レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント
レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント - レンタルサーバー・自宅サーバーの設定・構築情報を公開しています。

恥ずかしながら、ドメインが利用できない状態に・・・

2015年2月24日 2015年2月27日
ショック!!

恥ずかしながら、この2週間で、2回ドメインが利用できない状態になってしまいました。

ほぼ、自分の対応が悪かったのですが、さすがに、ちょっとへこみました。
二度と、こんなへまをやらないために、備忘録です。

1回目は、whois情報が原因?

1回目は、突然、当サイトへアクセスすると以下のような画面へ切り替わりました。

ドメインペンディング状態(eNom)

この画面は、サイトを乗っ取られた?とかそんなんじゃありません。(でも、かなり強烈な印象を与えますよね。
ICANNが進めているWhois情報認証が正しく行われなかったので、このドメインは一時停止にします・・・ということです。

そのため、Whois情報が正しいですよと意思表示しないといけないわけです。

そこで、画面の中央の画像に表示されている数字情報を入力し、[ Resend Verification Email ] ボタンをクリックすれば、確認のメールが送られてくる・・・ことになっています。 もちろん、Whois情報に設定されてあるメールアドレスへ送られてくることになっています。

ドメインペンディング状態(eNom)

上記のように
“Notification Email has been resent to email address populated in your WHOIS data.”
と出力されれば、Whois情報に設定しているメールアドレスへ確認メールが送付されるはずです・・・。

が、待てど暮らせどメール来ず・・・・。Whois情報に誤りがあるのか?と思い、 Whois情報をICANNサイトにて確認、試しに自分が設定したメールアドレスへメールを送信してみましたが、ちゃんと届いたのでメールアドレスには問題ないようです。

困ってドメインレジストラへ問い合わせを行うも、何も返信なし・・・。
困り果てて、とりあえず、Whois情報をドメインレジストラが提供しているWhois代行情報へ変更してみると・・・・・すぐにペンディング状態が解消された・・・・・どういうこと?

簡単には、Whois代行情報へ切り替えたことで、そちらへ確認メールが送信された?それで、すぐに処理された?のかなぁという感じです。
ここの上位レジストラは、eNom なので、Whois情報を書き換えたときに、確認メールが届くはず?それで、とりあえず、問題回避できたのか・・・・・。

ただ、依然、Whois情報を自前の情報へ書き換えるとだめなのがわかったので、
このレジストラのWhois情報の設定かあるいは上位レジストラ(eNom)との間でうまくデータの取り合いができていないのか、問題がありそうなのは理解できました。

そこで、考えたのが、ドメインの移管です・・・。これが2回目のドメイン異常につながります。

本来、Whois情報を変更した時、あるいは毎年?そこに設定してあるメールアドレスへWhois情報の確認メールが送付されるはずなのですが、 どうもメールは届いていないようでした。再確認しても、どうも届かないようです。GMailを使っていたので、迷惑メールになっていたのかな?と思って確認しましたが、そうでもなかったです。 さらに無料メールがだめなのかなぁと思って、普通にいつでも使えるメールアドレスを指定しましたが、これでもメールが届きません・・・・・・。

正直、何が悪いのか・・・お手上げとなってしまいましたので、移管することに・・・。

2回目は、移管でDNSが使えないのが原因?

先のようにドメインのWhois情報を自分の情報へ書き換えられない?というか、書き換えると、いずれまた、上記のように一時停止になってしまいかねないので、 ドメインの移管をすることにしました。

ただ、不安なのは、ドメインの移管にも Whois情報を変更する必要があります。
この変更したアドレスへ移管の承認メールが届かないと移管もできなくなります。

恐る恐る、Whois情報のメールアドレスの箇所を全て変更し、移管申請しました。
移管先は、とりあえず海外はやめて バリュードメイン 経由の お名前.comお名前.com で有名なGMOへ移管することにしました。

移管手続は、どこも同じで、以下のような流れです。

  1. 移管元のWhois情報のメールアドレスを自分が受け取れるアドレスへ変更する。
  2. 移管元にてAuthCode を取得(確認)する。
  3. 移管先にて移管申請する。
  4. 移管元、移管先からそれぞれ移管の承認メールが来るので、承認手続きをする。この時のメールは Whois情報のメールアドレスになる。
  5. あとは、完了を待つ。

全て順調にいって、完了待ちとなりました。実際、移管の完了まで1週間程度かかりますので気長に待っていると、当サイトへアクセスすると以下のような画面へ切り替わりました。

ドメインペンディング状態(eNom)

この画面も強烈ですね。もちろん、サイトを乗っ取られた?とかそんなんじゃありません。
基本、ドメインが使われなくなったかドメイン指定のDNSサーバーに何も登録されていない場合に、デフォルトで表示するページです。

恥ずかしながら、全然知らなかったのですが、eNomのDNSサーバーは、移管した時点で使えなくなるんですね。 (国内のレジストラは、とりあえず、しばらく使えるようになっているので、てっきり、しばらく使えると思ってゆっくり構えていました・・。

それで、上記の画面へいきなり飛ぶようになりました。
慌てて、ValueDomain で提供しているDNSサーバーへ切り替えることに・・・・・。
しかし、DNSサーバーの切り替えが浸透するには、約1日から2日程度、掛かります・・・・ しかし、こうなってしまってからは、後にも先にも待つ以外にありませんので、あとは、待つ・・・。

DNSサーバーの切り替えを行って、早ければ数分で切り替わる場合もありますが、一般的なプロバイダ提供のDNSサーバーは、遅めなので、約1日から2日程度掛かるでしょう。
DNSサーバーの切り替えを切り替えて、正しくDNSレコードが認識されているか確認するには、nslookupコマンドで確認すると良いと思います。
その際、Googleの公開DNSは、早めに切り替わるので、Googleの公開DNSを使うと良いでしょう。
# nslookupコマンドを使ってDNSレコードを確認してみます。
$ nslookup
# DNSサーバーをGoogle公開DNSへ切り替える
> server 8.8.8.8
既定のサーバー:  google-public-dns-a.google.com
Address:  8.8.8.8

# ドメインを問い合わせてみる
> server-setting.info
サーバー:  google-public-dns-a.google.com
Address:  8.8.8.8

権限のない回答:
名前:    server-setting.info
Address:  111.112.113.114
ここで、IPアドレスがDNSレコードに設定した値が正しく出力されればOKです。

このドメイン異常事態の時に、来られた方は、さすがに驚かれたかもしれません。 それにしても eNomのこれらの画面は、強烈ですね。
先にも書いたように、サイトを乗っ取られた?とかそんなんじゃありませんから、もし、ご心配された方がおられました、ご心配なさいませんようよろしくお願い申し上げます。

ついつい、更新料金の安さに惹かれて、ドメインレジストラを選んでいました。そもそもの原因は、そこなんだろうなぁとつくづく思った今回の出来事でした。
やっぱり、困った時のサポートって大事ですね。それに日本って、やっぱり、安心できますよね、サポート面を考えれば、特にそう思いました。

念のため言っておきますが、eNomが悪いわけではありません。
もちろん、eNomのリセラーをやっているレジストラは、日本にもいっぱいありますし、ここで移管したバリュードメインもeNomを再販しています。 しかし、これらの問題は、普通にバリュードメインで、上位レジストラにeNomを選択したとしても出ませんので、お間違えのないようにお願いいたします。

この記事が、みなさんのご参考になれば幸いです。
ご利用のブラウザは、広告ブロック(AdBlockなど) が適用となっていませんか?
このサイトでは、コンテンツの一部が非表示、あるいは、コメント、お問い合わせの投稿ができない検索ができないことがあります。


関連記事 :

GMailでスパムメールになってしまう時にチェックしたいこと

独自ドメイン+自前のSMTPサーバー を利用してGMailへ送信した場合、よくスパムメール扱いされることがあります。 そんな時の対応について、 ...

お名前.comでDNSラウンドロビンはできるか?

今まで、負荷分散についての関連記事を rsync + ssh でファイルの同期をとるmysqlのレプリケーションを使う ...

Android エミュレータ Genymotionをインストールし、kindleで電子Bookを読むまで

Genymotionとは、 公式サイト(http://www.genymotion.com/)には、以下のように記述があります。 Gen ...

ConoHaにAndroid x86 をインストールしてみる

Android x86とは、 いわゆる Android のPC版OSです。 Android は、Googleによって開発されたス ...

Nginx で一時的なセキュアなリンクを使ってみる(phpで自力で認証してみる)

Nginx で一時的なセキュアなリンクを使ってみる(secure_link,secure_link_md5ディレクティブを使ってみる) では ...


2 件 コメントがあります。 コメントを投稿する
  1. anon
    2015年2月27日, 5:49 PM

    [ Recend Verification Email ] -> [ Resend Verification Email ]

  2. 管理人
    2015年2月27日, 6:37 PM

    Hi anon san,
    thanks, your comment.
    I replaced the word that you have checked.


コメントを投稿 :

お名前 *

メールアドレス *
( メールアドレスが公開されることはありません。)

サイトアドレス

コメント *

* 印の項目は、入力が必要な項目です。




最近投稿の記事

[ 画像提供元 : Amazon ] 先日、1TBのディスクの入れ替え時にバックアップをとろうとディスクコピーを行いました。 その際 ...

Windows で Linux ファイルシステム Ext4 のディスクをマウントするには? Ext3Fsd が、おそらく、最も簡単なツール ...

今回は、Windows で Compass を使ってみました。 Compass とは、 Sass(サス、Syntactica ...

今回は、Anti Adblock を使ってみました。 Anti Adblock とは、 そもそも Adblock という ウェブ ...

デスクトップ環境でない サーバーで、Webページのキャプチャー画像をコマンドで撮る には、wkhtmltoimage, CutyCapt ...


さくらのVPS 全プラン リニューアルです。(石狩(北海道)も選択可)


root権限ありで ¥685 / 月 ~ と非常にリーズナブルな CPU 1(core)の 512 プランから、 最高 CPU 10(core), メモリ 32(GB), SSD容量 800(GB) までとプランが充実。
ディスクは、SSDとHDDの選択が可能になった他、データセンターは人気の東京、石狩(北海道)となりました。

また、どのプランでも好きなOSが選べます
( CentOS, Fedora, Scientific Linux, FreeBSD, Ubutu, Debian )

管理人もおすすめのVPSです。
試用期間がありますから、一度、お試しを!!

詳しくは、http://vps.sakura.ad.jp/さくらのVPSのサイトへ へどうぞ!!

カテゴリ


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。
最近、スワップにも対応した Serverman@VPS は、かなりリーズナブルかもです。

  • メモリ1GB~2GBのEntryプラン :月額:490円
  • メモリ2MB~4GBのStandardプラン :月額:980円
  • メモリ4GB~8GBのProプラン :月額:1,980円

新規申し込みで1ヶ月間完全無料となるキャンペーンを実施中です。
Serverman@VPSの特徴は、安さとIPv6対応です。また、初期設定費0円もポイントです。

IPv6でちょっと遊んでみたい方には、おすすめかもしれませんね。最低利用期間もありませんから、気に入らないときは即解約もできます。

Serverman@VPSの詳細については、 http://dream.jp/vps/ Serverman@VPSのサイトへへどうぞ。



KVM採用 ConoHa VPSは、時間単位で借りれる便利なVPSです。


ConoHa VPS は、初期設定費0円最低利用期間無し時間単位で清算可能、 さらに、Web APIを使って自動化を図ることもできる便利なVPSです。

海外サーバー設置も可能で、ローカル接続にも対応と、かなり、機能豊富なサーバーです。

新規ユーザ登録で、クーポンもらえますから、まずは、お試しですね。

ConoHa VPSの詳細については、
http://www.conoha.jp/ へどうぞ。

KVM採用 お名前.com VPS(KVM) 2G プラン 初期設定費無料 キャンペーン 実施です。


メモリ2GBプラン CPU:3core、Disk:200GB
月額:1,153円から (初期設定:1,680円0円)

さくらのVPSがリニューアルされてもなんのその。
1GBメモリ / 2Core を ¥834 – の格安価格で提供中です!
間違いなくスペックからすると割安感ありです。
年間割引時の途中解約で返金がないのは、 ちょっと残念ですが、それでもこの割安感は魅力です。

まずは、お試しですね。

お名前.com VPS(KVM)の詳細については、
http://www.onamae-server.com/vps/ へどうぞ。(お試し期間が15日あります。)



  • ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークへ追加するはてな登録数
ページトップへ
Time : 0.2805 [s]