レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント
レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント - レンタルサーバー・自宅サーバーの設定・構築情報を公開しています。

anti-adblockを WordPress で使ってみる

2015年11月24日 2015年12月1日
anti adblock

今回は、Anti Adblock を使ってみました。

Anti Adblock とは、
そもそも Adblock という ウェブブラウザにAdd-On 可能なツールをインストールすることで、 ウェブサイトの広告を非表示してくれるという便利なツールです。 ただ、Adblock を使えば、広告による収入にてサイトを運営している個人・法人にとっては、打撃です。 そこで、出てきたのは、Adblock を無効化するスクリプト Anti Adblock です。 これをサイトに設置することで、Adblock が適用されているブラウザから閲覧された場合、画面を非表示にし、 「Adblock を無効にしてね・・・」というメッセージが表示されるという仕組みです。

ただ、これらの広告表示の攻防は、結局、優良なサイト運営している個人・法人をも駆逐してしまう可能性がある 非常に劇薬的な効果があることも認識しておく必要があるのかなぁと思います。 結局、Adblock をみんなが利用して閲覧されてしまうと、 無料公開しているサイトは、運営が立ち行かず、いずれは、利用者側は、無料で閲覧できるサイトが無くなります。

Adblockを拒否するツールは、色々と世に出回っています。 そこでも老舗的なスクリプトは、Anti Adblock だろうと思います。 この Anti Adblock を さらに無効化する Disable Anti-Adblock なども出回っているので、これらは、いたちごっこではあると思います。

ただ、Adblock やそれに似た Add-Onを使えば使うほど、多少なりの広告費を含めて運営しているサイトは、いずれ無料公開できなくなります。 それは、回り回って閲覧者(ユーザ)が、そのツケを支払うことになってしまいます。(いろんな意見(コメント参照)がありますが、それで良いのか、どうか、、、、)

今回は、その Anti Adblock の設置方法、カスタマイズ方法を簡単に解説してみます。

Anti Adblock を設置すると 良くも悪くも 間違いなくアクセス数は減ります
それでサイト運営として良いのか、十分、考慮の上、設置されることをおすすめします。

Anti Adblock を設置するには

まずは、デフォルトのAnti Adblock を 設置してみます。


Anti Adblock の最新版をダウンロード

Anti Adblock サイトへアクセスします。

anti adblock

Download をクリックし、現在の最新版である V3 Download を選択します。


PHPバージョンをコピー&ペーストでダウンロードします。

anti adblock
  1. PHP Version を選択します。

    HTMLバージョン と PHPバージョンがあります。 今回は、 WordPressのテーマに埋め込みたいので PHP Version を選択します。


  2. Code aktualisieren をクリックします。

    Code aktualisieren (ドイツ語?ですが Update Code のことです) をクリックするとコードが更新されます。


  3. Das Script 直下のテキストエリアをコピー&ペーストでダウンロードします。

    Das Script (ドイツ語?ですが Das Script のことです) 直下のコードをコピーすることになります。 現在(2015.11)の最新版では、以下のようなコードになるかと思います。

    <?php $antiblock_short_urls = array('http://tinyurl.com/m393eqj','http://tinyurl.com/cepwj9g','http://is.gd/vqQzAN','http://tr.im/44bh5','http://ow.ly/lZZNF'); ?>
    <?php $antiblock_message = str_replace("\r\n", "\n", 'Please disable your ad blocker!
    Bitte deaktiviere Deinen Werbeblocker!
    Veuillez désactiver votre bloqueur de publicité!
    Por favor, desactive el bloqueador de anuncios!'); ?>
    <?php
    function imagestringbox($message) {
    	$font = 5;
    	$shadow = true;
    	$line_spacing = mt_rand(1, 5);//random line spacing influences base64 source and image size
    	$lines = explode("\n", utf8_decode($message));
    	$line_count = count($lines);
    	$max_len = 0;
    	foreach ($lines as $line) {
    		$max_len = max($max_len, strlen($line));
    	}
    	$line_height = imagefontheight($font);
    	$image_height = ($line_height * $line_count) + ($line_spacing * ($line_count - 1));
    	$image_width = imagefontwidth($font) * $max_len;
    	$image = imagecreate($image_width, $image_height);
    	$random_color = mt_rand(250, 255);
    	imagecolorallocate($image, $random_color, $random_color, $random_color);//random color influences base64 source
    	$line_spacing_i = 0;// first line does not have line spacing
    	for ($i = 0; $i < $line_count; $i++) {
    		if ($shadow) {
    			$shadow_color = imagecolorallocate($image, 200, 200, 200);
    			imagestring($image, 5, 1, $line_height * $i + $line_spacing_i + 1, $lines[$i], $shadow_color);
    		}
    		// text line
    		imagestring($image, 5, 0, $line_height * $i + $line_spacing_i, $lines[$i], imagecolorallocate($image, 0, 0, 0));
    		$line_spacing_i += $line_spacing;
    	}
    	ob_start();
    	imagepng($image);
    	$image_content = ob_get_contents();
    	ob_end_clean();
    	imagedestroy($image);
    	return '<img src="data:image/png;base64,' . base64_encode($image_content) . '" height="' . $image_height . '" width="' . $image_width . '" alt="" />';
    }
    ?>
    <?php $antiblock_message = imagestringbox($antiblock_message); ?>
    <?php $antiblock_layer_id = chr(98 + mt_rand(0,24)) . substr(md5(time()), 0, 3); ?><?php $antiblock_html_elements = array (  0 => 'div',  1 => 'span',  2 => 'b',  3 => 'i',  4 => 'font',  5 => 'strong',  6 => 'center',); $antiblock_html_element = $antiblock_html_elements[array_rand($antiblock_html_elements)]; ?>
    <style>#<?php echo $antiblock_layer_id; ?>{position:fixed !important;position:absolute;top:<?php echo mt_rand(-3, 3); ?>px;top:expression((t=document.documentElement.scrollTop?document.documentElement.scrollTop:document.body.scrollTop)+"px");left:<?php echo mt_rand(-3, 3); ?>px;width:<?php echo mt_rand(98, 103); ?>%;height:<?php echo mt_rand(98, 103); ?>%;background-color:#fff;opacity:.95;filter:alpha(opacity=95);display:block;padding:20% 0}#<?php echo $antiblock_layer_id; ?> *{text-align:center;margin:0 auto;display:block;filter:none;font:bold 14px Verdana,Arial,sans-serif;text-decoration:none}#<?php echo $antiblock_layer_id; ?> ~ *{display:none}</style><div id="<?php echo $antiblock_layer_id; ?>"><<?php echo $antiblock_html_element; ?>>Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!<br>Veuillez activer / Por favor activa el Javascript!<a href="<?php echo $antiblock_short_urls[ array_rand($antiblock_short_urls) ]; ?>">[ ? ]</a></<?php echo $antiblock_html_element; ?>></div><script>window.document.getElementById("<?php echo $antiblock_layer_id; ?>").parentNode.removeChild(window.document.getElementById("<?php echo $antiblock_layer_id; ?>"));(function(f,k){function g(a){a&&<?php echo $antiblock_layer_id; ?>.nextFunction()}var h=f.document,l=["i","u"];g.prototype={rand:function(a){return Math.floor(Math.random()*a)},getElementBy:function(a,c){return a?h.getElementById(a):h.getElementsByTagName(c)},getStyle:function(a){var c=h.defaultView;return c&&c.getComputedStyle?c.getComputedStyle(a,null):a.currentStyle},deferExecution:function(a){setTimeout(a,2E3)},insert:function(a,c){var e=h.createElement("<?php echo $antiblock_html_element; ?>"),d=h.body,b=d.childNodes.length,m=d.style,f=0,g=0;if("<?php echo $antiblock_layer_id; ?>"==c){e.setAttribute("id",c);m.margin=m.padding=0;m.height="100%";for(b=this.rand(b);f<b;f++)1==d.childNodes[f].nodeType&&(g=Math.max(g,parseFloat(this.getStyle(d.childNodes[f]).zIndex)||0));g&&(e.style.zIndex=g+1);b++}e.innerHTML=a;d.insertBefore(e,d.childNodes[b-1])},displayMessage:function(a){var c=this;a="abisuq".charAt(c.rand(5));c.insert("<"+a+'><?php echo str_replace(array("\n", "'"), array('<br>', "'"), $antiblock_message); ?> <a href="<?php echo $antiblock_short_urls[ array_rand($antiblock_short_urls) ]; ?>">[ ? ]</a>'+("</"+a+">"),"<?php echo $antiblock_layer_id; ?>");h.addEventListener&&c.deferExecution(function(){c.getElementBy("<?php echo $antiblock_layer_id; ?>").addEventListener("DOMNodeRemoved",function(){c.displayMessage()},!1)})},i:function(){for(var a="<?php echo implode(",", array_merge(array_rand(array_flip(array('ADSLOT_4','AD_G','AD_ROW','AFF_popup','Ad300x145','Ad300x250','Ad990','AdAuth3','AdBar','AdHeader','AdImage','AdLayer1','AdMPUHome','AdTop','Ad_976x105','Ad_Center1','Ad_Right1','Adcode','AdsRight','AdsVideo250','Adv10','AdvArea','AdvFrame1','BBoxAd','BotAd','DivAd','DivAd2','DivAdB','FooterAd','HEADERAD','HeaderAD','HeaderAd','LB_Row_Ad','LeftAdF1','MAINAD-box','Section-Ads','TOPADS','TextLinkAds','Top468x60AD','WNAd17','WNAd52','a_ad10Sp','ad-120-left','ad-160-long','ad-162','ad-170','ad-19','ad-220x90-1','ad-250x300','ad-3','ad-300x40-2','ad-32','ad-4','ad-63','ad-abs-b-1','ad-area','ad-article','ad-atf-mid','ad-banner','ad-blade','ad-btm','ad-center','ad-discover','ad-footer','ad-frame','ad-holder','ad-inner','ad-inside2','ad-label','ad-lb','ad-minibar','ad-plate','ad-rect','ad-region-1','ad-sidebar1','ad-space-2','ad-special','ad-squares','ad-text','ad01','ad02','ad1-wrapper','ad1006','ad10Sp','ad250','ad260x60','ad300','ad300X250','ad300_a','ad300_x_250','ad300x150','ad336atf','ad470','ad650','ad728Header','ad728x90box','adBadges','adBanner2','adBanner3','adBlock125','adBox16','adBreak','adClickMe','adContent','adDailyDeal','adDiv728','adFiller','adFoxBanner','adHeaderTop','adLabel','adLink1','adLink300','adLrec','adMPUHolder','adMed','adMeld','adMessage','adMid1','adPosition0','adRight4','adSlot4','adSlug','adSpace2','adSpace22','adSpace24','adSpace25','adSpacer','adSponsor','adTableCell','adWrapper1','ad_160x600','ad_250x250','ad_3','ad_300','ad_300x250','ad_336','ad_470x60a','ad_728x90','ad_D','ad_E','ad_Top2','ad_ad','ad_anchor','ad_bar_rect','ad_big','ad_block_1','ad_bs_area','ad_center','ad_choices','ad_complex','ad_cyborg','ad_div','ad_feature','ad_feedback','ad_head','ad_header','ad_hotpots','ad_left','ad_mpuav','ad_mpuslot','ad_myFrame','ad_pencil','ad_ph_1','ad_post_300','ad_promoAd','ad_rail','ad_rect3','ad_region2','ad_results','ad_right','ad_sec_div','ad_sky','ad_space','ad_stream10','ad_table','ad_tbl','ad_wp_base','adbar','adblade_ad','adblock','adcenter4','adcode10','adcontainer','adheader','adhome','adimg1','adjacency','adl_300x100','adlayer','adlink-13','adlink-133','adlink-19','adlink-213','adlink-98','adnet','adnews','adpos-top','adrightrail','adrow','ads-300-250','ads-A','ads-H','ads-area','ads-bottom','ads-google','ads-h-left','ads-header','ads-lrec','ads-mn','ads-rhs','ads-wrapper','ads160left','ads300-250','ads300Top','ads336x280','ads728top','adsCTN','adsDiv4','adsDiv5','adsDiv7','adsHeading','adsNarrow','adsTop','ads_160','ads_300','ads_box_top','ads_button','ads_mads_r1','ads_place','ads_right','ads_side','ads_title','adsbox1','adsense-new','adsense2pos','adsenseWrap','adsense_box','adsensempu','adshometop','adside','adsiframe','adskinleft','adskinright','adsky','adsleft1','adsquare2','adsright','adssidebar2','adsspace','adstd','adsxpls2','adtagheader','adtags_left','adtech_0','adtop_dfp','adtophp','adv-left','adv-right1','adv-x37','adv130x195','advWrapper','adv_65','adv_94','adv_96','adv_mpu1','adv_mpu2','adver6','advert-2','advert_04','advert_mid','advert_sky','advert_yell','advertbox4','advtbar','advtext','adzerk_by','af_ad_small','article_ads','asideads','banner600','banner_ads','bannerad2','belowad','bigAdDiv','bigad','bigbox-ad','bnr-728x90','body-ads','book-ad','bot_ads','botad','bottom-ads','bottomad300','box1ad','box2ad','boxAD','boxAd','boxad','boxad1','btnads','button-ads','button_ads','buySellAds','c4_ad','clickforad','coAd','colRightAd','columnAd','companionad','contextad','corner_ad','ct-ad-lb','ctl08_ad1','cubeAd','cxnAdrail','dartad13','dartad16','dartad19','dartad8','ddAdZone2','dfp-ad-mpu2','dfp_ad_3','divAds','divDoubleAd','dp_ad_1','dp_ads1','dsStoryAd','embedAD','event_ads','extraAd','flexiad','footAds','footerAd','footerAdDiv','fr_adtop','free_ad','front_mpu','g-adblock2','gBnrAd','gad300x250','gglads','ggogle_AD','gog_ad','google_ads','googlead2','googleadbig','googleads1','hd-ads','hdtv_ad_ss','head1ad','head_ad','head_advert','headadvert','headerAd','header_adv','headeradbox','headingAd','headline_ad','hl-top-ad','holdunderad','home_mpu','homepage-ad','homepageAd','hor_ad','i9lsdads','ima_ads-4','in_ad_col_a','indexad','inlinead','internalads','iqadtile3','iqadtile4','iqd_topAd','islandAdPan','jt-advert','kdz_ad1','large-ads','largeAds','lblAds','leader-ad','left-ad-col','leftAD','leftAdSpace','left_ad','ligatusdiv','logoAd2','long-ad-box','longAdSpace','mainAd1','marquee_ad','mastAdvert','media_ad','memberad','midRightAds','midadvert','middle_ads','midstrip_ad','module_ad','mosTileAds','mpuAdvert','mpuDiv','mpuWrapper','mpu_300x250','mpu_ad','mpu_banner','mpu_text_ad','msad','multi_ad','my-adsMAST','name-advert','national_ad','oas_Middle','oas_Top','online_ad','overlay_ad','partnerAd','pencil-ad','permads','pgFooterAd','pmad-in1','popoverAd','pushdown-ad','qaSideAd','qm-dvdad','r-ad-tag','rearad','rectangleAd','related-ads','rg_right_ad','rh-ad','rhs_adverts','right-adds','right_ads','rightadg','rightinfoad','rightskyad','row-ad','rside_adbox','rtMod_ad','rxgfooter','rxgheader','sb-ad-sq','search-ad','searchAd','search_ads','secondad','show-ad','showads','sideAd2','side_sky_ad','sidead','sidebar-ad3','sidebarAd','sidebar_ads','single-ad','site-ads','skcolAdSky','skin-ad','skin_adv','sponsAds','sponsLinks','sponsor_no','spotadvert3','square-ad','starad','stationad','svp-ad','td_adunit1','td_adunit2','textAd1','text_ads','thefooterad','top-ad-menu','top-ads-1','top-adspot','top-advert','top_adv-v2','top_mpu','topaddwide','topadspace','topbarAd','toprightad','tower1ad','tsad1','twogamesAd','txtTextAd','upperad','vc_side_ad','vid-left-ad','video_adv','videoadlogo','videoads','wallAd','wall_advert','widget_ad','xColAds','y-ad-units','yahoo-ads','zone_a_ad','zztextad')), 7), array("ad", "ads", "adsense"))); ?>".split(","),c=a.length,e="",d=this,b=0,f="abisuq".charAt(d.rand(5));b<c;b++)d.getElementBy(a[b])||(e+="<"+f+' id="'+a[b]+'"></'+f+">");d.insert(e);d.deferExecution(function(){for(b=0;b<c;b++)if(null==d.getElementBy(a[b]).offsetParent||"none"==d.getStyle(d.getElementBy(a[b])).display)return d.displayMessage("#"+a[b]+"("+b+")");d.nextFunction()})},u:function(){var a="/ad350.,/ads2013/ad,/advert1/ad,/im.cams.,/mini-ads/ad,/spc.php,/w/ads/ad,_ads8.,_advertising.,-780x90-".split(","),c=this,e=c.getElementBy(0,"img"),d,b;e[0]!==k&&e[0].src!==k&&(d=new Image,d.onload=function(){b=this;b.onload=null;b.onerror=function(){l=null;c.displayMessage(b.src)};b.src=e[0].src+"#"+a.join("")},d.src=e[0].src);c.deferExecution(function(){c.nextFunction()})},nextFunction:function(){var a=l[0];a!==k&&(l.shift(),this[a]())}};f.<?php echo $antiblock_layer_id; ?>=<?php echo $antiblock_layer_id; ?>=new g;h.addEventListener?f.addEventListener("load",g,!1):f.attachEvent("onload",g)})(window);</script>


Anti Adblock のコードを埋め込む

先にコピーしたコードをWordpressの場合で言えば、header.php に <body> タグの直下に 埋め込むと、すぐに利用できます。

...
</head>
<body>
<?php $antiblock_short_urls = array('http://tinyurl.com/m393eqj','http://tinyurl.com/cepwj9g','http://is.gd/vqQzAN','http://tr.im/44bh5','http://ow.ly/lZZNF'); ?>
<?php $antiblock_message = str_replace("\r\n", "\n", 'Please disable your ad blocker!
Bitte deaktiviere Deinen Werbeblocker!
Veuillez désactiver votre bloqueur de publicité!
Por favor, desactive el bloqueador de anuncios!'); ?>
...

上記コードを埋め込んだサイトへ adblock を適用したウェブブラウザで アクセスした際は、以下のように表示されます。

anti adblock

このように読めなくなります。

以前、このサイトでも1週間程度、上記のコードをそのまま埋め込んで使用してみたところ、かなりの不評をかってしまいました。
adblock を使用している方を積極的に排除したいのなら、これでも良いと思います。
ただ、やっぱり、ちょっとインパクトが強すぎて、きつい感じがしますね。
そこで、以降で ちょっとだけカスタマイズの仕方を簡単に解説してみます。

Anti Adblock をカスタマイズするには

先の例で、デフォルトのAnti Adblock を 設置してみました。
ただ、そのまま設置しても言語は異なりますし、真っ白の画面が嫌な方も多いでしょう。 そこで、簡単なカスタマイズについて、少しだけ解説してみます。


表示するメッセージを日本語化したい

画像変換関数のフォントのを日本語フォントへ変更する

表示するメッセージを日本語化するには、画像変換のフォントが日本語に対応している必要があります。
(以下の [s1~3] – [e1~3] の各箇所を変更・更新します。)

...
function imagestringbox($message) {
	// [s1]フォントが固定されているので、ここを IPA ゴシックを読み込むように変更する
	//$font = 5;
	$font = imageloadfont ( 'ipag.ttf' );
	// [e1]
	$shadow = true;
	$line_spacing = mt_rand(1, 5);//random line spacing influences base64 source and image size
	$lines = explode("\n", utf8_decode($message));
	$line_count = count($lines);
	$max_len = 0;
	foreach ($lines as $line) {
		$max_len = max($max_len, strlen($line));
	}
	$line_height = imagefontheight($font);
	$image_height = ($line_height * $line_count) + ($line_spacing * ($line_count - 1));
	$image_width = imagefontwidth($font) * $max_len;
	$image = imagecreate($image_width, $image_height);
	$random_color = mt_rand(250, 255);
	imagecolorallocate($image, $random_color, $random_color, $random_color);//random color influences base64 source
	$line_spacing_i = 0;// first line does not have line spacing
	for ($i = 0; $i < $line_count; $i++) {
		if ($shadow) {
			$shadow_color = imagecolorallocate($image, 200, 200, 200);
			// [s2]フォントが固定されているので、ここを IPA ゴシックを読み込むように変更する
			//imagestring($image, 5, 1, $line_height * $i + $line_spacing_i + 1, $lines[$i], $shadow_color);
			imagestring($image, $font, 1, $line_height * $i + $line_spacing_i + 1, $lines[$i], $shadow_color);
			// [e2]
		}
		// text line
		// [s3]フォントが固定されているので、ここを IPA ゴシックを読み込むように変更する
		//imagestring($image, 5, 0, $line_height * $i + $line_spacing_i, $lines[$i], imagecolorallocate($image, 0, 0, 0));
		imagestring($image, $font, 0, $line_height * $i + $line_spacing_i, $lines[$i], imagecolorallocate($image, 0, 0, 0));
		// [e3]
		$line_spacing_i += $line_spacing;
	}
	ob_start();
	imagepng($image);
	$image_content = ob_get_contents();
	ob_end_clean();
	imagedestroy($image);
	return '<img src="data:image/png;base64,' . base64_encode($image_content) . '" height="' . $image_height . '" width="' . $image_width . '" alt="" />';
}
...

Adblock が適用されている場合のメッセージを変更する

[ 変更前(わかりやすいように改行を入れています) ]

...
<?php $antiblock_message = str_replace("\r\n", "\n", 'Please disable your ad blocker!
Bitte deaktiviere Deinen Werbeblocker!
Veuillez désactiver votre bloqueur de publicité!
Por favor, desactive el bloqueador de anuncios!'); ?>
...

[ 変更後 ]

...
<?php $antiblock_message = str_replace("\r\n", "\n", 'ここにAdblockが適用時のメッセージを埋め込みます。
必要に応じて改行を入れてメッセージを埋め込みます。'); ?>
...

JavaScript が無効時メッセージを変更する

[ 変更前(わかりやすいように改行を入れています) ]

...
<div id="<?php echo $antiblock_layer_id; ?>">
  <<?php echo $antiblock_html_element; ?>>
    Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!<br>
    Veuillez activer / Por favor activa el Javascript!<a href="<?php echo $antiblock_short_urls[ array_rand($antiblock_short_urls) ]; ?>">[ ? ]</a>
  </<?php echo $antiblock_html_element; ?>>
</div>
...

[ 変更後 ]

...
<div id="<?php echo $antiblock_layer_id; ?>">
  <<?php echo $antiblock_html_element; ?>>
    ここにJavaScriptが無効時のメッセージを埋め込みます。<br>
  </<?php echo $antiblock_html_element; ?>>
</div>
...

全画面を白色にしない

各メッセージは、以下の style箇所で設定されています。
その style を変更することで、背景の白色などを変更することができます。

[ 変更前(わかりやすいように改行を入れています) ]

...
<style>
  #<?php echo $antiblock_layer_id; ?>{
    position:fixed !important;position:absolute;top:<?php echo mt_rand(-3, 3); ?>px;
    top:expression((t=document.documentElement.scrollTop?document.documentElement.scrollTop:document.body.scrollTop)+"px");
    left:<?php echo mt_rand(-3, 3); ?>px;
    width:<?php echo mt_rand(98, 103); ?>%;
    height:<?php echo mt_rand(98, 103); ?>%;
    background-color:#fff;  
    opacity:.95;
    filter:alpha(opacity=95);
    display:block;padding:20% 0
  }
  #<?php echo $antiblock_layer_id; ?> *{
    text-align:center;margin:0 auto;display:block;filter:none;font:bold 14px Verdana,Arial,sans-serif;text-decoration:none
  }
  #<?php echo $antiblock_layer_id; ?> ~ *{
    display:none
  }
</style>
...

[ 変更後 ]

...
<style>
  #<?php echo $antiblock_layer_id; ?>{
    position:fixed !important;position:absolute;top:<?php echo mt_rand(-3, 3); ?>px;
    top:expression((t=document.documentElement.scrollTop?document.documentElement.scrollTop:document.body.scrollTop)+"px");
    left:<?php echo mt_rand(-3, 3); ?>px;
    width:<?php echo mt_rand(98, 103); ?>%;
    height:<?php echo mt_rand(98, 103); ?>%;
    background-color:#cfc;  /* 薄緑へ変更 */
    opacity:.5;             /* 半分ほど透過するように変更 */
    filter:alpha(opacity=95);
    display:block;padding:20% 0
  }
  #<?php echo $antiblock_layer_id; ?> *{
    text-align:center;margin:0 auto;display:block;filter:none;font:bold 14px Verdana,Arial,sans-serif;text-decoration:none
  }
  #<?php echo $antiblock_layer_id; ?> ~ *{
    display:none
  }
</style>
...


いかがだったでしょうか?

このサイトでは、以下のようなメッセージを表示することがあります。 (ほとんどこのサイトでは、意味がありませんので、お試しで設定していますが、そのうち、やめます。

[ AdBlock が適用されている場合 ]
anti adblock

[ JavaScript が無効になっている場合 ]
anti javascript

好き嫌いがあると思いますが、このサイトでは、JavaScript の無効や AdBlock による 表示・動作の不具合などもあって 表示させてもらっています。

先にも書いたように、結局、ビジネスモデルとしての広告収入が無くなるということは、 現状での優良な無料サイトもなくなる可能性があることを十分ご理解いただき、 AdBlockなどを 各サイト によって無効化していただくことを、ひとえにお願いいたしたいと思います。
ご利用のブラウザは、広告ブロック(AdBlockなど) が適用となっていませんか?
このサイトでは、コンテンツの一部が非表示、あるいは、コメント、お問い合わせの投稿ができない検索ができないことがあります。


関連記事 :

HTMLからXHTML1.0 or XHTML1.1への移行するためのポイント(相違点)

最近、Amazonや楽天の動向が注目されるように電子ブックの普及へ向かっていくことは必然の流れですね。 この流れから、HTMLからXHTMLへ ...

Nginx で location の判定方法と優先順位を調べる

ここまでにNginxに関して色々記事を書いてきました。 今回は、Nginxの設定の中でrewrite (リダイレクトディレクティブ)の次によく ...

Windows で Compass を使ってみた

今回は、Windows で Compass を使ってみました。 Compass とは、 Sass(サス、Syntactica ...

メールマガジンを簡単に発行できる phpList をインストールしてみた

今回は、メールマガジンなどのダイレクトメールを大量に送信できる メーリングリストの管理ソフトである phpList をインストールしてみようと思 ...

Wordpressだけが php-fpm のログのタイムゾーンがおかしいので対応してみた

php-fpm のLogWatchの設定を行ってみる で php-fpmのLogWatchについて解説してみました。 今回は、その記事のおまけ ...


4 件 コメントがあります。 コメントを投稿する
  1. Anonymous
    2015年12月1日, 5:03 AM

    >>ただ、Adblock やそれに似た Add-Onを使えば使うほど、多少なりの広告費を含めて運営しているサイトは、いずれ無料公開できなくなります。 それは、回り回って閲覧者(ユーザ)が、そのツケを支払うことになってしまいます。(それで良いのか、どうか、、、、)

    そしたら他のサイトで情報見つければいいだけで、
    広告からしか利益得られないようなら閉鎖したらいいと思う。
    無料公開出来なくなるならその程度のサイトって事でしょ。
    生き残れないなら滅ぶのが当たり前。

    Adblock使ってる側からすると、勝手に広告見せられて鬱陶しい以外の何者でもないよ。
    スマホなら尚更。故意に広告押させようと時間差で表示したり、勝手にポップアップ広告表示させて無駄にタブ開いたり。
    そういうアフィ厨が居るからAdblock入れちゃうわけ。
    回りに回って苦しんでるのはアフィ厨でしょ。
    今までのツケが回ってきてるのはブロックされてる側ですよ。

    あとAdblock入れてる人って、よっぽど希少な情報でもない限り解除してお願いって表示が出ただけで戻るボタン押す人がほとんどだと思うよ。

  2. 管理人
    2015年12月1日, 9:21 AM

    Anonymous さん

    コメントありがとうございます、管理人です。

    > そういうアフィ厨が居るからAdblock入れちゃうわけ。

    本当にそうですよね、もう少し品?というか、考えて配置すれば、お互いより良い環境になるんじゃないかとは思うんですけど。

    > 今までのツケが回ってきてるのはブロックされてる側ですよ。

    おっしゃるとおり、今は、そうなんだと思います。
    ただ、長いスパンでみると、どっちがどうという問題でもないかもしれませんね。今の広告収入のビジネスモデルが崩壊するのか、はたまた、ブロック側を排除してしまうような世界になってしまうのか、さらには、別のビジネスモデルが出てくるのか、いろんな意味で変革(転換)時期なのかもしれませんね。

    この記事は、
    そもそも、故意に 広告非表示機能(Adblockなど)を入れている方々ではなくて、無条件に入っている方々にどうお知らせするか?という意味合いで書いておりました。

    一つの考え方として、anti-adblockがあって、それをどう使うかを扱ったものですので、何卒、ご容赦くださいませ。

    また、貴重なご意見、大変、参考になりました。
    ありがとうございました。
    また、ご意見いただけたらと存じます。

    <<このコメントまで読まれている方>>
    先にも書いていますが、当サイトは、色々実験的な意味合いが強いので、色々と試していますが、anti-adblock を導入を検討される方は、くれぐれも熟慮されて設置された方が良いと思います。

  3. 匿名希望
    2015年12月9日, 10:54 PM

    面白い議論ですね。
    鶏が先か、卵が先か……両者はどちらが先だと思いますか?

    この議論を行っている間にも、この議論が本当に必要である「品の無い広告の張り方」をしているサイトは利益を上げているのです。

    最も望ましい解決法はお互いがお互いを思いやる事でしょうけれども、そんな事が出来れば今頃この世に犯罪なんてモノはありません。
    お互いに協力して「品の無い広告の張り方」をしているサイトを糾弾して減らすのが最も良い解決法だと、私はそう思いますね。

  4. 管理人
    2015年12月10日, 9:49 AM

    匿名希望さん

    貴重なご意見ありがとうございます、管理人です。

    > この議論を行っている間にも、この議論が本当に必要である「品の無い広告の張り方」をしているサイトは利益を上げているのです。
    >
    > 最も望ましい解決法はお互いがお互いを思いやる事でしょうけれども、そんな事が出来れば今頃この世に犯罪なんてモノはありません。

    本当にそれが現実なんですよね。

    > お互いに協力して「品の無い広告の張り方」をしているサイトを糾弾して減らすのが最も良い解決法だと、私はそう思いますね。

    (所詮はいたちごっこでして、)AdBlock も Anti-AdBlock も結局は、問題の本質を解決する手段ではないんですよね。
    時事ネタですが某ワ○ミのように世間がそのようなサイトをブラック?と認知すれば、いずれ淘汰されていくのかもしれませんね。

    余談ですが、Anti-AdBlock を紹介しておきながら、Anti-AdBlock も、また、品がない?と思いますし、何か良いやり方があれば、良心的なサイトも助かるんじゃないかなぁ・・・Googleの広告も重たいですし、・・・最近、広告の有り様が、お互いにより良い方向(方法)ってどうなのか、よくよく考えることがあます。

    ちなみに、生物の進化論が正しければ、卵ですかね、意図されている答えとは違いますけど。


コメントを投稿 :

お名前 *

メールアドレス *
( メールアドレスが公開されることはありません。)

サイトアドレス

コメント *

* 印の項目は、入力が必要な項目です。




最近投稿の記事

[ 画像提供元 : Amazon ] 先日、1TBのディスクの入れ替え時にバックアップをとろうとディスクコピーを行いました。 その際 ...

Windows で Linux ファイルシステム Ext4 のディスクをマウントするには? Ext3Fsd が、おそらく、最も簡単なツール ...

今回は、Windows で Compass を使ってみました。 Compass とは、 Sass(サス、Syntactica ...

今回は、Anti Adblock を使ってみました。 Anti Adblock とは、 そもそも Adblock という ウェブ ...

デスクトップ環境でない サーバーで、Webページのキャプチャー画像をコマンドで撮る には、wkhtmltoimage, CutyCapt ...


さくらのVPS 全プラン リニューアルです。(石狩(北海道)も選択可)


root権限ありで ¥685 / 月 ~ と非常にリーズナブルな CPU 1(core)の 512 プランから、 最高 CPU 10(core), メモリ 32(GB), SSD容量 800(GB) までとプランが充実。
ディスクは、SSDとHDDの選択が可能になった他、データセンターは人気の東京、石狩(北海道)となりました。

また、どのプランでも好きなOSが選べます
( CentOS, Fedora, Scientific Linux, FreeBSD, Ubutu, Debian )

管理人もおすすめのVPSです。
試用期間がありますから、一度、お試しを!!

詳しくは、http://vps.sakura.ad.jp/さくらのVPSのサイトへ へどうぞ!!

カテゴリ


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。
最近、スワップにも対応した Serverman@VPS は、かなりリーズナブルかもです。

  • メモリ1GB~2GBのEntryプラン :月額:490円
  • メモリ2MB~4GBのStandardプラン :月額:980円
  • メモリ4GB~8GBのProプラン :月額:1,980円

新規申し込みで1ヶ月間完全無料となるキャンペーンを実施中です。
Serverman@VPSの特徴は、安さとIPv6対応です。また、初期設定費0円もポイントです。

IPv6でちょっと遊んでみたい方には、おすすめかもしれませんね。最低利用期間もありませんから、気に入らないときは即解約もできます。

Serverman@VPSの詳細については、 http://dream.jp/vps/ Serverman@VPSのサイトへへどうぞ。



KVM採用 ConoHa VPSは、時間単位で借りれる便利なVPSです。


ConoHa VPS は、初期設定費0円最低利用期間無し時間単位で清算可能、 さらに、Web APIを使って自動化を図ることもできる便利なVPSです。

海外サーバー設置も可能で、ローカル接続にも対応と、かなり、機能豊富なサーバーです。

新規ユーザ登録で、クーポンもらえますから、まずは、お試しですね。

ConoHa VPSの詳細については、
http://www.conoha.jp/ へどうぞ。

KVM採用 お名前.com VPS(KVM) 2G プラン 初期設定費無料 キャンペーン 実施です。


メモリ2GBプラン CPU:3core、Disk:200GB
月額:1,153円から (初期設定:1,680円0円)

さくらのVPSがリニューアルされてもなんのその。
1GBメモリ / 2Core を ¥834 – の格安価格で提供中です!
間違いなくスペックからすると割安感ありです。
年間割引時の途中解約で返金がないのは、 ちょっと残念ですが、それでもこの割安感は魅力です。

まずは、お試しですね。

お名前.com VPS(KVM)の詳細については、
http://www.onamae-server.com/vps/ へどうぞ。(お試し期間が15日あります。)



  • ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークへ追加するはてな登録数
ページトップへ
Time : 0.2193 [s]