レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント
レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント - レンタルサーバー・自宅サーバーの設定・構築情報を公開しています。

mailman + Postfix + Apache でメーリングリストを使ってみる(パッケージインストール編)

2014年2月28日 2014年3月7日
mailman

今回は、mailman + Postfix + Apache でメーリングリストを使ってみます。

mailmanとは、
GNU Mailmanと呼ばれることも多く、名前のとおりGPLライセンスで公開されており、 Barry Warsawによって開発されたメーリングリスト管理ソフトウェアです。
ソースコードは、一部C言語で記載されているが、ほとんどがPythonで書かれています。

一般的に、メーリングリストには、大きく2つのタイプがあります。
  • 告知用リスト : 送信者への返信などはできないメーリングリストで、メールマガジンなどがこれに相当します。
  • 討論用リスト : メーリングリスト用のメールアドレスへの投稿することで、スレッド(議論)を起こすこともができます。
このmailmanは、後者の討論用リストとなるメーリングリスト管理を得意としています。

上記のように mailman は、メールマガジンのような一方的な通知側のメーリングリストでなく、
メールのやり取りで討論、議論が行えて、なおかつ、その討論の様子をウェブブラウザで確認することができるようなものです。

では、早速、mailman + Postfix + Apache の設定から、簡単に解説してみたいと思います。

ここでの手順でインストールすると、
CentOS/Scientific Linux では、バージョンが 2.1.12 と現在の最新バージョンが 2.1.17 であることからすれば、かなり古いものになっています。
また、Debian/Ubuntu では、日本語化が今一つのバージョンとなっている模様で、ウェブページ、自動送信されるメールに関して 日本語と英語が混ざっているような状況(インストールの仕方が悪かった?のか)で、 通常、利用するには耐えられない程度のものだったです。

そのため、mailman + Postfix + Apache でメーリングリストを使ってみる(ソースインストール編) のように公式サイトから最新版をインストールすることをおすすめします。

mailman + Postfix + Apache でメーリングリストを使ってみる

mailman + Postfix + Apache でメーリングリストを使ってみたいと思います。
以降に、簡単に解説してみます。

mailman をインストールする

mailman は、単純に CentOS/Scientific Linux では、yumで、
Debian/Ubuntu では、apt-getで
簡単にインストールできます。

# CentOS/Scientific Linuxの場合
$ yum install mailman
...

# Debian/Ubuntuの場合
$ apt-get install mailman
...
参考までに、CentOS 6 および Debian 7 でのバージョンは、以下のようになっていました。
# CentOS 6の場合
mailman : 2.1.12
python : 2.6.6


# Debian 7の場合
mailman : 2.1.15-1
python : 2.7.3

mailman のインストール先は、基本情報は、 /usr/lib/mailman へインストールされます。
詳細については、各ディストリビューションによって異なります。 主要な設定情報は、全て /usr/lib/mailman/Mailman/Defaults.py に設定されていますので、 参考までに基本的な情報について以下に解説しておきます。

# CentOS/Scientific Linuxの場合
...
# 設定ファイルのディレクトリを指定しています。
CONFIG_DIR      = '/etc/mailman'
...
# mailmanの基本インストールディレクトリを指定しています。
PREFIX          = '/usr/lib/mailman'
...
# mailmanのデータディレクトリを指定しています。
VAR_PREFIX      = '/var/lib/mailman'
...
# mailmanで使用するユーザ、グループを指定しています。
MAILMAN_UID = pwd.getpwnam('mailman')[2]
MAILMAN_GID = grp.getgrnam('mailman')[2]
...


# Debian/Ubuntuの場合
...
# mailmanの基本インストールディレクトリを指定しています。
PREFIX          = '/var/lib/mailman'
...
# mailmanのデータディレクトリを指定しています。
VAR_PREFIX      = '/var/lib/mailman'
...
DATA_DIR        = os.path.join(VAR_PREFIX, 'data')
...
# mailmanで使用するユーザ、グループを指定しています。
MAILMAN_USER = 'list'
MAILMAN_GROUP = 'list'
...
/usr/lib/mailman/Mailman/Defaults.py で設定されている情報は、 /etc/mailman/mm_cfg.py で上書き設定することができます。 もし、Defaults.pyの情報を変更したい場合は、mm_cfg.pyを編集することになります。
Defaults.pyは、編集しない点に注意してください。

また、Debian/Ubuntuの場合、インストールディレクトリとデータディレクトリをが同じディレクトリになっていますが、 mailmanの基本は、/usr/lib/mailmanへインストールされており、主要な /var/lib/mailman 配下のディレクトリ、ファイルは、/usr/lib/mailman へのシンボリックリンクとなっています。

mailman を設定する

  1. mailman の環境設定を行う

    先に記述したようにmailman の設定は、
    /etc/mailman/mm_cfg.py で行います。

    以下に、必要最小限の設定内容を解説します。

    ここでは、以下のように設定しています。
    • Postfixが動作しているサーバー : mail.example.com
    • Apacheでmailmanを使った討論を情報公開するサーバー : www.example.com
    • mailmanで利用するドメイン : mail.example.com, example.com
    mail.example.com、www.example.comは 同じサーバーですが、ここでは、説明がわかりやすいように分けて記述しています。
    ...
    # デフォルトのウェブサーバーを指定します。
    DEFAULT_URL_HOST   = 'www.example.com'
    ...
    # デフォルトのメールサーバーを指定します。
    DEFAULT_EMAIL_HOST = 'mail.example.com'
    ...
    # 最終行に以降を追加します。
    # ロゴ画像のパスを指定します。# ウェブサーバーの設定に合わせる
    IMAGE_LOGOS         = '/images/mailman/'
    # URLのアドレスパターンを指定します。%s = ウェブサーバー名になります。# ウェブサーバーの設定に合わせる
    DEFAULT_URL_PATTERN = 'http://%s/mailman/'
    
    # MTA に Postfix を指定指定します。
    MTA = 'Postfix'
    # サーバーの言語を日本語に指定します。
    DEFAULT_SERVER_LANGUAGE = 'ja'
    
    # 仮想ウェブサーバーを追加します。
    add_virtualhost('www.example.com','example.com')
    
    # Postfixの仮想ドメインを設定します。
    POSTFIX_STYLE_VIRTUAL_DOMAINS = ['example.com']
    上記では、解説のために日本語を使っていますが、mailman 関連のファイルには、日本語を含めない方が良いです。

    Debian/Ubuntu では、
    mailman の日本語対応は、euc-jp で行っており、Linux系では、通常のファイル書き込みに UTF-8 を使いますから、 UTF-8で書かれた日本語は、エラーになることがあります。

  2. mailman で使用するファイルを作成する

    続けて、必要となるファイルの作成を作成します。

    # ディストリビューションによって、環境が異なるので以下のとおり、各ディストリビューション毎に設定イメージを書いておきます。
    # CentOS/Scientific Linuxの場合
    # mailman用エイリアスファイル、仮想アドレスファイルを作成します。
    $ touch /etc/mailman/aliases
    $ touch /etc/mailman/virtual-mailman
    
    # ファイルの所有者、グループをmailmanが使用するユーザ、グループに変更します。
    $ chown mailman:mailman /etc/mailman/aliases
    $ chown mailman:mailman /etc/mailman/virtual-mailman
    
    # 各ファイルをpostfixで読めるようにバイナリ変換します。
    $ postmap /etc/mailman/aliases
    $ postmap /etc/mailman/virtual-mailman
    
    # Debian/Ubuntuの場合
    # mailman用エイリアスファイル、仮想アドレスファイルを作成します。
    $ touch /var/lib/mailman/data/aliases
    $ touch /var/lib/mailman/data/virtual-mailman
    
    # ファイルの所有者、グループをmailmanが使用するユーザ、グループに変更します。
    $ chown list:list /var/lib/mailman/data/aliases
    $ chown list:list /var/lib/mailman/data/virtual-mailman
    
    # 各ファイルをpostfixで読めるようにバイナリ変換します。
    $ postmap /var/lib/mailman/data/aliases
    $ postmap /var/lib/mailman/data/virtual-mailman
    aliases, virtual-mailman のファイル名およびパスは、/usr/lib/mailman/Mailman/MTA/Postfix.py で設定してあります。
    # CentOS/Scientific Linuxの場合
    # --- mm_cfg.CONFIG_DIR は、CONFIG_DIR      = '/etc/mailman' のこと。
    LOCKFILE = os.path.join(mm_cfg.LOCK_DIR, 'creator')
    ALIASFILE = os.path.join(mm_cfg.CONFIG_DIR, 'aliases')
    VIRTFILE = os.path.join(mm_cfg.CONFIG_DIR, 'virtual-mailman')
    
    # Debian/Ubuntuの場合
    # --- mm_cfg.DATA_DIR は、DATA_DIR        = os.path.join(VAR_PREFIX, 'data') のこと。
    # --- VAR_PREFIX      = '/var/lib/mailman' なので、'/var/lib/mailman/data') のこと。
    LOCKFILE = os.path.join(mm_cfg.LOCK_DIR, 'creator')
    ALIASFILE = os.path.join(mm_cfg.DATA_DIR, 'aliases')
    VIRTFILE = os.path.join(mm_cfg.DATA_DIR, 'virtual-mailman')

  3. mailman の環境チェックを行う

    mailman には、動作環境が正しいか否かチェックしてくれるツール check_perms があります。
    このチェックツールによって、最低限 mailman が動作するための環境に誤りがないか確認することができます。

    # check_permsにてmailmanの環境チェックを行います。
    
    # CentOS/Scientific Linuxの場合
    $ /usr/lib/mailman/bin/check_perms
    ...
    # Debian/Ubuntuの場合
    $ /var/lib/mailman/bin/check_perms
    ...
    問題ありません   ← このように出力されればOKです。
    もし、問題があれば、-f オプションを追加して、再度、check_perms を起動すれば、自動的に問題を解消してくれます。
    また、Debian/Ubuntu では、
    出力情報は、日本語の場合は、euc-jp で出力されるので注意が必要です。(Linuxでは、ほとんどの場合utf8が使われているので切替が必要かもしれません。)

    ウェブブラウザで記事の書庫(アーカイブ)を参照すると403が出力されることがあります。その際は、以下のように対応すると、403のエラーは消えます。
    $ chmod o+x /var/lib/mailman/archives/private

Postfix を設定する

smtpd_recipient_restrictionsは、/etc/postfix/main.cf で設定します。


...
# ホスト名を設定する
myhostname = mail.example.com
...
# メールで使うドメイン名を設定する
mydomain = example.com
...
# このサーバー宛のドメインを全指定する(仮想ドメインとは異なる)
mydestination = mail.$mydomain, wwww.$mydomain, localhost.$mydomain, $mydomain, localhost
...
# 全てのインターネットでのメールのやり取りを行うことを宣言する
inet_interfaces = all
...
# 仮想ドメインを設定する
virtual_alias_domains = example.net
...
# 以下、仮想ドメインマップ、エイリアスマップファイルのパスを指定します。
# ディストリビューションによって、環境が異なるので以下のとおり、各ディストリビューション毎に設定イメージを書いておきます。
# CentOS/Scientific Linuxの場合
virtual_alias_maps = hash:/etc/postfix/virtual,hash:/etc/mailman/virtual-mailman
alias_maps = hash:/etc/aliases,hash:/etc/mailman/aliases
# Debian/Ubuntuの場合
virtual_alias_maps = hash:/etc/postfix/virtual,hash:/var/lib/mailman/data/virtual-mailman
alias_maps = hash:/etc/aliases,hash:/var/lib/mailman/data/aliases
...
...
# ユーザ名と拡張アドレスの区切り文字を指定します。
recipient_delimiter = +
...
# アドレスのローカル部分が owner-listname および listname-request となっているものを特別扱いしないように設定します。
owner_request_special = no
...

Apache を設定する

ここでは、mailmanで必要な基本的な設定に関して解説しておきます。
通常、Apache の設定は、
CentOS/Scientific Linux では、/etc/httpd/conf/httpd.conf
Debian/Ubuntu では、apt-getでは、/etc/apache2/apache2.conf で基本的な設定を行います。

ここでは、必要な箇所にいつでも Include できるように mailmanに必要な設定内容を /etc/mailman/apache.conf に設定します。

# mailmanの cgi-bin を /mailman/ (公開パス) とします。 
# -- /etc/mailman/mm_cfg.py  の DEFAULT_URL_PATTERN 設定した情報に合わせる必要があります。
# CentOS/Scientific Linuxの場合
ScriptAlias /mailman/ "/usr/lib/mailman/cgi-bin/"
# Debian/Ubuntuの場合
ScriptAlias /mailman/ "/usr/lib/cgi-bin/mailman/"

# mailmanで討論したログを公開するパスを指定します。PUBLIC_ARCHIVE_URL で設定してある。
# -- /pipermail/ は、/usr/lib/mailman/Mailman/Defaults.py の PUBLIC_ARCHIVE_URL で設定してあるパスとなります。
Alias /pipermail/ "/var/lib/mailman/archives/public/"
# mailmanで討論したログを公開するパスを指定します。
# -- /etc/mailman/mm_cfg.py  の IMAGE_LOGOS 設定した情報に合わせる必要があります。
# CentOS/Scientific Linuxの場合
Alias /images/mailman/ "/usr/lib/mailman/icons/"
# Debian/Ubuntuの場合
Alias /images/mailman/ "/usr/share/images/mailman/"


# CentOS/Scientific Linuxの場合
<Directory /usr/lib/mailman/cgi-bin/>
# Debian/Ubuntuの場合
<Directory /usr/lib/cgi-bin/mailman/>
    AllowOverride None
    Options ExecCGI
    AddHandler cgi-script .cgi
    Order allow,deny
    Allow from all
</Directory>
<Directory /var/lib/mailman/archives/public/>
    Options FollowSymlinks
    AllowOverride None
    Order allow,deny
    Allow from all
    AddDefaultCharset Off
</Directory>
# CentOS/Scientific Linuxの場合
<Directory /usr/lib/mailman/icons/>
# Debian/Ubuntuの場合
<Directory /usr/share/images/mailman/>
    AllowOverride None
    Order allow,deny
    Allow from all
</Directory>

mailmanの初期化をする

  1. mailmanのクーロンを設定する
    # クーロンにmailmanの設定ファイルが存在するか確認します。
    $ ls /etc/cron.d/mailman
    # -- ここで何も出力されない場合は、以下のようにクーロン用ファイルをコピーします。
    $ cp /usr/lib/mailman/cron/crontab.in /etc/cron.d/mailman
  2. mailmanのエイリアスを初期化する

    ここから先は、mailman のコマンドを使用します。
    Debian/Ubuntu では、
    mailman のコマンドの出力情報は、euc-jp で出力されるので、ターミナルの出力を euc-jp へ切り替えておいた方が良いでしょう。

    $ /usr/lib/mailman/bin/genaliases
  3. mailmanのサイト管理パスワードを設定する
    $ /usr/lib/mailman/bin/mmsitepass password # ← password : パスワードを入力します。
    パスワードを変更しました. 
  4. mailmanの管理用メーリングリスト(mailman)を作成する
    $ /usr/lib/mailman/bin/newlist mailman
    リスト管理者のメールアドレスを入力してください: root@example.com  # ← 管理者メールアドレスを入力します。
    mailman の初期パスワード: # ← 管理者のパスワードを入力します。(何も表示されません)
    Enter を押して mailman の管理者にメール通知する... # ← Enter のみ
  5. mailmanメーリングリスト初期設定を行う
    # CentOS/Scientific Linuxの場合
    $ /usr/lib/mailman/bin/config_list -i /etc/mailman/sitelist.cfg mailman
    標準でない値を修復: personalize
    
    # Debian/Ubuntuの場合
    $ /usr/lib/mailman/bin/config_list -i /var/lib/mailman/data/sitelist.cfg mailman
    標準でない値を修復: personalize
  6. mailmanを起動する
    $ /etc/init.d/mailman start
  7. mailmanを自動起動設定する
    # CentOS/Scientific Linuxの場合
    $ chkconfig mailman on
    
    # Debian/Ubuntuの場合
    # -- sysv-rc-conf インストールされている場合は、以下のような感じです。
    $ sysv-rc-conf mailman on

Postfix, Apache を再読み込み or 再起動する

$ /etc/init.d/postfix restart
...
# CentOS/Scientific Linuxの場合
$ /etc/init.d/httpd restart
# Debian/Ubuntuの場合
$ /etc/init.d/apache2 restart
...

mailmanを使ってみる

  1. メーリングリストを作成する

    http://www.example.com/mailman/create へアクセスすると、以下のようなメーリングリストを作成ページが表示されます。
    必要事項を入力し、リストを作成をクリックします。

    mailman メーリングリスト作成ページ
    • リストの名前: 作成するメーリングリスト名を入力します。
    • リスト管理者アドレスの初期設定: 作成するメーリングリストの管理者メールアドレスを入力します。
    • 初期パスワードを自動生成しますか? ここでは、手動にてパスワードを設定したいので「いいえ」を選択します。
    • 初期リストパスワード: 作成するメーリングリストの管理者パスワードを入力します。
    • 初期パスワードの確認: 先に入力した管理者パスワードを再入力します。
    • 無承認での投稿を許可するまで新会員を隔離しますか? このメーリングリストへの投稿を新しい会員については、承認するようにするかどうかを指定します。 ここでは、テスト用なので「いいえ」にします。(限られた人だけが投稿する場合は「いいえ」でも良いと思います。誰でも会員になれる場合は、「はい」が無難でしょう。)
    • 使用する言語…: ここでは「日本語」を選択します。
    • 「リスト作成完了」をメールで管理者に知らせますか? テストなので、管理者へメール通知が来るか確認したいので、ここでは「はい」を選択します。
    • リスト作成者の認証パスワード: mailmanのサイト管理パスワードを入力します。

    上記内容の入力を終えたら、「リストを作成する」ボタンをクリックし、メーリングリストを作成します。

    mailman メーリングリスト作成ページ

    無事作成完了すると、上記のようなページが表示されます。


  2. メーリングリストへ会員登録する
    mailman メーリングリスト一覧ページ

    http://www.example.com/mailman/listinfo へアクセスすると、上記のようなメーリングリストの一覧ページが表示されます。
    先に作成したメーリングリストの Test をクリックします。

    mailman メーリングリスト登録ページ
    • メールアドレス: メーリングリストへ登録するメールアドレスを入力します。
    • 名前 (省略可): 名前を入力します。
    • パスワードを入力してください: 登録するメールアドレスの管理者パスワードを入力します。
    • 確認のため同じパスワードを再入力: 先に入力した管理者パスワードを再入力します。
    • 表示に使う言語を選んでください: ここでは「日本語」を選択します。
    • リストのメールを毎日1本にまとめて送りますか? ここでは「いいえ」を選択します。

    上記内容の入力を終えたら、「入会を申し込む」ボタンをクリックし、メーリングリストへの登録申請を行います。

    mailman メーリングリスト登録ページ

    confirm xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx というタイトルの以下のようなメールが、先に登録したメールアドレス宛に送られてきます。

    Test メーリングリストへの入会に関する確認。
    
    test@exmaple.com メーリングリストに  の入会
    を要求するメールを  192.168.1.100 から 受け取りました。
    メーリングリストへの入会を確認するために、このメールにそのまま返信して
    ください。その場合、Subject:(件名)の文字列を変更しないでください。
    以下のWebページにアクセスして入会を確認することもできます。
    
        http://www.example.com/mailman/confirm/test/xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
    
    
    メールの本文に次のコマンドを記入して、test-request@example.com
    宛に送信して入会 を確認することもできます。
    
        confirm xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
    
    ほとんどの場合、単にこのメールに返信するだけで入会の確認ができるはずで
    す。(Subject:には Re: が入ってもかまいません.)
    
    このメーリングリストに入会しない場合は、このメールに返信せず、単に削除
    してください。
    もし誰かのいたずらでメーリングリストへの入会要求が送られた可能性がある
    場合、あるいは何か質問等があれば、 test-owner@rise43.com
    宛のメールでご連絡ください。

    ここで指定してある URLへアクセスすると、以下のようなページが表示されます。

    mailman メーリングリスト登録ページ

    「Testリストに入会」をクリックすると、以下のようなページが表示され、同時に以下のようなメールが着て、登録完了となります。

    mailman メーリングリスト登録ページ
    Test@exmaple.com メーリングリストへようこそ!
    
    このメーリングリストへの投稿は、以下のアドレスにメールを送信してください。
    
    
      test@exmaple.com
    
    このメーリングリストの総合案内は、以下のページへ。
    
      http://wwww.exmaple.com/mailman/listinfo/test
    
    退会やオプションの変更(たとえば、まとめ読み設定の変更や、自分のパス
    ワードの変更など)は、自分の会員オプションページで行うことができます。
    
      http://wwww.exmaple.com/mailman/options/test/hoge%40exmaple.com
    
    また、次のメールアドレスにメールを送信することで、これらのオプションを
    変更することができます。
    
      Test-request@exmaple.com
    
    このメールアドレスに件名(Subject)または本文に help と書いたメールを
    送ると、操作方法が書かれたメールが送られてきます。
    
    退会やオプションの変更には、以下のパスワードを使ってください。
    
      yyyyyyyy
    
    exmaple.comメーリングリストから、毎月パスワードと
    退会方法、オプションの変更方法などが書かれた備忘通知が届きます。
    不要なら、この備忘通知の送信を停止することができます。
    なお、パスワードがわからなくなった場合は、各自のオプションページには
    パスワードをメールで送信するためのボタンもあります。
    mailman メーリングリスト登録ページ

    メールクライアントツールやmailコマンドで、メーリングリストのアドレス (ここでは、test@exmaple.com)へ適当なメールを投稿してみます。

    投稿したメールがアーカイブに表示されたことを確認してみます。

    mailman メーリングリスト一覧ページ

    http://www.example.com/mailman/listinfo へアクセスすると、上記のようなメーリングリストの一覧ページが表示されます。
    先に作成したメーリングリストの Test をクリックします。

    mailman メーリングリスト登録ページ

    赤枠Test保管書庫 をクリックすると、以下のようなページが表示されます。

    mailman アーカイブ

    続けて、赤枠スレッド をクリックすると、以下のようなページが表示されます。

    mailman アーカイブ

    これが、先のページ日付に投稿された記事の一覧になります。
    ここでは、赤枠[Test]テストです。 というヘッダの記事をクリックすると、以下のようなページが表示されます。

    mailman アーカイブ

    このように投稿された記事の内容が表示されます。



ざっとこんな感じです。
CentOS/Scientific Linuxの場合は、まだ、ある程度utf8で出力してくれます。(一部文字化けしますが)
Debian/Ubuntuの場合は、かなり面倒です。文字コードもeuc-jpで統一されていて、出力を切り替えて環境設定を行う必要があり、非常に面倒です。 加えて日本語訳が中途半端で、各ページで英語と日本語が混ざって、デフォルトでは使えるものではありません。バイナリパッケージでなくソースコードからのインストールがおすすめでしょう。

最近ではクラウドのサービスで mailmanに近いサービスが提供されていますが、 討論用リストのオープンソースが少ないのか? mailmanは、今でも意外と用いられています。
社内的に議事録を残す代わりに、メール討論するのもありだと思います。履歴としてもウェブブラウザで確認できる点でも、まだまだ使い勝手があると思います。
CentOSなら意外と簡単にインストールできますから、試すには良いかもしれません。
ご利用のブラウザは、広告ブロック(AdBlockなど) が適用となっていませんか?
このサイトでは、コンテンツの一部が非表示、あるいは、コメント、お問い合わせの投稿ができない検索ができないことがあります。


関連記事 :

mailman + Postfix + Apache でメーリングリストを使ってみる(ソースインストール編)

前回の mailman + Postfix + Apache でメーリングリストを使ってみる(パッケージインストール編) では、パッケージを使っ ...

Debian(Ubuntu)で postfix を使ってみる

Debian(Ubuntu)では、デフォルトのメールサーバー(メール転送エージェント(MTA))として Exim4 がインストールされています。 ...

CentOS(Scientific Linux)で postfix を使ってみる

Debian(Ubuntu)で postfix を使ってみる では、Debian/UbuntuへのPostfixの対応について書きました。 ...

メールマガジンを簡単に発行できる phpList をインストールしてみた

今回は、メールマガジンなどのダイレクトメールを大量に送信できる メーリングリストの管理ソフトである phpList をインストールしてみようと思 ...

Postfix + postgrey を使ったグレイリスティングでスパム対策をしてみる

今回は、Postfixで postgrey という グレイリスティングを行うためのポリシーサーバーを使って スパム対策を行ってみます。 ...



コメントを投稿 :

お名前 *

メールアドレス *
( メールアドレスが公開されることはありません。)

サイトアドレス

コメント *

* 印の項目は、入力が必要な項目です。




最近投稿の記事

[ 画像提供元 : Amazon ] 先日、1TBのディスクの入れ替え時にバックアップをとろうとディスクコピーを行いました。 その際 ...

Windows で Linux ファイルシステム Ext4 のディスクをマウントするには? Ext3Fsd が、おそらく、最も簡単なツール ...

今回は、Windows で Compass を使ってみました。 Compass とは、 Sass(サス、Syntactica ...

今回は、Anti Adblock を使ってみました。 Anti Adblock とは、 そもそも Adblock という ウェブ ...

デスクトップ環境でない サーバーで、Webページのキャプチャー画像をコマンドで撮る には、wkhtmltoimage, CutyCapt ...


さくらのVPS 全プラン リニューアルです。(石狩(北海道)も選択可)


root権限ありで ¥685 / 月 ~ と非常にリーズナブルな CPU 1(core)の 512 プランから、 最高 CPU 10(core), メモリ 32(GB), SSD容量 800(GB) までとプランが充実。
ディスクは、SSDとHDDの選択が可能になった他、データセンターは人気の東京、石狩(北海道)となりました。

また、どのプランでも好きなOSが選べます
( CentOS, Fedora, Scientific Linux, FreeBSD, Ubutu, Debian )

管理人もおすすめのVPSです。
試用期間がありますから、一度、お試しを!!

詳しくは、http://vps.sakura.ad.jp/さくらのVPSのサイトへ へどうぞ!!

カテゴリ


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。
最近、スワップにも対応した Serverman@VPS は、かなりリーズナブルかもです。

  • メモリ1GB~2GBのEntryプラン :月額:490円
  • メモリ2MB~4GBのStandardプラン :月額:980円
  • メモリ4GB~8GBのProプラン :月額:1,980円

新規申し込みで1ヶ月間完全無料となるキャンペーンを実施中です。
Serverman@VPSの特徴は、安さとIPv6対応です。また、初期設定費0円もポイントです。

IPv6でちょっと遊んでみたい方には、おすすめかもしれませんね。最低利用期間もありませんから、気に入らないときは即解約もできます。

Serverman@VPSの詳細については、 http://dream.jp/vps/ Serverman@VPSのサイトへへどうぞ。



KVM採用 ConoHa VPSは、時間単位で借りれる便利なVPSです。


ConoHa VPS は、初期設定費0円最低利用期間無し時間単位で清算可能、 さらに、Web APIを使って自動化を図ることもできる便利なVPSです。

海外サーバー設置も可能で、ローカル接続にも対応と、かなり、機能豊富なサーバーです。

新規ユーザ登録で、クーポンもらえますから、まずは、お試しですね。

ConoHa VPSの詳細については、
http://www.conoha.jp/ へどうぞ。

KVM採用 お名前.com VPS(KVM) 2G プラン 初期設定費無料 キャンペーン 実施です。


メモリ2GBプラン CPU:3core、Disk:200GB
月額:1,153円から (初期設定:1,680円0円)

さくらのVPSがリニューアルされてもなんのその。
1GBメモリ / 2Core を ¥834 – の格安価格で提供中です!
間違いなくスペックからすると割安感ありです。
年間割引時の途中解約で返金がないのは、 ちょっと残念ですが、それでもこの割安感は魅力です。

まずは、お試しですね。

お名前.com VPS(KVM)の詳細については、
http://www.onamae-server.com/vps/ へどうぞ。(お試し期間が15日あります。)



  • ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークへ追加するはてな登録数
ページトップへ
Time : 0.1970 [s]