レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント
レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント - レンタルサーバー・自宅サーバーの設定・構築情報を公開しています。

評判のKDDI CPIのVPS ( CloudCore ( クラウドコア ) VPS ) を使ってみた

2012年1月13日 2014年1月9日
CloudCore VPS

KDDI CPIのVPSがCloudCore VPSとして一新しました で 紹介されているようにKDDI のCPIブランドで提供されていたVPSが、CloudCore ( クラウドコア ) VPS として一新しました。

記事の内容からもかなり さくらのVPS  さくらのVPS を意識したVPSではないかと思います。
仮想化も同じKVMを利用していて、以前のOpenVZ系のVirtuozzoに比べれば、かなりユーザの自由度が増したはずです。

やっぱり、KDDI CPIのCloudCore VPSが人気すぎて新規受付停止中です。 のように飛びつく方も多いのもうなづけますね。

機能面からすれば、 さくらのVPS  さくらのVPS の最も安いプラン ( 512MBプラン ) の悪い点( メモリ不足、ディスク容量不足 )が、全て良くなっていますからね。

今回は、そのCloudCore ( クラウドコア ) VPS の申し込みから、SSHでの接続まで、まずは、使ってみました。

CloudCore ( クラウドコア ) VPS を試してみたい方は、CloudCore ( クラウドコア ) VPS ページCloudCore ( クラウドコア ) VPS ページからどうぞ。無料お試し期間は10日です。

まずは、申し込み

お試し期間が10日間ありますが、そのお試し期間を利用するにも 申し込みは必要です。
もし、解約したければ、10日間内にキャンセルできますから、安心して大丈夫です。

まあ、簡単ですけど、一応、手順を踏んでおきましょう。

解約手続きせずに支払いがない場合も基本的に解約と同じような扱いになります。
無料お試し期間中にお支払いいただけなかった場合、お試し期間終了日の翌営業日以降にサーバーを停止いたします。
さらに一週間後、ご利用サーバーの全データを削除いたしますので、サーバー削除後にお支払いいただいた場合、再度サーバー設定をお客様にて行っていただく必要がありますのでご注意ください。
ということなので、何もしなければ、無条件に解約となります。
ただし、入金後の解約では、20日以上経過すると返金は一切なしなので注意が必要です。

CloudCore VPS の申し込み

  1. CloudCore ( クラウドコア ) VPS ページCloudCore ( クラウドコア ) VPS ページ から、”今すぐ試す” をクリックします。
    CloudCore ( クラウドコア ) VPS ページCloudCore ( クラウドコア ) VPS ページ

  2. お申し込み内容選択 画面から、契約期間を選択し、”次の画面へ進む” をクリックします。
    CloudCore VPS お申し込み内容選択

    普通なら、ここは12ヶ月を選択するでしょうね。6ヶ月と同じ金額ですから。
    (12ヶ月の価格は、一時、キャンペーン価格でしたが、現在では、通常価格となりました。他社の格安VPSの価格と対抗するため?でしょうね。)


  3. 料金・約款承認 画面から、表示内容の確認を契約内容(約款)に問題がなければ、画面下の “同意する” をチェックし “次の画面へ進む” をクリックします。
    CloudCore VPS 料金・約款承認

  4. 個人情報入力 画面から、必要な個人情報を入力し “次の画面へ進む” をクリックします。
    CloudCore VPS 個人情報入力

  5. 入力内容確認 画面で、個人情報の入力に誤りがなければ “お申し込み” をクリックします。
    CloudCore VPS 入力内容確認

    申し込みが完了したら、以下の画面が表示されます。

    CloudCore VPS 申し込み完了

    ここまでで、とりあえず、メール待ちになります。

  6. 契約に関するメールが着ます。

    【注文書】CloudCore VPS お申し込みを承りました[CloudCore VPS 2048]

    CloudCore VPS 注文書

    【重要】請求書(ccvps0xxxx)

    CloudCore VPS 請求書

    ここまでは、自動配信なので、ほぼ数分でメールが届きます。
    最後に、

    【重要】サーバー設定が完了いたしました。
    というメールが届いて、サーバーが使えるようになります。

    CloudCore VPS サーバー設定が完了

    最後のメールが届くまで、時間にして5時間程度掛かりました。ちょっと、時間が掛かりすぎな感じがしますが、気長に待ちましょう。

    ここで、割り当てられたサーバーのIPアドレスユーザーID初期パスワードが記載されいますので、これをメモしておきましょう。


ここまで終われば、すぐに使えます。早速、使ってみましょう。

まずは、WEBのコントロール画面を使ってみましょう

CloudCore VPS のコントロールパネルを使ってみましょう。

  1. CloudCore ( クラウドコア ) VPS ページCloudCore ( クラウドコア ) VPS ページ から、ログインボタンをクリックします。

    CloudCore VPS ログイン

  2. コントロールパネルのトップページが表示されますので、ここで、先のサーバー設定のメールに記載されているユーザーIDパスワードを入力します。

    CloudCore VPS ログイン

    入力を終えたら、”ログイン” ボタンをクリックし、ログインします。

    パスワードが多いですから、どのパスワードか分からなくなるので しっかり管理しましょう。
    ここで利用するのは、コントロールパネル ログイン情報 のユーザIDとパスワードになります。

  3. ログインしたら、以下のような画面が表示されます。

    まずは、状態を確認しましょう。

    OS(CentOS)がインストールされただけの状態ですから、停止となっていると思います。つまり、サーバー自体が起動していない状態です。パソコンで言うと、電源OFFの状態です。
    CloudCore VPS 状態

    OS(CentOS)を起動してみましょう。パソコンで言うと、電源ONです。

    起動ボタンをクリックするだけで、OS(CentOS)が起動します。
    CloudCore VPS 状態
    状態が、稼動中へ切り替わったと思います。

    サーバーが起動完了するまで、数秒から数分掛かります。
    数分の後、ping コマンドでIPアドレスへアクセスしてみてください。

    C:\> ping 11.22.33.44
    
    Pinging 11.22.33.44 with 32 bytes of data:
    
    Reply from 11.22.33.44: bytes=32 time=22ms TTL=49
    Reply from 11.22.33.44: bytes=32 time=21ms TTL=49
    Reply from 11.22.33.44: bytes=32 time=22ms TTL=49
    Reply from 11.22.33.44: bytes=32 time=22ms TTL=49
    
    Ping statistics for 11.22.33.44:
        Packets: Sent = 4, Received = 4, Lost = 0 (0% loss),
    Approximate round trip times in milli-seconds:
        Minimum = 21ms, Maximum = 22ms, Average = 21ms

    上記のようにアクセスできればOKです。


    OS(CentOS)が起動していれば、再起動停止ボタンが有効になっています。
    それぞれのボタンで、再起動:リブート、停止:電源OFFを行うことができます。

  4. OS(CentOS)が立ち上がったら、ログインしてみましょう。

    今回は、TeraTermを使って SSH でログインしてみます。
    IPアドレス:先のサーバー設定のメールに記載のIPアドレスを設定します。
    ポート番号:デフォルトの22番を指定します。
    TeraTerm ログイン

    ユーザ名:root ※初期状態では、rootのみです。
    パスワード:先のサーバー設定のメールに記載されているroot(管理者)の 初期パスワードを入力します。
    TeraTerm ログイン

    以下のようにログインできればOKです。
    TeraTerm ログイン

    ログインできたら、lsコマンドでも入力して、正しく動作するかチェックしてみてください。
    TeraTerm ログイン

    $ free
                 total       used       free     shared    buffers     cached
    Mem:       2053732      68696    1985036          0       7876      27956
    -/+ buffers/cache:      32864    2020868
    Swap:      4194296          0    4194296
    $ df
    Filesystem           1K-ブロック    使用   使用可 使用% マウント位置
    /dev/vda1            101572540   5413600  90916132   6% /
    tmpfs                  1026864         0   1026864   0% /dev/shm
    $

    上記は、実際にクラウドコアの初期状態(OSのアップデートを実施した状態)でのメモリとディスクの使用状況を出力したものです。

    メモリは、
    全体 : 2 GB に対して 使用量 : 69 MB で、
    スワップについては、
    全体 : 4 GB に対して 使用量 : 0 MB となっています。

    ディスクは、
    全体 : 101 GB に対して 使用量 : 5.4 GB で、6 % の使用量となっています。

    これだけのメモリとディスクがあれば、楽しめそうです。


コントロールパネルは、非常にシンプルで分かり易いです。
機能的にも続々提供され、いまや、 ほとんどは、さくらのVPS ページさくらのVPS ページと同じです。
( 2012.1.26 リモートコンソールに対応しました。 2012.2.20 OS初期化に対応しました。また、随時、各カスタムOSへの対応も実施済です。)

ディスク容量が100GBメモリ2GBなら、CPU以外のリソースは、ほぼ十分なんじゃないでしょうか。

お試し期間で、もう少し遊んでみたいと思います。

CloudCore ( クラウドコア ) VPS を試してみたい方は、CloudCore ( クラウドコア ) VPS ページCloudCore ( クラウドコア ) VPS ページからどうぞ。無料お試し期間は10日です。

ご利用のブラウザは、広告ブロック(AdBlockなど) が適用となっていませんか?
このサイトでは、コンテンツの一部が非表示、あるいは、コメント、お問い合わせの投稿ができない検索ができないことがあります。


関連記事 :

話題のお名前.com レンタルサーバー VPS KVM プランを使ってみた

お名前.comレンタルサーバー VPS から KVMプランがリリースされましたが、いきなり機能アップ、価格改定です。 で 紹介され ...

CloudCore VPS にて UnixBench を実測してみた、ついでにさくらのVPSと比較してみた

遅ればせながら、さくらのVPS (旧プラン512) のUnixBench を実施して計測してみました では、さくらのVPSのUnix ...

SPPD VPS,ABLENET VPS,CloudCore VPS,さくらのVPS (KVM格安VPS) の nuttcp による伝送速度を比較してみた

さくらのVPS と CloudCore VPS の 伝送速度をnuttcpを使って計測してみた でさくらのVPS、CloudCore ...

SPPD VPS (KVM) にて UnixBench を実測してみた、ついでにさくらのVPSと比較してみた

遅ればせながら、さくらのVPS (旧プラン512) のUnixBench を実施して計測してみました では、さくらのVPSのUnix ...

評判のKDDI クラウドコア(CloudCore) VPS とさくらのVPSをサーバー性能を比較してみた

この記事は、少し古くなっています。 サーバーのパフォーマンスとして、最近では、UnixBenchを用いることが多いです。さくら ...



コメントを投稿 :

お名前 *

メールアドレス *
( メールアドレスが公開されることはありません。)

サイトアドレス

コメント *

* 印の項目は、入力が必要な項目です。




最近投稿の記事

[ 画像提供元 : Amazon ] 先日、1TBのディスクの入れ替え時にバックアップをとろうとディスクコピーを行いました。 その際 ...

Windows で Linux ファイルシステム Ext4 のディスクをマウントするには? Ext3Fsd が、おそらく、最も簡単なツール ...

今回は、Windows で Compass を使ってみました。 Compass とは、 Sass(サス、Syntactica ...

今回は、Anti Adblock を使ってみました。 Anti Adblock とは、 そもそも Adblock という ウェブ ...

デスクトップ環境でない サーバーで、Webページのキャプチャー画像をコマンドで撮る には、wkhtmltoimage, CutyCapt ...


さくらのVPS 全プラン リニューアルです。(石狩(北海道)も選択可)


root権限ありで ¥685 / 月 ~ と非常にリーズナブルな CPU 1(core)の 512 プランから、 最高 CPU 10(core), メモリ 32(GB), SSD容量 800(GB) までとプランが充実。
ディスクは、SSDとHDDの選択が可能になった他、データセンターは人気の東京、石狩(北海道)となりました。

また、どのプランでも好きなOSが選べます
( CentOS, Fedora, Scientific Linux, FreeBSD, Ubutu, Debian )

管理人もおすすめのVPSです。
試用期間がありますから、一度、お試しを!!

詳しくは、http://vps.sakura.ad.jp/さくらのVPSのサイトへ へどうぞ!!

カテゴリ


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。
最近、スワップにも対応した Serverman@VPS は、かなりリーズナブルかもです。

  • メモリ1GB~2GBのEntryプラン :月額:490円
  • メモリ2MB~4GBのStandardプラン :月額:980円
  • メモリ4GB~8GBのProプラン :月額:1,980円

新規申し込みで1ヶ月間完全無料となるキャンペーンを実施中です。
Serverman@VPSの特徴は、安さとIPv6対応です。また、初期設定費0円もポイントです。

IPv6でちょっと遊んでみたい方には、おすすめかもしれませんね。最低利用期間もありませんから、気に入らないときは即解約もできます。

Serverman@VPSの詳細については、 http://dream.jp/vps/ Serverman@VPSのサイトへへどうぞ。



KVM採用 ConoHa VPSは、時間単位で借りれる便利なVPSです。


ConoHa VPS は、初期設定費0円最低利用期間無し時間単位で清算可能、 さらに、Web APIを使って自動化を図ることもできる便利なVPSです。

海外サーバー設置も可能で、ローカル接続にも対応と、かなり、機能豊富なサーバーです。

新規ユーザ登録で、クーポンもらえますから、まずは、お試しですね。

ConoHa VPSの詳細については、
http://www.conoha.jp/ へどうぞ。

KVM採用 お名前.com VPS(KVM) 2G プラン 初期設定費無料 キャンペーン 実施です。


メモリ2GBプラン CPU:3core、Disk:200GB
月額:1,153円から (初期設定:1,680円0円)

さくらのVPSがリニューアルされてもなんのその。
1GBメモリ / 2Core を ¥834 – の格安価格で提供中です!
間違いなくスペックからすると割安感ありです。
年間割引時の途中解約で返金がないのは、 ちょっと残念ですが、それでもこの割安感は魅力です。

まずは、お試しですね。

お名前.com VPS(KVM)の詳細については、
http://www.onamae-server.com/vps/ へどうぞ。(お試し期間が15日あります。)



  • ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークへ追加するはてな登録数
ページトップへ
Time : 0.2210 [s]