レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント
レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント - レンタルサーバー・自宅サーバーの設定・構築情報を公開しています。

Ubuntu/Debianで 最新のVLCをカスタマイズ、インストールする

2015年1月30日 2015年2月28日
How to customize of VLC

オープンソースのマルチメディアプレイヤーといえば、
mplayer(ラッパツールとして有名なのは smplayer) か VLC(VideoLAN Client) ではないかと思います。

もちろん、フリー(無料)という意味では、特にWindowsでは多くの便利なプレイヤーが存在します。 ただ、Linuxなどのクロスプラットフォーム(マルチプラットフォーム)となると、やっぱり、この2つではないかと思います。

その中でも、かなり、安定して便利になったのが、VLC ではないかと思います。

今回は、その VLC を自分用にカスタマイズしてみます。

mplayerが軽くて良いと言われる方も多いと思います。
確かに、VLCと比較しても軽いです、起動時だけは。
ただ、OSによっては、かなりのメモリを消費することも知られていますし、 どうしてもディスクのパフォーマンス、CPUのパフォーマンスによって音ズレを起こしやすいです。(個人的なあくまで経験値です。)

それに比べて、VLCは立ち上がりこそ重たいですが、まあ、そこそこのPC上でもそこそこ動きます。 そういう点で、ここではVLCを選択しました。

最新のVLCをカスタマイズ、インストールする

ここでは、Ubuntu 14.04(LTS) に最新のVLCをインストールし、カスタマイズしてみます。
Ubuntu 14.04(LTS) でデフォルト提供されているVLCは、2.1.4 です。最新のVLC安定板は、2.1.5 なので、ここでは、2.1.5 をインストールしてみます。

VLC の最新版をインストールする

VLC の最新版をインストールには、
有志者による最新版VLCがppaから提供されていますので、 apt コマンドでインストールすることができます。 もちろん、VLCの最新版ソースコードからビルドすることでインストールすることもできます。

ここでは、その両方を簡単に解説してみます。


ppaを使って最新版をインストールする

VLC の最新版は、ppa インストールには、Ubuntu/Debianのバージョンによって異なります。

  • Ubuntu LTS/Debian

    https://launchpad.net/~n-muench/+archive/ubuntu/vlc2 にて提供されています。現在(2015.1)の最新版は、2.1.5 です。

  • 通常 Ubuntu

    https://launchpad.net/~n-muench/+archive/ubuntu/vlc にて提供されています。現在(2015.1)の最新版は、2.2.0 です。

  • 安定板VLC

    https://launchpad.net/~videolan/+archive/ubuntu/stable-daily にて提供されています。現在(2015.1)の最新版は、2.1.4 です。

ppaのインストール方法は、リポジトリ追加、アップデート、インストールの手順です。
以下に簡単に解説しておきます。

# Ubuntu LTS/Debian の場合
$ sudo add-apt-repository ppa:n-muench/vlc2
# 最新 Ubuntu  の場合
$ sudo add-apt-repository ppa:n-muench/vlc
# 安定板VLC  の場合
$ sudo add-apt-repository ppa:videolan/stable-daily
...
Press [ENTER] to continue or ctrl-c to cancel adding itreturn
...
# アップデートします
$ sudo apt-get update
...
# vlcをインストールします
$ sudo apt-get install vlc
...

最新版をビルドしてインストールする

Ubuntu 14.05(LTS) のデフォルト提供バージョンは、2.1.4 or 2.1.2 です。
VLC の公式サイト( http://www.videolan.org/ ) で公開されている最新の安定板は、現在(2015.1) 2.1.5 なので、 ここでは、 2.1.5 をビルドしてみます。

カスタマイズが容易な点を見せたいので、
ついでに、音声切り替え対応パッチを充ててビルドしてみます。

VLC には、再生中に音声チャンネル構成が変更されると(正しく音声チャネルが設定されていない場合も含む)、 変更した(切り替わった)時点から(プツ、プツ、・・・という音が出力され)正しく音声が再生されないという問題があります。
これは、滅多にないですし、音声の切り替え(無効 ←→ トラックn)を手動で行う(以下の画面イメージ参照)と直るので、 パッチを充てるほどでもありません。
VLC手動音声切り替え
先の記述のように、ここではパッチの充て方も含めて解説してみたいので、あえて、パッチを充ててみます。

また、このパッチは、 ネット上に公開されているパッチを 2.1.5 に対応したものです。 (詳しくは、up0822.zip でGoogle検索すると出てきます。 提供元のサイトが、(あくまで個人的な見解として)グレーな情報も含まれているようなので、ここではURLを掲載しません。 ごめんなさい。パッチを公開いただいたことについては、この場を借りて、作者へ謝辞申し上げます。ありがとうございました。) 当たり前ですが、このパッチ自体は、何も問題ないですし、パッチを充てることにも何も問題はありません。

  1. まずは、ビルド環境をインストールする。

    VLCをビルドするための最小限のパッケージをインストールします。

    $ apt-get install build-essential devscripts
    ...

  2. VLCソースコードをダウンロードする。

    ビルドのためのソースコードをダウンロードするために、以下のように リポジトリを指定します。

    $ sudo vi /etc/apt/sources.list.d/official-package-repositories.list
    ...
    deb-src http://archive.ubuntu.com/ubuntu/ trusty main restricted universe multiverse
    ここでは、Ubuntu 14.05 の設定にならって、
    /etc/apt/sources.list.d/official-package-repositories.list に追加しました。
    一般的な Debian系ディストリビューションの設定にならって、
    /etc/apt/sources.list に追加しても良いです。

    リポジトリを変更したら、必ず、アップデートします。

    $ sudo apt-get update
    ...

    ソースコードをダウンロードします。

    $ mkdir temp
    $ cd temp
    [temp]$ apt-get source vlc
    ...
    ここでは、temp ディレクトリ配下にダウンロードしたかったので、temp ディレクトリを作成、移動しています。
    環境によって VLC 2.1.2 or VLC 2.1.4 と異なるバージョンがダウンロードされることがあります。 一応、ここでの解説では、2.1.5まで引き上げるので 2.1 系であれば問題ありません。
    以降の解説では、VLC 2.1.4 がダウンロードされたものとして解説します。

    ダウンロードできたか確認しておきましょう。

    [temp]$ ls
    ...
    vlc-2.1.4
    ...
    [temp]$ mv vlc-2.1.4 vlc-2.1.5
    [temp]$ 

    vlc-2.1.x でダウンロードしたVLCのバージョン含みのディレクトリが作成できていればOKです。 また、作成されたVLCディレクトリを最新バージョン(ここでは 2.1.5 )に合わせて、名前を変更しておきます。


  3. 依存パッケージをインストールする。

    VLCの依存関係のあるパッケージをインストールします。

    $ apt-get build-dep vlc
    ...
    手動で必要なパッケージをインストールするなら、以下のようにつらつらとタイプすることになるでしょう。
    $ apt-get install fonts-freefont-ttf vlc-nox libaa1-dev libc6-dev libcaca-dev libfreetype6-dev libfribidi-dev libgl1-mesa-dev libqt4-dev  libsdl-image1.2-dev  libsdl1.2-dev libstdc++6-4.6-dev libtar-dev libva-dev libva-dev libvlccore-dev libx11-dev  libxcb-composite0-dev libxcb-keysyms1-dev libxcb-randr0-dev libxcb-shm0-dev libxcb-xv0-dev  libxcb1-dev libxext-dev  libxinerama-dev libxpm-dev zlib1g-dev
    ...

  4. 最新のVLCソースコードをアップデートする。

    VLCの最新ソースコードをダウンロードし、ソースコードをアップデートします。

    [temp]$ wget http://get.videolan.org/vlc/2.1.5/vlc-2.1.5.tar.xz
    ...
    [temp]$ tar Jxf vlc-2.1.5.tar.xz
    [temp]$ 

    これで、temp/vlc-2.1.5 配下のソースコードが、最新にアップデートされました。


  5. パッチを充てる。
    パッチが必要ない方は、次へスキップしてください。

    音声切り替えパッチ vlc-2.1.5.patch.gz をダウンロードし、先に作成しVLCのソースコード一式をダウンロードしたディレクトリ ( temp )へコピーします。

    # gzip解凍する
    [temp]$ gunzip vlc-2.1.5.patch.gz
    # パッチを充てる
    [temp]$ patch -p1 < vlc-2.1.5.patch
    patching file vlc-2.1.5/modules/codec/faad.c
    patching file vlc-2.1.5/modules/packetizer/mpeg4audio.c
    patching file vlc-2.1.5/src/input/decoder.c
    [temp]$ 
    パッチの -p1 は、パッチファイルで指定していある論理パスを1つ繰り上げるという指定です。
    パッチファイルを見ると、以下のように記述があります。
    ...
    --- new/vlc-2.1.5/modules/codec/faad.c	2014-12-31 04:42:00.397434300 +0900
    ...
    ここでは、vlc-2.1.5/ 配下にパッチを充てたいわけですから new というディレクトリは存在しません。 そこで、 -p1 を指定することで、この new というディレクトリをスキップさせることができます。

  6. ビルドする。

    ビルド実行の前に、パッケージバージョンを変更しておきます。
    vlc-2.1.5/debian/changelog の先頭に以下のような形式でバージョン情報を挿入します。

    [temp]$ vi vlc-2.1.5/debian/changelog
    
    vlc (2.1.5-1) unstable; urgency=medium
    
      * update 2.1.5 release and audio patch
    
     -- hoge <hoge@gmail.com>  Sun, 25 Jan 2015 21:31:11 +0200
    ...

    ここで入力した情報がパッケージバージョンとして使用され、各debファイルの名前にも使用されます。

    いよいよ、ビルド実行です。

    [temp]$ cd vlc-2.1.5
    [temp/vlc-2.1.5]$ dpkg-buildpackage -uc -b
    ...
    [ dpkg-buildpackage のパラメータの意味 ]
    パラメータ意味
    -uc .changesファイルへ書き込みません。
    -b バイナリパッケージのみ作成します。
    ソースコードを含みません。
    -d ビルドの依存関係とコンフリクトをチェックしません。

    (終了するまで結構な時間がかかります)コマンドが終了したら、debパッケージが作成されたか 確認しておきます。

    [temp/vlc-2.1.5]$ ls ../*.deb
    ...
    libvlc-dev_2.1.5-1_i386.deb             vlc-plugin-jack_2.1.5-1_i386.deb
    libvlc5_2.1.5-1_i386.deb                vlc-plugin-notify_2.1.5-1_i386.deb
    libvlccore-dev_2.1.5-1_i386.deb         vlc-plugin-pulse_2.1.5-1_i386.deb
    libvlccore7_2.1.5-1_i386.deb            vlc-plugin-sdl_2.1.5-1_i386.deb
    vlc-data_2.1.5-1_all.deb                vlc-plugin-svg_2.1.5-1_i386.deb
    vlc-dbg_2.1.5-1_i386.deb                vlc-plugin-zvbi_2.1.5-1_i386.deb
    vlc-nox_2.1.5-1_i386.deb                vlc_2.1.5-1_i386.deb
    vlc-plugin-fluidsynth_2.1.5-1_i386.deb
    上記は、32bitOSでのビルド結果ですので、ファイル名の末尾が、…._i386.deb となっています。

  7. パッケージをインストールする。

    先に作成した debパッケージをインストールします。

    # カレントディレクトリを debパッケージのあるディレクトリへ移動します。
    [temp/vlc-2.1.5]$ ls ..
    
    # vlc-plugin-fluidsynth には、fluid-soundfont-gm | musescore-soundfont-gm 依存があるので、
    # まずは、そちらをインストールします。
    [temp]$ apt-get install fluid-soundfont-gm musescore-soundfont-gm
    ...
    
    # このディレクトリ配下の debパッケージを全てインストールします。
    [temp]$ sudo dpkg -i *.deb
    ...
    • libvlc-dev_2.1.5-1_i386.deb
    • libvlccore-dev_2.1.5-1_i386.deb
    この2つは、vlcを使用するだけならインストールしなくても良いです。 ただ、以降で解説するプラグインのビルド時に必要となるので、ここでは、インストールしています。

    これで、vlcのインストールが完了しました。
    最後に、ここでインストールしたvlcは、通常のvlcと異なるので、apt コマンドのアップデートで、vlcがアップデートされないようにしておきます。

    [temp]$ echo vlc hold | dpkg --set-selections
    保留の設定方法は、Debian(Ubuntu)で apt-get upgrade で自動更新したくない場合の対応 を参照してください。


VLC プラグイン srpos をインストールする

VLC プラグイン VLC srpos plugin は、
再生を停止した位置を自動で保存し、次回再生時は、その位置から再生をしてくれるというものです。 他のメディアプレーヤーでは、デフォルトで備わっている機能?かもしれませんが、VLCでは、プラグインで提供されています。

このプラグインをインストールしてみましょう。


  1. 必要なパッケージをインストールします。

    プラグインをビルドするための最低限のパッケージをインストールします。

    [temp]$ apt-get install build-essential pkg-config
    ...

    また、libvlccore-devパッケージがインストールされいない場合は、インストールします。

    [temp]$ dpkg -l libvlccore-dev
    ...
    ii  libvlccore-dev 2.1.5-1      i386         development files for libvlccore
    上記のように先頭に ii 出力された場合は、インストール済なので、何もしなくてもOKです。
    ii でない場合は、インストールされていませんので、インストールします。
    [temp]$ sudo apt-get install libvlccore-dev
    ...
  2. プラグインの最新版をダウンロードし、解凍します。
    # プラグインの最新版をダウンロードします。
    [temp]$ wget http://downloads.sourceforge.net/project/vlcsrposplugin/libsrpos_plugin-0.3.tar.gz
    ...
    # プラグインした最新版を解答します。
    [temp]$ tar xfz libsrpos_plugin-0.3.tar.gz
    [temp]$ 
  3. プラグインをビルドします。

    ビルドし、インストールします。

    # カレントディレクトリをプラグインのディレクトリへ移動します。
    [temp]$ cd libsrpos_plugin-0.3
    # 環境チェック&設定を行います。
    [./libsrpos_plugin-0.3]$ sudo ./configure
    ...
    # ビルドします。
    [./libsrpos_plugin-0.3]$ sudo make
    ...
    # libsrpos_plugin.so が作成されたことを確認します。
    [./libsrpos_plugin-0.3]$ ls .libs/
    libsrpos_plugin.la   libsrpos_plugin.so
    libsrpos_plugin.lai  libsrpos_plugin_la-srpos.o
    
    # libpause_click_plugin.so をインストールします。
    [./libsrpos_plugin-0.3]$ sudo make install
    ...

  4. 最後に保存し、VLCを再起動します。

インストールを終えたら、プラグインを有効に設定します。

  1. メニューの [ ツール ] – [ 設定 ] をクリックし、設定画面左下のすべてをチェックします。
    VLC srpos プラグイン設定
  2. 次に、設定画面の左、[ インターフェイス ] – [ 制御インターフェイス ] をクリックします。
  3. 次に、設定画面の右、[ Save/restore position of the last played files ] をチェックします。
  4. 最後に保存し、VLCを再起動します。

VLC プラグイン Pause Click をインストールする

VLC プラグイン Plugin for VLC that pauses/plays video on mouse click は、
VLCの画面をマウスでクリックすることで、一時停止、再生を行ってくれるものです。
他のメディアプレーヤーでは、デフォルトで備わっている機能?かもしれませんが、VLCでは、プラグインで提供されています。

このプラグインをインストールしてみましょう。


  1. 必要なパッケージをインストールします。

    プラグインをビルドするための最低限のパッケージをインストールします。

    [temp]$ apt-get install build-essential pkg-config
    ...

    また、libvlccore-devパッケージがインストールされいない場合は、インストールします。

    [temp]$ dpkg -l libvlccore-dev
    ...
    ii  libvlccore-dev 2.1.5-1      i386         development files for libvlccore
    上記のように先頭に ii 出力された場合は、インストール済なので、何もしなくてもOKです。
    ii でない場合は、インストールされていませんので、インストールします。
    [temp]$ sudo apt-get install libvlccore-dev
    ...
  2. プラグインの最新版をダウンロードし、解凍します。
    # プラグインの最新版をダウンロードします。
    [temp]$ wget https://github.com/nurupo/vlc-pause-click-plugin/archive/master.zip -O vlc-pause-click-plugin.zip
    ...
    # プラグインした最新版を解答します。
    [temp]$ unzip -q vlc-pause-click-plugin.zip
    [temp]$ 
  3. プラグインをビルドします。

    ビルドし、インストールします。

    # ビルドします。
    [./vlc-2.1.x]$ make
    ...
    # libpause_click_plugin.so が作成されたことを確認します。
    [./vlc-2.1.x]$ ls
    Makefile  README.md  libpause_click_plugin.so  pause_click.c  pause_click.o
    
    # libpause_click_plugin.so をインストールします。
    [./vlc-2.1.x]$ sudo make install
    ...
    環境によっては、Ubuntuで以下のようなエラーが出力されました。
    ...
    cc -std=gnu99  -Wl,-no-undefined,-z,defs -lvlccore   -shared -o libpause_click_plugin.so pause_click.o
    pause_click.o: 関数 'mouse' 内:
    ../temp/vlc-pause-click-plugin-master/vlc-2.1.x/pause_click.c:49: 'pl_Get' に対する定義されていない参照です
    ../temp/vlc-pause-click-plugin-master/vlc-2.1.x/pause_click.c:50: 'playlist_Status' に対する定義されていない参照です
    ../temp/vlc-pause-click-plugin-master/vlc-2.1.x/pause_click.c:50: 'playlist_Control' に対する定義されていない参照です
    collect2: error: ld returned 1 exit status
    このようなエラーが出力されたら、以下のようにMakfileを編集してやるとうまくいくことがあります。
    # カレントディレクトリをプラグインのディレクトリへ移動します。
    [temp]$ cd vlc-pause-click-plugin-master/vlc-2.1.x
    # Makefile を編集します。
    [./vlc-2.1.x]$ vi Makefile
    ...
    # コメントアウトし、以降のように変更します。
    #override LDFLAGS += -Wl,-no-undefined,-z,defs
    override LDFLAGS += -no-undefined -z defs
    ...
    # コメントアウトし、$(CC) → $(LD) へ変更します。
    #libpause_click_plugin.so: $(SOURCES:%.c=%.o)
    #        $(CC) $(LDFLAGS) -shared -o $@ $^
    libpause_click_plugin.so: $(SOURCES:%.c=%.o)
            $(LD) $(LDFLAGS) -shared -o $@ $^
    ...

    上記のエラーは、リンク時にpl_Get … などが見つからなかったということのようです。
    しかし、libvlccore を確認してみると、以下のようにちゃんとあるようです。
    $ readelf -s /usr/lib/libvlccore.so|grep pl_Get
       373: 00023bd0  2373 FUNC    GLOBAL DEFAULT   11 pl_Get
    上記の変更では、cc コマンドでなく ld コマンド直に使用するように変更したものです。 このリンクエラーには、ちょっと時間がかかってしまいました。参考になればと思います。

  4. 最後に保存し、VLCを再起動します。

インストールを終えたら、プラグインを有効に設定します。

  1. メニューの [ ツール ] – [ 設定 ] をクリックし、設定画面左下のすべてをチェックします。
    VLC Pause Click プラグイン設定
  2. 次に、設定画面の左、[ ビデオ ] – [ フィルター ] をクリックします。
  3. 次に、設定画面の右、[ Pause/Play video on mouse click ] をチェックします。
  4. 最後に保存し、VLCを再起動します。
この プラグイン Pause Click は、(個人的な環境に依存しているのかもしれませんが)環境によってはVLCが正しく動作しない(動画の再生ができない、再生の途中で終了してしまうなど)ことがあります。 あくまで、自己責任にてご利用ください。(プラグイン srpos は、かなり安定しているので、ほとんど問題ないのですが・・・。)

VLC の 進む・戻る の秒数を設定する

VLC では、前後にスキップする秒数を設定することができます。
この機能により、HDDレコード・プレーヤーのように 30秒スキップ、10秒戻しなどが、自分で自由にカスタマイズできます。

ここでは、その設定を簡単に解説してみます。

  1. メニューの [ ツール ] – [ 設定 ] をクリックし、設定画面左下のすべてをチェックします。
    VLC 進む・戻る 秒設定

    上記画面は、画面が小さくなっているので左部が隠れています。左へスクロールさせると以下のような表示が出てきます。

    VLC 進む・戻る 秒設定
  2. 次に、設定画面の左、[ インターフェイス ] – [ ホットキー設定 ] をクリックします。
  3. 次に、設定画面の右、以下の各項目に秒数を設定します。
    • ほんの少し戻ったり、進んだりする長さ : デフォルト 10 秒
    • 少し戻ったり、進んだりする長さ : デフォルト 30 秒
    • 戻ったり、進んだりする長さ : デフォルト 60 秒(1 分)
    • かなり戻ったり、進んだりする長さ : デフォルト 300 秒(5 分)

    また、キー割り当てを変更したい場合は、画面上部で各項目を変更します。

    VLC 進む・戻る キー設定

  4. 最後に保存し、VLCを再起動します。

いかがだったでしょうか?
VLCは、非常に便利なツールです。ただ、多少、痒い所に手が届かない?ところがあって、上記のようにカスタマイズしてみました。

動画をテレビの大画面で見るときは、スキップ秒数の設定やキー割り当ては、非常に便利な機能です。 また、ここで追加インストールしたプラグインも、非常に便利な機能です。長い動画では、一気に観れないので、後で見ることも多いですから、位置を保存してくれるのは、大変、ありがたいです。 さらに、一時停止をボタンクリックで行うのは、非常に不便さを感じていました。やっぱり、画面をクリックするだけで、とりあえず、一時停止できるのはうれしいですね。

VLCは世界で使われている最もメジャーなメディアプレーヤーの一つでしょうから、もっともっと便利な使い方もあると思いますのでチャレンジしてみはいかがでしょうか。
ご利用のブラウザは、広告ブロック(AdBlockなど) が適用となっていませんか?
このサイトでは、コンテンツの一部が非表示、あるいは、コメント、お問い合わせの投稿ができない検索ができないことがあります。


関連記事 :

Ubuntu で PPA から最新のPHPをインストールする

Debian (Ubuntu 12) で Dotdeb から最新のPHP , MySQL をインストールする では、Debian 6(Ubunt ...

Nginx にリバースプロキシのキャッシュ削除モジュール nginx cache purge を組み込んで使ってみる(Debian/Ubuntu編)

今回は、Ubuntu Server(Debian) で nginx を使ってみたいと思います。 Ubuntu(Debian) では、apt ...

Ubuntu (Debian) で nginx に WebDAV拡張モジュール(ngx-dav-ext-module)を組み込むで使ってみる

今回は、Ubuntu Server(Debian) で nginx を使った WebDAV を構築してみたいと思います。 ( Apache 版 ...

Ubuntu (Debian) で nginx に perl module (モジュール) を組み込んで使ってみる

今回は、Ubuntu Server(Debian) で nginx の perl module (モジュール) を使ってみたいと思います。 ...

Nginxを公式サイトから最新版をインストールする(Debian/Ubuntu編)

Debian(Ubuntu 12) で Dotdeb から最新のnginx をインストール、php-fprm を使ってphpを動かしてみる では ...


1 件 コメントがあります。 コメントを投稿する
  1. nurupo
    2015年2月25日, 5:55 PM

    Hey, I’m the maintainer of the “VLC プラグイン Pause Click”.
    The issue mentined in “環境によっては、Ubuntuで以下のようなエラーが出力されました。” was fixed with 2c317d0 commit


コメントを投稿 :

お名前 *

メールアドレス *
( メールアドレスが公開されることはありません。)

サイトアドレス

コメント *

* 印の項目は、入力が必要な項目です。




最近投稿の記事

[ 画像提供元 : Amazon ] 先日、1TBのディスクの入れ替え時にバックアップをとろうとディスクコピーを行いました。 その際 ...

Windows で Linux ファイルシステム Ext4 のディスクをマウントするには? Ext3Fsd が、おそらく、最も簡単なツール ...

今回は、Windows で Compass を使ってみました。 Compass とは、 Sass(サス、Syntactica ...

今回は、Anti Adblock を使ってみました。 Anti Adblock とは、 そもそも Adblock という ウェブ ...

デスクトップ環境でない サーバーで、Webページのキャプチャー画像をコマンドで撮る には、wkhtmltoimage, CutyCapt ...


さくらのVPS 全プラン リニューアルです。(石狩(北海道)も選択可)


root権限ありで ¥685 / 月 ~ と非常にリーズナブルな CPU 1(core)の 512 プランから、 最高 CPU 10(core), メモリ 32(GB), SSD容量 800(GB) までとプランが充実。
ディスクは、SSDとHDDの選択が可能になった他、データセンターは人気の東京、石狩(北海道)となりました。

また、どのプランでも好きなOSが選べます
( CentOS, Fedora, Scientific Linux, FreeBSD, Ubutu, Debian )

管理人もおすすめのVPSです。
試用期間がありますから、一度、お試しを!!

詳しくは、http://vps.sakura.ad.jp/さくらのVPSのサイトへ へどうぞ!!

カテゴリ


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。
最近、スワップにも対応した Serverman@VPS は、かなりリーズナブルかもです。

  • メモリ1GB~2GBのEntryプラン :月額:490円
  • メモリ2MB~4GBのStandardプラン :月額:980円
  • メモリ4GB~8GBのProプラン :月額:1,980円

新規申し込みで1ヶ月間完全無料となるキャンペーンを実施中です。
Serverman@VPSの特徴は、安さとIPv6対応です。また、初期設定費0円もポイントです。

IPv6でちょっと遊んでみたい方には、おすすめかもしれませんね。最低利用期間もありませんから、気に入らないときは即解約もできます。

Serverman@VPSの詳細については、 http://dream.jp/vps/ Serverman@VPSのサイトへへどうぞ。



KVM採用 ConoHa VPSは、時間単位で借りれる便利なVPSです。


ConoHa VPS は、初期設定費0円最低利用期間無し時間単位で清算可能、 さらに、Web APIを使って自動化を図ることもできる便利なVPSです。

海外サーバー設置も可能で、ローカル接続にも対応と、かなり、機能豊富なサーバーです。

新規ユーザ登録で、クーポンもらえますから、まずは、お試しですね。

ConoHa VPSの詳細については、
http://www.conoha.jp/ へどうぞ。

KVM採用 お名前.com VPS(KVM) 2G プラン 初期設定費無料 キャンペーン 実施です。


メモリ2GBプラン CPU:3core、Disk:200GB
月額:1,153円から (初期設定:1,680円0円)

さくらのVPSがリニューアルされてもなんのその。
1GBメモリ / 2Core を ¥834 – の格安価格で提供中です!
間違いなくスペックからすると割安感ありです。
年間割引時の途中解約で返金がないのは、 ちょっと残念ですが、それでもこの割安感は魅力です。

まずは、お試しですね。

お名前.com VPS(KVM)の詳細については、
http://www.onamae-server.com/vps/ へどうぞ。(お試し期間が15日あります。)



  • ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークへ追加するはてな登録数
ページトップへ
Time : 0.7065 [s]