レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント
レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント - レンタルサーバー・自宅サーバーの設定・構築情報を公開しています。

mysqldumpを使ってデータベースの30日分をバックアップする

2010年12月17日 2015年5月17日
mysql backup

mysqlのデータベースをバックアップする1つの方法は、mysqldumpコマンドを使うことです。

単純にmysqldumpするのは、いくらでも記事があるので、ここでは、30日間のデータベースをバックアップするシェルスクリプトを考えてみましょう。

30日分のデータベースをバックアップするシェルスクリプト

Linux、FreeBSD上で記述する場合、30日分のデータベースをバックアップするのは簡単に書けます。
以下は、その例です。

#!/bin/sh

# -- PATH ---
BINPATH=/bin
MYSQLPATH=/usr/bin

# -- MYSQL ---
DBNAME=mysql_database_name
DBUSER=mysql_user_name
DBPASS=mysql_user_password
DBHOST=localhost

OUTPUTDIR=/var/log/temp
OUTPUTFILE_PREFIX=sqldump_
OUTPUTFILE=`date +%Y_%m_%d`.sql

# -- BACKUP ---
OLDDATEFILE=`date -d "-30 day" +%Y_%m_%d`

# remove old backup DB files.
$BINPATH/rm -f $OUTPUTDIR/$OUTPUTFILE_PREFIX$OLDDATEFILE*.*

# create new backup DB files.
$MYSQLPATH/mysqldump --default-character-set=utf8 --host="$DBHOST" --user="$DBUSER" --password="$DBPASS"  --skip-lock-tables "$DBNAME"  > "$OUTPUTDIR/$OUTPUTFILE_PREFIX$OUTPUTFILE" | $BINPATH/gzip -f "$OUTPUTDIR/$OUTPUTFILE_PREFIX$OUTPUTFILE"

一応、簡単に解説しておきます。

  • 4行目 : rm,gzipコマンドのパスになります。 パスは、which rm などで簡単に調べることができます。
  • 5行目 : mysqldumpコマンドのパスになります。 パスは、which mysqldump で簡単に調べることができます。
    mysqldump のパスは、各OSやインストール状況によって異なるかもしれません。各環境にて which コマンドなどで確認の上、編集してください。
    $ which mysqldump
    /usr/bin/mysqldump
  • 8-11行目 : mysqlの環境設定です。
  • 8行目 : ダンプするデータベース名を設定します。
  • 9行目 : ダンプするデータベースへアクセス可能なユーザ名を設定します。
  • 10行目 : ダンプするデータベースへアクセス可能なユーザのパスワードを設定します。
  • 11行目 : ダンプするデータベースのホスト名を設定します。自ホストの場合は、”localhost”で可。
  • 13-15行目 : バックアップファイルの環境設定です。
  • 13行目 : バックアップするファイルを置くためのディレクトリ名を設定します。
  • 14行目 : バックアップするファイル名のプレフィックス名を設定します。
  • 15行目 : バックアップするファイル名を設定します。
    例)
    上記の設定例では、実行する日付が2010年12月13日だとします。
    この場合、バックアップするファイル名は、

    /var/log/temp/sqldump_2010_12_13.sql

    となります。
  • 18行目 : 古くなったバックアップファイル名を設定します。

    ここで指定したファイル名が削除対象となります。

  • 21行目 : 古くなったバックアップファイルを無条件に削除しています。
    例)
    上記の設定例では、実行する日付が2010年12月13日だとします。
    この場合、削除するバックアップするファイル名は、

    /var/log/temp/sqldump_2010_11_13*.*

    となります。
    一応、ワイルドカードを使って拡張子が何であれ、削除できるようにしています。
  • 24行目 : 最新のバックアップファイルを作成しています。

    同時にgzipで圧縮しています。

    mysqldumpのパラメータ

    –default-character-set=utf8 : デフォルト文字列をUTF8とします。
    –skip-lock-tables : LOCK TABLEをスキップします。(mysqldump中のLOCK TABLEを行いません)

    注意
    –skip-lock-tables を利用する場合は、mysqldump中にデータベースの更新を行わないように注意する必要があるでしょう。
    本来は、このパラメータなしでmysqldumpを実行すべきでしょうね。このパラメータを指定することで、mysqldumpは、table lockしないので、その間に更新作業できるようになります。
    そうすると、mysqldumpを実施しても、データベースの中で論理矛盾が発生することがあります。

    但し、もしこのパラメータを指定しない場合、他のプロセスでtable lockされている場合は、mysqldumpで以下のようなエラーを出力し、ダンプできないことがあります。
    mysqldump: Got error: 1016: Can't open file: './databease/tablelock.frm' (errno: 24) when using LOCK TABLES

シェルスクリプトを毎日実行する

上記のように作成したシェルスクリプトを毎日実行するようにcronに設定します。

以下の例では、上記で作成したシェルスクリプトのファイル名を/var/dbbackupとしています。

$ chmod +x /var/dbbackup
$ vi /etc/crontab
        :

0  4  * * * root /var/dbbackup

まず、スクリプトファイルに実行権を与えて、一番アクセスの少ない時間帯の午前4時に実行するようにcronに設定してみています。

これで、毎日、データベースのバックアップがとれますね。

まずは、こんなところでしょうか。

いろんな方法がありますが、簡単なシェルスクリプトでのバックアップです。これであれば、30日分のデータベースを常に採取できるので良いですよね。


※さくらインターネットVPSを試してみたい方は、こちらのさくらのVPSページさくらのVPSページ からどうぞ。
ご利用のブラウザは、広告ブロック(AdBlockなど) が適用となっていませんか?
このサイトでは、コンテンツの一部が非表示、あるいは、コメント、お問い合わせの投稿ができない検索ができないことがあります。


関連記事 :

mysqlのレプリケーションを使う(3) エラー1062の対処

以前に mysqlのレプリケーションを使う mysqlのレプリケーションを使う(2) バイナリログを削除する で、m ...

mysql5.5系の最新版をインストールする

CentOS 5 の場合、yumを使って デフォルトでインストールされるのは、MySQL5.0系です。 また、CentOS 6 Sc ...

MySQLのバイナリログを使ったロールバック(リストア)を行ってみる

以前の記事 MySQLのログの種類とログの仕方を調べてみた(実施例) で、MySQLのログの採取方法について簡単に解説してみました。 その中の ...

Debian (Ubuntu 12) で Dotdeb から最新のPHP , MySQL をインストールする

DebianにもRedHat系と同じようにバイナリパッケージを提供するためのリポジトリがあります。 ただ、CentOSなどと同じように一般的に ...

Debian(Wheezly 7)で MySQLからMariaDB へ移行してみる

MariaDBとは、 MySQLのオリジナルコードの作者でMySQL ABの創設者でもあるMichael “Monty” ...



コメントを投稿 :

お名前 *

メールアドレス *
( メールアドレスが公開されることはありません。)

サイトアドレス

コメント *

* 印の項目は、入力が必要な項目です。




最近投稿の記事

[ 画像提供元 : Amazon ] 先日、1TBのディスクの入れ替え時にバックアップをとろうとディスクコピーを行いました。 その際 ...

Windows で Linux ファイルシステム Ext4 のディスクをマウントするには? Ext3Fsd が、おそらく、最も簡単なツール ...

今回は、Windows で Compass を使ってみました。 Compass とは、 Sass(サス、Syntactica ...

今回は、Anti Adblock を使ってみました。 Anti Adblock とは、 そもそも Adblock という ウェブ ...

デスクトップ環境でない サーバーで、Webページのキャプチャー画像をコマンドで撮る には、wkhtmltoimage, CutyCapt ...


さくらのVPS 全プラン リニューアルです。(石狩(北海道)も選択可)


root権限ありで ¥685 / 月 ~ と非常にリーズナブルな CPU 1(core)の 512 プランから、 最高 CPU 10(core), メモリ 32(GB), SSD容量 800(GB) までとプランが充実。
ディスクは、SSDとHDDの選択が可能になった他、データセンターは人気の東京、石狩(北海道)となりました。

また、どのプランでも好きなOSが選べます
( CentOS, Fedora, Scientific Linux, FreeBSD, Ubutu, Debian )

管理人もおすすめのVPSです。
試用期間がありますから、一度、お試しを!!

詳しくは、http://vps.sakura.ad.jp/さくらのVPSのサイトへ へどうぞ!!

カテゴリ


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。
最近、スワップにも対応した Serverman@VPS は、かなりリーズナブルかもです。

  • メモリ1GB~2GBのEntryプラン :月額:490円
  • メモリ2MB~4GBのStandardプラン :月額:980円
  • メモリ4GB~8GBのProプラン :月額:1,980円

新規申し込みで1ヶ月間完全無料となるキャンペーンを実施中です。
Serverman@VPSの特徴は、安さとIPv6対応です。また、初期設定費0円もポイントです。

IPv6でちょっと遊んでみたい方には、おすすめかもしれませんね。最低利用期間もありませんから、気に入らないときは即解約もできます。

Serverman@VPSの詳細については、 http://dream.jp/vps/ Serverman@VPSのサイトへへどうぞ。



KVM採用 ConoHa VPSは、時間単位で借りれる便利なVPSです。


ConoHa VPS は、初期設定費0円最低利用期間無し時間単位で清算可能、 さらに、Web APIを使って自動化を図ることもできる便利なVPSです。

海外サーバー設置も可能で、ローカル接続にも対応と、かなり、機能豊富なサーバーです。

新規ユーザ登録で、クーポンもらえますから、まずは、お試しですね。

ConoHa VPSの詳細については、
http://www.conoha.jp/ へどうぞ。

KVM採用 お名前.com VPS(KVM) 2G プラン 初期設定費無料 キャンペーン 実施です。


メモリ2GBプラン CPU:3core、Disk:200GB
月額:1,153円から (初期設定:1,680円0円)

さくらのVPSがリニューアルされてもなんのその。
1GBメモリ / 2Core を ¥834 – の格安価格で提供中です!
間違いなくスペックからすると割安感ありです。
年間割引時の途中解約で返金がないのは、 ちょっと残念ですが、それでもこの割安感は魅力です。

まずは、お試しですね。

お名前.com VPS(KVM)の詳細については、
http://www.onamae-server.com/vps/ へどうぞ。(お試し期間が15日あります。)



  • ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークへ追加するはてな登録数
ページトップへ
Time : 0.2362 [s]