レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント
レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント - レンタルサーバー・自宅サーバーの設定・構築情報を公開しています。

nginx で a client request body is buffered to a temporary file の警告に対応してみる

2013年4月12日 2015年5月15日
nginx troubleshooting

以下のような警告メッセージが出力されていたので、今回は、これに対処してみました。

2013/04/08 09:50:49 [warn] 1190#0: *295230 a client request body is buffered to a temporary file /var/cache/nginx/client_temp/0000001818, client: 192.168.1.100, server: www.example.com, request: "POST /xxxx/ HTTP/1.1", host: "www.example.com", referrer: "http://www.example.com/xxxx/"

a client request body is buffered to a temporary file 警告メッセージに対応してみる

この警告メッセージの意味は、以下のように意味になります。

クライアントリクエストボディのバッファをテンポラリファイル(../0000001818)に行った

つまりは、要求しているバッファサイズが、指定されているメモリ量では不足しているので、テンポラリファイルを使いますよ・・・という警告? なので、この警告の対処として、以下の2つが考えられます。


  • クライアントリクエストボディのメモリサイズを拡大する

    クライアントリクエストボディのメモリサイズは、client_body_buffer_size ディレクティブで設定することができます。
    以下は、その設定例です。

    ...
    http {
        ...
        client_body_buffer_size 32k;
        ...
    }
    client_body_buffer_size
    [形式] : client_body_buffer_size the_size

    [デフォルト] : 8k/16k

    [使えるディレクティブの範囲] :
    このディレクティブは、以下のディレクティブ内で使用できます。
    • http
    • server
    • location

    [概要] :
    このディレクティブはクライアントリクエストボディのバッファサイズを指定します。
    リクエストボディがこのバッファよりも大きい時はリクエストボディ全体もしくは一部が一時ファイルに書きこまれます。
    デフォルトのサイズは ページサイズの2倍と同じで、これはプラットフォームによりますが 8K もしくは 16K になります。

    ページサイズは、各プラットフォームで異なります。Linuxでのページサイズの確認は、以下のように行うことができます。
    $ getconf PAGE_SIZE
    4096
    この場合、デフォルトは 8k となります。
  • この警告を無視する

    この警告メッセージは、そもそも テンポラリファイルを使ってバッファリングが行われたものであって、 その制御に誤りや、動作に不具合があったわけではありません。
    そこで、要求処理が、速度を求められていない場合においては、ファイルを使ったバッファリングでも問題はないはずで、 実際に警告が出たURLを確認し、表示速度、リアクションの速度を求めないのなら、ファイルへのバッファでも問題ないと思われます。

    また、当然ながら、速さが求められた場合は、上記のclient_body_buffer_sizeで対応すべきでしょう。

client_body_temp_path について(おまけ)

client_body_buffer_size といっしょに確認、設定しておきたいディレクティブが、client_body_temp_path です。
以下は、その設定例です。

...
http {
    ...
    client_body_buffer_size 32k;
    client_body_temp_path   /var/cache/nginx/client_temp;
    ...
}
client_body_temp_path
[形式] : client_body_temp_path path [ level1 [ level2 [ level3 ]]]

[デフォルト] :
configure で設定されたパスになりますので、nginx -V で確認することができます。
$ nginx -V
nginx version: nginx/1.2.8
TLS SNI support enabled
configure arguments: \
	 --prefix=/etc/nginx \
	 ...
	 --http-client-body-temp-path=/var/cache/nginx/client_temp \
	 ...
上記の例では、/var/cache/nginx/client_temp になります。

[使えるディレクティブの範囲] :
このディレクティブは、以下のディレクティブ内で使用できます。
  • http
  • server
  • location

[概要] :
このディレクティブはリクエストのボディとともに一時ファイルをを保存するためのディレクトリを指定します。
dir-path にてサブディレクトリの階層を三階層まで設定可能です。

client_body_temp_path  /spool/nginx/client_temp 1 2;
ディレクトリ構造は次のようになります:
/spool/nginx/client_temp/7/45/00000123457
client_body_temp_path の設定を誤っていると、以下のような重大なエラー([crit])が出力される場合があります。
2012/06/30 23:40:19 [crit] 1190#0: *295230 open() /var/cache/nginx/client_temp//0000009328" failed (2: No such file or directory), client: 192.168.1.100, server: www.example.com, request: "POST /xxxx/ HTTP/1.1", host: "www.example.com", referrer: "http://www.example.com/xxxx/" 

クライアントリクエストボディサイズは、要は、文字通りクライアントからの要求処理に必要なメモリ(バッファ)サイズになります。 CMSなどを使っていると、それなりに必要となるので、よく上記の警告メッセージが出力されることがあります。 それでも、せいぜい 30k – 60k 程度のサイズで概ね大丈夫でしょう。

それでも必要な場合は、詳細な情報を確認すべきでしょうね。要求バッファでメモリを消費しすぎると、サーバーへの負荷が大きくなります。 気を付けましょうね。
ご利用のブラウザは、広告ブロック(AdBlockなど) が適用となっていませんか?
このサイトでは、コンテンツの一部が非表示、あるいは、コメント、お問い合わせの投稿ができない検索ができないことがあります。


関連記事 :

nginx でPseudo streaming(疑似ストリーミング)で動画配信を行ってみる(flv、mp4ディレクティブを使ってみた)

nginx では、動画を制御するための ディレクティブとして flv,mp4 が用意されています。 flv,mp4 の両ディレクティブ ...

nginx で WebDAVを使ってファイル共有してみる

今回は、nginx で WebDAVを使ってファイル共有してみます。 ( Apache 版は、apache で WebDAVを使ってファイル共 ...

Nginx にリバースプロキシのキャッシュ削除モジュール nginx cache purge を組み込んで使ってみる(Debian/Ubuntu編)

今回は、Ubuntu Server(Debian) で nginx を使ってみたいと思います。 Ubuntu(Debian) では、apt ...

Ubuntu (Debian) で nginx に WebDAV拡張モジュール(ngx-dav-ext-module)を組み込むで使ってみる

今回は、Ubuntu Server(Debian) で nginx を使った WebDAV を構築してみたいと思います。 ( Apache 版 ...

Nginx でSSLを使ってみた(追記:SNIを含めてマルチドメインへの対応)

[追記]最近、格安共有サーバのさくらのレンタルサーバでオプション料金なしで利用できると話題となったSSL接続(SNI)について追記し ...



コメントを投稿 :

お名前 *

メールアドレス *
( メールアドレスが公開されることはありません。)

サイトアドレス

コメント *

* 印の項目は、入力が必要な項目です。




最近投稿の記事

[ 画像提供元 : Amazon ] 先日、1TBのディスクの入れ替え時にバックアップをとろうとディスクコピーを行いました。 その際 ...

Windows で Linux ファイルシステム Ext4 のディスクをマウントするには? Ext3Fsd が、おそらく、最も簡単なツール ...

今回は、Windows で Compass を使ってみました。 Compass とは、 Sass(サス、Syntactica ...

今回は、Anti Adblock を使ってみました。 Anti Adblock とは、 そもそも Adblock という ウェブ ...

デスクトップ環境でない サーバーで、Webページのキャプチャー画像をコマンドで撮る には、wkhtmltoimage, CutyCapt ...


さくらのVPS 全プラン リニューアルです。(石狩(北海道)も選択可)


root権限ありで ¥685 / 月 ~ と非常にリーズナブルな CPU 1(core)の 512 プランから、 最高 CPU 10(core), メモリ 32(GB), SSD容量 800(GB) までとプランが充実。
ディスクは、SSDとHDDの選択が可能になった他、データセンターは人気の東京、石狩(北海道)となりました。

また、どのプランでも好きなOSが選べます
( CentOS, Fedora, Scientific Linux, FreeBSD, Ubutu, Debian )

管理人もおすすめのVPSです。
試用期間がありますから、一度、お試しを!!

詳しくは、http://vps.sakura.ad.jp/さくらのVPSのサイトへ へどうぞ!!

カテゴリ


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。
最近、スワップにも対応した Serverman@VPS は、かなりリーズナブルかもです。

  • メモリ1GB~2GBのEntryプラン :月額:490円
  • メモリ2MB~4GBのStandardプラン :月額:980円
  • メモリ4GB~8GBのProプラン :月額:1,980円

新規申し込みで1ヶ月間完全無料となるキャンペーンを実施中です。
Serverman@VPSの特徴は、安さとIPv6対応です。また、初期設定費0円もポイントです。

IPv6でちょっと遊んでみたい方には、おすすめかもしれませんね。最低利用期間もありませんから、気に入らないときは即解約もできます。

Serverman@VPSの詳細については、 http://dream.jp/vps/ Serverman@VPSのサイトへへどうぞ。



KVM採用 ConoHa VPSは、時間単位で借りれる便利なVPSです。


ConoHa VPS は、初期設定費0円最低利用期間無し時間単位で清算可能、 さらに、Web APIを使って自動化を図ることもできる便利なVPSです。

海外サーバー設置も可能で、ローカル接続にも対応と、かなり、機能豊富なサーバーです。

新規ユーザ登録で、クーポンもらえますから、まずは、お試しですね。

ConoHa VPSの詳細については、
http://www.conoha.jp/ へどうぞ。

KVM採用 お名前.com VPS(KVM) 2G プラン 初期設定費無料 キャンペーン 実施です。


メモリ2GBプラン CPU:3core、Disk:200GB
月額:1,153円から (初期設定:1,680円0円)

さくらのVPSがリニューアルされてもなんのその。
1GBメモリ / 2Core を ¥834 – の格安価格で提供中です!
間違いなくスペックからすると割安感ありです。
年間割引時の途中解約で返金がないのは、 ちょっと残念ですが、それでもこの割安感は魅力です。

まずは、お試しですね。

お名前.com VPS(KVM)の詳細については、
http://www.onamae-server.com/vps/ へどうぞ。(お試し期間が15日あります。)



  • ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークへ追加するはてな登録数
ページトップへ
Time : 0.2140 [s]