レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント
レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント - レンタルサーバー・自宅サーバーの設定・構築情報を公開しています。

mysql を make install してみる

2013年3月27日 2015年5月15日
mysql make install

今回は、mysqlを make install してみます。
mysqlでSSL接続ができない場合の原因と対処 でも一部書いていましたが、ここで一つに記事にしました。

そもそも、MySQLを自前でmake しないといけないのは、ほとんどの場合が、デバッグです。
それ以外にあるとは思えない・・・というぐらい、ほとんどの場合は、各ディストリビューションにて提供されるバイナリーパッケージで十分なんですよね。

今回、mysqlを make install しようと思ったのも、やっぱり、デバッグなんです。
mysqlでデバッグ用の情報を出力したいとき、 ./configure --with-debug(=full) などと指定をして、再構築(make)する必要があるので、やらざるを得ないんですよね。

ということで、今回は、mysql を make install してみることにします。

mysql を make install してみる

mysql の make 環境を一式インストールする

まず、mysql の 再構築(make)に必要な開発環境(ツール)、ライブラリを一式インストールします。

  • 再構築(make)に必要な開発環境(ツール)
    CentOS ScientificLinux
    # make に必要なコンパイラをインストールします(CentOSの場合)
    $ yum install make gcc gcc-c++return
    ...
    Debian Ubuntu
    # make に必要なコンパイラをインストールします(CentOSの場合)
    $ aptitude install make gcc g++return
    ...
  • 再構築(make)に必要なライブラリ

    OpenSSLライブラリを使ったSSL接続する場合は、opensslの開発用ライブラリが必要になります。
    yaSSLライブラリを使ったSSL接続する場合は、mysqlに同梱されているので、SSL接続に必要なライブラリはありません。

    CentOS ScientificLinux
    # MySQL に必要なライブラリをインストールします
    # --- yaSSLライブラリを使ったSSL接続する場合は、openssl-devel不要です。 
    $ yum install readline-devel openssl-devel ncurses-devel zlib-develreturn
    ...
    Debian Ubuntu
    # MySQL に必要なライブラリをインストールします
    # --- yaSSLライブラリを使ったSSL接続する場合は、libssl-dev不要です。 
    $ aptitude install libreadline-dev libssl-dev libncurses5-dev zlib1g-devreturn
    ...

mysql の ./configure で環境設定を行い、構築(make)する

次に、mysql の ソースコードをダウンロードし、./configure スクリプトで 再構築(make)の環境設定を行い、make install します。

# MySQL 5.1.68 (5.1系最新版)の場合
# --- ここでは、MySQL 5.1.68 を使っていますが、必要に応じて必要なバージョンをダウンロードしてください。
$ wget 'http://dev.mysql.com/get/Downloads/MySQL-5.1/mysql-5.1.68.tar.gz/from/http://cdn.mysql.com/' -O mysql-5.1.68.tar.gzreturn
# MySQL 5.1.68 を解凍する
$ tar xfz mysql-5.1.68.tar.gzreturn

# MySQL のmake環境を設定します。
# ---  --with-ssl にopensslのパスを指定するところがポイントです。通常ライブラリは、/usr 配下になりますので、このままでOKです。独自でインストールされた場合は、パスを変更する必要があるでしょう。
$ cd mysql-5.1.68return
[mysql-5.1.68]$ ./configure  \
                --with-readline \
                # ↓ yaSSLライブラリを使ったSSL接続する場合は、--with-ssl とします。
                --with-ssl=/usr \  
                # ↓ デバッグ情報なしの場合は、--without-debug とします。
                --with-debug \
                --enable-shared \
                --with-embedded-server \
                --localstatedir=/var/lib/mysql \
                --with-unix-socket-path=/var/lib/mysql/mysql.sock \
                --with-mysqld-user="mysql" \
                --with-extra-charsets=all \
                --with-big-tables \
                --with-pic \
                --with-plugin-innobase \
                --without-plugin-innodb_plugin \
                --with-plugin-partition \
                --enable-local-infile \
                --enable-largefile \
                --enable-thread-safe-client \
                --disable-dependency-trackingreturn
  ...
  ...
[mysql-5.1.68]$ makereturn
  ...
[mysql-5.1.68]$ make installreturn
  ...

[参考: MySQLのソース構成オプション(5.1用)]

詳細表示切替
フォーマット概要 デフォルト 挿入バージョン 削除バージョン
--bindir=DIR User executables EPREFIX/bin    
--build=BUILD Configure for building on BUILD guessed    
--cache-file=FILE Cache test results in FILE disabled    
-C Alias for `–cache-file=config.cache’    
--config-cache      
--datadir=DIR Read-only architecture-independent data PREFIX/share    
--disable-FEATURE Do not include FEATURE    
--disable-community-features Disable additional features provided by the community 5.1.28  
--disable-dependency-tracking Disable dependency tracking    
--disable-grant-options Disable GRANT options    
--disable-largefile Omit support for large files    
--disable-libtool-lock Disable libtool lock    
--disable-thread-safe-client Compile the client without threads 5.1.7  
--enable-FEATURE Enable FEATURE    
--enable-assembler Use assembler versions of some string functions if available    
--enable-debug-sync Compile in Debug Sync facility 5.1.41  
--enable-dependency-tracking Do not reject slow dependency extractors    
--enable-fast-install Optimize for fast installation yes    
--enable-local-infile Enable LOCAL for LOAD DATA INFILE disabled    
--enable-profiling Build a version with query profiling code 5.1.24  
--enable-shared Build shared libraries yes    
--enable-static Build static libraries yes    
--enable-thread-safe-client Compile the client with threads   5.1.6
--exec-prefix=EPREFIX Install architecture-dependent files in EPREFIX    
-h Display this help and exit    
--help      
--help=short Display options specific to this package    
--help=recursive Display the short help of all the included packages    
--host=HOST Cross-compile to build programs to run on HOST    
--includedir=DIR C header files PREFIX/include    
--infodir=DIR Info documentation PREFIX/info    
--libdir=DIR Object code libraries EPREFIX/lib    
--libexecdir=DIR Program executables EPREFIX/libexec    
--localstatedir=DIR Modifiable single-machine data PREFIX/var    
--mandir=DIR man documentation PREFIX/man    
-n Do not create output files    
--no-create      
--oldincludedir=DIR C header files for non-gcc /usr/include    
--prefix=PREFIX Install architecture-independent files in PREFIX    
--program-prefix=PREFIX Prepend PREFIX to installed program names    
--program-suffix=SUFFIX Append SUFFIX to installed program names    
--program-transform-name=PROGRAM run sed PROGRAM on installed program names    
-q Do not print `checking…’ messages    
--quiet      
--sbindir=DIR System administrative executables EPREFIX/sbin    
--sharedstatedir=DIR Modifiable architecture-independent data PREFIX/com    
--srcdir=DIR Find the sources in DIR configure directory or ..    
--sysconfdir=DIR Read-only single-machine data PREFIX/etc    
--target=TARGET Configure for building compilers for TARGET    
-V Display version information and exit    
--version      
--with-PACKAGE Use PACKAGE    
--with-archive-storage-engine Enable the Archive Storage Engine no   5.1.9
--with-atomic-ops Implement atomic operations using pthread rwlocks or atomic CPU instructions for multi-processor 5.1.12  
--with-berkeley-db Use BerkeleyDB located in DIR no   5.1.11
--with-berkeley-db-includes Find Berkeley DB headers in DIR   5.1.11
--with-berkeley-db-libs Find Berkeley DB libraries in DIR   5.1.11
--with-big-tables Support tables with more than 4 G rows even on 32 bit platforms    
--with-blackhole-storage-engine Enable the Blackhole Storage Engine no   5.1.9
--with-charset Default character set    
--with-client-ldflags Extra linking arguments for clients    
--with-collation Default collation    
--with-comment Comment about compilation environment    
--with-csv-storage-engine Enable the CSV Storage Engine yes   5.1.9
--with-darwin-mwcc Use Metrowerks CodeWarrior wrappers on OS X/Darwin    
--with-debug Add debug code 5.1.7  
--with-debug=full Add debug code (adds memory checker, very slow)    
--with-embedded-privilege-control Build parts to check user’s privileges (only affects embedded library)    
--with-embedded-server Build the embedded server    
--with-error-inject Enable error injection in MySQL Server 5.1.11  
--with-example-storage-engine Enable the Example Storage Engine no   5.1.9
--with-extra-charsets Use charsets in addition to default    
--with-fast-mutexes Compile with fast mutexes enabled 5.1.5  
--with-federated-storage-engine Enable federated storage engine no 5.1.3 5.1.9
--with-gnu-ld Assume the C compiler uses GNU ld no    
--with-innodb Enable innobase storage engine no 5.1.3 5.1.9
--with-lib-ccflags Extra CC options for libraries    
--with-libwrap=DIR Compile in libwrap (tcp_wrappers) support    
--with-low-memory Try to use less memory to compile to avoid memory limitations    
--with-machine-type Set the machine type, like “powerpc”    
--with-max-indexes=N Sets the maximum number of indexes per table 64    
--with-mysqld-ldflags Extra linking arguments for mysqld    
--with-mysqld-libs Extra libraries to link with for mysqld    
--with-mysqld-user What user the mysqld daemon shall be run as    
--with-mysqlmanager Build the mysqlmanager binary Build if server is built    
--with-named-curses-libs Use specified curses libraries    
--with-named-thread-libs Use specified thread libraries    
--with-ndb-ccflags Extra CC options for ndb compile    
--with-ndb-docs Include the NDB Cluster ndbapi and mgmapi documentation    
--with-ndb-port Port for NDB Cluster management server    
--with-ndb-port-base Port for NDB Cluster management server    
--with-ndb-sci=DIR Provide MySQL with a custom location of sci library    
--with-ndb-test Include the NDB Cluster ndbapi test programs    
--with-ndbcluster Include the NDB Cluster table handler no   5.1.9
--with-openssl=DIR Include the OpenSSL support   5.1.9
--with-openssl-includes Find OpenSSL headers in DIR   5.1.9
--with-openssl-libs Find OpenSSL libraries in DIR   5.1.9
--with-other-libc=DIR Link against libc and other standard libraries installed in the specified nonstandard location    
--with-pic Try to use only PIC/non-PIC objects Use both    
--with-plugin-PLUGIN Forces the named plugin to be linked into mysqld statically 5.1.11  
--with-plugins Plugins to include in mysqld none 5.1.11  
--with-pstack Use the pstack backtrace library   5.1.54
--with-pthread Force use of pthread library    
--with-row-based-replication Include row-based replication 5.1.5 5.1.6
--with-server-suffix Append value to the version string    
--with-ssl=DIR Include SSL support 5.1.11  
--with-system-type Set the system type, like “sun-solaris10”    
--with-tags Include additional configurations automatic    
--with-tcp-port Which port to use for MySQL services 3306    
--with-unix-socket-path Where to put the unix-domain socket    
--with-yassl Include the yaSSL support   5.1.9
--with-zlib-dir=no|bundled|DIR Provide MySQL with a custom location of compression library    
--without-PACKAGE Do not use PACKAGE    
--without-bench Skip building of the benchmark suite   5.1.11
--without-debug Build a production version without debugging code   5.1.6
--without-docs Skip building of the documentation    
--without-extra-tools Skip building utilities in the tools directory   5.1.9
--without-geometry Do not build geometry-related parts    
--without-libedit Use system libedit instead of bundled copy    
--without-man Skip building of the man pages    
--without-ndb-binlog Disable ndb binlog 5.1.6  
--without-ndb-debug Disable special ndb debug features    
--without-plugin-PLUGIN Exclude PLUGIN 5.1.11  
--without-query-cache Do not build query cache    
--without-readline Use system readline instead of bundled copy    
--without-row-based-replication Don’t include row-based replication 5.1.7 5.1.14
--without-server Only build the client    
--without-uca Skip building of the national Unicode collations    

上記の ./configure の設定例は、デバッグ(--with-debug) を除き、CentOSで提供されているMySQLのバイナリーパッケージで指定している ./configure の設定になっています。
参考までに、Debian系のバイナリパッケージでは、SSL接続にyaSSLライブラリを使用しますので、 --with-ssl としています。

MySQLの設定オプションは、非常に多いです。そのため、ここでも書ききれていないです。必要に応じて設定する必要があります。 しかしながら、ほとんどの場合はデフォルトの設定でも動作するので、本当に使いたいオプションだけを設定するだけでも、ある程度、満足のいく動作をしてくれるのが良いです。
例えば、デバッグオプションのみを有効にしたいなら、
./configure  --with-debug --with-ssl
という設定でも、SSL接続のためのデバッグのための基本動作はしてくれます。
古いバージョン ( 5.1.11 より前) では、yaSSL、OpenSSLの切り替えは、以下のオプションで明示的に指定していましたが、
# OpenSSL を使用する場合
$ ./configure  ...  --with-openssl ... 

# yaSSL を使用する場合
$ ./configure  ...  --with-yassl ... 
新しいバージョン ( 5.1.11 以降) では、–with-ssl に パスを指定するか否かで指定するようになりました。
# OpenSSL を使用する場合
$ ./configure  ...  --with-ssl=/usr ... 

# yaSSL を使用する場合
$ ./configure  ...  --with-ssl ... 
デバッグオプション(--with-debug) を付加した場合、make で 以下のようなエラーが出力されることがあります。

CentOS ScientificLinux
cc1: warnings being treated as errors
el.c: In function ‘el_init’:
el.c:77: warning: implicit declaration of function ‘wcsdup’
el.c:77: warning: assignment makes pointer from integer without a cast
make[2]: *** [el.o] Error 1
make[2]: Leaving directory `/dist/src/mysql-5.1.63/cmd-line-utils/libedit'
make[1]: *** [all-recursive] Error 1
make[1]: Leaving directory `/dist/src/mysql-5.1.63/cmd-line-utils'
make: *** [all-recursive] Error 1
Debian Ubuntu
cc1: warnings being treated as errors
terminal.c: In function ‘terminal_set’:
terminal.c:911:3: error: passing argument 1 of ‘tgetflag’ discards qualifiers from pointer target type /usr/include/term.h:794:28: note: expected ‘char *’ but argument is of type ‘const char *’
terminal.c:912:3: error: passing argument 1 of ‘tgetflag’ discards qualifiers from pointer target type /usr/include/term.h:794:28: note: expected ‘char *’ but argument is of type ‘const char *’
terminal.c:914:3: error: passing argument 1 of ‘tgetflag’ discards qualifiers from pointer target type /usr/include/term.h:794:28: note: expected ‘char *’ but argument is of type ‘const char *’
terminal.c:915:3: error: passing argument 1 of ‘tgetflag’ discards qualifiers from pointer target type /usr/include/term.h:794:28: note: expected ‘char *’ but argument is of type ‘const char *’
terminal.c:917:3: error: passing argument 1 of ‘tgetflag’ discards qualifiers from pointer target type /usr/include/term.h:794:28: note: expected ‘char *’ but argument is of type ‘const char *’
terminal.c:918:3: error: passing argument 1 of ‘tgetflag’ discards qualifiers from pointer target type /usr/include/term.h:794:28: note: expected ‘char *’ but argument is of type ‘const char *’
terminal.c:920:3: error: passing argument 1 of ‘tgetnum’ discards qualifiers from pointer target type /usr/include/term.h:795:28: note: expected ‘char *’ but argument is of type ‘const char *’
terminal.c:921:3: error: passing argument 1 of ‘tgetnum’ discards qualifiers from pointer target type /usr/include/term.h:795:28: note: expected ‘char *’ but argument is of type ‘const char *’
make[2]: *** [terminal.o] Error 1
make[2]: Leaving directory `/home/openxs/bzr/mysql-5.1-work/cmd-line-utils/libedit'
make[1]: *** [all-recursive] Error 1
これは、以下のファイルを編集することで回避することができます。
mysql-5.1.68/cmd-line-utils/libedit/Makefile
...
AM_CFLAGS =  -Wall -Wextra -Wunused -Wwrite-strings -Wno-strict-aliasing  -Werror  -Wdeclaration-after-statement
AM_CXXFLAGS =  -Wall -Wextra -Wunused -Wwrite-strings -Wno-strict-aliasing  -Werror -Wno-unused-parameter
...
-Werror を削除するだけです。

また、デバッグ情報も必要ない方は、以下のように指定することで上記のようなエラーも出力されません。
--with-debug=full--without-debug 

mysql を デバッグ実行してみる(おまけ)

最後に、せっかく、デバッグ環境で構築してみたので、mysql を デバッグ実行してみましょう。

やることは、MySQLのドキュメントに記載されているとおりです。

まず、デバッグフラグの設定、出力ファイルの設定を行います。

# 環境変数 MYSQL_DEBUG にデバッグ条件と出力ファイル名を設定します。
$ MYSQL_DEBUG=d:t:O,/tmp/client.trace
# 環境変数 MYSQL_DEBUG を公開します。(Bシェルの場合)
$ export MYSQL_DEBUG

設定を終えたら、あとは、実行するだけです。

# mysqlを実行します。
$ mysql -h mysql.example.com -u hoge -p hogehoge  test --ssl-ca=example.crt

-------------------------------------------------------
MYSQL_DEBUG found. libmysql started with the following:
d:t:O,/tmp/client.trace
-------------------------------------------------------

ERROR 2026 (HY000): SSL connection error (unknown error number)

上記のようにMYSQL_DEBUG のデバッグ文が出力されます。
そこで、/tmp/client.trace を確認すると、以下のようになっています。

...
| | >ssl_do
| | | enter: ptr: 0x82c4758, sd: 4  ctx: 0x82c4768
| | | >vio_blocking
| | | | enter: set_blocking_mode: 1  old_mode: 1
| | | | exit: 0
| | | <vio_blocking
| | | info: ssl: 0x82c48b8 timeout: 0
| | | error: SSL_connect/accept failure
| | | >report_errors
| | | | error: error: unknown error number
| | | | info: socket_errno: 0
| | | <report_errors
| | | >vio_blocking
| | | | enter: set_blocking_mode: 1  old_mode: 1
| | | | exit: 0
| | | <vio_blocking
| | <ssl_do
| | >set_mysql_error
| | | enter: error :2026 'SSL connection error'
| | <set_mysql_error
...

vio_blocking の中でSSLの接続エラーが検出され、エラー情報が出力されたのが、よくわかると思います。
もし、ソースコードを追いかけたいなら、先のvio_blocking、あるいは、その上位のssl_do あたりから、眺めていくと良いと思います。

上記の環境変数に設定するのでなく、以下のように起動オプション--debugで設定することもできます。
$ mysql --debug=d:t:O,/tmp/client.trace -h mysql.example.com -u hoge -p hogehoge  test --ssl-ca=example.crt

参考までに、デバッグオプションの構成とその詳細について下記に記載しておきます。

[参考: MySQLのデバック起動オプションの形式]

–debug[=debug_options]
debug_options :
形式 : デバッグフラグ[,デバッグ追加情報,デバッグ追加情報 ... ]
(デバッグフラグ: ‘:’ で区切り、複数を指定可)
(デバッグ追加情報: ‘,’ で区切り、複数を指定可(但し、デバッグフラグで必要とされた場合のみ))
デフォルト : d:t:o,/tmp/mysql.trace
o で出力先を指定することができるので、/tmp/mysql.trace が有効となります。)

[参考: MySQLのデバック起動オプションのデバッグフラグの意味(5.1用)]

フラグ概要
d Enable output from DBUG_<N> macros for the current state. May be followed by a list of keywords which selects output only for the DBUG macros with that keyword. An empty list of keywords implies output for all macros.
D Delay after each debugger output line. The argument is the number of tenths of seconds to delay, subject to machine capabilities. For example, -#D,20 specifies a delay of two seconds.
f Limit debugging, tracing, and profiling to the list of named functions. Note that a null list disables all functions. The appropriate d or t flags must still be given; this flag only limits their actions if they are enabled.
F Identify the source file name for each line of debug or trace output.
i Identify the process with the PID or thread ID for each line of debug or trace output.
g Enable profiling. Create a file called dbugmon.out containing information that can be used to profile the program. May be followed by a list of keywords that select profiling only for the functions in that list. A null list implies that all functions are considered.
L Identify the source file line number for each line of debug or trace output.
n Print the current function nesting depth for each line of debug or trace output.
N Number each line of debug output.
o Redirect the debugger output stream to the specified file. The default output is stderr.
O Like o, but the file is really flushed between each write. When needed, the file is closed and reopened between each write.
p Limit debugger actions to specified processes. A process must be identified with the DBUG_PROCESS macro and match one in the list for debugger actions to occur.
P Print the current process name for each line of debug or trace output.
r When pushing a new state, do not inherit the previous state’s function nesting level. Useful when the output is to start at the left margin.
S Do function _sanity(_file_,_line_) at each debugged function until _sanity() returns something that differs from 0. (Mostly used with safemalloc to find memory leaks)
t Enable function call/exit trace lines. May be followed by a list (containing only one modifier) giving a numeric maximum trace level, beyond which no output occurs for either debugging or tracing macros. The default is a compile time option.

この記事の内容は、最初は1つの記事(mysqlでSSL接続ができない場合の原因と対処 )の一部に書いていましたが、結構、追加する事項も多そうなので、別記事にしました。

何かの参考にならばうれしく思います。
ご利用のブラウザは、広告ブロック(AdBlockなど) が適用となっていませんか?
このサイトでは、コンテンツの一部が非表示、あるいは、コメント、お問い合わせの投稿ができない検索ができないことがあります。


関連記事 :

mysqlでSSL接続ができない場合の原因と対処

mysqlでは、SSL接続に対応しています。(少なくとも、CentOS,ScientificLinux,Debian,Ubuntu,Window ...

mysqlのレプリケーションを使う

今回は、mysqlのレプリケーション(replication)です。 レプリケーション(replication)とは、 直訳 ...

Debian(Ubuntu) apt-get upgrade の「E: 未解決の依存関係です。」ではまったら

Debian(Ubuntu) では、パッケージのアップグレードを簡単に行う apt があります。 その代表的なコマンドが、apt-get です ...

Postfix で dk-milter(dk-filter) を使ってDomainKeys に対応する(Debian/Ubuntu編)

以前の記事 postfix で postfix-policyd-spf-python ( or postfix-policyd-spf-p ...

mysqlでマルチマスター レプリケーションを設定してみる

以前の記事 mysqlのレプリケーションを使う で mysqlを使ったレプリケーションの設定を行ってみました。 今回は、そのmysqlのレプリ ...



コメントを投稿 :

お名前 *

メールアドレス *
( メールアドレスが公開されることはありません。)

サイトアドレス

コメント *

* 印の項目は、入力が必要な項目です。




最近投稿の記事

[ 画像提供元 : Amazon ] 先日、1TBのディスクの入れ替え時にバックアップをとろうとディスクコピーを行いました。 その際 ...

Windows で Linux ファイルシステム Ext4 のディスクをマウントするには? Ext3Fsd が、おそらく、最も簡単なツール ...

今回は、Windows で Compass を使ってみました。 Compass とは、 Sass(サス、Syntactica ...

今回は、Anti Adblock を使ってみました。 Anti Adblock とは、 そもそも Adblock という ウェブ ...

デスクトップ環境でない サーバーで、Webページのキャプチャー画像をコマンドで撮る には、wkhtmltoimage, CutyCapt ...


さくらのVPS 全プラン リニューアルです。(石狩(北海道)も選択可)


root権限ありで ¥685 / 月 ~ と非常にリーズナブルな CPU 1(core)の 512 プランから、 最高 CPU 10(core), メモリ 32(GB), SSD容量 800(GB) までとプランが充実。
ディスクは、SSDとHDDの選択が可能になった他、データセンターは人気の東京、石狩(北海道)となりました。

また、どのプランでも好きなOSが選べます
( CentOS, Fedora, Scientific Linux, FreeBSD, Ubutu, Debian )

管理人もおすすめのVPSです。
試用期間がありますから、一度、お試しを!!

詳しくは、http://vps.sakura.ad.jp/さくらのVPSのサイトへ へどうぞ!!

カテゴリ


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。
最近、スワップにも対応した Serverman@VPS は、かなりリーズナブルかもです。

  • メモリ1GB~2GBのEntryプラン :月額:490円
  • メモリ2MB~4GBのStandardプラン :月額:980円
  • メモリ4GB~8GBのProプラン :月額:1,980円

新規申し込みで1ヶ月間完全無料となるキャンペーンを実施中です。
Serverman@VPSの特徴は、安さとIPv6対応です。また、初期設定費0円もポイントです。

IPv6でちょっと遊んでみたい方には、おすすめかもしれませんね。最低利用期間もありませんから、気に入らないときは即解約もできます。

Serverman@VPSの詳細については、 http://dream.jp/vps/ Serverman@VPSのサイトへへどうぞ。



KVM採用 ConoHa VPSは、時間単位で借りれる便利なVPSです。


ConoHa VPS は、初期設定費0円最低利用期間無し時間単位で清算可能、 さらに、Web APIを使って自動化を図ることもできる便利なVPSです。

海外サーバー設置も可能で、ローカル接続にも対応と、かなり、機能豊富なサーバーです。

新規ユーザ登録で、クーポンもらえますから、まずは、お試しですね。

ConoHa VPSの詳細については、
http://www.conoha.jp/ へどうぞ。

KVM採用 お名前.com VPS(KVM) 2G プラン 初期設定費無料 キャンペーン 実施です。


メモリ2GBプラン CPU:3core、Disk:200GB
月額:1,153円から (初期設定:1,680円0円)

さくらのVPSがリニューアルされてもなんのその。
1GBメモリ / 2Core を ¥834 – の格安価格で提供中です!
間違いなくスペックからすると割安感ありです。
年間割引時の途中解約で返金がないのは、 ちょっと残念ですが、それでもこの割安感は魅力です。

まずは、お試しですね。

お名前.com VPS(KVM)の詳細については、
http://www.onamae-server.com/vps/ へどうぞ。(お試し期間が15日あります。)



  • ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークへ追加するはてな登録数
ページトップへ
Time : 0.2360 [s]