レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント
レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント - レンタルサーバー・自宅サーバーの設定・構築情報を公開しています。

D7

ConoHa VPS でDebian 7 をインストールしてみる

2013年8月5日 2014年1月16日
conoha vps debian

ConoHa VPS では、なぜか、VPSを作成する際に、OSの選択ができません。 そんため、デフォルトOSであるCentOSを必ず1回インストールすることになります。

デフォルトOSをインストールした後は、いくらでもOSを入れ替えることは可能で、標準の機能としてカスタムOS インストール機能が準備されています。
ここで準備されているカスタムOSは、必要最小限の動作確認が行われているOSが、ユーザ共通に あらかじめISOとして準備されていて、 そのISOをドライブにマウントさせ、インストールさせる仕組みになっています。

ConoHa VPSでは、以下のOSがカスタムOSとして提供されています。

  • Red Hat Linux
    • Fedora 17 32bit/ 64bit
    • Fedora 18 32bit/ 64bit
    • CentOS 5 (RHEL5 クローン) 32bit/ 64bit
    • CentOS 6 (RHEL6 クローン) 32bit/ 64bit
    • Scientific Linux 6 (RHEL6 クローン) 32bit/ 64bit
  • Debian GNU/Linux
    • Debian 6 32bit/ 64bit
    • Debian 7 32bit/ 64bit
    • Ubuntu 12 32bit/ 64bit
    • Ubuntu 13 32bit/ 64bit
  • BSD
    • FreeBSD 9 32bit/ 64bit

この中でも、最近リリースされたDebian 7 をインストールしてみます。
Debian 6は、メジャーバージョンアップ後1年までがメンテナンス期間となります。
つまり、Debian 7が 2013年5月リリースされましたので、2014年5月までがメンテナンス期間となります。

Debian のメジャーバージョンアップの間隔は、約2年ですから、概ね、リリース間もない Debian 7 を使っておけば、3年程度は、バージョンアップの必要性はないということです。

今回は、そのリリース間もない Debian 7 をインストールしてみます。

ConoHa VPS は、さくらのVPSと違ってカスタムOSのインストールにJavaを必要としません。(お名前.com VPS(KVM) と同じです。) この点では、非常に楽でにす。 さらに、以前、ウェブブラウザがアクティブになってもコンソールへの入力が一時的にできなくなっていたような問題も、ほとんど改善されていて初心者でも 楽に別のOSをインストールできるようになっています。

では、早速、ConoHa VPSで、簡単にDebian のインストールを解説してみます。

Debian 7をインストールしてみる

カスタムOSのインストールを実行してみましょう。

VPSのコントロールパネルにログインします。

  1. ConoHa VPS のサイトから、コントロールパネルボタンをクリックします。
    ConoHa VPS コントロールパネル

  2. コントロールパネル のページから、ログインボタンをクリックします。
    ConoHa VPS ログイン

    ここでの ConoHa アカウント は、アカウント登録時のメール にて通知があったものを入力します。
    パスワードは、アカウント登録時に設定した英数字8文字以上のパスワードを入力します。

    入力を終えたら、ログインボタンをクリックします。


  3. コントロールパネルの左バーの [ サービス ] – [ VPS ] をクリックします。
    ConoHa VPS 追加

  4. カスタムインストール(OS再インストール)するVPSを選択し、[ OS再インストール ] をクリックします。
    ConoHa VPS 追加


カスタムインストール(OS再インストール)するOSを選択し、インストール前準備をします。

  1. カスタムインストール(OS再インストール)するOSを選択します。
    ConoHa VPS OS再インストール

    ページのOS欄で、[カスタムOS] Debian 7.0 (64bit) を選択します。
    デフォルトの設定でOKなので、特に変更する必要はありませんが、
    必要に応じて、Virtioビデオデバイスなどの設定を行います。(GUIを使いたい場合にビデオデバイスを意識する必要があるかもしれませんが、ほとんどの場合、デフォルトでOKのはずです。)

    設定を終えたら、ページの下段から、確認ボタンをクリックします。


  2. カスタムインストール(OS再インストール)する情報を確認します。
    ConoHa VPS OS再インストール

    設定内容の確認ページになります。特に問題なければ、決定をクリックします。
    再設定したい場合は、戻るをクリックします。


    ConoHa VPS OS再インストール

    上記は、実行中画面イメージです。
    インストール用ISOをデバイスにマウントするまで、しばらく時間がかかることがあります。


  3. VPSを起動します。
    ConoHa VPS OS再インストール

    ISOの設定を終えたら、ページの上部が、上記のようにドライブに [ deabin-7.0.0-amd … ] と表示され、起動ボタンが有効になります。
    VPSは、このとき停止状態です。

    起動ボタンをクリックし、サーバーを起動します。

    ConoHa VPS 起動

    起動確認ページが表示されますので、はいをクリックして起動します。

    続けて、コンソールを開きます。
    カスタムインストール(OS再インストール)するVPSを選択し、[ コンソール ] をクリックします。

    ConoHa VPS コンソール

    以下のコンソール画面をクリックすることで、コンソールと接続します。

    ConoHa VPS コンソール

    コンソールと接続したら、
    VPSは、ISOが設定されているドライブから起動しているはずなので、以下のようにインストール画面が表示されるはずです。

    ConoHa VPS Deabin インストール画面

上記のようにDeabinのインストール画面が表示されればインストールの準備は完了です。

以降に、Deabinのインストールを実際に行ってみます。


Deabin 7 をインストールします。

先の再起動後に、インストール画面が表示されたら、Install を選択しEnterキー押下します。

以下は、それ以降のインストール手順について解説します。

  1. Deabin のインストール画面から、Install を選択し<Enter>を入力します。
    Deabin インストール画面

  2. 次に言語選択の画面から、Japanease 日本語 を選択し、<Enter>を入力します。
    Deabin 言語選択

  3. 次に場所選択の画面から、日本を選択し、<Enter>を入力します。
    Deabin 場所選択

  4. 次にキーボードの設定を行います。
    Deabin キーボード選択

    利用するキーマップで日本語を選択します。


  5. ホスト名を指定します。
    Deabin ホスト名

    ホスト名が決まっている場合は、ホスト名を手動で設定します。TABキーで<続ける>を選択し<Enter>を入力します。
    例)hoge-server


  6. ドメイン名を指定します。
    Deabin ドメイン名

    ドメイン名が決まっている場合は、ドメイン名を手動で設定します。TABキーで<続ける>を選択し<Enter>を入力します。
    例)exmaple.com


  7. ユーザを設定します。
    Deabin rootパスワード

    まず、rootパスワードを設定します。TABキーで<続ける>を選択し<Enter>を入力します。

    Deabin rootパスワード 再設定

    先の再確認のための、rootパスワードを再入力します。TABキーで<続ける>を選択し<Enter>を入力します。

    Deabin ユーザ登録

    続けて、非管理者権限でrootの代わりに使用するユーザ名(フルネーム)を入力します。TABキーで<続ける>を選択し<Enter>を入力します。
    例)hoge saski

    Deabin ユーザ登録

    ユーザのアカウントを入力します。TABキーで<続ける>を選択し<Enter>を入力します。
    例)hoge

    Deabin 新ユーザパスワード

    まず、新ユーザパスワードを設定します。TABキーで<続ける>を選択し<Enter>を入力します。

    Deabin 新ユーザパスワード 再設定

    先の再確認のための、新ユーザパスワードを再入力します。TABキーで<続ける>を選択し<Enter>を入力します。


  8. インストールするディスク(パーティション)を指定します。

    特別なディスクやパーティションの設定を行いたい場合は、ここで詳細な設定を行います。
    ほとんどの場合は、デフォルトのまま「ガイド – ディスク全体を使う」で問題ないと思います。その場合、<Enter>を入力して、次の画面へ進みましょう。

    Deabin パーティション
    個別のパーティションを作成したり、インストール先を指定したい場合は、ここで「手動」を選択することで、詳細な設定を行うことができます。

    ここでは ガイド – ディスク全体を使う を選択します。

    まず、インストールするディスクを選択します。
    デフォルトのカスタムOSインストールの設定では、ここでは2つ存在します。 ここでは、仮想ディスク1 を選択し、<Enter> を入力します。

    Deabin パーティション2

    次にパーティションで分割してインストールするかという確認メッセージが表示されます。
    ここでは1つのパーティションに全てをインストールしますので、すべてのファイルを1つのパーティションに(初心者ユーザには推奨)を選択し、<Enter> を入力します。

    Deabin パーティション3

    CentOSをインストールしているはずなので、既にボリューム情報が設定されています。
    それを削除しても良いか確認のメッセージが表示されますので、はいを選択し、<Enter> を入力します。

    Deabin パーティション4

    デフォルトで、以下のようにパーティションが作成されます。

    Deabin パーティション5

    ここでは、デフォルト時と同じようにしておきたいので、スワップを2GBに変更するため 一旦、すべてのパーティションを削除します。
    削除するパーティションを選択して、<Enter> を入力します。

    Deabin パーティション6

    パーティションの削除を選択して、<Enter> を入力します。

    Deabin パーティション7

    同様にスワップのパーティションも削除します。(全てのパーティションを一旦削除してしまいます。)

    続けて、パーティションの作成を行います。

    1. スワップ領域のパーティションを作成する。

      パーティションを作成するドライブを選択し、<Enter> を入力します。

      Deabin パーティション8

      新しいパーティションの作成を選択し、<Enter> を入力します。

      Deabin パーティション9

      新しいパーティションのサイズを入力し、TABキーで<続ける>を選択し<Enter>を入力します。
      ここでは、スワップ領域を先に作成しておきたいので、 2.0GB としています。

      Deabin パーティション10

      パーティションのタイプで 基本パーティションを選択し、<Enter>を入力します。

      Deabin パーティション11

      パーティションの場所で 先頭を選択し、<Enter>を入力します。

      Deabin パーティション12

      パーティションの詳細設定で 利用方法を選択し、<Enter>を入力します。

      Deabin パーティション13

      このパーティションは、スワップ用なので、スワップ領域を選択し、<Enter>を入力します。

      Deabin パーティション14

      続けて、パーティションを作成するので、TABキーで<戻る>を選択し<Enter>を入力します。

      Deabin パーティション15
    2. OSインストール領域のパーティションを作成する。

      パーティションを作成するドライブを選択し、<Enter> を入力します。

      Deabin パーティション16

      新しいパーティションの作成を選択し、<Enter> を入力します。

      Deabin パーティション17

      新しいパーティションのサイズを入力し、TABキーで<続ける>を選択し<Enter>を入力します。
      ここでは、残り領域すべてとしておきたいので、 19.5GB としています。

      Deabin パーティション18

      パーティションのタイプで 基本パーティションを選択し、<Enter>を入力します。

      Deabin パーティション19

      パーティションの詳細設定情報が表示されますので、デフォルトのままでOKのはずですが、一応、確認しておきます。
      特に利用方法は、ext4 … となっていて、マウントポイント が、 / となっていることを確認しておきます。もし、違っているようなら、変更しましょう。
      続けて、パーティションを作成するので、TABキーで<戻る>を選択し<Enter>を入力します。

      Deabin パーティション20
    3. 拡張ドライブ(仮想ドライブ2)を使用するようにする。

      仮想ドライブ2選択し、<Enter> を入力します。

      Deabin パーティション21

      パーティションの詳細設定で 利用方法が、ここでは、利用しない となっているので、変更します。
      利用方法を選択し、<Enter>を入力します。

      Deabin パーティション22

      このパーティションは、拡張ドライブで、一般的なファイルシステム用なので、ext4 ジャーナリングファイルシステムを選択し、<Enter>を入力します。

      Deabin パーティション23

      次に、マウントポイントが未設定となっていると思うので、マウントポイントがを選択し、<Enter>を入力します。

      Deabin パーティション24

      マウントポイントは、最も領域として使う可能性大きいディレクトリを選択すると良いでしょう。
      ここでは、 /var を選択し、<Enter>を入力します。

      Deabin パーティション25

      一応、これで、パーティションの作成は終わりです。TABキーで<戻る>を選択し<Enter>を入力します。

      Deabin パーティション26

    次に、ここまでの変更を書き込みます。
    パーティショニングの終了とディスクへの変更の書き込み を選択し、<Enter>を入力します。

    Deabin パーティション27

    書き込み前の確認メッセージです。はい を選択し、<Enter>を入力します。

    Deabin パーティション28

    これで書き込みが開始され、パーティションの作成が実行されます。


  9. Deabin ミラーサイトを指定します。

    日本を選択し、<Enter>を入力します。

    Deabin ミラーサイト

    以下のように一覧が表示されますが、デフォルトの ftp.jp.debian.org を選択し、<Enter>を入力します。

    Deabin ミラーサイト

    最後にプロキシーを利用しているかの確認になります。もしプロキシーサーバーを使っている場合は、ここで設定を行います。 使っていない場合は、空欄のまま、そこを選択し、Tabキーで続けるを選択し、<Enter>を入力します。

    Deabin プロキシー

  10. インストールパッケージを選択します。

    Debianのパッケージ利用調査の参加を設定します。
    ここでは、テスト用なので、参加しません。Tabキーで いいえを選択し、<Enter>を入力します。

    Deabin パッケージ利用調査

    Debianのインストールするパッケージを選択します。
    ここでは、必要最小限のSSH Server のみを選択し、TABキーで<続ける>を選択し、<Enter>を入力して、インストールを実行します。

    Deabin インストールするパッケージ

    次は、ブートローダーのインストールします。
    ここでは、TABキーで<はい>を選択し、<Enter>を入力して、次の画面へ進みます。

    Deabin ブートローダー

  11. カスタムOSのインストールを終えたら、イメージディスクを開放します。

    カスタムOSのインストールの終了間際に、以下のような画面が表示されます。

    Deabin インストール完了

    この状態で、イメージディスクを解放します。
    イメージディスクを開放するには、画面上部の 取り出し ボタンをクリックすればOKです。

    Deabin ドライブ解放

    以下の確認メッセージが表示されますので、はいをクリックします。

    Deabin ドライブ解放

    以下のようにドライブ情報が、選択可能なコンボボックスに切り替わればOKです。

    Deabin ドライブ解放
    イメージディスクを解放する際、ディスクがロックされていてエラーとなることがあります。
    この場合は、強制排出をクリックするとうまくいくことがあります。
    それでもエラーになることがあります。その場合、コントロールパネルへ再ログインしてみるとうまくいくことがあります。
    さらに、それでもエラーになる場合は、一旦、システムの再起動を行った後、再度、試してみてください。

    イメージディスクの取り出しができたら、以下の画面で続けるを選択し、<Enter>を入力して、インストールを完了します。
    Deabin インストール完了

    再起動が自動的に実行されます。


最後にコンソールパネルからログインしてみましょう。

再起動が完了するとログインプロンプトが表示されるはずです。

Deabin プロンプト

インストール時に登録したユーザ、パスワードでログインしてみてください。

Deabin ログイン

こんな感じでログインできればOKです。


ConoHa VPSのカスタムOSのインストールは、Javaをインストールせずにできるので非常に楽です。
今回は、パーティションを手動でやったので、手間が増えていますが、最近のLinuxはインストールが楽になりました。

Ubuntu以外でも以下のようにいろんなOSに対応しているので、お好みのOSをインストールをしてみてはいかがでしょうか。
  • Red Hat Linux
    • Fedora 17 32bit/ 64bit
    • Fedora 18 32bit/ 64bit
    • CentOS 5 (RHEL5 クローン) 32bit/ 64bit
    • CentOS 6 (RHEL6 クローン) 32bit/ 64bit
    • Scientific Linux 6 (RHEL6 クローン) 32bit/ 64bit
  • Debian GNU/Linux
    • Debian 6 32bit/ 64bit
    • Debian 7 32bit/ 64bit
    • Ubuntu 12 32bit/ 64bit
    • Ubuntu 13 32bit/ 64bit
  • BSD
    • FreeBSD 9 32bit/ 64bit

興味のある方は、以下からのどうぞ。お試し期間15日があります。

ConoHa VPSは、http://www.conoha.jp/ へどうぞ。



ご利用のブラウザは、広告ブロック(AdBlockなど) が適用となっていませんか?
このサイトでは、コンテンツの一部が非表示、あるいは、コメント、お問い合わせの投稿ができない検索ができないことがあります。


関連記事 :

お名前.com VPS(KVM) でUbuntu 12 をインストールしてみる

以前に お名前.com VPS(KVM) でカスタムOSのインストールを行うには? でカスタムOSのインストールについて書きました。 ...

さくらのVPSでカスタムOSのインストールを行うには?

さくらのVPSでカスタムOSのインストールを行うには、 HTML 5 対応ブラウザが動作する環境、あるいは、 Java VN ...

お名前.com VPS(KVM) でカスタムOSのインストールを行うには?

今回は、以前に さくらのVPSでカスタムOSのインストールを行うには? で記事にした内容の お名前.com VPS(KVM) 版です ...

ConoHaにAndroid x86 をインストールしてみる

Android x86とは、 いわゆる Android のPC版OSです。 Android は、Googleによって開発されたス ...

さくらのVPSへDebian 6 をインストールしてみた

Debian とは、 単に、GNU/Linux と呼ばれることも多く、GNU のLinuxとして有名です。 Red ...



コメントを投稿 :

お名前 *

メールアドレス *
( メールアドレスが公開されることはありません。)

サイトアドレス

コメント *

* 印の項目は、入力が必要な項目です。




最近投稿の記事

[ 画像提供元 : Amazon ] 先日、1TBのディスクの入れ替え時にバックアップをとろうとディスクコピーを行いました。 その際 ...

Windows で Linux ファイルシステム Ext4 のディスクをマウントするには? Ext3Fsd が、おそらく、最も簡単なツール ...

今回は、Windows で Compass を使ってみました。 Compass とは、 Sass(サス、Syntactica ...

今回は、Anti Adblock を使ってみました。 Anti Adblock とは、 そもそも Adblock という ウェブ ...

デスクトップ環境でない サーバーで、Webページのキャプチャー画像をコマンドで撮る には、wkhtmltoimage, CutyCapt ...


さくらのVPS 全プラン リニューアルです。(石狩(北海道)も選択可)


root権限ありで ¥685 / 月 ~ と非常にリーズナブルな CPU 1(core)の 512 プランから、 最高 CPU 10(core), メモリ 32(GB), SSD容量 800(GB) までとプランが充実。
ディスクは、SSDとHDDの選択が可能になった他、データセンターは人気の東京、石狩(北海道)となりました。

また、どのプランでも好きなOSが選べます
( CentOS, Fedora, Scientific Linux, FreeBSD, Ubutu, Debian )

管理人もおすすめのVPSです。
試用期間がありますから、一度、お試しを!!

詳しくは、http://vps.sakura.ad.jp/さくらのVPSのサイトへ へどうぞ!!

カテゴリ


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。
最近、スワップにも対応した Serverman@VPS は、かなりリーズナブルかもです。

  • メモリ1GB~2GBのEntryプラン :月額:490円
  • メモリ2MB~4GBのStandardプラン :月額:980円
  • メモリ4GB~8GBのProプラン :月額:1,980円

新規申し込みで1ヶ月間完全無料となるキャンペーンを実施中です。
Serverman@VPSの特徴は、安さとIPv6対応です。また、初期設定費0円もポイントです。

IPv6でちょっと遊んでみたい方には、おすすめかもしれませんね。最低利用期間もありませんから、気に入らないときは即解約もできます。

Serverman@VPSの詳細については、 http://dream.jp/vps/ Serverman@VPSのサイトへへどうぞ。



KVM採用 ConoHa VPSは、時間単位で借りれる便利なVPSです。


ConoHa VPS は、初期設定費0円最低利用期間無し時間単位で清算可能、 さらに、Web APIを使って自動化を図ることもできる便利なVPSです。

海外サーバー設置も可能で、ローカル接続にも対応と、かなり、機能豊富なサーバーです。

新規ユーザ登録で、クーポンもらえますから、まずは、お試しですね。

ConoHa VPSの詳細については、
http://www.conoha.jp/ へどうぞ。

KVM採用 お名前.com VPS(KVM) 2G プラン 初期設定費無料 キャンペーン 実施です。


メモリ2GBプラン CPU:3core、Disk:200GB
月額:1,153円から (初期設定:1,680円0円)

さくらのVPSがリニューアルされてもなんのその。
1GBメモリ / 2Core を ¥834 – の格安価格で提供中です!
間違いなくスペックからすると割安感ありです。
年間割引時の途中解約で返金がないのは、 ちょっと残念ですが、それでもこの割安感は魅力です。

まずは、お試しですね。

お名前.com VPS(KVM)の詳細については、
http://www.onamae-server.com/vps/ へどうぞ。(お試し期間が15日あります。)



  • ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークへ追加するはてな登録数
ページトップへ
Time : 0.2833 [s]