レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント
レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント - レンタルサーバー・自宅サーバーの設定・構築情報を公開しています。

Debian 7 (wheezy)がいよいよ正式リリースです。

2013年5月2日 2014年1月10日
debian7

Debian 7 (wheezy)がいよいよ正式リリースです。

Debianは、ほぼ2年毎にバージョンアップしてきています。
このサイクルからして、2013.2 から 2013.5 に最新の安定版(stable)がリリースされることは知られていましたが、 いよいよ正式リリースの予定日が公開されました。

Release date for Wheezy announced

Neil McGovern, on behalf of the Release Team, announced that the next stable version of Debian, “Wheezy”, will be released during the first weekend of May (4/5 May). Help with the final touches is welcome: “release notes, installation guides and documentation in general, especially translations can always do with some work. Please see previous mails on these, and help if you can”, explained Neil. And to show Debian your love, you can organise a Release Party in your city.

(簡単な訳)
Neil McGovernさんは、リリースチームを代表して、Debianの”Wheezy” の安定版は、5月の最初の週末(つまり、5/4 or 5/5)にリリースされることを発表しました。 最後の仕上げの手助けを歓迎します: “リリースノート、インストールガイドや一般のドキュメントには、特に翻訳は常にいくつかの作業を行うことができます。 これらの上の以前のメールを参照してください、そして可能であれば手助けをお願いします。” と Neilさんは話しました。 そして、あなたの愛をDebianに示すためには、あなたの街でリリースパーティーを整理することができます。

出典:http://www.debian.org/News/weekly/2013/09/#releasedate


いよいよ Debian 7 (wheezy)ですね。
Debian 6.0 (squeeze) を利用されている方には、あと1年のサポートで終了ということでもあります。 (特に急いでDebian 7 (wheezy)の機能を利用したい方を除き)通常、ある程度のマイナーバージョンアップの後に切り替えるのが普通なので、まあ、年内でのアップグレード作業が必要になろうかと思います。

Debian 6.0 (squeeze) からDebian 7 (wheezy)へのアップグレード手順については、http://www.debian.org/releases/wheezy/amd64/release-notes/ch-upgrading.ja.html で既に公開されています。

最近では、サーバーのアップグレードは、個人的には、ほとんどやることがなくなりました。 それは、格安のVPSが手ごろに入手可能になったためです。加えてVPSでのアップグレードが、本当に大丈夫かどうか不明な点も多いからでもあります。

例えば、今借りているVPSで Debian 6.0 (squeeze) から Debian 7 (wheezy) へアップデートしたい場合、
新しいVPSを借りて、そこに Debian 7 (wheezy) を構築してあげて、DNSでサーバーを切り替えた方が、間違いなく安全ですし、サーバーを止めることがなくなります。
加えて、Debian 6.0 (squeeze) を最初から使っているなら、既に2年程度は使用していることになりますから、 ハード的にも古くなりかけていることも十分考えられますから、引っ越しは、かなりメリットもあるかと思います。

自宅サーバーや専用レンタルサーバーの場合でも同じように、ハードの入れ替えも考慮しても良い時かもしれませんね。

Linuxの各ディストリビューションのメンテナンス期限を参考までに記載しておきます。
  • Debian 6 : ~ 2014年5月前後
  • Ubuntu 12.04 LTS : ~ 2017年4月
  • CentOS 6 : ~ 2015年5月31日(完全更新期限) ~ 2020年11月30日(メンテナンス更新期限)
CentOS 6 のメンテナンス更新期限は、セキュリティ対応のみになりますから、実質、完全更新期限までとしておく方が無難かもしれません。

実質のメンテナンス期間として一番長いのは、Ubuntuですが、長いということは、メジャーアップグレードで機能アップされるものが、その期間利用できないことでもありますから、 長ければ良いというものでもないと思います。個人的には、やっぱり3年前後というのが、頃合いとしても良い時間ではないかと思います。

先にも書いたようにバージョンアップとともに サーバーの切り替えを行う場合は、ConoHa VPSが かなり便利です。

何といっても初期設定無料で、一時的にサーバーを必要とした場合でも、格安で手に入れることができます。 最低利用期間は30日で、バックアップもできます。

ConoHa VPSを試してみたい方は、http://www.conoha.jp/からどうぞ。



関連記事 :


コメントを投稿 :

お名前 *

メールアドレス *
( メールアドレスが公開されることはありません。)

サイトアドレス

コメント *

* 印の項目は、入力が必要な項目です。




最近投稿の記事

Genymotionとは、 公式サイト(http://www.genymotion.com/)には、以下のように記述があります。 G ...

以下のように Android x86 を仮想マシンへインストールし、色々と試してきました。 仮想マシンを使って Android ...

Android x86とは、 いわゆる Android のPC版OSです。 Android は、Googleによって開発されたスマー ...

Android x86とは、 いわゆる Android のPC版OSです。 Android は、Googleによって開発されたスマー ...

今回は、Mondo Rescue を使って バックアップとリストア(復元)をやってみたいと思います。 いまだに、さくらのVPSは、バッ ...


さくらのVPS 全プラン リニューアルです。(石狩(北海道)も選択可)


root権限ありで ¥685 / 月 ~ と非常にリーズナブルな CPU 1(core)の 512 プランから、 最高 CPU 10(core), メモリ 32(GB), SSD容量 800(GB) までとプランが充実。
ディスクは、SSDとHDDの選択が可能になった他、データセンターは人気の東京、石狩(北海道)となりました。

また、どのプランでも好きなOSが選べます
( CentOS, Fedora, Scientific Linux, FreeBSD, Ubutu, Debian )

管理人もおすすめのVPSです。
試用期間がありますから、一度、お試しを!!

詳しくは、http://vps.sakura.ad.jp/さくらのVPSのサイトへ へどうぞ!!

カテゴリ


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。
最近、スワップにも対応した Serverman@VPS は、かなりリーズナブルかもです。

  • メモリ1GB~2GBのEntryプラン :月額:490円
  • メモリ2MB~4GBのStandardプラン :月額:980円
  • メモリ4GB~8GBのProプラン :月額:1,980円

新規申し込みで1ヶ月間完全無料となるキャンペーンを実施中です。
Serverman@VPSの特徴は、安さとIPv6対応です。また、初期設定費0円もポイントです。

IPv6でちょっと遊んでみたい方には、おすすめかもしれませんね。最低利用期間もありませんから、気に入らないときは即解約もできます。

Serverman@VPSの詳細については、 http://dream.jp/vps/ Serverman@VPSのサイトへへどうぞ。



KVM採用 ConoHa VPSは、時間単位で借りれる便利なVPSです。


ConoHa VPS は、初期設定費0円最低利用期間無し時間単位で清算可能、 さらに、Web APIを使って自動化を図ることもできる便利なVPSです。

海外サーバー設置も可能で、ローカル接続にも対応と、かなり、機能豊富なサーバーです。

新規ユーザ登録で、クーポンもらえますから、まずは、お試しですね。

ConoHa VPSの詳細については、
http://www.conoha.jp/ へどうぞ。

KVM採用 お名前.com VPS(KVM) 2G プラン 初期設定費無料 キャンペーン 実施です。


メモリ2GBプラン CPU:3core、Disk:200GB
月額:1,153円から (初期設定:1,680円0円)

さくらのVPSがリニューアルされてもなんのその。
1GBメモリ / 2Core を ¥834 – の格安価格で提供中です!
間違いなくスペックからすると割安感ありです。
年間割引時の途中解約で返金がないのは、 ちょっと残念ですが、それでもこの割安感は魅力です。

まずは、お試しですね。

お名前.com VPS(KVM)の詳細については、
http://www.onamae-server.com/vps/ へどうぞ。(お試し期間が15日あります。)



  • はてなブックマークへ追加する
  • Facebookでシェアする
  • twitter でつぶやく
  • Google Plusでシェアする
  • Pocketでシェアする
ページトップへ
Time : 0.2104 [s]