レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント
レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント - レンタルサーバー・自宅サーバーの設定・構築情報を公開しています。

さくらのVPS の SSD 1Gプランが出たので、UnixBench と iops を計測してみました。ついでに、お名前.com VPS(KVM) 1Gプランとも比較してみました。

unixbench

以前に、

でもUnixBenchを実施しました。

今回は、さくらのVPS で SSD プランが新規にリリースされたので、早速、どのくらいのパフォーマンスかチェックしてみました。
お決まりの UnixBench を 通常の 1GプランとSSD 1G プランの対比に加えて、お名前.com VPS(KVM)の1Gプランでも比較してみました。

加えて、今回は、ドライブの高速化が見込まれますから iopsも計測してみました。iopsは、ioping コマンドを使ってみました。

[実施環境]
OS : CentOS 6.3 (デフォルトOS)
UnixBench : 5.1.3
さくらのVPS :1G プラン (北海道(石狩データセンター))
さくらのVPS :SSD 1G プラン (北海道(石狩データセンター))
お名前.com VPS(KVM) :1G プラン
伝送速度(レスポンス時間)についての比較は、さくらのVPS の 北海道の石狩データセンター(石狩リージョン)と大阪の堂島データセンター(大阪リージョン)を pingコマンドで簡単にレスポンス時間を計測してみた。 にて実施していますので、そちらも参考にされるとより比較できると思います。

UnixBenchの前準備

UnixBenchの前準備として、UnixBenchのmake作業が必要です。詳しくは、以下を参照してください。

  1. UnixBenchの最新ファイルをダウンロードする。
    $ wget http://byte-unixbench.googlecode.com/files/UnixBench5.1.3.tgz
    ...
    現在の最新バージョンが、5.1.3だったので、そのバージョンをダウンロードしてみました。
    最新バージョンは、 http://code.google.com/p/byte-unixbench/downloads/listで確認しましょう。

    適当なディレクトリで解凍しておきます。

    $ tar xfz UnixBench5.1.3.tgz
    ...

  2. GUI系の計測は不要なのでMakeFileを編集する。

    計測が不要なものは、コメントアウトしておきます。
    ここではGUI関係は不要なので、GRAPHIC_TESTS , GL_LIBS をそれぞれコメントアウトしておきます。

    $ cd UnixBench
    [UnixBench]$ vi Makefile
    ...
    
    SHELL = /bin/sh
    
    # GRAPHICS TESTS: Uncomment the definition of "GRAPHIC_TESTS" to enable
    # the building of the graphics benchmarks.  This will require the
    # X11 libraries on your system.
    #
    # Comment the line out to disable these tests.
    # GRAPHIC_TESTS = defined
    
    # Set "GL_LIBS" to the libraries needed to link a GL program.
    # GL_LIBS = -lGL -lXext -lX11
    ...

  3. UnixBenchをコンパイルする。

    UnixBenchをコンパイルするには、makeおよびgcc、perlが必要になります。
    加えて CentOS/ScientificLinux の場合、perl のTime/HiResもインストールする必要があります。
    前準備として以下のツールをインストールします。

    CentOS/ScientificLinux の場合
    $ yum -y install make gcc perl perl-Time-HiRes
    ...
    Debian/Ubuntu の場合
    $ apt-get -y install make gcc perl
    ...

    準備を終えたら、続けてmakeを実行します。
    実行するディレクトリは、先にUnixBenchを解凍したディレクトリで実行します。

    [UnixBench]$ make
    ...

    ここでエラーがでない場合は、すぐにでも計測できます。
    以下のようにRunで実行です。

    [UnixBench]$ ./Run
    make all
    make[1]: Entering directory `/root/UnixBench'
    Checking distribution of files
    ./pgms  exists
    ./src  exists
    ./testdir  exists
    ./tmp  exists
    ./results  exists
    make[1]: Leaving directory `/root/UnixBench'
    
       #    #  #    #  #  #    #          #####   ######  #    #   ####   #    #
       #    #  ##   #  #   #  #           #    #  #       ##   #  #    #  #    #
       #    #  # #  #  #    ##            #####   #####   # #  #  #       ######
       #    #  #  # #  #    ##            #    #  #       #  # #  #       #    #
       #    #  #   ##  #   #  #           #    #  #       #   ##  #    #  #    #
        ####   #    #  #  #    #          #####   ######  #    #   ####   #    #
    
       Version 5.1.3                      Based on the Byte Magazine Unix Benchmark
    ...
    
    # ↑このように UNIX BENCH の文字絵が出力されればOKです。Ctrl+C で中断できます。
    Runは、概ね 1CPUあたり20分ぐらいでしょうか。単純に仮想CPU2あるので、倍の40分程度は掛かるものと思います。 また、負荷もかかるので、基本的には、実際に運用中のサーバーでの実施は避けた方が良いと思います。 でも、負荷が掛かっているときの情報が欲しい場合もあるでしょうから、計測する意図を考えて行うことが肝要かと思います。


UnixBenchの実施結果

さくらのVPS SSD 1GプランでのUnixBenchの実施結果

データセンターは、北海道(石狩)です。

   #    #  #    #  #  #    #          #####   ######  #    #   ####   #    #
   #    #  ##   #  #   #  #           #    #  #       ##   #  #    #  #    #
   #    #  # #  #  #    ##            #####   #####   # #  #  #       ######
   #    #  #  # #  #    ##            #    #  #       #  # #  #       #    #
   #    #  #   ##  #   #  #           #    #  #       #   ##  #    #  #    #
    ####   #    #  #  #    #          #####   ######  #    #   ####   #    #

   Version 5.1.3                      Based on the Byte Magazine Unix Benchmark

   Multi-CPU version                  Version 5 revisions by Ian Smith,
                                      Sunnyvale, CA, USA
   January 13, 2011                   johantheghost at yahoo period com


1 x Dhrystone 2 using register variables  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

1 x Double-Precision Whetstone  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

1 x Execl Throughput  1 2 3

1 x File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks  1 2 3

1 x File Copy 256 bufsize 500 maxblocks  1 2 3

1 x File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks  1 2 3

1 x Pipe Throughput  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

1 x Pipe-based Context Switching  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

1 x Process Creation  1 2 3

1 x System Call Overhead  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

1 x Shell Scripts (1 concurrent)  1 2 3

1 x Shell Scripts (8 concurrent)  1 2 3

2 x Dhrystone 2 using register variables  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

2 x Double-Precision Whetstone  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

2 x Execl Throughput  1 2 3

2 x File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks  1 2 3

2 x File Copy 256 bufsize 500 maxblocks  1 2 3

2 x File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks  1 2 3

2 x Pipe Throughput  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

2 x Pipe-based Context Switching  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

2 x Process Creation  1 2 3

2 x System Call Overhead  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

2 x Shell Scripts (1 concurrent)  1 2 3

2 x Shell Scripts (8 concurrent)  1 2 3

========================================================================
   BYTE UNIX Benchmarks (Version 5.1.3)

   System: www2123gi.sakura.ne.jp: GNU/Linux
   OS: GNU/Linux -- 2.6.32-279.14.1.el6.x86_64 -- #1 SMP Tue Nov 6 23:43:09 UTC 2012
   Machine: x86_64 (x86_64)
   Language: en_US.utf8 (charmap="UTF-8", collate="UTF-8")
   CPU 0: Intel(R) Xeon(R) CPU E5-2640 (5000.0 bogomips)
          Hyper-Threading, x86-64, MMX, Physical Address Ext, SYSCALL/SYSRET
   CPU 1: Intel(R) Xeon(R) CPU E5-2640 (5000.0 bogomips)
          Hyper-Threading, x86-64, MMX, Physical Address Ext, SYSCALL/SYSRET
   15:53:53 up  1:15,  1 user,  load average: 13.60, 7.26, 3.84; runlevel 3

------------------------------------------------------------------------
Benchmark Run: Thu Dec 13 2012 15:53:53 - 16:22:05
2 CPUs in system; running 1 parallel copy of tests

Dhrystone 2 using register variables       27434596.8 lps   (10.0 s, 7 samples)
Double-Precision Whetstone                     2926.2 MWIPS (9.9 s, 7 samples)
Execl Throughput                               3291.6 lps   (30.0 s, 2 samples)
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks        858663.8 KBps  (30.0 s, 2 samples)
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks          244322.5 KBps  (30.0 s, 2 samples)
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks        987902.9 KBps  (30.0 s, 2 samples)
Pipe Throughput                             1674987.9 lps   (10.0 s, 7 samples)
Pipe-based Context Switching                  28124.3 lps   (10.0 s, 7 samples)
Process Creation                               9462.9 lps   (30.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (1 concurrent)                   5629.4 lpm   (60.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (8 concurrent)                   1234.0 lpm   (60.0 s, 2 samples)
System Call Overhead                        2164618.7 lps   (10.0 s, 7 samples)

System Benchmarks Index Values               BASELINE       RESULT    INDEX
Dhrystone 2 using register variables         116700.0   27434596.8   2350.9
Double-Precision Whetstone                       55.0       2926.2    532.0
Execl Throughput                                 43.0       3291.6    765.5
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks          3960.0     858663.8   2168.3
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks            1655.0     244322.5   1476.3
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks          5800.0     987902.9   1703.3
Pipe Throughput                               12440.0    1674987.9   1346.5
Pipe-based Context Switching                   4000.0      28124.3     70.3
Process Creation                                126.0       9462.9    751.0
Shell Scripts (1 concurrent)                     42.4       5629.4   1327.7
Shell Scripts (8 concurrent)                      6.0       1234.0   2056.7
System Call Overhead                          15000.0    2164618.7   1443.1
                                                                   ========
System Benchmarks Index Score                                        1032.2

------------------------------------------------------------------------
Benchmark Run: Thu Dec 13 2012 16:22:05 - 16:50:17
2 CPUs in system; running 2 parallel copies of tests

Dhrystone 2 using register variables       54628018.3 lps   (10.0 s, 7 samples)
Double-Precision Whetstone                     5844.9 MWIPS (10.0 s, 7 samples)
Execl Throughput                               7560.1 lps   (30.0 s, 2 samples)
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks        958747.7 KBps  (30.0 s, 2 samples)
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks          252624.4 KBps  (30.0 s, 2 samples)
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks       1834520.1 KBps  (30.0 s, 2 samples)
Pipe Throughput                             3335408.1 lps   (10.0 s, 7 samples)
Pipe-based Context Switching                 557364.9 lps   (10.0 s, 7 samples)
Process Creation                              24365.1 lps   (30.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (1 concurrent)                   9341.7 lpm   (60.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (8 concurrent)                   1261.5 lpm   (60.0 s, 2 samples)
System Call Overhead                        3371725.7 lps   (10.0 s, 7 samples)

System Benchmarks Index Values               BASELINE       RESULT    INDEX
Dhrystone 2 using register variables         116700.0   54628018.3   4681.1
Double-Precision Whetstone                       55.0       5844.9   1062.7
Execl Throughput                                 43.0       7560.1   1758.2
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks          3960.0     958747.7   2421.1
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks            1655.0     252624.4   1526.4
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks          5800.0    1834520.1   3163.0
Pipe Throughput                               12440.0    3335408.1   2681.2
Pipe-based Context Switching                   4000.0     557364.9   1393.4
Process Creation                                126.0      24365.1   1933.7
Shell Scripts (1 concurrent)                     42.4       9341.7   2203.2
Shell Scripts (8 concurrent)                      6.0       1261.5   2102.5
System Call Overhead                          15000.0    3371725.7   2247.8
                                                                   ========
System Benchmarks Index Score                                        2107.8

さくらのVPS 1GプランでのUnixBenchの実施結果

データセンターは、北海道(石狩)です。

   #    #  #    #  #  #    #          #####   ######  #    #   ####   #    #
   #    #  ##   #  #   #  #           #    #  #       ##   #  #    #  #    #
   #    #  # #  #  #    ##            #####   #####   # #  #  #       ######
   #    #  #  # #  #    ##            #    #  #       #  # #  #       #    #
   #    #  #   ##  #   #  #           #    #  #       #   ##  #    #  #    #
    ####   #    #  #  #    #          #####   ######  #    #   ####   #    #

   Version 5.1.3                      Based on the Byte Magazine Unix Benchmark

   Multi-CPU version                  Version 5 revisions by Ian Smith,
                                      Sunnyvale, CA, USA
   January 13, 2011                   johantheghost at yahoo period com


1 x Dhrystone 2 using register variables  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

1 x Double-Precision Whetstone  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

1 x Execl Throughput  1 2 3

1 x File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks  1 2 3

1 x File Copy 256 bufsize 500 maxblocks  1 2 3

1 x File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks  1 2 3

1 x Pipe Throughput  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

1 x Pipe-based Context Switching  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

1 x Process Creation  1 2 3

1 x System Call Overhead  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

1 x Shell Scripts (1 concurrent)  1 2 3

1 x Shell Scripts (8 concurrent)  1 2 3

2 x Dhrystone 2 using register variables  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

2 x Double-Precision Whetstone  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

2 x Execl Throughput  1 2 3

2 x File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks  1 2 3

2 x File Copy 256 bufsize 500 maxblocks  1 2 3

2 x File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks  1 2 3

2 x Pipe Throughput  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

2 x Pipe-based Context Switching  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

2 x Process Creation  1 2 3

2 x System Call Overhead  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

2 x Shell Scripts (1 concurrent)  1 2 3

2 x Shell Scripts (8 concurrent)  1 2 3

========================================================================
   BYTE UNIX Benchmarks (Version 5.1.3)

   System: www4141ui.sakura.ne.jp: GNU/Linux
   OS: GNU/Linux -- 2.6.32-279.11.1.el6.x86_64 -- #1 SMP Tue Oct 16 15:57:10 UTC 2012
   Machine: x86_64 (x86_64)
   Language: en_US.utf8 (charmap="UTF-8", collate="UTF-8")
   CPU 0: Intel(R) Xeon(R) CPU E5645 (4800.4 bogomips)
          Hyper-Threading, x86-64, MMX, Physical Address Ext, SYSCALL/SYSRET
   CPU 1: Intel(R) Xeon(R) CPU E5645 (4800.4 bogomips)
          Hyper-Threading, x86-64, MMX, Physical Address Ext, SYSCALL/SYSRET
   17:10:16 up  1:06,  0 users,  load average: 12.67, 6.84, 3.62; runlevel 3

------------------------------------------------------------------------
Benchmark Run: Mon Oct 22 2012 17:10:16 - 17:37:39
2 CPUs in system; running 1 parallel copy of tests

Dhrystone 2 using register variables       21877154.8 lps   (10.0 s, 7 samples)
Double-Precision Whetstone                     2808.1 MWIPS (7.0 s, 7 samples)
Execl Throughput                               1848.5 lps   (30.0 s, 2 samples)
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks        726522.2 KBps  (30.0 s, 2 samples)
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks          205966.3 KBps  (30.0 s, 2 samples)
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks       1050888.1 KBps  (30.0 s, 2 samples)
Pipe Throughput                             1331695.2 lps   (10.0 s, 7 samples)
Pipe-based Context Switching                  15455.6 lps   (10.0 s, 7 samples)
Process Creation                               5040.9 lps   (30.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (1 concurrent)                   3210.4 lpm   (60.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (8 concurrent)                   1026.2 lpm   (60.0 s, 2 samples)
System Call Overhead                        1605535.1 lps   (10.0 s, 7 samples)

System Benchmarks Index Values               BASELINE       RESULT    INDEX
Dhrystone 2 using register variables         116700.0   21877154.8   1874.6
Double-Precision Whetstone                       55.0       2808.1    510.6
Execl Throughput                                 43.0       1848.5    429.9
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks          3960.0     726522.2   1834.7
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks            1655.0     205966.3   1244.5
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks          5800.0    1050888.1   1811.9
Pipe Throughput                               12440.0    1331695.2   1070.5
Pipe-based Context Switching                   4000.0      15455.6     38.6
Process Creation                                126.0       5040.9    400.1
Shell Scripts (1 concurrent)                     42.4       3210.4    757.2
Shell Scripts (8 concurrent)                      6.0       1026.2   1710.3
System Call Overhead                          15000.0    1605535.1   1070.4
                                                                   ========
System Benchmarks Index Score                                         763.2

------------------------------------------------------------------------
Benchmark Run: Mon Oct 22 2012 17:37:39 - 18:05:07
2 CPUs in system; running 2 parallel copies of tests

Dhrystone 2 using register variables       43380336.2 lps   (10.0 s, 7 samples)
Double-Precision Whetstone                     5556.3 MWIPS (7.6 s, 7 samples)
Execl Throughput                               6534.3 lps   (30.0 s, 2 samples)
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks        784048.3 KBps  (30.0 s, 2 samples)
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks          254843.7 KBps  (30.0 s, 2 samples)
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks       1840422.9 KBps  (30.0 s, 2 samples)
Pipe Throughput                             2693130.0 lps   (10.0 s, 7 samples)
Pipe-based Context Switching                 466594.1 lps   (10.0 s, 7 samples)
Process Creation                              21296.1 lps   (30.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (1 concurrent)                   7941.0 lpm   (60.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (8 concurrent)                   1120.8 lpm   (60.0 s, 2 samples)
System Call Overhead                        2859875.5 lps   (10.0 s, 7 samples)

System Benchmarks Index Values               BASELINE       RESULT    INDEX
Dhrystone 2 using register variables         116700.0   43380336.2   3717.3
Double-Precision Whetstone                       55.0       5556.3   1010.2
Execl Throughput                                 43.0       6534.3   1519.6
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks          3960.0     784048.3   1979.9
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks            1655.0     254843.7   1539.8
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks          5800.0    1840422.9   3173.1
Pipe Throughput                               12440.0    2693130.0   2164.9
Pipe-based Context Switching                   4000.0     466594.1   1166.5
Process Creation                                126.0      21296.1   1690.2
Shell Scripts (1 concurrent)                     42.4       7941.0   1872.9
Shell Scripts (8 concurrent)                      6.0       1120.8   1867.9
System Call Overhead                          15000.0    2859875.5   1906.6
                                                                   ========
System Benchmarks Index Score                                        1846.6

お名前.com VPS(KVM) 1GプランでのUnixBenchの実施結果

   #    #  #    #  #  #    #          #####   ######  #    #   ####   #    #
   #    #  ##   #  #   #  #           #    #  #       ##   #  #    #  #    #
   #    #  # #  #  #    ##            #####   #####   # #  #  #       ######
   #    #  #  # #  #    ##            #    #  #       #  # #  #       #    #
   #    #  #   ##  #   #  #           #    #  #       #   ##  #    #  #    #
    ####   #    #  #  #    #          #####   ######  #    #   ####   #    #

   Version 5.1.3                      Based on the Byte Magazine Unix Benchmark

   Multi-CPU version                  Version 5 revisions by Ian Smith,
                                      Sunnyvale, CA, USA
   January 13, 2011                   johantheghost at yahoo period com


1 x Dhrystone 2 using register variables  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

1 x Double-Precision Whetstone  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

1 x Execl Throughput  1 2 3

1 x File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks  1 2 3

1 x File Copy 256 bufsize 500 maxblocks  1 2 3

1 x File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks  1 2 3

1 x Pipe Throughput  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

1 x Pipe-based Context Switching  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

1 x Process Creation  1 2 3

1 x System Call Overhead  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

1 x Shell Scripts (1 concurrent)  1 2 3

1 x Shell Scripts (8 concurrent)  1 2 3

2 x Dhrystone 2 using register variables  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

2 x Double-Precision Whetstone  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

2 x Execl Throughput  1 2 3

2 x File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks  1 2 3

2 x File Copy 256 bufsize 500 maxblocks  1 2 3

2 x File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks  1 2 3

2 x Pipe Throughput  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

2 x Pipe-based Context Switching  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

2 x Process Creation  1 2 3

2 x System Call Overhead  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

2 x Shell Scripts (1 concurrent)  1 2 3

2 x Shell Scripts (8 concurrent)  1 2 3

========================================================================
   BYTE UNIX Benchmarks (Version 5.1.3)

   System: v157-7-133-86.myvps.jp: GNU/Linux
   OS: GNU/Linux -- 2.6.32-279.11.1.el6.x86_64 -- #1 SMP Tue Oct 16 15:57:10 UTC 2012
   Machine: x86_64 (x86_64)
   Language: en_US.utf8 (charmap="UTF-8", collate="UTF-8")
   CPU 0: Intel(R) Core(TM)2 Duo CPU T7700 @ 2.40GHz (6133.5 bogomips)
          x86-64, MMX, Physical Address Ext, SYSCALL/SYSRET
   CPU 1: Intel(R) Core(TM)2 Duo CPU T7700 @ 2.40GHz (6133.5 bogomips)
          x86-64, MMX, Physical Address Ext, SYSCALL/SYSRET
   16:14:41 up 10 min,  1 user,  load average: 0.00, 0.00, 0.00; runlevel 3

------------------------------------------------------------------------
Benchmark Run: Mon Oct 22 2012 16:14:41 - 16:42:45
2 CPUs in system; running 1 parallel copy of tests

Dhrystone 2 using register variables       33324542.9 lps   (10.0 s, 7 samples)
Double-Precision Whetstone                     3937.5 MWIPS (10.0 s, 7 samples)
Execl Throughput                               2276.5 lps   (29.6 s, 2 samples)
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks       1047004.6 KBps  (30.0 s, 2 samples)
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks          307089.8 KBps  (30.0 s, 2 samples)
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks       1867097.8 KBps  (30.0 s, 2 samples)
Pipe Throughput                             2186701.2 lps   (10.0 s, 7 samples)
Pipe-based Context Switching                 339072.5 lps   (10.0 s, 7 samples)
Process Creation                               4936.4 lps   (30.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (1 concurrent)                   4311.2 lpm   (60.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (8 concurrent)                   1326.8 lpm   (60.0 s, 2 samples)
System Call Overhead                        4443429.2 lps   (10.0 s, 7 samples)

System Benchmarks Index Values               BASELINE       RESULT    INDEX
Dhrystone 2 using register variables         116700.0   33324542.9   2855.6
Double-Precision Whetstone                       55.0       3937.5    715.9
Execl Throughput                                 43.0       2276.5    529.4
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks          3960.0    1047004.6   2644.0
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks            1655.0     307089.8   1855.5
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks          5800.0    1867097.8   3219.1
Pipe Throughput                               12440.0    2186701.2   1757.8
Pipe-based Context Switching                   4000.0     339072.5    847.7
Process Creation                                126.0       4936.4    391.8
Shell Scripts (1 concurrent)                     42.4       4311.2   1016.8
Shell Scripts (8 concurrent)                      6.0       1326.8   2211.4
System Call Overhead                          15000.0    4443429.2   2962.3
                                                                   ========
System Benchmarks Index Score                                        1418.7

------------------------------------------------------------------------
Benchmark Run: Mon Oct 22 2012 16:42:45 - 17:10:50
2 CPUs in system; running 2 parallel copies of tests

Dhrystone 2 using register variables       66754483.7 lps   (10.0 s, 7 samples)
Double-Precision Whetstone                     7883.3 MWIPS (9.8 s, 7 samples)
Execl Throughput                               8197.4 lps   (29.7 s, 2 samples)
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks       1204670.4 KBps  (30.0 s, 2 samples)
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks          314960.9 KBps  (30.0 s, 2 samples)
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks       3059168.3 KBps  (30.0 s, 2 samples)
Pipe Throughput                             4469336.6 lps   (10.0 s, 7 samples)
Pipe-based Context Switching                 703358.6 lps   (10.0 s, 7 samples)
Process Creation                              20873.6 lps   (30.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (1 concurrent)                   9865.2 lpm   (60.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (8 concurrent)                   1367.8 lpm   (60.0 s, 2 samples)
System Call Overhead                        6989692.4 lps   (10.0 s, 7 samples)

System Benchmarks Index Values               BASELINE       RESULT    INDEX
Dhrystone 2 using register variables         116700.0   66754483.7   5720.2
Double-Precision Whetstone                       55.0       7883.3   1433.3
Execl Throughput                                 43.0       8197.4   1906.4
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks          3960.0    1204670.4   3042.1
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks            1655.0     314960.9   1903.1
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks          5800.0    3059168.3   5274.4
Pipe Throughput                               12440.0    4469336.6   3592.7
Pipe-based Context Switching                   4000.0     703358.6   1758.4
Process Creation                                126.0      20873.6   1656.6
Shell Scripts (1 concurrent)                     42.4       9865.2   2326.7
Shell Scripts (8 concurrent)                      6.0       1367.8   2279.7
System Call Overhead                          15000.0    6989692.4   4659.8
                                                                   ========
System Benchmarks Index Score                                        2656.4

各出力結果の意味

[ UnixBench出力情報の意味 ]

出力項目名 意味
Dhrystone 2 using register variables 2つのレジスタを使用した整数・文字列演算
Double-Precision Whetstone 倍精度浮動小数点演算
Execl Throughput exec関数実行処理
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks ファイルコピー(バッファサイズ1024バイト)
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks ファイルコピー(バッファサイズ256バイト)
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks ファイルコピー(バッファサイズ4096バイト)
Pipe Throughput pipe処理
Pipe-based Context Switching pipeベースでのコンテキストスイッチング
Process Creation プロセス生成
Shell Scripts (1 concurrent) シェルスクリプト実行(シングル)
Shell Scripts (8 concurrent) シェルスクリプト実行(8個並列)
System Call Overhead システムコール
System Benchmarks Index Score ベンチマーク値(UnixBenchの値として代表的に用いられる値)

実施結果から思うこと

もう少し、変化があるのかなぁと思いましたが、それほどの差がないのが、逆に驚きでした。
UnixBnechの特性上、全体的(平均的)な指標となるのもわからなくもないですが、 File Copy 関連の指標も、それほどSSDプランがとびぬけていないのが逆に気になりました。 これって間違いじゃないのかぁって思いましたが、さくらのVPS側を再確認しましたが、プラン名もディスクもやっぱりSSD プランのもので間違いないようです。

これで、いよいよSSDの性能を確認するのが怖くなってきましたが、先にも書いたように ioping を使って計測してみます。


ioping のインストール

[追記] 2012.12.19
iopsの計測に関しては、

さくらのVPS の SSD 1Gプランが出たので、iops を計測してみました。ついでに、お名前.com VPS(KVM) 1Gプランとも比較してみました。(2)

にて改めて書きましたので、そちらを参考にされてください。

iopingは、デフォルトではインストールされていませんから、まずは、インストールします。


CentOS,ScientificLinux

$ wget http://kir.sacred.ru/ioping/ioping-0.5-1.fc14.x86_64.rpm
--2012-12-13 16:10:37--  http://kir.sacred.ru/ioping/ioping-0.5-1.fc14.x86_64.rpm
Resolving kir.sacred.ru... 195.22.104.170
Connecting to kir.sacred.ru|195.22.104.170|:80... connected.
HTTP request sent, awaiting response... 200 OK
Length: 10396 (10K) [application/x-rpm]
Saving to: 'ioping-0.5-1.fc14.x86_64.rpm'

100%[======================================>] 10,396      25.5K/s   in 0.4s

2012-12-13 16:10:38 (25.5 KB/s) - 'ioping-0.5-1.fc14.x86_64.rpm' saved [10396/10396]

$ rpm -i ioping-0.5-1.fc14.x86_64.rpm
$ ioping
 Usage: ioping [-LCDRq] [-c count] [-w deadline] [-p period] [-i interval]
               [-s size] [-S wsize] [-o offset] device|file|directory
        ioping -h

      -c <count>      stop after <count> requests
      -w <deadline>   stop after <deadline>
      -p <period>     print raw statistics for every <period> requests
      -i <interval>   interval between requests
      -s <size>       request size
      -S <wsize>      working set size
      -o <offset>     in file offset
      -L              use sequential operations rather than random
      -C              use cached-io
      -D              use direct-io
      -R              seek rate test (same as -q -i 0 -w 3)
      -q              suppress human-readable output
      -h              display this message and exit

Debian,Ubuntu

$ wget http://ftp.us.debian.org/debian/pool/main/i/ioping/ioping_0.6-1_amd64.deb
--2012-12-13 17:07:43--  http://ftp.us.debian.org/debian/pool/main/i/ioping/ioping_0.6-1_amd64.deb
ftp.us.debian.org をDNSに問いあわせています... 35.9.37.225, 64.50.233.100, 64.50.236.52, ...
ftp.us.debian.org|35.9.37.225|:80 に接続しています... 接続しました。
HTTP による接続要求を送信しました、応答を待っています... 200 OK
長さ: 10526 (10K) [application/octet-stream]
'ioping_0.6-1_amd64.deb' に保存中

100%[======================================>] 10,526      36.4K/s 時間 0.3s

2012-12-13 17:07:44 (36.4 KB/s) - 'ioping_0.6-1_amd64.deb' へ保存完了 [10526/10526]

$ dpkg -i ioping_0.6-1_amd64.deb
未選択パッケージ ioping を選択しています。
(データベースを読み込んでいます ... 現在 36876 個のファイルとディレクトリがイン ストールされています。)
(ioping_0.6-1_amd64.deb から) ioping を展開しています...
ioping (0.6-1) を設定しています ...
man-db のトリガを処理しています ...

$ ioping -v
ioping 0.6

一応、ここでは、パッケージからのインストールをしていますが、iopingは、単純なC言語で書かれているようなので、gccとmakeがインストールされた環境なら簡単にmakeできます。
$ wget http://ioping.googlecode.com/files/ioping-0.6.tar.gz
--2012-12-14 00:47:42--  http://ioping.googlecode.com/files/ioping-0.6.tar.gz
Resolving ioping.googlecode.com... 74.125.31.82, 2404:6800:4008:c01::52
Connecting to ioping.googlecode.com|74.125.31.82|:80... connected.
HTTP request sent, awaiting response... 200 OK
Length: 6957 (6.8K) [application/x-gzip]
Saving to: 'ioping-0.6.tar.gz'

100%[======================================>] 6,957       --.-K/s   in 0.09s

2012-12-14 00:47:43 (78.6 KB/s) - 'ioping-0.6.tar.gz' saved [6957/6957]

$ tar xfz ioping-0.6.tar.gz
$ cd ioping-0.6
[ioping-0.6]$ make
cc -std=c99 -g -Wall -Wextra -pedantic -D_GNU_SOURCE -D_FILE_OFFSET_BITS=64 -DVERSION=\"0.6\" -c -o ioping.o ioping.c
cc -o ioping ioping.o -std=c99 -g -Wall -Wextra -pedantic -D_GNU_SOURCE -D_FILE_OFFSET_BITS=64 -lm

[ioping-0.6]$ ls -l
total 116
-rw-rw-r-- 1 1000 1000   942 Aug  2  2011 Makefile
-rwxr-xr-x 1 root root 35854 Dec 14 00:48 ioping
-rw-rw-r-- 1 1000 1000  2902 Jul 28  2011 ioping.1
-rw-rw-r-- 1 1000 1000 13736 Jul 28  2011 ioping.c
-rw-r--r-- 1 root root 49560 Dec 14 00:48 ioping.o
-rw-rw-r-- 1 1000 1000  1221 Aug  2  2011 ioping.spec

[root@www2123gi ioping-0.6]# ./ioping -v
ioping 0.6

ioping の実施結果

さくらのVPS SSD 1Gプランでのiopingの実施結果

データセンターは、北海道(石狩)です。

$ ioping -c 20 .
...
--- . (ext4 /dev/vda3) ioping statistics ---
20 requests completed in 19012.5 ms, 2053 iops, 8.0 mb/s
min/avg/max/mdev = 0.3/0.5/0.5/0.1 ms

さくらのVPS 1Gプランでのiopingの実施結果

データセンターは、北海道(石狩)です。

$ ioping -c 20 .
...
--- . (ext4 /dev/vda3) ioping statistics ---
20 requests completed in 19014.8 ms, 2358 iops, 9.2 mb/s
min/avg/max/mdev = 0.3/0.4/0.6/0.1 ms

お名前.com VPS(KVM) 1Gプランでのiopingの実施結果

$ ioping -c 20 .
...
--- . (ext3 /dev/disk/by-uuid/c5b4d057-5e83-4fc9-9aa6-054b395573b2) ioping statistics ---
20 requests completed in 19012.0 ms, 2495 iops, 9.7 mb/s
min/avg/max/mdev = 0.2/0.4/0.5/0.1 ms

実施結果から思うこと

上記は、すべて実測値なので、実測している最中にアクセスがあれば、パフォーマンスは落ちます。 そのため、1回だけやってもあまり意味がないことが多いです。何回かやってみて、その中央値なり、平均値なりを算出することで、ある程度、比較できるようになると思います。
上記の結果からすると、お名前.com VPS(KVM)が良さそうに見えますが、あくまで無負荷状態でのパフォーマンスです。
これが、実際の運用をしている状態だと、以下のようにグッとパフォーマンスが落ちる時もあります。(以下はかなり稀に起こります)

$ ioping -c 20 .
...
--- . (ext3 /dev/disk/by-uuid/c5b4d057-5e83-4fc9-9aa6-054b395573b2) ioping statistics ---
20 requests completed in 20968.5 ms, 10 iops, 0.0 mb/s
min/avg/max/mdev = 0.3/98.2/158.6/46.9 ms

上記2つの結果は、負荷がどれだけかかっているかによって違うだけです。同じサーバーを利用していますので、ハードスペックが異なっているわけではありません。

確かに通常ドライブの場合、一時的にパフォーマンスが落ちるときがあるようですが、なんだか、もっとハッキリと差が出るのかと思いましたが、そうではないようです。
これら結果からすると、やっぱり、長く運用してはじめわかるのかもしれませんね。


[追記] 2012.12.19
iopsの計測に関しては、

さくらのVPS の SSD 1Gプランが出たので、iops を計測してみました。ついでに、お名前.com VPS(KVM) 1Gプランとも比較してみました。(2)

にて改めて書きましたので、そちらを参考にされてください。
UnixBenchが多少 通常ドライブの 1G プラン よりも良かったのは、CPUの差もあるのかもしれません。

以下は、各VPSのcpuinfoをダンプした結果です。(参考まで)
# 
# さくらのVPS SSD 1G プラン (北海道(石狩))
# 
$ cat /proc/cpuinfo
processor       : 0
vendor_id       : GenuineIntel
cpu family      : 6
model           : 42
model name      : Intel(R) Xeon(R) CPU E5-2640
stepping        : 1
cpu MHz         : 2499.998
cache size      : 4096 KB
physical id     : 0
siblings        : 2
core id         : 0
cpu cores       : 1
apicid          : 0
initial apicid  : 0
fpu             : yes
fpu_exception   : yes
cpuid level     : 13
wp              : yes
flags           : fpu de pse tsc msr pae mce cx8 apic mtrr pge mca cmov pat pse36 clflush mmx fxsr sse sse2 ht syscall nx lm constant_tsc arch_perfmon unfair_spinlock pni pclmulqdq ssse3 cx16 sse4_1 sse4_2 x2apic popcnt aes xsave avx hypervisor xsaveopt
bogomips        : 4999.99
clflush size    : 64
cache_alignment : 64
address sizes   : 46 bits physical, 48 bits virtual
power management:


...  # 同じものがあと一つ出力されます


# 
# さくらのVPS 1G プラン (北海道(石狩))
# 
$ cat /proc/cpuinfo
processor       : 0
vendor_id       : GenuineIntel
cpu family      : 6
model           : 44
model name      : Intel(R) Xeon(R) CPU           E5645
stepping        : 1
cpu MHz         : 2400.210
cache size      : 4096 KB
physical id     : 0
siblings        : 2
core id         : 0
cpu cores       : 1
apicid          : 0
initial apicid  : 0
fpu             : yes
fpu_exception   : yes
cpuid level     : 11
wp              : yes
flags           : fpu de pse tsc msr pae mce cx8 apic mtrr pge mca cmov pat pse36 clflush mmx fxsr sse sse2 ht syscall nx lm constant_tsc arch_perfmon unfair_spinlock pni ssse3 cx16 sse4_1 sse4_2 x2apic popcnt aes hypervisor
bogomips        : 4800.42
clflush size    : 64
cache_alignment : 64
address sizes   : 40 bits physical, 48 bits virtual
power management:


...  # 同じものがあと一つ出力されます


# 
# お名前.com VPS(KVM) 1G プラン 
# 
$ cat /proc/cpuinfo
processor       : 0
vendor_id       : GenuineIntel
cpu family      : 6
model           : 15
model name      : Intel(R) Core(TM)2 Duo CPU     T7700  @ 2.40GHz
stepping        : 11
cpu MHz         : 3066.772
cache size      : 4096 KB
fpu             : yes
fpu_exception   : yes
cpuid level     : 10
wp              : yes
flags           : fpu vme de pse tsc msr pae mce cx8 apic mtrr pge mca cmov pat pse36 clflush mmx fxsr sse sse2 ss syscall nx lm constant_tsc unfair_spinlock pni ssse3 cx16 hypervisor lahf_lm
bogomips        : 6133.54
clflush size    : 64
cache_alignment : 64
address sizes   : 40 bits physical, 48 bits virtual
power management:

...  # 同じものがあと二つ出力されます
cpuinfo は、仮想化の設定時に書き換えができるので、正しくハードウェア情報が設定されているとは限りません。
お名前.com VPS(KVM) は、Core 2 Duo を使っているわけもありません。Xeonを使っています。
また、さくらのVPSでは、北海道(石狩) SSD と 通常ドライブ では、(ほとんど差がないと思いますが)CPUが変わったようです。

色々と試した結果からすると、やっぱりSSDはスゴイという結果が出なかったのが、逆に驚きでした。
確かに差は多少ありますが、際立っていないんですよね。 実運用でメモリを目一杯使用している状態では変化が出始めるのかなぁという感じもしますが、このあたりになると長く使ってみないとなんとも言えませんね。

[追記] 2012.12.19
iopsの計測に関しては、

さくらのVPS の SSD 1Gプランが出たので、iops を計測してみました。ついでに、お名前.com VPS(KVM) 1Gプランとも比較してみました。(2)

にて改めて書きましたので、そちらを参考にされてください。

まだ、これからもう少し、いろいろと試してみようよ思います。今回は、ここまでです。何かの参考になればうれしく思います。

興味のある方は、以下からのどうぞ。いずれもお試し期間があります。

さくらのVPSは、http://vps.sakura.ad.jp/ からどうぞ。

お名前.com VPSは、http://www.onamae-server.com/vps/ からどうぞ。




ご利用のブラウザは、広告ブロック(AdBlockなど) が適用となっていませんか?
このサイトでは、コンテンツの一部が非表示、あるいは、コメント、お問い合わせの投稿ができない検索ができないことがあります。


関連記事 :

さくらのVPSの1Gプランとお名前.com VPS(KVM) 1GプランのUnixBench を実施して計測し、比較してみました。

以前に、遅ればせながら、さくらのVPS (旧プラン512) のUnixBench を実施して計測してみました、 さくらのVPSの新プ ...

最新のさくらのVPS 1GプランでUnixBench, IOPS を計測し、2014年と2013年分と比較してみた

最新(2014年8月)にさくらのVPSの1Gプランを契約し、UnixBench、iopsを計測してみました。 CPUは、cpuin ...

ConoHa VPS と さくらのVPSのUnixBenchを比較してみた。ついでにIOPSも。

ConoHa VPS を久しぶりに扱う機会があったので、1年ぶりにUnixBench および iops で性能チェックを行ってみまし ...

さくらのVPSがプランを全面リニューアルしたので、新プランの特徴とUnixBenchをConoHa,旧プランと比較してみた。

さくらのVPSがプランを全面リニューアルしたので、今回のプラン構成、特徴をまとめてみました。 また、ConoHaの計測 に続き、久 ...

評価の高い 新 ConoHa VPS と さくらのVPS の特徴とUnixBenchを含めたパフォーマンスを比較してみました。

さくらのVPSがプランが全面リニューアルしたのが、2014年12月でした。それに対して半年遅れ(2015年5月)でConoHaが全面 ...


3 件 コメントがあります。 コメントを投稿する
  1. 名無し
    2012年12月16日, 11:48 AM

    2Gはどうでしょう?
    1Gは制限があると聞きました。

  2. 管理人
    2012年12月16日, 4:32 PM

    名無しさん
    コメントありがとうございます。また情報もありがとうございます。
    > 1Gは制限があると聞きました。
    制限があるんですか。どんな制限?なんでしょうね。ちょっと気になります。それで、これだけ差がないのかもしれませんね。

    一応、ちょっと結果に不満だったので、現在、サポートに確認中です。また、サポートからの連絡が来たら、レポートしてみます。

    また、2Gは使ってみていないです。たぶん、1Gで制限があるんなら同じように制限がかかっているんでしょね。たぶんですけど。

    [追記]
    制約はないそうです。以下サポートからの回答です。
    > 2週間の無料お試し期間中は外向きの25番ポートを閉じ、アップ
    > ロードのデータ転送帯域を「2Mbps」に制限しておりますが、その他の
    > 制限は特に実施しておりません。

    また、iopsの計測に関しては、iopingでなくfioで確認しているそうです。(確かにfioでの出力結果をみるとパフォーマンスがすごいことになってます。加えて、fioでは、いろいろパラメータを指定できるので、そのドライブのパフォーマンスを体感できます。かなりスゴイです。)
    次記事でそのあたりをまとめてみます。

  3. […] […]


コメントを投稿 :

お名前 *

メールアドレス *
( メールアドレスが公開されることはありません。)

サイトアドレス

コメント *

* 印の項目は、入力が必要な項目です。




最近投稿の記事

[ 画像提供元 : Amazon ] 先日、1TBのディスクの入れ替え時にバックアップをとろうとディスクコピーを行いました。 その際 ...

Windows で Linux ファイルシステム Ext4 のディスクをマウントするには? Ext3Fsd が、おそらく、最も簡単なツール ...

今回は、Windows で Compass を使ってみました。 Compass とは、 Sass(サス、Syntactica ...

今回は、Anti Adblock を使ってみました。 Anti Adblock とは、 そもそも Adblock という ウェブ ...

デスクトップ環境でない サーバーで、Webページのキャプチャー画像をコマンドで撮る には、wkhtmltoimage, CutyCapt ...


さくらのVPS 全プラン リニューアルです。(石狩(北海道)も選択可)


root権限ありで ¥685 / 月 ~ と非常にリーズナブルな CPU 1(core)の 512 プランから、 最高 CPU 10(core), メモリ 32(GB), SSD容量 800(GB) までとプランが充実。
ディスクは、SSDとHDDの選択が可能になった他、データセンターは人気の東京、石狩(北海道)となりました。

また、どのプランでも好きなOSが選べます
( CentOS, Fedora, Scientific Linux, FreeBSD, Ubutu, Debian )

管理人もおすすめのVPSです。
試用期間がありますから、一度、お試しを!!

詳しくは、http://vps.sakura.ad.jp/さくらのVPSのサイトへ へどうぞ!!

カテゴリ


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。


Serverman@VPS 完全1ヶ月無料 キャンペーン実施中です。
最近、スワップにも対応した Serverman@VPS は、かなりリーズナブルかもです。

  • メモリ1GB~2GBのEntryプラン :月額:490円
  • メモリ2MB~4GBのStandardプラン :月額:980円
  • メモリ4GB~8GBのProプラン :月額:1,980円

新規申し込みで1ヶ月間完全無料となるキャンペーンを実施中です。
Serverman@VPSの特徴は、安さとIPv6対応です。また、初期設定費0円もポイントです。

IPv6でちょっと遊んでみたい方には、おすすめかもしれませんね。最低利用期間もありませんから、気に入らないときは即解約もできます。

Serverman@VPSの詳細については、 http://dream.jp/vps/ Serverman@VPSのサイトへへどうぞ。



KVM採用 ConoHa VPSは、時間単位で借りれる便利なVPSです。


ConoHa VPS は、初期設定費0円最低利用期間無し時間単位で清算可能、 さらに、Web APIを使って自動化を図ることもできる便利なVPSです。

海外サーバー設置も可能で、ローカル接続にも対応と、かなり、機能豊富なサーバーです。

新規ユーザ登録で、クーポンもらえますから、まずは、お試しですね。

ConoHa VPSの詳細については、
http://www.conoha.jp/ へどうぞ。

KVM採用 お名前.com VPS(KVM) 2G プラン 初期設定費無料 キャンペーン 実施です。


メモリ2GBプラン CPU:3core、Disk:200GB
月額:1,153円から (初期設定:1,680円0円)

さくらのVPSがリニューアルされてもなんのその。
1GBメモリ / 2Core を ¥834 – の格安価格で提供中です!
間違いなくスペックからすると割安感ありです。
年間割引時の途中解約で返金がないのは、 ちょっと残念ですが、それでもこの割安感は魅力です。

まずは、お試しですね。

お名前.com VPS(KVM)の詳細については、
http://www.onamae-server.com/vps/ へどうぞ。(お試し期間が15日あります。)



  • ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークへ追加するはてな登録数
ページトップへ
Time : 0.3560 [s]