レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント
レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント - レンタルサーバー・自宅サーバーの設定・構築情報を公開しています。

Debian(Ubuntu) で PerlモジュールをインストールしたいときはCPANを使わなくても良い

2012年11月21日 2015年5月14日
perl cpan

Debian(Ubuntu) では、Perlモジュールをインストールしたいとき、CPANを使わなくても apt ( apt-get , aptitude ) でインストールできます。
CPANを使って Movable Typeに必要な perl パッケージ(モジュール)をインストールする で紹介したように Perlモジュールをインストールする方法の一つとしてCPANがあります。
( 記事は、あくまでRedhat系(CentOSなど)を中心とした記事の内容となっていますが、Debian系(Ubuntuなど)でも同じように CPAN を使ってPerlモジュールのインストールはできます。)

CPANは、便利ではありますが、他パッケージの依存関係を全て解消しれくれるわけではないので、その点が面倒な場合があります。
( 例えば、GD をインストールしたい場合は、libgd が必要となり、別途、CentOSなら gd-devel を、Debian系なら libdb-dev をインストールする必要があります。)

Debian(Ubuntu) では、そのわずらわしさを解消できるようにPerlモジュールを一般的なライブラリパッケージで提供してくれています。
つまり、 apt ( apt-get , aptitude ) でインストールできるわけです。

今回は、CPANを使って Movable Typeに必要な perl パッケージ(モジュール)をインストールする で例として紹介している Movable Typeに必要なパッケージをaptitudeを使ってインストールしてみたいと思います。

PERLをインストールする

まずは、PERLがインストールされているか確認して、インストールされていないようなら、インストールします。

$ dpkg -l|grep -e "\s\{2,\}perl"
ii  perl                                5.10.1-17squeeze3               Larry Wall’s Practical Extraction and Report Language
ii  perl-base                           5.10.1-17squeeze3               minimal Perl system
ii  perl-modules                        5.10.1-17squeeze3               Core Perl modules

上記の検索で何も出力されないか、先頭文字列がc となっている場合は、削除されているので、インストールしましょう。

$ aptitude install perl
...

Movable Typeに必要なパッケージをaptitudeを使ってインストールする

Movable Typeに必要なパッケージをaptitudeを使ってインストールしてみます。
インストールするPerlモジュールは以下のとおりです。

必須Perlモジュール

  • CGI
  • Image::Size
  • File::Spec
  • CGI::Cookie
  • DBI
  • DBD::mysql

推奨Perlモジュール

  • HTML::Entities
  • LWP::UserAgent
  • SOAP::Lite (バージョン0.5以上)
  • File::Temp
  • Image::Magick ( または GD, NetPBM, Imager のいずれか)
  • Storable
  • Crypt::DSA
  • MIME::Base64
  • XML::Atom
  • Archive::Tar
  • Archive::Zip
  • IO::Compress::Gzip
  • IO::Uncompress::Gunzip
  • Text::Balanced (ブログ内検索で必要)

Debian(Ubuntu)で Perlモジュールをaptitudeでインストールする場合、パッケージ名を調べるところからはじめます。
Perlモジュールのパッケージ一覧は、以下のコマンドで一覧出力することができます。

$ aptitude search ^lib.*-perl
p   libace-perl                     - Object-Oriented Access to ACEDB Databases
...
ここで出力される先頭文字は、パッケージの状態を表します。

1文字目
p:システムにパッケージが存在した形跡がないという意味
c:パッケージが削除されたがシステムに設定ファイルが残っているという意味
i:パッケージがインストールされているという意味
v:パッケージが仮想パッケージであるという意味

2文字目
i:最もありふれた状態は、パッケージがインストール予定であるという意味
d:パッケージが削除予定であるという意味
p:パッケージおよびその設定ファイルが削除予定であるという意味

3文字目
A:パッケージは自動的にインストールされたもの


パッケージ名称は、
libxxxxxx-perl : xxxxxxがPerlモジュール名に相当します。
例えば、CGIモジュールであれば以下のように検索すればヒットします。

$ aptitude search ^lib.*-perl | grep libcgi- | grep -e "/base/i"
p   libcgi-ajax-perl                - Perl-specific system for writing Asynchron
p   libcgi-application-basic-plugin - Basic Plugins for CGI::Application
p   libcgi-application-extra-plugin - Extra Plugins for CGI::Application
p   libcgi-application-perl         - framework for building reusable web-applic
p   libcgi-application-plugins-perl - Dummy transition package for CGI::Applicat
p   libcgi-application-server-perl  - simple HTTP server for developing with CGI
p   libcgi-cookie-splitter-perl     - Split big cookies into smaller ones
p   libcgi-extratags-perl           - Useful Extensions for the CGI Module
p   libcgi-fast-perl                - CGI::Fast Perl module
p   libcgi-formalware-perl          - Perl module for converting an XML file int
p   libcgi-formbuilder-perl         - Easily generate and process stateful CGI f
p   libcgi-formbuilder-source-yaml- - Initialize FormBuilder application from YA
v   libcgi-kwiki-perl               -
p   libcgi-pm-perl                  - module for Common Gateway Interface applic
p   libcgi-session-expiresessions-p - delete expired CGI::Session db-based and f
p   libcgi-session-perl             - persistent session data in CGI application
p   libcgi-session-serialize-yaml-p - YAML and YAML::Syck support for CGI::Sessi
p   libcgi-simple-perl              - simple totally OO CGI interface that is CG
p   libcgi-ssi-parser-perl          - used in CGI scripts for parsing SSI direct
p   libcgi-ssi-perl                 - Perl module to use SSI from CGI scripts
p   libcgi-untaint-date-perl        - CGI::Untaint::date - validate a date
p   libcgi-untaint-email-perl       - Input handler for CGI::Untaint to validate
p   libcgi-untaint-perl             - Process CGI input parameters
p   libcgi-uploader-perl            - module for managing CGI uploads using an S
p   libcgi-validop-perl             - module for validating CGI parameters
p   libcgi-xml-perl                 - perl module for converting CGI variables f
p   libcgi-xmlapplication-perl      - XML-DOM と OO ベースの CGI スクリプト作成
p   libcgi-xmlform-perl             - perl module for reading/generating formatt

ここには、

libcgi-perl
libcgi-Cookie

もありません。 ここにない場合は、ほとんどperl-modulesで既にインストールされている場合が多いです。
http://packages.debian.org/ja/squeeze/all/perl-modules/filelist で .pmファイルを確認すると良いでしょう。

...
/usr/share/perl/5.10.1/CGI.pm
/usr/share/perl/5.10.1/CGI/Apache.pm
/usr/share/perl/5.10.1/CGI/Carp.pm
/usr/share/perl/5.10.1/CGI/Cookie.pm
/usr/share/perl/5.10.1/CGI/Pretty.pm
...

と、先のdebainパッケージのページの一覧にありますね。perl-modulesで既にインストール済みです。
このように調べていくと、以下のような結果になります。

必須Perlモジュール

  • CGI – 不要(perl-modulesでインストール済)
  • Image::Size – libimage-size-perl
  • File::Spec – libfile-spec-perl
  • CGI::Cookie – 不要(perl-modulesでインストール済)
  • DBI – libdbi-perl
  • DBD::mysql – libdbd-mysql-perl

推奨Perlモジュール

  • HTML::Entities – libhtml-parser-perl (これは例外的に名前が異なるので注意)
  • LWP::UserAgent – libwww-perl (これは例外的に名前が異なるので注意)
  • SOAP::Lite (バージョン0.5以上) – libsoap-lite-perl
  • File::Temp – libfile-temp-perl
  • Image::Magick ( または GD, NetPBM, Imager のいずれか) – libimage-magick-perl
  • Storable – libstorable-perl
  • Crypt::DSA – libcrypt-dsa-perl (wheezy/Ubuntu 12.04) libcrypt-openssl-dsa-perl(squeeze)代用可能か不明? ← 調べ切れていません。
  • MIME::Base64 – libmime-base64-perl
  • XML::Atom – libxml-atom-perl
  • Archive::Tar – libarchive-tar-perl
  • Archive::Zip – libarchive-zip-perl
  • IO::Compress::Gzip – libio-compress-perl
  • IO::Uncompress::Gunzip – libio-compress-perl
  • Text::Balanced (ブログ内検索で必要) – 不要(perl-modulesでインストール済)
多少、名前の形式が異なって解り難いところもありますが、概ね、名前でわかります。

該当する名前がない場合は、
“Debian XXXX/XXX.pm”
などの形式でGoogleで検索かけると ほとんどの場合は解決します。

では、早速、インストールしてみましょう。

$ aptitude install libimage-size-perl libfile-spec-perl libdbi-perl libdbd-mysql-perl libhtml-parser-perl libwww-perl libsoap-lite-perl libfile-temp-perl libimage-magick-perl libstorable-perl libcrypt-openssl-dsa-perl libmime-base64-perl libxml-atom-perl libarchive-tar-perl libarchive-zip-perl libio-compress-perl 
注意: 仮想パッケージ "libimage-magick-perl" の代わりに
      "perlmagick" を選択します
以下の新規パッケージがインストールされます:
  dbus{a} ghostscript{a} gsspans{a} libarchive-zip-perl libavahi-client3{a}
  libavahi-common-data{a} libavahi-common3{a}
  libclass-data-inheritable-perl{a} libclass-inspector-perl{a}
  libcompress-raw-bzip2-perl{a} libcompress-raw-zlib-perl{a}
  libconvert-binhex-perl{a} libcrypt-openssl-dsa-perl
  libcrypt-ssleay-perl{a} libcups2{a} libcupsimage2{a} libdbus-1-3{a}
  libfcgi-perl{a} libfile-spec-perl libspan-afm-perl{a} libgs8{a}
  libhtml-format-perl{a} libhtml-parser-perl libhtml-tagset-perl{a}
  libhtml-tree-perl{a} libice6{a} libimage-size-perl libio-compress-perl
  libio-socket-ssl-perl{a} libio-stringy-perl{a} libjasper1{a}
  libjbig2dec0{a} liblcms1{a} liblqr-1-0{a} liblwp-authen-wsse-perl{a}
  libmagickcore3{a} libmailtools-perl{a} libmime-tools-perl{a}
  libnet-libidn-perl{a} libnet-ssleay-perl{a} libossp-uuid-perl{a}
  libossp-uuid16{a} libpaper-utils{a} libpaper1{a} libsm6{a}
  libsoap-lite-perl libtask-weaken-perl{a} libtiff4{a} libwww-perl
  libxml-atom-perl libxml-libxml-perl{a} libxml-libxslt-perl{a}
  libxml-namespacesupport-perl{a} libxml-parser-perl{a}
  libxml-sax-expat-perl{a} libxml-sax-perl{a} libxml-xpath-perl{a}
  libxslt1.1{a} libxt6{a} perlmagick
更新: 0 個、新規インストール: 60 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
17.5 MB のアーカイブを取得する必要があります。展開後に 46.7 MB のディスク領域が 新たに消費されます。
先に進みますか? [Y/n/?] Y
...

と、簡単にインストールできました。
各Perlモジュールに必要なパッケージも自動的にインストールされます。すごいですね。


CPANを扱ったことのある方は、わかるかと思いますが、CPANに比べれば、パッケージ名を調べる手間が多少あるものの パッケージ名さえわかれば 非常に簡単な上にコンパイル作業などもありませんから、瞬時に終わります。

Deabin系を使っている方は、常識?と言って良いほど普通のことですが、CentOSなどのRedHat系からすると、知らない方も多いのではないでしょうか。

CPANも理解しておく必要はありますが、時間短縮には、aptを使ったPerlモジュールのインストールを行った方が良いでしょう。

ご利用のブラウザは、広告ブロック(AdBlockなど) が適用となっていませんか?
このサイトでは、コンテンツの一部が非表示、あるいは、コメント、お問い合わせの投稿ができない検索ができないことがあります。


関連記事 :

Ubuntu (Debian) で nginx に perl module (モジュール) を組み込んで使ってみる

今回は、Ubuntu Server(Debian) で nginx の perl module (モジュール) を使ってみたいと思います。 ...

postfix で postfix-policyd-spf-python ( or postfix-policyd-spf-perl ) を使ってSPF認証する(Debian/Ubuntu編)

SendMailでの以前の記事、 評判のさくらのVPSでSMTP(Sendmail)を公開する時にやっておきたいこと sendm ...

CPANを使って Movable Typeに必要な perl パッケージ(モジュール)をインストールする

今回は、perlです。 perlについては、このサイトでは、ほとんど触れることなくここまで来ました。 それは、ほとんど意識することなく、pe ...

postfix で postfix-policyd-spf-python ( or postfix-policyd-spf-perl ) を使ってSPF認証する(CentOS/ScientificLinux編)

SendMailでの以前の記事、 評判のさくらのVPSでSMTP(Sendmail)を公開する時にやっておきたいこと sendm ...

mysqlの簡単なベンチマーク測定方法 MyBench を使ってみる

MySQLについての設定について、いろいろと記事を書いてきました。 今回は、ベンチマークです。 MySQL自体にもベンチマークテストの機能が ...



コメントを投稿 :

お名前 *

メールアドレス *
( メールアドレスが公開されることはありません。)

サイトアドレス

コメント *

* 印の項目は、入力が必要な項目です。




最近投稿の記事

[ 画像提供元 : Amazon ] 先日、1TBのディスクの入れ替え時にバックアップをとろうとディスクコピーを行いました。 その際 ...

Windows で Linux ファイルシステム Ext4 のディスクをマウントするには? Ext3Fsd が、おそらく、最も簡単なツール ...

今回は、Windows で Compass を使ってみました。 Compass とは、 Sass(サス、Syntactica ...

今回は、Anti Adblock を使ってみました。 Anti Adblock とは、 そもそも Adblock という ウェブ ...

デスクトップ環境でない サーバーで、Webページのキャプチャー画像をコマンドで撮る には、wkhtmltoimage, CutyCapt ...


さくらのVPS 全プラン リニューアルです。(石狩(北海道)も選択可)


root権限ありで ¥685 / 月 ~ と非常にリーズナブルな CPU 1(core)の 512 プランから、 最高 CPU 10(core), メモリ 32(GB), SSD容量 800(GB) までとプランが充実。
ディスクは、SSDとHDDの選択が可能になった他、データセンターは人気の東京、石狩(北海道)となりました。

また、どのプランでも好きなOSが選べます
( CentOS, Fedora, Scientific Linux, FreeBSD, Ubutu, Debian )

管理人もおすすめのVPSです。
試用期間がありますから、一度、お試しを!!

詳しくは、http://vps.sakura.ad.jp/さくらのVPSのサイトへ へどうぞ!!

カテゴリ


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。
最近、スワップにも対応した Serverman@VPS は、かなりリーズナブルかもです。

  • メモリ1GB~2GBのEntryプラン :月額:490円
  • メモリ2MB~4GBのStandardプラン :月額:980円
  • メモリ4GB~8GBのProプラン :月額:1,980円

新規申し込みで1ヶ月間完全無料となるキャンペーンを実施中です。
Serverman@VPSの特徴は、安さとIPv6対応です。また、初期設定費0円もポイントです。

IPv6でちょっと遊んでみたい方には、おすすめかもしれませんね。最低利用期間もありませんから、気に入らないときは即解約もできます。

Serverman@VPSの詳細については、 http://dream.jp/vps/ Serverman@VPSのサイトへへどうぞ。



KVM採用 ConoHa VPSは、時間単位で借りれる便利なVPSです。


ConoHa VPS は、初期設定費0円最低利用期間無し時間単位で清算可能、 さらに、Web APIを使って自動化を図ることもできる便利なVPSです。

海外サーバー設置も可能で、ローカル接続にも対応と、かなり、機能豊富なサーバーです。

新規ユーザ登録で、クーポンもらえますから、まずは、お試しですね。

ConoHa VPSの詳細については、
http://www.conoha.jp/ へどうぞ。

KVM採用 お名前.com VPS(KVM) 2G プラン 初期設定費無料 キャンペーン 実施です。


メモリ2GBプラン CPU:3core、Disk:200GB
月額:1,153円から (初期設定:1,680円0円)

さくらのVPSがリニューアルされてもなんのその。
1GBメモリ / 2Core を ¥834 – の格安価格で提供中です!
間違いなくスペックからすると割安感ありです。
年間割引時の途中解約で返金がないのは、 ちょっと残念ですが、それでもこの割安感は魅力です。

まずは、お試しですね。

お名前.com VPS(KVM)の詳細については、
http://www.onamae-server.com/vps/ へどうぞ。(お試し期間が15日あります。)



  • ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークへ追加するはてな登録数
ページトップへ
Time : 0.3002 [s]