レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント
レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント - レンタルサーバー・自宅サーバーの設定・構築情報を公開しています。

S6

さくらのVPSへScientific Linux 6.x をインストールしてみた

2012年3月19日 2015年5月15日
sakura vps scientificlinux
Scientific Linuxとは、
Red Hat社がリリースした Enterprise 向け Linux ディストリビューションより、同社の商標に関する部分を削除し、さらに高エネルギー物理学分野でよく用いられる一部のパッケージを追加し、ソースコードから再コンパイルした無償配布のディストリビューションである。
( 出典 : http://ja.wikipedia.org/wiki/Scientific_Linux )

今回は、 さくらのVPSのカスタムOSを使ってScientific Linux 6.x をインストールしてみたいと思います。
( カスタムOSインストール時の環境や簡単なインストール手順については、さくらのVPSでカスタムOSのインストールを行うには? を参照してください。)

さくらのVPSへScientific Linux 6.x をインストール

さくらのVPSのカスタムOSを使ってScientific Linux 6.x をインストールしてみます。
カスタムOSインストール時の環境については、さくらのVPSでカスタムOSのインストールを行うには? を参照してください。
ここでは、Java VNC コンソール の動作環境が整っているものとして解説してみます。

さくらのVPSへログインします。

さくらのVPSログイン

カスタムOSページを開きます。

さくらのVPSOS再インストール
  1. 左メニューからOS再インストールをクリックします。
  2. OS再インストールのページの右上にカスタムOSインストールへというリンクをクリックします。

カスタムOSを選択します。

さくらのVPSカスタムOS選択
  1. 中段のカスタムOS一覧からインストールしたいOSを選択します。

    ここでは、Scientific Linux 6 x86 / i386 のいずれかを選択します。

    Scientific Linux 6 x86 : 64bit版 OS です。
    Scientific Linux 6 i386 : 32bit版 OS です。
    処理速度優先なら64bit版 を
    メモリ量優先なら32bit版 を選択すると良いでしょう。
  2. OSを選択したら、確認ボタンをクリックします。

カスタムOSをインストールします。

さくらのVPSカスタムOS実行

インストールするOSに誤りがなければ、実行ボタンをクリックし、インストールを実行します。

実行ボタンをクリックすると、以下のようにインストールに必要な情報が表示されます。この画面を表示したままカスタムOSのインストールを実施しましょう。

さくらのVPSカスタムOSインストール情報

同時にVNCコンソールが自動的に開き、以下のようにインストール開始画面が表示されます。

さくらのVPSカスタムOSインストール開始

ここでは、
Install or upgrade an existing system を選択し、<Enter>を入力します。


キーボードの言語を指定します。

以下のキーボードの一覧から、ここでは、
jp106 を選択し、OKボタンへTabで移動し、 <Enter>を入力します。

Scientific Linux インストール キーボード設定

ネットワーク情報を指定します。

ここでは、以下の項目を選択し、OKボタンへTabで移動し、 <Enter>を入力します。

(*) Enable IPv4 Support
    (*) Manuarl Configuration
(*) Enable IPv6 Support
    (*) Automatic neighbor discovery

Scientific Linux インストール ネットワーク設定

続けて、IPアドレス、ネットマスク、ゲートウェイ、ネームサーバーの設定を行います。ここで設定する情報は、全て さくらのVPSのコントロールパネルに表示 (カスタムOSインストール情報) しているはすです。 間違いの無いように入力し、OKボタンへTabで移動し、 <Enter>を入力します。

Scientific Linux インストール ネットワーク設定
ここの情報の入力を誤ると次へ進めなくなりますので十分注意しましょう。

また、入力情報に誤りがあっても無くても以下のエラーが表示されるようです。
Scientific Linux インストール エラー
<Enter>を入力すると、URLの設定画面が表示されます。
http://ftp.sakura.ad.jp/pub/linux/scientific/ … /os//images/install.img
で、/ (スラッシュ)が二重に指定してあるので、エラーになる場合があるようで、ここを1つ削除してあげるとうまくいきます。

うまくいかない場合は、先のネットワーク情報に誤りがある可能性大なので、もう一度チェックしてみましょう。

rootのパスワードを設定します。

rootのパスワードを入力し、Nextをクリックして、次の画面へ進みましょう。

Scientific Linux インストール ルートパスワード
ここでパスワードが弱い場合は、以下のような画面が表示されることがあります。
Scientific Linux インストール ルートパスワード
もう一度パスワードを設定しなおす場合は、Cancelをクリックし、再入力します。
このまま次に進む場合は、Use Anyway をクリックします。

インストールするディスク(パーティション)を指定します。

特別なディスクやパーティションの設定を行いたい場合は、ここで詳細な設定を行います。
ここでは他のOSと共存させることはないので「Use All Space(すべての領域を利用する)」で問題ないと思います。
Next をクリックして、次の画面へ進みましょう。(これで、設定終了となり、インストールが開始します)

Scientific Linux インストール パーティション
個別のパーティションを作成したり、インストール先を指定したい場合は、「Create Castum Layout(カスタムレイアウトを作成する)」を選択することで、詳細な設定を行うことができます。

問題なければ、インストールが開始します。

Scientific Linux インストール 開始

インストールが完了したら、TNCリモートコンソールに以下のように表示されます。

Scientific Linux インストール 完了

インストールを終えたら、システムを起動します。

さくらのVPSのコントロールパネルの左メニューのVPSホームをクリックします。

さくらのVPSのコントロールパネル

ステータスが停止になっているはずです。
下の起動ボタンをクリックし、VPSを起動します。

以下のように起動状態になったらOKです。

さくらのVPSのコントロールパネル

起動後、しばらくしたらSSHでログインしてみましょう。

さくらのVPSへSSHでログイン

さくらのVPSでのカスタムOSは、通常のインストールに比べて非常に簡素になっています。
Scientific Linuxも同様に非常に簡素ですね。個人的には余計なものが一切インストールされないので、非常に気に入っています。

また、もしインストールやセッティングに失敗しても何度も再インストールできますのは心強いですね。

さくらインターネットのVPS ( さくらのVPS )を試してみたい方は、http://vps.sakura.ad.jp/からどうぞ。無料お試し期間は14日です。
※お試し期間中は、OP25B設定、データ転送帯域に制約がありますから注意してください。

ご利用のブラウザは、広告ブロック(AdBlockなど) が適用となっていませんか?
このサイトでは、コンテンツの一部が非表示、あるいは、コメント、お問い合わせの投稿ができない検索ができないことがあります。


関連記事 :

さくらのVPSでDNS(ネームサーバー)を無料提供開始しました

相変わらず人気のさくらのVPSです。このサイトも1年ぐらい使わせてもらってますが、なかなか、良い感じです。 さて、今回は、その ...

お名前.com VPS(KVM) でUbuntu 12 をインストールしてみる

以前に お名前.com VPS(KVM) でカスタムOSのインストールを行うには? でカスタムOSのインストールについて書きました。 ...

ConoHaにAndroid x86 をインストールしてみる

Android x86とは、 いわゆる Android のPC版OSです。 Android は、Googleによって開発されたス ...

お名前.com VPS(KVM) で ISOアップロード機能を使って、Ubuntu Server 12 をインストールしてみる

以前に お名前.com VPS(KVM) でカスタムOSのインストールを行うには? お名前.com VPS(KVM) でUb ...

Scientific Linux 6.x をインストールする

Scientific Linuxとは、 Red Hat社がリリースした Enterprise 向け Linux ディストリビューション ...



コメントを投稿 :

お名前 *

メールアドレス *
( メールアドレスが公開されることはありません。)

サイトアドレス

コメント *

* 印の項目は、入力が必要な項目です。




最近投稿の記事

[ 画像提供元 : Amazon ] 先日、1TBのディスクの入れ替え時にバックアップをとろうとディスクコピーを行いました。 その際 ...

Windows で Linux ファイルシステム Ext4 のディスクをマウントするには? Ext3Fsd が、おそらく、最も簡単なツール ...

今回は、Windows で Compass を使ってみました。 Compass とは、 Sass(サス、Syntactica ...

今回は、Anti Adblock を使ってみました。 Anti Adblock とは、 そもそも Adblock という ウェブ ...

デスクトップ環境でない サーバーで、Webページのキャプチャー画像をコマンドで撮る には、wkhtmltoimage, CutyCapt ...


さくらのVPS 全プラン リニューアルです。(石狩(北海道)も選択可)


root権限ありで ¥685 / 月 ~ と非常にリーズナブルな CPU 1(core)の 512 プランから、 最高 CPU 10(core), メモリ 32(GB), SSD容量 800(GB) までとプランが充実。
ディスクは、SSDとHDDの選択が可能になった他、データセンターは人気の東京、石狩(北海道)となりました。

また、どのプランでも好きなOSが選べます
( CentOS, Fedora, Scientific Linux, FreeBSD, Ubutu, Debian )

管理人もおすすめのVPSです。
試用期間がありますから、一度、お試しを!!

詳しくは、http://vps.sakura.ad.jp/さくらのVPSのサイトへ へどうぞ!!

カテゴリ


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。
最近、スワップにも対応した Serverman@VPS は、かなりリーズナブルかもです。

  • メモリ1GB~2GBのEntryプラン :月額:490円
  • メモリ2MB~4GBのStandardプラン :月額:980円
  • メモリ4GB~8GBのProプラン :月額:1,980円

新規申し込みで1ヶ月間完全無料となるキャンペーンを実施中です。
Serverman@VPSの特徴は、安さとIPv6対応です。また、初期設定費0円もポイントです。

IPv6でちょっと遊んでみたい方には、おすすめかもしれませんね。最低利用期間もありませんから、気に入らないときは即解約もできます。

Serverman@VPSの詳細については、 http://dream.jp/vps/ Serverman@VPSのサイトへへどうぞ。



KVM採用 ConoHa VPSは、時間単位で借りれる便利なVPSです。


ConoHa VPS は、初期設定費0円最低利用期間無し時間単位で清算可能、 さらに、Web APIを使って自動化を図ることもできる便利なVPSです。

海外サーバー設置も可能で、ローカル接続にも対応と、かなり、機能豊富なサーバーです。

新規ユーザ登録で、クーポンもらえますから、まずは、お試しですね。

ConoHa VPSの詳細については、
http://www.conoha.jp/ へどうぞ。

KVM採用 お名前.com VPS(KVM) 2G プラン 初期設定費無料 キャンペーン 実施です。


メモリ2GBプラン CPU:3core、Disk:200GB
月額:1,153円から (初期設定:1,680円0円)

さくらのVPSがリニューアルされてもなんのその。
1GBメモリ / 2Core を ¥834 – の格安価格で提供中です!
間違いなくスペックからすると割安感ありです。
年間割引時の途中解約で返金がないのは、 ちょっと残念ですが、それでもこの割安感は魅力です。

まずは、お試しですね。

お名前.com VPS(KVM)の詳細については、
http://www.onamae-server.com/vps/ へどうぞ。(お試し期間が15日あります。)



  • ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークへ追加するはてな登録数
ページトップへ
Time : 0.2625 [s]