レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント
レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント - レンタルサーバー・自宅サーバーの設定・構築情報を公開しています。

C5

wine をインストールしてWindowsアプリを動作させてみる

2011年12月27日 2015年5月14日
wine

今回は、wine をインストールしてみます。

wineもメジャーバージョンが 1 となり、随分、良くなったことは確かです。
それなりにいろんなWindowsアプリが動作するようにもなりました。

ただ、まだまだ、完全にWindowsアプリが動作するような環境でもなさそうです。そのあたりは、十分に認識の上で利用されることをおすすめします。

今回は、このwine をインストールしてWindowsアプリを実際に動かしてみます。

wine とは、
Wine (ワイン)は、オープンソースの Windows API 実装を通じて、主として x86 アーキテクチャ上の Unix 系 OSにおいて Microsoft Windows 用アプリケーションをネイティブ動作させることを目標とするプログラム群である。
出典 : Wikipedia

名前の由来は、諸説あるみたいですが、
Wine Is Not an Emulator が由来らしいです。

いろんなサイトでは、wineについてWindowsのエミュレータとして紹介されていますが、仮想化のようなエミュレートでなくWIN32APIのUNIX系OSのためのラッパプログラム群のような感じで捕らえると近いと思います。

起動方法は、以下のようにwine へ実行ファイルをパラメータに指定して実行します。
$ wine notepad.exe
wine は、全てのWindowsアプリの動作を保障するものではありません。
ご利用のアプリケーションの種類にもよりますが、完全に動作するWindowsアプリが少ないと感じておられる方も多いかもしれません。十分認識の上、ご利用されることをおすすめします。

wineをインストールする

wineは、EPEL あるいは、Repoforge(RPMforge) のリポジトリを利用することで yum コマンドでインストールすることができます。

現在(2011.12)、CentOS 5 系では、

EPELでは、 wine-1.0.1-1
Repoforgeでは、 wine-1.2.3-1

が、それぞれインストール可能です。

ここでは、最新版をインストールしたので、Repoforge(RPMforge) を使ってインストールしてみます。

EPEL あるいは、Repoforge(RPMforge) のリポジトリの利用方法は、
リポジトリの追加・削除、無効・有効の設定をしてみる
を参照してください。

早速、wineをyumを使ってインストールしてみましょう。
ここでは、先にも記述したとおり、Repoforge(RPMforge) を使ってインストールします。

$ yum --enablerepo=rpmforge install wine
...

Total download size: 58 M
Is this ok [y/N]: y
...

Complete!

Complete!でインストールは完了です。簡単ですね。

–enablerepo=rpmforge を指定することで、Repoforgeをリポジトリを無条件に有効にしています。
もしもEPELなど同じパッケージを管理しているリポジトリが登録してある場合、Repoforgeを正しく参照してくれるかどうかわからない場合があります。
その場合、–disablerepo=epel
を指定することで無条件にEPELを無効にすることで問題を回避することができます。

wineを使ってみる

早速、wineを使ってwindows用の実行ファイルを起動してみましょう。

notepadを使ってみる

wineで用意されているnotepadがあります。これを起動してみましょう。

$ wine notepad

WINEでノートパッドを起動してみた
正しく起動しないような場合は、wineのパスをwhichなどで確認してみてください。
$ which wine
/usr/bin/wine
$ which notepad
/usr/bin/notepad
このように表示されれば、起動できるはずです。ここで表示されない場合は、パスが正しく設定されていない可能性があります。フルパスを指定して起動してみてください。

stirlingを使ってみる

次に、Windowsアプリのstirlingを試してみます。
stirlingは、かなり以前に開発が止まったフリーのバイナリファイルエディタです。
古いながらもバイナリエディタとしては、かなり秀逸なので、未だに利用している方も多いソフトウェアの一つです。

これを早速インストールしてみましょう。
stirlingのインストールは、ファイルをコピーするだけなので、適当なディレクトリを作成してそこにバイナリの実行ファイルStirling.exeをコピーします。

$ wget http://jp.downpanda.com/files/Download-stirling-1.31.lzh
--2011-12-27 13:54:16--  http://jp.downpanda.com/files/Download-stirling-1.31.lzh
jp.downpanda.com をDNSに問いあわせています... 70.86.7.106
jp.downpanda.com|70.86.7.106|:80 に接続しています... 接続しました。
HTTP による接続要求を送信しました、応答を待っています... 200 OK
長さ: 411909 (402K)
`Download-stirling-1.31.lzh' に保存中

100%[================================================>] 411,909      113K/s 時間 3.8s

2011-12-27 13:54:21 (105 KB/s) - `Download-stirling-1.31.lzh' へ保存完了 [411909/411909]

$ lha Download-stirling-1.31.lzh
 PERMSSN    UID  GID      SIZE  RATIO     STAMP           NAME
---------- ----------- ------- ------ ------------ --------------------
[MS-DOS]                  8341  40.5% Jun 23  1999 stirling.txt
[MS-DOS]                 65853  65.6% Jun 23  1999 stirling.hlp
[MS-DOS]                835584  43.5% Jun 23  1999 stirling.exe
[MS-DOS]                  1951  38.2% Jun 22  1999 stirling.cnt
[MS-DOS]                  1086  37.3% Aug 25  1998 struct.def
---------- ----------- ------- ------ ------------ --------------------
 Total         5 files  912815  45.1% May  7  2010

$ lha e Download-stirling-1.31.lzh
stirling.txt    - Melted   :  oo
stirling.hlp    - Melted   :  ooooooooo
stirling.exe    - Melted   :  ooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooo
stirling.cnt    - Melted   :  o
struct.def      - Melted   :  o
$ ls
stirling.cnt
stirling.exe
stirling.hlp
stirling.txt
struct.def
LHAのインストール、解凍は、

を参照してください。

続けてstirlingをwineで実行してみます。

$ wine stirling.exe

WINEでstirlingを起動してみた
stirlingは、問題なく動いたみたいです。
個人的な経験からすると、問題なく動作するって、案外少ないです。

ただ、やっぱりヘルプ画面などはめちゃめちゃです。
WINEでstirlingのヘルプを起動してみた
いろいろと手を加えてあげるとうまくいくらしいですが、ここでは、単純な設定のみでどこまでできるかを確認したいだけなので、色々と手を加えるのは止めておきます。
.msi の拡張子を持つインストールは、msiexec を使って実行します。
$ msiexec sample-window-apl.msi

また、デフォルトの環境では、ユーザのホームディレクトリに .wine ディレクトリが作成されます。
その配下に.wine/drive_c というディレクトリがあります。そこが、wineで利用するCドライブに相当します。
また、レジストリ情報もこの.wine ディレクトリに .reg ファイルとして作成されます。

wineは、WindowsアプリをUNIX系OS上で動作させるのには、非常に便利なものだと思います。
ただ、なんでも動作するわけではありません。
十分、注意する必要があるでしょう。

ディスク容量、CPUパワー、メモリなどのリソースがある程度ある場合は、VMWareなどの仮想化を利用した方が間違いが少ないでしょう。

wineも今では非常に簡単にインストールできますし、動作するアプリを増えていますから、ちょっと試す分には面白いです。
ご利用のブラウザは、広告ブロック(AdBlockなど) が適用となっていませんか?
このサイトでは、コンテンツの一部が非表示、あるいは、コメント、お問い合わせの投稿ができない検索ができないことがあります。


関連記事 :

LHA をインストールしてみる

今回は、LHAをインストールしてみます。 LHAは、Windowsでも開発が終了したので、用途は減る一方だと思います。 しかし、未だにL ...

リポジトリの追加・削除、無効・有効の設定をしてみる

このサイトでは、主に2つのリポジトリを追加、利用しています。 IUS – IUSコミュニティプロジェクトは、Redhat ...

7-Zip をインストールしてみる

今回は、7-Zipをインストールしてみます。 7-Zipは、Windowsで主に使われているファイルアーカイバです。 そもそも7-Zip ...

tcpflow をインストールしてみる

今回は、tcpflowをインストールしてみます。 tcpflow は、tcpのパケット情報をリアルタイムに出力してくれる非常に便利なツール ...

Windows で Compass を使ってみた

今回は、Windows で Compass を使ってみました。 Compass とは、 Sass(サス、Syntactica ...



コメントを投稿 :

お名前 *

メールアドレス *
( メールアドレスが公開されることはありません。)

サイトアドレス

コメント *

* 印の項目は、入力が必要な項目です。




最近投稿の記事

[ 画像提供元 : Amazon ] 先日、1TBのディスクの入れ替え時にバックアップをとろうとディスクコピーを行いました。 その際 ...

Windows で Linux ファイルシステム Ext4 のディスクをマウントするには? Ext3Fsd が、おそらく、最も簡単なツール ...

今回は、Windows で Compass を使ってみました。 Compass とは、 Sass(サス、Syntactica ...

今回は、Anti Adblock を使ってみました。 Anti Adblock とは、 そもそも Adblock という ウェブ ...

デスクトップ環境でない サーバーで、Webページのキャプチャー画像をコマンドで撮る には、wkhtmltoimage, CutyCapt ...


さくらのVPS 全プラン リニューアルです。(石狩(北海道)も選択可)


root権限ありで ¥685 / 月 ~ と非常にリーズナブルな CPU 1(core)の 512 プランから、 最高 CPU 10(core), メモリ 32(GB), SSD容量 800(GB) までとプランが充実。
ディスクは、SSDとHDDの選択が可能になった他、データセンターは人気の東京、石狩(北海道)となりました。

また、どのプランでも好きなOSが選べます
( CentOS, Fedora, Scientific Linux, FreeBSD, Ubutu, Debian )

管理人もおすすめのVPSです。
試用期間がありますから、一度、お試しを!!

詳しくは、http://vps.sakura.ad.jp/さくらのVPSのサイトへ へどうぞ!!

カテゴリ


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。
最近、スワップにも対応した Serverman@VPS は、かなりリーズナブルかもです。

  • メモリ1GB~2GBのEntryプラン :月額:490円
  • メモリ2MB~4GBのStandardプラン :月額:980円
  • メモリ4GB~8GBのProプラン :月額:1,980円

新規申し込みで1ヶ月間完全無料となるキャンペーンを実施中です。
Serverman@VPSの特徴は、安さとIPv6対応です。また、初期設定費0円もポイントです。

IPv6でちょっと遊んでみたい方には、おすすめかもしれませんね。最低利用期間もありませんから、気に入らないときは即解約もできます。

Serverman@VPSの詳細については、 http://dream.jp/vps/ Serverman@VPSのサイトへへどうぞ。



KVM採用 ConoHa VPSは、時間単位で借りれる便利なVPSです。


ConoHa VPS は、初期設定費0円最低利用期間無し時間単位で清算可能、 さらに、Web APIを使って自動化を図ることもできる便利なVPSです。

海外サーバー設置も可能で、ローカル接続にも対応と、かなり、機能豊富なサーバーです。

新規ユーザ登録で、クーポンもらえますから、まずは、お試しですね。

ConoHa VPSの詳細については、
http://www.conoha.jp/ へどうぞ。

KVM採用 お名前.com VPS(KVM) 2G プラン 初期設定費無料 キャンペーン 実施です。


メモリ2GBプラン CPU:3core、Disk:200GB
月額:1,153円から (初期設定:1,680円0円)

さくらのVPSがリニューアルされてもなんのその。
1GBメモリ / 2Core を ¥834 – の格安価格で提供中です!
間違いなくスペックからすると割安感ありです。
年間割引時の途中解約で返金がないのは、 ちょっと残念ですが、それでもこの割安感は魅力です。

まずは、お試しですね。

お名前.com VPS(KVM)の詳細については、
http://www.onamae-server.com/vps/ へどうぞ。(お試し期間が15日あります。)



  • ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークへ追加するはてな登録数
ページトップへ
Time : 0.2398 [s]