レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント
レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント - レンタルサーバー・自宅サーバーの設定・構築情報を公開しています。

ウェブサーバーのホストの移転手順(ApacheのProxyPassを使ってスムーズな移転をする)

2010年12月2日 2014年1月14日
apache 引っ越し方法

レンタルサーバーを転々としたり、自宅サーバーの入れ替えだったり、ウェブサーバーのホストの入れ替え(変更)は、案外、多いものです。
サイトが人気になれば、それなりに対応(拡張)しないと、せっかく来てもらった訪問者に対してエラー表示しかねません。それが重なれば、いずれその人気もすぐに消えてしまうかもしれませんね。

そのためにも、やっぱりホストの入れ替え、あるいは、レンタルサーバーの切り替えは、ある程度、必要かもしれません。

また、ホストを入れ替える場合、DNSの変更も必要になります。このDNSが、変更しても全世界のDNS情報が切り替わるまでに数日かかります。

そこで、今回は、そのホストの移転をApacheのProxyPass機能を使ってよりスムーズにやる手順を簡単にまとめてみます。

ウェブサーバーの移転手順

移転先には、すでに移転元のウェーブサーバー(データベースやスクリプト環境を含む)と同じ環境のウェブサーバーが構築されているものとして、以下に解説します。

  1. 移転サーバーのバックアップを行う。
    • データベースのバックアップを行う。

      mysqlの場合は、以下のコマンドでデータベースを一括してバックアップすることができます。

      $ mysqldump -hzzzz -uxxxx -pyyyy nnnn   > ffff
      zzzz:mysqlのホスト名 ログインしたサーバーと同じ場合は、”localhost”でOK
      xxxx:mysqlのユーザ名
      yyyy:mysqlのパスワード
      nnnn:mysqlのデータベース名
      ffff:バックアップしたいファイル名(カレントディレクトリにない場合は、フルパスで指定します。)

    • HTMLファイル、phpファイル、画像ファイルなどウェブサイト関連のファイルを一式バックアップする。

      単純にディレクトリ丸ごとバックアップをする場合は、tarコマンドが簡単で便利です。

      $ tar cvfz バックアップファイル名.tar.gz /var/www/html

      上記の例は、CentOSでのデフォルトのウェブ公開ディレクトリを丸ごとバックアップしています。

      ウェブサーバー関連ファイルが、その他のディレクトリ、ファイルにある場合は、それらすべてバックアップしましょう。


  2. 移転サーバーへバックアップした情報を全て展開する。

    先にバックアップしたすべての移転元のバックアップを丸ごと移転先へコピーし、展開します。

    mysqlの場合は、以下のコマンドでデータベースを一括して展開することができます。

    $ mysql -hzzzz -uxxxx -pyyyy -Dnnnn   < ffff
    zzzz:mysqlのホスト名 ログインしたサーバーと同じ場合は、”localhost”でOK
    xxxx:mysqlのユーザ名
    yyyy:mysqlのパスワード
    nnnn:mysqlのデータベース名
    ffff:バックアップファイル名(カレントディレクトリにない場合は、フルパスで指定します。)


    また、tarでバックアップしたファイルは、バックアップファイルを展開したいディレクトリへカレントディレクトリを移して、以下のコマンドを投入するとすべて展開されます。

    $ tar xvfz バックアップファイル名.tar.gz

    ここで、移転サーバーが正しく動作するか、ウェブブラウザで表示確認しておきましょう。
    Windowsで確認する場合、C:\Windows\system32\drivers\hosts というファイルを編集することで一時的に無理やり移転サーバーへホストを切り替えて確認します。
    111.122.133.144    www.example.com
    上記の例は、移転するドメイン名(サイト名)がwww.example.comで、IPアドレスが111.122.133.144だった時の例です。

  3. ApacheのProxyPassを使って、移転元へのアクセスを移転先ホストへの転送する。

    移転と移転に同じ環境ができたことで、今度は、移転へアクセスしたユーザを移転へ転送するようにします。

    移転のApacheの設定を一部変更することで、この転送をApacheでおこなってくれます。

    1. 移転のサーバーに、移転のサーバーのIPアドレスを設定します。
      $ vi /etc/hosts
      
      111.122.133.144  www.example.com

      111.122.133.144は、www.example.comサイトの新しいIPアドレスとなります。


    2. ApacheのProxyPassを設定します。

      Apacheの設定ファイルのwww.example.comホスト情報を編集します。

      $ vi /etc/httpd/conf/httpd.conf
      
      ...
      <VirtualHost *:80>
      	ProxyPass / http://www.example.com/
      
      	ServerName www.example.com
      	DocumentRoot "/var/www/html"
      	ServerAlias www.example.com
      
      	ErrorLog /var/log/httpd/error.log
      	CustomLog /var/log/httpd/access.log combined env=!nolog
      </VirtualHost>
      ...

      ProxyPass / http://www.example.com/
      の1行を追加するだけです。

      これは、単純にwww.example.comのルート(/)以降すべてをhttp://www.example.com/へ転送する・・という意味です。


    3. Apacheの再起動を実施します。
      $ /etc/init.d/httpd restart

      これで、すべてのアクセスは、移転のサーバーへ転送されます。


  4. DNSの設定を切り替えます。

    最後に、DNSの設定を移転先へ切り替えます。

    $ vi /var/named/chroot/var/named/example.com.db
    
    ...
    $TTL    86400
    @             IN      SOA   example.com.  root.example.com.(
                                          2005030801 ; Serial
                                          28800      ; Refresh
                                          14400      ; Retry
                                          3600000    ; Expire
                                          86400 )    ; Minimum
                  IN      NS    example.com.
                  IN      MX 10 example.com.
    @             IN      A     111.122.133.144
    www           IN      CNAME @

    と、こんな感じでしょうか。
    もちろん、レンタルサーバーなどでは、ここまでの設定は必要ないでしょうし、また、自宅サーバーであってもDNSを自分でたてない限りは、ドメインレジストラの設定画面でIPアドレスを設定するのみでしょう。


実際に全世界のDNSのきりかえが完了するまで、1週間ぐらいみておく必要があります。
そのため、上記の作業が完了したのち、10日を目安に、移転元のサーバーを閉鎖すると良いと思います。
ご利用のブラウザは、広告ブロック(AdBlockなど) が適用となっていませんか?
このサイトでは、コンテンツの一部が非表示、あるいは、コメント、お問い合わせの投稿ができない検索ができないことがあります。


関連記事 :

Windowsで(L)AMP(Apache,MySQL,PHP)インストールからWordpressを動かすまで

CentOS,ScientificLinuxでLAMP(Apache+MySQL+PHP)インストールからWordPressを動かすまで(Apa ...

Windowsで(L)AMP(Nginx,MySQL,PHP)インストールからWordpressを動かすまで

Windowsで(L)AMP(Apache,MySQL,PHP)インストールからWordPressを動かすまで では、Windows に Apa ...

Nginx でリダイレクト ( rewrite ) するには

ここまでで、nginx + php-fpm上でWordpressを動作するところまで解説してきました。 CentOS / Sci ...

apache で WebDAVを使ってファイル共有してみる

今回は、apache で WebDAVを使ってファイル共有してみます。 WebDAV(Web-based Distri ...

Nginx でdeny(アクセス拒否 : 403 )するには

前回、「Nginx でリダイレクト ( rewrite ) するには」でnginx におけるリダイレクトについて簡単に解説しました。 今回 ...



コメントを投稿 :

お名前 *

メールアドレス *
( メールアドレスが公開されることはありません。)

サイトアドレス

コメント *

* 印の項目は、入力が必要な項目です。




最近投稿の記事

[ 画像提供元 : Amazon ] 先日、1TBのディスクの入れ替え時にバックアップをとろうとディスクコピーを行いました。 その際 ...

Windows で Linux ファイルシステム Ext4 のディスクをマウントするには? Ext3Fsd が、おそらく、最も簡単なツール ...

今回は、Windows で Compass を使ってみました。 Compass とは、 Sass(サス、Syntactica ...

今回は、Anti Adblock を使ってみました。 Anti Adblock とは、 そもそも Adblock という ウェブ ...

デスクトップ環境でない サーバーで、Webページのキャプチャー画像をコマンドで撮る には、wkhtmltoimage, CutyCapt ...


さくらのVPS 全プラン リニューアルです。(石狩(北海道)も選択可)


root権限ありで ¥685 / 月 ~ と非常にリーズナブルな CPU 1(core)の 512 プランから、 最高 CPU 10(core), メモリ 32(GB), SSD容量 800(GB) までとプランが充実。
ディスクは、SSDとHDDの選択が可能になった他、データセンターは人気の東京、石狩(北海道)となりました。

また、どのプランでも好きなOSが選べます
( CentOS, Fedora, Scientific Linux, FreeBSD, Ubutu, Debian )

管理人もおすすめのVPSです。
試用期間がありますから、一度、お試しを!!

詳しくは、http://vps.sakura.ad.jp/さくらのVPSのサイトへ へどうぞ!!

カテゴリ


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。
最近、スワップにも対応した Serverman@VPS は、かなりリーズナブルかもです。

  • メモリ1GB~2GBのEntryプラン :月額:490円
  • メモリ2MB~4GBのStandardプラン :月額:980円
  • メモリ4GB~8GBのProプラン :月額:1,980円

新規申し込みで1ヶ月間完全無料となるキャンペーンを実施中です。
Serverman@VPSの特徴は、安さとIPv6対応です。また、初期設定費0円もポイントです。

IPv6でちょっと遊んでみたい方には、おすすめかもしれませんね。最低利用期間もありませんから、気に入らないときは即解約もできます。

Serverman@VPSの詳細については、 http://dream.jp/vps/ Serverman@VPSのサイトへへどうぞ。



KVM採用 ConoHa VPSは、時間単位で借りれる便利なVPSです。


ConoHa VPS は、初期設定費0円最低利用期間無し時間単位で清算可能、 さらに、Web APIを使って自動化を図ることもできる便利なVPSです。

海外サーバー設置も可能で、ローカル接続にも対応と、かなり、機能豊富なサーバーです。

新規ユーザ登録で、クーポンもらえますから、まずは、お試しですね。

ConoHa VPSの詳細については、
http://www.conoha.jp/ へどうぞ。

KVM採用 お名前.com VPS(KVM) 2G プラン 初期設定費無料 キャンペーン 実施です。


メモリ2GBプラン CPU:3core、Disk:200GB
月額:1,153円から (初期設定:1,680円0円)

さくらのVPSがリニューアルされてもなんのその。
1GBメモリ / 2Core を ¥834 – の格安価格で提供中です!
間違いなくスペックからすると割安感ありです。
年間割引時の途中解約で返金がないのは、 ちょっと残念ですが、それでもこの割安感は魅力です。

まずは、お試しですね。

お名前.com VPS(KVM)の詳細については、
http://www.onamae-server.com/vps/ へどうぞ。(お試し期間が15日あります。)



  • ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークへ追加するはてな登録数
ページトップへ
Time : 0.1956 [s]