レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント
レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント - レンタルサーバー・自宅サーバーの設定・構築情報を公開しています。

C5 C6 S6

リポジトリの追加・削除、無効・有効の設定をしてみる

2011年11月9日 2017年8月10日
centos howto

このサイトでは、主に2つのリポジトリを追加、利用しています。

  • IUS

    – IUSコミュニティプロジェクトは、Redhat Enterprise Linux(RHEL) あるいはクローンであるCentOS,Scientific Linux のために、 特別に PHPやPython、MySQLと他の一般的なソフトウェアの最新バージョンをRPMパッケージで提供しています。 IUSを利用することで、必要とするphpやMySQL のバージョンを得るために RHELを含むOSのアップグレードするよりは、簡単に必要なバージョン利用できるでしょう。

  • EPEL

    – エンタープライズ Linux 用の拡張パッケージ(EPEL) は、 Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 向けの高品質なアドオンパッケージであり、 CentOS や Scientific Linux (SL) のような RHEL からスピンオフしたディストリビューションと互換性のある、Fedora プロジェクトで有志によって作成されたパッケージになります。 Fedora は RHEL のアップストリームであり、EPEL のアドオンパッケージは主に RHEL 向けにビルドされた Fedora リポジトリをソースとしています。 Fedora パッケージングコミュニティの一部として、EPEL パッケージは 100% フリーなオープンソースソフトウェアです(FLOSS)。

    出典 : https://fedoraproject.org/wiki/EPEL/FAQ/ja

上記以外によく利用されているのが、Repoforge(RPMforge)でしょう。

  • Repoforge(RPMforge)

    – Repoforge は、RPMforge プロジェクトの新しい名前です。 Repoforgeは、Red Hat Enterprise Linux(RHEL)、CentOSやScientific Linux用のRPMパッケージを維持するプロジェクトです。それは、様々なRHELのバージョンと互換性のリポジトリのセットで構成されています。

    出典 : http://repoforge.org/

ただ、Repoforgeは、CentOSやScientific Linuxで提供されていないパッケージが広く提供されていて非常に便利な反面、信頼性に劣るとされています。 さらには、OSで提供されているパッケージとダブったパッケージも多々あるので利用するには注意が必要でしょう。

個人的にもEPELを使っていれば、不便を感じないのでRepoforgeは使わないようにしています。ここでは、あまりにも有名なので参考として記載しています。決して推奨していないのでご注意を。

本サイト内の各記事では、必要に応じてリポジトリの追加に関しての記述はしていますが、それ以外の記述(解説)について行っていません。
ここでは、簡単ながら、

  • リポジトリの追加
  • リポジトリの無効・有効の設定
  • リポジトリの削除

について簡単に解説してみます。

リポジトリ(repository)とは、
英語では repositoryと書き、直訳すれば、集積所,置き場、貯蔵庫などの意味になります。
RedHat系Linuxでいうリポジトリは、rpmパッケージの置き場を記したものを指します。

つまりリポジトリを追加することで、rpmパッケージの置き場を追加したことと同じ意味になり、yumコマンドでインストールやアップデートを行う際には、 追加したリポジトリを含めて最新のrpmパッケージが存在する場所を特定します。


関連記事 :


コメントを投稿 :

お名前 *

メールアドレス *
( メールアドレスが公開されることはありません。)

サイトアドレス

コメント *

* 印の項目は、入力が必要な項目です。




最近投稿の記事

Genymotionとは、 公式サイト(http://www.genymotion.com/)には、以下のように記述があります。 G ...

以下のように Android x86 を仮想マシンへインストールし、色々と試してきました。 仮想マシンを使って Android ...

Android x86とは、 いわゆる Android のPC版OSです。 Android は、Googleによって開発されたスマー ...

Android x86とは、 いわゆる Android のPC版OSです。 Android は、Googleによって開発されたスマー ...

今回は、Mondo Rescue を使って バックアップとリストア(復元)をやってみたいと思います。 いまだに、さくらのVPSは、バッ ...


さくらのVPS 全プラン リニューアルです。(石狩(北海道)も選択可)


root権限ありで ¥685 / 月 ~ と非常にリーズナブルな CPU 1(core)の 512 プランから、 最高 CPU 10(core), メモリ 32(GB), SSD容量 800(GB) までとプランが充実。
ディスクは、SSDとHDDの選択が可能になった他、データセンターは人気の東京、石狩(北海道)となりました。

また、どのプランでも好きなOSが選べます
( CentOS, Fedora, Scientific Linux, FreeBSD, Ubutu, Debian )

管理人もおすすめのVPSです。
試用期間がありますから、一度、お試しを!!

詳しくは、http://vps.sakura.ad.jp/さくらのVPSのサイトへ へどうぞ!!

カテゴリ


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。
最近、スワップにも対応した Serverman@VPS は、かなりリーズナブルかもです。

  • メモリ1GB~2GBのEntryプラン :月額:490円
  • メモリ2MB~4GBのStandardプラン :月額:980円
  • メモリ4GB~8GBのProプラン :月額:1,980円

新規申し込みで1ヶ月間完全無料となるキャンペーンを実施中です。
Serverman@VPSの特徴は、安さとIPv6対応です。また、初期設定費0円もポイントです。

IPv6でちょっと遊んでみたい方には、おすすめかもしれませんね。最低利用期間もありませんから、気に入らないときは即解約もできます。

Serverman@VPSの詳細については、 http://dream.jp/vps/ Serverman@VPSのサイトへへどうぞ。



KVM採用 ConoHa VPSは、時間単位で借りれる便利なVPSです。


ConoHa VPS は、初期設定費0円最低利用期間無し時間単位で清算可能、 さらに、Web APIを使って自動化を図ることもできる便利なVPSです。

海外サーバー設置も可能で、ローカル接続にも対応と、かなり、機能豊富なサーバーです。

新規ユーザ登録で、クーポンもらえますから、まずは、お試しですね。

ConoHa VPSの詳細については、
http://www.conoha.jp/ へどうぞ。

KVM採用 お名前.com VPS(KVM) 2G プラン 初期設定費無料 キャンペーン 実施です。


メモリ2GBプラン CPU:3core、Disk:200GB
月額:1,153円から (初期設定:1,680円0円)

さくらのVPSがリニューアルされてもなんのその。
1GBメモリ / 2Core を ¥834 – の格安価格で提供中です!
間違いなくスペックからすると割安感ありです。
年間割引時の途中解約で返金がないのは、 ちょっと残念ですが、それでもこの割安感は魅力です。

まずは、お試しですね。

お名前.com VPS(KVM)の詳細については、
http://www.onamae-server.com/vps/ へどうぞ。(お試し期間が15日あります。)



  • はてなブックマークへ追加する
  • Facebookでシェアする
  • twitter でつぶやく
  • Google Plusでシェアする
  • Pocketでシェアする
ページトップへ
Time : 0.2024 [s]