レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント
レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント - レンタルサーバー・自宅サーバーの設定・構築情報を公開しています。

C5 C6 S6

httpd(apache)の最新版をインストールする(CentOS,ScientificLinux編)

2013年4月8日 2014年1月11日
apache CentOS,ScientificLinux

httpd(apache)をインストールする(CentOS,ScientificLinux編) などでhttpd(apache)のインストールを散々記事にしてきました。

ただ、やっぱりCentOS,ScientificLinuxの公式リポジトリでは、httpd(apache)のバージョンが古いことがあります。

今回は、そのhttpd(apache)の最新版をインストールしてみます。

httpd(apache)の最新版をインストール

httpd(apache)の最新版は、CentALTにて提供されています。
そこには、http://centos.alt.ru/repository/centos/readme.txt でも書かれているように CentALTで提供されいているパッケージは、EPELに依存していますので、EPELのリポジトリを登録してあげる必要があります。

For use this repo create file centos.alt.ru.repo in /etc/yum.repo.d

for CentOS/RHEL 5

[CentALT]
name=CentALT Packages for Enterprise Linux 5 - $basearch
baseurl=http://centos.alt.ru/repository/centos/5/$basearch/
enabled=1
gpgcheck=0


and enable EPEL repository

for i386 
rpm -ihv http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/5/i386/epel-release-5-3.noarch.rpm
rpm -ihv http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/5/i386/epel-release-5-4.noarch.rpm

for x86_64
rpm -ihv http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/5/x86_64/epel-release-5-3.noarch.rpm
rpm -ihv http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/5/x86_64/epel-release-5-4.noarch.rpm

for CentOS/RHEL 6

[CentALT]
name=CentALT Packages for Enterprise Linux 6 - $basearch
baseurl=http://centos.alt.ru/repository/centos/6/$basearch/
enabled=1
gpgcheck=0


and enable EPEL repository

for i386 
rpm -ihv http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/6/i386/epel-release-6-5.noarch.rpm
rpm -ihv http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/i386/epel-release-6-8.noarch.rpm

for x86_64
rpm -ihv http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/6/x86_64/epel-release-6-5.noarch.rpm
rpm -ihv http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm

ただ、前年ながら、ちょっと情報が古すぎて、サイト名が異なっていますので注意が必要です。

一応、順を追って簡単に解説してみます。

  1. EPELのリポジトリを登録する
    CentOS 5[32bit]
    $ rpm -ihv http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/5/i386/epel-release-5-4.noarch.rpmreturn
    ...
    CentOS 5[64bit]
    $ rpm -ihv http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/5/x86_64/epel-release-5-4.noarch.rpmreturn
    ...
    
    CentOS 6 Scientific Linux 6[32bit]
    $ rpm -ihv http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/i386/epel-release-6-8.noarch.rpmreturn
    ...
    CentOS 6 Scientific Linux 6[64bit]
    $ rpm -ihv http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpmreturn
    ...

    URLがそれぞれ違うので注意が必要です。また、ファイル名は、最新か否かはサイトにて再確認が必要です。
    EPELのリポジトリの追加・削除、無効・有効の詳細については、リポジトリの追加・削除、無効・有効の設定をしてみるを参照してください。


  2. CentALTのリポジトリ情報を追加する

    CentALTのリポジトリ情報を /etc/yum.repos.d/centos.alt.ru.repo というファイルを作成し、そこに追記します。

    CentOS 5
    [CentALT]
    name=CentALT Packages for Enterprise Linux 5 - $basearch
    baseurl=http://centos.alt.ru/repository/centos/5/$basearch/
    enabled=0
    gpgcheck=0
    
    CentOS 6 Scientific Linux 6
    [CentALT]
    name=CentALT Packages for Enterprise Linux 6 - $basearch
    baseurl=http://centos.alt.ru/repository/centos/6/$basearch/
    enabled=0
    gpgcheck=0

    readme.txt で書かれていることと違うのは、常に有効にしない( enabled=0 )ところです。
    CentALTでは、httpd(apache)以外にも多くのパッケージを公開していますので、不必要にCentALTからインストールするのを避けるために、ここでは、デフォルトで無効にしています。


  3. httpd(apache) の最新版をインストールする

    ここまでできたら、後は、httpd(apache) の最新版をインストールするだけです。

    $ yum install httpd --enablerepo=CentALTreturn
    ...

    これでインストールできたかと思います。一応、httpd(apache)のバージョンを確認しておきましょう。

    $ httpd -v
    Server version: Apache/2.2.23 (Unix)
    Server built:   Oct  7 2012 09:15:06

    これでOKですね。



httpd(apache)の初期設定、起動については、以下を参照してください。


httpd(apache)の古いバージョンには、問題も多いのでできれば最新へ切り替えたい時があります。 自分で再構築するのも可能ですが、ちょっと、httpd(apache)の再構築(make)は面倒でもありますから、 できればyumでインストールしたいところですよね。

そんなときには、CentALTを使ってみるのも一つの方法かもしれません。
ご利用のブラウザは、広告ブロック(AdBlockなど) が適用となっていませんか?
このサイトでは、コンテンツの一部が非表示、あるいは、コメント、お問い合わせの投稿ができない検索ができないことがあります。


関連記事 :

リポジトリの追加・削除、無効・有効の設定をしてみる

このサイトでは、主に2つのリポジトリを追加、利用しています。 IUS – IUSコミュニティプロジェクトは、Redhat ...

sendmail で milter-regex を使ってスパム対策

以前の記事 評判のさくらのVPSでSMTP(Sendmail)を公開する時にやっておきたいこと では、SPFの送信側の対処 sendmai ...

sshpassを使ってパスワード指定のSSH接続を行ってみる(パスワード指定自動ログイン)

今回は、SSHです。 sshpass( Non-interactive ssh password authentication ) を使う ...

php5.4系の最新版をインストールする

CentOS 5 の場合、yumを使って デフォルトでインストールされるのは、PHP5.1系です。 また、CentOS 6 Scie ...

Apacheの同時アクセスを制限(mod_limitipconn)する

Apacheのアクセスログを見ているといろんなことが分かります。 この中で、急に負荷が高くなることがあります。それは、ほとんどの場合、どこかの ...



コメントを投稿 :

お名前 *

メールアドレス *
( メールアドレスが公開されることはありません。)

サイトアドレス

コメント *

* 印の項目は、入力が必要な項目です。




最近投稿の記事

[ 画像提供元 : Amazon ] 先日、1TBのディスクの入れ替え時にバックアップをとろうとディスクコピーを行いました。 その際 ...

Windows で Linux ファイルシステム Ext4 のディスクをマウントするには? Ext3Fsd が、おそらく、最も簡単なツール ...

今回は、Windows で Compass を使ってみました。 Compass とは、 Sass(サス、Syntactica ...

今回は、Anti Adblock を使ってみました。 Anti Adblock とは、 そもそも Adblock という ウェブ ...

デスクトップ環境でない サーバーで、Webページのキャプチャー画像をコマンドで撮る には、wkhtmltoimage, CutyCapt ...


さくらのVPS 全プラン リニューアルです。(石狩(北海道)も選択可)


root権限ありで ¥685 / 月 ~ と非常にリーズナブルな CPU 1(core)の 512 プランから、 最高 CPU 10(core), メモリ 32(GB), SSD容量 800(GB) までとプランが充実。
ディスクは、SSDとHDDの選択が可能になった他、データセンターは人気の東京、石狩(北海道)となりました。

また、どのプランでも好きなOSが選べます
( CentOS, Fedora, Scientific Linux, FreeBSD, Ubutu, Debian )

管理人もおすすめのVPSです。
試用期間がありますから、一度、お試しを!!

詳しくは、http://vps.sakura.ad.jp/さくらのVPSのサイトへ へどうぞ!!

カテゴリ


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。
最近、スワップにも対応した Serverman@VPS は、かなりリーズナブルかもです。

  • メモリ1GB~2GBのEntryプラン :月額:490円
  • メモリ2MB~4GBのStandardプラン :月額:980円
  • メモリ4GB~8GBのProプラン :月額:1,980円

新規申し込みで1ヶ月間完全無料となるキャンペーンを実施中です。
Serverman@VPSの特徴は、安さとIPv6対応です。また、初期設定費0円もポイントです。

IPv6でちょっと遊んでみたい方には、おすすめかもしれませんね。最低利用期間もありませんから、気に入らないときは即解約もできます。

Serverman@VPSの詳細については、 http://dream.jp/vps/ Serverman@VPSのサイトへへどうぞ。



KVM採用 ConoHa VPSは、時間単位で借りれる便利なVPSです。


ConoHa VPS は、初期設定費0円最低利用期間無し時間単位で清算可能、 さらに、Web APIを使って自動化を図ることもできる便利なVPSです。

海外サーバー設置も可能で、ローカル接続にも対応と、かなり、機能豊富なサーバーです。

新規ユーザ登録で、クーポンもらえますから、まずは、お試しですね。

ConoHa VPSの詳細については、
http://www.conoha.jp/ へどうぞ。

KVM採用 お名前.com VPS(KVM) 2G プラン 初期設定費無料 キャンペーン 実施です。


メモリ2GBプラン CPU:3core、Disk:200GB
月額:1,153円から (初期設定:1,680円0円)

さくらのVPSがリニューアルされてもなんのその。
1GBメモリ / 2Core を ¥834 – の格安価格で提供中です!
間違いなくスペックからすると割安感ありです。
年間割引時の途中解約で返金がないのは、 ちょっと残念ですが、それでもこの割安感は魅力です。

まずは、お試しですね。

お名前.com VPS(KVM)の詳細については、
http://www.onamae-server.com/vps/ へどうぞ。(お試し期間が15日あります。)



  • ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークへ追加するはてな登録数
ページトップへ
Time : 0.6433 [s]