レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント
レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント - レンタルサーバー・自宅サーバーの設定・構築情報を公開しています。

csh (Cシェル) でプロンプトを変更する

2012年2月9日 2014年1月17日
how to  shell

今回は、単純にcsh (tcsh を含めいわゆるCシェル)でプロンプトの表示を変更する方法を簡単にまとめておきます。
( bash (Bシェル) でプロンプトを変更する の Cシェル版です。)

いろんなサイトに記載があるので、これについても、ここでまとめても・・・とは思いましたが、個人的な備忘録も含めて記事にしておきます。

csh (tcsh を含めいわゆるCシェル) を使うのは、BSD系が主だったところでしょう。
あとは、ちょっと古い Mac OS X でしょうか。最近の流行は、Bシェル、Zシェルですから、Googleで検索しても古い記事が多いです。それもあって、とりあえず、まとめてみました。
また、以下のBシェルの参考記事と比較するとBシェルとCシェルの違いなどもわかるかと思います。
( 参考記事 : bash (Bシェル) でプロンプトを変更する )

cshでプロンプトを変更する

cshでプロンプトの表示を切り替えるのは、単純にCシェル変数 : prompt を設定するだけです。

$ set prompt="[%n@%m %c]$ "
[hoge@host bin]$ 

このように、csh で随時変更可能です。
また、ログイン時に設定したいなら、ホームディレクトリの.cshrc に以下のように1文追加すればOKです。

$ vi ~/.cshrc
...
set prompt="[%n@%m %c]$ "

以降に設定時に使えるパラメータについて簡単に例をあげて解説しておきます。

# %/ : カレントディレクトリを表示する
$ pwd
/usr/home/hoge
$ set prompt="[%/]$ "
[/home/hoge]$ 
# %~ : カレントディレクトリを表示する
#      ただし、ホームディレクトリは ~ として表示される
$ pwd
/usr/home/hoge
$ set prompt="[%~]$ "
[~]$ 
[~]$ cd ~root
[~root]$
[~root]$ cd /usr/local/bin
[/usr/local/bin]$ 
# %c or %.: カレントディレクトリの最後のディレクトリ名を表示する
#      その後に数字を付けると、最後のn個分のディレクトリ名となる
# %C : %c と同じ。ただし、ホームディレクトリは ~ として表示されなくなる
$ pwd
/usr/local/bin
[/usr/local/bin]$ set prompt="[%c]$ "
[bin]$ 
[bin]$ set prompt="[%c2]$ "
[local/bin]$
[local/bin]$ set prompt="[%c3]$ "
[/usr/local/bin]$ 
[/usr/local/bin]$ cd ~hoge
[~]$ 
[~]$ set prompt="[%C]$ "
[hoge]$ set prompt="[%C2]$ "
[/home/hoge]$ 
# %? : 実行したコマンドの戻り値を表示する
[/home/hoge]$ set prompt="[%?]$ "
#      ( 正常なパターン )
[0]$ date
2012年 2月 5日 日曜日 09時16分02秒 JST
#      ( エラーパターン )
[0]$ aaaa
aaaa: コマンドが見つかりません.
[1]$ 
# %h or %! : ヒストリ番号を表示する
[/home/hoge]$ set prompt="[%h]$ "
[150]$ 
[150]$ date
2012年 2月 5日 日曜日 09時19分34秒 JST
[151]$ 
# %m : ホスト名のうち最初の「.」までの部分を表示する
[151]$ set prompt="[%m]$ "
[host]$
# %M : ホスト名を表示する
[host]$ set prompt="[%M]$ "
[host.example.com]$ 
# %l : tty名(端末名)を表示する
[host.example.com]$ set prompt="[%l]$ "
[pts/0]$ 
# %n : 現在のユーザー名を表示する
[pts/0]$ set prompt="[%n]$ "
[hoge]$ 
# %# : > を表示する
[hoge]$ set prompt="[%#]$ "
[>]$ 
# %% : % を表示する
[>]$ set prompt="[%%]$ "
[%]$ 
# %S - %s : %S と %s の間の文字列を反転表示する
[%]$ set prompt="[%Sabc%s]$ "
[abc]$ 
# %B - %b : %B と %b の間の文字列を太字表示する
[abc]$ set prompt="[%Babc%b]$ "
[abc]$ 
# %U - %u : %U と %u の間の文字列を下線表示する
[abc]$ set prompt="[%Uabc%u]$ "
[abc]$ 
# %Y : 西暦の年を4桁で表示する
[abc]$ set prompt="[%Y]$ "
[2012]$ 
# %y : 西暦の年を下2桁で表示する
[2012]$ set prompt="[%y]$ "
[12]$ 
# %w : 月を英字3文字(Jun - Dec)で表示する
[12]$ set prompt="[%w]$ "
[Feb]$ 
# %W : 月を2桁数字で表示する
[Feb]$ set prompt="[%W]$ "
[02]$ 
# %d : 曜日を英字3文字(Sun - Sat)で表示する
[02]$ set prompt="[%d]$ "
[Sun]$ 
# %D : 日を2桁数字で表示する
[Sun]$ set prompt="[%D]$ "
[05]$ 
# %t : 現在の時刻を12時間の「HH:MMam/pm」形式で表示する
[05]$ set prompt="[%t]$ "
[9:44pm]$ 
# %T : 現在の時刻を24時間の「HH:MM」形式で表示する
[9:44pm]$ set prompt="[%T]$ "
[21:46]$ 
# %p : 現在の時刻を12時間の「HH:MM:SSam/pm」形式で表示する
[21:46]$ set prompt="[%p]$ "
[9:44:30pm]$ 
# %P : 現在の時刻を24時間の「HH:MM:SS」形式で表示する
[9:44:30pm]$ set prompt="[%P]$ "
[21:44:30]$ 
# \e : ASCIIのエスケープ文字(033)を表示する
# %{ : 非表示文字のシーケンスを開始する。これを使って、プロンプト中に端末の制御シーケンスを埋め込むことができる
# %} : 非表示文字のシーケンスを終了する
#      例)
#      \[\e[XX;YYm\] : 色指定開始
#         XX = foreground color
#              30 = black
#              31 = red
#              32 = green
#              33 = yellow
#              34 = blue
#              35 = magenta
#              36 = teal
#         YY = background color, but really text styling
#              0 = reset
#              1 = bold
#              4 = underline
#              5 = blink (!)
#              7 = invert background & foreground
#      \[\e[0m\] : 色指定終了
[21:44:30]$ set prompt="[%{\e[0;31m%}012345%{\e[0m%}%{\e[0;34m%}6789%{\e[0m%}]$ "
[0123456789]$ 
# \n : 改行する
[0123456789]$ set prompt="[123\n456]$ "
[123
456]$ 
# \t : タブを挿入する
[123
456]$ set prompt="[123\t456]$ "
[123	456]$ 
# ` - ` : `(バッククォート)で囲った部分を実行し表示する
[123	456]$ set prompt="[`echo 日本語`]$ "
[日本語]$
#         ただし、表示するたびに実行するわけではないことに注意する。
#         最初の set コマンド発行時に保存される。
[日本語]$ set prompt="[`pwd`]$ "
[/usr/home/hoge]$ 
[/usr/home/hoge]$ cd /usr/local/bin
[/usr/home/hoge]$ 

日付は、locale情報に依存しないです。Cシェルは、基本的には英語のみですね。

また、 \e : エスケープ文字 の使い方は、Bシェルと同じように扱うことができます。 エスケープ文字を安全に動作させるために必ず %{ エスケープ文字 %} とします。
( Bシェルでは、\[ エスケープ文字 \] とします。)

BシェルもCシェルも似たような設定方法ですが、パラメータが微妙に違うので注意が必要ですね。
( 参考記事 : bash (Bシェル) でプロンプトを変更する )

この記事がプロンプトでお悩みの方の何かお役に立てれば幸いです。
ご利用のブラウザは、広告ブロック(AdBlockなど) が適用となっていませんか?
このサイトでは、コンテンツの一部が非表示、あるいは、コメント、お問い合わせの投稿ができない検索ができないことがあります。


関連記事 :

bash (Bシェル) でプロンプトを変更する

今回は、単純にbashでプロンプトの表示を変更する方法を簡単にまとめておきます。 いろんなサイトに記載があるので、ここでまとめても・・・と ...

TeraTerm ( ssh接続 ) でカラー表示ができなかったので対応してみた

FreeBSDでは、デフォルトのコンソールからは、文字色がカラーで表示させることができます。 そのため、lsコマンドのオプション-Gを指定する ...

csh (tcsh) を日本語化(UTF8)してもエラー出力は英語のままなので日本語化してみた

FreeBSDのデフォルトのシェルはtcshです。その親とも言うべきシェルがCシェルと呼ばれる csh です。 そのcshのユーザーインタ ...

FreeBSDで日本語環境(UTF-8対応)を整える

FreeBSDでSSHを使えるようにする でSSHでログインまでできるようになりました。 さて、現状では、FreeBSDは、すべてが英語で ...

最初にやっておきたいこと(FreeBSD編)

先のFreeBSD 9.0 をインストールしてみたからの続きの記事になります。 FreeBSDのインストールを終えたら、最初になに ...



コメントを投稿 :

お名前 *

メールアドレス *
( メールアドレスが公開されることはありません。)

サイトアドレス

コメント *

* 印の項目は、入力が必要な項目です。




最近投稿の記事

[ 画像提供元 : Amazon ] 先日、1TBのディスクの入れ替え時にバックアップをとろうとディスクコピーを行いました。 その際 ...

Windows で Linux ファイルシステム Ext4 のディスクをマウントするには? Ext3Fsd が、おそらく、最も簡単なツール ...

今回は、Windows で Compass を使ってみました。 Compass とは、 Sass(サス、Syntactica ...

今回は、Anti Adblock を使ってみました。 Anti Adblock とは、 そもそも Adblock という ウェブ ...

デスクトップ環境でない サーバーで、Webページのキャプチャー画像をコマンドで撮る には、wkhtmltoimage, CutyCapt ...


さくらのVPS 全プラン リニューアルです。(石狩(北海道)も選択可)


root権限ありで ¥685 / 月 ~ と非常にリーズナブルな CPU 1(core)の 512 プランから、 最高 CPU 10(core), メモリ 32(GB), SSD容量 800(GB) までとプランが充実。
ディスクは、SSDとHDDの選択が可能になった他、データセンターは人気の東京、石狩(北海道)となりました。

また、どのプランでも好きなOSが選べます
( CentOS, Fedora, Scientific Linux, FreeBSD, Ubutu, Debian )

管理人もおすすめのVPSです。
試用期間がありますから、一度、お試しを!!

詳しくは、http://vps.sakura.ad.jp/さくらのVPSのサイトへ へどうぞ!!

カテゴリ


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。
最近、スワップにも対応した Serverman@VPS は、かなりリーズナブルかもです。

  • メモリ1GB~2GBのEntryプラン :月額:490円
  • メモリ2MB~4GBのStandardプラン :月額:980円
  • メモリ4GB~8GBのProプラン :月額:1,980円

新規申し込みで1ヶ月間完全無料となるキャンペーンを実施中です。
Serverman@VPSの特徴は、安さとIPv6対応です。また、初期設定費0円もポイントです。

IPv6でちょっと遊んでみたい方には、おすすめかもしれませんね。最低利用期間もありませんから、気に入らないときは即解約もできます。

Serverman@VPSの詳細については、 http://dream.jp/vps/ Serverman@VPSのサイトへへどうぞ。



KVM採用 ConoHa VPSは、時間単位で借りれる便利なVPSです。


ConoHa VPS は、初期設定費0円最低利用期間無し時間単位で清算可能、 さらに、Web APIを使って自動化を図ることもできる便利なVPSです。

海外サーバー設置も可能で、ローカル接続にも対応と、かなり、機能豊富なサーバーです。

新規ユーザ登録で、クーポンもらえますから、まずは、お試しですね。

ConoHa VPSの詳細については、
http://www.conoha.jp/ へどうぞ。

KVM採用 お名前.com VPS(KVM) 2G プラン 初期設定費無料 キャンペーン 実施です。


メモリ2GBプラン CPU:3core、Disk:200GB
月額:1,153円から (初期設定:1,680円0円)

さくらのVPSがリニューアルされてもなんのその。
1GBメモリ / 2Core を ¥834 – の格安価格で提供中です!
間違いなくスペックからすると割安感ありです。
年間割引時の途中解約で返金がないのは、 ちょっと残念ですが、それでもこの割安感は魅力です。

まずは、お試しですね。

お名前.com VPS(KVM)の詳細については、
http://www.onamae-server.com/vps/ へどうぞ。(お試し期間が15日あります。)



  • ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークへ追加するはてな登録数
ページトップへ
Time : 0.2837 [s]