レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント
レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント - レンタルサーバー・自宅サーバーの設定・構築情報を公開しています。

話題のお名前.com レンタルサーバー VPS KVM プランを使ってみた

2012年3月23日 2014年1月16日
onamae vps kvm

お名前.comレンタルサーバー VPS から KVMプランがリリースされましたが、いきなり機能アップ、価格改定です。 で 紹介されているようにお名前.com レンタルサーバー VPS から KVM プラン が 提供されました。

リリース当日に、 さくらのVPS  さくらのVPS 新プラン発表があったので、 すかさず、お名前.comもプラン内容が見直されました。リリース当日にプランの見直しがなされたので、さすがに驚きましたが、そこがGMOらしいところではあります。

お名前.com レンタルサーバーは、そもそも OpenVZ系のVirtuozzo を用いたVPSを提供していました。 しかし、KVMを擁した さくらのVPS の人気もあって、KVMプランの発表に至ったことは、疑う余地はないでしょう。(CloudCoreの成功にも影響を受けたことでしょうね。たぶん。)
このあたりは、 KDDIのCloudCore VPS  KDDIのCloudCore VPS と同じ流れです。
そのせいもあって、 KDDIのCloudCore VPS  KDDIのCloudCore VPS お名前.com レンタルサーバー VPS KVM プラン  お名前.com レンタルサーバー VPS KVM プラン も、 さくらのVPSのプランを意識したプラン構成になっていることは間違いないでしょう。(特にお名前.comは、露骨な対抗プランになっています。

スペック、価格を比較した お名前.com レンタルサーバーVPS に新KVM プランと KDDI クラウドコア(CloudCore) とさくらのVPS を比較してみた でもわかるように さくらのVPSの価格を下回るように設定されています。リーズナブルであることは間違いないでしょう。

今回は、その お名前.com レンタルサーバー VPS KVM プラン の申し込みから、SSHでの接続まで、まずは、使ってみました。

お名前.com レンタルサーバー VPS KVM プラン を試してみたい方は、 お名前.com レンタルサーバー VPS KVM プラン のページ  お名前.com レンタルサーバー VPS KVM プラン のページ からどうぞ。無料お試し期間は15日です。
試用期間中は、以下の点で制約があります。
・ダウンロード(中から外)が5Mbpsに制限されます。
・25番ポート(中から外)がポート制限されます。

まずは、申し込み

お試し期間が15日間ありますが、そのお試し期間を利用するにも 申し込みは必要です。
もし、解約したければ、15日間内にキャンセルできますから、安心して大丈夫です。

まあ、簡単ですけど、一応、手順を踏んでおきましょう。

請求書、コンビニ決済を選択の場合、お試し期間中に支払いがない場合は解約となります。つまり、何もしないと解約になります。

クレジットカード払いを選択の場合、お試し期間中にご解約申請をされない限り、そのままサービスをご継続いただけます。 つまり、何もしないと自動的に本契約になりますので注意しましょう。

お名前.com レンタルサーバー VPS KVMプラン の申し込み

  1. お名前.com レンタルサーバー VPS のページお名前.com レンタルサーバー VPS のページ から、上メニューの “VPS” をクリックします。
    お名前.com レンタルサーバー VPS ページお名前.com レンタルサーバー VPS ページ

  2. 以下のVPSページから、右メニューの “今すぐお申込” をクリックします。
    お名前.com レンタルサーバー VPS ページお名前.com レンタルサーバー VPS ページ

  3. VPS(KVM) お申込 画面から、プランと契約期間を選択し、”次へ” をクリックします。
    お名前.com レンタルサーバー VPS お申し込み内容選択

    プランは、以下のいずれかです。

    • 2G プラン : CPU 3コア|70GB
    • 4G プラン : CPU 4コア|120GB
    • 8G プラン : CPU 6コア|240GB

    ここでは、2Gプランを選択しました。
    また、契約期間は、とりあえず一番安い 12ヶ月払い を ここでは選択しました。一応、初期設定無料キャンペーンもありますからね。


  4. お名前.comのIDを持っているかどうかを指定し、”次へ” をクリックします。
    お名前.com レンタルサーバー VPS お申し込み内容選択

    お名前.comのIDを持っているなら、次の個人情報の設定を、いちいち入力しなくてもデフォルトで設定してくれます。
    お名前.comのIDを持っていないなら、次の個人情報の設定を全て入力する必要があります。


  5. 個人情報入力 画面から、必要な個人情報を入力し “次へ” をクリックします。
    お名前.com レンタルサーバー VPS 個人情報入力

    電話番号とメールアドレスは、間違いの無いようにしましょう。電話番号とメールアドレスを間違った場合は、お試し期間の利用および契約できません。

    また、このページ下部に支払い方法の指定もあります。本契約する場合の支払い方法を指定します。
    支払い方法は、好きなものを指定して可です。ここでは、コンビニ支払い ( +手数料150円 ) にしました。

    お名前.com レンタルサーバー VPS 支払い方法

  6. お申込内容確認 画面から、表示内容に問題がなければ、画面下の “上記規約・利用目的に同意して、サービスを申し込みます” をチェックし “お申込み” をクリックします。
    お名前.com レンタルサーバー VPS 料金・約款承認

    お名前.com レンタルサーバー VPS 料金・約款承認

    申し込みが完了したら、以下の画面が表示されます。

    お名前.com レンタルサーバー VPS 申し込み完了

    ログイン状態になっていますから、必要ない場合は、画面右上の“ログアウト” をクリックしログアウトしておきましょう。

    あとは、メール待ちになります。


  7. 申し込み確認メールが着ます。

    【重要】[お名前.com] VPS(KVM) 無料トライアルお申込み確認

    [お名前.com] VPS(KVM) 無料トライアルお申込み確認

    中段に以下のように、[2] 電話認証のお手続き の記載があるはずです。

    [お名前.com] VPS(KVM) 無料トライアルお申込み確認

    このメールの記載手順に沿って認証を行う必要があります。

    1. 上記認証用URLをクリックします。
    2. 表示される画面に従い「電話を受ける」ボタンをクリックします。

      自動的に弊社システムからご登録の電話番号に電話がかかります

    3. 受電後に画面に表示されているPIN(番号+#)を入力しますと、認証は完了します。

      画面に「○認証に成功しました」が表示されましたら、認証のお手続きは終了です。

    電話を手元において、先のURLの画面を見ながらやれば、何も問題ありません。
    電話は、ピッ、ポッ、パッ・・とトーンが鳴るようにしておきましょう。

    元気なおねえさんの録音された声で、
    「お名前.com レンタルサーバーのお申込、ありがとうござます・・・」
    なんていってくれます。

  8. サービス設定完了メールが着ます。

    【重要】[お名前.com] VPS(KVM) 無料トライアルサービス設定完了

    [お名前.com] VPS(KVM) 無料トライアルサービス設定完了

    サービス設定完了であって、サーバ設定完了ではありませんので注意しましょう。
    この時点で、サーバーNAVIへアクセスできるような状態です。ただし、サーバーは起動していません。

    お名前.comでは、自分で初期化・起動します。

    次に、サーバーの初期化を行います。

  9. サーバーの初期化を行います。
    1. サーバーNAVIにログインします。

      メールにURLは記載されていますので、そのURLへアクセスします。

      お名前.com レンタルサーバー VPS NAVI ログイン

      会員ID、パスワードを入力し、“ログイン” ボタンをクリックします。

      ログインすると以下のような初期画面が表示されます。

      お名前.com レンタルサーバー VPS NAVI

    2. サーバーの初期設定を行います。

      画面左メニューから、サーバーリストから初期化するサーバー ( kvmxxxx などの名前になっている ) をクリックします。

      お名前.com レンタルサーバー VPS サーバー初期化

      rootパスワードを設定し、”確認” ボタンをクリックします。

      rootパスワードが弱いと、次に進めません。
      お名前.com レンタルサーバー VPS パスワード
      上記画面のようにパスワード設定欄の右にOKと表示されることを確認の上、”確認” ボタンをクリックしましょう。

      続けて確認のページが表示されますので、内容を確認の上、”実行” ボタンをクリックします。

      お名前.com レンタルサーバー VPS サーバー初期化 確認

      以下の画面が表示されれば、サーバーの初期化完了です。

      お名前.com レンタルサーバー VPS サーバー初期化 確認

      サーバーの初期化が完了したら、自動的にサーバーが稼動します。
      以下のように左メニューのサーバーリストをクリックしてみてください。

      お名前.com レンタルサーバー VPS サーバーリスト

      該当サーバーが稼動中になっていることを確認しておきましょう。

      サーバーのIPアドレス、ホスト名などの基本情報は、ここでも確認できます。

  10. 請求書に関するメールが着ます。

    [お名前.com] ご請求明細(コンビニエンスストア) 初回お支払い分

    最後に請求書のメールが着きます。ここでは、コンビニ決済を選択しましたので、ご請求明細(コンビニエンスストア) という名目でメールが着ます。

    お名前.com レンタルサーバー VPS 請求書

    ここまでは、自動配信なので、ほぼ数分でメールが届きます。



ここまで終われば、すぐに使えます。早速、使ってみましょう。

まずは、WEBのコントロール画面を使ってみましょう

お名前.com レンタルサーバー VPS のコントロールパネルを使ってみましょう。

  1. サーバーNAVIにログインします。

    メールにURLは記載されていますので、そのURLへアクセスします。

    お名前.com レンタルサーバー VPS NAVI ログイン

    会員ID、パスワードを入力し、“ログイン” ボタンをクリックします。


  2. サーバーのコントロールパネルを開きます。

    画面左メニューから、サーバーリストから開きたいサーバー ( kvmxxxx などの名前になっている ) をクリックします。

    お名前.com レンタルサーバー VPS コントロールパネル

    上記のようにサーバーのコントロールパネルが表示されます。

    画面右のマウスの絵があるところをクリックするとVNCコンソールが表示されます。

    お名前.com レンタルサーバー VPS VNCコンソール

    ログインして、適当にコマンドを入力してみてください。

    キー入力がおかしいときは、Altキーを1回押下すると、うまくいくことがあります。ClooudCore VPSと同じです。

  3. シリアルコンソールを開きます。

    コントロールパネルの下部に“シリアルコンソール” のボタンがあります。クリックしてみましょう。

    お名前.com レンタルサーバー VPS コントロールパネル

    コントロールパネルの下部に“シリアルコンソール” のボタンがあります。クリックしてみましょう。

    以下のようにポップアップ画面で、シリアルコンソールが開きます。

    お名前.com レンタルサーバー VPS シリアルコンソール

    ログインして、適当にコマンドを入力してみてください。


  4. 最後にSSHでログインしてみましょう。

    TeraTermを使ってログインしてみます。
    お名前.comは、RSAのキーファイルを使うように設定されています。

    1. 前準備として、お名前.com のコントロールパネルから、キーファイルをダウンロードします。

      コントロールパネルの左メニューの“SSH Key Pair” をクリックします。

      お名前.com レンタルサーバー VPS コントロールパネル

      “Private Key ダウンロード” をクリックし、キーファイルを適当な名前でダウンロードし、保存します。

    2. TeraTermを使ってログインします。
      1. TeraTermを起動します。

        以下の画面が表示されます。
        ホスト : IPアドレスを指定します。( コントロールパネルに記載のIPアドレスを設定します。)
        サービス : SSHを指定します。( SSHバージョンは、SSH2 とします。)
        TCPポート:デフォルトの22番を指定します。

        TeraTerm ログイン

        入力を終えたら、OKボタンをクリックします。


      2. ユーザ、パスワード、キーファイルを指定し、ログインします。

        ユーザ名:root ※初期状態では、rootのみです。
        パスワード:サーバーの初期化で設定したroot(管理者)の パスワードを入力します。
        RSA/DSA 鍵を使うを選択し、先にお名前.com コントロールパネルからダウンロードしたキーファイルを指定します。

        TeraTerm ログイン

        入力を終えたら、OKボタンをクリックします。

        以下のようにログインできたらOKです。

        TeraTerm ログイン

      ログインできたら、適当なコマンドを入力し、正しく動作するかチェックしてみてください。

      $ free
                   total       used       free     shared    buffers     cached
      Mem:       2054800     105064    1949736          0       5704      28564
      -/+ buffers/cache:      70796    1984004
      Swap:      2064376          0    2064376
      $ df
      Filesystem           1K-blocks      Used Available Use% Mounted on
      /dev/mapper/VolGroup-lv_root
                            18102140    877700  16304888   6% /
      tmpfs                  1027400         0   1027400   0% /dev/shm
      /dev/vda1               495844     52115    418129  12% /boot
      /dev/vdb              51606140    184268  48800432   1% /data
      
      $

      上記は、実際にお名前.com VPSの初期状態(初期化実施後)でのメモリとディスクの使用状況を出力したものです。

      メモリは、
      全体 : 2 GB に対して 使用量 : 105 MB で、
      スワップについては、
      全体 : 2 GB に対して 使用量 : 0 MB となっています。

      ディスクは、
      全体 : 71.2 GB に対して 使用量 : 1.1 GB で、1.7 % の使用量となっています。

      これだけのメモリとディスクがあれば、楽しめそうです。


コントロールパネルは、タブでの切り替えが多いので、ちょっとわかりづらかい点もありましたが、慣れだと思いました。
さくらのVPS ページさくらのVPS ページにある機能は、全て網羅されています。 更に、さくらのVPSでは1サーバー毎にしかコントロールパネルを開けませんが、お名前.com VPS のコントロールパネルは、複数サーバーを同時に操作できるようになっています。

コントロールパネルだけなら、さくらのクラウドに似た感じでしょうか。もちろん、お名前.comには、ロードバランサーやサーバー間でネットワークなどは組めませんけど、複数台管理している方には、扱いやすいかもしれませんね。

ディスク容量が70GBメモリ2GB、さらには CPU コア数 3 ですから、文句なしじゃないでしょうか。

価格も年契約で、1,153 円からですから、これも、かなりリーズナブルですね。
( ちなみに さくらのVPSの新プランでは、ディスク容量が100GBメモリ1GBCPU コア数 2 が、年契約で 898 円ですから 微妙な価格設定ですね。 )

お試し期間で、もう少し遊んでみたいと思います。

お名前.com レンタルサーバー VPS KVM プラン を試してみたい方は、 お名前.com レンタルサーバー VPS KVM プラン のページ  お名前.com レンタルサーバー VPS KVM プラン のページ からどうぞ。無料お試し期間は15日です。
試用期間中は、以下の点で制約があります。
・ダウンロード(中から外)が5Mbpsに制限されます。
・25番ポート(中から外)がポート制限されます。

さくらのVPS を試してみたい方は、 さくらのVPS のページ  さくらのVPS のページ からどうぞ。無料お試し期間は 14日です。
※お試し期間中は、OP25B設定、データ転送帯域に制約がありますから注意してください。
・・・おためし期間の制約まで同じですね。

ご利用のブラウザは、広告ブロック(AdBlockなど) が適用となっていませんか?
このサイトでは、コンテンツの一部が非表示、あるいは、コメント、お問い合わせの投稿ができない検索ができないことがあります。


関連記事 :

評判のKDDI CPIのVPS ( CloudCore ( クラウドコア ) VPS ) を使ってみた

KDDI CPIのVPSがCloudCore VPSとして一新しました で 紹介されているようにKDDI のCPIブランドで提供さ ...

さくらのVPSの新プランとお名前.com VPS(KVM) でnuttcpを使って伝送速度を計測してみた

さくらのVPS 新プラン と お名前.com レンタルサーバー VPS 新KVM プラン の違いは、 さくらのVPS 新プラン ...

さくらのVPS と CloudCore VPS の 伝送速度をnuttcpを使って計測してみた

遅ればせながら、さくらのVPS (旧プラン512) のUnixBench を実施して計測してみました では、さくらのVPSのCPUの ...

SPPD VPS,ABLENET VPS,CloudCore VPS,さくらのVPS (KVM格安VPS) の nuttcp による伝送速度を比較してみた

さくらのVPS と CloudCore VPS の 伝送速度をnuttcpを使って計測してみた でさくらのVPS、CloudCore ...

CloudCore VPS にて UnixBench を実測してみた、ついでにさくらのVPSと比較してみた

遅ればせながら、さくらのVPS (旧プラン512) のUnixBench を実施して計測してみました では、さくらのVPSのUnix ...



コメントを投稿 :

お名前 *

メールアドレス *
( メールアドレスが公開されることはありません。)

サイトアドレス

コメント *

* 印の項目は、入力が必要な項目です。




最近投稿の記事

[ 画像提供元 : Amazon ] 先日、1TBのディスクの入れ替え時にバックアップをとろうとディスクコピーを行いました。 その際 ...

Windows で Linux ファイルシステム Ext4 のディスクをマウントするには? Ext3Fsd が、おそらく、最も簡単なツール ...

今回は、Windows で Compass を使ってみました。 Compass とは、 Sass(サス、Syntactica ...

今回は、Anti Adblock を使ってみました。 Anti Adblock とは、 そもそも Adblock という ウェブ ...

デスクトップ環境でない サーバーで、Webページのキャプチャー画像をコマンドで撮る には、wkhtmltoimage, CutyCapt ...


さくらのVPS 全プラン リニューアルです。(石狩(北海道)も選択可)


root権限ありで ¥685 / 月 ~ と非常にリーズナブルな CPU 1(core)の 512 プランから、 最高 CPU 10(core), メモリ 32(GB), SSD容量 800(GB) までとプランが充実。
ディスクは、SSDとHDDの選択が可能になった他、データセンターは人気の東京、石狩(北海道)となりました。

また、どのプランでも好きなOSが選べます
( CentOS, Fedora, Scientific Linux, FreeBSD, Ubutu, Debian )

管理人もおすすめのVPSです。
試用期間がありますから、一度、お試しを!!

詳しくは、http://vps.sakura.ad.jp/さくらのVPSのサイトへ へどうぞ!!

カテゴリ


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。
最近、スワップにも対応した Serverman@VPS は、かなりリーズナブルかもです。

  • メモリ1GB~2GBのEntryプラン :月額:490円
  • メモリ2MB~4GBのStandardプラン :月額:980円
  • メモリ4GB~8GBのProプラン :月額:1,980円

新規申し込みで1ヶ月間完全無料となるキャンペーンを実施中です。
Serverman@VPSの特徴は、安さとIPv6対応です。また、初期設定費0円もポイントです。

IPv6でちょっと遊んでみたい方には、おすすめかもしれませんね。最低利用期間もありませんから、気に入らないときは即解約もできます。

Serverman@VPSの詳細については、 http://dream.jp/vps/ Serverman@VPSのサイトへへどうぞ。



KVM採用 ConoHa VPSは、時間単位で借りれる便利なVPSです。


ConoHa VPS は、初期設定費0円最低利用期間無し時間単位で清算可能、 さらに、Web APIを使って自動化を図ることもできる便利なVPSです。

海外サーバー設置も可能で、ローカル接続にも対応と、かなり、機能豊富なサーバーです。

新規ユーザ登録で、クーポンもらえますから、まずは、お試しですね。

ConoHa VPSの詳細については、
http://www.conoha.jp/ へどうぞ。

KVM採用 お名前.com VPS(KVM) 2G プラン 初期設定費無料 キャンペーン 実施です。


メモリ2GBプラン CPU:3core、Disk:200GB
月額:1,153円から (初期設定:1,680円0円)

さくらのVPSがリニューアルされてもなんのその。
1GBメモリ / 2Core を ¥834 – の格安価格で提供中です!
間違いなくスペックからすると割安感ありです。
年間割引時の途中解約で返金がないのは、 ちょっと残念ですが、それでもこの割安感は魅力です。

まずは、お試しですね。

お名前.com VPS(KVM)の詳細については、
http://www.onamae-server.com/vps/ へどうぞ。(お試し期間が15日あります。)



  • ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークへ追加するはてな登録数
ページトップへ
Time : 0.2049 [s]