レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント
レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント - レンタルサーバー・自宅サーバーの設定・構築情報を公開しています。

SSHのX11Forwarding を使ってセキュアなリモートでGUIを操作する

2012年3月9日 2015年5月15日
SSH Tunnel

SSHポートフォワード と VNC を使ってセキュアなリモートデスクトップを使ってみる では、SSHのポートフォワードとVNCを使ってセキュアなリモートデスクトップを扱ってみました。

SSHのX11Forwarding を使って、リモートでGUI操作を行ってみます。

X11 Forwardingとは、
X11 の転送 というのが直訳です。つまりは、X Window Systemは、X11プロトコル(通信手順)を元に構築されます。そのX11プロトコル(通信手順)の電文情報をサーバー、クライアント間で転送するということです。

サーバー側の(CentOS)の環境設定

SSHのX11Forwarding を許可するように設定します。
デフォルトでは許可になっているはずですが、確認も含めて設定しておきましょう。

$ vi /etc/ssh/sshd_config
...
X11Forwarding yes
..

$ /etc/init.d/sshd reload
sshd を再読み込み中:                                       [  OK  ]

ここでは、設定を終えたら、再読み込みを実施しています。

これで、サーバー側の設定は終わりです。続けて、今度はクライアント側になります。

SSHのX11関連情報は、以下のものがあります。
  • X11Forwarding : X11転送の許可。(default:yes)
  • X11DisplayOffset : X11が転送するディスプレイ番号。(default:10)
  • X11UseLocalhost : X11 をlocalhost のみ許可。(default:yes)
全てデフォルトでOKのはずなんですが、X11Forwardingぐらいは確認しておきましょう。

SSH(クライアント)の環境設定

SSHの接続には、Cygwin-Xを用います。
X11プロトコルに対応したxtermから、サーバーへ接続しなければなりません。
そのために必要な無償ソフトウェアは、Cygwinが最も有名でしょう。
そのCygwinのXtermを含めたX Window Seerver をCygwin-Xと呼んでいます。

  1. Cygwin-X , CygwinのSSH をインストールします。

    cygwin の setup.exe を起動します。
    ( cygwin の setup.exe は、http://cygwin.com/setup.exe からダウンロードできます。 )

    インストールするX11をチェックし、Install状態にします。 ( カテゴリのX11をチェックします。 )

    cygwin x11 インストール

    X11と同じように、インストールするOpenSSHをチェックし、Install状態にします。 ( カテゴリは、Netになります。 )

    cygwin SSH インストール

    設定を終えたら、[ 次へ ]をクリックし、画面に従いインストールを実行します。

  2. Cygwin-Xを起動し、SSH接続します。

    Cygwin-Xインストールが完了したら、WindowsのスタートボタンからCygwin-Xを起動します。
    [ スタート ] – [ プログラム ] – [ Cygwin-X ] – [ XWin Server ] でCugwin-Xを起動します。

    cygwin-x スタート
    上記は、Windows XP のクラシックメニューです。他のOSではイメージが違いますので、注意してください。

    以下のようにxtermが開いたら、SSHでサーバーへ接続します。

    cygwin-x xterm

    [~] $ ssh -X taro@11.22.33.44
    password:
    ...
    ...
    [taro@11.22.33.44] $ 
    SSHのパラメータは以下のような意味になります。
    -X : X11 forwarding を有効にして接続します。
    taro@11.22.33.44 : ログインユーザ名@サーバー名(or IPアドレス)

    また、タスクバーにXServerのアイコンが表示されます。
    cygwin-x taskbar
    右クリックでメニューが表示されます。emacsなどもインストールできていれば、起動することができます。

  3. Xウィンドウの簡単が画面を表示してみます。

    Xウィンドウの簡単が画面 xeyes , xclock を表示してみます。

    [taro@11.22.33.44] $ xeyes &

    cygwin-x xeyes

    [taro@11.22.33.44] $ xclock &

    cygwin-x xclock

    どうでしょうか?表示できましたか?


おまけ GNOMEのデスクトップを表示してみる

SSHのX11Forwardingを使ってGNOMEを表示させるには、GNOMEディスプレイマネージャ(gdm) が必要になります。
サーバー側で、gdm をインストールした後、クライアントからます。

  1. [サーバー] GNOMEディスプレイマネージャ(gdm) をインストールします。

    サーバー側にGNOMEディスプレイマネージャ(gdm) をインストールします。

    $ yum install -y gdm
    ...
    $ gdm-restart
    $ 
  2. [クライアント] GNOME を表示してみます。

    クライアント側Cygwin-X を使ってSSH接続し、GNOME を表示してみます。GNOMEを表示する際にgdmflexiserverを使います。

    [taro@11.22.33.44] $ gdmflexiserver --xnest --no-lock
    –xnest : Xnextモード
    –no-lock : スクリーンロックしない

    以下のようにログインユーザ画面が表示されます。ユーザ名を入力し、[ OK ]ボタンをクリックします。

    GNOMEログイン

    ログインパスワード画面が表示されます。パスワードを入力し、[ OK ]ボタンをクリックします。

    GNOMEパスワード

    正しくログインできれば、GNOMEのデスクトップ画面が表示されます。

    GNOME

    gdmのセッティングをしたい場合は、gdmsetup を起動するとセッティングできます。ただし、管理者権限のあるユーザでないと設定できません。

    [taro@11.22.33.44] $ gdmsetup &

    GNOME SETUP
    ログイン時の画面設定は、以下のように設定できます。
    GNOME SETUP
    また、セキュリティタブでは、rootのログインの許可なども設定できます。
    GNOME SETUP
SSHのX11Forwarding は、非常にお手軽にセキュアなリモートデスクトップを利用できます・・・が、非常に重たいです。
本当にお手軽なのはお手軽です。FireFoxもインストールできていれば起動することもできます・・・が、もっさりとした動作です。
FireFox

ただ、SSHポートフォワード と VNC を使ってセキュアなリモートデスクトップを使ってみる で使ってみたSSHポートフォワード + VNC に比べると、かなり重たいです。

ちょっとだけ、GUIを楽しみたいというぐらいなら、面白いですが、ちゃんとGUIとして使いたいなら、SSHポートフォワード と VNC を使ってセキュアなリモートデスクトップを使ってみる の設定をおすすめします。


この記事は、さくらのVPSCloudCore VPS を使って試した結果を元に書かれました。

さくらのVPS を試してみたい方は、さくらのVPS ページさくらのVPS ページからどうぞ。無料お試し期間は14日です。
※お試し期間中は、OP25B設定、データ転送帯域に制約がありますから注意してください。

CloudCore ( クラウドコア ) VPS を試してみたい方は、CloudCore ( クラウドコア ) VPS ページCloudCore ( クラウドコア ) VPS ページからどうぞ。無料お試し期間は10日です。


ご利用のブラウザは、広告ブロック(AdBlockなど) が適用となっていませんか?
このサイトでは、コンテンツの一部が非表示、あるいは、コメント、お問い合わせの投稿ができない検索ができないことがあります。


関連記事 :

SSHポートフォワード と VNC を使ってセキュアなリモートデスクトップを使ってみる

評判のさくらのVPSを使ってVNCを使ってリモートデスクトップの環境を設定してみる(CentOS編) では、さくらのVPSを使ってV ...

Cygwin のインストール・アップデートで cygutils.sh exit code 127 が出る件

久しぶりにWindowsでUnixライクな作業をやろうとCygwin環境をアップデートしようとセットアップを起動しました。 すると、cygut ...

評判のさくらのVPSを使ってVNCを使ってリモートデスクトップの環境を設定してみる(CentOS編)

Debian/Ubuntu編は、Debian/UbuntuでVNCを使ってリモートデスクトップの環境を設定してみる をどうぞ。 ...

評判のCloudCore VPSでVNCリモートコンソールを使ってGUIを使ってみた

何かと評判のCloudCore VPSですが、今回リモートコンソール、OS初期化機能が追加されました。 随時機能アップを図っていく ...

Windows版 lftp で自動ダウンロード、アップロードを行う方法

最近では、レンタルサーバの障害が、この業界でも話題になっています。万が一に備えてのバックアップは大事です。 ウェブ関連データのバックアップを自 ...


3 件 コメントがあります。 コメントを投稿する
  1. 通りすがり
    2013年11月22日, 3:49 PM

    sshd_configのX11Forwardingはデフォルトnoだろう。
    man sshd_configすればすぐ分かるんだから、
    それぐらい調べて公開してほしいな。

  2. 通りすがり
    2013年11月22日, 3:55 PM

    認証絡みが全然書いてないけど、
    xhost +

    xauth add
    しないでほんと大丈夫?

  3. 管理人
    2013年11月22日, 6:01 PM

    通りすがりさん

    コメントありがとうございます。管理人です。
    んーーっ、ですね、お叱り痛み入ります。
    sshd_config については書いているんですが、分かり難かったですかね、見直しておきます。
    認証絡みについては、つめこみ過ぎると分かり難くなりますから、初心者向けのとっかかりの記事としては、ここでは止めておきます。

    また、お気づきに点がありましたら、コメントいただけるとうれしく思います。


コメントを投稿 :

お名前 *

メールアドレス *
( メールアドレスが公開されることはありません。)

サイトアドレス

コメント *

* 印の項目は、入力が必要な項目です。




最近投稿の記事

[ 画像提供元 : Amazon ] 先日、1TBのディスクの入れ替え時にバックアップをとろうとディスクコピーを行いました。 その際 ...

Windows で Linux ファイルシステム Ext4 のディスクをマウントするには? Ext3Fsd が、おそらく、最も簡単なツール ...

今回は、Windows で Compass を使ってみました。 Compass とは、 Sass(サス、Syntactica ...

今回は、Anti Adblock を使ってみました。 Anti Adblock とは、 そもそも Adblock という ウェブ ...

デスクトップ環境でない サーバーで、Webページのキャプチャー画像をコマンドで撮る には、wkhtmltoimage, CutyCapt ...


さくらのVPS 全プラン リニューアルです。(石狩(北海道)も選択可)


root権限ありで ¥685 / 月 ~ と非常にリーズナブルな CPU 1(core)の 512 プランから、 最高 CPU 10(core), メモリ 32(GB), SSD容量 800(GB) までとプランが充実。
ディスクは、SSDとHDDの選択が可能になった他、データセンターは人気の東京、石狩(北海道)となりました。

また、どのプランでも好きなOSが選べます
( CentOS, Fedora, Scientific Linux, FreeBSD, Ubutu, Debian )

管理人もおすすめのVPSです。
試用期間がありますから、一度、お試しを!!

詳しくは、http://vps.sakura.ad.jp/さくらのVPSのサイトへ へどうぞ!!

カテゴリ


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。
最近、スワップにも対応した Serverman@VPS は、かなりリーズナブルかもです。

  • メモリ1GB~2GBのEntryプラン :月額:490円
  • メモリ2MB~4GBのStandardプラン :月額:980円
  • メモリ4GB~8GBのProプラン :月額:1,980円

新規申し込みで1ヶ月間完全無料となるキャンペーンを実施中です。
Serverman@VPSの特徴は、安さとIPv6対応です。また、初期設定費0円もポイントです。

IPv6でちょっと遊んでみたい方には、おすすめかもしれませんね。最低利用期間もありませんから、気に入らないときは即解約もできます。

Serverman@VPSの詳細については、 http://dream.jp/vps/ Serverman@VPSのサイトへへどうぞ。



KVM採用 ConoHa VPSは、時間単位で借りれる便利なVPSです。


ConoHa VPS は、初期設定費0円最低利用期間無し時間単位で清算可能、 さらに、Web APIを使って自動化を図ることもできる便利なVPSです。

海外サーバー設置も可能で、ローカル接続にも対応と、かなり、機能豊富なサーバーです。

新規ユーザ登録で、クーポンもらえますから、まずは、お試しですね。

ConoHa VPSの詳細については、
http://www.conoha.jp/ へどうぞ。

KVM採用 お名前.com VPS(KVM) 2G プラン 初期設定費無料 キャンペーン 実施です。


メモリ2GBプラン CPU:3core、Disk:200GB
月額:1,153円から (初期設定:1,680円0円)

さくらのVPSがリニューアルされてもなんのその。
1GBメモリ / 2Core を ¥834 – の格安価格で提供中です!
間違いなくスペックからすると割安感ありです。
年間割引時の途中解約で返金がないのは、 ちょっと残念ですが、それでもこの割安感は魅力です。

まずは、お試しですね。

お名前.com VPS(KVM)の詳細については、
http://www.onamae-server.com/vps/ へどうぞ。(お試し期間が15日あります。)



  • ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークへ追加するはてな登録数
ページトップへ
Time : 0.1989 [s]