レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント
レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント - レンタルサーバー・自宅サーバーの設定・構築情報を公開しています。

C6 S6

Samba を使ってファイル共有してみる

2013年1月8日 2015年5月14日
samba

以下の記事で WebDAVを使ってファイル共有を行ってみました。

今回は、古くからWindowsネットワーク機能をUNIX 系 OSで実装した Samba を使ってファイルの共有を行ってみます。

WebDAVとSambaのざっくりとした違いは、
WebDAVがファイル管理に特化したhttpプロトコルをベースにした規格であることと
SambaがWindowsネットワークをLinuxを含むUNIX 系 OSで実装しているものである点です。

もっと簡単に言えば、
Sambaは、ファイルサーバ(共有)のみ限らず、プリントサービス、ドメインコントローラ機能、ドメイン参加機能を提供するものです。
WebDAVは、httpの拡張機能であり、tcpポートも同じポートを利用することからリスクも小さいですが、 逆にSambaは、Samba用のポートとして、以下のように複数のポートを使用します。また、暗号化がパスワードのみで決してセキュアなサービスとは言えないことに注意しておく必要があります。

ポート プロトコル デーモン 説明
137 UDP nmbd NetBIOS ネーム・サービス
(名前登録など)
138 UDP nmbd NetBIOS データグラム・サービス
(ブラウジングなど)
139 TCP smbd NetBIOS over TCP (セッション・サービス)
(ファイル / 印刷サービスなど )
445 TCP smbd ダイレクト・ホスティング SMB
(ファイル / 印刷サービスなど)

上記の説明のとおり、ファイル共有関連で必要最小限なポートは、139 or 445 (tcp) になります。
445については、Direct Hosting of SMBでNetBIOSインターフェイスに頼らずに2つのホスト間で直接通信を行なって、ファイルやプリンタの共有を行なうためのサービスで、Windows 2000/XPから導入されたものです。
つまり、Windows 2000以降のWindowsだけなら、445 (tcp)だけ開いておけば、名前解決などもできてしまうので便利になりました。
今回は、このtcpポート 445 だけを使ってsambaでファイル共有してみたいと思います。

先に書いた通り、Sambaはリスクが高いので、基本的にLAN内で利用することが多いです。もし、インターネット上のサーバーで利用する場合は、VPN(Virtuka Private Network)やSSLとの組み合わせでよりセキュアなSambaの構築が必要となるでしょう。 もしくは、多少負荷が高くともWebDAVを利用する方が望ましい場合もあるでしょう。

Samba (サンバ) は、
マイクロソフト社のWindowsネットワークを実装したフリーソフトウェア。 Linux、Solaris、BSD 、Mac OS Xなどの UNIX 系 OS を用いて、Windows のファイルサーバやプリントサービス、ドメインコントローラ機能、ドメイン参加機能を提供する。
出典 : http://ja.wikipedia.org/wiki/Samba

Samba を使ってファイル共有してみる

早速、Samba のインストールからファイル共有までの手順を簡単に解説してみます。

ここでの設定条件は、以下のとおりとします。
  • Sambaでログインユーザ名 : smb-user
  • Sambaでログインユーザの主グループ名 : smb-user
  • Sambaで書き込み可能なグループ名 : sambaw
  • Sambaでログイン可能なIPアドレス : 192.168.1.xxx
  • Sambaで共有するディレクトリ : /var/samba
  • Sambaで共有するディレクトリの公開名 : public
  • Sambaデーモンを起動するサーバー : 192.168.1.99
  • SambaへアクセスするWindowsクライアント : 192.168.1.33

Sambaをインストールする

Sambaは、CentOS/Scientific Linux では、yum で簡単にインストールできます。

$ yum -y install samba
...
  samba-winbind-clients.i686 0:3.5.10-125.el6

Complete!

Sambaで使用するユーザを登録する

Sambaで利用するOSユーザを新規に登録します。(既存のユーザでもOKですが、ここではわかりやすいように新規のユーザを追加します。)

ここでは、以下の事項を設定します。

  • ユーザ名 : smb-user
  • グループ名 : smb-user
  • 書き込み可能なグループ名 : sambaw

# ユーザ smb-user を追加します。
$ useradd smb-user

# 書き込み可能なグループ sambaw を追加します。
$ groupadd sambaw

# ユーザ smb-user を書き込み可能なグループにも属するように変更します。
$ usermod -G sambaw smb-user

# smb-user のパスワードを設定します。
$ passwd smb-user
ユーザー smb-user のパスワードを変更。
新しいパスワード:******return
新しいパスワードを再入力してください:******return
passwd: 全ての認証トークンが正しく更新できました。

# Samba のユーザとして登録します。
$ pdbedit -a smb-user
new password:******return
retype new password:******return
...
Unix username:        smb-user
NT username:
Account Flags:        [U          ]
User SID:             ....
Primary Group SID:    ....
Full Name:
Home Directory:       \\Example\smb-user
HomeDir Drive:
Logon Script:
Profile Path:         \\Example\smb-user\profile
Domain:               EXAMPLE
Account desc:
Workstations:
Munged dial:
Logon time:           0
Logoff time:          never
Kickoff time:         never
Password last set:    木, 15 11月 2012 19:46:50 JST
Password can change:  木, 15 11月 2012 19:46:50 JST
Password must change: never
Last bad password   : 0
Bad password count  : 0
Logon hours         : FFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFF
入力など間違った場合は、一旦、削除して再度やると良いです。
useradd smb-user → userdel smb-user で削除できます。
groupadd sambaw → groupdel sambaw で削除できます。
pdbedit -a smb-user → pdbedit -x smb-user で削除できます。

Sambaの環境設定を行う

Sambaの設定ファイルは、/etc/samba/smb.conf になります。
このファイルを編集し、smbデーモンを起動すれば、Sambaが使えるようになります。


/etc/samba/smb.conf

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
101
102
103
104
105
106
107
108
109
110
111
112
113
114
115
116
117
118
119
120
121
122
123
124
125
126
127
128
129
130
131
132
133
134
135
136
137
138
139
140
141
142
143
144
145
146
147
148
149
150
151
152
153
154
155
156
157
158
159
160
161
162
163
164
165
166
167
168
169
170
171
172
173
174
175
176
177
178
179
180
181
182
183
184
185
186
187
188
189
190
191
192
193
194
195
196
197
198
199
200
201
202
203
204
205
206
207
208
209
210
211
212
213
214
215
216
217
218
219
220
221
222
223
224
225
226
227
228
229
230
231
232
233
234
235
236
237
238
239
240
241
242
243
244
245
246
247
248
249
250
251
252
253
254
255
256
257
258
259
260
261
262
263
264
265
266
267
268
269
270
271
272
273
274
275
276
277
278
279
280
281
282
283
284
285
286
287
288
289
290
291
292
293
294
295
296
297
298
299
300
301
302
303

# This is the main Samba configuration file. You should read the
# smb.conf(5) manual page in order to understand the options listed
# here. Samba has a huge number of configurable options (perhaps too
# many!) most of which are not shown in this example
#
# For a step to step guide on installing, configuring and using samba,
# read the Samba-HOWTO-Collection. This may be obtained from:
#  http://www.samba.org/samba/docs/Samba-HOWTO-Collection.pdf
#
# Many working examples of smb.conf files can be found in the
# Samba-Guide which is generated daily and can be downloaded from:
#  http://www.samba.org/samba/docs/Samba-Guide.pdf
#
# Any line which starts with a ; (semi-colon) or a # (hash)
# is a comment and is ignored. In this example we will use a #
# for commentry and a ; for parts of the config file that you
# may wish to enable
#
# NOTE: Whenever you modify this file you should run the command "testparm"
# to check that you have not made any basic syntactic errors.
#
#---------------
# SELINUX NOTES:
#
# If you want to use the useradd/groupadd family of binaries please run:
# setsebool -P samba_domain_controller on
#
# If you want to share home directories via samba please run:
# setsebool -P samba_enable_home_dirs on
#
# If you create a new directory you want to share you should mark it as
# "samba_share_t" so that selinux will let you write into it.
# Make sure not to do that on system directories as they may already have
# been marked with othe SELinux labels.
#
# Use ls -ldZ /path to see which context a directory has
#
# Set labels only on directories you created!
# To set a label use the following: chcon -t samba_share_t /path
#
# If you need to share a system created directory you can use one of the
# following (read-only/read-write):
# setsebool -P samba_export_all_ro on
# or
# setsebool -P samba_export_all_rw on
#
# If you want to run scripts (preexec/root prexec/print command/...) please
# put them into the /var/lib/samba/scripts directory so that smbd will be
# allowed to run them.
# Make sure you COPY them and not MOVE them so that the right SELinux context
# is applied, to check all is ok use restorecon -R -v /var/lib/samba/scripts
#
#--------------
#
#======================= Global Settings =====================================

[global]

# ----------------------- Network Related Options -------------------------
#
# workgroup = NT-Domain-Name or Workgroup-Name, eg: MIDEARTH
#
# server string is the equivalent of the NT Description field
#
# netbios name can be used to specify a server name not tied to the hostname
#
# Interfaces lets you configure Samba to use multiple interfaces
# If you have multiple network interfaces then you can list the ones
# you want to listen on (never omit localhost)
#
# Hosts Allow/Hosts Deny lets you restrict who can connect, and you can
# specifiy it as a per share option as well
#

        # add charset
        unix charset = UTF-8
        dos charset = CP932
        display charset = UTF-8

        # rep workgroup
;       workgroup = MYGROUP
        workgroup = WORKGROUP

        server string = Samba Server Version %v

;       netbios name = MYSERVER

;       interfaces = lo eth0 192.168.12.2/24 192.168.13.2/24
        # rep allow hosts
;       hosts allow = 127. 192.168.12. 192.168.13.
        hosts allow = 127. 192.168.1.

# --------------------------- Logging Options -----------------------------
#
# Log File let you specify where to put logs and how to split them up.
#
# Max Log Size let you specify the max size log files should reach

        # logs split per machine
        log file = /var/log/samba/log.%m
        # max 50KB per log file, then rotate
        max log size = 50

# ----------------------- Standalone Server Options ------------------------
#
# Scurity can be set to user, share(deprecated) or server(deprecated)
#
# Backend to store user information in. New installations should
# use either tdbsam or ldapsam. smbpasswd is available for backwards
# compatibility. tdbsam requires no further configuration.

        security = user
        passdb backend = tdbsam


# ----------------------- Domain Members Options ------------------------
#
# Security must be set to domain or ads
#
# Use the realm option only with security = ads
# Specifies the Active Directory realm the host is part of
#
# Backend to store user information in. New installations should
# use either tdbsam or ldapsam. smbpasswd is available for backwards
# compatibility. tdbsam requires no further configuration.
#
# Use password server option only with security = server or if you can't
# use the DNS to locate Domain Controllers
# The argument list may include:
#   password server = My_PDC_Name [My_BDC_Name] [My_Next_BDC_Name]
# or to auto-locate the domain controller/s
#   password server = *


;       security = domain
;       passdb backend = tdbsam
;       realm = MY_REALM

;       password server = <NT-Server-Name>
# ----------------------- Domain Controller Options ------------------------
#
# Security must be set to user for domain controllers
#
# Backend to store user information in. New installations should
# use either tdbsam or ldapsam. smbpasswd is available for backwards
# compatibility. tdbsam requires no further configuration.
#
# Domain Master specifies Samba to be the Domain Master Browser. This
# allows Samba to collate browse lists between subnets. Don't use this
# if you already have a Windows NT domain controller doing this job
#
# Domain Logons let Samba be a domain logon server for Windows workstations.
#
# Logon Scrpit let yuou specify a script to be run at login time on the client
# You need to provide it in a share called NETLOGON
#
# Logon Path let you specify where user profiles are stored (UNC path)
#
# Various scripts can be used on a domain controller or stand-alone
# machine to add or delete corresponding unix accounts
#
;       security = user
;       passdb backend = tdbsam

;       domain master = yes
;       domain logons = yes

        # the login script name depends on the machine name
;       logon script = %m.bat
        # the login script name depends on the unix user used
;       logon script = %u.bat
;       logon path = \\%L\Profiles\%u
        # disables profiles support by specifing an empty path
;       logon path =

;       add user script = /usr/sbin/useradd "%u" -n -g users
;       add group script = /usr/sbin/groupadd "%g"
;       add machine script = /usr/sbin/useradd -n -c "Workstation (%u)" -M -d /nohome -s /bin/false "%u"
;       delete user script = /usr/sbin/userdel "%u"
;       delete user from group script = /usr/sbin/userdel "%u" "%g"
;       delete group script = /usr/sbin/groupdel "%g"


# ----------------------- Browser Control Options ----------------------------
#
# set local master to no if you don't want Samba to become a master
# browser on your network. Otherwise the normal election rules apply
#
# OS Level determines the precedence of this server in master browser
# elections. The default value should be reasonable
#
# Preferred Master causes Samba to force a local browser election on startup
# and gives it a slightly higher chance of winning the election
;       local master = no
;       os level = 33
;       preferred master = yes

#----------------------------- Name Resolution -------------------------------
# Windows Internet Name Serving Support Section:
# Note: Samba can be either a WINS Server, or a WINS Client, but NOT both
#
# - WINS Support: Tells the NMBD component of Samba to enable it's WINS Server
#
# - WINS Server: Tells the NMBD components of Samba to be a WINS Client
#
# - WINS Proxy: Tells Samba to answer name resolution queries on
#   behalf of a non WINS capable client, for this to work there must be
#   at least one        WINS Server on the network. The default is NO.
#
# DNS Proxy - tells Samba whether or not to try to resolve NetBIOS names
# via DNS nslookups.

;       wins support = yes
;       wins server = w.x.y.z
;       wins proxy = yes

;       dns proxy = yes

# --------------------------- Printing Options -----------------------------
#
# Load Printers let you load automatically the list of printers rather
# than setting them up individually
#
# Cups Options let you pass the cups libs custom options, setting it to raw
# for example will let you use drivers on your Windows clients
#
# Printcap Name let you specify an alternative printcap file
#
# You can choose a non default printing system using the Printing option

        # rep disable printers
;       load printers = yes
        load printers = no
        disable spoolss = yes

        cups options = raw

;       printcap name = /etc/printcap
        #obtain list of printers automatically on SystemV
;       printcap name = lpstat
;       printing = cups

# --------------------------- Filesystem Options ---------------------------
#
# The following options can be uncommented if the filesystem supports
# Extended Attributes and they are enabled (usually by the mount option
# user_xattr). Thess options will let the admin store the DOS attributes
# in an EA and make samba not mess with the permission bits.
#
# Note: these options can also be set just per share, setting them in global
# makes them the default for all shares

;       map archive = no
;       map hidden = no
;       map read only = no
;       map system = no
;       store dos attributes = yes


#============================ Share Definitions ==============================

[homes]
        comment = Home Directories
        browseable = no
        writable = yes
;       valid users = %S
;       valid users = MYDOMAIN\%S

#[printers]
#        comment = All Printers
#        path = /var/spool/samba
#        browseable = no
#        guest ok = no
#        writable = no
#        printable = yes
#
# Un-comment the following and create the netlogon directory for Domain Logons
;       [netlogon]
;       comment = Network Logon Service
;       path = /var/lib/samba/netlogon
;       guest ok = yes
;       writable = no
;       share modes = no


# Un-comment the following to provide a specific roving profile share
# the default is to use the user's home directory
;       [Profiles]
;       path = /var/lib/samba/profiles
;       browseable = no
;       guest ok = yes


# A publicly accessible directory, but read only, except for people in
# the "staff" group
[public]
        comment = Public Stuff
        path = /var/samba
        public = yes
        writable = yes
        printable = no
        write list = +sambaw

この文字色が編集箇所になります。

  • 76 – 79 行目 : 使用する文字コードを指定します。

    unix charset = UTF-8 : Unixマシン上でのSambaが使用する文字コード。
    dos charset = CP932 : DOS SMB クライアントとのやり取り時に用いる文字コード。CP932は、いわゆるシフトJISのことです。
    display charset = UTF-8 : stdoutおよびstderrにメッセージを出力するために使用する文字コード。一般的にunix charsetの値と同じはずです。

  • 81 – 83 行目 : Windowsで使用しているワークグループ名、あるいはドメイン名指定します。

    workgroup = WORKGROUP : ここでは、ワークグループ名 “WORKGROUP” を指定しています。

  • 90 – 92 行目 : SambaにアクセスできるホストをIPアドレスで指定します。

    hosts allow = 127. 192.168.1.: ここでは、127.xxx.xxx.xxx or 192.168.1.xxx のネットワークからのアクセスを許可するように設定しています。

  • 233 – 236 行目 : プリンターの共有を無効にします。

    load printers = no : 共有するプリンターをロードするかどうかを指定します。ここでは、”no” を指定してロードしないようにしています。
    disable spoolss = yes : MS-RPCのSPOOLSSを無効(“yes”)にします。

  • 262 – 267 行目 : 接続したユーザ毎のホームディレクトリの設定を行います。

    ここの設定は、何も変更していません。ユーザ毎のホームディレクトリが必要ない場合は、ここをコメントアウト、あるいは削除してください。
    デフォルトの設定のままであれば、各ユーザのホームディレクトリがそのまま利用できます。(ここでは、/home/smb-user/ が利用可能となります。)

    comment = Home Directories : コメントです。
    browseable = no : 全てのユーザに公開するか否かを設定します。ここでは公開しません。権限があるユーザのみ参照できます。
    writable = yes : 書き込み可、不可を設定します。ここでは、書き込み可とします。

  • 269 – 275 行目 : 共有プリンターの設定を行います。

    今回、プリンターは、すべて無効にしていますので、ここの設定は意味がありません。 ここの設定は、デフォルトで設定してあったものをすべてコメントアウトしました。

  • 294 – 304 行目 : 公開ディレクトリ Publicを定義します。

    [public] : 公開名になります。
    comment = Public Stuff : コメントです。
    path = /var/samba : 公開するディレクトリです。
    public = yes : 全員に公開するか否かを設定します。ここでは、公開します。(パラメータ guest ok と同じ)
    printable = no : プリンター共有の設定を行います。ここでは、プリンターは共有しません。
    write list = +sambaw : 書き込み可能なユーザ、グループを指定します。ここでは、sambawというグループを書き込み可としています。グループを指定する場合は、グループ名の前に “@” or “+” を指定します。


Sambaのポートを開く

Sambaで使用するTCPポートを開きます。すでに公開となっている場合は、次の手順へ進んでください。 ここでは、445 のみをiptables で開きます。

$ iptables -A INPUT -p tcp --dport 445 -j ACCEPT
$ /etc/rc.d/init.d/iptables save
$ /sbin/service iptables restart
iptables: ファイアウォールルールを消去中:                  [  OK  ]
iptables: チェインをポリシー ACCEPT へ設定中filter         [  OK  ]
iptables: モジュールを取り外し中:                          [  OK  ]
iptables: ファイアウォールルールを適用中:                  [  OK  ]

Sambaデーモンを起動する

最後にSambaデーモンを起動します。

# Sambaデーモンを起動します。
$  /etc/init.d/smb restart
SMB サービスを停止中:                                      [  OK  ]
SMB サービスを起動中:                                      [  OK  ]

# SambaデーモンをOSの再起動でも自動的に起動するようにします。
$ chkconfig smb on
nmb は、起動していないことに注意してください。
ここでは、Direct Hosting of SMBを利用していますので、NetBIOSの nmb を起動しなくても良いはずです。

Windowsからアクセスしてみましょう

サーバー側の設定を終えたら、Windowsから公開されているディレクトリをアクセスしてみましょう。

  • コマンドプロンプトからアクセスしてみる。
    # SambaサーバーのIPアドレス+公開ディレクトリで直接アクセスしてみます。
    C:\>dir \\192.168.1.99\public\
    ユーザー名またはパスワードが正しくありません。
    
    # Sambaサーバーの共有ディレクトリへ接続します。
    C:\>NET USE \\192.168.1.99\public
    '192.168.1.99' のユーザー名を入力してください: smb-userreturn
    192.168.1.99 のパスワードを入力してください:****return
    コマンドは正常に終了しました。
    
    
    # ユーザ、パスワードに誤りがなければ正しく接続できていますので、DIRコマンドでファイル一覧を出力してみます。
    C:\>dir \\192.168.1.99\public\
     ドライブ \\192.168.1.99\public のボリューム ラベルは public です
     ボリューム シリアル番号は 7811-2E91 です
    
     \\192.168.1.99\public のディレクトリ
    
    2012/11/16  04:06    <DIR>          .
    2012/11/15  19:48    <DIR>          ..
    2012/11/16  03:39                 3 test2.txt
    2012/11/16  03:18                 4 test.txt
                   2 個のファイル                   7 バイト
                   2 個のディレクトリ  46,239,563,776 バイトの空き領域
    
    # Sambaサーバーの共有ディレクトリへ接続を解除します。
    C:\>NET USE \\192.168.1.99\public /delete
    \\192.168.1.99\public が削除されました。
    
    C:\>

  • エクスプローラからアクセスしてみる。
    1. SambaサーバーのIPアドレス+公開ディレクトリを直接入力してアクセスしてみます。
      エクスプローラで共有する 共有ファイルアドレス入力

    2. 初回時、ユーザ、パスワードを入力し、OKボタンをクリックします。
      エクスプローラで共有する パスワード入力

    3. 正しくログインできれば、以下のようにファイル一覧が表示されます。
      エクスプローラで共有する ファイル一覧表示

    ファイルの作成や削除なども試してみましょう。
    ここでの設定例では、smb-user で接続している場合、すべての操作ができるはずです。

    ファイルの書き込み禁止ユーザで接続している場合は、以下のようなメッセージが表示されるはずです。
    エクスプローラで共有する ファイル作成NG


うまく接続できたでしょうか?
サーバーと共有できるのは、やっぱり便利ですよね。

ここでの設定は、あくまで最小限の設定であることに注意してください。
ホームディレクトリの設定などもできますし、実行権限の設定などもできます。

LAN内で使用している場合は、この程度の設定でも問題ないと思いますが、外部サーバーでSambaを使用する場合は、細心の注意が必要です。

先に書いた通り、Sambaはリスクが高いので、インターネット上のサーバーで利用する場合は、VPN(Virtuka Private Network)やSSLとの組み合わせでよりセキュアなSambaの構築が必要となるでしょう。
ご利用のブラウザは、広告ブロック(AdBlockなど) が適用となっていませんか?
このサイトでは、コンテンツの一部が非表示、あるいは、コメント、お問い合わせの投稿ができない検索ができないことがあります。


関連記事 :

OpenVPN 上で Samba を使うための設定

以下の記事で Samba の設定、OpenVPN の設定を行ってみました。 Samba を使ってファイル共有してみる OpenVPN ...

Lubuntu 14.04 LTS を Windows XP の代わりに インストールしてみた

Lubuntuとは、 Lubuntu(ルブントゥ)はUbuntuから派生したディストリビューションであり、 「軽量で、リソース消費量が少なく ...

mysqlのレプリケーションを使う

今回は、mysqlのレプリケーション(replication)です。 レプリケーション(replication)とは、 直訳 ...

Linux Mint 17 を Windows の代わりに インストールしてみた

Linux Mintとは、 Linux Mint(リナックス・ミント)はLinuxディストリビューションの一つである。 洗練され、最新で快適 ...

Windows版 lftp で自動ダウンロード、アップロードを行う方法

最近では、レンタルサーバの障害が、この業界でも話題になっています。万が一に備えてのバックアップは大事です。 ウェブ関連データのバックアップを自 ...



コメントを投稿 :

お名前 *

メールアドレス *
( メールアドレスが公開されることはありません。)

サイトアドレス

コメント *

* 印の項目は、入力が必要な項目です。




最近投稿の記事

[ 画像提供元 : Amazon ] 先日、1TBのディスクの入れ替え時にバックアップをとろうとディスクコピーを行いました。 その際 ...

Windows で Linux ファイルシステム Ext4 のディスクをマウントするには? Ext3Fsd が、おそらく、最も簡単なツール ...

今回は、Windows で Compass を使ってみました。 Compass とは、 Sass(サス、Syntactica ...

今回は、Anti Adblock を使ってみました。 Anti Adblock とは、 そもそも Adblock という ウェブ ...

デスクトップ環境でない サーバーで、Webページのキャプチャー画像をコマンドで撮る には、wkhtmltoimage, CutyCapt ...


さくらのVPS 全プラン リニューアルです。(石狩(北海道)も選択可)


root権限ありで ¥685 / 月 ~ と非常にリーズナブルな CPU 1(core)の 512 プランから、 最高 CPU 10(core), メモリ 32(GB), SSD容量 800(GB) までとプランが充実。
ディスクは、SSDとHDDの選択が可能になった他、データセンターは人気の東京、石狩(北海道)となりました。

また、どのプランでも好きなOSが選べます
( CentOS, Fedora, Scientific Linux, FreeBSD, Ubutu, Debian )

管理人もおすすめのVPSです。
試用期間がありますから、一度、お試しを!!

詳しくは、http://vps.sakura.ad.jp/さくらのVPSのサイトへ へどうぞ!!

カテゴリ


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。
最近、スワップにも対応した Serverman@VPS は、かなりリーズナブルかもです。

  • メモリ1GB~2GBのEntryプラン :月額:490円
  • メモリ2MB~4GBのStandardプラン :月額:980円
  • メモリ4GB~8GBのProプラン :月額:1,980円

新規申し込みで1ヶ月間完全無料となるキャンペーンを実施中です。
Serverman@VPSの特徴は、安さとIPv6対応です。また、初期設定費0円もポイントです。

IPv6でちょっと遊んでみたい方には、おすすめかもしれませんね。最低利用期間もありませんから、気に入らないときは即解約もできます。

Serverman@VPSの詳細については、 http://dream.jp/vps/ Serverman@VPSのサイトへへどうぞ。



KVM採用 ConoHa VPSは、時間単位で借りれる便利なVPSです。


ConoHa VPS は、初期設定費0円最低利用期間無し時間単位で清算可能、 さらに、Web APIを使って自動化を図ることもできる便利なVPSです。

海外サーバー設置も可能で、ローカル接続にも対応と、かなり、機能豊富なサーバーです。

新規ユーザ登録で、クーポンもらえますから、まずは、お試しですね。

ConoHa VPSの詳細については、
http://www.conoha.jp/ へどうぞ。

KVM採用 お名前.com VPS(KVM) 2G プラン 初期設定費無料 キャンペーン 実施です。


メモリ2GBプラン CPU:3core、Disk:200GB
月額:1,153円から (初期設定:1,680円0円)

さくらのVPSがリニューアルされてもなんのその。
1GBメモリ / 2Core を ¥834 – の格安価格で提供中です!
間違いなくスペックからすると割安感ありです。
年間割引時の途中解約で返金がないのは、 ちょっと残念ですが、それでもこの割安感は魅力です。

まずは、お試しですね。

お名前.com VPS(KVM)の詳細については、
http://www.onamae-server.com/vps/ へどうぞ。(お試し期間が15日あります。)



  • ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークへ追加するはてな登録数
ページトップへ
Time : 0.2689 [s]