レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント
レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント - レンタルサーバー・自宅サーバーの設定・構築情報を公開しています。

さくらのVPS と CloudCore VPS の 伝送速度をnuttcpを使って計測してみた

2012年3月3日 2015年5月15日
伝送速度

遅ればせながら、さくらのVPS (旧プラン512) のUnixBench を実施して計測してみました では、さくらのVPSのCPUの速度、ディスクの速度などをUnixBench を使って計測してみました。

今回は、通信速度の計測です。

ここでは、nuttcp を使って、通信速度がどれくらいなのか簡単に計測してみます。

nuttcpとは、
サーバー、クライアント型の通信速度を計測するためのソフトウェアです。
いろんなオプションを指定することで、いろんなパターンの通信速度を計測することができます。

nuttcpで実測するまで

さくらのVPSをnuttcpで実測するまでの簡単な過程を解説しておきます。
ここでは、

  • サーバー側 : さくらのVPS
  • クライアント側 : CloudCore VPS

として、nuttcpを実行するまでを簡単に解説してみます。

nuttcpの環境を整える

以下の作業をサーバー側(さくらのVPS)、クライアント側(CloudCore VPS)で実施します。

  1. nuttcpの最新ファイルをダウンロードする。
    $ wget http://www.lcp.nrl.navy.mil/nuttcp/nuttcp-6.1.2.tar.bz2
    ...
    現在の最新バージョンが、6.1.2だったので、そのバージョンをダウンロードしてみました。
    最新バージョンは、 http://www.lcp.nrl.navy.mil/nuttcp/で確認しましょう。

    適当なディレクトリで解凍しておきます。

    $ tar xvfj nuttcp-6.1.2.tar.bz2
    ...
  2. nuttcpをコンパイルする。
    $ cd nuttcp-6.1.2
    [nuttcp-6.1.2]$ make
    ...

    ここでエラーがでない場合は、 実行ファイルの無駄な情報を削除し、 実行ファイル名がバージョン情報まで含めているので、計測するときに楽なように名前を変更しておきます。

    [nuttcp-6.1.2]$ strip nuttcp-6.1.2
    [nuttcp-6.1.2]$ mv nuttcp-6.1.2 nuttcp

    これで、いつでも実行できるような状態です。 以下のようにnuttcp -Vでバージョン情報を出力してみてください。

    [nuttcp-6.1.2]$ ./nuttcp -V
    nuttcp-6.1.2

nuttcpで実測する

  1. サーバー側でnuttcp のサーバーを起動する。

    [ サーバー側(さくらのVPS) ]

    [nuttcp-6.1.2]$ ./nuttcp -S

    さくらのVPS側 では、サーバーとして起動しておきます。

  2. クライアント側でnuttcp のクライアントを起動し、サーバー側へアクセスする。

    [ クライアント側(CloudCore VPS) : 下り計測 ]

    [nuttcp-6.1.2]$ ./nuttcp -B -i1 xxx.xxx.xxx.xxx
    ...
    [ 各パラメータの意味 ]
    -B : トラフィックの受信のみ計測を行う。
    -i1 : テストの実行中に1秒ごとの伝送速度を表示する。
    xxx.xxx.xxx.xxx : さくらのVPSのIPアドレス

    [ クライアント側(CloudCore VPS) : 上り計測 ]

    [nuttcp-6.1.2]$ ./nuttcp -D -i1 xxx.xxx.xxx.xxx
    ...
    [ 各パラメータの意味 ]
    -D : トラフィックの送信のみ計測を行う。
    -i1 : テストの実行中に1秒ごとの伝送速度を表示する。
    xxx.xxx.xxx.xxx : さくらのVPSのIPアドレス

    以下は、nuttcpのヘルプ画面です。各オプションについて解説があります。
    $ ./nuttcp -h
    Usage: nuttcp or nuttcp -h      prints this usage info
    Usage: nuttcp -V                prints version info
    Usage: nuttcp -xt [-m] host     forward and reverse traceroute to/from server
    Usage (transmitter): nuttcp [-t] [-options] [ctl_addr/]host [3rd-party] [<in]
          |(receiver):   nuttcp -r [-options] [host] [3rd-party] [>out]
            -4      Use IPv4
            -6      Use IPv6
            -c##    cos dscp value on data streams (t|T suffix for full TOS field)
            -l##    length of network write|read buf (default 1K|8K/udp, 64K/tcp)
            -s      use stdin|stdout for data input|output instead of pattern data
            -n##    number of source bufs written to network (default unlimited)
            -w##    transmitter|receiver window size in KB (or (m|M)B or (g|G)B)
            -ws##   server receive|transmit window size in KB (or (m|M)B or (g|G)B)
            -wb     braindead Solaris 2.8 (sets both xmit and rcv windows)
            -p##    port number to send to|listen at (default 5001)
            -P##    port number for control connection (default 5000)
            -u      use UDP instead of TCP
            -m##    use multicast with specified TTL instead of unicast (UDP)
            -M##    MSS for data connection (TCP)
            -N##    number of streams (starting at port number), implies -B
            -R##    transmit rate limit in Kbps (or (m|M)bps or (g|G)bps or (p)ps)
            -T##    transmit timeout in seconds (or (m|M)inutes or (h|H)ours)
            -i##    receiver interval reporting in seconds (or (m|M)inutes)
            -Ixxx   identifier for nuttcp output (max of 40 characters)
            -F      flip option to reverse direction of data connection open
            -a      retry failed server connection "again" for transient errors
            -xP##   set nuttcp process priority (must be root)
            -d      set TCP SO_DEBUG option on data socket
            -v[v]   verbose [or very verbose] output
            -b      brief output (default)
            -D      xmit only: don't buffer TCP writes (sets TCP_NODELAY sockopt)
            -B      recv only: only output full blocks of size from -l## (for TAR)
            --disable-v4-mapped disable v4 mapping in v6 server (default)
            --enable-v4-mapped enable v4 mapping in v6 server
    Usage (server): nuttcp -S[f][P] [-options]
                    note server mode excludes use of -s
                    'P' suboption makes 3rd party {in,out}bound control ports same
            -4      Use IPv4 (default)
            -6      Use IPv6
            -1      oneshot server mode (implied with inetd/xinetd), implies -S
            -P##    port number for server connection (default 5000)
                    note don't use with inetd/xinetd (use services file instead)
            -xP##   set nuttcp process priority (must be root)
            --idle-data-timeout <value|minimum/default/maximum>  (default: 5/30/60)
                         server timeout in seconds for idle data connection
            --no3rdparty don't allow 3rd party capability
            --nofork     don't fork server
            --single-threaded  make manually started server be single threaded
            --disable-v4-mapped disable v4 mapping in v6 server (default)
            --enable-v4-mapped enable v4 mapping in v6 server
    Format options:
            -fxmitstats     also give transmitter stats (MB) with -i (UDP only)
            -frunningtotal  also give cumulative stats on interval reports
            -f-drops        don't give packet drop info on brief output (UDP)
            -f-retrans      don't give retrans info on brief output (TCP)
            -f-percentloss  don't give %loss info on brief output (UDP)
            -fparse         generate key=value parsable output
            -f-beta         suppress beta version message
            -f-rtt          suppress RTT info
    デフォルトのTCPポート番号は、5001(サーバー側) , 5000(クライアント側) が使用される点に注意しましょう。
    テストをやるときに、先のTCPポート番号が開放されていないと計測できません。

nuttcpの実施結果

今回は、CentOS 5.7 でさくらのVPS 512プラン および CloudCore VPS で nuttcp 6.1.2 を実施した結果を載せておきます。



[ サーバー : さくらのVPS ] ←→ [ クライアント : CloudCore VPS ] の nuttcp実施結果

[ サーバー : さくらのVPS ] → [ クライアント : CloudCore VPS ] (下り)

[nuttcp-6.1.2]$ ./nuttcp  -B -i1 xxx.xxx.xxx.xxx
    8.1250 MB /   1.00 sec =   68.1045 Mbps   190 retrans
   11.3750 MB /   1.00 sec =   95.4201 Mbps   123 retrans
   10.3750 MB /   1.00 sec =   87.0184 Mbps     0 retrans
   11.5625 MB /   1.00 sec =   97.0160 Mbps    89 retrans
   10.5625 MB /   1.03 sec =   86.1537 Mbps     0 retrans
   10.6250 MB /   0.97 sec =   91.6405 Mbps    76 retrans
   12.8750 MB /   1.00 sec =  108.1170 Mbps   194 retrans
   12.8750 MB /   1.00 sec =  107.8465 Mbps    95 retrans
   14.0000 MB /   1.00 sec =  117.6162 Mbps    51 retrans
   12.9375 MB /   1.00 sec =  108.5278 Mbps     0 retrans

  115.8750 MB /  10.05 sec =   96.7123 Mbps 0 %TX 33 %RX 818 retrans 8.47 msRTT

[ サーバー : さくらのVPS ] ← [ クライアント : CloudCore VPS ] (上り)

[nuttcp-6.1.2]$ ./nuttcp  -D -i1 xxx.xxx.xxx.xxx
    8.8125 MB /   1.00 sec =   73.8925 Mbps   130 retrans
   11.8125 MB /   1.00 sec =   99.0904 Mbps    49 retrans
    9.9375 MB /   1.00 sec =   83.2850 Mbps    89 retrans
    9.7500 MB /   1.00 sec =   81.5070 Mbps     0 retrans
   15.1875 MB /   1.00 sec =  127.8497 Mbps   187 retrans
   12.5625 MB /   1.00 sec =  105.1433 Mbps     0 retrans
   15.3125 MB /   1.00 sec =  128.5220 Mbps     0 retrans
    6.4375 MB /   1.00 sec =   54.0891 Mbps   177 retrans
   10.5000 MB /   1.00 sec =   88.0946 Mbps   127 retrans
    9.9375 MB /   1.00 sec =   83.2808 Mbps     0 retrans

  110.8750 MB /  10.03 sec =   92.7585 Mbps 0 %TX 29 %RX 759 retrans 8.80 msRTT


[ サーバー : CloudCore VPS ] ←→ [ クライアント : さくらのVPS ] の nuttcp実施結果

[ サーバー : CloudCore VPS ] → [ クライアント : さくらのVPS ] (下り)

[nuttcp-6.1.2]$ ./nuttcp  -B -i1 yyy.yyy.yyy.yyy
    8.1250 MB /   1.00 sec =   68.0592 Mbps     0 retrans
   10.0625 MB /   1.00 sec =   84.3970 Mbps     1 retrans
    8.8750 MB /   1.00 sec =   74.4542 Mbps     0 retrans
    9.5000 MB /   1.00 sec =   79.6965 Mbps     0 retrans
    9.5000 MB /   1.00 sec =   79.6940 Mbps     0 retrans
    8.4375 MB /   1.00 sec =   70.7831 Mbps     0 retrans
    9.0000 MB /   1.00 sec =   75.4675 Mbps     0 retrans
    9.3750 MB /   1.00 sec =   78.6686 Mbps     0 retrans
    8.6250 MB /   1.00 sec =   72.3513 Mbps     0 retrans
    8.8750 MB /   1.00 sec =   74.4514 Mbps     0 retrans

   90.4375 MB /  10.02 sec =   75.7300 Mbps 93 %TX 44 %RX 1 retrans 9.57 msRTT

[ サーバー : CloudCore VPS ] ← [ クライアント : さくらのVPS ] (上り)

[nuttcp-6.1.2]$ ./nuttcp  -D -i1 yyy.yyy.yyy.yyy
    8.4375 MB /   1.00 sec =   70.6617 Mbps     0 retrans
    9.1250 MB /   1.00 sec =   76.5575 Mbps     1 retrans
    9.5625 MB /   1.00 sec =   80.2007 Mbps     0 retrans
    9.8125 MB /   1.00 sec =   82.2382 Mbps     0 retrans
    8.9375 MB /   1.00 sec =   74.9771 Mbps     0 retrans
    9.0625 MB /   1.00 sec =   76.0956 Mbps     0 retrans
    8.8125 MB /   1.00 sec =   73.8553 Mbps     0 retrans
    8.6875 MB /   1.00 sec =   72.8787 Mbps     0 retrans
   10.0625 MB /   1.00 sec =   84.4044 Mbps     0 retrans
   10.2500 MB /   1.00 sec =   85.9706 Mbps     0 retrans

   92.8125 MB /  10.01 sec =   77.7569 Mbps 92 %TX 37 %RX 1 retrans 9.63 msRTT

nuttcpは、実測値で、本当の値であることは間違いありませんが、ここで調べた値で、
例えば、
「さくらのVPSに比べてCloudCore VPS は、伝送速度が劣る」とは言い切れないことに注意しましょう。

あくまで、ここで調べた限りでは、
さくらのVPS – CloudCore VPS 間の伝送速度でしかありません。

つまり、
KDDI網からさくらのVPSのサーバーをアクセスする場合は、
さくらインターネット網からCloudCore VPSのサーバーをアクセスするより速いだろうことは想像できます。

要は、ここで調べた結果は、あくまで各社のバックボーンの太さと設定が見え隠れする・・・というところです。
少なくとも別の網、例えばNTT網からすると、KDDIへは高速ですし、さくらのVPSは、KDDI,NTTにそれほどの違いはありません。

色々と調べてみるとわかりますが、70から100 Mbps くらいの伝送速度が出ているネットワークでは、それほど問題になるとは思えません。

このnuttcpだけで比較するのは良いことだとは思いませんが、上記の両者は、いずれも良い方なのは間違いなさそうです。

興味のある方は、以下からのどうぞ。いずれもお試し期間があります。

KDDI クラウドコア(CloudCore)は、こちらのKDDI クラウドコア(CloudCore) サイトこちらのKDDI クラウドコア(CloudCore) サイト からどうぞ。

さくらのVPSは、こちらのさくらのVPSサイトこちらのさくらのVPSサイト からどうぞ。


ご利用のブラウザは、広告ブロック(AdBlockなど) が適用となっていませんか?
このサイトでは、コンテンツの一部が非表示、あるいは、コメント、お問い合わせの投稿ができない検索ができないことがあります。


関連記事 :

さくらのVPSの新プランとお名前.com VPS(KVM) でnuttcpを使って伝送速度を計測してみた

さくらのVPS 新プラン と お名前.com レンタルサーバー VPS 新KVM プラン の違いは、 さくらのVPS 新プラン ...

SPPD VPS,ABLENET VPS,CloudCore VPS,さくらのVPS (KVM格安VPS) の nuttcp による伝送速度を比較してみた

さくらのVPS と CloudCore VPS の 伝送速度をnuttcpを使って計測してみた でさくらのVPS、CloudCore ...

さくらのVPSの新プランのUnixBench を実施して計測してみました。ついでに、旧プランとお名前.com VPS(KVM)の値も比較してみました。

さくらのVPS 新プラン と お名前.com レンタルサーバー VPS 新KVM プラン の違いは、 さくらのVPS 新プラン ...

話題のお名前.com レンタルサーバー VPS KVM プランを使ってみた

お名前.comレンタルサーバー VPS から KVMプランがリリースされましたが、いきなり機能アップ、価格改定です。 で 紹介され ...

評判のKDDI CPIのVPS ( CloudCore ( クラウドコア ) VPS ) を使ってみた

KDDI CPIのVPSがCloudCore VPSとして一新しました で 紹介されているようにKDDI のCPIブランドで提供さ ...



コメントを投稿 :

お名前 *

メールアドレス *
( メールアドレスが公開されることはありません。)

サイトアドレス

コメント *

* 印の項目は、入力が必要な項目です。




最近投稿の記事

[ 画像提供元 : Amazon ] 先日、1TBのディスクの入れ替え時にバックアップをとろうとディスクコピーを行いました。 その際 ...

Windows で Linux ファイルシステム Ext4 のディスクをマウントするには? Ext3Fsd が、おそらく、最も簡単なツール ...

今回は、Windows で Compass を使ってみました。 Compass とは、 Sass(サス、Syntactica ...

今回は、Anti Adblock を使ってみました。 Anti Adblock とは、 そもそも Adblock という ウェブ ...

デスクトップ環境でない サーバーで、Webページのキャプチャー画像をコマンドで撮る には、wkhtmltoimage, CutyCapt ...


さくらのVPS 全プラン リニューアルです。(石狩(北海道)も選択可)


root権限ありで ¥685 / 月 ~ と非常にリーズナブルな CPU 1(core)の 512 プランから、 最高 CPU 10(core), メモリ 32(GB), SSD容量 800(GB) までとプランが充実。
ディスクは、SSDとHDDの選択が可能になった他、データセンターは人気の東京、石狩(北海道)となりました。

また、どのプランでも好きなOSが選べます
( CentOS, Fedora, Scientific Linux, FreeBSD, Ubutu, Debian )

管理人もおすすめのVPSです。
試用期間がありますから、一度、お試しを!!

詳しくは、http://vps.sakura.ad.jp/さくらのVPSのサイトへ へどうぞ!!

カテゴリ


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。
最近、スワップにも対応した Serverman@VPS は、かなりリーズナブルかもです。

  • メモリ1GB~2GBのEntryプラン :月額:490円
  • メモリ2MB~4GBのStandardプラン :月額:980円
  • メモリ4GB~8GBのProプラン :月額:1,980円

新規申し込みで1ヶ月間完全無料となるキャンペーンを実施中です。
Serverman@VPSの特徴は、安さとIPv6対応です。また、初期設定費0円もポイントです。

IPv6でちょっと遊んでみたい方には、おすすめかもしれませんね。最低利用期間もありませんから、気に入らないときは即解約もできます。

Serverman@VPSの詳細については、 http://dream.jp/vps/ Serverman@VPSのサイトへへどうぞ。



KVM採用 ConoHa VPSは、時間単位で借りれる便利なVPSです。


ConoHa VPS は、初期設定費0円最低利用期間無し時間単位で清算可能、 さらに、Web APIを使って自動化を図ることもできる便利なVPSです。

海外サーバー設置も可能で、ローカル接続にも対応と、かなり、機能豊富なサーバーです。

新規ユーザ登録で、クーポンもらえますから、まずは、お試しですね。

ConoHa VPSの詳細については、
http://www.conoha.jp/ へどうぞ。

KVM採用 お名前.com VPS(KVM) 2G プラン 初期設定費無料 キャンペーン 実施です。


メモリ2GBプラン CPU:3core、Disk:200GB
月額:1,153円から (初期設定:1,680円0円)

さくらのVPSがリニューアルされてもなんのその。
1GBメモリ / 2Core を ¥834 – の格安価格で提供中です!
間違いなくスペックからすると割安感ありです。
年間割引時の途中解約で返金がないのは、 ちょっと残念ですが、それでもこの割安感は魅力です。

まずは、お試しですね。

お名前.com VPS(KVM)の詳細については、
http://www.onamae-server.com/vps/ へどうぞ。(お試し期間が15日あります。)



  • ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークへ追加するはてな登録数
ページトップへ
Time : 0.2551 [s]