レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント
レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント - レンタルサーバー・自宅サーバーの設定・構築情報を公開しています。

php + apache のメモリ量をおさえる(2) workerを使ってみる(チューニング)

2010年12月13日 2015年12月25日
apache php memoty tuning

php + apache のメモリ量をおさえる(2) workerを使ってみる」の続きです。

先の記事でスレッド化(worker)にてapacheを起動できるようにしました。今回は、そのチューニングです。

workerのチューニングは、preforkのチューニングと、大差はありませんが、若干、異なっているので、そのあたりを中心に解説できればと思います。
では、早速、チューニングの設定を行ってみましょう。

apacheのworkerのデフォルト設定

CentOSのapacheでは、デフォルト(標準で)でプロセス制御(prefork)とスレッド制御(worker)のそれぞれの設定がしてあります。

プロセス制御(prefork)は、以下のとおりです。

<IfModule prefork.c>
StartServers       8
MinSpareServers    5
MaxSpareServers   20
ServerLimit      256
MaxClients       256
MaxRequestsPerChild  4000
</IfModule>
  • StartServers: 起動時に生成される子サーバプロセスの数
  • MinSpareServers: アイドルな子サーバプロセスの最小個数
  • MaxSpareServers: アイドルな子サーバプロセスの最大個数
  • ServerLimit: 設定可能なサーバプロセス数の上限
  • MaxClients: リクエストに応答するために作成される子プロセスの最大個数
  • MaxRequestsPerChild: 個々の子サーバが稼働中に扱うリクエスト数の上限

スレッド制御(worker)は、以下のとおりです。

<IfModule worker.c>
StartServers         2
MaxClients         150
MinSpareThreads     25
MaxSpareThreads     75
ThreadsPerChild     25
MaxRequestsPerChild  0
</IfModule>
  • StartServers: 起動時に生成される子サーバプロセスの数
  • MaxClients: リクエストに応答するために作成されるスレッドの最大個数
  • MinSpareThreads: アイドルスレッド数の最小個数
  • MaxSpareThreads: アイドルスレッド数の最大個数
  • ThreadsPerChild: 子プロセスそれぞれに生成されるスレッド数の上限
  • MaxRequestsPerChild: 個々の子サーバが稼働中に扱うリクエスト数の上限
基本的には、プロセススレッドへ変更されたというところですが、若干、考え方で注意すべきは、1つのプロセスに複数のスレッドがあることを、常に、意識して上記のパラメータを見ないといけません。

例えば、StartServersは、prefork , worker ともにありますが、
preforkは、8つ。workerは、2つ。です。

この違いは、明らかにプロセスとスレッドの違いによるものです。上記の設定では、
preforkでは、5から20個の空きプロセスを常に保持します。
workerでは、25から75個の空きスレッドを常に保持します。

つまり、workerでは、プロセスの制限は、明確に設定されていません。もし、開始時の2つのプロセスで、空きスレッド数が、上記の範囲にない場合は、プロセスを追加起動したり、不要なプロセスを消滅させます。
あくまで、スレッドの数が中心であることに気をつけなければなりません。

また、MaxRequestsPerChildが0で無制限となっていることにも注意してください。この設定では、空きスレッド数が、75個を上回らない限りプロセスが消滅することがありません。

apacheのworkerのチューニングの例

以下は、このサイトの設定です。といっても、常に、更新をかけているので、2010.12.10現在の設定です。

<IfModule worker.c>
StartServers         2
MaxClients         150
MinSpareThreads     25
MaxSpareThreads     75
ThreadsPerChild     25
MaxRequestsPerChild 2000
</IfModule>

ほとんど、いじってませんけど、MaxRequestsPerChildを2000という有限値を設定して、プロセスの生成・消滅をサイクル化しています。

このサイトの場合、phpを使っていますから、どうしても1プロセスのメモリ量が、使っている時間が長くなると肥大化してしまいます。

それをある程度の処理数で、サイクル化してあげることで、メモリ量をある程度おさせることができるようになります。

実際に、上記の設定を行った場合、おおよそ 500MB から 800MB 程度のメモリ使用量に抑えることができています。この設定では、間違っても、1Gを超えるようなメモリ量にはならないようです。

まずは、こんなところでしょうか。

いろんな設定方法がありますが、このサイトのように、それほどアクセスが急増したり、常に、アクセス過多状態でない場合は、上記の設定で事足りるみたいです。

あとは、必ず、アクセスログ、エラーログを確認して、再チューニングをするようにしましょう。
ご利用のブラウザは、広告ブロック(AdBlockなど) が適用となっていませんか?
このサイトでは、コンテンツの一部が非表示、あるいは、コメント、お問い合わせの投稿ができない検索ができないことがあります。


関連記事 :

php + apache のメモリ量をおさえる

レンタルサーバー(特にVPS)を借りている場合、限られたリソースをフル活用しなければいけませんね。 自宅サーバーとは違って、メモリが足りないか ...

apache で fcgid,fastcgi(PHP-FPM) を使うなら PreforkからWorkerへ切り替えるべし。

apache には、プロセス管理の方法(マルチプロセッシングモジュール (MPM))として プロセス制御(Prefork)、 スレッド制御(Wo ...

php + apache のメモリ量をおさえる(2) workerを使ってみる

「php + apache のメモリ量をおさえる」の続きです。 さて、今回は、メモリをおさえるためにapacheのマルチプロセッシングモジ ...

Nginx + php-fpm をさくらのVPSで使ってみた

ここまで、細かいnginx , php-fpmの関するセッティングについて、簡単に解説してきました。 Nginxの最新版ソ ...

apacheをインストールする(Debian,Ubuntu編)

今回は、apache(WEBサーバー)をインストールしてみます。 CentOS,ScientificLinux では、httpd という名前の ...



コメントを投稿 :

お名前 *

メールアドレス *
( メールアドレスが公開されることはありません。)

サイトアドレス

コメント *

* 印の項目は、入力が必要な項目です。




最近投稿の記事

[ 画像提供元 : Amazon ] 先日、1TBのディスクの入れ替え時にバックアップをとろうとディスクコピーを行いました。 その際 ...

Windows で Linux ファイルシステム Ext4 のディスクをマウントするには? Ext3Fsd が、おそらく、最も簡単なツール ...

今回は、Windows で Compass を使ってみました。 Compass とは、 Sass(サス、Syntactica ...

今回は、Anti Adblock を使ってみました。 Anti Adblock とは、 そもそも Adblock という ウェブ ...

デスクトップ環境でない サーバーで、Webページのキャプチャー画像をコマンドで撮る には、wkhtmltoimage, CutyCapt ...


さくらのVPS 全プラン リニューアルです。(石狩(北海道)も選択可)


root権限ありで ¥685 / 月 ~ と非常にリーズナブルな CPU 1(core)の 512 プランから、 最高 CPU 10(core), メモリ 32(GB), SSD容量 800(GB) までとプランが充実。
ディスクは、SSDとHDDの選択が可能になった他、データセンターは人気の東京、石狩(北海道)となりました。

また、どのプランでも好きなOSが選べます
( CentOS, Fedora, Scientific Linux, FreeBSD, Ubutu, Debian )

管理人もおすすめのVPSです。
試用期間がありますから、一度、お試しを!!

詳しくは、http://vps.sakura.ad.jp/さくらのVPSのサイトへ へどうぞ!!

カテゴリ


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。
最近、スワップにも対応した Serverman@VPS は、かなりリーズナブルかもです。

  • メモリ1GB~2GBのEntryプラン :月額:490円
  • メモリ2MB~4GBのStandardプラン :月額:980円
  • メモリ4GB~8GBのProプラン :月額:1,980円

新規申し込みで1ヶ月間完全無料となるキャンペーンを実施中です。
Serverman@VPSの特徴は、安さとIPv6対応です。また、初期設定費0円もポイントです。

IPv6でちょっと遊んでみたい方には、おすすめかもしれませんね。最低利用期間もありませんから、気に入らないときは即解約もできます。

Serverman@VPSの詳細については、 http://dream.jp/vps/ Serverman@VPSのサイトへへどうぞ。



KVM採用 ConoHa VPSは、時間単位で借りれる便利なVPSです。


ConoHa VPS は、初期設定費0円最低利用期間無し時間単位で清算可能、 さらに、Web APIを使って自動化を図ることもできる便利なVPSです。

海外サーバー設置も可能で、ローカル接続にも対応と、かなり、機能豊富なサーバーです。

新規ユーザ登録で、クーポンもらえますから、まずは、お試しですね。

ConoHa VPSの詳細については、
http://www.conoha.jp/ へどうぞ。

KVM採用 お名前.com VPS(KVM) 2G プラン 初期設定費無料 キャンペーン 実施です。


メモリ2GBプラン CPU:3core、Disk:200GB
月額:1,153円から (初期設定:1,680円0円)

さくらのVPSがリニューアルされてもなんのその。
1GBメモリ / 2Core を ¥834 – の格安価格で提供中です!
間違いなくスペックからすると割安感ありです。
年間割引時の途中解約で返金がないのは、 ちょっと残念ですが、それでもこの割安感は魅力です。

まずは、お試しですね。

お名前.com VPS(KVM)の詳細については、
http://www.onamae-server.com/vps/ へどうぞ。(お試し期間が15日あります。)



  • ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークへ追加するはてな登録数
ページトップへ
Time : 0.2892 [s]