レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント
レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント - レンタルサーバー・自宅サーバーの設定・構築情報を公開しています。

mysqlでマルチマスター レプリケーションを設定してみる

2012年11月22日 2015年5月14日
mysql replication icon

以前の記事 mysqlのレプリケーションを使う で mysqlを使ったレプリケーションの設定を行ってみました。
今回は、そのmysqlのレプリケーションでも、マルチマスター型レプリケーションの設定を行ってみます。
( 以前の記事 mysqlのレプリケーションを使う で 設定したのは、マスタースレーブ型レプリケーションなどと言われています。 )

レプリケーション(replication)とは、
直訳のとおり複製を意味します。(レプリカ(replica)と語源は一緒なので、こちらがピンとくるかもしれません)

一般的に、mysqlでレプリケーションと言うと、マスタースレーブ型のレプリケーションをさすことが多いです。
その場合、マスター1台に対して、スレーブ複数台というのが一般的な mysqlサーバーの構成になります。
以下の図のように ユーザは、1台のサーバーにアクセスしているつもりですが、実際のデータベースへの書き込み処理は、バックにあるマスターサーバー側で処理され、データベースの読み込み処理は、フロントのスレーブサーバーで処理されます。
マスタースレーブ型レプリケーション

これに対してマルチマスター型のレプリケーションというのがあります。
これは、先のマスタースレーブ型のように1台の書き込み用マスターサーバーがあるのではなく、すべてのサーバーがマスターでありスレーブである構成を言います。
マルチマスター型レプリケーション
上の図は、その典型的なレプリケーションの例を示したものです。
通常、2台で説明することが多いですが、ここでは先にマスタースレーブ型と比較しやすいように複数台にしています。 マスタースレーブ型でスレーブサーバーとしてフロントで読み込み処理を担当していたサーバーが、全てマスター兼スレーブサーバーとしてフロントで処理されます。 そのため、書き込みも読み込みをすべてのサーバーで行います。ただ、レプリケーションなので、コピー作業が、バックグランドで実行されます。 ここでは、複数台あるのでサークル上にリレー的な動作でコピー処理が実行されています。

マスタースレーブ型では、 台数が増えていくとマスターサーバーの負荷がかなり高くなることが予想されますが、マルチマスター型では、その負荷が軽減されることは想像できるでしょう。
ただ、マルチマスター型は、mysqlでは、台数が増えていくとかなりメンテナンスが複雑となり、障害が発生した時のリカバリも難しくなるので推奨されていません。

今回は、マルチマスター型のレプリケーション設定について、簡単に解説してみたいと思います。



関連記事 :


コメントを投稿 :

お名前 *

メールアドレス *
( メールアドレスが公開されることはありません。)

サイトアドレス

コメント *

* 印の項目は、入力が必要な項目です。




最近投稿の記事

ウェブサーバ(Debian/Ubuntu)の管理をしていて 恥ずかしながら nginx を最新へ自動アップグレードできていなかったので、 その ...

今回は、Deabin 8 から Deabin 9 へアップグレードしてみたいと思います。 Deabin 8 と Deabin 9 のウ ...

SSL/TLS(https://)に対応してみてわかったこと、事前に考えておくべき事のまとめ でも一部記載したように、 Let’ ...

今回は、Debian で nginx とともに HTTP/2 を使ってみたいと思います。 まず、HTTP/2 は、TLS接続を前提にしてお ...

ようやく、このサイトも SSL/TLS への対応がほぼできました。 Let’s Encrypt による いわゆる無料 SSL( ...


さくらのVPS 全プラン リニューアルです。(石狩(北海道)も選択可)


root権限ありで ¥685 / 月 ~ と非常にリーズナブルな CPU 1(core)の 512 プランから、 最高 CPU 10(core), メモリ 32(GB), SSD容量 800(GB) までとプランが充実。
ディスクは、SSDとHDDの選択が可能になった他、データセンターは人気の東京、石狩(北海道)となりました。

また、どのプランでも好きなOSが選べます
( CentOS, Fedora, Scientific Linux, FreeBSD, Ubutu, Debian )

管理人もおすすめのVPSです。
試用期間がありますから、一度、お試しを!!

詳しくは、http://vps.sakura.ad.jp/さくらのVPSのサイトへ へどうぞ!!

カテゴリ


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。
最近、スワップにも対応した Serverman@VPS は、かなりリーズナブルかもです。

  • メモリ1GB~2GBのEntryプラン :月額:490円
  • メモリ2MB~4GBのStandardプラン :月額:980円
  • メモリ4GB~8GBのProプラン :月額:1,980円

新規申し込みで1ヶ月間完全無料となるキャンペーンを実施中です。
Serverman@VPSの特徴は、安さとIPv6対応です。また、初期設定費0円もポイントです。

IPv6でちょっと遊んでみたい方には、おすすめかもしれませんね。最低利用期間もありませんから、気に入らないときは即解約もできます。

Serverman@VPSの詳細については、 http://dream.jp/vps/ Serverman@VPSのサイトへへどうぞ。



KVM採用 ConoHa VPSは、時間単位で借りれる便利なVPSです。


ConoHa VPS は、初期設定費0円最低利用期間無し時間単位で清算可能、 さらに、Web APIを使って自動化を図ることもできる便利なVPSです。

海外サーバー設置も可能で、ローカル接続にも対応と、かなり、機能豊富なサーバーです。

新規ユーザ登録で、クーポンもらえますから、まずは、お試しですね。

ConoHa VPSの詳細については、
http://www.conoha.jp/ へどうぞ。

KVM採用 お名前.com VPS(KVM) 2G プラン 初期設定費無料 キャンペーン 実施です。


メモリ2GBプラン CPU:3core、Disk:200GB
月額:1,153円から (初期設定:1,680円0円)

さくらのVPSがリニューアルされてもなんのその。
1GBメモリ / 2Core を ¥834 – の格安価格で提供中です!
間違いなくスペックからすると割安感ありです。
年間割引時の途中解約で返金がないのは、 ちょっと残念ですが、それでもこの割安感は魅力です。

まずは、お試しですね。

お名前.com VPS(KVM)の詳細については、
http://www.onamae-server.com/vps/ へどうぞ。(お試し期間が15日あります。)



  • はてなブックマークへ追加する
  • Facebookでシェアする
  • twitter でつぶやく
  • Google Plusでシェアする
  • Pocketでシェアする
ページトップへ
Time : 0.2256 [s]