レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント
レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント - レンタルサーバー・自宅サーバーの設定・構築情報を公開しています。

Webalizerで URLエンコード文字列を扱うには?

2011年11月26日 2014年1月14日
webalizer

Webalizerの日本語化(UTF8化)は、以下の記事でできるようになったと思います。

ほとんどの場合、これでOKなんですが、検索文字列についてはうまく行かないことがあります。

webalizer 検索文字列 URLエンコード

この % で表現されるURLエンコード文字列です。

今回は、このURLエンコード文字列をWebalizerで対応する一つの方法について、簡単に解説してみます。
また、Webalizerを使うための設定例(apache,logrotate,cron,webalizer) での設定例を基本に解説します。

WebalizerでURLエンコード文字列に対応する方法

WebalizerでURLエンコード文字列に対応する一つの方法は、Webalizerでログ情報を集計する前に、URLエンコード文字列をデコードしてしまえば良いだけです。
この対処は、perlでの記述が多いのですが、ここではphpで記述してみます。

  1. phpでログファイルをURLエンコード文字列をデコードする。

    以下のphpコードは、非常に簡単なphpコードですが、簡単に解説しておきます。

    1. 入力パラメータ(ディレクトリ)をチェック
    2. 入力パラメータがディレクトリかをチェック
    3. ディレクトリ配下の拡張子 .1.gz のファイルを検索
    4. gzipファイルをオープン
    5. gzipファイルから1行づつ読み込みURLデコードを実施
    6. gzipファイルへURLデコードした情報を書き込む

    ここでは、/usr/local/bin/postlogrotate.php というファイル名で作成します。

    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
    32
    33
    34
    35
    36
    37
    38
    39
    40
    41
    42
    43
    44
    45
    46
    
    <?php
    
    //  入力パラメータ(ディレクトリ)をチェック
    $dir='';
    if(count($argv)>1){
    	$dir=$argv[1];
    }
    if(empty($dir)){
    	echo "empty!!\n";
    	exit;
    }
    
    //  入力パラメータがディレクトリか?
    if (is_dir($dir)) {
    	//  ディレクトリ配下の拡張子 .1.gz のファイルを検索 
    	foreach (glob($dir."*.1.gz") as $filename) {
    		echo "$filename size " . filesize($filename) . "\n";
    		$str_buff = '';
    
    		//  gzipファイルをオープン
    		$handle = gzopen($filename, 'r');
    		if (!$handle) {
    			echo "Error\n";
    			continue;
    		}
    		while (!gzeof($handle)) {
    			//  gzipファイルから1行づつ読み込みURLデコードを実施
    			$buffer = gzgets($handle, 4096);
    			$str_buff .= rawurldecode($buffer);
    		}
    		gzclose($handle);
    
    		if(!empty($str_buff)){
    			//  gzipファイルへURLデコードした情報を書き込む
    			$handle = gzopen($filename,'w9');
    			if ($handle) {
    				gzwrite($handle, $str_buff);
    				gzclose($handle);
    			}
    		}
    	}
    } else {
    	echo "not DIR\n";
    }
    
    ?>

    使い方は、以下のような感じです。
    パラメータに対象となるログファイルがあるディレクトリを指定します。

    $ php /usr/local/bin/postlogrotate.php /var/log/httpd/

  2. ログローテーションの設定ファイルに先のphpを実行するように設定する。

    先のphpファイルをログローテーション実行後に起動するようにログローテーションの設定ファイル( /etc/logrotate.d/httpd ) を編集します。

    /var/log/httpd/*.log {
        # 毎日ログローテーションを実施します。
        daily
        missingok
        rotate 90
        # ログローテーションしたファイルはgzipで圧縮します。
        compress
        # 空でもログローテーションを実施します。
        ifempty
        create 660 root wheel
        sharedscripts
        postrotate
            /sbin/service httpd graceful
            /usr/bin/php /usr/local/bin/postlogrotate.php /var/log/httpd/
        endscript
    }

    postrotateendscript 間に起動イメージを記述するだけです。ここに設定することでログローテーション実行後に実行されます。

    php のパスは、which コマンドで確認してください。
    $ which php
    /usr/bin/php
    $ 

Webalizerを使うための設定例(apache,logrotate,cron,webalizer) での設定例であれば、これだけです。意外と簡単でしょ。

案外、簡単だったでしょ。
でも、ちょっと無駄な面もあります。gzipで圧縮しているファイルを解凍して、再圧縮しているのは、ちょっと無駄です。
ここのやり方をする場合は、ログローテーションの設定で、圧縮するのは、無駄かもしれません。

色々とやり方はあると思いますので、一つのやり方として参考になればうれしく思います。
ご利用のブラウザは、広告ブロック(AdBlockなど) が適用となっていませんか?
このサイトでは、コンテンツの一部が非表示、あるいは、コメント、お問い合わせの投稿ができない検索ができないことがあります。


関連記事 :

Nginx のログをログローテーションに対応させるには

以前に、「ログローテーション(logrotate)を使ってみる ( httpd(apache)の設定例 )」で ログローテーション ( logr ...

ログローテーション(logrotate)を使ってみる ( httpd(apache)の設定例 )

httpd(apache)のログは、サイト管理を行う上で、非常に大事なものです。 ここでは、そのログファイルの管理を行うログローテーション ...

Webalizerの最新版を日本語化(UTF8化)にする

Webalizerの日本語化(UTF8化)する では、OSのバージョンにあわせたWebalizerのSRPMをダウンロードしたので、Webali ...

Webalizerの日本語化(UTF8化)する

httpd(apache)のログローテーションが行えたら、今度は、そのログ情報から、見やすいように情報を取り出してくれるWebalizerをイン ...

FreeBSDでapacheをインストール

さて、今回は、apacheのインストール手順です。 これができれば、Wordpress,Joomla!などphp + mysqlの組み合わせの ...



コメントを投稿 :

お名前 *

メールアドレス *
( メールアドレスが公開されることはありません。)

サイトアドレス

コメント *

* 印の項目は、入力が必要な項目です。




最近投稿の記事

[ 画像提供元 : Amazon ] 先日、1TBのディスクの入れ替え時にバックアップをとろうとディスクコピーを行いました。 その際 ...

Windows で Linux ファイルシステム Ext4 のディスクをマウントするには? Ext3Fsd が、おそらく、最も簡単なツール ...

今回は、Windows で Compass を使ってみました。 Compass とは、 Sass(サス、Syntactica ...

今回は、Anti Adblock を使ってみました。 Anti Adblock とは、 そもそも Adblock という ウェブ ...

デスクトップ環境でない サーバーで、Webページのキャプチャー画像をコマンドで撮る には、wkhtmltoimage, CutyCapt ...


さくらのVPS 全プラン リニューアルです。(石狩(北海道)も選択可)


root権限ありで ¥685 / 月 ~ と非常にリーズナブルな CPU 1(core)の 512 プランから、 最高 CPU 10(core), メモリ 32(GB), SSD容量 800(GB) までとプランが充実。
ディスクは、SSDとHDDの選択が可能になった他、データセンターは人気の東京、石狩(北海道)となりました。

また、どのプランでも好きなOSが選べます
( CentOS, Fedora, Scientific Linux, FreeBSD, Ubutu, Debian )

管理人もおすすめのVPSです。
試用期間がありますから、一度、お試しを!!

詳しくは、http://vps.sakura.ad.jp/さくらのVPSのサイトへ へどうぞ!!

カテゴリ


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。
最近、スワップにも対応した Serverman@VPS は、かなりリーズナブルかもです。

  • メモリ1GB~2GBのEntryプラン :月額:490円
  • メモリ2MB~4GBのStandardプラン :月額:980円
  • メモリ4GB~8GBのProプラン :月額:1,980円

新規申し込みで1ヶ月間完全無料となるキャンペーンを実施中です。
Serverman@VPSの特徴は、安さとIPv6対応です。また、初期設定費0円もポイントです。

IPv6でちょっと遊んでみたい方には、おすすめかもしれませんね。最低利用期間もありませんから、気に入らないときは即解約もできます。

Serverman@VPSの詳細については、 http://dream.jp/vps/ Serverman@VPSのサイトへへどうぞ。



KVM採用 ConoHa VPSは、時間単位で借りれる便利なVPSです。


ConoHa VPS は、初期設定費0円最低利用期間無し時間単位で清算可能、 さらに、Web APIを使って自動化を図ることもできる便利なVPSです。

海外サーバー設置も可能で、ローカル接続にも対応と、かなり、機能豊富なサーバーです。

新規ユーザ登録で、クーポンもらえますから、まずは、お試しですね。

ConoHa VPSの詳細については、
http://www.conoha.jp/ へどうぞ。

KVM採用 お名前.com VPS(KVM) 2G プラン 初期設定費無料 キャンペーン 実施です。


メモリ2GBプラン CPU:3core、Disk:200GB
月額:1,153円から (初期設定:1,680円0円)

さくらのVPSがリニューアルされてもなんのその。
1GBメモリ / 2Core を ¥834 – の格安価格で提供中です!
間違いなくスペックからすると割安感ありです。
年間割引時の途中解約で返金がないのは、 ちょっと残念ですが、それでもこの割安感は魅力です。

まずは、お試しですね。

お名前.com VPS(KVM)の詳細については、
http://www.onamae-server.com/vps/ へどうぞ。(お試し期間が15日あります。)



  • ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークへ追加するはてな登録数
ページトップへ
Time : 0.2090 [s]