レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント
レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント - レンタルサーバー・自宅サーバーの設定・構築情報を公開しています。

php-fpm のLogWatchの設定を行ってみる

2012年11月19日 2015年5月14日
logwatch

LogWatchを使ってみる ( nginxの設定例 ) でLogWatchのインストールとnginxのLogWatchの設定を行ってみました。
今回は、nginxとペアで動作する php-fpm のLogWatchの設定を行ってみます。

Logwatchは、
カスタマイズ可能なログ解析システムです。 Logwatchは、システムのログを解析し、指定したログを分析するレポートを作成します。 Logwatchは簡単で、ほとんどのシステム上でパッケージをインストールするとすぐに動作するでしょう。

php-fpm の LogWatch 設定を行う

LogWatchでは、php のLogWatch 設定がデフォルトで設定されています。
その設定では、phpのログファイルが、/var/log/httpd/php_log となっています。
また、php 5.3.8 から phpのログ出力時の日時に タイムゾーンが出力されるようになっていることに注意してください。

ここでLogWatchのデフォルトのphpログ処理において日付情報のタイムゾーンを意識していないことに注意する必要があります。 もし、phpのバージョンが 5.4系ならびに5.3系の最新版などを利用している場合は、タイムゾーンが出力され、ログファイル名が正しくてもLogWatchでは出力されない・・・という問題が発生することがあります。

そこも踏まえて、以下の手順で、php-fpmのLogWatch対応を行ってみます。

php の LogWatchのデフォルトファイルをコピーする

php のLogWatchのスクリプトファイルが1つ、デフォルト設定ファイルが2つの計 3つのファイルをコピーします。
この際、phpphp-fpm へ名前に変更している点に注意してください。

  • /usr/share/logwatch/scripts/services/php

    – LogWatchのサービス毎のスクリプトファイルになります。(perlで記述)

    $ cp /usr/share/logwatch/scripts/services/php /etc/logwatch/scripts/services/php-fpm

    – /etc/logwatch/conf/logfiles/ : 個別のLogWatchのサービス毎のスクリプトファイルのディレクトリになります。


  • /usr/share/logwatch/default.conf/services/php.conf

    – LogWatchのサービス毎の設定ファイルになります。

    $ cp /usr/share/logwatch/default.conf/services/php.conf /etc/logwatch/conf/services/php-fpm.conf

    – /etc/logwatch/conf/services/ : 個別のLogWatchのサービス毎の設定ファイルのディレクトリになります。


  • /usr/share/logwatch/default.conf/logfiles/php.conf

    – LogWatchのサービス毎のログファイル設定ファイルになります。

    $ cp /usr/share/logwatch/default.conf/logfiles/php.conf /etc/logwatch/conf/logfiles/php-fpm.conf

    – /etc/logwatch/conf/logfiles/ : 個別のLogWatchのサービス毎のログファイル設定ファイルのディレクトリになります。


php の LogWatchの設定ファイルを編集する

php のLogWatchのスクリプトファイルは、ログの出力情報が同じなので、そのまま使えます。
2つのデフォルト設定ファイルについては、若干の編集が必要です。
その編集箇所について下記に記載します。

/etc/logwatch/conf/services/php-fpm.conf

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
###############################################################################
# $Id: php.conf,v 1.1 2006/11/12 18:28:31 bjorn Exp $
###############################################################################
# $Log: php.conf,v $
# Revision 1.1  2006/11/12 18:28:31  bjorn
# New php service, by Jeremias Reith.
#
###############################################################################
#
# You can put comments anywhere you want to.  They are effective for the
# rest of the line.

# this is in the format of <name> = <value>.  Whitespace at the beginning
# and end of the lines is removed.  Whitespace before and after the = sign
# is removed.  Everything is case *insensitive*.

# Yes = True  = On  = 1
# No  = False = Off = 0

# **** LogWatchのレポートに出力されるタイトル名を変更します。
Title = php-messages

# **** LogWatchで参照するログファイルの設定ファイル名を変更します。
# Which logfile group...
#LogFile = php
LogFile = php-fpm

# PHP notices should be fixed
Detail = High

# vi: shiftwidth=3 tabstop=3 et
  • 21行目:タイトルを変更しています。

    これで、LogWatchのレポートには、php-messages として出力されます。

  • 26行目:ログファイルの設定ファイル名を変更しています。

    これで、上記にコピーしたファイルを参照しに行ってくれます。
    スクリプトファイルは、
    /usr/share/logwatch/scripts/services/php-fpm or
    /etc/logwatch/scripts/services/php-fpm
    を探します。

    サービス毎の設定ファイルは、
    /usr/share/logwatch/default.conf/services/php-fpm.conf or
    /etc/logwatch/conf/services/php-fpm.conf
    を探します。

    サービス毎のログファイル設定ファイルは、
    /usr/share/logwatch/default.conf/logfiles/php-fpm.conf or
    /etc/logwatch/conf/logfiles/php-fpm.conf
    を探します。


/etc/logwatch/conf/logfiles/php-fpm.conf

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
###############################################################################
# $Id: php.conf,v 1.1 2006/11/12 18:28:31 bjorn Exp $
###############################################################################
# $Log: php.conf,v $
# Revision 1.1  2006/11/12 18:28:31  bjorn
# New php service, by Jeremias Reith.
#
###############################################################################
# This was written and is maintained by:
#    Jeremias Reith <jr@terragate.net>
#
# Please send all comments, suggestions, bug reports,
#    etc, to jr@terragate.net and logwatch-devel@logatch.org
#
###############################################################################

# What actual file?  Defaults to LogPath if not absolute path....
# **** LogWatchでログファイルを探すファイル名(ワイルドカード使用可)を変更します。
#LogFile = httpd/php_log
LogFile = /var/log/php-fpm/www.log

# adjust your php.ini accordingly:
# error_log = /var/log/httpd/php_log
# log_errors = On

# If the archives are searched, here is one or more line
# (optionally containing wildcards) that tell where they are...
#If you use a "-" in naming add that as well -mgt
# **** LogWatchでアーカイブログファイルを探すファイル名(ワイルドカード使用可)を変更します。
#Archive = httpd/php_log.*
Archive = /var/log/php-fpm/www.log.*.gz

# vi: shiftwidth=3 tabstop=3 et
  • 20行目:ログファイル名を変更しています。

    ここでは、絶対パス(先頭 “/” )を指定しています。
    先頭 “/“がない場合は、デフォルトルートログディレクトリの配下と認識します。

    デフォルトルートログディレクトリは、LogWatchの設定ファイルに指定されています。
    /usr/share/logwatch/default.conf/logwatch.conf

    LogDir = /var/log

    で指定しているディレクトリがデフォルトルートログディレクトリになります。

    ここのログファイル名は、php-fpm.conf か、www.conf 内に
    error_log で指定されているログファイル名になります。

    各ファイルのデフォルトは、以下のディレクトリにあります。

    CentOS Scientific Linux

    • /etc/php-fpm.conf
    • /etc/php-fpm.d/www.conf

    Debian Ubuntu

    • /etc/php5/fpm/php-fpm.conf
    • /etc/php5/fpm/pool.d/www.conf

    また、
    php-fpm.confでは、実際の指定の仕方は、以下のように設定されています。
    ...
    [global]
    ...
    error_log = /var/log/php-fpm/www.log
    ...
    www.confでは、実際の指定の仕方は、以下のように設定されています。
    ...
    php_admin_value[error_log] = /var/log/php-fpm/www.log
    ...
  • 30行目:アーカイブログファイル名を変更しています。

    ここでも先と同様に絶対パス(先頭 “/” )を指定しています。同様に先頭 “/“を省略して記述することもできます。

    ここでの指定は、logrotateによるログファイルの保存の仕方に依存します。
    ( 参照 : ログローテーション(logrotate)を使ってみる ( httpd(apache)の設定例 ) )

    LogWatchの基本動作は、昨日のログを解析してレポートします。 昨日のログが15行目で指定した最新のログファイルより前にある可能性が場合は、ここで指定しているアーカイブログファイルを探しに行きます。


/etc/logwatch/scripts/services/php-fpm

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
#!/usr/bin/perl
###############################################################################
# $Id: php,v 1.2 2008/03/24 23:31:26 kirk Exp $
###############################################################################
# $Log: php,v $
# Revision 1.2  2008/03/24 23:31:26  kirk
# added copyright/license notice to each script
#
# Revision 1.1  2006/11/12 18:28:31  bjorn
# New php service, by Jeremias Reith.
#
###############################################################################
#
# Logwatch service for php error logs
#
# Processes all messages and summarizes them
# Each message is given with a timestamp and RMS

## Covered under the included MIT/X-Consortium License:
## this script are assumed to have been donated to the
## Logwatch project and thus assume the above copyright
## and licensing terms.  If you want to make contributions
## under your own copyright or a different license this
## must be explicitly stated in the contribution an the
## Logwatch project reserves the right to not accept such
## contributions.  If you have made significant
## contributions to this script and want to claim
## copyright please contact logwatch-devel@logwatch.org.
#########################################################

use strict;
use Logwatch ':dates';
use Time::Local;
use POSIX qw(strftime);

my $date_format = '%d-%b-%Y %H:%M:%S';
# ここの日付フィルターに+タイムゾーンの文字列分を加えるように変更する
# my $filter = TimeFilter($date_format);
my $filter = TimeFilter($date_format).'\s+[^]]*';
my $detail = exists $ENV{'LOGWATCH_DETAIL_LEVEL'} ? $ENV{'LOGWATCH_DETAIL_LEVEL'} : 0;
...
  • 27 – 29行目: $filter にログの日時フォーマットを設定しています。

    これで、PHPが5.3.9以降、あるいは5.4系の場合は、タイムゾーン情報が追加されますので、‘\s+[^]]*’ を追記しています。
    この設定で、’空白+文字列’ が続いている日時フォーマットのログ情報をピックアップします。
    PHPが5.3.8以前の場合は、何も変更する必要はないと思います。


php-fpm の LogWatch をテストしてみる

LogWatch の動作確認は、コマンドで確認することができます。

$ logwatch --service php-fpm --range today

 ################### Logwatch 7.3.6 (05/19/07) ####################
        Processing Initiated: Mon Nov 19 11:43:19 2012
        Date Range Processed: today
                              ( 2012-Nov-19 )
                              Period is day.
        Detail Level of Output: 0
        Type of Output/Format: stdout / text
        Logfiles for Host: db
  ##################################################################

 --------------------- php-messages Begin (detail=10) ------------------------

 Fatal errors:

 3 times:
 [19-Nov-2012 04:25:36 +/-6 hour(s)]  Call to undefined function aaa() in /var/www/html/root/test.php on line 3


 ---------------------- php-messages End -------------------------


 ###################### Logwatch End #########################

こんな感じで出力されればOKです。
このログは、テスト用にエラーをあえて出力して、LogWatchで拾ってみました。

一応、コマンドについて解説しておきます。

$ logwatch --help

Usage: /usr/sbin/logwatch [--detail <level>] [--logfile <name>] [--output <output_type>]
   [--format <format_type>] [--encode <enconding>] [--numeric]
   [--mailto <addr>] [--archives] [--range <range>] [--debug <level>]
   [--filename <filename>] [--help|--usage] [--version] [--service <name>]
   [--hostformat <host_format type>] [--hostlimit <host1,host2>] [--html_wrap <num_characters>]

--detail <level>: Report Detail Level - High, Med, Low or any #.
--logfile <name>: *Name of a logfile definition to report on.
--logdir <name>: Name of default directory where logs are stored.
# ****  --service : サービス名を指定します。
--service <name>: *Name of a service definition to report on.
--output <output type>: Report Output - stdout [default], mail, file.
--format <formatting>: Report Format - text [default], html.
--encode <encoding>: Enconding to use - none [default], base64.
--mailto <addr>: Mail report to <addr>.
--archives: Use archived log files too.
--filename <filename>: Used to specify they filename to save to. --filename <filename> [Forces output to file].
# ****  --range : ログを解析する時間範囲を指定します。デフォルト:昨日です。
--range <range>: Date range: Yesterday, Today, All, Help
                             where help will describe additional options
--numeric: Display addresses numerically rather than symbolically and numerically
           (saves  a  nameserver address-to-name lookup).
--debug <level>: Debug Level - High, Med, Low or any #.
--hostformat: Host Based Report Options - none [default], split, splitmail.
--hostlimit: Limit report to hostname - host1,host2.
--html_wrap <num_characters>: Default is 80.
--version: Displays current version.
--help: This message.
--usage: Same as --help.
* = Switch can be specified multiple times...

とりあえずテストなので、最小限のオプションを指定しています。


php-fpm のログは、phpのコードに誤りがないか確認する上で非常に大事です。
テストの際には、必ず確認しながらテストを行うようにしましょう。
また、LogWatchで見逃したエラーがないか必ずモニターすることを強くおすすめします。
バグは脆弱性の元ですから、しっかりメンテナンスしましょう。
ご利用のブラウザは、広告ブロック(AdBlockなど) が適用となっていませんか?
このサイトでは、コンテンツの一部が非表示、あるいは、コメント、お問い合わせの投稿ができない検索ができないことがあります。


関連記事 :

LogWatchで独自のログを収集させるには

LogWatchを使ってみる ( nginxの設定例 ) や php-fpm のLogWatchの設定を行ってみる では、LogWatchの設定 ...

LogWatchを使ってみる ( nginxの設定例 )

LogWatchとは、文字通り、ロギング情報を監視してくれる便利なツールです。一応、LogWatch公式サイトの英文の翻訳は、以下のとおりです。 ...

yum を使って システムアップデートを行う (自動化も)

先のCentOSをインストールする(2)からの続きです。 CentOSの基本的な設定を終えたら、最初にOSのバージョンアップをしましょう。 ...

Debian(Ubuntu)で サービスの起動、停止を管理するツールを調べてみた(chkconfigのかわりになるもの)

今回は、 Debian(Ubuntu)で サービスの起動、停止を管理するツール(CentOS,ScientificLinux の chkcon ...

Monitを使ってApacheを監視する(2)alertをGMAILへ送信する

「Monitを使ってApacheを監視する(1)」の続きです。 今回は、MonitでApacheを監視するときの細かい設定についてです ...


2 件 コメントがあります。 コメントを投稿する
  1. Sushil
    2014年10月28日, 11:53 PM

    Hi ,

    I have tried your article, but still log watch is not able to read php-fpm logs

    Please suggest here

    Thanks
    Sushil

  2. 管理人
    2014年11月19日, 4:25 PM

    Hi, Sushil
    This is Kon, I managed this site.
    What is your question?
    If you tell me more detail informations, I might be able to help you.


コメントを投稿 :

お名前 *

メールアドレス *
( メールアドレスが公開されることはありません。)

サイトアドレス

コメント *

* 印の項目は、入力が必要な項目です。




最近投稿の記事

[ 画像提供元 : Amazon ] 先日、1TBのディスクの入れ替え時にバックアップをとろうとディスクコピーを行いました。 その際 ...

Windows で Linux ファイルシステム Ext4 のディスクをマウントするには? Ext3Fsd が、おそらく、最も簡単なツール ...

今回は、Windows で Compass を使ってみました。 Compass とは、 Sass(サス、Syntactica ...

今回は、Anti Adblock を使ってみました。 Anti Adblock とは、 そもそも Adblock という ウェブ ...

デスクトップ環境でない サーバーで、Webページのキャプチャー画像をコマンドで撮る には、wkhtmltoimage, CutyCapt ...


さくらのVPS 全プラン リニューアルです。(石狩(北海道)も選択可)


root権限ありで ¥685 / 月 ~ と非常にリーズナブルな CPU 1(core)の 512 プランから、 最高 CPU 10(core), メモリ 32(GB), SSD容量 800(GB) までとプランが充実。
ディスクは、SSDとHDDの選択が可能になった他、データセンターは人気の東京、石狩(北海道)となりました。

また、どのプランでも好きなOSが選べます
( CentOS, Fedora, Scientific Linux, FreeBSD, Ubutu, Debian )

管理人もおすすめのVPSです。
試用期間がありますから、一度、お試しを!!

詳しくは、http://vps.sakura.ad.jp/さくらのVPSのサイトへ へどうぞ!!

カテゴリ


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。
最近、スワップにも対応した Serverman@VPS は、かなりリーズナブルかもです。

  • メモリ1GB~2GBのEntryプラン :月額:490円
  • メモリ2MB~4GBのStandardプラン :月額:980円
  • メモリ4GB~8GBのProプラン :月額:1,980円

新規申し込みで1ヶ月間完全無料となるキャンペーンを実施中です。
Serverman@VPSの特徴は、安さとIPv6対応です。また、初期設定費0円もポイントです。

IPv6でちょっと遊んでみたい方には、おすすめかもしれませんね。最低利用期間もありませんから、気に入らないときは即解約もできます。

Serverman@VPSの詳細については、 http://dream.jp/vps/ Serverman@VPSのサイトへへどうぞ。



KVM採用 ConoHa VPSは、時間単位で借りれる便利なVPSです。


ConoHa VPS は、初期設定費0円最低利用期間無し時間単位で清算可能、 さらに、Web APIを使って自動化を図ることもできる便利なVPSです。

海外サーバー設置も可能で、ローカル接続にも対応と、かなり、機能豊富なサーバーです。

新規ユーザ登録で、クーポンもらえますから、まずは、お試しですね。

ConoHa VPSの詳細については、
http://www.conoha.jp/ へどうぞ。

KVM採用 お名前.com VPS(KVM) 2G プラン 初期設定費無料 キャンペーン 実施です。


メモリ2GBプラン CPU:3core、Disk:200GB
月額:1,153円から (初期設定:1,680円0円)

さくらのVPSがリニューアルされてもなんのその。
1GBメモリ / 2Core を ¥834 – の格安価格で提供中です!
間違いなくスペックからすると割安感ありです。
年間割引時の途中解約で返金がないのは、 ちょっと残念ですが、それでもこの割安感は魅力です。

まずは、お試しですね。

お名前.com VPS(KVM)の詳細については、
http://www.onamae-server.com/vps/ へどうぞ。(お試し期間が15日あります。)



  • ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークへ追加するはてな登録数
ページトップへ
Time : 0.2739 [s]