レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント
レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント - レンタルサーバー・自宅サーバーの設定・構築情報を公開しています。

D6

lsyncd 2.0.x (最新版) を Debian 6 にインストールする

2012年11月29日 2014年1月16日
rsync

以前のrsync + ssh でファイルの同期をとるで rsync によるサーバー間でのファイルの同期について話をしました。
その記事では、自動化を行うためにcronを使いましたが、lsyncd という比重に便利ものがあります。

lsyncd は、
inotify (ファイルシステムイベントを監視するLinuxカーネルのAPI ) で 同期元のファイルやディレクトリの新規作成、更新、削除などの変化を検出したら、指定した方式(デフォルトでは、rsync)で 同期先のファイル、ディレクトリの更新を自動で行うものです。

先の記事で、cronにてrsyncを毎回コールすることからすれば、効率的かもしれませんし、なによりcronの実行タイミングを待たずして更新される点は非常にうれしいところではないでしょうか。

ただ、このlsyncd は、更新が激しく、

CentOS 5 では、バージョン1.0
Debian 6 では、バージョン1.3.x
CentOS 6, ScientificLinux 6, Ubuntu 12, Debian 7 では、バージョン2.0.x
(Ubuntu 10には、リポジトリにすらない。)

とバラバラなのです。 加えて、設定方法がバージョン 2 以降とそれ以前では統一感がなく異なる点も多く、非常に管理する側としては困りものです。(たとえば、1.3.xでは、設定ファイルがXML形式で、2.0.xでは、スクリプト言語Luaの形式に変更されました。)

そこで、今回は、Debian 6 においてlsyncd バージョン2以降をインストールする方法を簡単に解説しておきます。

lsyncd 2.0.x (最新版) を Debian 6 にインストールする

lsyncd 2.0.x (最新版) を Debian 6 にインストールするのは、案外、簡単にできます。
lsyncd 2.0.xをインストールするには、以下の依存関係をすべてインストールしてあげる必要があります。

  • libc6 (>= 2.7)
  • liblua5.1-0
  • rsync
  • lua5.1

幸いなことに、Debian 6 では、上記のパッケージがすべて条件にあっています。つまり、いつもと同じようにインストールするだけで、先の依存関係をすべて解消できます。

$ aptitude install libc6 liblua5.1-0 lua5.1 rsync
...

あとは、画面の指示に従ってインストールするだけです。

それを終えたら、次は、lsyncd バージョン 2 のパッケージをダウンロードします。
ダウンロードは、日本のサイトの http://ftp.nara.wide.ad.jp/debian/pool/main/l/lsyncd/ から行います。

32bitなら、lsyncd_2.0.7-3_i386.deb
64bitなら、lsyncd_2.0.7-3_amd64.deb

をダウンロードすると良いでしょう。(マイナーバージョンは、必ず最新の情報を先のサイトにて確認してください。)

ここは、32bit版をダウンロードし、インストールしてみます。

$ wget http://ftp.nara.wide.ad.jp/debian/pool/main/l/lsyncd/lsyncd_2.0.7-3_i386.deb
...
$ dokg -i lsyncd_2.0.7-3_i386.deb
...

これだけです。

サービスとしてのスクリプト( /etc/init.d/lsyncd )も同時にインストールされます。

設定ファイルは、デフォルトで /etc/lsyncd/lsyncd.conf.lua という名前になります。ただ、このファイルは存在しませんから、サンプルの設定ファイルをコピーして使います。

$ cp /usr/share/doc/lsyncd/examples/lrsync.lua /etc/lsyncd/lsyncd.conf.lua

/etc/lsyncd/lsyncd.conf.lua

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
----
-- User configuration file for lsyncd.
--
-- Simple example for default rsync.
--
settings = {
        statusFile = "/tmp/lsyncd.stat",
        statusInterval = 1,
}

sync{
        default.rsync,
--        source="src",
--        target="trg",
        source="/tmp/sync/from",
        target="/tmp/sync/to",
}

13,14 行目を変更して、15,16行目に変更イメージを書いてみました。
上記は、同一ホスト内で/tmp/sync/from から /tmp/sync/to へバックアップしているだけです。

簡単なテストをやってみましょう。

$ echo 'write' > /tmp/sync/from/test.txt
#  数秒待って、以下のコマンドで確認してみます。
$ cat /tmp/sync/to/test.txt
write
$ 

ちゃんとファイルがバックアップされましたか?
( リアルタイムとはいえ、更新までに、数秒程度ですが若干のタイムラグはあります。 )

今回は、ここまでです。
このやり方は、Ubuntu 10 でもできるのかもしれません。確認してません。Ubuntuでの情報があればコメントください。

次回は、lsyncd + rsync で自動化の流れをもう少し詳しく解説してみたいと思います。
ご利用のブラウザは、広告ブロック(AdBlockなど) が適用となっていませんか?
このサイトでは、コンテンツの一部が非表示、あるいは、コメント、お問い合わせの投稿ができない検索ができないことがあります。


関連記事 :

lsyncd と rsync を使ってリアルタイムなサーバー間ファイル同期を実現する

以前のrsync + ssh でファイルの同期をとるで rsync によるサーバー間でのファイルの同期について話をしました。 また、lsync ...

lftp + sftp(ssh) でファイルの同期をとる

以前に rsync + ssh でファイルの同期をとる にて rsync + ssh を利用してファイルの同期をとる 方法について簡単に解説しま ...

rsync + ssh でファイルの同期をとる

今回は、サーバー間でのファイルの同期についてです。 ウェブサーバーを複数立ち上げて分散化を図った場合、ページ更新するにしても、全ての立ち上 ...

yum (yumdownloader) でSRPMをダウンロードする

一部の記事「Webalizerの日本語化(UTF8化)する」などでは、SRPMをダウンロードして、自分用にカスタマイズしたrpmを作成しました。 ...

rsync + ssh でファイルの同期をとる(2) マスターサーバー(コピー元サーバー)でないサーバーへファイルをアップロードした時のリカバリの仕方

以前のrsync + ssh でファイルの同期をとるでサーバー間でのファイルの同期について話をしました。 rsyncを使うと1回のFTPア ...



コメントを投稿 :

お名前 *

メールアドレス *
( メールアドレスが公開されることはありません。)

サイトアドレス

コメント *

* 印の項目は、入力が必要な項目です。




最近投稿の記事

[ 画像提供元 : Amazon ] 先日、1TBのディスクの入れ替え時にバックアップをとろうとディスクコピーを行いました。 その際 ...

Windows で Linux ファイルシステム Ext4 のディスクをマウントするには? Ext3Fsd が、おそらく、最も簡単なツール ...

今回は、Windows で Compass を使ってみました。 Compass とは、 Sass(サス、Syntactica ...

今回は、Anti Adblock を使ってみました。 Anti Adblock とは、 そもそも Adblock という ウェブ ...

デスクトップ環境でない サーバーで、Webページのキャプチャー画像をコマンドで撮る には、wkhtmltoimage, CutyCapt ...


さくらのVPS 全プラン リニューアルです。(石狩(北海道)も選択可)


root権限ありで ¥685 / 月 ~ と非常にリーズナブルな CPU 1(core)の 512 プランから、 最高 CPU 10(core), メモリ 32(GB), SSD容量 800(GB) までとプランが充実。
ディスクは、SSDとHDDの選択が可能になった他、データセンターは人気の東京、石狩(北海道)となりました。

また、どのプランでも好きなOSが選べます
( CentOS, Fedora, Scientific Linux, FreeBSD, Ubutu, Debian )

管理人もおすすめのVPSです。
試用期間がありますから、一度、お試しを!!

詳しくは、http://vps.sakura.ad.jp/さくらのVPSのサイトへ へどうぞ!!

カテゴリ


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。
最近、スワップにも対応した Serverman@VPS は、かなりリーズナブルかもです。

  • メモリ1GB~2GBのEntryプラン :月額:490円
  • メモリ2MB~4GBのStandardプラン :月額:980円
  • メモリ4GB~8GBのProプラン :月額:1,980円

新規申し込みで1ヶ月間完全無料となるキャンペーンを実施中です。
Serverman@VPSの特徴は、安さとIPv6対応です。また、初期設定費0円もポイントです。

IPv6でちょっと遊んでみたい方には、おすすめかもしれませんね。最低利用期間もありませんから、気に入らないときは即解約もできます。

Serverman@VPSの詳細については、 http://dream.jp/vps/ Serverman@VPSのサイトへへどうぞ。



KVM採用 ConoHa VPSは、時間単位で借りれる便利なVPSです。


ConoHa VPS は、初期設定費0円最低利用期間無し時間単位で清算可能、 さらに、Web APIを使って自動化を図ることもできる便利なVPSです。

海外サーバー設置も可能で、ローカル接続にも対応と、かなり、機能豊富なサーバーです。

新規ユーザ登録で、クーポンもらえますから、まずは、お試しですね。

ConoHa VPSの詳細については、
http://www.conoha.jp/ へどうぞ。

KVM採用 お名前.com VPS(KVM) 2G プラン 初期設定費無料 キャンペーン 実施です。


メモリ2GBプラン CPU:3core、Disk:200GB
月額:1,153円から (初期設定:1,680円0円)

さくらのVPSがリニューアルされてもなんのその。
1GBメモリ / 2Core を ¥834 – の格安価格で提供中です!
間違いなくスペックからすると割安感ありです。
年間割引時の途中解約で返金がないのは、 ちょっと残念ですが、それでもこの割安感は魅力です。

まずは、お試しですね。

お名前.com VPS(KVM)の詳細については、
http://www.onamae-server.com/vps/ へどうぞ。(お試し期間が15日あります。)



  • ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークへ追加するはてな登録数
ページトップへ
Time : 0.2451 [s]