レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント
レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント - レンタルサーバー・自宅サーバーの設定・構築情報を公開しています。

mysqlのレプリケーションを使う(2) バイナリログを削除する

2011年3月15日 2015年5月16日
mysql log

以前に mysqlのレプリケーションを使う で、mysqlのレプリケーション(replication) について記事にしました。
今回は、その続編?というより書き漏れていた mysqlのバイナリログを削除 についてです。

前回の記事の中で、マスター側のmysqlでバイナリログの採取方法について記述していましたが、その削除や、サイクリックにロギングする設定について記述するのを忘れていました。
何も設定されていない、あるいは、削除もしていない場合は、ひたすらバイナリログは増え続けますから、いつのまにか、ディスク容量を圧迫していることもあると思います。

今回は、バイナリログの制御について、簡単に解説してみます。

レプリケーション(replication)とは、
直訳のとおり複製を意味します。(レプリカ(replica)と語源は一緒なので、こちらがピンとくるかもしれません)

mysqlでレプリケーションと言うと、マスター、スレーブのそれぞれのmysqlサーバーを構築することに他なりません。
マスター1台に対して、スレーブ複数台というのが一般的なmysqlサーバーの構成になります。

一般的には、マスター mysql サーバー でデータベースの更新処理(書き込み)を受け持ち、スレーブ側で参照処理(読み込み)を受け持つことで負荷を分散させたり、バックアップデータベースを作成するなど行うことができます。
レプリケーション
上の図は、その典型的なレプリケーションの例を示したものです。
ユーザは、1台のサーバーにアクセスしているつもりですが、実際のデータベースへの書き込み処理は、バックにあるマスターサーバー側で処理され、データベースの読み込み処理は、フロントのスレーブサーバーで処理されます。
特に参照がメインのサーバーでは、かなりの負荷分散が期待されます。

マスターmysqlのバイナリログを削除する

マスター側のmysqlのバイナリログを削除するのは、mysqlにログインをして、SQLで実行します。

mysqlにログインして、現状のバイナリログファイルの一覧を表示する。

$ mysql -uroot -p -Dmysql
password : 

mysql> SHOW MASTER LOGS;
+----------------+------------+
| Log_name       | File_size  |
+----------------+------------+
| bin-log.000001 | 1074149684 |
| bin-log.000002 | 1073741963 |
| bin-log.000003 | 1073742026 |
| bin-log.000004 | 1073741905 |
:
| bin-log.000013 | 1073742045 |
| bin-log.000014 | 1073742074 |
| bin-log.000015 |   30911508 |
+----------------+------------+
15 rows in set (0.00 sec)

ここでは、15ファイルもあります。ここでどこまで削除したいかをLog_name列の中から決めます。
例えば、bin-log.000014 (を含まない)より以前までをすべて削除したい場合は、ここで、bin-log.000014 を決めます。


バイナリログファイルを削除する。

mysql> PURGE MASTER LOGS TO 'bin-log.000014';
Query OK, 0 rows affected (1 min 4.12 sec)

mysql> SHOW MASTER LOGS;
+----------------+------------+
| Log_name       | File_size  |
+----------------+------------+
| bin-log.000014 | 1073742074 |
| bin-log.000015 |   30911508 |
+----------------+------------+
2 rows in set (0.00 sec)

mysql> 

と、これで削除できました。
この指定では、指定したファイル以前までをすべて削除します。

PURGE MASTER LOGS BEFORE ‘YYYY-MM-DD hh:mm:ss’

を利用すると、指定された日時以前までをすべて削除します。


マスターmysqlのバイナリログをサイクリックに古いものは削除するように設定する

マスターmysqlのバイナリログをサイクリックに古いものは削除するように設定してみましょう。
これも、mysqlにログインをして、SQLで実行します。

mysqlにログインして、現状のバイナリログファイルの一覧を表示する。

$ mysql -uroot -p -Dmysql
password : 

mysql> SHOW GLOBAL VARIABLES like 'expire_logs_days';
+------------------+-------+
| Variable_name    | Value |
+------------------+-------+
| expire_logs_days | 0     |
+------------------+-------+
1 row in set (0.01 sec)

mysql> 

expire_logs_days の値は、バイナリログの保存期間(日)になります。
上記では、0 となっているので、バイナリログの保存期間(日)は、無制限になります。

例えば、30 とすれば、30日 の意味になりますので、約1か月の保存期間を経て、削除されます。


バイナリログファイルの保存期間を30日に設定してみる。

mysql> SET GLOBAL expire_logs_days = 30;
Query OK, 0 rows affected (0.01 sec)

mysql> SHOW GLOBAL VARIABLES like 'expire_logs_days';
+------------------+-------+
| Variable_name    | Value |
+------------------+-------+
| expire_logs_days | 30    |
+------------------+-------+
1 row in set (0.00 sec)

mysql> 

と、これで30日間保存します。

これは、現状動作しているmysqlに適用しましたが、mysqlがリブートされたら、消えてしまいます。
そこで、mysqlの設定ファイル(/etc/my.conf)の設定も同じように行っておきます。


mysqlの設定ファイル(/etc/my.conf)を編集します。

$ vi /etc/my.conf
...
expire_logs_days = 30

と、編集して保存すればOKです。
挿入する位置は、どこでも良いですが、できれば、log-binキー情報の近くが、わかりやすくて良いと思います。


ざっとこんな感じです。

情けない話ですが、すっかり、この設定を忘れていて、マスターMySQLのサーバーのディスク使用率が、98%までになっていました。

もし、この設定を忘れておられるようなら、早めの対応をしておきましょうね。自分みたいに、ディスク使用率が、98%じゃ何もできなくなってしますからね。
ご利用のブラウザは、広告ブロック(AdBlockなど) が適用となっていませんか?
このサイトでは、コンテンツの一部が非表示、あるいは、コメント、お問い合わせの投稿ができない検索ができないことがあります。


関連記事 :

MySQLのバイナリログを使ったロールバック(リストア)を行ってみる

以前の記事 MySQLのログの種類とログの仕方を調べてみた(実施例) で、MySQLのログの採取方法について簡単に解説してみました。 その中の ...

mysqlのレプリケーションを使う(3) エラー1062の対処

以前に mysqlのレプリケーションを使う mysqlのレプリケーションを使う(2) バイナリログを削除する で、m ...

mysqlの準同期レプリケーションを使ってみる

以前の記事 mysqlのレプリケーションを使う で mysqlを使った 簡単なマスタースレーブ型のレプリケーションの設定を行ってみました。 今 ...

mysqlのレプリケーションを使う

今回は、mysqlのレプリケーション(replication)です。 レプリケーション(replication)とは、 直訳 ...

MySQLのログの種類とログの仕方を調べてみた(実施例)

今回は、MySQLでロギングを行ってみます。 一口にロギングと言ってもMySQLでは、以下の4つの種類があります。 エラー ログ ...



コメントを投稿 :

お名前 *

メールアドレス *
( メールアドレスが公開されることはありません。)

サイトアドレス

コメント *

* 印の項目は、入力が必要な項目です。




最近投稿の記事

[ 画像提供元 : Amazon ] 先日、1TBのディスクの入れ替え時にバックアップをとろうとディスクコピーを行いました。 その際 ...

Windows で Linux ファイルシステム Ext4 のディスクをマウントするには? Ext3Fsd が、おそらく、最も簡単なツール ...

今回は、Windows で Compass を使ってみました。 Compass とは、 Sass(サス、Syntactica ...

今回は、Anti Adblock を使ってみました。 Anti Adblock とは、 そもそも Adblock という ウェブ ...

デスクトップ環境でない サーバーで、Webページのキャプチャー画像をコマンドで撮る には、wkhtmltoimage, CutyCapt ...


さくらのVPS 全プラン リニューアルです。(石狩(北海道)も選択可)


root権限ありで ¥685 / 月 ~ と非常にリーズナブルな CPU 1(core)の 512 プランから、 最高 CPU 10(core), メモリ 32(GB), SSD容量 800(GB) までとプランが充実。
ディスクは、SSDとHDDの選択が可能になった他、データセンターは人気の東京、石狩(北海道)となりました。

また、どのプランでも好きなOSが選べます
( CentOS, Fedora, Scientific Linux, FreeBSD, Ubutu, Debian )

管理人もおすすめのVPSです。
試用期間がありますから、一度、お試しを!!

詳しくは、http://vps.sakura.ad.jp/さくらのVPSのサイトへ へどうぞ!!

カテゴリ


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。
最近、スワップにも対応した Serverman@VPS は、かなりリーズナブルかもです。

  • メモリ1GB~2GBのEntryプラン :月額:490円
  • メモリ2MB~4GBのStandardプラン :月額:980円
  • メモリ4GB~8GBのProプラン :月額:1,980円

新規申し込みで1ヶ月間完全無料となるキャンペーンを実施中です。
Serverman@VPSの特徴は、安さとIPv6対応です。また、初期設定費0円もポイントです。

IPv6でちょっと遊んでみたい方には、おすすめかもしれませんね。最低利用期間もありませんから、気に入らないときは即解約もできます。

Serverman@VPSの詳細については、 http://dream.jp/vps/ Serverman@VPSのサイトへへどうぞ。



KVM採用 ConoHa VPSは、時間単位で借りれる便利なVPSです。


ConoHa VPS は、初期設定費0円最低利用期間無し時間単位で清算可能、 さらに、Web APIを使って自動化を図ることもできる便利なVPSです。

海外サーバー設置も可能で、ローカル接続にも対応と、かなり、機能豊富なサーバーです。

新規ユーザ登録で、クーポンもらえますから、まずは、お試しですね。

ConoHa VPSの詳細については、
http://www.conoha.jp/ へどうぞ。

KVM採用 お名前.com VPS(KVM) 2G プラン 初期設定費無料 キャンペーン 実施です。


メモリ2GBプラン CPU:3core、Disk:200GB
月額:1,153円から (初期設定:1,680円0円)

さくらのVPSがリニューアルされてもなんのその。
1GBメモリ / 2Core を ¥834 – の格安価格で提供中です!
間違いなくスペックからすると割安感ありです。
年間割引時の途中解約で返金がないのは、 ちょっと残念ですが、それでもこの割安感は魅力です。

まずは、お試しですね。

お名前.com VPS(KVM)の詳細については、
http://www.onamae-server.com/vps/ へどうぞ。(お試し期間が15日あります。)



  • ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークへ追加するはてな登録数
ページトップへ
Time : 0.2369 [s]