しを!!

詳しくは、http://vps.sakura.ad.jp/さくらのVPSのサイトへ へどうぞ!!

カテゴリ


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。
最近、スワップにも対応した Serverman@VPS は、かなりリーズナブルかもです。

  • メモリ1GB~2GBのEntryプラン :月額:490円
  • メモリ2MB~4GBのStandardプラン :月額:980円
  • メモリ4GB~8GBのProプラン :月額:1,980円

新規申し込みで1ヶ月間完全無料となるキャンペーンを実施中です。
Serverman@VPSの特徴は、安さとIPv6対応です。また、初期設定費0円もポイントです。

IPv6でちょっと遊んでみたい方には、おすすめかもしれませんね。最低利用期間もありませんから、気に入らないときは即解約もできます。

Serverman@VPSの詳細については、 http://dream.jp/vps/ Serverman@VPSのサイトへへどうぞ。



KVM採用 ConoHa VPSは、時間単位で借りれる便利なVPSです。


ConoHa VPS は、初期設定費0円最低利用期間無し時間単位で清算可能、 さらに、Web APIを使って自動化を図ることもできる便利なVPSです。

海外サーバー設置も可能で、ローカル接続にも対応と、かなり、機能豊富なサーバーです。

新規ユーザ登録で、クーポンもらえますから、まずは、お試しですね。

ConoHa VPSの詳細については、
http://www.conoha.jp/ へどうぞ。

KVM採用 お名前.com VPS(KVM) 2G プラン 初期設定費無料 キャンペーン 実施です。


メモリ2GBプラン CPU:3core、Disk:200GB
月額:1,153円から (初期設定:1,680円0円)

さくらのVPSがリニューアルされてもなんのその。
1GBメモリ / 2Core を ¥834 – の格安価格で提供中です!
間違いなくスペックからすると割安感ありです。
年間割引時の途中解約で返金がないのは、 ちょっと残念ですが、それでもこの割安感は魅力です。

まずは、お試しですね。

お名前.com VPS(KVM)の詳細については、
http://www.onamae-server.com/vps/ へどうぞ。(お試し期間が15日あります。)



  • ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークへ追加するはてな登録数
ページトップへ
Time : 0.7348 [s]