レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント
レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント - レンタルサーバー・自宅サーバーの設定・構築情報を公開しています。

評判のさくらのVPSを使ってVNCを使ってリモートデスクトップの環境を設定してみる(CentOS編)

2011年1月22日 2015年5月17日
remotedesktop sakura vps

Debian/Ubuntu編は、Debian/UbuntuでVNCを使ってリモートデスクトップの環境を設定してみる をどうぞ。


今回は、VNCを使ってリモートデスクトップを実現してみましょう。

VNCとは、
Virtual Network Computingの略で、直訳すると仮想ネットワークコンピューティング・・・そのまんま。
ネットワークに繋がった他のコンピュータの画面を遠隔操作するソフトウェア。イギリスのOlivetti Research Laboratory(1999年1月にAT&T Laboratoryが吸収)が開発し、フリーソフトウェアとして無償で配布している。

リモートデスクトップとは、
手元のコンピューターからネットワークで接続された他のコンピューターのGUIを操作する技術の総称である。
Windowsでは、この機能が、そのままサービス名みたいに使われていますので、よく知られるところとなりました。

出典:ウィキペディア、IT用語辞典

さて、今回は、評判のさくらのVPSさくらのVPS を使って、実現してみます。

本来、さくらのVPSは、所詮、VPSですから、GUIでの操作をメインに考えられたスペックでもないように思います。
でも、SSHで接続して、ひたすらCUIでセッティングするのも、ちょっと、疲れてしまいます。
少し楽しみながらセッティングを行いたい場合や、GUI関連の開発を行いたい場合、 さらには、そもそもサーバーとしてではなくリモートディスクトップして使いたい場合など、 用途はさまざまですが、CentOSを使ってリモートデスクトップを実現してみましょう。

さくらインターネットのVPS ( さくらのVPS )を試してみたい方は、さくらのVPS ページさくらのVPS ページからどうぞ。無料お試し期間は14日です。
※お試し期間中は、OP25B設定、データ転送帯域に制約がありますから注意してください。

VPS(CentOS)の環境設定

まずは、GUIが使える環境をサーバー側に構築してあげる必要があります。
VNC(正確には、vnc-server)は、Linuxでは、”X Window System” , “GNOME Desktop Environment” をインストールしておけばデフォルトでインストールされます。

インストールされているかどうかは、rpmで確認しましょう。

$ rpm -qa|grep vnc
vnc-server-4.1.2-14.el5_5.4
$ 

上記のように表示されれば、すでにインストールされています。

以降は、
VNC、デスクトップの環境が何も設定されていないような場合についてのインストール、環境設定について解説します。

デスクトップ環境をインストールする

サーバーとしてのみ利用されている場合は、無駄なパッケージはインスールしていないケースもあると思います。

せっかくGUIを使うので、ちゃんとGNOMEぐらいは使いたいと思われる方
そうでなく、最小限のインストールにしたいと思われる方

それぞれいらっしゃると思います。

ここでは、それぞれの場合で簡単に解説してみます。

GNOMEのデスクトップ環境を使いたい場合

この場合、以下のようにデスクトップの環境一式をインストールします。
GNOMEのかわりにKDEでも利用できます。KDEを使いたい場合は、ここで、GNOMEの代わりにKDEをインストールしましょう。

$ yum groupinstall "X Window System" "GNOME Desktop Environment"

※vnc-serverまで、これで一気にインストールされます。

KDEの場合、
$ yum groupinstall "X Window System" "KDE (K Desktop Environment)"  "Japanese Support"
と日本語パッケージ(Japanese Support) も同時にインストールすると良いでしょう。


必要最小限のインストールで済ませたい場合

この場合、以下のようにxtermの環境だけをインストール(単純なX-Windows環境)します。

$ yum -y install xterm twm vnc-server
Loaded plugins: fastestmirror
Loading mirror speeds from cached hostfile
          :
          :
Installed:
  xorg-x11-twm.x86_64 1:1.0.1-3.1               xterm.x86_64 0:215-8.el5_4.1
  vnc-server.x86_64 0:4.1.2-14.el5_5.4

Dependency Installed:
  libXaw.x86_64 0:1.0.2-8.1   libXft.x86_64 0:2.1.10-1.1   libXrender.x86_64 0:0.9.1-3.1
  chkfontpath.x86_64 0:1.10.1-1.1                libFS.x86_64 0:1.0.0-3.1
  libXfont.x86_64 0:1.2.2-1.0.3.el5_1            libXmu.x86_64 0:1.0.2-5
  libXtst.x86_64 0:1.0.1-3.1                     libfontenc.x86_64 0:1.0.2-2.2.el5
  ttmkfdir.x86_64 0:3.0.9-23.el5                 xorg-x11-font-utils.x86_64 1:7.1-2
  xorg-x11-fonts-base.noarch 0:7.1-2.1.el5       xorg-x11-xauth.x86_64 1:1.0.1-2.1
  xorg-x11-xfs.x86_64 1:1.0.2-4

Complete!
$ 

VNC-Serverの環境設定を行う

VNC-Serverの環境設定は、概ね以下の2点ぐらいでしょう。

以降、この2点について簡単に解説してみます。



VNCを利用するユーザ設定

VNC-Serverへアクセスするユーザを設定します。
ここで設定して初めてVNC-Serverを利用できるようになります。

$ vim /etc/sysconfig/vncservers
...
# VNCSERVERS="2:myusername"
# VNCSERVERARGS[2]="-geometry 800x600 -nolisten tcp -nohttpd -localhost"

VNCSERVERS="5:taro"
VNCSERVERARGS[5]="-geometry 1024x768 -nohttpd"
...
$ 

ここでは、

ディスプレイ番号 : 5
ユーザ名 : taro
初期画面サイズ : 1024×768 px
HTTPでのアクセス : 不可 (-nohttpd)

としています。


ここで指定するtaroというユーザは、OSのユーザになります。
もし、存在しないユーザを指定した場合は、ユーザを作成しておきましょう。

ユーザ登録コマンドイメージ

$ useradd taro
$ passwd taro
Changing password for user taro.
New UNIX password:
Retype new UNIX password:
passwd: all authentication tokens updated successfully.
$ 
VNCSERVERARGS には、上記以外にもパラメータを指定することができます。
各パラメータとその意味は以下のとおりです。

  • -nolisten tcp
    : 接続に TCP を利用しない。
  • -nohttpd
    : Webブラウザ※ での接続 WebブラウザによるVNC接続について を禁止する。
  • -localhost
    : 自ホスト以外からの接続を禁止する。


VNC-ServerのTCPポート変更(必要な方だけ)

VNC-ServerのTCPポート番号は、デフォルトでは、5900番台が使われます。
最後の下1桁が、上記で設定したユーザ番号に相当します。

上記の設定例では、ユーザ名 : taro さんは、TCPポート番号は、5905となります。

ここでは、この5900番台を9900番台へ変更してみましょう。

$ vi /usr/bin/vncserver

         :
# $vncPort = 5900 + $displayNumber;
$vncPort = 9900 + $displayNumber;
         :

$vncPortに数値(ここでは、9900)を設定するだけです。

また、IPテーブルなどでポートをふさいでいる場合は、上記で利用するポートを空けて(公開して)おきましょう。
以下は、IPテーブルでのポート番号 : 9505 を空ける場合の例です。

$ /sbin/iptables -A INPUT -p tcp --dport 9905 -j ACCEPT

VNC-Serverを起動する

先の設定したユーザで、まずは、VNC-Serverの初期化を行います。

$ su taro
[taro]$ vncserver :5

You will require a password to access your desktops.

Password:
Verify:
xauth:  creating new authority file /home/taro/.Xauthority

New 'host.example.com:5 (taro)' desktop is host.example.com:5

Creating default startup script /home/taro/.vnc/xstartup
Starting applications specified in /home/taro/.vnc/xstartup
Log file is /home/taro/.vnc/host.example.com:1.log

[taro]$

ここで、:5は、ディスクプレイ番号になります。
必ず、初回起動でパスワードの設定を促され、そのあと、VNC用設定ファイルをユーザカレントディレクトリに保存します。

ここで、VNCでログインした際に使用するデスクトップは、twmになっています。
つまり、必要最小限のインストールをした設定になっています。

その設定をGNOMEを使う場合は、以下のように設定を変更します。

$ vi ~taro/.vnc/xstartup

#!/bin/sh

# Uncomment the following two lines for normal desktop:
# unset SESSION_MANAGER
# exec /etc/X11/xinit/xinitrc

[ -x /etc/vnc/xstartup ] && exec /etc/vnc/xstartup
[ -r $HOME/.Xresources ] && xrdb $HOME/.Xresources
xsetroot -solid grey
vncconfig -iconic &
# xterm -geometry 80x24+10+10 -ls -title "$VNCDESKTOP Desktop" &
# twm &
gnome-session &

以下の箇所をコメントアウト(先頭に#)して、

xterm -geometry 80×24+10+10 -ls -title “$VNCDESKTOP Desktop” & twm &


gnome-session &

のように変更します。

KDEの場合、
xterm -geometry 80×24+10+10 -ls -title “$VNCDESKTOP Desktop” & twm &

kinput2 -wnn -jserver localhost:1 & startkde &
のように変更します。
1行目は日本語入力を可にしています。

最後に、VNC-Serverを起動します。(root権限で実行します)

$ /etc/init.d/vncserver start

VNC サーバー を起動中: 5:taro
New 'host.example.com:5 (taro)' desktop is host.example.com:5

Starting applications specified in /home/taro/.vnc/xstartup
Log file is /home/taro/.vnc/host.example.com:5.log

                                                           [  OK  ]
$ 

また、再起動しても起動するように設定しておきます。

$ chkconfig vncserver on
$ chkconfig --list vncserver
vncserver       0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
$

VNCビューア(クライアント)の環境設定

ここまでで、サーバー側の設定が完了しました。
ここからは、クライアント側(接続する側)の設定を解説します。

以降は、Windows XP に VNC をインストールして実際に接続するまでを解説します。

ここで用いるソフトウェアは、UltraVNCです。
ダウンロードは、http://www.uvnc.com/downloads.htmlからできます。
もちろん無料です。

まずは、インストールです。

基本的に、ダウンロードしたUltraVNC_x.x.x.x_Setup.exeを実行して、セットアップ画面に従うだけです。

UltraVNCインストール1

Nextをクリックします。


UltraVNCインストール2

GNUライセンスの同意画面です。
特に問題なければ、I Accept … を選択して、Nextをクリックします。


UltraVNCインストール3

必要な他のソフトウェア等のお知らせ画面です。
特に問題なければ、Nextをクリックします。


UltraVNCインストール4

インストール先ディレクトリを指定します。
指定を終えたら、Nextをクリックします。


UltraVNCインストール5

インストールするサービスを指定します。問題なければFull Versionで可です。
選択を終えたら、Nextをクリックします。


UltraVNCインストール6

プログラム名を指定します。
指定を終えたら、Nextをクリックします。


UltraVNCインストール7

Vistaに必要なDLLファイルを同時にダウンロードするか指定します。ここでは、XPを使っていますので、チェックを外しました。
指定を終えたら、Nextをクリックします。


UltraVNCインストール8

これは、ビデオカードのミラードライバーソフトです。
このドライバーソフトをインストールすると早く感じるでしょう。ただし、すべてのディスプレイに対応している訳ではないので注意が必要です。

ここでは、動作確認をしたいだけなので、安全のためチェックをはずしておきました。


UltraVNCインストール9

このソフトウェアのインストール環境の設定です。
ここでは、単純なクライアント接続だけしか利用しませんから、デスクトップへのアイコン登録以外は、すべてチェックを外しました。
指定を終えたら、Nextをクリックします。


UltraVNCインストール10

設定内容の確認画面です。
特に問題なければ、Nextをクリックします。


UltraVNCインストール11

インストール中の画面です。


UltraVNCインストール12

ドキュメントの表示画面です。
特に問題なければ、Nextをクリックします。


UltraVNCインストール13

完了画面です。
Finishをクリックします。


UltraVNC Viewer を実行します。

[ スタート ] – [ プログラム ] – [ UltraVNC ] – [ UltraVNC Viewer ] で実行します。

実行すると以下の画面が表示されます。

UltraVNCセットアップ

設定する箇所は、

VNC Server : host.example.com::9905

のようにホスト名(or IPアドレス)+ポート番号 を指定します。

::(コロンが2つ)であることに注意してください。::の場合、以降の数値は、TCPポート番号として扱われます。
:(コロン)が1つの場合は、ディスプレイ番号として取り扱われます。

[GNOMEのデスクトップ環境を使った場合の接続後の画面]

UltraVNCセットアップ2

GNOMEの画面です。

[KDEのデスクトップ環境を使った場合の接続後の画面]

UltraVNCセットアップ3

KDEの画面です。

[必要最小限のインストールで済ませたい場合の接続後の画面]

UltraVNCセットアップ4

シンプルなX Window画面が表示されました。メニューが左クリック長押しで表示されます。

[必要最小限のインストールで済ませたい場合でxtearm , twm をインストールしなかった場合の接続後の画面]

UltraVNCセットアップ5

単純に、サーバー側で、vnc-serverのみをインストールした状態です。
当たり前ですが、xtearm , twm をインストールしていないので真っ暗で、何も表示されません。
しかし、ちゃんと接続できるんですね。


上記のような接続画面が表示されないような場合は、ほとんどサーバー側の設定に誤りがあるでしょう。
まずは、サーバーの設定を確認して、VNC-Serverの再起動をしてみましょう。

※設定を変更したときは、再起動が必要です。

$ /etc/init.d/vncserver restart
ざっとこんな感じです。

使った感じでは、(サーバーによると思いますけど)かなり軽い感じがします。それに、VMWare のゲストOSの操作に比べれば、使い勝手が非常に良いです。
まずは、お試しあれ。


この記事は、さくらのVPSを使って試した結果を元に書かれました。
さくらのVPS を試してみたい方は、http://vps.sakura.ad.jp/からどうぞ。無料お試し期間は14日です。
※お試し期間中は、OP25B設定、データ転送帯域に制約がありますから注意してください。

ご利用のブラウザは、広告ブロック(AdBlockなど) が適用となっていませんか?
このサイトでは、コンテンツの一部が非表示、あるいは、コメント、お問い合わせの投稿ができない検索ができないことがあります。


関連記事 :

SSHポートフォワード と VNC を使ってセキュアなリモートデスクトップを使ってみる

評判のさくらのVPSを使ってVNCを使ってリモートデスクトップの環境を設定してみる(CentOS編) では、さくらのVPSを使ってV ...

Debian/UbuntuでVNCを使ってリモートデスクトップの環境を設定してみる

CentOS編は、評判のさくらのVPSを使ってVNCを使ってリモートデスクトップの環境を設定してみる(CentOS編) をどうぞ。 ...

SSHのX11Forwarding を使ってセキュアなリモートでGUIを操作する

SSHポートフォワード と VNC を使ってセキュアなリモートデスクトップを使ってみる では、SSHのポートフォワードとVNCを使っ ...

評判のCloudCore VPSでVNCリモートコンソールを使ってGUIを使ってみた

何かと評判のCloudCore VPSですが、今回リモートコンソール、OS初期化機能が追加されました。 随時機能アップを図っていく ...

シェル(主にTeraTerm)でメターキー(Delete キー, Home キー , End キー, Insert キー)の動きが変なので対応してみた

今回は、シェルのキー操作についてです。 シェルは、BシェルであれCシェルであれ、キー操作で同じような動作をして欲しいものです。 もちろんアル ...


4 件 コメントがあります。 コメントを投稿する
  1. […] さくらVPSを使ってVNCを使ってリモートデスクトップの環境を設定してみる […]

  2. […] 参考)■[Mac]Mac – bash入門       Mac OS XでTomcat (Java ServletとJSP)       Mac OS XにMySQLをインストールしよう       Mac OS 10.5にMySQLインストール     ・Eclipseのカスタマイズ      CheckStyle, FindBugs,TomcatPlugin,Subclipsの追加、strutsのインストール。      サンプルアプリケーションの作成と動作確認実施      #Eclipseのコードアシストのショートカットが       デフォルトだとSpotlightの呼び出しとかぶっていたので変更       →同時にさくらVPSにSVN,JAVA,Tomcatをインスト。        #次回課題:jenkins, jBossのインスト。EJB使った開発の実践。         これも試してみたいっす。(VNC使用したリモートデスクトップ接続) […]

  3. […] […]


コメントを投稿 :

お名前 *

メールアドレス *
( メールアドレスが公開されることはありません。)

サイトアドレス

コメント *

* 印の項目は、入力が必要な項目です。




最近投稿の記事

[ 画像提供元 : Amazon ] 先日、1TBのディスクの入れ替え時にバックアップをとろうとディスクコピーを行いました。 その際 ...

Windows で Linux ファイルシステム Ext4 のディスクをマウントするには? Ext3Fsd が、おそらく、最も簡単なツール ...

今回は、Windows で Compass を使ってみました。 Compass とは、 Sass(サス、Syntactica ...

今回は、Anti Adblock を使ってみました。 Anti Adblock とは、 そもそも Adblock という ウェブ ...

デスクトップ環境でない サーバーで、Webページのキャプチャー画像をコマンドで撮る には、wkhtmltoimage, CutyCapt ...


さくらのVPS 全プラン リニューアルです。(石狩(北海道)も選択可)


root権限ありで ¥685 / 月 ~ と非常にリーズナブルな CPU 1(core)の 512 プランから、 最高 CPU 10(core), メモリ 32(GB), SSD容量 800(GB) までとプランが充実。
ディスクは、SSDとHDDの選択が可能になった他、データセンターは人気の東京、石狩(北海道)となりました。

また、どのプランでも好きなOSが選べます
( CentOS, Fedora, Scientific Linux, FreeBSD, Ubutu, Debian )

管理人もおすすめのVPSです。
試用期間がありますから、一度、お試しを!!

詳しくは、http://vps.sakura.ad.jp/さくらのVPSのサイトへ へどうぞ!!

カテゴリ


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。
最近、スワップにも対応した Serverman@VPS は、かなりリーズナブルかもです。

  • メモリ1GB~2GBのEntryプラン :月額:490円
  • メモリ2MB~4GBのStandardプラン :月額:980円
  • メモリ4GB~8GBのProプラン :月額:1,980円

新規申し込みで1ヶ月間完全無料となるキャンペーンを実施中です。
Serverman@VPSの特徴は、安さとIPv6対応です。また、初期設定費0円もポイントです。

IPv6でちょっと遊んでみたい方には、おすすめかもしれませんね。最低利用期間もありませんから、気に入らないときは即解約もできます。

Serverman@VPSの詳細については、 http://dream.jp/vps/ Serverman@VPSのサイトへへどうぞ。



KVM採用 ConoHa VPSは、時間単位で借りれる便利なVPSです。


ConoHa VPS は、初期設定費0円最低利用期間無し時間単位で清算可能、 さらに、Web APIを使って自動化を図ることもできる便利なVPSです。

海外サーバー設置も可能で、ローカル接続にも対応と、かなり、機能豊富なサーバーです。

新規ユーザ登録で、クーポンもらえますから、まずは、お試しですね。

ConoHa VPSの詳細については、
http://www.conoha.jp/ へどうぞ。

KVM採用 お名前.com VPS(KVM) 2G プラン 初期設定費無料 キャンペーン 実施です。


メモリ2GBプラン CPU:3core、Disk:200GB
月額:1,153円から (初期設定:1,680円0円)

さくらのVPSがリニューアルされてもなんのその。
1GBメモリ / 2Core を ¥834 – の格安価格で提供中です!
間違いなくスペックからすると割安感ありです。
年間割引時の途中解約で返金がないのは、 ちょっと残念ですが、それでもこの割安感は魅力です。

まずは、お試しですね。

お名前.com VPS(KVM)の詳細については、
http://www.onamae-server.com/vps/ へどうぞ。(お試し期間が15日あります。)



  • ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークへ追加するはてな登録数
ページトップへ
Time : 0.2131 [s]