レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント
レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント - レンタルサーバー・自宅サーバーの設定・構築情報を公開しています。

VMWareにてインストールした Debian(Ubuntu) に vmware-tools をインストールする

2013年5月14日 2014年1月9日
vmware tools

今回は、VMWareにてインストールした Debian / Ubuntu に VMware Tools をインストールしてみます。
VMWareにてインストールした Windows系のOSであれば、単純にインストーラからインストールすればOKです。
Linux系OSでは、Perlスクリプトで記述されたインストーラ(CUI)を使ってインストールすることになります。
Linux系OSの場合、VMware Playerが古すぎる(2.5以下)場合、どうしてもコンパイルエラーが発生して、自前でそのエラーを取り除かないといけなくなります。 そのため、VMware Playerは、少なくとも 3.0 以上を利用されることを、強くおすすめします。


VMware Playerは、 http://www.vmware.com/jp/products/desktop_virtualization/player/から、無料でダウンロードできます。

ここでは、VMware Player 5.0 を利用した解説を行います。

VMware Tools をインストールする

VMware Tools をインストールするためには、少なくとも以下のパッケージが必要になります。

  • perl : 文字通りPerlパッケージです。
  • gcc : 文字通りgccパッケージです。
  • make : makeパッケージです。
  • linux : linuxカーネルパッケージです。

前準備として上記のパッケージをインストールしておきます。

$ aptitude install gcc linux make perl
...

前準備を終えたら、次に、VMware Tools 本体をインストールします。

VMware Tools がインストールされていない場合、VMware Playerを起動した際、以下のような画面が表示されます。
VMware Tools ダウンロード要求

この画面から、以降、簡単に解説します。

  1. 画面下の[ ツールのインストール ]ボタンをクリックしてVMware Toolsをダウンロードします。

    最新版がネット上に存在する場合は、以下のように表示されます。
    VMware Tools ダウンロード
    この場合、画面指示に従い ダウンロードしてインストール ボタンクリックし、最新版をダウンロードします。
    ダウンロードが完了すると、以下のような画面に切り替わり、閉じる ボタンクリックしダウンロード作業を終了します。
    VMware Tools ダウンロード完了

    VMware Player画面は、インストール環境が整ったら、以下の画面表示に切り替わります。
    (既に最新版のVMWare ToolsがPC上にある場合は、即、この画面へ遷移します。)
    VMware Tools ダウンロード完了
    この画面が表示されたときには、既に最新版のVMWare Toolsが存在し、最新版のVMWare ToolsのISOファイルをCD-ROMに接続した状態になっています。

    最新版をダウンロードした際のダウンロード先は、VMware Playerのインストール先になります。
    例)以下は、HOST OS がWinodwsの場合です。
    	C:\Program Files\VMware\VMware Player\linux.iso

  2. CD-ROM ( ISOファイル ) をマウントします。
    $ cd /mnt/
    [mnt]$ mkdir cdrom
    [mnt]$ mount /dev/cdrom /mnt/cdrom
    mount: ブロックデバイス /dev/cdrom は書き込み禁止です、読込み専用でマウントします
    [mnt]$ ls cdrom/
    VMwareTools-9.2.2-893683.tar.gz  manifest.txt
    	

    これでlinux.isoの中身を確認できたはずです。


  3. VMwareTools の圧縮ファイルを適当なディレクトリへコピーします。
    [mnt]$ cp cdrom/VMwareTools-9.2.2-893683.tar.gz  ~hoge/.
    	

  4. VMwareTools の圧縮ファイルを適当なディレクトリで解凍します。
    [mnt]$ cd ~hoge/
    [hoge]$ tar xvfz VMwareTools-9.2.2-893683.tar.gz
    ...
    [hoge]$ 
    	

  5. VMwareTools を vmware-install.pl を使ってインスールします。
    [hoge]$ ls改行
    VMwareTools-9.2.2-893683.tar.gz  vmware-tools-distrib
    [hoge]$ cd vmware-tools-distrib/改行
    [vmware-tools-distrib]$ ls改行
    FILES  INSTALL  bin  doc  etc  installer  lib  vmware-install.pl
    [vmware-tools-distrib]$ ./vmware-install.pl改行
    A previous installation of VMware Tools has been detected.
    
    The previous installation was made by the tar installer (version 4).
    
    Keeping the tar4 installer database format.
    
    You have a version of VMware Tools installed.  Continuing this install will
    first uninstall the currently installed version.  Do you wish to continue?
    (yes/no) [yes]return
    
    Uninstalling the tar installation of VMware Tools.
    
    Stopping services for vmware-tools
    
    initctl: Unknown instance:
    Stopping services for vmware-tools-thinprint
    
    initctl: Unknown instance:
    File /usr/lib/vmware-tools/lib32/libconf/etc/gtk-2.0/gdk-pixbuf.loaders is
    backed up to
    /usr/lib/vmware-tools/lib32/libconf/etc/gtk-2.0/gdk-pixbuf.loaders.old.1.
    
    File /usr/lib/vmware-tools/lib32/libconf/etc/pango/pangorc is backed up to
    /usr/lib/vmware-tools/lib32/libconf/etc/pango/pangorc.old.1.
    
    This program previously created the file
    /usr/lib/vmware-tools/libconf/etc/pango/pangorc, and was about to remove it.
    Somebody else apparently did it already.
    
    File /etc/vmware-tools/vmware-user.desktop is backed up to
    /etc/vmware-tools/vmware-user.desktop.old.1.
    
    This program previously created the file
    /usr/lib/vmware-tools/lib32/libconf/etc/pango/pango.modules, and was about to
    remove it.  Somebody else apparently did it already.
    
    This program previously created the file
    /usr/lib/vmware-tools/libconf/etc/gtk-2.0/gdk-pixbuf.loaders, and was about to
    remove it.  Somebody else apparently did it already.
    
    File /usr/lib/vmware-tools/lib32/libconf/etc/gtk-2.0/gtk.immodules is backed up
    to /usr/lib/vmware-tools/lib32/libconf/etc/gtk-2.0/gtk.immodules.old.1.
    
    This program previously created the file
    /usr/lib/vmware-tools/libconf/etc/gtk-2.0/gtk.immodules, and was about to
    remove it.  Somebody else apparently did it already.
    
    This program previously created the file
    /usr/lib/vmware-tools/lib32/libconf/etc/pango/pangox.aliases, and was about to
    remove it.  Somebody else apparently did it already.
    
    The removal of VMware Tools 9.2.2 build-893683 for Linux completed
    successfully.
    
    Installing VMware Tools.
    
    In which directory do you want to install the binary files?
    [/usr/bin]return
    
    What is the directory that contains the init directories (rc0.d/ to rc6.d/)?
    [/etc]return
    
    What is the directory that contains the init scripts?
    [/etc/init.d]return
    
    In which directory do you want to install the daemon files?
    [/usr/sbin]return
    
    In which directory do you want to install the library files?
    [/usr/lib/vmware-tools]return
    
    In which directory do you want to install the documentation files?
    [/usr/share/doc/vmware-tools]return
    
    The path "/usr/share/doc/vmware-tools" does not exist currently. This program
    is going to create it, including needed parent directories. Is this what you
    want? [yes]return
    
    The installation of VMware Tools 9.2.2 build-893683 for Linux completed
    successfully. You can decide to remove this software from your system at any
    time by invoking the following command: "/usr/bin/vmware-uninstall-tools.pl".
    
    Before running VMware Tools for the first time, you need to configure it by
    invoking the following command: "/usr/bin/vmware-config-tools.pl". Do you want
    this program to invoke the command for you now? [yes]return
    
    Initializing...
    
    
    Making sure services for VMware Tools are stopped.
    
    
    
    The VMware FileSystem Sync Driver (vmsync) allows external third-party backup
    software that is integrated with vSphere to create backups of the virtual
    machine. Do you wish to enable this feature? [no]return
    
    
    Before you can compile modules, you need to have the following installed...
    
    make
    gcc
    kernel headers of the running kernel
    
    
    Searching for GCC...
    Detected GCC binary at "/usr/bin/gcc".
    The path "/usr/bin/gcc" appears to be a valid path to the gcc binary.
    Would you like to change it? [no]return
    
    Searching for a valid kernel header path...
    Detected the kernel headers at "/lib/modules/3.5.0-23-generic/build/include".
    The path "/lib/modules/3.5.0-23-generic/build/include" appears to be a valid
    path to the 3.5.0-23-generic kernel headers.
    Would you like to change it? [no]return
    
    Using 2.6.x kernel build system.
    make: ディレクトリ `/tmp/modconfig-2aguR4/vmci-only' に入ります
    
    ...
    
    The VMware Host-Guest Filesystem allows for shared folders between the host OS
    and the guest OS in a Fusion or Workstation virtual environment.  Do you wish
    to enable this feature? [yes]return
    
    Using 2.6.x kernel build system.
    make: ディレクトリ `/tmp/modconfig-0t5QaS/vmci-only' に入ります
    
    ...
    
    The vmblock enables dragging or copying files between host and guest in a
    Fusion or Workstation virtual environment.  Do you wish to enable this feature?
    [yes]return
    
    !!! [EXPERIMENTAL] !!!
    VMware automatic kernel modules enables automatic building and installation of
    VMware kernel modules at boot that are not already present.  By selecting yes,
    you will be enabling this experimental feature.  You can always disable this
    feature by re-running vmware-config-tools.pl.
    
    Would you like to enable VMware automatic kernel modules?
    [no]return
    
     ここでは、GUI関連(X-Window)はインストールしていませんので、以下は GUI関連の設定を省略しています。
     -- ここで、仮に X が見つかったら、解像度などの設定を行います。
    No X install found.
    
    Creating a new initrd boot image for the kernel.
    update-initramfs: Generating /boot/initrd.img-3.5.0-23-generic
    vmware-tools-thinprint start/running
    vmware-tools start/running
    The configuration of VMware Tools 9.2.2 build-893683 for Linux for this running
    kernel completed successfully.
    
    You must restart your X session before any mouse or graphics changes take
    effect.
    
    You can now run VMware Tools by invoking "/usr/bin/vmware-toolbox-cmd" from the
    command line.
    
    To enable advanced X features (e.g., guest resolution fit, drag and drop, and
    file and text copy/paste), you will need to do one (or more) of the following:
    1. Manually start /usr/bin/vmware-user
    2. Log out and log back into your desktop session; and,
    3. Restart your X session.
    
    To use the vmxnet driver, restart networking using the following commands:
    /etc/init.d/networking stop
    rmmod pcnet32
    rmmod vmxnet
    modprobe vmxnet
    /etc/init.d/networking start
    
    Enjoy,
    
    --the VMware team
    
    [vmware-tools-distrib]$ 
    
    	

    上記の中の青色は、タイプした箇所になります。
    上記の中の緑色は、確認事項になります。
    確認事項については、ほとんどが括弧内に表示されているデフォルトのままでOKなので改行で、作業を進めます。 問題となるとしたら、GUI を利用している場合の 画面の解像度ぐらいだと思います。解像度は、”1024×768″ など、自身の環境に合わせて応えていきましょう。


  6. 再起動します。
    $ reboot
    	

  7. 立ち上がったら、VMwareToolsを起動します。

    再起動で既に起動しているはずです。以下のコマンドで確認しておきます。

    $ status vmware-tools
    vmware-tools start/running

    上記のように出力されれば、既に起動しています。

    もし、起動していないようなら、以下のように起動します。


    $ start vmware-tools
    $ status vmware-tools
    vmware-tools start/running
    	

    Debian / Ubuntu では、通常のデーモンでなく Upstart が使われてます。
    そのため、start / stop / status コマンドを用いて制御します。
    rebootするとデフォルトで起動しますから、先のrebootを実行した際は、上記のstartコマンドは不要のはずです。

    どうしても再起動などで自動で起動したくない場合は、以下のファイル( /etc/init/vmware-tools.conf )を編集します。
    
    ##########################################################################
    # Copyright (c) 2010-2012 VMware, Inc.  All rights reserved.
    ##########################################################################
    
    ##########################################################################
    # DO NOT modify this file directly as it will be overwritten the next
    # time the VMware Tools are installed.
    ##########################################################################
    
    description     "VMware Tools services"
    author          "VMware, Inc."
    
    # Be sure to block the display managers until our job has completed.  This
    # is to make sure our kernel services are running before vmware-user
    # may launch.
    # start on runlevel [235] or starting gdm or starting kdm or starting prefdm
    stop on runlevel [06]
    
    pre-start exec /etc/vmware-tools/services.sh start
    post-stop exec /etc/vmware-tools/services.sh stop
    	
    上記のように start on runlevel …. 部分をコメントアウトすれば自動起動しないようになります。

    Upstartとは、
    今まで、Linuxのシステム初期化に利用されていた sysvinit にかわる新しい「init」プログラムです。
    つまり、ちょっと語弊がありますが、ブート時のタスクの起動、シャットダウン時のタスクの停止などでサービスを管理する新しいプログラムになります。

    具体的にサービスの起動方法は、今まで、
    /etc/init.d/vmware-tools start
    と起動していたものが、
    start vmware-tools
    のようになります。

  8. VMwareToolsが正しく動作しているか確認します。

    VMware Player のメニューから、[ 管理 ] – [ 仮想マシンの設定 ] を選択します。
    VMware Tools 共有設定
    VMware Player の仮想マシン設定画面が表示されます。[ オプション ] タブを選択します。
    VMware Tools 共有設定
    画面左から[ 共有フォルダ ] を選択し、画面右上、[ 常に有効 ]を選択し、[ OK ] ボタンをクリックすることで共有フォルダが見えるようになります。
    まだ、共有フォルダが何も設定されていない場合は、右下[ 追加 ]ボタンをクリックして共有フォルダを追加しましょう。

    ここでの説明は、VMware Player 5.0 にて行っています。そのため、メニュー項目や画面イメージが異なることがあります。
    $ cd /mnt/hgfs
    [hgfs]$ ls
    share
    [hgfs]$ cd share
    [share]$ ls
    test.txt
    	

    必ず、共有フォルダは、/mnt/hgfsの配下に見えます。
    上の例では、共有フォルダ名: share の場合、
    /mnt/hgfs/share が共有フォルダとなり、その配下には、test.txt というファイルが見えている・・・ということです。

    VMwareTools をインストールすると ゲストOSをサスペンドする際に、以下のようなエラー画面が表示され、サスペンドできないことがあります。
    VMware Tools サスペンドエラー
    この仮想マシンへのサスペンド要求は、対応する VMware Tools スクリプトが正常に実行されなかったため失敗しました。 カスタム サスペンド スクリプトをこの仮想マシンで構成している場合は、スクリプトにエラーがないことを確認してください。 この操作を再試行すると、スクリプト エラーは無視されます。サポート リクエストを提出してこの問題を報告することもできます。
    このエラーは、VMware Tools スクリプトが正しく実行できない・・・と言っています。
    エラーを無視して、再度、サスペンドしたら無視して実行してくれます。ただ、ちょっと怖いので、VMware Tools スクリプトを停止します。
    # 現在、サスペンド要求時に動作するようになっているスクリプトを確認します。
    $ vmware-toolbox-cmd script suspend current
    /etc/vmware-tools/suspend-vm-default
    
    # サスペンド要求時に動作するようになっているスクリプトを無効にします。
    $ vmware-toolbox-cmd script suspend disable
    
    # 再度、現在、サスペンド要求時に動作するようになっているスクリプトを確認します。
    $ vmware-toolbox-cmd script suspend current
    No script for operation suspend.
    これで、ゲストOSをサスペンドしてもVMWareToolsによるエラーは回避されます。

どうでしたか?

Windowsに比べると面倒ですね。
CentOS /ScientificLinux の手順とは、ほとんど同じです。(VMWareにてインストールした CentOS/Scientific Linux に vmware-tools をインストールする 参照)
ただ、先のCentOS /ScientificLinux 版は、VMWare Player 4.0 ベースですが、こちらは、5.0 と、ちょっとだけ新しいだけです。

VMware Player使うならVMwareToolsは設定しておいて損はありません。 お試しあれ。
ご利用のブラウザは、広告ブロック(AdBlockなど) が適用となっていませんか?
このサイトでは、コンテンツの一部が非表示、あるいは、コメント、お問い合わせの投稿ができない検索ができないことがあります。


関連記事 :

VMWareにてインストールした CentOS/Scientific Linux に vmware-tools をインストールする

今回は、VMWareにてインストールした CentOS/Scientific Linux に VMware Tools をインストールしてみます ...

VMWareでハードディスク増設

VMWareでいろんなアプリをインストールすると、ディスク不足に陥ることが良くあります。 そんな時は、仮想ディスクの増設を行う必要があります。 ...

VMware のCentOS, Scientifixc Linux のClone(コピー)でeth0 が使えなくなる件

VMWareで構築した CentOS 6, Scientifixc Linux 6 のファイルをコピーしてClone(複製)を作成することがあり ...

仮想マシンを使って Android x86 を インストール、kindleで電子Bookを読むまで

Android x86とは、 いわゆる Android のPC版OSです。 Android は、Googleによって開発されたスマートフォン ...

VMWareでハードディスクのイメージが分割ファイルで管理されているのを1つにまとめる

VMWareの初期設定によりますが、ゲストOSのハードディスクを分割して管理するようにしていた場合、時間経過とともにファイル管理が面倒な場合があ ...



コメントを投稿 :

お名前 *

メールアドレス *
( メールアドレスが公開されることはありません。)

サイトアドレス

コメント *

* 印の項目は、入力が必要な項目です。




最近投稿の記事

[ 画像提供元 : Amazon ] 先日、1TBのディスクの入れ替え時にバックアップをとろうとディスクコピーを行いました。 その際 ...

Windows で Linux ファイルシステム Ext4 のディスクをマウントするには? Ext3Fsd が、おそらく、最も簡単なツール ...

今回は、Windows で Compass を使ってみました。 Compass とは、 Sass(サス、Syntactica ...

今回は、Anti Adblock を使ってみました。 Anti Adblock とは、 そもそも Adblock という ウェブ ...

デスクトップ環境でない サーバーで、Webページのキャプチャー画像をコマンドで撮る には、wkhtmltoimage, CutyCapt ...


さくらのVPS 全プラン リニューアルです。(石狩(北海道)も選択可)


root権限ありで ¥685 / 月 ~ と非常にリーズナブルな CPU 1(core)の 512 プランから、 最高 CPU 10(core), メモリ 32(GB), SSD容量 800(GB) までとプランが充実。
ディスクは、SSDとHDDの選択が可能になった他、データセンターは人気の東京、石狩(北海道)となりました。

また、どのプランでも好きなOSが選べます
( CentOS, Fedora, Scientific Linux, FreeBSD, Ubutu, Debian )

管理人もおすすめのVPSです。
試用期間がありますから、一度、お試しを!!

詳しくは、http://vps.sakura.ad.jp/さくらのVPSのサイトへ へどうぞ!!

カテゴリ


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。
最近、スワップにも対応した Serverman@VPS は、かなりリーズナブルかもです。

  • メモリ1GB~2GBのEntryプラン :月額:490円
  • メモリ2MB~4GBのStandardプラン :月額:980円
  • メモリ4GB~8GBのProプラン :月額:1,980円

新規申し込みで1ヶ月間完全無料となるキャンペーンを実施中です。
Serverman@VPSの特徴は、安さとIPv6対応です。また、初期設定費0円もポイントです。

IPv6でちょっと遊んでみたい方には、おすすめかもしれませんね。最低利用期間もありませんから、気に入らないときは即解約もできます。

Serverman@VPSの詳細については、 http://dream.jp/vps/ Serverman@VPSのサイトへへどうぞ。



KVM採用 ConoHa VPSは、時間単位で借りれる便利なVPSです。


ConoHa VPS は、初期設定費0円最低利用期間無し時間単位で清算可能、 さらに、Web APIを使って自動化を図ることもできる便利なVPSです。

海外サーバー設置も可能で、ローカル接続にも対応と、かなり、機能豊富なサーバーです。

新規ユーザ登録で、クーポンもらえますから、まずは、お試しですね。

ConoHa VPSの詳細については、
http://www.conoha.jp/ へどうぞ。

KVM採用 お名前.com VPS(KVM) 2G プラン 初期設定費無料 キャンペーン 実施です。


メモリ2GBプラン CPU:3core、Disk:200GB
月額:1,153円から (初期設定:1,680円0円)

さくらのVPSがリニューアルされてもなんのその。
1GBメモリ / 2Core を ¥834 – の格安価格で提供中です!
間違いなくスペックからすると割安感ありです。
年間割引時の途中解約で返金がないのは、 ちょっと残念ですが、それでもこの割安感は魅力です。

まずは、お試しですね。

お名前.com VPS(KVM)の詳細については、
http://www.onamae-server.com/vps/ へどうぞ。(お試し期間が15日あります。)



  • ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークへ追加するはてな登録数
ページトップへ
Time : 0.2106 [s]