レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント
レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント - レンタルサーバー・自宅サーバーの設定・構築情報を公開しています。

mysqlのレプリケーションを使う(4) WordPressでレプリケーションを使う

2011年4月7日 2015年5月16日
wordpress mysql replication

以前に

で、mysqlのレプリケーション(replication) について記事にしました。
今回は、Wordpressでそのmysqlのレプリケーションを有効にする方法について簡単に解説してみたいと思います。

そもそもWordpressの基本パッケージは、mysqlのレプリケーションに対応したものになっていません。
1つのデータベースに対して書き込み・読み込みを行うようにしかなっていないのです。

mysqlのレプリケーションの設定を行ったサーバーで、マスターデータベースのあるサーバーでWordpressを運用する分には、何も問題ありません。
しかし、スレーブ側でWordpressを運用した場合、Wordpressの基本パッケージのままであれば、データベースのホストをマスターデータベースのあるサーバーに向ける必要があります。

これを回避するために、Wordpressでは、レプリケーション対応のためのプラグインが標準で用意されています。
つまり、このプラグインを用いることで、読み込みはスレーブ側(ローカルホスト)とし、書き込みをマスターデータベースのあるサーバーを指定することができるようになります。

では、早速、このプラグインを使ってみましょう。

レプリケーション(replication)とは、
直訳のとおり複製を意味します。(レプリカ(replica)と語源は一緒なので、こちらがピンとくるかもしれません)

mysqlでレプリケーションと言うと、マスター、スレーブのそれぞれのmysqlサーバーを構築することに他なりません。
マスター1台に対して、スレーブ複数台というのが一般的なmysqlサーバーの構成になります。

一般的には、マスター mysql サーバー でデータベースの更新処理(書き込み)を受け持ち、スレーブ側で参照処理(読み込み)を受け持つことで負荷を分散させたり、バックアップデータベースを作成するなど行うことができます。
レプリケーション
上の図は、その典型的なレプリケーションの例を示したものです。
ユーザは、1台のサーバーにアクセスしているつもりですが、実際のデータベースへの書き込み処理は、バックにあるマスターサーバー側で処理され、データベースの読み込み処理は、フロントのスレーブサーバーで処理されます。
特に参照がメインのサーバーでは、かなりの負荷分散が期待されます。

WordPressのレプリケーション対応プラグインHyperDB

HyperDBとは、
複数のデータベース環境において標準の wpdb クラスを置き換えるものです。HyperDB はデータのパーティションおよびレプリケーションに対応しています。

つまり、HyperDBは、レプリケーションのためのプラグインです。

これを使ってWordpressのMySQLのレプリケーション対応を行ってみます。

ダウンロード:http://wordpress.org/extend/plugins/hyperdb/

HyperDBをインストールする

HyperDBは、一般的なWordpressのプラグインをインストールするやり方ではインストールできません。

だからと言って、手順を間違えなければ、難しいわけでもなんでもないです。むしろ簡単です。

では、早速インストールしてみましょう。

  1. ダウンロードし、ZIPファイルを展開する。

  2. 解凍したファイルの中のdb-config.phpを編集する。

    編集可能なパラメータ情報は、以下のとおりです。

    save_queries
    これは、通常は使いません。デバッグ時などに使用するものです。
    $wpdb->queriesの中にクエリー情報を保存します。
    デバッグ時には、$wpdb->queriesをダンプすることでSQLを解析することができるようになります。

    example
    $wpdb->save_queries = false;
    デフォルト:false
    persistent
    これは、mysql_connect あるいは mysql_pconnect のどちらを使用するかを指定します。
    この設定の効果は、思っている効果と違う場合があります。注意深くテストする必要があります。

    true : mysql_pconnect を使います。

    example
    $wpdb->persistent = false;
    デフォルト:false
    max_connections
    これは、mysqlへの接続をオープンにしたままにする数を指定します。
    データベースサーバーへの接続の多くを再利用することが予想される場合は、ここの数を増やしてあげると効果的です。
    これは、persistentを有効にした場合は無視されます。

    example
    $wpdb->max_connections = 10;
    デフォルト:10
    check_tcp_responsiveness
    これは、mysql_connectあるいはmysql_pingの前にfsockopenでTCPの応答性をチェックを有効にします。
    PHPのmysqlの関数は、タイムアウトを設定するパラメータを提供していないので、これが追加されました。
    このパラメータを無効にすると、接続が成功している間は、わずかながら平均的に性能は向上するかもしれません。ただし、接続に失敗するようになった場合、そのような小さな性能向上は意味が無くなるでしょう。

    example
    $wpdb->check_tcp_responsiveness = true;
    デフォルト:true
    $database
    add_databaseメソッド(関数)を使ってデータベース情報を登録します。(以降の設定例を参照)
    この$databaseは、各パラメータを配列(array)のキーと値で設定します。
    以下は、そのパラメータとその概要です。
    パラメータ名 必須 概要
    host o MySQLのホスト名(or IPアドレス or localhost)を設定します。
    また、TCPポート番号がデフォルトの3306を使っていない場合は、このホスト名以降にポート番号を指定します。

    例)
    ‘host’ => ‘blog.db.example.com:9999’

    blog.db.example.com : ホスト名
    9999:TCPポート番号

    user o MySQL のユーザ名を設定します。

    例)
    ‘user’ => ‘bloguser’
    password o MySQL のユーザのパスワードを設定します。

    例)
    ‘password’ => ‘blogpassword’
    name o MySQL のデータベース名を設定します。

    例)
    ‘name’ => ‘blogdb’
    read x 指定したデータベースサーバーが読み込み可か否かを設定します。
    デフォルト : 1 (読み込み可)
    また、優先順位の意味もあります。参照 : “Network topology”.

    例)
    ‘read’ => 1
    write x 指定したデータベースサーバーが書き込み可か否かを設定します。
    デフォルト : 1 (書き込み可)
    また、マルチマスターモード(multi-master mode)での優先順位の意味もあります。

    例)
    ‘write’ => 1
    dataset x データセットの名前を設定します。

    例)
    ‘dataset’ => ‘blog’

    デフォルト : global
    timeout x TCP接続応答待ち時間を設定します。

    例)
    ‘timeout’ => 0.5

    デフォルト : 0.2

    example
    $wpdb->add_database(array(
    	'host'     => 'blog.db.example.com',
    	'user'     => 'bloguser',
    	'password' => 'blogpassword',
    	'name'     => 'blogdb',
    	'dataset'  => 'blog',
    ));

    ここで必ず設定しなければならないのは、上記のパラメータの$databaseです。
    レプリケーションで使用するマスター、スレーブのすべてのデータベースについて作成する必要があります。
    以下は、その設定例です。
    マスターデータベースサーバーの設定例)

    $wpdb->add_database(array(
    	'host'     => '192.168.1.100',     // If port is other than 3306, use host:port.
    	'user'     => 'dbuser',
    	'password' => 'dbpassword',
    	'name'     => 'dbname',
    	'write'    => 1,
    	'read'     => 1,
    ));

    スレーブデータベースサーバーの設定例)

    $wpdb->add_database(array(
    	'host'     => '192.168.1.101',     // If port is other than 3306, use host:port.
    	'user'     => 'dbuser',
    	'password' => 'dbpassword',
    	'name'     => 'dbname',
    	'write'    => 0,
    	'read'     => 1,
    ));


    最も簡単な構成で2台のデータベースサーバーでのレプリケーションなら、上記のように’host’,’write’ の違いだけではないかと思います。
    あとは、ほとんどデフォルトのままで問題ないと思います。


  3. wp-config.phpのあるディレクトリと同じディレクトリへdb-config.phpをアップロードする。

    wp-config.phpは、Wordpressをインストールしているルートディレクトリにあります。


  4. wp-config.phpを編集する。
    // MySQL replication
    define('DB_CONFIG_FILE', ABSPATH . 'db-config.php');

    を追記する。

    どこに追記しても良いですが、一般的にデータベースのDB_TYPEなどを定義している前後ぐらいが分かりやすいかもしれませんね。


  5. 解凍したファイルの中のdb.php/wp-content/ へアップロードする。

    Wordpressをインストールしているディレクトリ配下に/wp-content/というディレクトリがあるはずなので、その直下にアップロードします。


HyperDBを使う場合、WP_USE_MULTIPLE_DBは無視されます。

これで完了です。簡単だったでしょ?

簡単でしたね。

ここまで設定したら、Wordpressで何か設定を変更してみてください。

設定の変更は、マスターからスレーブへすぐに反映されますから、設定変更の後に再読み込みしてみてください。

ちゃんと変更のままならOK。

これが、不安定に変更したデータだったり、変更前の状態に戻ったりした場合は、レプリケーションが正しく動作していない場合が多いです。
その場合、スレーブ側でエラーが発生していないか確認してみましょう。

mysql> show slave status \G;
これでエラーストップしていないことを確認しましょう。
何もエラーが発生していないなら、ここでの設定に誤りがあるかもしれません。パラメータの設定を確認してみましょう。
ご利用のブラウザは、広告ブロック(AdBlockなど) が適用となっていませんか?
このサイトでは、コンテンツの一部が非表示、あるいは、コメント、お問い合わせの投稿ができない検索ができないことがあります。


関連記事 :

評判のKDDI クラウドコア(CloudCore) VPS にapache , php , mysql をインストールし、Wordpressを使ってみる (CentOS編)

評判のCloudCore VPSを使うときに最初にやっておきたいこと(CentOS編) の続き・・・で、今回は、評判のKDDI CP ...

mysqlの簡単なベンチマーク測定方法 MyBench を使ってみる

MySQLについての設定について、いろいろと記事を書いてきました。 今回は、ベンチマークです。 MySQL自体にもベンチマークテストの機能が ...

FreeBSDでmysqlをインストール

とりあえず、前回までで、サーバーのインストールの準備ができました。ここから、各サーバーをインストールしていきます。 データベース(my ...

Ubuntu Server にLAMPをインストールし、Wordpressを使ってみる

Ubuntu Server 10.04 LTS をインストールする では、Ubuntu Server のインストールまでを行いました。 今回は ...

Apache でディスクキャッシュを削除する方法をまとめて解説してみた

Apache でキャッシュを削除する方法は、一応、公式なものは、htcachecleanを使っての削除のみです。 Apacheのキャッ ...



コメントを投稿 :

お名前 *

メールアドレス *
( メールアドレスが公開されることはありません。)

サイトアドレス

コメント *

* 印の項目は、入力が必要な項目です。




最近投稿の記事

[ 画像提供元 : Amazon ] 先日、1TBのディスクの入れ替え時にバックアップをとろうとディスクコピーを行いました。 その際 ...

Windows で Linux ファイルシステム Ext4 のディスクをマウントするには? Ext3Fsd が、おそらく、最も簡単なツール ...

今回は、Windows で Compass を使ってみました。 Compass とは、 Sass(サス、Syntactica ...

今回は、Anti Adblock を使ってみました。 Anti Adblock とは、 そもそも Adblock という ウェブ ...

デスクトップ環境でない サーバーで、Webページのキャプチャー画像をコマンドで撮る には、wkhtmltoimage, CutyCapt ...


さくらのVPS 全プラン リニューアルです。(石狩(北海道)も選択可)


root権限ありで ¥685 / 月 ~ と非常にリーズナブルな CPU 1(core)の 512 プランから、 最高 CPU 10(core), メモリ 32(GB), SSD容量 800(GB) までとプランが充実。
ディスクは、SSDとHDDの選択が可能になった他、データセンターは人気の東京、石狩(北海道)となりました。

また、どのプランでも好きなOSが選べます
( CentOS, Fedora, Scientific Linux, FreeBSD, Ubutu, Debian )

管理人もおすすめのVPSです。
試用期間がありますから、一度、お試しを!!

詳しくは、http://vps.sakura.ad.jp/さくらのVPSのサイトへ へどうぞ!!

カテゴリ


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。
最近、スワップにも対応した Serverman@VPS は、かなりリーズナブルかもです。

  • メモリ1GB~2GBのEntryプラン :月額:490円
  • メモリ2MB~4GBのStandardプラン :月額:980円
  • メモリ4GB~8GBのProプラン :月額:1,980円

新規申し込みで1ヶ月間完全無料となるキャンペーンを実施中です。
Serverman@VPSの特徴は、安さとIPv6対応です。また、初期設定費0円もポイントです。

IPv6でちょっと遊んでみたい方には、おすすめかもしれませんね。最低利用期間もありませんから、気に入らないときは即解約もできます。

Serverman@VPSの詳細については、 http://dream.jp/vps/ Serverman@VPSのサイトへへどうぞ。



KVM採用 ConoHa VPSは、時間単位で借りれる便利なVPSです。


ConoHa VPS は、初期設定費0円最低利用期間無し時間単位で清算可能、 さらに、Web APIを使って自動化を図ることもできる便利なVPSです。

海外サーバー設置も可能で、ローカル接続にも対応と、かなり、機能豊富なサーバーです。

新規ユーザ登録で、クーポンもらえますから、まずは、お試しですね。

ConoHa VPSの詳細については、
http://www.conoha.jp/ へどうぞ。

KVM採用 お名前.com VPS(KVM) 2G プラン 初期設定費無料 キャンペーン 実施です。


メモリ2GBプラン CPU:3core、Disk:200GB
月額:1,153円から (初期設定:1,680円0円)

さくらのVPSがリニューアルされてもなんのその。
1GBメモリ / 2Core を ¥834 – の格安価格で提供中です!
間違いなくスペックからすると割安感ありです。
年間割引時の途中解約で返金がないのは、 ちょっと残念ですが、それでもこの割安感は魅力です。

まずは、お試しですね。

お名前.com VPS(KVM)の詳細については、
http://www.onamae-server.com/vps/ へどうぞ。(お試し期間が15日あります。)



  • ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークへ追加するはてな登録数
ページトップへ
Time : 0.2834 [s]