レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント
レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント - レンタルサーバー・自宅サーバーの設定・構築情報を公開しています。

C6

ConoHa VPS の WordPressテンプレート を使ってみた

2014年2月6日 2014年2月6日
conoha wordpress

ConoHa VPS で、ちょっとだけ話題になっている WordPress テンプレートを使ってみました。

Wordpress テンプレートは、CentOS + Nginx + MySQL + WordPress を一度にインストールしてしまう カスタムOSテンプレートのことです。
一度に、全部インストールできますし、インストール自体も rootのパスワード設定ぐらいで、通常のOSのインストールのように色々聞いてくることもなく簡単に行うことができます。

確かに、楽は楽なので、今回、簡単に解説してみます。

ConoHa VPS の WordPressテンプレート を使ってみた

先に説明したように WordPress テンプレートは、CentOS + Nginx + MySQL + WordPress を一度にインストールしてしまう カスタムOSテンプレートのことです。
そのため、ConoHaで最初にVPSを作成する際に選択できますし、後でOSの再インストールでインストールすることもできます。

ここでは、OSの再インストールを行ってみます。

WordPressテンプレート をインストール

ConoHa VPSのコントロールパネルから、
OSの再インストールを行うVPSを選択し、画面左上のメニューからOS再インストールをクリックします。

ConoHa OS再インストール

OS:[テンプレート] Nginx+WordPress CentOS
rootパスワード:OSのrootパスワード

上記の選択・入力を終えたら、確認ボタンをクリックします。

ConoHa OS再インストール

上記のように選択・入力に誤りがないか確認を終えたら、決定ボタンをクリックします。

ConoHa OS再インストール

上記の画面に遷移し、起動中を確認した後、しばらく(数分)してからコンソールからログインしてみましょう。

ConoHa OS再インストール

上記の画面のように Nginx 1.4 + PHP 5.4 + Percona 5.5 のような表記がCentOSの表記の後に出力されれば、間違いなくWordpressテンプレート がインストールされています。


WordPressを使ってみる

先のWordpressテンプレートを使って CentOS + Nginx + MySQL + WordPress がインストールできたら、次にWordpressを使ってみましょう。

とりあえず、Wordpressを使ってみたいだけなので、http://IPアドレス でアクセスしてみます。

Wordpress インストール

上記のようにWordpressの初期画面が表示されます。
必要事項を入力し、WordPressをインストール をクリックします。

Wordpress インストール

上記のようにいきなり完了画面です。
つまり、データベースの設定などは、既にWordpressテンプレートにて実施されており、特別に設定することもなく終了してしまいます。

とりあえず、使ってみたいので ログイン ボタンをクリックし、ログインしてみます。

Wordpress インストール

いつものWordpressのログイン画面です。
ユーザ、パスワードを入力し、ログイン ボタンをクリックし、ログインしてみましょう。
ログインできれば、普通にWordpressを使える状態です。

次にデフォルトで使っているプラグインを確認してみます。

Wordpress インストール

デフォルトで動作しているプラグインは、以下の2つのようです。

  • Nginx Cache Controller

    Nginx の Reverse Proxy のキャッシュを制御するための有名なプラグインです。

  • WP MultiByte Patch

    日本語マルチバイト文字列操作のためのパッチプラグインです。

実質、このパッケージでデフォルト動作しているプラグインは、Nginx Cache Controllerだけのようです。
Nginx Cache Controllerは、デフォルトではキャッシュの制御を行わないようになっている?みたいなので、最低限の設定だけやっておきます。

Wordpress インストール

キャッシュ削減の有効性 : Yes にし、あとは、デフォルトのままでもOKだと思います。
とりあえず、この設定で、記事の更新を行ったらキャッシュを削除してくれます。

mysqlの設定を確認してみる

デフォルトで設定されている mysqlの設定を確認してみます。

# まず、バージョンを確認してみました。
$ mysql --version
mysql  Ver 14.14 Distrib 5.5.35, for Linux (x86_64) using readline 5.1

# 次に、mysqlにログインしてみました。
$ mysql

Welcome to the MySQL monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 5
Server version: 5.5.35-33.0 Percona Server (GPL), Release rel33.0, Revision 611

Copyright (c) 2009-2013 Percona LLC and/or its affiliates
Copyright (c) 2000, 2013, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.

Oracle is a registered trademark of Oracle Corporation and/or its
affiliates. Other names may be trademarks of their respective
owners.

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.

mysql>
# 見事に難なくログインできました。
# mysql の root パスワードも設定していませんから、当たり前ですね。
# 次にデータベースを確認してみましょう。
mysql> show databases;
+--------------------+
| Database           |
+--------------------+
| information_schema |
| mysql              |
| performance_schema |
| wordpress          |
+--------------------+
4 rows in set (0.01 sec)

mysql>
# wordpress というのが、その名のとおりwordpress専用なのでしょう。
# 次にユーザを確認してみましょう。
mysql> select host,user from mysql.user;
+---------------------------------------+------------------+
| host                                  | user             |
+---------------------------------------+------------------+
| 127.0.0.1                             | root             |
| ::1                                   | root             |
| localhost                             |                  |
| localhost                             | root             |
| localhost                             | wp_yyyyyyyyyyyyy |
| vxxx-xxx-xxx-xxx.z0d1.static.cnode.jp |                  |
| vxxx-xxx-xxx-xxx.z0d1.static.cnode.jp | root             |
+---------------------------------------+------------------+
7 rows in set (0.00 sec)

mysql>
# wp_yyyyyyyyyyyyy というのが、wordpress専用のユーザのようです。
# wp_yyyyyyyyyyyyy に関しては、パスワードがしっかり設定されているので、Wordpress側(wp-config.php)にも設定されているはずですね。

当たり前ですが、必要最小限の設定です。
ただ、rootのパスワードが設定されていないので、初心者は大丈夫かなぁ?と思わなくもないです。


Nginxの設定を確認してみる

続けて、デフォルトで設定されている Nginxの設定を確認してみます。

# まず、バージョンを確認してみました。
$ nginx -v
nginx version: nginx/1.4.4

# 安定板の最新?のようです。どのリポジトリか確認しておきます。
$ ls /etc/yum.repos.d/
CentOS-Base.repo       CentOS-Media.repo  epel-testing.repo  nginx.repo
CentOS-CR.repo         CentOS-Vault.repo  epel.repo          remi.repo
CentOS-Debuginfo.repo  Percona.repo       iuscommunity.repo  rpmforge.repo

# Nginxの本家リポジトリからなので、yumで常に最新バージョンへアップグレードできる環境のようです。
# 次に、Nginxの基本設定ファイル /etc/nginx/nginx.conf を確認してみます。
$ vi /etc/nginx/nginx.conf
...

user  nginx;
worker_processes  2;

error_log  /var/log/nginx/error.log warn;
pid        /var/run/nginx.pid;


events {
    worker_connections  1024;
    use epoll;
}


http {
    include       /etc/nginx/mime.types;
    default_type  application/octet-stream;

    log_format main    '$remote_addr - $remote_user [$time_local] "$request" '
                       '$status $body_bytes_sent "$http_referer" '
                       '"$http_user_agent" "$http_x_forwarded_for"';
    log_format backend '$http_x_forwarded_for - $remote_user [$time_local] "$request" '
                       '$status $body_bytes_sent "$http_referer" '
                       '"$http_user_agent"';

    access_log  /var/log/nginx/access.log  main;

    server_name_in_redirect off;
    server_tokens      off;

    sendfile           on;
    tcp_nopush         off;

    keepalive_timeout  5;

    client_max_body_size    4m;
    client_body_buffer_size 256k;

    if_modified_since before;

    gzip              on;
    gzip_http_version 1.0;
    gzip_vary         on;
    gzip_comp_level   6;
    gzip_types        text/plain
                      text/xml
                      text/css
                      text/javascript
                      application/xhtml+xml
                      application/xml
                      application/rss+xml
                      application/atom_xml
                      application/javascript
                      application/x-javascript
                      application/x-httpd-php;
    gzip_disable      "MSIE [1-6]\.";

    # proxy cache
    proxy_cache_path  /var/cache/nginx/proxy_cache levels=1:2
                      keys_zone=czone:32m max_size=256m inactive=1440m;
    proxy_temp_path   /var/cache/nginx/proxy_temp;
    proxy_cache_key   "$scheme://$host$request_uri";
    proxy_set_header  Host               $host;
    proxy_set_header  X-Real-IP          $remote_addr;
    proxy_set_header  Remote-Addr        $remote_addr;
    proxy_set_header  X-Forwarded-Host   $host;
    proxy_set_header  X-Forwarded-Server $host;
    proxy_set_header  X-Forwarded-For    $proxy_add_x_forwarded_for;
    proxy_set_header  Accept-Encoding    "";
    proxy_set_header  X-UA-Detect        $mobile;
    proxy_hide_header X-Pingback;
    proxy_hide_header Link;
    proxy_hide_header ETag;
    proxy_connect_timeout 5;
    proxy_send_timeout 10;
    proxy_read_timeout 120;
    proxy_cache_use_stale timeout invalid_header http_500 http_502 http_503 http_504;
    proxy_cache_lock on;
    proxy_cache_lock_timeout 5s;

    # fastcgi cache
    #fastcgi_cache_path /var/cache/nginx/fastcgi_cache levels=1:2
    #                   keys_zone=fastcgizone:32m inactive=60m;
    #fastcgi_cache_key "$scheme$request_method$host$request_uri";
    #fastcgi_cache_use_stale error timeout invalid_header http_500;

    #limit_req_zone $request_method zone=method:1m rate=250r/s;

    upstream backend {
        server unix:/var/run/nginx-backend.sock;
    }

    upstream phpfpm {
        server unix:/var/run/php-fpm.sock;
    }

    include /etc/nginx/conf.d/*.conf;
}

個人的には、プロキシーキャッシュ以外に、際立って高速化のために何かやっている風には見えません。 とりあえず、fastcgi cache へ変更もできるようにコメントで記載されている点では、細やかな気配り?のように見えます。

inlcude で他ファイルの読み込みもやっているので、それらのファイルでデフォルトのサイト設定なども行っていますが、ここでの解説はやめておきます。

また、細かい点で、色々とNginxの設定ファイルについて確認されることをおすすめします。


PHPの設定を確認してみる

最後にPHPについても確認しておきましょう。

# まず、バージョンを確認してみました。
$ php -v
PHP 5.4.23 (cli) (built: Dec 11 2013 06:48:07)
Copyright (c) 1997-2013 The PHP Group
Zend Engine v2.4.0, Copyright (c) 1998-2013 Zend Technologies


# php-fpm がインストールされているか確認してみる。
$ ls /etc/init.d/
abrt-ccpp         htcacheclean      mysql             restorecond
abrt-oops         httpd             netconsole        rngd
abrtd             ip6tables         netfs             rsyslog
acpid             iptables          network           sandbox
atd               irqbalance        nginx             saslauthd
auditd            kdump             ntpd              single
blk-availability  killall           ntpdate           smartd
cgconfig          lvm2-lvmetad      php-fpm           sshd
cgred             lvm2-monitor      postfix           svnserve
cpuspeed          mdmonitor         psacct            udev-post
crond             memcached         quota_nld
halt              monit             rdisc

# php-fpm が動いているか確認してみる。
$ ps aux|grep php
root      2117  0.0  0.5 351476  5204 ?        Ss   17:08   0:00 php-fpm: master process (/etc/php-fpm.conf)
nginx     2118  0.0  4.4 363580 45388 ?        S    17:08   0:00 php-fpm: pool www
root      4299  0.0  0.0 107468   920 pts/0    S+   20:47   0:00 grep php


# 最後に、php-fpmの基本設定ファイル /etc/php-fpm.d/www.conf を確認してみます。
$ vi /etc/php-fpm.d/www.conf

[www]
listen = /var/run/php-fpm.sock
listen.owner = nginx
listen.group = nginx
listen.mode = 0666

user = nginx
group = nginx

pm = dynamic
pm.max_children = 5
pm.start_servers = 1
pm.min_spare_servers = 1
pm.max_spare_servers = 4
pm.max_requests = 200

rlimit_files = 131072
rlimit_core = unlimited

request_terminate_timeout = 90
request_slowlog_timeout = 60

slowlog = /var/log/php-fpm/www-slow.log

php_admin_value[error_log] = /var/log/php-fpm/www-error.log
php_admin_flag[log_errors] = on
php_admin_value[upload_max_filesize] = 4M
php_admin_value[post_max_size] = 4M
php_admin_value[max_execution_time] = 60

5.4系で fpmを使ってFast-CGIという感じですね。
特に際立ったことも内容ですね。


非常におおざっぱな解説で申し訳ありません。

正直、結局、これって誰のため?という感じもしなくもないです。
ざっとインストール作業の手間は省けますが、カスタマイズしようと思うと、結局、全部理解していないとカスタマイズできないような・・・感じもしますし、 mysqlにいたっては、このまま公開しちゃまずいでしょ・・・という感じですし、色々と手を加える必要がありそうです。

ただ初心者の方に、とりあえず動く環境を渡してお勉強してもらうのには良いのかもしれません。ただ、このまま公開しちゃだめですよ。iptablesの設定も何もできていないですからね。

もし、気になる方がおられたら、まずは、お試し期間で試されることをおすすめします。

ConoHa VPS の詳しい情報やお試しは、http://www.conoha.jp/ からどうぞ。



ご利用のブラウザは、広告ブロック(AdBlockなど) が適用となっていませんか?
このサイトでは、コンテンツの一部が非表示、あるいは、コメント、お問い合わせの投稿ができない検索ができないことがあります。


関連記事 :

Nginxのproxyでキャッシュを削除する方法

前回「Nginx をリバースプロキシ(キャッシュ) として使ってみた」では、 nginxをリバースプロキシサーバーとして使ってみま ...

Wordpress Nginx proxy cache integratorというプラグインの働きは?

「Nginx をリバースプロキシ(キャッシュ) として使ってみた」では、nginxをリバースプロキシサーバーとして使ってみました。 「Ngin ...

nginx でupstream timed outエラーが発生した時の対処

nginx では、以下のようなエラーが発生しました。 2013/02/18 14:30:11 [error] 8068#2316: *1 ...

Nginx をリバースプロキシ(キャッシュ) として使ってみた

前回「Nginx + php-fpm をさくらのVPSで使ってみた」では、 nginxをウェブサーバーとして使ってみました。実際に ...

Nginx でgzipを使うには

ここまでで、以下のようにapache からnginx への移行するための環境設定について解説してきました。 Nginx でリダイレクト ...



コメントを投稿 :

お名前 *

メールアドレス *
( メールアドレスが公開されることはありません。)

サイトアドレス

コメント *

* 印の項目は、入力が必要な項目です。




最近投稿の記事

[ 画像提供元 : Amazon ] 先日、1TBのディスクの入れ替え時にバックアップをとろうとディスクコピーを行いました。 その際 ...

Windows で Linux ファイルシステム Ext4 のディスクをマウントするには? Ext3Fsd が、おそらく、最も簡単なツール ...

今回は、Windows で Compass を使ってみました。 Compass とは、 Sass(サス、Syntactica ...

今回は、Anti Adblock を使ってみました。 Anti Adblock とは、 そもそも Adblock という ウェブ ...

デスクトップ環境でない サーバーで、Webページのキャプチャー画像をコマンドで撮る には、wkhtmltoimage, CutyCapt ...


さくらのVPS 全プラン リニューアルです。(石狩(北海道)も選択可)


root権限ありで ¥685 / 月 ~ と非常にリーズナブルな CPU 1(core)の 512 プランから、 最高 CPU 10(core), メモリ 32(GB), SSD容量 800(GB) までとプランが充実。
ディスクは、SSDとHDDの選択が可能になった他、データセンターは人気の東京、石狩(北海道)となりました。

また、どのプランでも好きなOSが選べます
( CentOS, Fedora, Scientific Linux, FreeBSD, Ubutu, Debian )

管理人もおすすめのVPSです。
試用期間がありますから、一度、お試しを!!

詳しくは、http://vps.sakura.ad.jp/さくらのVPSのサイトへ へどうぞ!!

カテゴリ


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。
最近、スワップにも対応した Serverman@VPS は、かなりリーズナブルかもです。

  • メモリ1GB~2GBのEntryプラン :月額:490円
  • メモリ2MB~4GBのStandardプラン :月額:980円
  • メモリ4GB~8GBのProプラン :月額:1,980円

新規申し込みで1ヶ月間完全無料となるキャンペーンを実施中です。
Serverman@VPSの特徴は、安さとIPv6対応です。また、初期設定費0円もポイントです。

IPv6でちょっと遊んでみたい方には、おすすめかもしれませんね。最低利用期間もありませんから、気に入らないときは即解約もできます。

Serverman@VPSの詳細については、 http://dream.jp/vps/ Serverman@VPSのサイトへへどうぞ。



KVM採用 ConoHa VPSは、時間単位で借りれる便利なVPSです。


ConoHa VPS は、初期設定費0円最低利用期間無し時間単位で清算可能、 さらに、Web APIを使って自動化を図ることもできる便利なVPSです。

海外サーバー設置も可能で、ローカル接続にも対応と、かなり、機能豊富なサーバーです。

新規ユーザ登録で、クーポンもらえますから、まずは、お試しですね。

ConoHa VPSの詳細については、
http://www.conoha.jp/ へどうぞ。

KVM採用 お名前.com VPS(KVM) 2G プラン 初期設定費無料 キャンペーン 実施です。


メモリ2GBプラン CPU:3core、Disk:200GB
月額:1,153円から (初期設定:1,680円0円)

さくらのVPSがリニューアルされてもなんのその。
1GBメモリ / 2Core を ¥834 – の格安価格で提供中です!
間違いなくスペックからすると割安感ありです。
年間割引時の途中解約で返金がないのは、 ちょっと残念ですが、それでもこの割安感は魅力です。

まずは、お試しですね。

お名前.com VPS(KVM)の詳細については、
http://www.onamae-server.com/vps/ へどうぞ。(お試し期間が15日あります。)



  • ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークへ追加するはてな登録数
ページトップへ
Time : 0.2277 [s]