レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント
レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント - レンタルサーバー・自宅サーバーの設定・構築情報を公開しています。

MySQL5.5 で削除された機能一覧(おまけ)

2011年11月8日 2015年5月16日
mysql 5.5

改版もありそうなので、mysql5.1系からmysql5.5系へアップグレードする で記載していた内容「MySQL5.5 で削除された機能一覧」を1つの記事にしました。

MySQL5.5 で削除された機能一覧(おまけ)

MySQL5.5では、かなりの機能が変更されていて、それにともなってパラメータの変更も多くあります。以下は、その一覧です。
( 原文は、 1.4. What Is New in MySQL 5.5です。間違いがあったらコメントください。 )

詳細表示切替
5.5で廃止になった機能5.5での代替機能
[システム変数] language
lc_messages_dir
lc_messages
[システム変数] log_bin_trust_routine_creators log_bin_trust_function_creators
[システム変数] myisam_max_extra_sort_file_size なし
[システム変数] record_buffer read_buffer_size
[システム変数] sql_log_update なし
[ステータス変数] Innodb_buffer_pool_read_ahead_rnd
Innodb_buffer_pool_read_ahead_seq
Innodb_buffer_pool_read_ahead
Innodb_buffer_pool_read_ahead_evicted
[システム変数] table_type
storage_engine
[FRAC_SECONDための修飾子] TIMESTAMPADD()関数
MICROSECOND
[SQL] [SQL]
CREATE TABLEまたはALTER TABLEのオプション TYPE
(ストレージエンジンを指定)
ENGINE
[SQL] SHOW TABLE TYPES
SHOW ENGINES
[SQL] SHOW INNODB STATUS
SHOW MUTEX STATUS
SHOW ENGINE INNODB STATUS
SHOW ENGINE INNODB MUTEX
[SQL] SHOW PLUGIN
SHOW PLUGINS
[SQL] LOAD TABLE … FROM MASTER
LOAD DATA FROM MASTER
※以下のコマンドで代用可
mysqldump
mysqlhotcopy
mysql
[SQL] BACKUP TABLE
RESTORE TABLE
※以下のコマンドで代用可
mysqldump
mysqlhotcopy
mysql
[SQL] TIMESTAMP( N )
データ型:N 表示幅を指定する機能
N なしで使用可
[サーバーオプション] –default-character-set
–default-collation
–character-set-server
–collation-server
[サーバーオプション] –default-table-type
–default-storage-engine
[サーバーオプション] –delay-key-write-for-all-tables
–delay-key-write=ALL
[サーバーオプション] –enable-locking
–skip-locking
–external-locking
–skip-external-locking
[サーバーオプション] –log-bin-trust-routine-creators
–log-bin-trust-function-creators
[サーバーオプション] –log-long-format
なし
[サーバーオプション] –log-update
なし
[サーバーオプション]
replication系オプション
–master-host
–master-user
–master-password
–master-port
–master-connect-retry
–master-ssl
–master-ssl-ca
–master-ssl-capath
–master-ssl-cert
–master-ssl-cipher
–master-ssl-key
※以下のコマンドで代用可
CHANGE MASTER TO
option:
    MASTER_HOST = 'host_name'
  | MASTER_USER = 'user_name'
  | MASTER_PASSWORD = 'password'
  | MASTER_PORT = port_num
  | MASTER_CONNECT_RETRY = interval
  | MASTER_HEARTBEAT_PERIOD = interval
  | MASTER_LOG_FILE = 'master_log_name'
  | MASTER_LOG_POS = master_log_pos
  | RELAY_LOG_FILE = 'relay_log_name'
  | RELAY_LOG_POS = relay_log_pos
  | MASTER_SSL = {0|1}
  | MASTER_SSL_CA = 'ca_file_name'
  | MASTER_SSL_CAPATH = 'ca_directory_name'
  | MASTER_SSL_CERT = 'cert_file_name'
  | MASTER_SSL_KEY = 'key_file_name'
  | MASTER_SSL_CIPHER = 'cipher_list'
  | MASTER_SSL_VERIFY_SERVER_CERT = {0|1}
  | IGNORE_SERVER_IDS = (server_id_list)
[サーバーオプション] –safe-show-database
なし
[サーバーオプション] –skip-symlink
–use-symbolic-links
–skip-symbolic-links
–symbolic-links
[サーバーオプション] –sql-bin-update-same
なし
[サーバーオプション] –warnings
–log-warnings
[mysqlオプション] –no-named-commands
–skip-named-commands
[mysqlオプション] –no-pager
–skip-pager
[mysqlオプション] –no-tee
–skip-tee
[mysqlbinlogオプション] –position
–start-position
[mysqldumpオプション] –all
–create-options
[mysqldumpオプション] –first-slave
–lock-all-tables
[mysqld_multiオプション] –config-file
–defaults-extra-file
[mysqlオプション] –set-variable=var_name=value
-O var_name=value
–var_name=value
[configure ]
[mysqldオプション ]
–with-pstack
–enable-pstack
なし
mysql5.1系からmysql5.5系へアップグレードする でも記載していますが、MySQL5.5 へのアップグレードは、いずれ必要になるでしょう。
ただ、5.1系からすると、結構、情報が変更されているので注意が必要です。
アップグレード時は、必ず、バックアップ(できれば、バイナリバックアップとmysqldump 2つあれば完璧)も忘れずに。
ご利用のブラウザは、広告ブロック(AdBlockなど) が適用となっていませんか?
このサイトでは、コンテンツの一部が非表示、あるいは、コメント、お問い合わせの投稿ができない検索ができないことがあります。


関連記事 :

FreeBSDでmysqlをバージョンアップする

前回、mysqlのインストールを行いました。 今回は、先のインストール手順の続編で、アップデート手順です。 他のサーバー(サービス)のバ ...

mysql を make install してみる

今回は、mysqlを make install してみます。 mysqlでSSL接続ができない場合の原因と対処 でも一部書いていましたが、ここ ...

mysqlのレプリケーションを使う

今回は、mysqlのレプリケーション(replication)です。 レプリケーション(replication)とは、 直訳 ...

Debian(Wheezly 7)で MySQLからMariaDB へ移行してみる

MariaDBとは、 MySQLのオリジナルコードの作者でMySQL ABの創設者でもあるMichael “Monty” ...

yumでmysql5.1系を最新版へアップデートする

今までCentOSに関して、ほとんどアプリケーション、サーバー類をインストールする場合、yumを使ってきました。 これは、インストールした ...



コメントを投稿 :

お名前 *

メールアドレス *
( メールアドレスが公開されることはありません。)

サイトアドレス

コメント *

* 印の項目は、入力が必要な項目です。




最近投稿の記事

[ 画像提供元 : Amazon ] 先日、1TBのディスクの入れ替え時にバックアップをとろうとディスクコピーを行いました。 その際 ...

Windows で Linux ファイルシステム Ext4 のディスクをマウントするには? Ext3Fsd が、おそらく、最も簡単なツール ...

今回は、Windows で Compass を使ってみました。 Compass とは、 Sass(サス、Syntactica ...

今回は、Anti Adblock を使ってみました。 Anti Adblock とは、 そもそも Adblock という ウェブ ...

デスクトップ環境でない サーバーで、Webページのキャプチャー画像をコマンドで撮る には、wkhtmltoimage, CutyCapt ...


さくらのVPS 全プラン リニューアルです。(石狩(北海道)も選択可)


root権限ありで ¥685 / 月 ~ と非常にリーズナブルな CPU 1(core)の 512 プランから、 最高 CPU 10(core), メモリ 32(GB), SSD容量 800(GB) までとプランが充実。
ディスクは、SSDとHDDの選択が可能になった他、データセンターは人気の東京、石狩(北海道)となりました。

また、どのプランでも好きなOSが選べます
( CentOS, Fedora, Scientific Linux, FreeBSD, Ubutu, Debian )

管理人もおすすめのVPSです。
試用期間がありますから、一度、お試しを!!

詳しくは、http://vps.sakura.ad.jp/さくらのVPSのサイトへ へどうぞ!!

カテゴリ


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。
最近、スワップにも対応した Serverman@VPS は、かなりリーズナブルかもです。

  • メモリ1GB~2GBのEntryプラン :月額:490円
  • メモリ2MB~4GBのStandardプラン :月額:980円
  • メモリ4GB~8GBのProプラン :月額:1,980円

新規申し込みで1ヶ月間完全無料となるキャンペーンを実施中です。
Serverman@VPSの特徴は、安さとIPv6対応です。また、初期設定費0円もポイントです。

IPv6でちょっと遊んでみたい方には、おすすめかもしれませんね。最低利用期間もありませんから、気に入らないときは即解約もできます。

Serverman@VPSの詳細については、 http://dream.jp/vps/ Serverman@VPSのサイトへへどうぞ。



KVM採用 ConoHa VPSは、時間単位で借りれる便利なVPSです。


ConoHa VPS は、初期設定費0円最低利用期間無し時間単位で清算可能、 さらに、Web APIを使って自動化を図ることもできる便利なVPSです。

海外サーバー設置も可能で、ローカル接続にも対応と、かなり、機能豊富なサーバーです。

新規ユーザ登録で、クーポンもらえますから、まずは、お試しですね。

ConoHa VPSの詳細については、
http://www.conoha.jp/ へどうぞ。

KVM採用 お名前.com VPS(KVM) 2G プラン 初期設定費無料 キャンペーン 実施です。


メモリ2GBプラン CPU:3core、Disk:200GB
月額:1,153円から (初期設定:1,680円0円)

さくらのVPSがリニューアルされてもなんのその。
1GBメモリ / 2Core を ¥834 – の格安価格で提供中です!
間違いなくスペックからすると割安感ありです。
年間割引時の途中解約で返金がないのは、 ちょっと残念ですが、それでもこの割安感は魅力です。

まずは、お試しですね。

お名前.com VPS(KVM)の詳細については、
http://www.onamae-server.com/vps/ へどうぞ。(お試し期間が15日あります。)



  • ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークへ追加するはてな登録数
ページトップへ
Time : 0.1763 [s]