レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント
レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント - レンタルサーバー・自宅サーバーの設定・構築情報を公開しています。

Debian (Ubuntu 12) で Dotdeb から最新のPHP , MySQL をインストールする

2012年5月2日 2014年1月14日
php mysql ubuntu debian

DebianにもRedHat系と同じようにバイナリパッケージを提供するためのリポジトリがあります。
ただ、CentOSなどと同じように一般的に最新パッケージとは異なり、古いバージョンが提供されているのが常です。

そのため、最新版のPHPをインストールしたい場合は、

  • 最新のバイナリパッケージをどこからか調達するか
  • 自前でバイナリパッケージを作成(ビルド)するか

ということになります。RedHat系では、いろんな有志のリポジトリが提供されていて、そのリポジトリから必要な最新パッケージを取り込むことができます。 Debianの場合も、RedHat系ほどではないですが、いろんな有志のリポジトリが提供されています。

Dotdeb は、Debianのための有名なLAMP関連の最新パッケージを提供しているリポジトリになります。
今回は、この Dotdeb を利用して最新のPHPをインストールしてみましょう。

Dotdeb は、
強力で、安定した最新のLAMPサーバーを Debian のために提供するための パッケージを含むリポジトリです。
  • PHP 5.4 and 5.3,
  • useful PHP extensions : APC, imagick, Pinba, xcache, Xdebug, XHprof…
  • MySQL 5.5 and 5.1,
  • Percona toolkit,
  • Nginx,
  • Passenger,
  • Redis
Dotdeb がサポートしているのは、:
Debian 6.0 “Squeeze“ (64bit版(amd64) 32bit版(i386))
です。

パッケージスクリプトは、GitHub上で管理されています。
(※ GitHub(ギットハブ)はソフトウェア開発プロジェクトのための共有ウェブサービス。)

Dotdebのパッケージは、Ubuntuでも動作すると思いますが、サポートの対象ではありません。
( http://www.dotdeb.org/about/ の訳)

Ubuntu 10 では、インストールできません
以下のように依存関係でバージョン不一致が発生し、インストールできません。
...
  php5-cli: Depends: libncurses5 (>= 5.7+20100313) but 5.7+20090803-2ubuntu3 is installed.
            Depends: libssl0.9.8 (>= 0.9.8m-1) but 0.9.8k-7ubuntu8.14 is installed.
  libapache2-mod-php5: Depends: libssl0.9.8 (>= 0.9.8m-1) but 0.9.8k-7ubuntu8.14 is installed.
...

Ubuntu 12 では、Debian 6と同じ方法で インストールできます

Dotdeb から最新のPHPをインストールする

Dotdeb から最新のPHPをインストールするために、以下に簡単な手順を解説しておきます。
RedHat系と同じように、Dotdeb リポジトリの登録からとなります。(もちろんリポジトリの登録の仕方は、RedHat系とは違います。)

  1. Dotdebのサイトをパッケージダウンロード先として登録する

    いわゆるリポジトリの登録です。/etc/apt/sources.list の末尾に以下を追記します。

    $ vi /etc/apt/sources.list
    ...
    # dotdeb
    deb http://packages.dotdeb.org squeeze all
    deb-src http://packages.dotdeb.org squeeze all
    sources.list の書式
    • バイナリパッケージの書式:
      deb URL Distribution [component1] [component2]…
    • ソースパッケージの書式:
      deb-src URL Distribution [component1] [component2]…
    現在(2012.5)では、PHP5.4系がリリースされています。 そのため、Dotdebでは、PHP5.3系とPHP5.4系を区別するためにディストリビューション情報を区別するようにしています。(先の設定では、最新のPHP5.3系がインストールされます。) PHP5.4系をインストールしたい場合は、
    $ vi /etc/apt/sources.list
    ...
    # dotdeb
    deb http://packages.dotdeb.org squeeze-php54 all
    deb-src http://packages.dotdeb.org squeeze-php54 all
    のように設定します。

  2. Dotdebのサイトから、パッケージの公開鍵をダウンロードし、apt-keyで追加する

    Debian / Ubuntu では、ダウンロードするパッケージが安全か否かを判断するための公開キーを追加する必要があります。

    $ wget http://www.dotdeb.org/dotdeb.gpg
    ...
    $ apt-key add dotdeb.gpg
    OK

  3. apt-get でキャッシュならびシステムの更新を行う

    ダウンロード先の登録などを行った場合は、キャッシュ情報など更新のために apt-get でアップデートを行います。

    $ apt-get update
    ...
    Reading package lists... Done

  4. apt-get で最新のPHPをインストールする

    最後にPHPのインストールです。

    $ apt-get -y install php5-cli php5-mysql php5-common php5 php5-cgi php5-fpm php5-gd
    ...
    Reading package lists... Done
    上記は、概ね必要なパッケージを一緒にインストールしています。
    個人的には、XML関連とSNMP、TIDY、APC を追加してインストールしました。
    $ apt-get -y install php5-cli php5-mysql php5-common php5 php5-cgi php5-fpm php5-gd php5-snmp php5-xmlrpc php5-tidy php5-apc
    ...

    一応、インストールを終えたら、バージョンを確認してみましょう。

    $ php -v
    PHP 5.3.11-1~dotdeb.0 with Suhosin-Patch (cli) (built: Apr 30 2012 07:42:25)
    Copyright (c) 1997-2012 The PHP Group
    Zend Engine v2.3.0, Copyright (c) 1998-2012 Zend Technologies
        with Suhosin v0.9.33, Copyright (c) 2007-2012, by SektionEins GmbH

    現在では、Debian本家のリポジトリが、PHP 5.3.7 に対して 一応、Dotdebが PHP 5.3.11 を提供していますから、上記のように出力されれば、 ちゃんと Dotdeb から最新パッケージをインストールできたことを確認できたことになるでしょう。


Dotdeb から最新のMySQLをインストールする

Dotdeb から最新のMySQLをインストールするために、以下に簡単な手順を解説しておきます。
先のDotdeb リポジトリの登録は、ここでは行ったものとして、それ以降を簡単に解説してみます。

  1. apt-get で最新のMySQLをインストールする
    $ apt-get -y install mysql-server-5.5 mysql-client-5.5 mysql-common 
    ....
    以下のように途中でTUIの画面でパスワードの設定を促されます。ここで設定したパスワードは、データベース管理者(root)のパスワードですので、忘れないようにしましょう。
     lqqqqqqqqqqqqqqqqqqqu mysql-server-5.5 を設定しています tqqqqqqqqqqqqqqqqqqqk
     x 強制ではありませんが、MySQL を管理する "root" ユーザのパスワードを設定す  x
     x ることを強くお勧めします。                                                x
     x                                                                           x
     x この値を空のままにしておいた場合は、パスワードは変更されません。          x
     x                                                                           x
     x MySQL の "root" ユーザに対する新しいパスワード:                           x
     x                                                                           x
     x _________________________________________________________________________ x
     x                                                                           x
     x                                  <了解>                                   x
     x                                                                           x
     mqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqj

    一応、インストールを終えたら、バージョンを確認してみましょう。

    $ mysql --version
    mysql  Ver 14.14 Distrib 5.5.23, for debian-linux-gnu (x86_64) using readline 6.1

    現在では、Debian本家のリポジトリが、MySQL 5.1.49 に対して 一応、Dotdebが MySQL 5.1.61 , 5.5.23 を提供していますから、上記のように出力されれば、 ちゃんと Dotdeb から最新パッケージをインストールできたことを確認できたことになるでしょう。


  2. mysqlサーバーの管理者でmysqlへログインする
    $ mysql -uroot -pxxxxxx
    ...
    mysql> use mysql;
    mysql> 

    mysql> のプロンプトが表示されてばOKです。
    以降の説明は、mysql>のプロンプトから、mysqlのsql分を発行して、mysqlサーバーの設定を行っていきます。 そのため、必ず最後に;の文字列を入力することをお忘れなく。


  3. mysqlサーバーの管理者パスワードを設定する
    mysql> set password for root@localhost=password('hogehoge');

    上記では、hogehogeがパスワードになります。


  4. 不要なmysqlのデフォルトユーザを削除する
    mysql> select user,host from mysql.user;
    +------+-----------------+
    | user | host            |
    +------+-----------------+
    | root | 127.0.0.1       |
    |      | localhost       |
    | root | localhost       |
    |      | host.hoge.com   |
    | root | host.hoge.com   |
    +------+-----------------+
    5 rows in set (0.00 sec)
    
    mysql> delete from mysql.user where user='';

    最初のselect user … で、現在登録されているユーザをすべて表示しています。
    この中で、userの欄に空白があるものがありますから、この空白のユーザは、まず、削除しておきます。
    delete from mysql.user … で、実際に削除しています。

    ※特に空白のユーザ名がない場合は、この操作は不要です。


  5. mysqlのユーザを追加する
    mysql> insert into user set user="hoge", password=password("hogehoge"), host="localhost";

    hoge@localhostで、hogehogeでログインできるようになります。
    また、他のホストからのアクセスを許可したい場合は、ここで指定している host=”localhost”localhostを変更し、上記のイメージでSQLを発行します。

    例)
    host2.exmapl.com というホストから許可したい場合は、以下のようにすれば良いです。

    mysql> insert into user set user="hoge", password=password("hogehoge"), host="host2.exmapl.com";

    また、このホスト名は、IPアドレスを指定することもできます。
    例えば、ローカルLAN内の”192.158.1.128″からのアクセスを許可したい場合は、以下のようにすれば良いです。

    mysql> insert into user set user="hoge", password=password("hogehoge"), host="192.158.1.128";

  6. データベースを追加する
    mysql> show databases;
    +--------------------+
    | Database           |
    +--------------------+
    | information_schema |
    | mysql              |
    | test               |
    +--------------------+
    3 rows in set (0.00 sec)
    
    mysql> drop database test;
    
    mysql> CREATE DATABASE hogedb;

    最初にshow databases;で、現在登録されているデータベースを確認します。
    この中で、testがあれば、それは、デフォルトで設定されているテスト用のデータベースなので、ここでは、次のdrop database test;で削除しています。
    最後にCREATE DATABASE hogedb;で、hogedbというデータベースを作成しています。


  7. mysqlの新規ユーザが新規データベースを操作できるようにする
    mysql> grant all on hogedb.* to hoge;
    ...
    mysql> grant all on hogedb.* to hoge@192.158.1.128;
    ...

    上記の設定で、hogedbへのフルアクセスをhoge@localhostが行えるようになります。

    以下のようなエラーが発生したら、
    mysql> grant all on hogedb.* to hoge@192.158.1.128;
    ERROR 1133 (42000): Can't find any matching row in the user table
    ほとんどの場合、データが更新されていないので、そんなデータありません・・・みたいなエラーなので、
    mysql> FLUSH PRIVILEGES;
    Query OK, 0 rows affected (0.04 sec)
    
    mysql> grant all on hogedb.* to hoge@192.158.1.128;
    Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)
    のようにFLUSH PRIVILEGES を実行してあげてデータを更新してあげるとうまくいくことがほとんどです。お試しを。

  8. 最後に今まで編集したmysqlの情報を更新する
    mysql> flush privileges;

    この作業で、現在動作中のサーバーの情報も更新されます。


PHPとMySQLの動作確認を行ってみる

最後にPHPとMySQLの動作確認を行ってみます。

  1. 前準備:テスト用のテーブルを作成します。

    以下のようなSQLファイル( ここでは、test.sql として) を作成し、テスト用のテーブルを作成してみます。

    DROP TABLE IF EXISTS `hoge_test`;
    CREATE TABLE `hoge_test` (
      `id` int(10) unsigned NOT NULL,
      `name` text,
      PRIMARY KEY (`id`)
    ) DEFAULT CHARSET=utf8;
    
    LOCK TABLES `hoge_test` WRITE;
    INSERT INTO `hoge_test` VALUES (0,'test0');
    INSERT INTO `hoge_test` VALUES (1,'test1');
    INSERT INTO `hoge_test` VALUES (2,'test2');
    INSERT INTO `hoge_test` VALUES (3,'test3');
    INSERT INTO `hoge_test` VALUES (4,'test4');
    INSERT INTO `hoge_test` VALUES (5,'test5');
    UNLOCK TABLES;

    ファイルを作成したら、mysql コマンドで テスト用のテーブルを作成します。

    $ mysql -uhoge -phogehoge -Dhogedb < test.sql

    これで、特にエラーが発生しなかったらOKです。


  2. 前準備:PHPでテスト用のテーブルを読み込みます。

    以下のようなphpファイル( ここでは、test.php として) を作成し、テスト用のテーブルを読み込んでみます。

    <?php
    
    $dbserv = 'localhost';	//	データベースサーバー
    $dbname = 'hogedb';		//	データベース名
    $dbuser = 'hoge';		//	ユーザ
    $dbpass = 'hogehoge';	//	パスワード
    
    $link = mysql_connect($dbserv, $dbuser, $dbpass);
    if (!$link) {
        die('接続できませんでした: ' . mysql_error());
    }
    echo "接続に成功しました\n";
    
    $selected = mysql_select_db($dbname, $link);
    if (!$selected){
        die('データベースの選択に失敗しました:'.mysql_error());
    }
    echo "データベースの選択に成功しました\n";
    
    $result = mysql_query('SELECT id, name from hoge_test');
    
    echo "テーブル出力を開始します\n";
    $row_count =1;
    while ($row = mysql_fetch_assoc($result)) {
    	echo "-- $row_count 行目 --\n";
    	print_r($row['id']);
    	echo "\t";
    	print_r($row['name']);
    	echo "\n";
    	$row_count++;
    }
    
    echo "接続を終了します\n";
    mysql_close($link);
    
    ?>

    phpファイルを作成したら、実行してみましょう。

    $ php test.php
    
    接続に成功しました
    データベースの選択に成功しました
    テーブル出力を開始します
    -- 1 行目 --
    0       test0
    -- 2 行目 --
    1       test1
    -- 3 行目 --
    2       test2
    -- 4 行目 --
    3       test3
    -- 5 行目 --
    4       test4
    -- 6 行目 --
    5       test5
    接続を終了します
    参考までに、PDOを使ったMySQLへのアクセスは、以下のような感じになります。
    これを実行しても同様の結果を得るはずです。
    <?php
    
    $dbserv = 'localhost';	//	データベースサーバー
    $dbname = 'hogedb';		//	データベース名
    $dbuser = 'hoge';		//	ユーザ
    $dbpass = 'hogehoge';	//	パスワード
    
    try {
    	$pdo = new PDO(
    				"mysql:host=$dbserv; dbname=$dbname",
    				$dbuser, 
    				$dbpass
    				);
    
    	echo "接続に成功しました\n";
    
    	$stmt = $pdo->query('SELECT id, name from hoge_test');
    	
    	echo "テーブル出力を開始します\n";
    	$row_count =1;
    	while($row = $stmt->fetch(PDO::FETCH_ASSOC)){
    		echo "-- $row_count 行目 --\n";
    		print_r($row['id']);
    		echo "\t";
    		print_r($row['name']);
    		echo "\n";
    		$row_count++;
    	}
    } catch (PDOException $e){
    	echo "失敗しました\n";
    	var_dump($e->getMessage());
    }
    
    $pdo = null;
    
    ?>

ここまでできてしまうと、
Nginx にリバースプロキシのキャッシュ削除モジュール nginx cache purge を組み込んで使ってみる(Debian/Ubuntu編) で nginx をインストールしてしまえば、LAMPインストール完了です。
Wordpressまで動作させることができるようになります。

Debianで Nginx + PHP + MySQL の組み合わせは、なかなか強力です。一度お試しあれ。

Debianは、やっぱり軽い?感じがしますね。
実際のUnixBenchでは、RedHat系より良い結果が出ますから、やっぱりそれなりに軽いんだろうと思います。

Ubuntu Serverに比べれば、Debianの方が断然使いやすいと思うのですが、一般的には Ubuntu Server もかなりの人気?のようでもあります。

いずれにしてもDebianもdpkg, apt-get (RedHat系の rpm, yum に相当) で随分と楽にパッケージ管理ができるようになりましたね。
無料サーバーOSとして、CentOS以外の選択肢として十分に有りだと思います。

まずは、CentOSユーザなら、dpkg, apt-get でパッケージ管理を使ってみると良いかもしれませんね。
ご利用のブラウザは、広告ブロック(AdBlockなど) が適用となっていませんか?
このサイトでは、コンテンツの一部が非表示、あるいは、コメント、お問い合わせの投稿ができない検索ができないことがあります。


関連記事 :

Debian(Ubuntu) で PHP をインストールしてもデフォルトでSQLiteは動作しない

Debian(Ubuntu) でもRedHat系と同じようにバイナリパッケージをインストールできます。 そこで、PHPのバイナリパッケージをイ ...

FreeBSDでmysqlをインストール

とりあえず、前回までで、サーバーのインストールの準備ができました。ここから、各サーバーをインストールしていきます。 データベース(my ...

mysql5.5系の最新版をインストールする

CentOS 5 の場合、yumを使って デフォルトでインストールされるのは、MySQL5.0系です。 また、CentOS 6 Sc ...

評判のKDDI クラウドコア(CloudCore) VPS にapache , php , mysql をインストールし、Wordpressを使ってみる (CentOS編)

評判のCloudCore VPSを使うときに最初にやっておきたいこと(CentOS編) の続き・・・で、今回は、評判のKDDI CP ...

あえてmysql5.1系をインストールする

今回は、MySQLをインストールしてみます。 ただ、CentOS 5 の場合、yumを使って デフォルトでインストールされるのは、MySQL5 ...


2 件 コメントがあります。 コメントを投稿する
  1. もっとかんたんに
    2013年4月19日, 11:32 PM
  2. 管理人
    2013年4月20日, 1:05 AM

    もっとかんたんに さん。
    コメントありがとうございます。
    おっしゃるとおりできます。
    ただ、このサイトは、初心者から幅広く参考にできるように基礎的なことも記載しています。
    基礎的なことが、ちゃんと理解できていれば、応用は、おっしゃるとおりできます。
    上級者の方には、ちょっとまどろっこしいかもしれませんが、一応、サイトの趣旨なのでご了解ください。


コメントを投稿 :

お名前 *

メールアドレス *
( メールアドレスが公開されることはありません。)

サイトアドレス

コメント *

* 印の項目は、入力が必要な項目です。




最近投稿の記事

[ 画像提供元 : Amazon ] 先日、1TBのディスクの入れ替え時にバックアップをとろうとディスクコピーを行いました。 その際 ...

Windows で Linux ファイルシステム Ext4 のディスクをマウントするには? Ext3Fsd が、おそらく、最も簡単なツール ...

今回は、Windows で Compass を使ってみました。 Compass とは、 Sass(サス、Syntactica ...

今回は、Anti Adblock を使ってみました。 Anti Adblock とは、 そもそも Adblock という ウェブ ...

デスクトップ環境でない サーバーで、Webページのキャプチャー画像をコマンドで撮る には、wkhtmltoimage, CutyCapt ...


さくらのVPS 全プラン リニューアルです。(石狩(北海道)も選択可)


root権限ありで ¥685 / 月 ~ と非常にリーズナブルな CPU 1(core)の 512 プランから、 最高 CPU 10(core), メモリ 32(GB), SSD容量 800(GB) までとプランが充実。
ディスクは、SSDとHDDの選択が可能になった他、データセンターは人気の東京、石狩(北海道)となりました。

また、どのプランでも好きなOSが選べます
( CentOS, Fedora, Scientific Linux, FreeBSD, Ubutu, Debian )

管理人もおすすめのVPSです。
試用期間がありますから、一度、お試しを!!

詳しくは、http://vps.sakura.ad.jp/さくらのVPSのサイトへ へどうぞ!!

カテゴリ


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。
最近、スワップにも対応した Serverman@VPS は、かなりリーズナブルかもです。

  • メモリ1GB~2GBのEntryプラン :月額:490円
  • メモリ2MB~4GBのStandardプラン :月額:980円
  • メモリ4GB~8GBのProプラン :月額:1,980円

新規申し込みで1ヶ月間完全無料となるキャンペーンを実施中です。
Serverman@VPSの特徴は、安さとIPv6対応です。また、初期設定費0円もポイントです。

IPv6でちょっと遊んでみたい方には、おすすめかもしれませんね。最低利用期間もありませんから、気に入らないときは即解約もできます。

Serverman@VPSの詳細については、 http://dream.jp/vps/ Serverman@VPSのサイトへへどうぞ。



KVM採用 ConoHa VPSは、時間単位で借りれる便利なVPSです。


ConoHa VPS は、初期設定費0円最低利用期間無し時間単位で清算可能、 さらに、Web APIを使って自動化を図ることもできる便利なVPSです。

海外サーバー設置も可能で、ローカル接続にも対応と、かなり、機能豊富なサーバーです。

新規ユーザ登録で、クーポンもらえますから、まずは、お試しですね。

ConoHa VPSの詳細については、
http://www.conoha.jp/ へどうぞ。

KVM採用 お名前.com VPS(KVM) 2G プラン 初期設定費無料 キャンペーン 実施です。


メモリ2GBプラン CPU:3core、Disk:200GB
月額:1,153円から (初期設定:1,680円0円)

さくらのVPSがリニューアルされてもなんのその。
1GBメモリ / 2Core を ¥834 – の格安価格で提供中です!
間違いなくスペックからすると割安感ありです。
年間割引時の途中解約で返金がないのは、 ちょっと残念ですが、それでもこの割安感は魅力です。

まずは、お試しですね。

お名前.com VPS(KVM)の詳細については、
http://www.onamae-server.com/vps/ へどうぞ。(お試し期間が15日あります。)



  • ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークへ追加するはてな登録数
ページトップへ
Time : 0.2172 [s]