レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント
レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント - レンタルサーバー・自宅サーバーの設定・構築情報を公開しています。

C5 C6 S6

Dovecotでメールを受信する

2010年11月27日 2015年5月17日
dovecot

今回は、前回「sendmailを使って内部メールをgmailへ転送する」の続きでsendmail を使っているときのdovecot の設定例です。

Postfixとdovecotのパターンは、多いんですけど、sendmailをそのままデフォルトの設定で使っているような場合、dovecotの設定がそのままでは、受信できないんですよね。自分だけ?

では、早速、簡単に解説してみます。

まずは、dovecotのインストールから

まずは、dovecotのインストールから行います。
インストールは、いつものように yum を使います。

$ yum -y install dovecot
...

とすればOKです。

既にインスール済みの場合は、その旨表示されますので、確認も含めて実施しておきましょう。

dovecotの設定

dovecotの設定は、色々と細かい設定を行うことができるようになっていますが、ここでは、最低限メールの受信ができるような設定についてのみ 解説します。

設定すべき項目は、以下のとおりです。

  • 対応するプロトコルの設定
  • メールの置き場所の指定

これだけです。

CentOS5 では、いずれも、/etc/dovecot.confを編集します。
また、CentOS6,ScientificLinux6 では、/etc/dovecot/dovecot.conf、/etc/dovecot/conf.d/10-mail.conf をそれぞれ編集します。


CentOS5

[/etc/dovecot.conf]

...
protocols = imap imaps pop3 pop3s
...

# dovecot のバージョンによってパラメータ名が異なります。

# dovecot Ver 1.0以上では、mail_location を使います。
mail_location = mbox:~/mail:INBOX=/var/mail/%u

# dovecot Ver 1.0未満では、default_mail_env を使います。
default_mail_env = mbox:~/mail:INBOX=/var/mail/%u
...

CentOS6,ScientificLinux6

[/etc/dovecot/dovecot.conf]

...
protocols = imap imaps pop3 pop3s
...

[/etc/dovecot/conf.d/10-mail.conf]

...
mail_location = mbox:~/mail:INBOX=/var/mail/%u
...

とすればOKです。
簡単ですね。

メールボックスのよくある設定例は、
default_mail_env = maildir:~/Maildir
#       or
mail_location = maildir:~/Maildir
です。
この設定は、sendmail or Postfixのデフォルトの設定になります。
ここでは、sendmail or Postfixのデフォルトの設定にあわせ、上記のように /var/mail/user としておきます。
sendmail or Postfixの設定によって、メールボックスへの配信の仕方は異なりますので、そこに合わせて設定する必要がありますので注意しましょう。

ちゃんとメールボックスを指定すればOK。
ただし、1通もメールが無い状態では、ユーザのメールボックスとなるファイルさえないので、以下のエラーが/var/log/maillogに出力されます。
Nov 26 15:40:38 host dovecot: POP3(hoge): open(/var/mail/hoge, O_CREAT) failed: Permission denied
Nov 26 15:40:38 host dovecot: POP3(hoge): access() failed with mbox file /var/mail/hoge: No such file or directory
Nov 26 15:40:38 host dovecot: POP3(hoge): stat() failed with mbox file /var/mail/hoge: No such file or directory
Nov 26 15:40:38 host dovecot: POP3(hoge): Couldn't init INBOX: Can't sync mailbox: Messages keep getting expunged
Nov 26 15:40:38 host dovecot: POP3(hoge): Mailbox init failed top=0/0, retr=0/0, del=0/0, size=0
ユーザを追加した場合やdovecotの設定を変更した時は、必ず、テストメールを送信しておきましょう。そうすることで、確認もできますし、この問題も回避できます。
mailコマンドでも良いので、ちゃんと受信できるかテストメールを送っておきましょうね。
$ mail hogereturn
Subject:TEST MAIL.return
TEST MAIL.return
.return
CC:return
$ 
こんな感じでコマンドラインから送信できます。(return:改行)
Dovecotでは、デフォルトでIPv6に対応しています。そのため、Listen状態を確認したときに
$ netstat -an --tcp
Active Internet connections (servers and established)
Proto Recv-Q Send-Q Local Address               Foreign Address             State
tcp        0      0 0.0.0.0:587                 0.0.0.0:*                   LISTEN
tcp        0      0 0.0.0.0:8080                0.0.0.0:*                   LISTEN
tcp        0      0 0.0.0.0:80                  0.0.0.0:*                   LISTEN
tcp        0      0 0.0.0.0:465                 0.0.0.0:*                   LISTEN
tcp        0      0 0.0.0.0:25                  0.0.0.0:*                   LISTEN
tcp        0      0 :::993                      :::*                        LISTEN
tcp        0      0 :::995                      :::*                        LISTEN
tcp        0      0 :::110                      :::*                        LISTEN
tcp        0      0 :::143                      :::*                        LISTEN
このように
httpのポート80が、0.0.0.0:80 のようにIPv4 にのみ対応してポートをオープンしているのに対して
pop3のポート110が、:::110 のようにIPv6 に対応してポートをオープンしています。(IPv4にも対応しています)

これをhttpのポート80と同じよにIPv4 にのみ対応する場合は、
/etc/dovecot.confを以下のように編集します。
      :
#listen = [::]
listen = *
      :
*の設定でIPv4への対応のみということになります。
あえて、IPv6も対応させるための記述は、[::]ということになります。(単純にlistenパラメータを削除するだけでもOKです)

さて、IPv4への対応のみに設定して同じようにListen状態を確認してみましょう。
$ netstat -an --tcp
Active Internet connections (servers and established)
Proto Recv-Q Send-Q Local Address               Foreign Address             State
tcp        0      0 0.0.0.0:993                 0.0.0.0:*                   LISTEN
tcp        0      0 0.0.0.0:995                 0.0.0.0:*                   LISTEN
tcp        0      0 0.0.0.0:587                 0.0.0.0:*                   LISTEN
tcp        0      0 0.0.0.0:110                 0.0.0.0:*                   LISTEN
tcp        0      0 0.0.0.0:143                 0.0.0.0:*                   LISTEN
tcp        0      0 0.0.0.0:8080                0.0.0.0:*                   LISTEN
tcp        0      0 0.0.0.0:80                  0.0.0.0:*                   LISTEN
tcp        0      0 0.0.0.0:465                 0.0.0.0:*                   LISTEN
tcp        0      0 0.0.0.0:25                  0.0.0.0:*                   LISTEN
これでOKですね。
あえてIPv4への対応のみとしたい方だけですね。IPv6対応でもIPv4にも対応していますから、無理にこの設定をする必要もないと思います。

dovecotを起動する

最後にdovecotの起動です。これは、いつもパターンです。

$ /etc/init.d/dovecot start

これでOK。

システム起動時にdovecotを起動するように設定しておきます。

$ chkconfig dovecot on

設定した内容を確認しておきましょう。

$ chkconfig --list dovecot
dovecot         0:オフ  1:オフ  2:オン  3:オン  4:オン  5:オン  6:オフ
これでメールクライアントからメールを受信してみてください。
どうですか?ちゃんと受信できましたか?

もし、受信できない場合は、まず、ポートの確認をしてみましょう。
telnetでpop3のポートを確認してみる。
C:\> telnet 111.111.111.111 110
+OK Dovecot ready.
quit
+OK Logging out
上記の例は、dovecotのIPアドレスが111.111.111.111だったとして記述しています。

これがOKの場合は、mail_locationの設定に誤りがあるか、メールクライアントの設定に誤りがあるかも知れません。

これがNGの場合は、ポートがオープンされていないか、dovecotが起動していないでしょう。
ポートが開いているか確認するには、iptablesを使うと良いでしょう。
$ iptables -L
Chain INPUT (policy DROP)
target     prot opt source               destination
ACCEPT     all  --  anywhere             anywhere
ACCEPT     tcp  --  anywhere             anywhere            tcp dpt:ssh
ACCEPT     tcp  --  anywhere             anywhere            tcp dpt:http
ACCEPT     tcp  --  anywhere             anywhere            tcp dpt:pop3
ACCEPT     all  --  anywhere             anywhere            state RELATED,ESTABLISHED

Chain FORWARD (policy DROP)
target     prot opt source               destination

Chain OUTPUT (policy ACCEPT)
target     prot opt source               destination
ACCEPT     all  --  anywhere             anywhere
tcp dpt:pop3の状態を確認します。ここでは、ACCEPTになっていますから、ポートはオープンされていることになります。
もし、開いていないようなら、pop3のポート(デフォルト110)を開くようにしましょう。
$ iptables -A INPUT -p tcp --dport 110 -j ACCEPT
こんな感じですかね。

ご利用のブラウザは、広告ブロック(AdBlockなど) が適用となっていませんか?
このサイトでは、コンテンツの一部が非表示、あるいは、コメント、お問い合わせの投稿ができない検索ができないことがあります。


関連記事 :

Debian(Ubuntu)でDovecotでメールを受信する ( POP3s,IMAPs ( STARTTLS or SSL/TLS ) にも対応 )

今回は、pop3 , imap によるメールの受信 を行うための dovecot の設定例です。 CentOS,Scientific Linu ...

Dovecotでfchmodのエラーが出た時の対処

LogWatchなどでDovecotのログを確認していると以下のようなエラーメッセージが出力されることがあります。 **Unmatched ...

DovecotでIMAP IDLE を使った Pushメールを体験してみる

以前に Dovecotでメールを受信する でDovecotの基本設定について解説しました。 今回は、そのDovecotを使って、携帯メールのよ ...

Dovecotで POP3s,IMAPs ( STARTTLS or SSL/TLS )を使うための設定

以前の記事 Dovecotでメールを受信する の続きになります。 今回は、Dovecotで POP3s,IMAPs ( STARTTLS or ...

maildropを使ってメール受信時に携帯へのお知らせメールを自動送信してみる

以下の記事では、maildropのインストールおよび簡単な使い方について解説してきました。 procmailの代わりに(rpmを作 ...



コメントを投稿 :

お名前 *

メールアドレス *
( メールアドレスが公開されることはありません。)

サイトアドレス

コメント *

* 印の項目は、入力が必要な項目です。




最近投稿の記事

[ 画像提供元 : Amazon ] 先日、1TBのディスクの入れ替え時にバックアップをとろうとディスクコピーを行いました。 その際 ...

Windows で Linux ファイルシステム Ext4 のディスクをマウントするには? Ext3Fsd が、おそらく、最も簡単なツール ...

今回は、Windows で Compass を使ってみました。 Compass とは、 Sass(サス、Syntactica ...

今回は、Anti Adblock を使ってみました。 Anti Adblock とは、 そもそも Adblock という ウェブ ...

デスクトップ環境でない サーバーで、Webページのキャプチャー画像をコマンドで撮る には、wkhtmltoimage, CutyCapt ...


さくらのVPS 全プラン リニューアルです。(石狩(北海道)も選択可)


root権限ありで ¥685 / 月 ~ と非常にリーズナブルな CPU 1(core)の 512 プランから、 最高 CPU 10(core), メモリ 32(GB), SSD容量 800(GB) までとプランが充実。
ディスクは、SSDとHDDの選択が可能になった他、データセンターは人気の東京、石狩(北海道)となりました。

また、どのプランでも好きなOSが選べます
( CentOS, Fedora, Scientific Linux, FreeBSD, Ubutu, Debian )

管理人もおすすめのVPSです。
試用期間がありますから、一度、お試しを!!

詳しくは、http://vps.sakura.ad.jp/さくらのVPSのサイトへ へどうぞ!!

カテゴリ


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。
最近、スワップにも対応した Serverman@VPS は、かなりリーズナブルかもです。

  • メモリ1GB~2GBのEntryプラン :月額:490円
  • メモリ2MB~4GBのStandardプラン :月額:980円
  • メモリ4GB~8GBのProプラン :月額:1,980円

新規申し込みで1ヶ月間完全無料となるキャンペーンを実施中です。
Serverman@VPSの特徴は、安さとIPv6対応です。また、初期設定費0円もポイントです。

IPv6でちょっと遊んでみたい方には、おすすめかもしれませんね。最低利用期間もありませんから、気に入らないときは即解約もできます。

Serverman@VPSの詳細については、 http://dream.jp/vps/ Serverman@VPSのサイトへへどうぞ。



KVM採用 ConoHa VPSは、時間単位で借りれる便利なVPSです。


ConoHa VPS は、初期設定費0円最低利用期間無し時間単位で清算可能、 さらに、Web APIを使って自動化を図ることもできる便利なVPSです。

海外サーバー設置も可能で、ローカル接続にも対応と、かなり、機能豊富なサーバーです。

新規ユーザ登録で、クーポンもらえますから、まずは、お試しですね。

ConoHa VPSの詳細については、
http://www.conoha.jp/ へどうぞ。

KVM採用 お名前.com VPS(KVM) 2G プラン 初期設定費無料 キャンペーン 実施です。


メモリ2GBプラン CPU:3core、Disk:200GB
月額:1,153円から (初期設定:1,680円0円)

さくらのVPSがリニューアルされてもなんのその。
1GBメモリ / 2Core を ¥834 – の格安価格で提供中です!
間違いなくスペックからすると割安感ありです。
年間割引時の途中解約で返金がないのは、 ちょっと残念ですが、それでもこの割安感は魅力です。

まずは、お試しですね。

お名前.com VPS(KVM)の詳細については、
http://www.onamae-server.com/vps/ へどうぞ。(お試し期間が15日あります。)



  • ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークへ追加するはてな登録数
ページトップへ
Time : 0.2631 [s]