レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント
レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント - レンタルサーバー・自宅サーバーの設定・構築情報を公開しています。

C5 C6 S6

Nginx にリバースプロキシのキャッシュ削除モジュール nginx cache purge を組み込んで使ってみる(CentOS/ScientificLinux編)

2011年11月25日 2015年5月15日
nginx cache remove

nginxをリバースプロキシサーバーとして利用した場合、キャッシュ機能を持っていますが、そのキャッシュを削除する機能を持っていません。
そのキャッシュを削除する方法として、nginx cache purgeというモジュールを組み込む方法があります。

ここでは、そのnginx cache purgeというモジュールをnginxに組み込んだrpmの作成をしてみます。

nginx cache purgeの具体的な利用方法については、Nginxのproxyでキャッシュを削除する方法を参照してください。

nginx のrpmを作成する ( nginx cache purgeモジュールを組み込む )

先にも説明したように、nginx cache purgeモジュールをnginxに組み込むには、rpmの再構築が必要になります。
以前の「Nginxの最新版ソースから バイナリパッケージ(rpm)を作成し、インストールする」で、nginxのrpmの再構築を行いました。
基本的なやり方は、同じです。先の「Nginxの最新版ソースから バイナリパッケージ(rpm)を作成し、インストールする」になぞって解説してみます。

[C]: 通常のnginx 、nginx cache purge組み込みnginx共に同じ作業となります。
[R]: nginx cache purge組み込みnginxのみで必要な作業となります。

[C]nginxのソースrpmパッケージをダウンロードし、インストールします。

$ wget http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/5/SRPMS/nginx-0.8.55-1.el5.src.rpm
...

$ rpm -ivh nginx-0.8.55-1.el5.src.rpm
...
警告: グループ mockbuild は存在しません - root を使用します
警告: ユーザ mockbuild は存在しません - root を使用します
...

インストール先は、
/usr/src/redhat/の配下になります。
/usr/src/redhat/SOURCES : ソースコード
/usr/src/redhat/SPECS : rpm作成ファイル (specファイル)
/usr/src/redhat/RPM : rpm出力先ディレクトリ

今回は、ダウンロード先に、http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/5/SRPMS/を使いました。

パッケージのバージョンによってファイル名も異なります。wget時には、ファイル名を確認しておきましょう。
ここでは、現在(2011.11)の最新版 0.8.55-1 を使います。

また、CentOS 6 , Scientific Linux 6 においては、
ダウンロード先に、http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/SRPMS/を利用してください。

[C]ソースコードのディレクトリに最新のnginxのソースコードをダウンロードします。

$ cd /usr/src/redhat/SOURCES
$ wget http://nginx.org/download/nginx-1.0.10.tar.gz
...

必ず、/usr/src/redhat/SOURCEStar.gz形式の最新ファイルをダウンロードします。
nginxの最新版は、http://nginx.org/download/で公開されています。

パッケージのバージョンによってファイル名も異なります。wget時には、ファイル名を確認しておきましょう。
ここでは、現在(2011.11)の最新版 1.0.10 を使います。

[R]nginx cache purgeモジュールの最新ソースコードをダウンロードする。

$ cd /usr/src/redhat/SOURCES
$ wget http://labs.frickle.com/files/ngx_cache_purge-1.4.tar.gz 
...

必ず、/usr/src/redhat/SOURCEStar.gz形式の最新ファイルをダウンロードします。
nginx cache purgeモジュールの最新版は、http://labs.frickle.com/files/で公開されています。

パッケージのバージョンによってファイル名も異なります。wget時には、ファイル名を確認しておきましょう。
ここでは、現在(2011.11)の最新版 1.4 を使います。

[C]rpm作成ファイル (specファイル)を編集します。

$ cd /usr/src/redhat/SPECS
$ cp nginx.spec nginx.spec.org
$ vi nginx.spec

以下は、nginx.specの編集内容です。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
101
102
103
104
105
106
107
108
109
110
111
112
113
114
115
116
117
118
119
120
121
122
123
124
125
126
127
128
129
130
131
132
133
134
135
136
137
138
139
140
141
142
143
144
145
146
147
148
149
150
151
152
153
154
155
156
157
158
159
160
161
162
163
164
165
166
167
168
169
170
171
172
173
174
175
176
177
178
179
180
181
182
183
184
185
186
187
188
189
190
191
192
193
194
195
196
197
198
199
%define nginx_user      nginx
%define nginx_group     %{nginx_user}
%define nginx_home      %{_localstatedir}/lib/nginx
%define nginx_home_tmp  %{nginx_home}/tmp
%define nginx_logdir    %{_localstatedir}/log/nginx
%define nginx_confdir   %{_sysconfdir}/nginx
%define nginx_datadir   %{_datadir}/nginx
%define nginx_webroot   %{nginx_datadir}/html

Name:           nginx
Version:        1.0.10
Release:        1%{?dist}
Summary:        Robust, small and high performance HTTP and reverse proxy server
Group:          System Environment/Daemons   

# BSD License (two clause)
# http://www.freebsd.org/copyright/freebsd-license.html
License:        BSD
URL:            http://nginx.net/ 
BuildRoot:      %{_tmppath}/%{name}-%{version}-%{release}-root-%(%{__id_u} -n)

BuildRequires:      pcre-devel,zlib-devel,openssl-devel,perl(ExtUtils::Embed)
BuildRequires:      libxslt-devel,GeoIP-devel,gd-devel
Requires:           perl(:MODULE_COMPAT_%(eval "`%{__perl} -V:version`"; echo $version))
# for aio
Requires:           kernel >= 2.6.18-181
# for /usr/sbin/useradd
Requires(pre):      shadow-utils
Requires(post):     chkconfig
# for /sbin/service
Requires(preun):    chkconfig, initscripts
Requires(postun):   initscripts
Provides:           webserver

Source0:    http://nginx.org/download/nginx-%{version}.tar.gz
Source1:    %{name}.init
Source2:    %{name}.logrotate
Source3:    virtual.conf
Source4:    ssl.conf
Source5:    %{name}.sysconfig
Source6:    nginx.conf
Source10:   ngx_cache_purge-1.4.tar.gz
Source100:  index.html
Source101:  poweredby.png
Source102:  nginx-logo.png
Source103:  50x.html
Source104:  404.html

# removes -Werror in upstream build scripts.  -Werror conflicts with
# -D_FORTIFY_SOURCE=2 causing warnings to turn into errors.
#Patch0:     nginx-auto-cc-gcc.patch

%description
Nginx [engine x] is an HTTP(S) server, HTTP(S) reverse proxy and IMAP/POP3
proxy server written by Igor Sysoev.

%prep
%setup -q

#%patch0 -p0
%setup -T -D -a 10

%build
# nginx does not utilize a standard configure script.  It has its own
# and the standard configure options cause the nginx configure script
# to error out.  This is is also the reason for the DESTDIR environment
# variable.  The configure script(s) have been patched (Patch1 and
# Patch2) in order to support installing into a build environment.
export LANG='ja_JP.UTF-8'
export DESTDIR=%{buildroot}
./configure \
    --user=%{nginx_user} \
    --group=%{nginx_group} \
    --prefix=%{nginx_datadir} \
    --sbin-path=%{_sbindir}/%{name} \
    --conf-path=%{nginx_confdir}/%{name}.conf \
    --error-log-path=%{nginx_logdir}/error.log \
    --http-log-path=%{nginx_logdir}/access.log \
    --http-client-body-temp-path=%{nginx_home_tmp}/client_body \
    --http-proxy-temp-path=%{nginx_home_tmp}/proxy \
    --http-fastcgi-temp-path=%{nginx_home_tmp}/fastcgi \
    --http-uwsgi-temp-path=%{nginx_home_tmp}/uwsgi \
    --http-scgi-temp-path=%{nginx_home_tmp}/scgi \
    --pid-path=%{_localstatedir}/run/%{name}.pid \
    --lock-path=%{_localstatedir}/lock/subsys/%{name} \
    --with-http_ssl_module \
    --with-http_realip_module \
    --with-http_addition_module \
    --with-http_xslt_module \
    --with-http_image_filter_module \
    --with-http_geoip_module \
    --with-http_sub_module \
    --with-http_dav_module \
    --with-http_flv_module \
    --with-http_gzip_static_module \
    --with-http_random_index_module \
    --with-http_secure_link_module \
    --with-http_degradation_module \
    --with-http_stub_status_module \
    --with-http_perl_module \
    --with-mail \
    --with-file-aio \
    --with-mail_ssl_module \
    --with-ipv6 \
    --with-cc-opt="%{optflags} $(pcre-config --cflags)" \
    --with-cc-opt="%{optflags} $(pcre-config --cflags)" \
    --add-module=%{_builddir}/nginx-%{version}/ngx_cache_purge-1.4
make %{?_smp_mflags} 

mv ngx_cache_purge-1.4/CHANGES ngx_cache_purge-1.4/CHANGES.ngx_cache_purge
mv ngx_cache_purge-1.4/README.md ngx_cache_purge-1.4/README.ngx_cache_purge

%install
rm -rf %{buildroot}
make install DESTDIR=%{buildroot} INSTALLDIRS=vendor
find %{buildroot} -type f -name .packlist -exec rm -f {} \;
find %{buildroot} -type f -name perllocal.pod -exec rm -f {} \;
find %{buildroot} -type f -empty -exec rm -f {} \;
find %{buildroot} -type f -exec chmod 0644 {} \;
find %{buildroot} -type f -name '*.so' -exec chmod 0755 {} \;
chmod 0755 %{buildroot}%{_sbindir}/nginx
%{__install} -p -D -m 0755 %{SOURCE1} %{buildroot}%{_initrddir}/%{name}
%{__install} -p -D -m 0644 %{SOURCE2} %{buildroot}%{_sysconfdir}/logrotate.d/%{name}
%{__install} -p -D -m 0644 %{SOURCE5} %{buildroot}%{_sysconfdir}/sysconfig/%{name}
%{__install} -p -d -m 0755 %{buildroot}%{nginx_confdir}/conf.d
%{__install} -p -m 0644 %{SOURCE3} %{SOURCE4} %{buildroot}%{nginx_confdir}/conf.d
%{__install} -p -m 0644 %{SOURCE6} %{buildroot}%{nginx_confdir}
%{__install} -p -d -m 0755 %{buildroot}%{nginx_home_tmp}
%{__install} -p -d -m 0755 %{buildroot}%{nginx_logdir}
%{__install} -p -d -m 0755 %{buildroot}%{nginx_webroot}
%{__install} -p -m 0644 %{SOURCE100} %{SOURCE101} %{SOURCE102} %{SOURCE103} %{SOURCE104} %{buildroot}%{nginx_webroot}

# convert to UTF-8 all files that give warnings.
for textfile in CHANGES
do
    mv $textfile $textfile.old
    iconv --from-code ISO8859-1 --to-code UTF-8 --output $textfile $textfile.old
    rm -f $textfile.old
done

%clean
rm -rf %{buildroot}

%pre
if [ $1 == 1 ]; then
    %{_sbindir}/useradd -c "Nginx user" -s /bin/false -r -d %{nginx_home} %{nginx_user} 2>/dev/null || :
fi

%post
if [ $1 == 1 ]; then
    /sbin/chkconfig --add %{name}
fi

%preun
if [ $1 = 0 ]; then
    /sbin/service %{name} stop >/dev/null 2>&1
    /sbin/chkconfig --del %{name}
fi

%postun
if [ $1 == 2 ]; then
    /sbin/service %{name} upgrade || :
fi

%files
%defattr(-,root,root,-)
%doc LICENSE CHANGES README
%doc ngx_cache_purge-1.4/CHANGES.ngx_cache_purge ngx_cache_purge-1.4/README.ngx_cache_purge
%{nginx_datadir}/
%{_sbindir}/%{name}
%{_mandir}/man3/%{name}.3pm.gz
%{_initrddir}/%{name}
%dir %{nginx_confdir}
%dir %{nginx_confdir}/conf.d
%dir %{nginx_logdir}
%config(noreplace) %{nginx_confdir}/conf.d/*.conf
%config(noreplace) %{nginx_confdir}/win-utf
%config(noreplace) %{nginx_confdir}/%{name}.conf.default
%config(noreplace) %{nginx_confdir}/mime.types.default
%config(noreplace) %{nginx_confdir}/fastcgi.conf
%config(noreplace) %{nginx_confdir}/fastcgi.conf.default
%config(noreplace) %{nginx_confdir}/fastcgi_params
%config(noreplace) %{nginx_confdir}/fastcgi_params.default
%config(noreplace) %{nginx_confdir}/scgi_params
%config(noreplace) %{nginx_confdir}/scgi_params.default
%config(noreplace) %{nginx_confdir}/uwsgi_params
%config(noreplace) %{nginx_confdir}/uwsgi_params.default
%config(noreplace) %{nginx_confdir}/koi-win
%config(noreplace) %{nginx_confdir}/koi-utf
%config(noreplace) %{nginx_confdir}/%{name}.conf
%config(noreplace) %{nginx_confdir}/mime.types
%config(noreplace) %{_sysconfdir}/logrotate.d/%{name}
%config(noreplace) %{_sysconfdir}/sysconfig/%{name}
%dir %{perl_vendorarch}/auto/%{name}
%{perl_vendorarch}/%{name}.pm
%{perl_vendorarch}/auto/%{name}/%{name}.so
%attr(-,%{nginx_user},%{nginx_group}) %dir %{nginx_home}
%attr(-,%{nginx_user},%{nginx_group}) %dir %{nginx_home_tmp}
...
青文字: 通常のnginx 、nginx cache purge組み込みnginx共に同じ作業となります。
赤文字: nginx cache purge組み込みnginxのみで必要な作業となります。
  • 11行目 : nginxのバージョンを設定します。
  • 42行目 : nginx cache purgeのソースコードのアーカイブファイルを設定します。
  • 51行目 : nginxのパッチは最新版なので無いためコメントアウトしておきます。
  • 60行目 : nginxのパッチは最新版なので無いためコメントアウトしておきます。
  • 61行目 : nginx cache purgeのソースコードのアーカイブファイルをビルド前処理としてセットアップ(展開)します。
  • 69行目 : nginxを日本語、UTF-8をデフォルトに設定します。
  • 106行目 : 最後に \ 記号を追加し、次行へ継続としています。
  • 107行目 : add-moduleで nginx cache purge を追加します。
  • 110行目 : nginx cache purgeのCHANGES(履歴)ファイルが、nginxとかぶらないように名前を変更します。
  • 111行目 : nginx cache purgeのREADMEファイル が、nginxとかぶらないように名前を変更します。
  • 168行目 : nginxのドキュメントファイルに nginx cache purgeのCHANGES(履歴)ファイル,READMEファイル を追加します。

編集を終えたら、保存します。


[C]rpmを作成します。

$ rpmbuild -bb nginx.spec
...

rpmbuildでrpm作成します。

これでエラーが出なければOKです。

作成されたRPM ( nginx-1.0.10-1.xxxx.rpm )は、
64bitOSなら、/usr/src/redhat/RPMS/x86_64に作成されます。
32bitOSなら、/usr/src/redhat/RPMS/i386に作成されます。

そもそも、rpmbuildが動作しない場合は、
$ yum -y install yum-utils
$ yum -y install rpm-build
$ yum -y install gcc++
のような必要なビルド環境をインストールしてください。

また、
$ rpmbuild -bb nginx.spec
エラー: ビルド依存性の失敗:
        pcre-devel は nginx-1.0.10-1.x86_64 に必要とされています
        libxslt-devel は nginx-1.0.10-1.x86_64 に必要とされています
        GeoIP-devel は nginx-1.0.10-1.x86_64 に必要とされています
$
のように必要なライブラリが不足しているような場合は、出力されている必要なライブラリをyumで一つ一つインストールすればOKです。

nginxをインストールする

rpmさえできれば、インストールは簡単ですね。
以下は、64bit版のnginxをインストールした例です。

$ cd /usr/src/redhat/RPMS/x86_64
$ rpm -Uvh nginx-1.0.10-1.x86_64.rpm
...

これでインストールまでOKです。
簡単だったですね。

最後に、既にapacheが起動中なら、apacheを停止して、nginxを起動すればOKです。

$ /etc/init.d/httpd stop
stop を停止中:                                             [  OK  ]

$ /etc/init.d/nginx start
nginx を起動中:                                            [  OK  ]

IPアドレスでOKなので、ウェブブラウザからサイトへアクセスしてみてください。
以下のような画面が表示さればOKです。ちゃんと動いています。

nginxの初期画面

デフォルトの設定では、ウェブサイトのルートディレクトリは、

/usr/share/nginx/html/

を指しています。
この中のindex.htmlを変更して、ちゃんと表示されるか確認しましょう。

既に同じバージョンをインストールしている場合、
rpmにて、現在のnginxを一旦削除して、再インストールします。
一旦、設定ファイル ( /etc/nginx 全て )をバックアップしておきましょう。
$ rpm -e nginx-1.0.10-1
...

$ cd /usr/src/redhat/RPMS/x86_64
$ rpm -Uvh nginx-1.0.10-1.x86_64.rpm
...
また、強制的にインストールすることもできますが、一旦削除した方が無難でしょう。
$ rpm -Uvh --force nginx-1.0.10-1.x86_64.rpm
...
nginx cache purge を組み込むのは、リバースプロキシーのキャッシュを削除するの非常に便利なモジュールです。
ちゃんと組み込まれたかどうか確認するには、以下のようにコマンドで確認できます。
$ nginx -V
nginx: nginx version: nginx/1.0.10
nginx: TLS SNI support disabled
nginx: configure arguments: --user=nginx --group=nginx --prefix=/usr/share/nginx \
       --sbin-path=/usr/sbin/nginx \
       --conf-path=/etc/nginx/nginx.conf \
       --error-log-path=/var/log/nginx/error.log \
       --http-log-path=/var/log/nginx/access.log \
       --http-client-body-temp-path=/var/lib/nginx/tmp/client_body \
       --http-proxy-temp-path=/var/lib/nginx/tmp/proxy \
       --http-fastcgi-temp-path=/var/lib/nginx/tmp/fastcgi \
       --http-uwsgi-temp-path=/var/lib/nginx/tmp/uwsgi \
       --http-scgi-temp-path=/var/lib/nginx/tmp/scgi \
       --pid-path=/var/run/nginx.pid \
       --lock-path=/var/lock/subsys/nginx \
       --with-http_ssl_module \
       --with-http_realip_module \
       --with-http_addition_module \
       --with-http_xslt_module \
       --with-http_image_filter_module \
       --with-http_geoip_module \
       --with-http_sub_module \
       --with-http_dav_module \
       --with-http_flv_module \
       --with-http_gzip_static_module \
       --with-http_random_index_module \
       --with-http_secure_link_module \
       --with-http_degradation_module \
       --with-http_stub_status_module \
       --with-http_perl_module \
       --with-mail \
       --with-file-aio \
       --with-mail_ssl_module \
       --with-ipv6 \
       --with-cc-opt='-O2 -g -pipe -Wall -Wp,-D_FORTIFY_SOURCE=2 -fexceptions -fstack-protector \
       --param=ssp-buffer-size=4 -m64 -mtune=generic' \
       --with-cc-opt='-O2 -g -pipe -Wall -Wp,-D_FORTIFY_SOURCE=2 -fexceptions -fstack-protector \
       --param=ssp-buffer-size=4 -m64 -mtune=generic' \
       --add-module=/usr/src/redhat/BUILD/nginx-1.0.10/ngx_cache_purge-1.4
configure があまりに長いので 適当な箇所で\ 記号で改行しています。
ちゃんと最後に ngx_cache_purge-1.4 と出力されていますね。

nginx cache purgeの具体的な利用方法については、Nginxのproxyでキャッシュを削除する方法を参照してください。
ご利用のブラウザは、広告ブロック(AdBlockなど) が適用となっていませんか?
このサイトでは、コンテンツの一部が非表示、あるいは、コメント、お問い合わせの投稿ができない検索ができないことがあります。


関連記事 :

Nginx にsyslog (rsyslog) を利用するためのモジュール nginx_syslog_patch を組み込んで使ってみる

nginxでアクセスログやエラーログを syslog (rsyslog) へ飛ばすには、 nginx_syslog_patch を組み込む必要 ...

Nginx にリバースプロキシのキャッシュ削除モジュール nginx cache purge を組み込んで使ってみる(Debian/Ubuntu編)

今回は、Ubuntu Server(Debian) で nginx を使ってみたいと思います。 Ubuntu(Debian) では、apt ...

Nginxの最新版ソースから バイナリパッケージ(rpm)を作成し、インストールする

今回は、nginxを試してみたいと思います。 ちょっと前に、バージョン 0.xx から バージョン 1.xx へメジャーバージョンアップ(20 ...

Ubuntu (Debian) で nginx に perl module (モジュール) を組み込んで使ってみる

今回は、Ubuntu Server(Debian) で nginx の perl module (モジュール) を使ってみたいと思います。 ...

Ubuntu (Debian) で nginx に WebDAV拡張モジュール(ngx-dav-ext-module)を組み込むで使ってみる

今回は、Ubuntu Server(Debian) で nginx を使った WebDAV を構築してみたいと思います。 ( Apache 版 ...


2 件 コメントがあります。 コメントを投稿する
  1. […] リバースプロキシのキャッシュ削除モジュール nginx cache purge を組み込む http://sakura.off-soft.net/cen……stall.html […]

  2. […] […]


コメントを投稿 :

お名前 *

メールアドレス *
( メールアドレスが公開されることはありません。)

サイトアドレス

コメント *

* 印の項目は、入力が必要な項目です。




最近投稿の記事

[ 画像提供元 : Amazon ] 先日、1TBのディスクの入れ替え時にバックアップをとろうとディスクコピーを行いました。 その際 ...

Windows で Linux ファイルシステム Ext4 のディスクをマウントするには? Ext3Fsd が、おそらく、最も簡単なツール ...

今回は、Windows で Compass を使ってみました。 Compass とは、 Sass(サス、Syntactica ...

今回は、Anti Adblock を使ってみました。 Anti Adblock とは、 そもそも Adblock という ウェブ ...

デスクトップ環境でない サーバーで、Webページのキャプチャー画像をコマンドで撮る には、wkhtmltoimage, CutyCapt ...


さくらのVPS 全プラン リニューアルです。(石狩(北海道)も選択可)


root権限ありで ¥685 / 月 ~ と非常にリーズナブルな CPU 1(core)の 512 プランから、 最高 CPU 10(core), メモリ 32(GB), SSD容量 800(GB) までとプランが充実。
ディスクは、SSDとHDDの選択が可能になった他、データセンターは人気の東京、石狩(北海道)となりました。

また、どのプランでも好きなOSが選べます
( CentOS, Fedora, Scientific Linux, FreeBSD, Ubutu, Debian )

管理人もおすすめのVPSです。
試用期間がありますから、一度、お試しを!!

詳しくは、http://vps.sakura.ad.jp/さくらのVPSのサイトへ へどうぞ!!

カテゴリ


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。
最近、スワップにも対応した Serverman@VPS は、かなりリーズナブルかもです。

  • メモリ1GB~2GBのEntryプラン :月額:490円
  • メモリ2MB~4GBのStandardプラン :月額:980円
  • メモリ4GB~8GBのProプラン :月額:1,980円

新規申し込みで1ヶ月間完全無料となるキャンペーンを実施中です。
Serverman@VPSの特徴は、安さとIPv6対応です。また、初期設定費0円もポイントです。

IPv6でちょっと遊んでみたい方には、おすすめかもしれませんね。最低利用期間もありませんから、気に入らないときは即解約もできます。

Serverman@VPSの詳細については、 http://dream.jp/vps/ Serverman@VPSのサイトへへどうぞ。



KVM採用 ConoHa VPSは、時間単位で借りれる便利なVPSです。


ConoHa VPS は、初期設定費0円最低利用期間無し時間単位で清算可能、 さらに、Web APIを使って自動化を図ることもできる便利なVPSです。

海外サーバー設置も可能で、ローカル接続にも対応と、かなり、機能豊富なサーバーです。

新規ユーザ登録で、クーポンもらえますから、まずは、お試しですね。

ConoHa VPSの詳細については、
http://www.conoha.jp/ へどうぞ。

KVM採用 お名前.com VPS(KVM) 2G プラン 初期設定費無料 キャンペーン 実施です。


メモリ2GBプラン CPU:3core、Disk:200GB
月額:1,153円から (初期設定:1,680円0円)

さくらのVPSがリニューアルされてもなんのその。
1GBメモリ / 2Core を ¥834 – の格安価格で提供中です!
間違いなくスペックからすると割安感ありです。
年間割引時の途中解約で返金がないのは、 ちょっと残念ですが、それでもこの割安感は魅力です。

まずは、お試しですね。

お名前.com VPS(KVM)の詳細については、
http://www.onamae-server.com/vps/ へどうぞ。(お試し期間が15日あります。)



  • ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークへ追加するはてな登録数
ページトップへ
Time : 0.2418 [s]