レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント
レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント - レンタルサーバー・自宅サーバーの設定・構築情報を公開しています。

U14

Linux Mint 17 を Windows 8 に近づけてみる

2014年8月14日 2014年8月14日
Lubuntu Desktop

Linux Mint 17 を Windows の代わりに インストールしてみた の続きになります。
前回は、Linux Mint でデフォルトで提供される環境で、できるだけWindowsのデスクトップに似せてみました。
今回は、GNOMEのテーマを使って、デスクトップを Windows 8 のイメージに近づけてみたいと思います。
ここでの手法は、GNOMEのテーマを使っていますので、UbuntuでもGNOME環境を使っていれば同じようにカスタマイズできると思います。

テーマ をインストールする

UbuntuのPPA(パーソナル・パッケージ・アーカイブ)リポジトリに Windows っぽいテーマ、アイコンがありますので、 それらをインストールします。 また、GNOMEのテーマサイトには、カーソルがありますので、そちらもダウンロードします。

テーマ、アイコン をインストールする

先に説明したとおりUbuntuのppaに Windowsデスクトップに非常によく似せたテーマ、アイコンがありますので、そちらをインストールします。

# テーマのリポジトリを追加します。
$ sudo add-apt-repository ppa:noobslab/themes
...
Press [ENTER] to continue or ctrl-c to cancel adding itreturn  # ここは、リポジトリを追加しても良いか?確認なので、そのまま Enter 押下します。
...

# アイコンのリポジトリを追加します。
$ sudo add-apt-repository ppa:noobslab/icons
...
Press [ENTER] to continue or ctrl-c to cancel adding itreturn  # ここは、リポジトリを追加しても良いか?確認なので、そのまま Enter 押下します。
...

# リポジトリを追加したので、アップデートします。
$ sudo apt-get update
...

# Windowsテーマ、アイコンをインストールします。
$ sudo apt-get install win-themes win-icons
...

Creator URL- http://gnome-look.org/usermanager/search.php?username=bluedxca93&action=profile


 +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
 |N o o b s L a B . c o m|
 +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+


keep visit on www.NoobsLab.com

win-themes (8.0~trusty~NoobsLab.com) を設定しています ...

Creator URL- http://gnome-look.org/usermanager/search.php?username=bluedxca93&action=profile


 +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
 |N o o b s L a B . c o m|
 +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+


keep visit on www.NoobsLab.com
	

カーソル をインストールする

次に Windowsに似たカーソル一式を http://gnome-look.org/content/show.php/Windows+8+cursors?content=155025 からダウンロードします。

カーソルダウンロード画面

ページ右下のDOWNLOADボタンをクリックするとダウンロードできます。
この時ダウンロードしたファイルは、155025-win8.tar.gz でした。


テーマ をカスタマイズする

先にインストールおよびダウンロードしたテーマ、アイコン、カーソルを使って、現在のデスクトップをカスタマイズします。

ウィンドウのテーマを変更、カスタマイズしてみる

デスクトップを先にインストールしたテーマ、アイコンに変更し、Windowsっぽくしてみます。

  1. テーマ設定画面を表示し、テーマを変更する

    テーマ設定画面は、
    [ スタート ] – [ 設定 ] – [ 外観の設定 ]
    をクリックすると表示されます。

    テーマ変更

    テーマタブを選択し、w8-nというテーマを選択します。 選択した時点で、ウィンドウが切り替わります。


  2. ウィンドウのコントロールを変更する

    続けて、テーマ設定画面のテーマタブの カスタマイズボタンをクリックします。
    テーマのカスタマイズ画面が表示されますので、コントロールタブを選択します。

    コントロール選択

    ここで、Win8 を選択します。
    選択した時点で、ウィンドウの各コントロールが切り替わります。
    テーマのカスタマイズ画面は、そのままで、次でも使用します。


  3. ウィンドウのフレームを変更する

    テーマのカスタマイズ画面のウィンドウの境界タブを選択します。

    ウィンドウフレーム変更

    ここで、Win8 を選択します。
    選択した時点で、ウィンドウのフレームがWindows 8 っぽく切り替わります。
    テーマのカスタマイズ画面は、そのままで、次でも使用します。


  4. アイコンを変更する

    テーマのカスタマイズ画面のアイコンタブを選択します。

    アイコン選択

    ここで、Win2-7 6.0 を選択します。
    選択した時点で、ウィンドウ、メニューのアイコンフレームがWindows 8 っぽく切り替わります。
    テーマのカスタマイズ画面を、一旦、閉じます。


カーソルを変更してみる

次に、ダウンロードしたカーソルをインストールし、テーマに反映します。


[ スタート ] – [ 設定 ] – [ 外観の設定 ]
をクリックしテーマ設定画面を表示します。

続けて、テーマ設定画面のテーマタブの インストールボタンをクリックします。

テーマインストール

テーマファイルの選択画面が表示されますので、ここで、先にダウンロードしたカーソルファイル(先の例の155025-win8.tar.gz)を選択し、開くボタンをクリックします。

テーマインストール

win8というテーマをインストールした旨のメッセージが表示されます。
さらに、このインストールしたテーマを今のデスクトップのテーマに適用するか確認していますので、 ここでは、新しいテーマの適用をクリックし、適用します。

これで、カーソルも変更されました。実行中のマウスなどがWindows 8 のそれと同じように青い円がくるくる回るようになります。
設定を終えたら、テーマのカスタマイズ画面を、一旦、閉じます。


ここまでの設定で、概ね 以下のように Windows 8っぽくなりました。

デスクトップ1

スタートメニュー をカスタマイズする

先のデスクトップのイメージでは、いくつかの不具合があります。
まず、スタートメニューがまっ黒で見えないことです。

デスクトップ1スタートメニュー

このスタートメニューを見えるように変更してみます。

まずは、スタートメニューをカスタマイズするためにスタートボタンを右クリックし、メニューを表示させます。

デスクトップ1スタートメニュー

ここでも不具合です。メニューが真っ白で見えません。
ただ、設定は、メニューの一番上なので、そこをクリックしてみます。

デスクトップ1スタートメニュー

ここで テーマタブを選択し、テーマに ClearLooks を選択します。
選択した時点で、スタートボタンは、グレーに切り替わったと思います。
以下のようにスタートメニューも全面グレーに切り替わり、正常に表示できるようになりました。

デスクトップ2

また、スタートボタンを右クリックしても以下のように正しくメニューが表示されることを確認できると思います。

デスクトップ2

タスクバー をカスタマイズする

先のスタートメニューの変更で、スタートボタンだけが、グレー色となって不自然なので、同じ色にします。

タスクバーの右側で、右クリックすると以下のようなメニューが表示されます。

デスクトップ2メニュー

ここで、設定をクリックします。
以下のように設定画面が表示されます。

デスクトップ1スタートメニュー

ここで、背景タブを選択し、単色を選択します。
この設定で、すぐにスタートボタンが、同じ色になったことが確認できると思います。


デスクトップのテキスト色をカスタマイズする

さて、ここまでで、デスクトップの文字色が黒で見づらいですね。 また、スタートボタンも文字色が黒で見づらいですね。
これをいずれも白に変更してみます。

これを変更するには、GNOME Color Chooser というツールが便利です。
それをインストールします。

$ sudo aptitude install gnome-color-chooser
...
  gnome-color-chooser libglademm-2.4-1c2a{a} 
...
先に進みますか? [Y/n/?] return  # ここは、そのまま Enter 押下します。
...

インストールできたら、[ スタート ] – [ 設定 ] – [ GNOME Color Chooser ]
をクリックしGNOME Color Chooser画面を表示します。

GNOME Color Chooser

GNOME Color Chooser画面が表示したら、Desktopタブを選択し、Icon Labelsnormal をチェックします。

GNOME Color Chooser

上記のように、この色を白色にします。(色をクリックすると色指定画面が表示されるので、簡単に色を指定することができます。)

続けて、Panelタブを選択し、Panel の Forground normal をチェックします。

GNOME Color Chooser

ここも、上記のように、この色を白色にします。(色をクリックすると色指定画面が表示されるので、簡単に色を指定することができます。)

最後に Applyボタンをクリックし、設定を反映します。
この設定で、デスクトップの文字色が白に、スタートボタンの文字色が白になったはずです。

GNOME Color Chooser

デスクトップの背景をカスタマイズする

最後にデスクトップの背景を Windows 8 のデフォルト画像に切り替えてみましょう。
Windows 8 のデフォルト画像は、適当なサイトからそれに似たものをダウンロードして使ってみました。


[ スタート ] – [ 設定 ] – [ 外観の設定 ]
をクリックし、テーマ設定画面を表示します。


外観の設定で、 背景 を選択し、右下の追加ボタンをクリックし、先にダウンロードしておいた Windows 8 のデフォルト画像に似たものを追加します。
追加した画像を選択します。スタイルは、引き伸ばすを選択します。


反映されると以下のように Windows 8 のデフォルトのデスクトップ画面に近づきました。



いかがだったでしょうか。
Windows のデスクトップに近づけることが何か意味があるのか?というと、 Windows から Linux へ移行を考える場合、案外、重要だったりします。

Windows から Linux へ移行しても、Linuxに慣れている方は、何も問題ないと思います。 そうでなく Windows しか触ったことが無い方にとって、スタートボタンの位置が変わるだけで違和感を感じる方も多いのです。
そんな時に、Windows により近づけてやることで、その違和感を少なくしてあげれば、よりスムーズな移行が可能なことがあります。

このような方法で、Macのデスクトップに近づけることもできます。

もし、興味がある方は、試されると良いと思います。
先にも書きましたが、この手順は、Ubuntuでも使えます。
ご利用のブラウザは、広告ブロック(AdBlockなど) が適用となっていませんか?
このサイトでは、コンテンツの一部が非表示、あるいは、コメント、お問い合わせの投稿ができない検索ができないことがあります。


関連記事 :

Linux Mint 17 を Windows の代わりに インストールしてみた

Linux Mintとは、 Linux Mint(リナックス・ミント)はLinuxディストリビューションの一つである。 洗練され、最新で快適 ...

SSHのX11Forwarding を使ってセキュアなリモートでGUIを操作する

SSHポートフォワード と VNC を使ってセキュアなリモートデスクトップを使ってみる では、SSHのポートフォワードとVNCを使っ ...

Lubuntu 14.04 LTS を Windows XP の代わりに インストールしてみた

Lubuntuとは、 Lubuntu(ルブントゥ)はUbuntuから派生したディストリビューションであり、 「軽量で、リソース消費量が少なく ...

評判のCloudCore VPSでVNCリモートコンソールを使ってGUIを使ってみた

何かと評判のCloudCore VPSですが、今回リモートコンソール、OS初期化機能が追加されました。 随時機能アップを図っていく ...

Debian/UbuntuでVNCを使ってリモートデスクトップの環境を設定してみる

CentOS編は、評判のさくらのVPSを使ってVNCを使ってリモートデスクトップの環境を設定してみる(CentOS編) をどうぞ。 ...



コメントを投稿 :

お名前 *

メールアドレス *
( メールアドレスが公開されることはありません。)

サイトアドレス

コメント *

* 印の項目は、入力が必要な項目です。




最近投稿の記事

[ 画像提供元 : Amazon ] 先日、1TBのディスクの入れ替え時にバックアップをとろうとディスクコピーを行いました。 その際 ...

Windows で Linux ファイルシステム Ext4 のディスクをマウントするには? Ext3Fsd が、おそらく、最も簡単なツール ...

今回は、Windows で Compass を使ってみました。 Compass とは、 Sass(サス、Syntactica ...

今回は、Anti Adblock を使ってみました。 Anti Adblock とは、 そもそも Adblock という ウェブ ...

デスクトップ環境でない サーバーで、Webページのキャプチャー画像をコマンドで撮る には、wkhtmltoimage, CutyCapt ...


さくらのVPS 全プラン リニューアルです。(石狩(北海道)も選択可)


root権限ありで ¥685 / 月 ~ と非常にリーズナブルな CPU 1(core)の 512 プランから、 最高 CPU 10(core), メモリ 32(GB), SSD容量 800(GB) までとプランが充実。
ディスクは、SSDとHDDの選択が可能になった他、データセンターは人気の東京、石狩(北海道)となりました。

また、どのプランでも好きなOSが選べます
( CentOS, Fedora, Scientific Linux, FreeBSD, Ubutu, Debian )

管理人もおすすめのVPSです。
試用期間がありますから、一度、お試しを!!

詳しくは、http://vps.sakura.ad.jp/さくらのVPSのサイトへ へどうぞ!!

カテゴリ


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。
最近、スワップにも対応した Serverman@VPS は、かなりリーズナブルかもです。

  • メモリ1GB~2GBのEntryプラン :月額:490円
  • メモリ2MB~4GBのStandardプラン :月額:980円
  • メモリ4GB~8GBのProプラン :月額:1,980円

新規申し込みで1ヶ月間完全無料となるキャンペーンを実施中です。
Serverman@VPSの特徴は、安さとIPv6対応です。また、初期設定費0円もポイントです。

IPv6でちょっと遊んでみたい方には、おすすめかもしれませんね。最低利用期間もありませんから、気に入らないときは即解約もできます。

Serverman@VPSの詳細については、 http://dream.jp/vps/ Serverman@VPSのサイトへへどうぞ。



KVM採用 ConoHa VPSは、時間単位で借りれる便利なVPSです。


ConoHa VPS は、初期設定費0円最低利用期間無し時間単位で清算可能、 さらに、Web APIを使って自動化を図ることもできる便利なVPSです。

海外サーバー設置も可能で、ローカル接続にも対応と、かなり、機能豊富なサーバーです。

新規ユーザ登録で、クーポンもらえますから、まずは、お試しですね。

ConoHa VPSの詳細については、
http://www.conoha.jp/ へどうぞ。

KVM採用 お名前.com VPS(KVM) 2G プラン 初期設定費無料 キャンペーン 実施です。


メモリ2GBプラン CPU:3core、Disk:200GB
月額:1,153円から (初期設定:1,680円0円)

さくらのVPSがリニューアルされてもなんのその。
1GBメモリ / 2Core を ¥834 – の格安価格で提供中です!
間違いなくスペックからすると割安感ありです。
年間割引時の途中解約で返金がないのは、 ちょっと残念ですが、それでもこの割安感は魅力です。

まずは、お試しですね。

お名前.com VPS(KVM)の詳細については、
http://www.onamae-server.com/vps/ へどうぞ。(お試し期間が15日あります。)



  • ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークへ追加するはてな登録数
ページトップへ
Time : 0.1892 [s]