レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント
レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント - レンタルサーバー・自宅サーバーの設定・構築情報を公開しています。

C7

CentOS 7 での変更点(まとめ)

2015年1月16日 2015年6月25日
centos howto

CentOS 7 (RHEL 7) が、2014.7にリリースされました。
CentOS 6 からの変更が、案外、多いので、ちょっとまとめてみました。

実際に運用時に最低限必要なコマンドの違いは、さくらのVPSを使うときに最初にやっておきたいこと(CentOS 7編) が参考になると思います。 実例をあげて、運用時に行う基本的な設定を行っています。

CentOS 7 (RHEL 7) での変更点

CentOS 7 公式サイトの主な変更点の情報

CentOS 7 公式サイトからの主な変更点の情報は、以下のとおりです。

  • Kernel 3.10.0 へのアップデート
  • Linux コンテナーのサポート

    時代の流れでしょうかね、コンテナー標準サポートになりました。

  • Open VMware Tools と 3D グラフィックスドライバーを標準収録
  • JDK のデフォルトが OpenJDK-7 へ変更
  • 6.5 から 7.0 へのインプレースアップグレード
  • Ext4 と XFS に対する LVM スナップショット
  • systemd, firewalld, GRUB2 への移行

    systemd は、serviceコマンドの代替として systemctl コマンドを提供します。
    以下にsystemctl の主なコマンドと、serviceでの代替コマンドを一覧に乗せておきます。

    CentOS6までのコマンドイメージ
    Systemdでの代替イメージ
    サービスの起動|停止|再起動|再読込み|状態
    # 旧サービス起動
    $ /etc/init.d/サービス名 start|stop|restart|reload|status
    # service 対応サービス
    $ service サービス名 start|stop|restart|reload|status
    # Upstart 対応サービス(initctlは省略できる)
    $ initctl start|stop|restart|reload|status サービス名
    # service 対応サービス
    $ systemctl start|stop|restart|reload  サービス名.service
    自動起動を有効|無効
    $ chkconfig サービス名 on|off
    # service 対応サービス
    $ systemctl enable|stop|disable サービス名.service
    サービス一覧の表示
    # 旧サービス一覧
    $ chkconfig --list
    # service 対応サービス
    $ systemctl --type service

    また、firewalldの提供及びデフォルト動作は、今後、(CentOS7でも使用可能だがデフォルト停止状態の)iptables コマンドの代替として firewall-cmd コマンドへ移行を促しているのだと思います。

  • デフォルトファイルシステムが XFS へ変更

    ファイルシステムとして長く利用されてきた ext2, ext3 が非推奨となり、 デフォルトのファイルシステムが XFS となりました。

  • iSCSI と FCoE がカーネル実装に変更
  • PTPv2 のサポート
  • 40Gb イーサーネットカードのサポート
  • 対応ハードウェア上で UEFI Secure Boot を使った構成のインストールをサポート

これ以外にも、気づいた点で影響の大きいものを以下にピックアップしておきます。

  • net-tools がデフォルトではインストールさせない

    このため、ifconfig コマンドが、デフォルトのインストールした状態で使えません。 今のところ、net-tools をインストールすれば、使えるようになりますが、基本的に、iproute2への移行になるものと思います。 以下にnet-tools の主なコマンドと、iproute2での代替コマンドを一覧に乗せておきます。

    net-toolsの主なコマンドイメージ
    iproute2での代替イメージ
    $ ifconfig -a
    $ ip a show
    $ ifconfig eth0 up
    $ ip link set eth0 up
    $ netstat
    $ ss

  • MySQLは、MariaDBへ変更となった。
  • ntpdは、chronydへ変更となった。

RHEL 7 公式サイトの削除パッケージ情報

RHEL 7 公式サイトの削除機能・パッケージ情報は、以下のとおりです。

削除機能・パッケージ
代替機能・パッケージ
gcj
OpenJDK
備考 Java アプリケーションを、gcj を使ってネイティブコードにコンパイルしないでください。
インストレーションアーキテクチャーとしての 32-bit アーキテクチャー
64-bit アーキテクチャー
備考 アプリケーションは、現在でも互換性ライブラリーを使って実行されます。64-bit Red Hat Enterprise Linux 6 でアプリケーションをテストしてください。32 ビットブートのサポートが必要な場合は、引き続き Red Hat Enterprise Linux 6 を使用してください。
IBM POWER6 サポート
なし
備考 引き続き Red Hat Enterprise Linux 5 または 6 を使用してください。
Matahari
CIM ベースの管理
備考 Matahari は Red Hat Enterprise Linux 6.4 から削除されましたので、使用しないでください。
ecryptfs
既存の LUKS または dm-crypt を使用したブロックベースの暗号化
備考 移行できません。ユーザーは暗号化されたデータを再作成する必要があります。
TurboGears2 web アプリケーションスタック
なし
備考
OpenMotif バージョン 2.2
Motif 2.3
備考 Red Hat Enterprise Linux 6 にある現在の Motif バージョンをベースにアプリケーションを再構築します。
webalizer web アナリティクスツール
なし
備考
compiz ウィンドウマネージャー
gnome-shell
備考
Eclipse Developer Toolset
なし
備考 Eclipse は、Red Hat Developer Toolset オファリングで提供されるようになりました。
Qpid および QMF
なし
備考 Qpid および QMF は、MRG オファリングで使用できます。
amtu
なし
備考 Common Criteria の認定でこのツールは不要になりました。
system-config-services
systemadm
備考
pidgin フロントエンド
empathy
備考
perl-suidperl インタープリター
なし
備考 この機能は、アップストリームの Perl では利用できなくなりました。
pam_passwdqcpam_cracklib
pam_pwquality
備考
HAL ライブラリーおよびデーモン
udev
備考
ConsoleKit ライブラリーおよびデーモン
systemd
DeviceKit-power
upower
備考
system-config-lvm
gnome-disk-utility および system-storage-manager
備考 gnome-disk-utility も Red Hat Enterprise Linux 6 に含まれます。system-storage-manager はより単純なタスクに使用され、lvm2 コマンドは、LVM に関連する微調整やより複雑な操作に使用できます。
system-config-network
nm-connection-editornmcli
備考 nm-connection-editor も Red Hat Enterprise Linux 6 にあります。
taskjuggler
なし
備考
thunderbird
evolution
備考
vconfig
iproute
備考 vconfig のすべての機能は、iproute パッケージの ip ツールによって提供されます。さらに詳しくは、ip-link(8) man ページを参照してください。
種々の旧式グラフィックスドライバー
最新ハードウェアまたは vesa ドライバー
備考
xorg-x11-twm
なし
備考
xorg-x11-xdm
gdm
備考
system-config-firewall
firewall-config および firewall-cmd
備考 system-config-firewall は、iptables サービスと共に、静的環境のみの代替ファイアーウォールソリューションの一部として引き続き利用できます。
mod_perl
mod_fcgid
備考 mod_perl は HTTP 2.4 と互換性がありません
busybox
なし
備考
prelink
なし
備考 prelink は Red Hat Enterprise Linux 7.0 に同梱されますが、デフォルトでは無効にされていることに注意してください。
KVM および仮想化パッケージ (ComputeNode バリアント)
KVM および仮想化に備わったバリアント (サーバーバリアントなど)
備考
module-init-tools
kmod
備考
kernel-firmware-*
linux-firmware
備考
flight-recorder
なし
備考
wireless-tools
コマンドラインから基本的なワイヤレスデバイスの操作を実行するには、iw パッケージの iw バイナリーを使用してください。
備考
libtopology
hwloc
備考
digikam
なし
備考 複雑な依存関係により、digiKam フォト管理プログラムは、Red Hat Enterprise Linux 7.0 ソフトウェアチャンネルでは使用できません。
NetworkManager-openswan
NetworkManager-libreswan
備考
KDE ディスプレイマネージャー (KDM)
GNOME ディスプレイマネージャー (GDM)
備考 GNOME ディスプレイマネージャーは、Red Hat Enterprise Linux 7.0 のデフォルトのディスプレイマネージャーです。KDE (K デスクトップ環境) は引き続き利用でき、かつサポートされていることに注意してください。
virt-tar
virt-tar-in および virt-tar-out
備考 コマンドラインの構文が変更されたことに注意してください。さらに詳しくは、man ページを参照してください。
virt-list-filesytems
virt-filesystems
備考 コマンドラインの構文が変更されたことに注意してください。さらに詳しくは、man ページを参照してください。
virt-list-partitions
virt-filesystems
備考 コマンドラインの構文が変更されたことに注意してください。さらに詳しくは、man ページを参照してください。

RHEL 7 公式サイトの非推奨パッケージ情報

RHEL 7 公式サイトの非推奨機能・パッケージ情報は、以下のとおりです。

非推奨機能・パッケージ
代替機能・パッケージ
ext2、ext3 ファイルシステムのサポート
ext4
備考 ext4 コードは ext2 および ext3 ファイルシステムに使用できます。
sblim-sfcb
tog-pegasus
備考
レガシーの RHN でホストされる登録
subscription-manager および Subscription Asset Manager
備考
acpid
systemd
備考
evolution-mapi
evolution-ews
備考 Microsoft Exchange Server 2003 マシンからの移行を行なってください。
gtkhtml3
webkitgtk3
備考
sendmail
postfix
備考
edac-utils および mcelog
rasdaemon
備考
libcgroup
systemd
備考 cgutils は引き続き Red Hat Enterprise Linux 7.0 に残りますが、systemd については、以降のリリースでお客様が移行できるようそのケイパビリティーを進化させています。
krb5-appl
openssh
備考 OpenSSH には、アクティブに保守が行なわれている標準とアクティブな開発と保守が行なわれているコードベースを使用して実装されている機能的に似通った各種のツールが含まれます。
lvm1
lvm2
備考
lvm2mirror および cmirror
lvm2 raid1
備考 lvm2 raid1 はクラスターをサポートしません。cmirror を他に置き換える計画はありません。

ざっくり、個人的に使ったときに気になった点も含めて CentOS 6 からCentOS 7 への変更点を、かき集めてみました。
細かい点を含めて、もっとあると思います。

ただ、この記事が、CentOS 7 を使ってみようと思う方の何かの参考になればと思います。
ご利用のブラウザは、広告ブロック(AdBlockなど) が適用となっていませんか?
このサイトでは、コンテンツの一部が非表示、あるいは、コメント、お問い合わせの投稿ができない検索ができないことがあります。


関連記事 :

CentOS 7 でLAMP(Apache+MariaDB(MySQL)+PHP)インストールからWordpressを動かすまで(Apache編)

今回は、CentOS,ScientificLinuxでLAMP(Apache+MySQL+PHP)インストールからWordPress ...

CentOS 7 をインストールしてみた

CentOS 7 (RHEL 7) が、2014.7にリリースされました。 早速、CentOS 7 をインストールしてみましょう。 ...

CentOS 7 でLAMP(Nginx+MariaDB(MySQL)+PHP)インストールからWordPressを動かすまで(Nginx編)

今回は、CentOS,ScientificLinuxでLAMP(Nginx+MySQL+PHP)インストールからWordPressを ...

さくらのVPSを使うときに最初にやっておきたいこと(CentOS 7編)

CentOS 5 , CentOS 6 編は、こちらへ 評判のさくらのVPSを使うときに最初にやっておきたいこと(CentO ...

kdumpでNo memory reserved for crash kernel.が出たときの対処

CentOS 7 では、デフォルトでインストールされている kdump ですが、 さくらのVPS の1Gプランで CentOS 7 ...



コメントを投稿 :

お名前 *

メールアドレス *
( メールアドレスが公開されることはありません。)

サイトアドレス

コメント *

* 印の項目は、入力が必要な項目です。




最近投稿の記事

[ 画像提供元 : Amazon ] 先日、1TBのディスクの入れ替え時にバックアップをとろうとディスクコピーを行いました。 その際 ...

Windows で Linux ファイルシステム Ext4 のディスクをマウントするには? Ext3Fsd が、おそらく、最も簡単なツール ...

今回は、Windows で Compass を使ってみました。 Compass とは、 Sass(サス、Syntactica ...

今回は、Anti Adblock を使ってみました。 Anti Adblock とは、 そもそも Adblock という ウェブ ...

デスクトップ環境でない サーバーで、Webページのキャプチャー画像をコマンドで撮る には、wkhtmltoimage, CutyCapt ...


さくらのVPS 全プラン リニューアルです。(石狩(北海道)も選択可)


root権限ありで ¥685 / 月 ~ と非常にリーズナブルな CPU 1(core)の 512 プランから、 最高 CPU 10(core), メモリ 32(GB), SSD容量 800(GB) までとプランが充実。
ディスクは、SSDとHDDの選択が可能になった他、データセンターは人気の東京、石狩(北海道)となりました。

また、どのプランでも好きなOSが選べます
( CentOS, Fedora, Scientific Linux, FreeBSD, Ubutu, Debian )

管理人もおすすめのVPSです。
試用期間がありますから、一度、お試しを!!

詳しくは、http://vps.sakura.ad.jp/さくらのVPSのサイトへ へどうぞ!!

カテゴリ


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。
最近、スワップにも対応した Serverman@VPS は、かなりリーズナブルかもです。

  • メモリ1GB~2GBのEntryプラン :月額:490円
  • メモリ2MB~4GBのStandardプラン :月額:980円
  • メモリ4GB~8GBのProプラン :月額:1,980円

新規申し込みで1ヶ月間完全無料となるキャンペーンを実施中です。
Serverman@VPSの特徴は、安さとIPv6対応です。また、初期設定費0円もポイントです。

IPv6でちょっと遊んでみたい方には、おすすめかもしれませんね。最低利用期間もありませんから、気に入らないときは即解約もできます。

Serverman@VPSの詳細については、 http://dream.jp/vps/ Serverman@VPSのサイトへへどうぞ。



KVM採用 ConoHa VPSは、時間単位で借りれる便利なVPSです。


ConoHa VPS は、初期設定費0円最低利用期間無し時間単位で清算可能、 さらに、Web APIを使って自動化を図ることもできる便利なVPSです。

海外サーバー設置も可能で、ローカル接続にも対応と、かなり、機能豊富なサーバーです。

新規ユーザ登録で、クーポンもらえますから、まずは、お試しですね。

ConoHa VPSの詳細については、
http://www.conoha.jp/ へどうぞ。

KVM採用 お名前.com VPS(KVM) 2G プラン 初期設定費無料 キャンペーン 実施です。


メモリ2GBプラン CPU:3core、Disk:200GB
月額:1,153円から (初期設定:1,680円0円)

さくらのVPSがリニューアルされてもなんのその。
1GBメモリ / 2Core を ¥834 – の格安価格で提供中です!
間違いなくスペックからすると割安感ありです。
年間割引時の途中解約で返金がないのは、 ちょっと残念ですが、それでもこの割安感は魅力です。

まずは、お試しですね。

お名前.com VPS(KVM)の詳細については、
http://www.onamae-server.com/vps/ へどうぞ。(お試し期間が15日あります。)



  • ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークへ追加するはてな登録数
ページトップへ
Time : 0.2613 [s]