レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント
レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント - レンタルサーバー・自宅サーバーの設定・構築情報を公開しています。

Google Appsをメールサーバーとして使う

2010年7月17日 2014年1月17日
googleapps howto

ここまで、CentOSやFreeBSDの設定を行ってきました。
しかし、Sendmailだけは、設定について解説しませんでした。これは、Sendmail自体、設定がかなり複雑なのとセキュリティ上、Sendmail(MTA)サーバーは、設置しない方が望ましいからです。

最近では、迷惑メール防止のための設定が、非常にややこしくなってきました。
設定するのは、てきないことはありませんが、今後のことを考えると、自宅サーバー程度のセキュリティで、なおかつ、個人でそれに対応していくのは、なかなか難しいと思います。

DNSについても、できれば避けたいところです。ただ、DNSは、環境設定の根幹にかかわるので、設定方法については、解説しておきました。

しかし、DNS(BIND)をインストールする でも記述したとおり、DNSについてもサーバーの設置は、避けられるものなら避けるべきだと思います。

さて、ここでは、どんなに避けていてもメールは必要ですから、そのためには、Sendmail(MTA)サーバーをたてたくなりますよね。
そんなときは、Google Apps Standard Edition を使いましょう。Standard版は、無料ですから、これを使わない手はありません。

また、独自ドメインさえ持っていれば、また、ドメイン業者(レジストラ)でDNSを提供していてくれるなら、ドメインの年間利用料だけで、独自ドメインのメールを使うことができます。
これは、なんともすごいです。

一昔前なら、考えられませんが、Googleは、これを無償で提供してくれています。

では、早速、使ってみましょう。

まずは、Google Apps Standard Editionをはじめる

なにはともあれ、Google Apps Standard Editionをはじめてみましょう。
必要なのは、独自ドメインとメールアドレスです。
ここで、指定するメールアドレスは、Yahoo!などの無料メールアドレスで構いません。ここで登録しようとするドメインのメールアドレスはNGですので管理用のメールアドレスを1つ用意しておきましょう。

まずは、ドメインの登録から


Google Apps Standard Edition へアクセスします。
ドメインの登録

開始方法をクリックします。

ドメインの登録開始

※もし、日本語にならない方は、こちらを直接アクセスしてください。

既存のドメイン名を使用するのタブ内、管理者: このドメインを所有または管理していますを選択します。
ドメイン名を入力欄に独自ドメイン名を設定します。

次へをクリックします。

管理者の登録

管理者情報を設定します。
ドメインの管理者情報

名 * (例: 太郎、花子)
姓 * (例: 山田、鈴木)
メール アドレス * 有効なメール アドレスを入力してください。
ここで、先に用意しておいた管理用メールアドレスを設定します。
何か変更があった場合などは、ここで設定したアドレスへ情報が流れます。
電話番号 * xxx-xxx-xxxx
国/地域 * 日本を選択します。
役職 (例: 社長、システム管理者)
Google Apps では、サービスを正しく設定するため DNS を変更する必要があります。 詳細 * ドメインの DNS レコードを変更できない場合、組織で使用できる Google Apps の機能に影響する場合があることを理解します。をチェックします。


上記以外は、必須ではないので、わかる範囲で設定しておきましょう。

次へをクリックします。

管理者のメールアドレス登録

管理者のメールアドレスを設定します。
ドメインの管理者メールアドレス

ユーザ名 半角英数字を使ってユーザ名を設定します。 (例: taro)
パスワード パスワードを設定します。



利用規約を確認して、同意して、設定を続行をクリックします。

ここまでの設定で、とりあえず、Google Apps Standard Editionを使い始めることができます。
この後の独自ドメインのDNSの設定を行うことでメールを利用することができるようになります。

また、ユーザ(メールアドレス)は、後で最大50名まで増やせます。


独自ドメインのDNSをGoogle Apps へ向ける

ここまでの設定で、Google Apps Standard Editionを使えるようになっています。 しかし、DNSの設定を何もしないとメールは使えません。続けて、DNSの設定を行います。

ここでは、CentOSでのDNSの設定のDNS(BIND)をインストールするで紹介したサンプル設定を例に設定してみましょう。

exmaple.com.db.wan : exmaple.comドメインの外向きゾーンファイル

$ vi /var/named/chroot/var/named/exmaple.com.db.wan



$TTL    86400
@       IN      SOA     ns1.exmaple.com.  root.exmaple.com.(
                                      2010062201 ; Serial
                                      7200       ; Refresh
                                      7200       ; Retry
                                      2419200    ; Expire
                                      86400 )    ; Minimum
    IN NS    ns1.exmaple.com.
    IN MX 10 aspmx.l.google.com.
    IN MX 20 alt1.aspmx.l.google.com.
    IN MX 20 alt2.aspmx.l.google.com.
    IN MX 30 aspmx2.googlemail.com.
    IN MX 30 aspmx3.googlemail.com.
    IN MX 30 aspmx4.googlemail.com.
    IN MX 30 aspmx5.googlemail.com.
    IN TXT v=spf1 include:aspmx.googlemail.com ~all
ns1 IN A     xxx.xxx.xxx.xxx
@   IN A     xxx.xxx.xxx.xxx
www IN A     xxx.xxx.xxx.xxx
googlefffggghhh12345 IN CNAME google.com.


IN MX 10 exmaple.com.と設定されていたところを、以下のように変更しています。
IN MX 10 aspmx.l.google.com.
IN MX 20 alt1.aspmx.l.google.com.
IN MX 20 alt2.aspmx.l.google.com.
IN MX 30 aspmx2.googlemail.com.
IN MX 30 aspmx3.googlemail.com.
IN MX 30 aspmx4.googlemail.com.
IN MX 30 aspmx5.googlemail.com.
IN TXT v=spf1 include:aspmx.googlemail.com ~all

また、最後に googlefffggghhh12345 IN CNAME google.com.が追加されています。 これは、独自ドメインが確かにあなたもものかを確認するためのものです。

DNS(BIND)を再起動します。

$ /etc/init.d/named restart
namedを停止中:                            [ OK ]
namedを起動中:                            [ OK ]

DNSの設定が反映されるまで、しばらくかかることがあります。
C:\> nslookup -type=mx
Default Server:  google-public-dns-a.google.com
Address:  8.8.8.8

> server 8.8.4.4
Default Server:  google-public-dns-b.google.com
Address:  8.8.4.4

> exmple.com

Server:  google-public-dns-b.google.com
Address:  8.8.4.4

Non-authoritative answer:
exmple.com        MX preference = 30, mail exchanger = aspmx4.googlemail.com
exmple.com        MX preference = 30, mail exchanger = aspmx5.googlemail.com
exmple.com        MX preference = 10, mail exchanger = aspmx.l.google.com
exmple.com        MX preference = 20, mail exchanger = alt1.aspmx.l.google.com
exmple.com        MX preference = 20, mail exchanger = alt2.aspmx.l.google.com
exmple.com        MX preference = 30, mail exchanger = aspmx2.googlemail.com
exmple.com        MX preference = 30, mail exchanger = aspmx3.googlemail.com
とGoogleのDNSで情報が確認できるようであれば、OKです。

Google Apps Standard Editionでドメイン所有者の確認を行います。

管理者でログインし、ダッシュボードの上部に、まだ確認していない場合は、ドメインの所有権を確認 と表示されていると思います。
ドメインの所有権を確認

ドメイン所有権を確認CNAMEレコードを変更を選択します。

ドメインの所有権を確認

最後に確認をクリックして確認できれば、設定は完了です。

管理者のログインURLは、
https://www.google.com/a/example.com
です。
example.comを独自ドメインで指定すれば、Google Apps Standard Editionの管理ログイン画面へとびます。

G-MailのログインURLは、
https://www.google.com/a/example.com/ServiceLogin?service=mail
です。
example.comを独自ドメインで指定すれば、G-Mailのログイン画面へとびます。

あとは、ユーザ登録でメールアドレスを増やこともできます。
当然、phpやmysqlは使えませんが、ホームページ(Google提供のガジェット(ウィジェット)を含む単純なHTML)を開設することもできます。

DNSの理解があれば、簡単な設定です。DNSに詳しくなくても、この設定例や他の設定例を参照されれば、それほど難しいものでもありません。

無料メールに挑戦されてはいかがでしょうか?

格安レンタルサーバーの場合は、ドメインの管理も同時に行っているなら、管理しているDNSのレコード情報を同じように編集することでGMailが使えます。
また、格安レンタルサーバーで管理していないドメインについては、ドメイン管理しているところで提供されているDNSのレコード情報を同じように編集することでGMailが使えます。
ご利用のブラウザは、広告ブロック(AdBlockなど) が適用となっていませんか?
このサイトでは、コンテンツの一部が非表示、あるいは、コメント、お問い合わせの投稿ができない検索ができないことがあります。


関連記事 :

評判のさくらのVPSでSMTP(Sendmail)を公開する時にやっておきたいこと

以前の記事 評判のさくらのVPSを使うときに最初にやっておきたいこと(CentOS編) の SMTP(Sendmail)サーバー編で ...

FreeBSDのセキュリティアップデート

さて、今回は、FreeBSDのシステムアップデート手順です。 FreeBSDでは、セキュリティ対応のため自動アップデートできるような仕組みがあ ...

FreeBSD 9.0 をインストールしてみた

以前にFreeBSD 8 をインストールしてみた で FreeBSDの8.x をインストールしました。 今回は、最新バージョンの FreeBS ...

FreeBSD 8 をインストールしてみた

CentOSは、単純にインストーラの指示に従えば、何も問題なくインストールできました。 CentOSのインストールについては、「CentOSを ...

sendmail設定(4) SMTP-AUTH(認証)+SMTPs (SSL/TLS) を使ってみる

前回までの関連記事 sendmailを使って内部メールをgmailへ転送する Dovecotでメールを受信する sendmail設定(1) ...


1 件 コメントがあります。 コメントを投稿する
  1. […] 使っていないドメインがあったので、Google Appsをメールサーバーとして使うというページを参考にさせていただきながら、Google […]


コメントを投稿 :

お名前 *

メールアドレス *
( メールアドレスが公開されることはありません。)

サイトアドレス

コメント *

* 印の項目は、入力が必要な項目です。




最近投稿の記事

[ 画像提供元 : Amazon ] 先日、1TBのディスクの入れ替え時にバックアップをとろうとディスクコピーを行いました。 その際 ...

Windows で Linux ファイルシステム Ext4 のディスクをマウントするには? Ext3Fsd が、おそらく、最も簡単なツール ...

今回は、Windows で Compass を使ってみました。 Compass とは、 Sass(サス、Syntactica ...

今回は、Anti Adblock を使ってみました。 Anti Adblock とは、 そもそも Adblock という ウェブ ...

デスクトップ環境でない サーバーで、Webページのキャプチャー画像をコマンドで撮る には、wkhtmltoimage, CutyCapt ...


さくらのVPS 全プラン リニューアルです。(石狩(北海道)も選択可)


root権限ありで ¥685 / 月 ~ と非常にリーズナブルな CPU 1(core)の 512 プランから、 最高 CPU 10(core), メモリ 32(GB), SSD容量 800(GB) までとプランが充実。
ディスクは、SSDとHDDの選択が可能になった他、データセンターは人気の東京、石狩(北海道)となりました。

また、どのプランでも好きなOSが選べます
( CentOS, Fedora, Scientific Linux, FreeBSD, Ubutu, Debian )

管理人もおすすめのVPSです。
試用期間がありますから、一度、お試しを!!

詳しくは、http://vps.sakura.ad.jp/さくらのVPSのサイトへ へどうぞ!!

カテゴリ


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。
最近、スワップにも対応した Serverman@VPS は、かなりリーズナブルかもです。

  • メモリ1GB~2GBのEntryプラン :月額:490円
  • メモリ2MB~4GBのStandardプラン :月額:980円
  • メモリ4GB~8GBのProプラン :月額:1,980円

新規申し込みで1ヶ月間完全無料となるキャンペーンを実施中です。
Serverman@VPSの特徴は、安さとIPv6対応です。また、初期設定費0円もポイントです。

IPv6でちょっと遊んでみたい方には、おすすめかもしれませんね。最低利用期間もありませんから、気に入らないときは即解約もできます。

Serverman@VPSの詳細については、 http://dream.jp/vps/ Serverman@VPSのサイトへへどうぞ。



KVM採用 ConoHa VPSは、時間単位で借りれる便利なVPSです。


ConoHa VPS は、初期設定費0円最低利用期間無し時間単位で清算可能、 さらに、Web APIを使って自動化を図ることもできる便利なVPSです。

海外サーバー設置も可能で、ローカル接続にも対応と、かなり、機能豊富なサーバーです。

新規ユーザ登録で、クーポンもらえますから、まずは、お試しですね。

ConoHa VPSの詳細については、
http://www.conoha.jp/ へどうぞ。

KVM採用 お名前.com VPS(KVM) 2G プラン 初期設定費無料 キャンペーン 実施です。


メモリ2GBプラン CPU:3core、Disk:200GB
月額:1,153円から (初期設定:1,680円0円)

さくらのVPSがリニューアルされてもなんのその。
1GBメモリ / 2Core を ¥834 – の格安価格で提供中です!
間違いなくスペックからすると割安感ありです。
年間割引時の途中解約で返金がないのは、 ちょっと残念ですが、それでもこの割安感は魅力です。

まずは、お試しですね。

お名前.com VPS(KVM)の詳細については、
http://www.onamae-server.com/vps/ へどうぞ。(お試し期間が15日あります。)



  • ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークへ追加するはてな登録数
ページトップへ
Time : 0.2423 [s]