レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント
レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント - レンタルサーバー・自宅サーバーの設定・構築情報を公開しています。

さくらのVPSではacpiを動かしておこう

2011年10月11日 2015年5月16日
sakura vps

相変わらず人気のさくらのVPSです。評判の上々です。個人的に、なかなか、良い感じです。

そのさくらインターネットから、さくらのVPSのメンテナンスの案内が来ました。 要は、メンテナンスを行う際にVPSの再起動(reboot)が発生する・・・というのが案内の趣旨のでようです。

そこの補足事項

ACPIを動作させていないサーバーは、メンテナンス時に、自動的にシャットダウンは行わないので、自前でデータの保護を行ってください・・・

ということなので、今回は、ACPIを動かすことにしました。

さくらインターネットのVPS ( さくらのVPS )を試してみたい方は、さくらのVPS ページさくらのVPS ページからどうぞ。無料お試し期間は14日です。
※お試し期間中は、OP25B設定、データ転送帯域に制約がありますから注意してください。

メンテナンスでVPSの再起動を行うそうです。

さくらインターネットから、以下のようなメールで告知がありました。

【ご連絡】さくらのVPS サービスメンテナンスに関するご案内

  [メンテナンス]

   作業日程 : 2011年xx月xx日(xx) xx:00~xx:00
              ※上記時間に15~20分程度の通信断が発生いたします。

   作業内容 : 物理サーバのシステム更新メンテナンスを行います。

   影響範囲 : さくらのVPS 512プランの一部
              IPアドレスが下記の範囲のお客様

              xxx.xxx.xxx.xxx~xxx.xxx.xxx.xxx
              xxx.xxx.xxx.xxx~xxx.xxx.xxx.xxx
              xxx.xxx.xxx.xxx~xxx.xxx.xxx.xxx


   補足事項 : 作業時間中VPSの再起動が発生します。

            ※お客様の仮想サーバにてACPIが動作していない場合
              弊社にて管理ツールから仮想サーバを安全にシャット
              ダウンできない場合があります。
              ACPIが無効の仮想サーバでは、データの消失を防ぐた
              め、お客様にてメンテナンスの実施前後に、仮想
              サーバの停止および起動を実施いただくようお願いい
              たします。


ご不明な点やご質問等ございましたら、本メール返信にてお問い合わせ
ください。

今後ともさくらインターネットをよろしくお願いいたします。
ACPI(Advanced Configuration and Power Interface) とは、
パソコンの電力制御に関する規格の一つ。OSがBIOSと連携してコンピュータ内部の各パーツの電力を管理するための統一された方式を定めている。1996年12月にIntel社、Microsoft社、東芝が共同で最初の規格を策定した。

従来、電力管理にはAPMという方式が用いられていたが、これはOSとBIOSの間のやり取りを定めたもので、OS側からは大雑把な管理しかできなかった。ACPIを用いることで、OSが中心となって各機器の電力制御機能を細かく設定・管理できるようになった。

ACPIを利用するにはOS、BIOS、管理したい機器のすべてが対応している必要がある。Microsoft社では、Windows 98以降の同社のOSをすべて標準でACPI対応にしている。
(IT用語辞典出典)

CentOSでは、これを制御するためのサービスが提供されています。それが、acpid (ACPI機能による電力管理サービス) です。

・・・ということなので、acpidを有効にしておけば、さくらインターネット側で緊急時を含めて強制的なVPSの再起動が発生した場合、より安全にシャットダウンしてくれることになります。

acpidを動かす

acpidのパッケージは、特別にyumなどで削除していない限りは、デフォルトでインストールされています。
更に、デフォルトの状態では、動作しているはずなので、一応、現在の状態を確認しておきます。
(このサイトの評判のさくらのVPSを使うときに最初にやっておきたいこと(CentOS編)を参考にされている場合は、停止していると思います。)

$ chkconfig --list acpid
acpid           0:off   1:off   2:off   3:off   4:off   5:off   6:off

$ ps aux|grep acpi
root        22  0.0  0.0      0     0 ?        S<   Jul06   0:00 [kacpid]
hoge     14070  0.0  0.1  61196   704 pts/0    D+   08:59   0:00 grep acpi

$

上記では、全く動作していない状態でした。(個人的には、評判のさくらのVPSを使うときに最初にやっておきたいこと(CentOS編)で無効にするようにしていたので、何も動作していない状態でした。

この状態の場合、acpidを起動する前に、
acpidの設定が、電源断発生時にshutdownが動作するように設定されているか確認しておきましょう。(デフォルトでは、shutdownが動くように設定されています。)

/etc/acpi/events/power.conf

# ACPID config to power down machine if powerbutton is pressed, but only if
# no gnome-power-manager is running

event=button/power.*
action=/bin/ps awwux | /bin/grep gnome-power-manager | /bin/grep -qv grep || /sbin/shutdown -h now

最後にshutdownが入っていますね。

次に、acpidを手動で起動し、再起動でも自動で起動するように設定しておきましょう。

$ /etc/init.d/acpid start
acpi デーモンを起動中:                                     [  OK  ]

$ chkconfig acpid on

$ chkconfig --list acpid
acpid           0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off

$ ps aux|grep acpi
root        22  0.0  0.0      0     0 ?        S<   Jul06   0:00 [kacpid]
root     13120  0.0  0.1   3800   568 ?        Ss   Oct10   0:00 /usr/sbin/acpid
hoge     14070  0.0  0.1  61196   704 pts/0    D+   08:59   0:00 grep acpi

$

これで、OKですね。

さくらのVPSの512MBプランでは、どうしてもメモリが不足しがちなので、無用なサービスを全て停止しています。(評判のさくらのVPSを使うときに最初にやっておきたいこと(CentOS編)で示しているように不要と思われるサービスを全て停止しています)

今回の件で、acpidは、動かしておいた方が良いんですね。
管理側からのメンテナンスを考えれば、確かにacpidを動作させておけば、電源断の検知で、shutdownが動くので安全です。

多少メモリを必要とする?かもしれませんが、acpidだけで大幅にメモリを必要とすることはないので、立ち上げておくようにしておきましょう。
評判のさくらのVPSを使うときに最初にやっておきたいこと(CentOS編)の記事もacpidの部分は削除、改版しました。


さくらインターネットのVPS ( さくらのVPS )を試してみたい方は、http://vps.sakura.ad.jp/からどうぞ。無料お試し期間は14日です。
※お試し期間中は、OP25B設定、データ転送帯域に制約がありますから注意してください。

ご利用のブラウザは、広告ブロック(AdBlockなど) が適用となっていませんか?
このサイトでは、コンテンツの一部が非表示、あるいは、コメント、お問い合わせの投稿ができない検索ができないことがあります。


関連記事 :

Ubuntu Server でsshd をシステム起動時に起動しないようにするには?

RedHat系では、chkconfig で runlevel を設定することで再起動したときの動作を設定することができます。 Ubuntuでは ...

CentOS 7 での変更点(まとめ)

CentOS 7 (RHEL 7) が、2014.7にリリースされました。 CentOS 6 からの変更が、案外、多いので、ちょっとまとめてみ ...

評判のお名前.com VPS(KVM)を使うときに最初にやっておきたいこと(CentOS編)

お名前.com VPS (KVM)の具体的な評価(世間の評判も含めて)や感想は、 → お名前.com VPS (KVM) ...

評判のさくらのVPSを使うときに最初にやっておきたいこと(Scientific Linux編)

先のScientific Linux 6.x をインストールするからの続きです。 CentOS版の ・yum を使って ...

評判のさくらのVPSを使うときに最初にやっておきたいこと(CentOS編)

CentOS 7 編は、こちらへ 以前の記事「評判のさくらインターネットのVPS ( さくらのVPS ) を使ってみた」の中で ...



コメントを投稿 :

お名前 *

メールアドレス *
( メールアドレスが公開されることはありません。)

サイトアドレス

コメント *

* 印の項目は、入力が必要な項目です。




最近投稿の記事

[ 画像提供元 : Amazon ] 先日、1TBのディスクの入れ替え時にバックアップをとろうとディスクコピーを行いました。 その際 ...

Windows で Linux ファイルシステム Ext4 のディスクをマウントするには? Ext3Fsd が、おそらく、最も簡単なツール ...

今回は、Windows で Compass を使ってみました。 Compass とは、 Sass(サス、Syntactica ...

今回は、Anti Adblock を使ってみました。 Anti Adblock とは、 そもそも Adblock という ウェブ ...

デスクトップ環境でない サーバーで、Webページのキャプチャー画像をコマンドで撮る には、wkhtmltoimage, CutyCapt ...


さくらのVPS 全プラン リニューアルです。(石狩(北海道)も選択可)


root権限ありで ¥685 / 月 ~ と非常にリーズナブルな CPU 1(core)の 512 プランから、 最高 CPU 10(core), メモリ 32(GB), SSD容量 800(GB) までとプランが充実。
ディスクは、SSDとHDDの選択が可能になった他、データセンターは人気の東京、石狩(北海道)となりました。

また、どのプランでも好きなOSが選べます
( CentOS, Fedora, Scientific Linux, FreeBSD, Ubutu, Debian )

管理人もおすすめのVPSです。
試用期間がありますから、一度、お試しを!!

詳しくは、http://vps.sakura.ad.jp/さくらのVPSのサイトへ へどうぞ!!

カテゴリ


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。
最近、スワップにも対応した Serverman@VPS は、かなりリーズナブルかもです。

  • メモリ1GB~2GBのEntryプラン :月額:490円
  • メモリ2MB~4GBのStandardプラン :月額:980円
  • メモリ4GB~8GBのProプラン :月額:1,980円

新規申し込みで1ヶ月間完全無料となるキャンペーンを実施中です。
Serverman@VPSの特徴は、安さとIPv6対応です。また、初期設定費0円もポイントです。

IPv6でちょっと遊んでみたい方には、おすすめかもしれませんね。最低利用期間もありませんから、気に入らないときは即解約もできます。

Serverman@VPSの詳細については、 http://dream.jp/vps/ Serverman@VPSのサイトへへどうぞ。



KVM採用 ConoHa VPSは、時間単位で借りれる便利なVPSです。


ConoHa VPS は、初期設定費0円最低利用期間無し時間単位で清算可能、 さらに、Web APIを使って自動化を図ることもできる便利なVPSです。

海外サーバー設置も可能で、ローカル接続にも対応と、かなり、機能豊富なサーバーです。

新規ユーザ登録で、クーポンもらえますから、まずは、お試しですね。

ConoHa VPSの詳細については、
http://www.conoha.jp/ へどうぞ。

KVM採用 お名前.com VPS(KVM) 2G プラン 初期設定費無料 キャンペーン 実施です。


メモリ2GBプラン CPU:3core、Disk:200GB
月額:1,153円から (初期設定:1,680円0円)

さくらのVPSがリニューアルされてもなんのその。
1GBメモリ / 2Core を ¥834 – の格安価格で提供中です!
間違いなくスペックからすると割安感ありです。
年間割引時の途中解約で返金がないのは、 ちょっと残念ですが、それでもこの割安感は魅力です。

まずは、お試しですね。

お名前.com VPS(KVM)の詳細については、
http://www.onamae-server.com/vps/ へどうぞ。(お試し期間が15日あります。)



  • ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークへ追加するはてな登録数
ページトップへ
Time : 0.2864 [s]